ペットローンについて徹底調査したページの見出し画像

ペット購入費用を分割にできる?ペットローンについてを徹底解説!

更新日:
「このコを家族として迎え入れたい!」「このコしか考えられない!」

購入するものがカバンや時計、カメラやパソコンなどの「モノ」であれば、仮にその時に購入できなくても同じものを再び探し後からでも購入することができます。


が、ペットの購入はそうはいきません。他の人に先に購入されたなら2度とそのコに会うことはできなくなります。


なので気に入ったペットがいた場合には基本的にはすぐその場で連れて帰るもしくはキープしてもらう必要があります。


ただ、人気のある犬や猫の購入費用は軽く数十万円を超えることもあり、今すぐに購入費用を捻出するのが難しいためペット購入費用の支払いにローンを利用する人も最近では多くなっています。


このページではそんなペットローンの上手な選び方、利用時の注意点についてを徹底解説していきますのでぜひ最後まで読んでみてください。



ペット購入時に利用できるローンでどんなものがあるの?

ペット飼育数の増加に伴うペットローンの取り扱い金融機関の増加


日本で飼われているペットの数は近年増加の一途を辿っており、国内で飼育されているペットの総数はこどもの数を追い抜いているといいう調査結果もあるほどです。


一般社団法人ペットフード協会が発表した「2018年全国犬猫飼育実態調査結果」によると、
犬は890万3,000頭、猫は964万9,000頭で犬猫推計飼育頭数全国合計は1,855万2,000頭となっています。
一般社団法人ペットフード協会 平成30年 全国犬猫飼育実態調査
※2019年08月26日調べ


また、犬や猫だけでなく、最近では一般的には手に入れにくいヘビやトカゲ、亀など希少価値の高い動物もペットとして人気が高くなっていることもあり、ペットを購入する際にローンを利用することが一般的になりつつもあります。


このような時代の流れの中で、ペット購入を目的としたローン商品を取り扱う銀行も現れており、現状ペット購入時に利用できるローンは大きく分けて以下の3種類に分類されます。


ペットショップの店頭で申込が可能な信販会社のローン
銀行などの金融機関が取り扱うペットローン(目的ローン)
資金使途自由とされているカードローンやフリーローン

またこの3つはあくまでペットローンについての種類ですが、ペットショップCoo&RIKUをはじめペットショップによってはクレジットカード決済が利用できます。


その場合、一括やボーナス払いのほかに分割払いも利用できますので、相談してみましょう。


利用しているクレジットカード払いであれば、ポイントの付与があったり、分割払いの金利がローン金利よりも抑えられることもあります。


分割手数料が低いクレジットカードならイオンカードがおすすめです。


<イオンカードの手数料計算>
例えば15万円のペットをイオンカード10回払いで購入したときは、
手数料は150,000円×(5.6円/100円)=8,400円となり、
毎月15,840円の返済になります。


別のクレジットカードを使うときは、公式HPで分割手数料を確認すると良いでしょう。


とても人気の楽天カードと比較してみたところ、楽天カードの分割手数料(10回払い)は、100円あたり6.8の手数料がかかるので、
15万円のペットを購入したときは、
150,000円×(6.8円/100円)=10,200円となり、
毎月16,020円の返済となります。
イオンカードとの差額は毎月180円、トータルで1,800円です。


金額だけでみると1,800円の差額が出ますが、楽天カードのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」は100円で1P付与、
楽天加盟店でリアルタイムで使えるメリットもありますから、使いやすさという部分で利用しても良いかなとも思います。



どのローンが一番ペットローンとしてオススメできる?

  • ローンで支払いたいのがペットの購入費用のみなのか?
  • ワクチンの接種代やペット用品の購入費用も併せてローンで支払うのか?
  • ペットの購入先がペットショップなのか?
  • ブリーダーから直接購入するのか?

ペットの購入先や分割での支払い予定範囲によって、どのローンがオススメなのかは異なることになります。


そこで、このページでは金利や利用方法からそれぞれのメリット・デメリットを詳しく解説していくとともに、利用が向いている人、向いていない人という形で各種ローンについてを詳しく解説してきます。


ペットローンの利用を検討しているけど、どのローンを利用すればいいのか悩んでいるという人はぜひ熟読いただき、ペット購入時のローン選びの役に立ててください。


ペットショップで取り扱っているローンを利用する


ペットショップで取り扱っているローンを利用する


すべてのペットショップが対応しているワケではありませんが、ある程度規模が大きく全国展開もしているようなペットショップでは、ローンでもペット購入費用の支払いができることが多くなっています。


気に入ったペットを見つけた店舗で、そのままローンも申込みを行い、審査に通ればそのまま購入手続きへと進むことになるので、ペット購入時に利用するローンとしては最もポピュラーです。


ペットショップが提携している信販会社(オリコやオリックスクレジットなど)のローンを利用することになり、各店舗により金利や利用条件は異なりますが、一般的には以下のようなメリットとデメリットがあります。


ペットショップが提携している信販会社のローンを利用するメリット

ペットを購入する店舗ですべての手続きを完結できる

自動車や宝飾品などを購入する際にお店でローンを組んだことがある人であれば、イメージしやすいかと思いますが、ローンへの申込みは店頭で行うことになります。


また、早ければ30分から1時間程度で審査結果の連絡も得られこともあるので、すべての手続きがスムーズに行った場合には、ペット購入を決めたその日のうちに実際にペットを連れ帰ることも可能です。


銀行の届出印を持参しておくと、ローンへの申込み手続きはスムーズに完結できます。


無金利でローンを組むことができる場合がある

金利については各ペットショップによって全く異なることになるので、必ずローン利用予定の店舗にて自身で直接確認する必要がありますが、中には無金利でローンの利用ができるペットショップもあります。


無利息でローンの利用ができる可能性があるのは、ペットショップが取り扱うローンのみです。


いくら無金利とは言えあくまでローンです。返済が滞った場合には通常のローンと同様に信用情報に事故情報が登録されることなるということは理解しておく必要があります。


ペットショップが提携している信販会社のローンを利用するデメリット

毎月の返済の負担が大きくなる場合がある

無金利あるいは低金利とされている場合、通常であれば顧客が信販会社へ支払うはずの利息分をペットショップが肩代わりすることとなります。


ローンの利息は返済期間が長くなればなるほど大きくなってしまうため、ペットショップで組むローンの返済期間はあまり長くすることはできません。


返済期間の目安は長くとも約3年程度になる傾向にあるので、ペットの購入金額によっては毎月の返済額が高額となってしまう可能性があります。


ローンの対象となるのはペット購入資金のみとなる場合が多い

これについても各ペットショップによって対応が異なるので、自身で直接確認する必要はありますが、ほとんどの場合ローンの対象とされるのはペット購入資金のみとされています。


ペット購入にかかるその他の資金については、現金もしくはクレジットカードなどで別で支払うことになる可能性が高いです。


購入するペットの種類にもよりますが、ペット代以外にかかる費用は案外大きいので、自己資金にあまり余裕がないという人は、ローンの対象となる資金については事前にしっかりと確認することをオススメします。


ペットショップが提携している信販会社のローンの利用をオススメできるのは

  • 分割で支払いたい資金が純粋なペットの購入費用のみ
  • 3年以内に完済したいと考えている
  • 自己資金にもある程度の余裕がある
  • 購入するペットをできるだけ早く連れて帰りたい
これら条件に該当する人は、ペットショップで取り扱う信販会社のローンの利用がオススメです。

ただし、上記でも解説していますが利用条件は各ペットショップで異なりますので、安易にローンの申込みをするのではなく事前に金利や毎月の返済額についてはしっかりと確認するようにしてください。


反対に自己資金にあまり余裕がない人やペットショップではなくブリーダーなどから直接のペット購入を希望している人は、以下で解説する銀行の取り扱うペットローンやカードローンなどの利用を検討してみることを推奨します。


銀行の取り扱うペットローンを利用する


銀行のペットローンを利用する


住宅の購入資金のみに利用できる住宅ローン、車の購入資金として利用できるマイカーローンなどと同じように、ペットの購入費用のみに利用できるのが「ペットローン」です。


ペットローンは、資金の利用使途がペット購入にかかる費用のみに限定される「目的ローン」に分類されるので、資金使途自由とされているカードローンやフリーローンに比べると金利が低めに設定されているのが大きな特徴となっています。


銀行のペットローンには以下のようなメリットとデメリットがあるので、自身の希望する条件に沿っているか確認してみてください。


銀行の「ペットローン」を利用するメリット

借入資金はワクチン代やペット用品などの支払いにも充てることができる

ペットショップの店頭で申込信販会社のローンと違い、銀行の「ペットローン」はワクチン代やペット用品など、ペット購入に関する費用すべてがローンの対象となります。


また、借入資金は自分自身の口座に振込まれることになるので、ペットショップ以外、ブリーダーなどからのペット購入時にも利用することが可能です。


余裕を持った返済を行いやすい

銀行のペットローンは返済期間が最長10年とされているものもあり、余裕を持った返済が可能となっています。


ペットを飼うということは最低でも飼育費用として毎月のエサ代は必要ですし、動物病院での定期的な検診費用等、なにかとお金がかかります。


返済期間が長くなればなるほど、最終支払い利息は大きくなってしまうので注意が必要ですが、ペットを飼うのが初めてだと特に飼育にかかる費用も正確に把握できないことが多いので、毎月の負担を少なく抑えられるのは嬉しいポイントだと言えます。


基本的にペットローンは繰り上げ返済(一括返済)も可能とされているので、計画的に利用することで最終支払利息は軽減することも可能です。


銀行の「ペットローン」を利用するデメリット

融資までには最短でも2日程度はかかってしまう

インターネットからの申込、契約手続きに対応しているので、銀行の窓口に直接来店する手間はないのですが、融資実行までには最短でも2日程度はかかってしまいます。


その間に購入を予定したペットが売れてしまうことも考えられるので、ペットショップに購入を希望している旨を伝え、予約が可能か相談しておくことをオススメします。


カードローンやフリーローンに比べると審査はやや厳しめとなる

ペットローンはカードローンやフリーローンに比べると金利が低い分、審査はやや厳しめとなります。


同じ目的ローンでも住宅ローンの場合は家や土地が担保となるのに対し、言い方は少し悪いですが生き物であるペットは当然担保とはならないので、銀行にとっては低金利なうえ無担保となるリスクの高い契約となることも審査が厳しめになる理由です。


普通に仕事をしていて、借金が多くない人であれば過度に審査に対して不安になる必要はありませんが、年収に対する借金額が大きい人や他社ローンの返済の遅延・滞納があるようば場合には審査通過は難しくなると考えておいてください。


銀行の「ペットローン」の利用をオススメできるのは

  • ペットショップ以外からのペット購入を検討している
  • ペット購入にかかる費用の全てを分割で支払いたい
  • できるだけ毎月の返済の負担を小さくしておきたい
  • ペット購入までに時間の猶予がある
  • ローンの審査に対して不安がない
ペットショップ以外からのペット購入を検討していて、なおかつ出来るだけ低い金利でローンを利用したいと考えている人は銀行の「ペットローン」を利用してください。

ペット購入にかかるすべての費用をまとめて分割にできるので、複数あるペット購入時に利用できるローンのうち、ペットの飼い始めにかかる負担を最も低く抑えることができる購入方法となっています。


以下でオススメな銀行のペットローンの基本情報を紹介しているので参考にして頂ければ幸いです。


オススメできる2つの銀行「ペットローン」の基本情報

銀行のペットローンの中でも以下2行の取り扱うペットローンが、ネット申込で来店不要、最短2営業日での融資も可能となっており、ローンでのペット購入を検討している人に特にオススメです。

ローン名称 イオン銀行「イオンアシストプラン」 スルガ銀行ペットローン
年齢条件 20歳以上60歳未満 20歳以上65歳未満
金利 3.8%〜13.5% 7.0%〜11.0%
利用限度額 30万円〜700万円 1万円〜800万円
融資実行までにかかる時間 最短2営業日 最短2営業日
口座の開設 必須 不要
最長返済期間 8年 10年

スルガ銀行ペットローンの最小借入額が1万円〜とされているのに対し、イオン銀行「イオンシストプラン」は最低でも30万円〜とされています。


基本的に最小借入額が高く設定されているローンほど審査の基準は厳しめになる傾向にあるので、ペット購入にかかる費用が30万円以下という人にはスルガ銀行ペットローンの方が利用が向いていると判断されます。


使い道を証明する書類は必要ない?

住宅ローンやマイカーローンでは原則、見積書など資金の使い道を証明する書類の提出が必要とされていますが、上記2行のペットローンをペット(用品含む)購入費用として利用する場合には基本的には見積書などの提出は不要とされています。


ただし、ペットのケガや病気の治療費、手術費などの為に利用する場合には、それらの使い道を証明する書類の提出を求められることもあるとのことでした。



資金使途自由なローンをペットローンとして利用する

資金使途自由なローンをペットローンとして利用する


消費者金融や銀行の取り扱うカードローンなど資金使途が自由とされているローンについては、もちろんペット購入時の費用も利用対象となります。


ただ、カードローンは上2項目で解説した2種類のローンに比べると金利は高くなりますし、利用には何だか抵抗があるという人も多いのではないかと思います。


実際、とにかく低金利でローンを組みペットを購入したいと考えている人には利用をオススメすることはできませんが、メリットとデメリットをしっかりと理解した上での利用であれば、カードローンもペット購入時の資金捻出方法として十分に活用することができます。


ペット購入時にカードローンを利用するメリット

消費者金融のカードローンであれば最短即日で融資可能

ページ冒頭でも触れていますが、ペットとの出会いは一生に1度の運命的なものだと言えます。


その機会を逃した場合、同じ犬種、同じ性別、同じ毛色だとしても、全く同じコは2度と現れることはありません。


申込を行ったその日のうちにペット購入資金を用意することができる点はかなり大きなメリットだと言えます。


銀行カードローンであればペットローンとさほど金利は変わらない

銀行カードローンであれば上限金利でも14%前後で契約することも可能です。


ペット購入のみの利用となるペットローンとの金利の差は約2〜3%程度です。


50万円を超えるような借入でなければ、この程度の金利差はさほど発生する利息に大きな影響を与えることはありません。


ペット購入時にカードローンを利用するデメリット

使いすぎに注意が必要

ペットショップで申込む信販会社のローンや銀行のペットローンの場合、借入後の利用は返済のみとなりますが、カードローンの場合審査の結果借り入れの枠が設けられその枠内であれば自由に借入を行うことが可能となります。


ペット用品や病院代など何かと費用が必要となるペットの飼い始めには嬉しい点でもあるのですが、可愛さのあまり本来であれば購入予定でなかった高価なペット用品まで購入してしまわないよう注意が必要です。


ゼニエモンは知人から譲り受ける形でネコを飼い始めたのですが、ついつい、キャリーケースやキャットタワーなどあらゆるネコ用品の購入をしまい、初期費用にトータル5万円以上は使ってしまった経験があります、、。(喜んでくれたので全く後悔は全くしてませんが!笑)


ペット購入の為のカードローンの利用がオススメできる人

  • ペット購入にあたり必要な金額が30万円以下である
  • ペットの購入資金自体は別の方法で用意できる
  • ボーナスなどにより早期完済ができる見込みがある
借入が必要な金額が少額でローンの利用は短期間で済むようであれば、ペットの購入費用のためのカードローンの利用も有効な手段のひとつだと言えます。

金利が高めとなる点には注意が必要ですが、以下で借入希望金額、資金の用途別に上手な借入先の選び方、オススメできるカードローンを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。


ペット購入にあたり借入が必要となる金額が10万円以内に収まる場合

プロミスのバナー画像


借入が必要な金額が10万円以内に収まる、あるいは半年以内に完済できる充てがあるという場合には、さほど金利について気にする必要はないと言え、融資までの早さ、審査通過の可能性、利便性の高さを考慮すると、プロミスへの申込がオススメできます。


消費者金融なんてどこも変わらないでしょと感じる人も多いかもしれませんが、プロミスははじめての利用の際に、メールアドレスの登録、WEB明細利用の登録を行うことで最大30日間の間無利息で利用することも可能となっており、短期間、少額の融資にメチャクチャ有利なスペックを持っています。


また、金利面では初回契約の場合で50万円以下の契約なら17.8%となり、他社の消費者金融と比較すると若干程度ではありますが、低金利で融資を受ける事が可能です。


ペット購入資金についてはペットショップの提携している信販会社のローンを利用し、その他のワクチン代やペット用品の購入費用のみをプロミスから借入するという利用の仕方もありだと言えます!


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20歳〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

※30日間無利息の利用はメールアドレスの登録とweb明細利用の登録が必要となります。




ペット購入にかかる費用が10万円を超えてしまいそうな場合


ペット購入にかかる費用のすべてをローンで支払いたいし、できるだけ毎月の返済の負担を少なく抑えて利用したいという人には、楽天銀行スーパーローンの利用がイチオシです。


借入する金額が10万円以内であれば毎月の返済額は2,000円、30万円以内なら5,000円の返済でOKです。


契約時に適用される金利は最大でも14.5%とされており、目的ローンに分類される「ペットローン」と比較してもさほど変わらない金利で利用できるのも嬉しいポイントです。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
1.9%〜年14.5% 最大800万円 最短翌日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格※ 保証会社 来店必要の有無
19.9% 20歳〜62歳 楽天カード株式会社 ネット上のみで完了



ペット購入時のローン利用の注意点とまとめ


このページではペット購入時に利用することができるローンを3つに分類し詳しく解説してきましたが、それぞれに異なる特徴、利用のメリット・デメリットがあるので、一概にどのローンが最もオススメということは言えません。

が、ペットショップでのペット購入を検討している人であれば、まずはそのお店で取り扱う信販会社のローンの詳細を確認してみるようにしましょう。金利ゼロで利用できる可能性があります!


金利や返済額、返済期間、ローンの対象範囲に納得出来る場合には、そのまま申込手続きへと進んでください。


ただ、ローンの審査に不安がある、ペット購入に充てることができる自己資金があまり多くないというような場合には、まずは審査通過への期待値を最も高く持つことができるカードローンへの申込を行うことをオススメします。


どのローンも審査落ちとなった場合にはその情報が信用情報機関へと登録されることになり、しばらくの間別のローンの審査にも通りにくくなってしまいます。


カードローンで借入する金額があまり大きくなりすぎないように、高額になりやすいペットの代金はその他ローンや自己資金で支払う、その他のペット購入にかかる費用をカードローンでまかなうといった利用の仕方であれば支払うことになる利息を少しでも少なく抑えることができます。


ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン お問い合わせ