保存版!いざという時の為に知っておきたい今すぐお金を借りる方法

更新日:

即日でお金を借りたい!急いでお金が必要だ!という時に、急にお金を借りられる業者、方法はどのようなものがあるのか、このコラムでは徹底解説していきたいと思います!
長いコラムなので、目次を見て自分に必要な情報だけ見ていただくでも全然いいです。

    即日で借りるために必要な条件

    即日で借りることができる業者は銀行よりも消費者金融

    まず、即日でお金を借りるために必要な条件は何でしょうか。
    即日で借りるにはどんな業者に出向けばいいのかというと、まずは消費者金融に行った方がいいです!

    消費者金融か銀行、どちらが即日融資に向いているかというとがぜん消費者金融です。

    銀行、個人への即日融資を停止

    なぜなら銀行は2018年1月から警察庁のデータベースを照会して、借入をしても問題のない人なのか審査するのに時間がかかるようになったから。
    これまでは銀行から規制なく即日融資を受けることができたので、便利な反面、銀行カードローンを利用した人の自己破産率の増加や、暴力団などの反社会勢力にお金を貸してしまうリスクもありました。

    審査に時間をかけることで借りすぎの人は借りられないように、銀行と不審な人物がつながらないように事前にブロックするようになりました。

    また、債務者や家族の申告があれば、銀行側が貸付を自粛する制度ができたりと、銀行は即日融資や、自己破産の危険性が高い人には簡単にお金を貸せなくなりました。

    即日で借りることができる消費者金融

    というわけで、まずは即日で借りることができる消費者金融の業者を6社紹介します。それぞれに特長があるので、自分に合った業者を探してみてください。

    アイフル


    アイフルのカードローンは、20代の若い人やパートやアルバイトの正社員でない人や、30万円以下の少額融資希望の人に強い人気があるという特徴があります。

    カードローン利用者による実態調査を当サイトで行った際に、利用者の4.3%と約20人に1名はアイフルを選んでいるという結果となり、家族や会社にバレたくない人向けのサービスが充実するなど、高スペックになったことにより人気を博しています。

    金利は3.0%〜18.0%ですが、初回の借入では必ず18.0%(100万円未満の契約の場合)となります。ただし、アイフルでの借入が初めての方なら最大30日間の無利息期間があるので、返済の目処がついているような方にはおすすめです。


    借入の方法は全部で4つ

    • WEB(スマホ、PC)
    • 自動契約機、店舗へ訪問
    • 電話
    • スマホアプリ

    アイフルは基本的に融資金額を引き出す際に手数料がかかります。
    「手数料は一切払いたくない!」という人は自動契約機「てまいらず」でローンカードを受け取りアイフルATMでお金を引き出せば、手数料無料で借りることができます。


    アプリを使えばスマホだけで借入ができる!

    一番便利で楽なのはやはりスマホアプリです。スマホさえあれば契約から申込まで横になりながらでも出来て、手数料はかかりますが近くのセブン銀行のATMからお金を引き出せます。

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.0%〜18.0% 1,000〜800万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
    元利定額リボルビング返済方式
    ネット上のみで完了
    ※一部提携のATM.CDでは10,000円からです

    プロミス

    プロミスのバナー画像


    プロミスも既にカードローンとして認知度が高く、アプリローンとしても人気のカードローンです。三井住友銀行グループなので大手で安心感もありますが、カードローン利用者のシェア率も毎年上位にランクイン。
    ※当サイト調べ(2018年1月)


    とりあえず、今すぐお金を借りたいという人はプロミスを選んでおけば間違いないですが、特にスマホ1台で24時間いつでも好きなときに融資を受けたい人や、土日祝日でも最短即日融資を受けたい人に向いています。
    また、金利は4.5%〜17.8%で他消費者金融に比べると上限が若干低めです。
    はじめてプロミスを利用する人は、メールアドレスの登録とWEB明細利用で30日間無利息で利用できるサービスがあります。


    借入の仕方は全部で5つ

    • スマホアプリ(アプリローン)
    • WEB(スマホ、PC)
    • 店頭窓口に訪問
    • 無人契約機に訪問
    • 電話

    プロミスか三井住友銀行のATMなら手数料無料で借入返済できるので、元々三井住友銀行の口座を持っているという人には特におすすめです。

    アプリローン

    プロミスのアプリもカードレスでお金を借りることができますが、アイフル同様にコンビニATMの手数料がかかります。
    利用する度に手数料を取られるので、近くにプロミスの店舗があるならローンカードを発行して手数料がかからない口座へ振込をしてもらうのが、後々楽でいいと思います。

    また、プロミスアプリローンは
    ・契約当日から使えるお得なクーポンが発行される
    ・三井住友VISAカードのプリペイドカードが使える
    という2点が他には無い優れている点で、お金を借りるだけじゃなくてお得にも興味があるような人にもおすすめです。

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20歳〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

    アコム

    アコムのバナー画像


    アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの貸金業者で、テレビのCMで見る機会も多くカードローン商品の中で知名度が最も高いカードローンです。


    当サイトでのアンケート調査で「初めて選んだカードローンはどの業者」というところでのアンケートで、シェア率13%となり最も初めての人に選ばれるカードローンとなっています。


    アコムの魅力は審査も早く、最短1時間ほどで手元に現金を用意できるというスピード融資が出来る点です。あとは電話問い合わせ対応やチャットサービスの質が高く、借入をまだしていない状況の問い合わせでも優しく親切に対応してくれます。


    借入の仕方

    • スマホアプリ(アコムナビ)
    • WEB(スマホ、PC)
    • 自動契約機(むじんくん)へ訪問
    • 電話
    • 郵送

    申し込みは他の消費者金融同様にネットやアプリなどでも可能ですが、ローンカードの発行は必須です。 ただしカードが到着する前に、自分が使っている金融機関口座に振り込んでくれるサービスもあります。 楽天銀行に口座がある人なら、受付完了から最短1分で振り込んでもらえるので即座に少額の借入をしたいという人にうってつけです。

    金利はプロミス同様に3.0%〜18.0%で、初回の借入時には18.0%になります。
    銀行カードローンなどに比べると高いですが初回契約日より30日間は無利息期間のサービスがあるため、短期借入希望の人や返済の目処がついている資金のつなぎ融資なども利用可能となっており、ハイスペックなカードローンです。

    アプリ「アコムナビ」

    「アコムナビ」というアプリがあり、申し込みや書類の提出、返済シミュレーションなどができるようになっていますが、プロミスやアイフルのアプリのようにローンカード代わりになる機能はありません。

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
    遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング方式 ネット上のみで完了

    J.Score

    ジェイスコアのロゴ画像


    J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクが共同出資して作られたローン業者です。これまでと全く新しい取り組みでAIによるスコアレンディングによって、融資金額と金利が決定される為、現状の状態でどのくらいの金額をどの程度の金利で融資を受けれるのか高い精度で事前に把握する事が出来ます。


    立ち位置としては、カードレスタイプのローンであるというイメージをするとわかりやすいかと思います。
    J.Scoreはあくまで「未来の自分への投資」というスタンスでお金を貸してくれる業者なので、即日融資にも対応はしていますが自分の振り込んで欲しい金融機関によるところが大きいので、ものすごく急ぎという場合は他の消費者金融も参考にしてみた方がいいでしょう。


    最高でも年12.0%の低金利という点とスコア算出から最短即日で融資を受けることが出来る点が大変人気です。
    仮に最初に出てきたスコアが低かったとしてもプロフィール情報などの情報を入力していくことでどんどんスコアは上がります。
    質問数は多いですが、10分〜20分あれば全部入力できる量です。

    借入の仕方はインターネット経由のみ

    • スマホアプリ
    • WEB(スマホ、PC)

    借入の仕方は、スマホアプリかWEB上で申し込むかのどちらかになります。
    申込から契約までWEBで完結します。最短で即日融資も可能になっていて、平日の夜間や土日にも借入が可能になっています。

    J.Scoreのアプリはメリットが多い

    J.Scoreのアプリは、WEB版に比べて使い勝手も良くメリットが多いです。
    例えば、ログイン時はメールアドレスやパスワードを一々入れなくても自動的にログインできたり、 アプリ専用機能の「ハビットチェンジ」は読書管理や睡眠スコアなど、一見借入とは無関係に見えるコトがスコアアップにつながるので、J.Scoreを利用するなら断然アプリがおすすめです。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    年0.8%〜12.0% 10万円〜1,000万円 公式サイトを参照 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    年12.0% 満20歳以上、満70歳以下の方※※ 残高スライドリボルビング方式 ネット上のみで完了
    ※貸付利率(実質年率)0.8%はみずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適応されます。
    ※国内に居住する人のみ

    レイクALSA

    レイクアルサのロゴ画像


    レイクALSAは、2018年の4月1日より「新生銀行カードローン レイク」をリニューアルし登場したカードローンです。
    リニューアルし最も重視されている点が、融資までのスピードという事で申し込みを行い最短で1時間程度の融資を受けることも出来るようになりました。


    金利面では大きなスペック変更はありませんが初回契約時は
    ・融資金額5万円までなら最長で180日間利息0円
    もしくは
    ・融資金額全額60日間利息0円
    という、ほかでは取り扱っていないサービスは引き続き継続されています。
    どちらも無利息期間を超えた後は通常金利が適用されます。


    「急いでお金を借りたいけど金利の事はひとまず考えたくない!お金を返す目処はある!」という人にとっては金銭面でもスピード融資でもどちらも満足出来るカードローンです。


    借入の方法は全部で4つ

    • スマホアプリ
    • WEB(スマホ、PC)
    • 自動契約機へ訪問
    • 電話

    レイクは審査時間がなんと「最短15秒!」とうたっています。
    ゼニエモンが実際に申し込みしてみた際、15秒ではさすがに返信はありませんでしたが、14分で審査結果が届きました!14分も十分驚異の速さです!
    ゼニエモンのおすすめは、アプリで全部完結させる方法。スマホがローンカード代わりになるのでとても便利です。 また、プロミスやアイフルの時に散々お話したセブン銀行ATMの手数料がレイクALSAは無料です! カードレスで少額の融資を考えているなら、一番のおすすめはレイクALSAです。利用時間があるため100%ではありませんが ほとんどの時間が無料で使えるのは嬉しいことです。

    公式アプリ「e-アルサ」

    アプリで借入の状況や返済予定、契約状況なども把握できます。これはWEBの会員ページでも確認できますが、一番のメリットは近くのセブン銀行でカードレスで融資を受け取ることができる点です。
    21時(日曜日は18時)までの契約手続きで、当日の借入も可能です!

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15秒※ なし 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0% 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方。
    ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    残高スライドリボルビング方式
    元利定額リボルビング方式
    ネット上のみで完了
    ※インターネットなら最短60分融資も可能
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。
    一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    SMBCモビット


    SMBCモビットはアプリではもちろん、アプリを用いなくても条件次第でカードレス、ローンカードの発行なしでお金を借りることができるのが大きな特長です。


    アプリを利用した書類の提出に加え、会員専用サービス「Myモビ」にログインすることで、振込融資の依頼、セブン銀行ATMでのキャッシングが可能なので、使い勝手の良さ、利便性という面では、他のカードローン業者に比べ、頭一つ抜きん出ていると言えます。


    「WEB完結申込」を利用することで、電話連絡なし、郵送物なしで利用することができるのも他社と異なる特徴の一つで、家族や職場には絶対にカードローンの利用を知られたくないと考えている人にもオススメです。


    以前はイマイチだった即日融資への対応力も格段に上がっているので、ユーザーのニーズにしっかり答えているハイスペックなカードローンです!

    借入の仕方は全部で4つ

    • スマホアプリ
    • WEB(スマホ、PC)
    • ローン契約機へ訪問
    • 電話
    • 郵送

    モビットではローンカードのことを「モビットカード」と呼んでいますが、モビットカードが無くても 専用アプリを使えばセブン銀行のATM経由で借入、返済ができます。ただしモビットに関してもセブン銀行のATMを利用する時は、手数料がかかります。

    その点では、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行、みずほ銀行いずれかの口座がある人は、カードレスで振込キャッシングができ、さらに手数料無料なのでインターネット経由でカードレス申込をするか、上記口座が無い人はインターネット経由で申し込みを済ませ、ローンカードだけローン契約機に受け取りに行く方法がスマートです。
    金利は3.0%〜18.0%でプロミスやレイクのように初回金利サービスのような仕組みはないので、 ここだけが残念です。

    SMBCモビット公式スマホアプリ

    パソコン版、モバイル版、アプリ版で色々メリットやデメリットがありますが、
    アプリで一番のメリットとなるのは、スマホでATM取引ができる点です。
    増額の申し込みや、支払い予定日の登録をすると通知で教えてもらえるなど、
    便利な機能がたくさん備わっています。

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    年20.0%(実質年率) 年齢20歳〜69歳※2 借入後残高スライド
    元利定額返済方式
    ネット上のみで完了

    ※審査結果によっては希望に添えない場合もあります!

    ※2安定した収入のある人に限ります!

    審査で気をつけること

    お金を借りる時に気になることの一つとして「審査が通るかどうか」があると思います。
    審査の際に気を付けることは、クレジットカードの申込とほぼ変わりません。
    「そらそうだろ!」ということばかりですが(笑)いくつか紹介します。

    申込の際に嘘をつく

    具体的には申込の際に、年収が本当は300万円なのに年収500万円と書くとか、無職なのに職がある様に装うとか虚偽報告はすぐバレてリスクしかないので、当然ですがやめましょう。

    他に何社からも借りている

    すでに他何社からお金を借りている場合は、金額次第では総量規制の対象となり、現状以上の借入ができなくなります。総量規制とは年収の1/3以上は借りられないことで、例えば年収300万円の人は100万円以上借りられません。

    総量規制の対象内だったとしても、複数の会社から借入をすることは単純に借金も増えるし、月に返済日が複数あるのもうっとおしいので、オススメしません。

    過去に返済が遅れたり、返済せず踏み倒した経験がある

    これも1)2)同様に気を付けた方がいいというよりかは当然のことで
    過去に消費者金融なり銀行なりで借入をしていて
    その借金を返すのが遅れたり、返済を踏み倒したりしている人は、
    消費者金融間できちんとその情報は共有されているので、
    審査に通りにくくなります。

    また、関連会社での借入も、ほぼ確実に社内共有がされているので
    例えばアコムで借金を踏み倒した人が関連会社の三菱UFJ銀行のカードローンに申し込もうとしてもまず無理です。

    お金を借りたい時は大抵急いでいるし、仕方ないこともたくさんありますが
    正直な今の自分の情報で申し込むこと、あと返済日だけはちゃんと守った方がいいです。

    低金利な業者はどこ?低金利な業者を勧める理由

    お金を借りたい時に、できるだけ金利が低い業者に借りたいと思うのは誰もが思うことだと思います。ゼニエモンとしても同じお金を借りるなら低金利の業者はおすすめです。

    なぜなら単純に返済額が少なくて済むのと、返すときの返済意欲がやはり高くなるからです。
    「よーしあとこれだけだから頑張って返そう!」と思えるか
    「毎月これだけ返しても中々先が見えない。。。マジか。。」となるかは
    金利次第と言っても過言ではありません。

    銀行と消費者金融との比較

    金利が違うことで良く比較される消費者金融と銀行ですが、
    同じお金を貸してくれる業者である「消費者金融」と「銀行」にはどのような違いがあるのでしょうか。

    対象となる法律が違う 総量規制の有無

    まず消費者金融は貸金業法に基づき、銀行に関しては銀行法に基づいて運営しています。
    消費者金融に関しては貸金業法内にある総量規制の対象になるため、年収の1/3以上お金を借りることはできません。銀行は対象外になります。
    銀行は対象外なのですが、消費者の借りすぎを防ぐために自主規制の動きが出てきているため、必要以上に借りてしまったり自己破産に突き進むようなことが無いように銀行側も調整をしています。

    審査にかかる時間

    即日融資の話にもつながってきますが
    銀行カードローンは、2018年から警視庁のDBを照会しながらの審査を挟むので審査に時間がかかるようになりました。

    即日融資の有無

    銀行は法律により即日融資ができないことになっています。一方消費者金融は即日融資可能となっているので、融資を急いでいる人は消費者金融一択です。

    金利が違う

    全体的に銀行カードローンの方が、消費者金融より若干金利が低いです。

    銀行と消費者金融を比較してきましたが、
    ・自分が急いでいるかどうか
    ・金利を最重視するのか
    で選ぶ業者を変えた方がいいでしょう。

    急いでいる人→多少金利は高くても消費者金融。無利息期間サービスがある業者は特にオススメ!
    低金利が一番!という人→多少融資までに時間はかかっても銀行カードローン
    です。

    低金利で借りることができるおすすめ業者

    では実際低金利でお金が借りられる業者はどこなのでしょうか。ゼニエモンのおすすめ5社を紹介します。やはり銀行系が多いですね。

    J.Score

    ジェイスコアのロゴ画像


    J.Score(ジェイスコア)は先程の「即日で借りることができる消費者金融」でも出てきたので基本説明は省きますが、 年12.0%の低金利という点とスコア算出から最短即日で融資を受けられる点が大変人気です。

    仮に最初に出てきたスコアが低かったとしても、プロフィール情報などの情報を入力していくことでどんどんスコアは上がります。他には
    ・みずほ銀行
    ・ソフトバンクまたはワイモバイル
    ・Yahoo! JAPAN ID
    との連携もスコアアップのチャンスです。

    細かい条件がありますが「Yahoo!ショッピング」の購買履歴、「ヤフオク!」の落札(支払)履歴、「Yahoo!プレミアム」会員であるなどもスコアアップにつながるので、普段からYahoo!のサービスを利用している方はこのチャンスを逃さない方がいいです!

    楽天銀行


    楽天銀行スーパーローンは、当サイトの調査で利用者のうち全体の約13%が利用しており、全業者の中でもシェア率がトップクラス、初めての利用者から既に利用経験のある人どちらにも人気のカードローンです。


    利用可能なATMが全国に100,000台以上、手数料無料で利用できるコンビニATMが多く、さらにWEB上での借入・返済時の手数料も無料と利用開始後の使い勝手が非常に良いのが大きな特徴です。


    楽天銀行の銀行口座を持っている人は、営業時間外でも振込が反映される楽天スーパーローンとの相性が抜群です。


    気になる金利は1.9%〜14.5%

    楽天銀行カードローンが人気である理由の一つは低金利であることです。
    1.9%〜14.5%と低めで、つい「1.9%!」と期待してしまいますが、
    消費者金融や他の業者同様まずは上限金利の14.5%になるでしょう。
    楽天銀行スーパーローンで1.9%で契約ができるのは借入限度額の上限、800万円となった場合のみです。


    このカードローンに向いている人

    • 楽天銀行の口座を持っている人
    • 申込から契約までWEB上で完結させたい人
    • 借り換えを検討している人
    • 普段からコンビニATMの利用が多い人
    • 融資実行まで3日程度は余裕がある人
    • 毎月の負担を極力小さく抑えたい人

    このカードローンに向いていない人

    • 即日融資を希望している人
    • 他業者4社以上からすでに借入がある人
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    1.9%〜年14.5% 最大800万円 最短翌日 無し 不要 有り
    遅延利率 申込資格※ 保証会社 来店必要の有無
    19.9% 20歳〜62歳 楽天カード株式会社 ネット上のみで完了

    みずほ銀行


    みずほ銀行カードローンは普通預金口座を開設する必要があるため、融資までの時間目安として、2〜3営業日程度かかり、即日融資には対応していませんが、当サイトのアンケート調査で、およそ20人に1人はみずほ銀行カードローンを選んでおり、全体の順位では、10番目に利用されていて人気のカードローンの一つです。


    銀行口座と連動型としても利用できるため、キャッシュカード付帯型で利用可能であり、更に口座振替等で預金残高が足りない場合、足りない分を自動融資によって融資を受ける事が可能です。

    現在みずほ銀行をメインバンクとして利用している人、もしくはメインバンクとしても利用してもいいと検討している人は、迷わず選ぶべきカードローンだと言えます。


    全銀システム稼動時間拡大サービス(モアタイムシステム)に参加したことが発表され、これまで平日15時までだった振込反映時間が、平日夜間や土日祝でも即時振込されるようになりました。それに伴い、カードローンからの振込キャッシングもスピーディーになり便利になっています。


    気になる金利は2.0%〜14.0%

    スペック自体は突出したものがありませんが、金利が年2.0%〜14.0%であるため、どう転んでも銀行カードローン全体の平均的な金利よりも低金利で利用出来るのが有難い点です。


    このカードローンに向いている人

    • 融資実行まで2〜3営業日は余裕がある人
    • 少しでも低金利なカードローンを利用したい人
    • みずほ銀行をメインバンクとして利用している人
    • WEB上ですべての手続きを完結させたい人

    このカードローンに向かない人

    • 申込の当日中に融資を受けたい人
    • 預金口座を作るのが面倒な人
    • 毎月の返済額を低く抑えたい人
    実質年率 利用限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    年2.0%〜14.0%(※) 10万円〜800万円 2〜3営業日 不要 必要 あり
    遅延損害金利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    年19.9% 満20歳以上満66歳未満(※) 残高スライド方式
    (※)住宅ローンを利用している人は金利は年0.5%下がるため、金利幅が年1.5%〜13.5%になります。
    (※)適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
    (※)安定した収入があり、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」について徹底調査!あらゆる角度から解説します!


    三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは安定した人気があり、当サイトの調査でも利用シェア率4位にランクインしています。

    気になる金利は1.8%〜14.6%

    1.8%〜14.6%という低金利を提供している上、全国のセブン銀行などの提携ATMを入出金時に無料で使えるため、利便性も高く大口も小口の短期融資もどちらを希望していても満足の得られるカードローンです。


    このカードローンに向いている人

    • 融資実行まで3日程度は余裕がある人
    • 少しでも低金利なカードローンを利用したい人
    • 三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている人
    • WEB上ですべての手続きを完結させたい人
    • 月々の返済額をなるべく少なくしたい人
    • リボ払いの返済がきつく金利の見直しを検討している人

    このカードローンに向かない人

    • 申込の当日中に融資を受けたい人
    • 物理的にカードを持ちたくなくて、カードレスで借入したい人
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    年1.8%〜14.6%% 10万円〜500万円 最短2〜3日 不要 対象外 あり
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    上限20.0% 満20歳以上65歳未満 アコム 急ぐなら必要

    じぶん銀行

    じぶん銀行カードローンのバナー画像


    じぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資したネットバンク「じぶん銀行」が取り扱うカードローン商品で、WEB上のサービスが充実しており、スマートフォンで申込から契約まですべての手続きを完結させることが可能です。


    WEBで利用明細の確認が可能、コンビニATMの利用手数料が無料、振込融資の依頼はWEBから行えて手数料無料、またキャッシュカードは発行されますが、アプリを利用した借入も可能なのでスマホ一台あれば全て完結でき、使い勝手が非常に良いのが特徴です。


    じぶん銀行の口座を利用している人、auとの契約がありau IDを持っている人だけが得られるメリットも多いのですが、じぶん銀行カードローンは口座の開設なしでも利用できるカードローンなので多くの人が融資の対象とされています。

    気になる金利は2.2%〜17.5%

    金利は銀行金利にしては上限は少し高めの17.5%ですが、auユーザー限定の優遇があります。
    auユーザーならまず誰でも0.1%優遇なので、2.1%〜17.4%、auユーザーで更に借り換えの方なら1.7%〜12.5%の最大0.5%優遇で借入をすることができます。

    このカードローンに向いている人

    • じぶん銀行口座を持っている人
    • 融資実行までに最低でも2日以上の猶予がある人
    • 10〜20万円の少額融資を希望している人
    • 毎月の返済の負担を小さく抑えたい人
    • 他社からの借り換えを行いたい人

    このカードローンに向かない人

    • 低金利でカードローンを利用したい人
    • 20万円以上の借入を希望している人
    • 即日での融資を希望している人
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    2.1%〜17.4%(auユーザーは最大0.5%優遇) 10万円〜800万円 最短即日 無し 必要 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    年18% 満20歳以上70歳未満 元利定額返済方式 ネット上のみで完了

    その他の借り方について解説

    低金利の業者や即日借りられる業者を紹介しましたが、カードローン以外にもお金を借りる方法はあるので、いくつか紹介します。

    クレジットカードのキャッシング

    カードローンと似た方法ですが、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法です。
    お金を借りるには消費者金融や銀行といったローン系一択と思っている方も多いかもしれませんが、 新たにカードローン業者に申し込まなくても今手持ちのクレジットカードでどうにかできるかもしれません。

    実際にクレジットカードでキャッシングするにはどうしたら良いのでしょうか。
    何枚かおすすめのクレジットカードと実際にお金を借りる方法、返す方法を具体的に紹介します。

    三井住友VISA

    三井住友VISAカードは、三井住友銀行が発行しているクレジットカードでステータスもあり人気のクレジットカードです。
    利用枠は最大5万円〜300万円で利率は15.0〜18.0%と高めですが、申し込みから最短30分でキャッシング枠を設定してくれて、即時で口座振込かATMから直接現金を引き出せるシステムなので便利です。

    借入方法
    1)キャッシング枠の設定(30分以内のスピード審査で枠を設定可能)
    2)(1がすでに設定済の場合)ネットか電話で申し込み 又は、国内のCD/ATMで現金を直接引き出す

    JCBカード

    JCBカードは国内のブランドで、東京ディズニーリゾートとも提携しているので、ディズニーにちなんだ特典も多いです。年会費無料のカードも多く、自身や家族がディズニーファンなら一枚持っていて損はないでしょう。
    JCBではキャッシング専用のカードも発行しており低金利で便利です。


    ●キャッシング専用のカード「FAITH」
    4.40〜12.50%で低金利です。借入可能金額は50万円から500万円と幅広く高額のキャッシングにも対応しています。
    ●JCBクレジットカード
    金利は15.00〜18.00%でやや高め。
    利用枠は1万円〜100万円です。

    JCBのキャッシングできるクレジットカード4種

    • JCB CARD W / JCB CARD W plus L
    • JCB一般カード
    • JCBゴールド
    • JCBプラチナ

    借入方法

    1)キャッシング枠の設定
    2)(1がすでに設定済の場合)ネットか電話で申し込み 又は、国内のCD/ATMで現金を直接引き出す 3)クレジットカードを通常支払いしている口座へ最短数十秒で融資!早い!振込手数料は無料。

    海外で利用する場合は日本で両替しないで外貨が引き出せるシステムになっています。


    オリコカード

    オリコカードは年会費無料のクレジットカードが多く、ポイントの貯めやすさ、使いやすさから人気のクレジットカードです。ETCカードや家族カードも年会費無料で作れるので、初めてのクレジットカードにもオススメです。キャッシングに関しても1万円単位から借りられて便利です。枠の変更も会員専用のページ、もしくは電話で受付しているので、すぐに申し込めます。

    キャッシングができるオリコカード 一例

    カード名 Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD カードローンCREST(ローン専用カード)
    年会費 無料 1,986円(税込) 無料
    利用可能枠 10万円〜100万円 10万円〜100万円 10万円〜500万円
    金利 15.0%〜18.0% 15.0%〜18.0% 4.5%〜18%

    来店不要で申込、カード発行と同時に借入ができるので便利ですが、審査結果の連絡後5営業日に振り込みになるので急いでいる時には不向きです。

    借入方法

    1)キャッシング枠の設定
    2)(1がすでに設定済の場合)ネットか電話で申し込み 又は、国内のCD/ATMで現金を直接引き出す
    平日なら13時30分までの受付で即日振込が可能です。最短30分以内で振り込まれます。


    楽天カード

    CMでもおなじみの楽天カードは、年会費無料で持てて楽天市場の買い物には欠かせないので既に持っているという方も多いのではないでしょうか。楽天カードにもキャッシング枠が付いています。キャッシング枠が設定されているかどうかもわからないという人は、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」から確認してみましょう。未設定の場合は「楽天e-NAVI」から申し込めます。
    借入可能枠は1万円〜90万円で、審査により借入可能枠は変動します。キャッシングの利率は18%で高いですが、一刻も早くお金を借りたい、楽天カードだけある!という状況の方にはとてもオススメできます。

    借入方法

    1)キャッシング枠の設定、申し込み
    2)(1がすでに設定済の場合)ネットか電話で申し込み 又は、国内のCD/ATMで現金を直接引き出す
    3)クレジットカードを通常支払いしている口座へ最短数分で融資される

    平日9:00〜14:49までの申し込みなら最短数分で通常カードの引落とし口座である口座へ振込んでくれます。ネットキャッシングにも対応しています。


    イオンカード

    イオンカードは、イオンが近所にある方や、頻繁にイオンに行く方に人気のクレジットカードです。
    年会費無料で作れて、ETCカードや家族カードなども無料で作れるのでメインでもサブでも活躍するでしょう。イオンカード、イオンカードセレクト、イオンJMBカードなど様々な種類がありますが、キャッシング枠はどのカードにもつけることができます。

    イオンカードのキャッシング枠は1,000円〜300万円と幅広く、金利は7.8%〜18.0%なので、上限はやや高め。国内、海外でキャッシング可能ですが、海外でキャッシングすると返済はリボ払いになるので注意が必要です。

    借入方法

    1)キャッシング枠の設定、申し込み
    2)(1がすでに設定済の場合)ネット、電話、アプリ「AEON WALLET」から申し込み 又は、国内のイオン銀行他行ATM、コンビニATMなどの提携ATMで現金を直接引き出す
    3)クレジットカードを通常支払いしている口座へ最短数分で融資される
    イオン銀行のATMならいつでもATM利用手数料が無料で、平日9:00〜15:00の間に手続完了した場合、最短即時振込されます。


    キャッシングできるクレジットカード一例

    カード名 年会費 金利 キャッシング枠
    三井住友VISAカード
    クラシック
    1,250円+税 15.00〜18.00% 5万円〜300万円
    JCB CARD W 無料 15.00〜18.00% 1万円〜100万円
    Orico Card THE POINT 無料 15.0%〜18.0% 10万円〜100万円
    楽天カード 無料 18.0% 1万円〜90万円
    イオンカード 無料 7.8%〜18.0% 1,000円〜300万円
    国や自治体からの支援(生活福祉資金貸付制度や緊急小口資金)
    A)生活福祉資金貸付制度

    対象に当てはまれば「生活福祉資金貸付制度」というものを利用して、社会福祉協議会からお金を借りることもできます。

    生活福祉資金貸付制度って何?

    低所得者や、高齢者や障がい者の生活を経済的に支える制度です。
    例えば就職活動するために必要な知識や技術を得るために必要な資金援助や、大学進学に必要な経費、介護サービスを受けるためのお金などを援助してくれます。
    資金の援助だけではなく、民生委員が相談等にものってくれます。

    借りられる生活福祉金の中には、どのようなものがあるかというと大きく4つに分けられます。
    どの枠で借りるかによって貸付の限度額が変わります。

    • 総合支援金…生活そのものに必要な資金や、不動産に必要な費用
    • 福祉資金…災害時に臨時に必要となる経費や、冠婚葬祭に必要な費用
    • 教育支援金…低所得世帯に属するものが、高等学校、大学または高等専門学校に就学するのに必要な経費

    以上3つに共通しているのは、貸付利子が連帯保証人がいれば無利子なのですが、 連帯保証人がいない場合は、年1.5%の利子がかかります。

    • 不動産担保型生活資金…低所得の高齢者世帯や要保護の高齢者世帯に対し、一定の住居用不動産を担保して生活資金を貸し付ける資金

    上記の不動産担保型生活資金に関しては、年3%かまたは長期プライムレート※のいずれかの利率で貸付をします。

    ※長期プライムレート…金融機関が優良企業に対して長期(貸出期間1年以上)で貸し出す際に適用する最優遇貸出金利のこと

    詳しい利子のことや、実際どのくらいの金額が借りられるのかは、公式サイトで確認してください。

    生活福祉資金貸付制度※外部サイトへ移動します。

    また、高齢者の方で言うと消費者金融でも60歳や80歳の方が借りられるカードローンもあります。以下のページで詳しく解説していますので、気になった方、対象の年齢に当てはまる方は是非参考にしてみてください。

    B)緊急小口資金
    緊急小口資金とは、A)生活福祉資金貸付制度内にあった福祉資金のうちの一つで、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸付をしている少額の費用のことです。 緊急を要するものなので、1週間〜2週間くらいで10万円以内で借入をすることができます。
    ゆうちょ銀行の担保自動貸付け

    担保定額貯金とは、定額貯金の中身を担保にして普通貯金が底をつきた際に担保定額貯金を担保にして普通預金の残額で足りない分を自動的に補うというシステムです。1,000円から預けることができ、担保定額貯金で預けている金額の90%まで借入が可能です。

    不動産担保ローン

    不動産担保ローンはその名の通り、銀行などに対して不動産を担保にしお金を借りるシステムです。例えば楽天銀行の不動産カードローンなどは100万円から低金利で借入ができ、大枠で借入がしたいという方には向いています。

    属性別、お金を借りる方法

    学生がお金を借りる方法

    学生がお金を借りる方法はありますが、ほとんどの業者が対象年齢を20歳以上で設定しているので、未成年では難しいです。
    逆に20歳を超えていれば、限度額は低くなる傾向はありますがアルバイトやパートなどで安定した収入があれば借りられます。

    また、学生ローンと呼ばれる学生専門のローンもあるので、検討してみる余地はあります!

    専業主婦がお金を借りる方法

    専業主婦の方のように自身は働いておらず、例えば配偶者の方の年収、世帯年収から申し込みができるローンは少ないです。
    例えばイオン銀行のカードローンなら、自身に収入の無い専業主婦(夫)でも借りることができますが、限度額は50万円までです。

    もし、専業主婦の方でどうしても教育費や生活費が辛いということがあればクレジットカードのキャッシング枠を利用するのが、使える可能性としては高くなるでしょう。

    年金受給者がお金を借りる方法

    年金受給者の方がお金を借りるのは難しいですが、一部年金受給者も対象にしているローンもあります。

    年金受給者ならJ.Score

    対象者が 「ご契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に居住するお客さま」 と設定されており、年金受給者も申込可能と公式サイトにはっきり書いてあるので、審査は厳しめになるとは思いますが、申込ができます。

    ただ、ゼニエモンとしては年金の中から利息を含んだ金額を返済していくというのはかなり厳しい経済状況にはなっていくと思うので、家族や親戚とよく相談して決めてください。

    また、 年金を担保にして借り入れができる「年金担保貸付事業」は高齢者などが医療費や住宅の改修費用などが払えなくなり資金が必要になった際に低金利で貸し付けができる制度として厚生労働省が行っていましたが、2022年に終了予定です。
    年金の前借のような制度なので、リスクが高く、国が行っている事業ではありますがゼニエモン的にはあまりオススメしません。

    自己破産した人がお金を借りる方法

    自己破産した人がお金を借りるのは基本的にはかなり難しいです。 消費者金融も銀行もボランティアじゃないので、過去に返済できなかった経験のある人に対して簡単にお金を貸すわけにはいきません。

    「審査で気をつけること」の章でもお伝えしましたが、自己破産などをした情報はあらゆる業者に共有されます。信用情報は5年〜10年で回復しますが、例え回復していたとしても俗に「社内ブラック」といって、社内での共有はされているはずなので過去に踏み倒した業者や、その関連会社から借り入れをするのは非常に難しくなります。

    無職がお金を借りる方法

    無職の人がお金を借りる方法はありません!
    どうしてもどうしてもお金が必要であればネットオークションやフリマアプリで所有している物を売却するなどをして、工面する方法しかないです。

    家族や友人、お付き合いしている人に借りるという方法もありますが、これはほぼ100%人間関係にヒビが入るのでおすすめしません。金の切れ目が縁の切れ目です、ホントに。

    どんなに困っていてもしてはいけない借り方

    闇金業者からの借り入れはしてはいけない

    いわゆる闇金と呼ばれている人、業者には絶対に借りてはいけません!!!!!

    元々違法業者なので何をしてくるかわからないし、弁護士などを挟んでも中々縁を切ることができません。何よりも困るのは家族や親戚に迷惑が掛かることです。

    職場に電話されて職を失ったり、近所をウロウロされて引っ越しを余儀なくされた例もたくさんあります。 闇金にお金を借りたら人生がめちゃくちゃになります。絶対に借りないようにしてください。

    ゼニエモンもみなさんに闇金の恐ろしさを知ってほしくて、このサイトで紹介したいために一度闇金でお金を借りましたが実家にも電話が掛かってきて本当にストレスになりました。
    過去のこのコラムも見ていただいて、絶対に借りないようにしてください。

    クレジットカードのショッピング枠を現金化

    次にやってはいけないのは「クレジットカードのショッピング枠を現金化」することです。
    確実な犯罪とは言えないグレーゾーンの領域にあるものですが、現状クレジットカード協会も注意喚起しておりいつ逮捕事例が出てもおかしくない状況です。
    ショッピング枠の現金化の事例としては、大きく2種類に分けられます。


    買取型

    クレジットカード利用者がショッピング枠を利用して、商品を買った後即返品をして、換金業者から買い取ったというコトにして利用者に対してお金を渡すもの。結局クレジットカード会社からは、請求がくる。

    キャッシュバック型

    キャッシュバック型もクレジットカード利用者がショッピング枠を利用して、換金業者から大したことのないもの(例えば大量のCD-ROMなど)を購入し、キャッシュバックという名目でお金を渡すというもの。これも結局クレジットカード会社からは、請求がくる。


    どの場合も一時的に現金を手にするだけで、クレジットカード会社からは多額の請求が来ます。
    「ショッピング枠を現金化」すること自体、クレジットカード会社の規約で禁止しているカード会社が大半であり、犯罪とまではいいませんが、規約違反で利用停止などの処分が下る可能性は多いにあります。

    多額の請求もあるので、払えなかった場合、その頃には消費者金融や銀行などでお金を貸してもらうこともできない状況になっているため、何もいいことがありません。

    クレジットカードのショッピング枠の現金化についての情報は、ネットで調べるとわんさか出てきますが手を染めてはいけません。

    個人情報や口座を提供してお金を借りる

    2014年にベネッセの顧客情報が漏洩し、関連会社に勤める派遣社員が名簿業者に売却したものによるということが判明し、派遣社員が逮捕される事件があったのは記憶に新しいのではないでしょうか。

    このように名簿などの個人情報や、口座情報を提供することでお金を得ることは犯罪にあたります。
    どんなにお金に困っても犯罪には手を染めちゃダメです!!!!!

    お金を借りる方法まとめ

    長くなりましたが、このようにお金を借りる方法は色々あります。
    属性によっては厳しいものもありますが、基本的には現状安定した収入を得ていれば何かとお金を借りる方法はあります。
    諦めて変な業者に借りたり、犯罪に手を染めたりすることは絶対にダメです!

    闇金などに手を出すくらいなら自己破産した方がマシなので、自分の状況を見極めて自分に合った方法でお金を借りてみましょう。
    お金をすぐに借りたい今の状況より、良い方向に進むきっかけになれば幸いです。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン お問い合わせ