お金を借りる方法のまとめ!いざという時に知っておきたい今すぐお金を借りる方法!

更新日:

様々な方法でお金を借りているゼニエモンの様子


このページでは、お金を借りる方法やお金を借りられる業者などについてまとめています。


「即日で借り入れをしたい」「審査が通らない場合どうればいい?」「無職や学生でもお金を借りることはできるの?」といった疑問に関しても、詳しく解説をいたします。


    即日でお金を借りるために必要な条件

    まず、即日でお金を借りるために必要な条件は何でしょうか。


    即日で借りるにはどんな業者に出向けばいいのかというと、まずは消費者金融がおすすめです。


    金利面では銀行の方が低いことが多いので銀行カードローンが魅力的に見えますが、即日融資という点で考えると審査の対応が早い消費者金融が勝っています。


    その理由は、銀行は2018年1月から警察庁のデータベースを照会して、借入をしても問題ない人か審査するのに時間がかかるようになったからです。


    これまでは銀行から規制なく即日融資を受けることができたので、便利な反面、自己破産率の増加や反社会勢力にお金を貸してしまうリスクもありました。


    審査に時間をかけることで、借りすぎの人や不審な人物に貸さないように、事前にブロックするようになりました。


    また、債務者や家族の申告があれば、銀行側が貸付を自粛する制度ができたりと、自己破産の危険性が高い人には簡単にお金を貸せなくなりました。


    カードローンやキャッシングの審査で気をつけること

    お金を借りる時に気になることの1つに、「審査が通るかどうか」があります。


    審査の際に気を付けることは、クレジットカードの審査とほぼ変わらないので、よくチェックをしましょう。


    申込の際に嘘をつく

    具体的には、本当は年収300万円なのに500万円と書いてしまうなどの虚偽報告はすぐバレてしまいます。


    収入に関する情報はカードローンの審査で重要な要素であり、この部分で虚偽報告をしてしまうと信頼できない人と認識されてしまうので、審査通過は難しくなります。


    年収に関して自信がないとしても、正直に記載をするようにしましょう。


    他に何社からも借りている

    すでに他の業者からお金を借りている場合は、金額次第では総量規制の対象となり、現状以上の借入ができなくなります。


    総量規制とは年収の1/3以上は借りられないことで、例えば年収300万円の人は100万円以上を借りることはできません。


    総量規制の対象内だったとしても、複数の会社から借入をすることはオススメしません。


    過去に返済が遅れたり、返済せず踏み倒した経験がある

    これも当然のことですが、過去に消費者金融や銀行で借入をしていて返済が遅れたり、踏み倒したりしている人は、ほぼ確実に審査に通りません。


    また、関連会社でも情報が共有されているので、例えばアコムで借金を踏み倒した人が、関連会社の三菱UFJ銀行のカードローンに申し込んでもまず無理です。


    そのため、過去に延滞など金融事故を起こした経験がある人は、そのカードローンとは関係のないカードローンに申し込む方が審査の期待値は高くなります。


    お金を借りたい時は大抵急いでいるし、仕方ないこともたくさんありますが、ありのままの自分の情報で申し込むことと返済日だけはしっかりと守りましょう。


    低金利な業者はどこ?低金利な業者を勧める理由

    お金を借りる時、できるだけ金利が低い業者に借りたいと、誰もが思うはずです。


    ゼニエモンとしても、同じお金を借りるなら低金利の業者がおすすめです。


    なぜなら、カードローンの借り入れ金額が大きくなるほど、利息が大きくなるので、支払いの負担を減らすことができます。


    金利が高いと、毎月の支払いの半分以上は利息を払っていることも珍しくありません。


    金利ではなく元金分を多く返済できる低金利のローンは、長期間の利用や多額の利用を見越している人ほど検討してほしいポイントです。


    銀行と消費者金融との比較

    金利が違いから比較されることが多い消費者金融と銀行ですが、どのような違いがあるのでしょうか。


    対象となる法律が違う 総量規制の有無

    まず、消費者金融は貸金業法に基づき、銀行に関しては銀行法に基づいて運営しています。


    消費者金融に関しては貸金業法内にある総量規制の対象になるため、年収の1/3以上お金を借りることはできません。


    銀行は総量規制の対象外ですが、借りすぎを防ぐために自主規制が設けられているため、必要以上に借りてしまったり自己破産に突き進むようなことが無いように銀行側も調整をしています。


    審査にかかる時間

    即日融資の話にもつながってきますが、銀行カードローンは2018年から警視庁のDBを照会しながら審査行うので、審査に時間がかかるようになりました。


    即日融資の有無

    銀行は法律により即日融資ができないことになっています。


    一方、消費者金融は即日融資可能となっているので、融資を急いでいる人は消費者金融一択です。


    金利が違う

    全体的に、消費者金融よりも銀行カードローンの方が、若干金利が低いです。

    銀行と消費者金融を比較してきましたが、以下のポイントでどちらを選ぶか決めるのがオススメです。

    • 急いでいるかどうか
    • 金利を最重視するかどうか

    急いでいる人→多少金利は高くても消費者金融。無利息期間サービスがある業者は特にオススメ!

    低金利が一番!という人→多少融資までに時間はかかっても銀行カードローン

    その他のお金の借り方について解説

    低金利の業者や即日借りられる業者を紹介しましたが、カードローン以外にもお金を借りる方法はあるので、いくつか紹介します。


    クレジットカードのキャッシング

    カードローンと似た方法ですが、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法です。


    お金を借りるには、消費者金融や銀行などローン一択と思っている方も多いかもしれませんが、今持っているクレジットカードでどうにかできるかもしれません。


    何枚かおすすめのクレジットカードと、実際にお金を借りる方法と返す方法を具体的に紹介します。



    国や自治体からの支援(生活福祉資金貸付制度や緊急小口資金)

    生活福祉資金貸付制度


    対象に当てはまれば、「生活福祉資金貸付制度」を利用して、社会福祉協議会からお金を借りることもできます。


    生活福祉資金貸付制度って何?

    低所得者や、高齢者や障がい者の生活を経済的に支える制度です。


    例えば就職活動に必要な知識や技術を得るための資金援助や、介護サービスを受けるためのお金などを援助してくれます。


    資金の援助だけではなく、民生委員が相談等にも乗ってくれます。


    借りられる生活福祉金は大きく4つに分けられ、どの枠で借りるかによって貸付の限度額が変わります。


    • 総合支援金…生活そのものに必要な資金や、不動産に必要な費用
    • 福祉資金…災害時に臨時に必要となる経費や、冠婚葬祭に必要な費用
    • 教育支援金…低所得世帯に属するものが、高等学校、大学または高等専門学校に就学するのに必要な経費

    以上3つに共通しているのは、貸付利子が連帯保証人がいれば無利子という点です。


    連帯保証人がいない場合は、年1.5%の利子がかかります。


    • 不動産担保型生活資金…低所得の高齢者世帯や要保護の高齢者世帯に対し、一定の住居用不動産を担保して生活資金を貸し付ける資金

    上記の不動産担保型生活資金に関しては、年3%かまたは長期プライムレート※のいずれかの利率で貸付をします。


    ※長期プライムレート…金融機関が優良企業に対して長期(貸出期間1年以上)で貸し出す際に適用する最優遇貸出金利のこと


    詳しい利子のことや、実際どのくらいの金額が借りられるのかは、公式サイトで確認してください。


    生活福祉資金貸付制度※外部サイトへ移動します。


    また、高齢者の方で言うと、消費者金融でも60歳や80歳の方が借りられるカードローンもあります。


    以下のページで詳しく解説していますので、気になった方、対象の年齢に当てはまる方は是非参考にしてみてください。


    緊急小口資金

    緊急小口資金とは、生活福祉資金貸付制度にあった福祉資金のうちの1つで、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸付をしている少額の費用のことです。


    緊急を要するものなので、1週間〜2週間くらいで10万円以内で借入をすることができます。


    ゆうちょ銀行の担保自動貸付け

    担保自動貸付けとは、普通貯金が底をつきた際に、担保定額貯金を担保にして普通預金の残額で足りない分を自動的に補うシステムです。


    1,000円から預けることができ、担保定額貯金で預けている金額の90%まで借入が可能です。

    不動産担保ローン

    不動産担保ローンはその名の通り、銀行などに対して不動産を担保にしお金を借りるシステムです。


    例えば楽天銀行の不動産カードローンなどは100万円から低金利で借入ができ、大枠で借入がしたい方に向いています。

    属性別、お金を借りる方法

    学生がお金を借りる方法

    学生がお金を借りる方法はいくつかありますが、ほぼ全ての業者は対象年齢を20歳以上に設定しているので、未成年は難しいです。


    逆に20歳を超えていてアルバイトやパートなどで安定した収入があれば、限度額は低くなる傾向はありますが借りられます。


    また、学生ローンと呼ばれる学生専門のローンもあるので、検討してみる余地はあるでしょう。

    専業主婦がお金を借りる方法

    専業主婦の方のように自身は働いておらず、配偶者の方の年収や世帯年収から申し込みができるローンは少ないです。


    ただしPayPay銀行のカードローンなら、自身に収入の無い専業主婦でも借りることができます。


    専業主婦の方でどうしても教育費や生活費が辛い場合、カードローンよりもクレジットカードのキャッシング枠の方が確実にお金を借りられるでしょう。

    年金受給者がお金を借りる方法

    年金受給者の方がお金を借りるのは難しいですが、年金受給者も対象にしているローンも一部あります。


    また、 年金を担保にして借り入れができる「年金担保貸付事業」は、資金が必要になった際に低金利で貸し付けができる制度です。


    ただ、2022年に終了予定であることに加え、年金の前借り制度なのでリスクが高く、国が行っている事業ではありますがゼニエモン的にはあまりオススメしません。

    自己破産した人がお金を借りる方法

    自己破産した人がお金を借りるのは、基本的にかなり難しいです。


    消費者金融も銀行もボランティアじゃないので、過去に返済できなかった経験のある人に対して簡単にお金を貸すわけにはいきません。


    「審査で気をつけること」の章でもお伝えしましたが、自己破産の情報はあらゆる業者に共有されます。


    信用情報は5年〜10年で回復しますが、「社内ブラック」といって、社内で共有された情報はずっと保管されているはずです。


    過去に踏み倒した業者や、その関連会社から借り入れをするのは非常に難しいので避けましょう。

    無職の人がお金を借りる方法

    無職の人がお金を借りる方法は、基本的にありません。


    どうしてもお金が必要であれば、ネットオークションやフリマアプリで所有している物を売却して工面する方法しかないです。


    家族や友人に借りる方法もありますが、これはほぼ100%人間関係にヒビが入るのでおすすめしません。

    どんなに困っていてもしてはいけないお金の借り方

    闇金業者を利用してはいけない

    いわゆる闇金と呼ばれている業者からは、絶対に借りてはいけません。


    元々違法業者なので何をしてくるかからないことに加え、弁護士などを挟んでも中々縁を切ることができません。


    何よりも困るのは、家族や親戚に迷惑が掛かることです。


    職場に電話されて職を失ったり、近所をウロウロされて引っ越しを余儀なくされた例もたくさんあります。


    闇金にお金を借りたら人生がめちゃくちゃになるので、絶対に借りないようにしてください。


    ゼニエモンもこのサイトで紹介するために一度だけ闇金でお金を借りましたが、実家にも電話が掛かってきて本当にストレスでした。


    過去のこのコラムも見ていただいて、絶対に借りないようにしてください。

    クレジットカードのショッピング枠を現金化

    次にやってはいけないのは、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」することです。


    確実な犯罪とは言えないグレーゾーンですが、現状クレジットカード協会も注意喚起しており、いつ逮捕事例が出てもおかしくない状況です。


    ショッピング枠の現金化の事例は、大きく以下の2種類に分けられます。


    買取型

    クレジットカード利用者がショッピング枠を利用して商品を買った後、換金業者に買い取ってもらうもの。


    結局クレジットカード会社からは、請求がくることとなります。


    キャッシュバック型

    キャッシュバック型もクレジットカード利用者がショッピング枠を利用して、換金業者から商品を購入し、キャッシュバックという名目でお金を渡す方法です。


    これも結局、クレジットカード会社から請求が来ます。


    どの方法も一時的に現金を手にするだけで、クレジットカード会社からは多額の請求が来ます。


    ショッピング枠を現金化すること自体、クレジットカード会社の規約で禁止している場合が大半であり、規約違反で利用停止などの処分が下る可能性は多いにあります。


    その頃には消費者金融や銀行などでお金を貸してもらうこともできない状況になっているかもしれず、何もいいことがありません。


    クレジットカードのショッピング枠の現金化についての情報は、ネットで調べるとわんさか出てきますが、手を染めてはいけません。

    個人情報や口座を提供してお金を借りる

    2014年にベネッセの顧客情報が漏洩し、原因は関連会社に勤める派遣社員が名簿業者に売却したことと判明し、派遣社員が逮捕される事件がありました。


    このように名簿などの個人情報や、口座情報を提供することでお金を得ることは犯罪にあたります。


    どんなにお金に困っても、犯罪には手を染めちゃダメです。

    お金を借りる方法まとめ

    お金を借りる方法は、審査速度重視なら消費者金融系カードローン、金利の低さ重視なら銀行系カードローンを利用しましょう。


    利用目的がはっきりしている場合は目的ローンや国のローンもおすすめですが、申し込み条件がカードローンよりも厳しいケースや利用する上で制限もあるので注意が必要です。


    お金を借りる行為は、貸し手と信頼関係を作ることが重要です。


    審査時に嘘をつかないことはもちろん、利用を開始したらしっかりと返済をして延滞などをしないようにしましょう。


    長くなりましたが、このようにお金を借りる方法は色々あります。

    属性によっては厳しいケースもありますが、基本的には安定した収入を得ていれば何かとお金を借りる方法はあります。
    諦めて変な業者に借りたり、犯罪に手を染めたりすることは絶対にダメです!

    闇金に手を出すくらいなら自己破産した方がマシなので、自分の状況を見極めて自分に合った方法でお金を借りてみましょう。
    お金をすぐに借りたい今の状況より、良い方向に進むきっかけになれば幸いです。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ