ペットローンについて徹底調査したページの見出し画像

ペット購入費用を分割にできる?ペットローンについてを徹底解説!

更新日:
「この子を家族として迎え入れたい!」「この子しか考えられない!」

購入するものがカバンや時計、カメラやパソコンなどの「モノ」であれば、仮にその時に購入できなくても同じものを後から購入することは簡単です。


しかし、ペットの場合そうはいきません。


他の人に先に購入されたら、2度とその子に会うことはできなくなります。


なので気に入った子がいた場合、その場で購入して連れて帰る、もしくは成約してキープしてもらう必要があるのですが、人気のあるペットの購入費用は数十万円することも多いです。


そこで、今すぐ購入費用を捻出することが難しい人に向けて、ペット購入費用のためのローンを提供している銀行やペットショップが最近増えています。


このページではそんなペットローンの上手な選び方や、利用時の注意点について徹底解説していくので、ぜひ最後まで読んでください。


また、とにかく早くペットをお迎えしたい!と思っている人は、以下のカードローンがおすすめです。

とにかく今すぐペットを購入したいなら『レイクALSA』がおすすめ!業界最長の無金利期間が魅力

レイクALSAのロゴ画像


レイクALSAには初回利用者に提供している無金利サービスが2種類あり、特に注目したいのが利息が最大60日間無利息になるサービスです。


他のカードローンでも同様のサービスを提供していますが、レイクALSAは他社と比較して期間が長いため、より利息を抑えられるのが魅力となっています。


また、借入額のうち5万円の利息を最大180日間無利息にできるサービスも提供しており、好きなサービスを自由に選ぶことが可能です。


ただし、利用にはWeb申込が必須となっており、店舗での契約では適用されないので、注意しましょう。

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15秒※ なし 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0% 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方。
ご自分のメールアドレスをお持ちの方
残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ネット上のみで完了

※インターネットなら最短60分融資も可能

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です

一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます



ペット購入時に利用できるローンってどんなものがあるの?

ペット飼育数の増加に伴うペットローンの取り扱い金融機関の増加


日本で飼われているペットの数は近年増加の一途を辿っており、国内で飼育されているペットの総数は、こどもの数を追い抜いているという調査結果もあるほどです。


2020年に一般社団法人ペットフード協会が発表した「令和2年全国犬猫飼育実態調査」によると、現在飼われている犬は約848万9,000頭、猫は約964万4,000頭で、推定合計は1,813万3,000頭となっています。



また、犬や猫だけでなく、最近では一般的に手に入れにくいヘビやトカゲ、亀など希少価値の高い動物もペットとして人気が高くなっています。


そして、2021年現在は在宅勤務が増えてきたことにより、以前と比べてペットを飼いやすい環境が整っています。


今後は、ペットの飼育頭数が増加する可能性が非常に高いと言えるでしょう。


しかし、ペットを飼うにはまず購入費用が必要であり、その金額は先述した通り安いものではありません。


主なペットの相場は、以下のようになっています。


ペットの相場

種類 価格相場
ミックス犬(雑種) 10万〜30万円
トイ・プードル 10万〜80万円
チワワ 15万〜30万円
柴犬 5万〜20万円
ミニチュア・ダックスフンド 10万〜40万円
フレンチ・ブルドッグ 15万〜40万円
ラブラドールレトリーバー 20万〜40万円
ミックス猫(雑種) 5万〜30万円
マンチカン 10万〜50万円
スコティッシュフォールド 5万〜25万円
ラグドール 14万〜25万円
メインクーン 7万〜25万円
ロシアンブルー 6万〜25万円
ミニうさぎ 1万円前後
リス 1万円前後
ノーマルインコ 9,000円前後
ハリネズミ 3万円前後
モモンガ 8万円前後
コモンリスザル 60万円前後

このように、ペットを購入するためにはお金がかかるので、最近はペットを購入する際にローンを利用することが一般的になりつつあります。


現状、ペット購入時に利用できるローンは、大きく分けて以下の3種類に分類されます。


銀行などの金融機関が取り扱うペットローン(目的ローン)
ペットショップの店頭で申込可能な信販会社のローン
資金使途自由のカードローンやフリーローン

どのローンが一番ペットローンとしてオススメできる?

ペットの購入先や借入金の利用範囲によって、どのローンがオススメなのか異なります。


  • ローンで支払いたいのがペットの購入費用のみなのか?
  • ワクチンの接種代やペット用品の購入費用もあわせてローンで支払うのか?
  • ペットの購入先はペットショップか?
  • ブリーダーから直接購入するのか?

このページでは、金利や利用方法から、それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説していきます。


ペットローンの利用を検討しているけど、どのローンを利用すればいいのか悩んでいるという人は、ペット購入時のローン選びに役立ててください。


銀行の取り扱うペットローンを利用する


銀行のペットローンを利用する


住宅の購入資金のみに利用できる住宅ローン、車の購入資金として利用できるマイカーローンと同じように、ペットの購入費用のみに利用できるのが「ペットローン」です。


ペットローンは、資金の利用使途が限定される「目的ローン」に分類されます。


そのため、資金使途自由とされているカードローンやフリーローンに比べると、金利が低めに設定されているのが大きな特徴です。


銀行のペットローンには、以下のメリットとデメリットがあります。


銀行の「ペットローン」を利用するメリット

借入資金をワクチン代やペット用品などの支払いに充てることができる

ペットショップの店頭で申し込みを行う信販会社のローンと違い、銀行の「ペットローン」はワクチン代やペット用品など、ペット購入に関する費用すべてがローンの対象となります。


また、借入金は自分の口座に振り込まれるので、ブリーダーを通してのペット購入に利用することも可能です。


余裕を持った返済を行いやすい

銀行のペットローンは返済期間が10年と長期間のものあり、余裕を持った返済が可能となっています。


ペットを飼うと最低でも毎月のエサ代は必要ですし、動物病院での定期的な検診費用など、なにかとお金がかかります。


特に、ペットを飼うのが初めてだと、飼育にかかる費用を正確に把握できないことが多いので、毎月の負担を少なく抑えられるのは嬉しいポイントだと言えます。


基本的に、ペットローンは繰り上げ返済(一括返済)も可能です。


計画的に利用することで、最終支払利息を軽減することができるのは大きなメリットでしょう。


銀行の「ペットローン」を利用するデメリット

融資まで最短でも2日程度かかってしまう

インターネットからの申込・契約に対応しているので、銀行の窓口に直接来店する手間はないのですが、融資実行まで最短でも2日程度かかってしまいます


その間に購入を予定していたペットが売れてしまうことも考えられるので、ペットショップに購入を希望している旨を伝え、予約できるか相談しましょう。


カードローンやフリーローンに比べると審査はやや厳しめとなる

ペットローンはカードローンやフリーローンに比べると金利が低い分、審査はやや厳しめとなります。


同じ目的ローンでも住宅ローンの場合は、家や土地を担保にすることができますが、ペットローンは担保がありません。


銀行にとっては低金利なうえ無担保となるリスクの高い契約となることが、審査が厳しめになる理由です。


普通に仕事をしていて借金がほぼない人であれば、審査に対して過度に不安になる必要はありません


しかし、年収に対する借金額が大きい人や他社ローンの返済を滞納している場合、審査通過は難しくなると考えておいてください。


銀行の「ペットローン」の利用をおすすめできる人

  • ペット購入にかかる費用の全てを分割で支払いたい
  • できるだけ毎月の返済の負担を小さくしたい
  • ペット購入までに時間の猶予がある
  • ローンの審査に対して不安がない
  • ローンの返済を滞納したことがない

ペットショップ以外からのペット購入を検討していて、なおかつ出来るだけ低金利のローンを利用したいと考えている人は、銀行の「ペットローン」を利用してください。


ペット購入にかかるすべての費用をまとめて分割にできるので、ペットの飼い始めにかかる負担を最も低く抑えることができる購入方法となっています。


おすすめできる2つの「ペットローン」の基本情報

銀行のペットローンの中でも、以下2行の取り扱うペットローンが、ペット購入を検討している人に特におすすめです。


ネット申込で来店不要、最短2営業日での融資も可能となっています。

ローン名称 イオン銀行「イオンアシストプラン」ペットローン スルガ銀行ペットローン
年齢条件 20歳以上60歳未満 20歳以上70歳以下
金利 3.8%〜8.8% 6.0%〜12.0%
利用限度額 10万円〜700万円 10万円〜100万円
融資実行までにかかる時間 最短2営業日 最短2営業日
口座の開設 必須 不要
最長返済期間 8年

スルガ銀行ペットローンの最大借入額が100万円なのに対し、イオン銀行「イオンシストプラン」ペットローンは、最大700万円まで借入できます。


基本的に最大借入額が高く設定されているローンほど、審査の基準は厳しめになる傾向にあります。


なので、ペット購入にかかる費用があまり膨らみそうにない人は、スルガ銀行ペットローンに申し込むことをおすすめします。


また、スルガ銀行のペットローンはペットの医療費専用ローンも提供しているので、万一の場合はそちらの利用もおすすめです。


使い道を証明する書類は必要ない?

住宅ローンやマイカーローンでは原則、見積書など資金の使い道を証明する書類の提出が必要とされています。


一方、上記2行のペットローンをペット(用品含む)購入費用として利用する場合、見積書などの提出は基本的に不要です。


ただし、ペットのケガや病気の治療費・手術費などに利用する場合、使い道を証明する書類の提出を求められることもあるで、注意しましょう。


ペットショップで取り扱っているローンを利用する


ペットショップで取り扱っているローンを利用する

ペットショップのローンは、ペット購入時に利用するローンとして最もポピュラーです。


気に入ったペットを見つけた店舗でそのまま申込みを行い、審査に通れば購入手続きへと進むことが可能です。


また、ペットショップのローンは、提携している信販会社(オリコやオリックスクレジットなど)のローンを利用することになります。


その一方で、すべてのペットショップがローンに対応している訳ではありません


ある程度規模が大きく全国展開もしているようなペットショップなら、ペットローンの用意があるところが多いですが、必ず事前に確認するようにしましょう。


各店舗により金利や利用条件は異なりますが、一般的には以下のようなメリットとデメリットがあります。


ペットショップが提携している信販会社のローンを利用するメリット

ペットを購入する店舗ですべての手続きを完結できる

自動車や宝飾品などのお店でローンを組んだことがある人ならイメージしやすいかと思いますが、ローンへの申込みは店頭で行うことになります。


また、早ければ30分から1時間程度で審査結果が出ることもあります。


すべての手続きがスムーズに進んだ場合、ペット購入を決めたその日のうちに実際にペットを連れ帰ることが可能です。


必要ない場合もありますが、銀行の届出印を持参しておくと安心です。


無金利でローンを組める場合がある

金利は各ペットショップによって異なるので、ローンを利用する予定の店舗で必ず確認しましょう。


中には、無金利でローンが利用できるペットショップもあります。


先述した3種類のローンの中で、無金利でローンの利用ができる可能性があるのは、ペットショップが取り扱うローンのみです。


いくら無金利とはいえ、あくまでもローンです。


返済が滞った場合、通常のローンと同様に信用情報に事故情報が登録されることは、理解しておく必要があります。


ペットショップが提携している信販会社のローンを利用するデメリット

毎月の返済額が大きくなる場合も

無金利あるいは低金利の場合、本来であれば顧客が信販会社へ支払うはずの利息をペットショップが肩代わりします。


ローンの利息は返済期間が長くなると肩代わりする利息が大きくなってしまうので、ペットショップで組むローンの返済期間は短くなっています


返済期間は長くても約3年程度なので、ペットの購入金額によっては毎月の返済額が高くなる可能性があることは把握しておきましょう。


ローンの対象となるのはペット購入資金のみとなる場合が多い

ペットショップによって対応が異なりますが、ほとんどの場合ローンの対象となるのはペット購入資金のみです。


そのため、ペット購入にかかるその他の費用は、現金もしくはクレジットカードなどで別で支払うことになる可能性が高いです。


購入するペットの種類にもよりますが、ペット代以外にかかる費用は案外大きいです。


あまり余裕がない人は、ローンの対象外となる費用について事前に確認することをおすすめします。


ペットショップが提携している信販会社のローンの利用をおすすめできる人

  • ペットの購入費用以外はクレジットカードや現金で払える
  • 3年以内にローンを完済したいと考えている
  • 資金にある程度の余裕がある
  • 購入するペットをできるだけ早く連れて帰りたい

これらの条件に該当する人は、ペットショップで取り扱う信販会社のローンの利用がおすすめです。


ただし、利用条件は各ペットショップで異なります。


そのため、事前に金利や毎月の返済額についてしっかりと確認するようにしてください。


反対に資金にあまり余裕がない人や、ペットショップではなくブリーダーから直接ペットを購入したい人にはおすすめできません。


そういった人は、これから解説する銀行のペットローンや、カードローンなどの利用を検討することを推奨します。


資金使途自由なローンをペットローンとして利用する

資金使途自由なローンをペットローンとして利用する


消費者金融や銀行の取り扱うカードローンなど資金使途自由なローンは、もちろんペット購入時の費用にも利用可能です。


ただ、カードローンは上の2項目で解説した2種類のローンに比べると金利は高くなりますし、利用に抵抗がある人も多いのではないかと思います。


実際、とにかく低金利でローンを組んでペットを購入したいと考えている人には利用をオススメすることはできません。


その一方でメリットとデメリットをしっかり理解した上での利用であれば、カードローンもペット購入時の資金捻出方法として十分に活用することができます。


ペット購入時にカードローンを利用するメリット

消費者金融のカードローンであれば最短即日で融資可能

ページ冒頭でも触れていますが、ペットとの出会いは一生に1度の運命的なものです。


その機会を逃した場合、同じ犬種、同じ性別、同じ毛色だとしても、全く同じ子は2度と現れることはありません。


申込を行ったその日のうちにペット購入資金を用意できる点は、かなり大きなメリットだと言えます。


銀行系カードローンであればペットローンとさほど金利は変わらない

銀行系カードローンであれば、上限金利が14.5%前後で契約することも可能です。


ペット購入のみの利用となるペットローンとの金利の差は2〜3%程度です。


50万円を超えるような借入でなければ、発生する利息に大きな差は出ないので、あまり不安になる必要はありません。


ペット購入時にカードローンを利用するデメリット

使いすぎに注意が必要

信販会社のローンや銀行のペットローンの場合、借入後は返済するのみですが、カードローンは借り入れの枠が設けられ、その枠内であれば自由に借入・返済を行うことが可能となります。


ペット用品や病院代など何かと費用が必要となる最初の時期には嬉しい点でもあるのですが、カードローンを自由に使えるお金と勘違いしないよう注意が必要です。


特に、これまでカードローンを一度も利用したことがない人は、気を付けて利用しましょう。


ペット購入の為のカードローンの利用がオススメできる人

  • ペット購入にあたり必要な金額が30万円以下である
  • ボーナスなどにより早期完済できる見込みがある
  • 自制心が強い
借入が必要な金額が少額でローンの利用は短期間で済むようであれば、ペットの購入費用のためのカードローンの利用も有効な手段のひとつだと言えます。

金利が高めとなる点には注意が必要ですが、以下で借入希望金額別にオススメできるカードローンを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


借入金額が10万円以内に収まる場合

レイクALSAのバナー画像


借入が必要な金額が10万円以内に収まる、あるいは半年以内に完済できる当てがある場合、レイクALSAへの申込がオススメです。


消費者金融なんてどこも変わらないでしょと感じる人も多いかもしれませんが、レイクALSAは初めて利用する人限定で最長180日間無利息のサービスを提供しています。


この無利息サービスには「@借入金額のうち5万円までが最大180日間無利息になる」「A借入額全額が最大60日間無利息になる」の2種類があり、Webから申し込めば好きな方を選ぶことができます。


特に、最大60日無利息のサービスを提供しているのはレイクALSAだけで、全カードローンの中でもこれ以上の期間、無利子・無利息の業者は本当にありません。


ペット購入資金についてはペットショップの提携している信販会社のローンを利用し、その他のワクチン代やペット用品の購入費用のみをレイクALSAから借入するという利用の仕方もありだと言えます!


また、他のカードローンも幅広くチェックしたい人は、以下のページをチェックしてください。

(※) ※21時(日曜日は18時)までの契約を行えば当日中に振込みでの融資が可能!
※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

※【無利息期間について】
・初めてレイクALASAを利用する方が対象です。 ・60日間無利息はWEB経由で申込された方が対象です。
・ご契約額1万〜200万円までの方が対象です。 ・お借入れ額5万円まで180日間無利息、それ以上の方は60日間無利息が適用されます。
・30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。 ・初回契約日翌日から無利息適用となります。
・無利息期間経過後は通常金利適用。
・ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
【貸付条件】
●新生フィナンシャル株式会社●登録番号/関東財務局長(9)01024号
●極度額/1万円〜500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%〜18.0%
●遅延損害金(年率)20.0%
●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査
●必要書類/運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15秒※ なし 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0% 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方。
ご自分のメールアドレスをお持ちの方
残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ネット上のみで完了
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。



借入金額が10万円を超えそうな場合


借入額が10万円を超えそうな人や、できるだけ毎月の返済の負担を少なく抑えて利用したい人には、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」がイチオシです。


バンクイックはカードローンの中でもトップクラスの返済額の低さを誇り、借入する金額が10万円以内なら毎月の返済額は2,000円、30万円以内なら6,000円で済ませることができます。

※借り入れ利率が年8.1%超の場合


契約時に適用される金利は最大14.6%なので、目的ローンに分類される「ペットローン」と比較してもさほど変わらない金利で利用できるのも嬉しいポイントです。


実質年率 限度額 融資までの日数 保証人 口座開設 職場連絡
1.8%〜14.6% 10万円〜500万円 最短翌日 なし 不要 あり
遅延損害金 申込資格 保証会社 来店必要の有無
- 20〜65歳未満 アコム ネット上のみで完了



クレジットカードで支払うこともできる

ペットショップCoo&RIKUをはじめ、大手のペットショップではクレジットカード決済が利用できます


その場合、一括やボーナス払いのほかに、分割払いも利用できます。


クレジットカードであればポイントの付与や、手数料が低く抑えられるので、人によってはクレジットカードの方が良い場合もあるでしょう。


分割手数料が低いクレジットカードを使いたいのであれば、特にイオンカードがおすすめです。


たとえば、15万円のペットをイオンカード10回払いで購入すると、分割手数料は年率12.04%となります。


銀行系カードローンの金利が年率14.5%前後、消費者金融は18%程度なので、それと比較すると金利は非常に低いと言えるでしょう。


ちなみにイオンカードで10万円を10回分割した場合、毎月1万5,840円の返済となり、手数料も含めた支払い総額は15万8,370円になります。


クレジットカードで分割払いを利用したいときは、各クレジットカードの公式ホームページで分割手数料を確認しておきましょう。


ペット購入時のローン利用の注意点とまとめ


このページでは、ペット購入時に利用できるローンを3つに分類し詳しく解説してきましたが、それぞれに異なるメリット・デメリットがあるので、一概にどのローンが最もオススメということは言えません。

ですが、ペットショップでペットの購入を検討している人は、まずはそのお店で取り扱う信販会社のローンの詳細を確認してみるようにしましょう。


金利ゼロで利用できる可能性があります!


そのお店で提供しているローンの金利や返済額、返済期間に納得出来る場合には、そのまま申込手続きへと進んでください。


ただ、ローンの審査に不安がある場合や、ペット購入に充てられる自己資金があまり多くない場合は、まず審査通過の期待値が高い消費者金融への申込を行うことをオススメします。


その理由は、複数のローンも審査落ちとなった場合、その情報が信用情報機関へと登録されるので、しばらくの間別のローンの審査にも通りにくくなってしまうからです。


また、高額になりやすいペットの代金は自己資金で支払い、その他のペット購入にかかる費用をカードローンでまかなうといった利用の仕方であれば、利息を少しでも少なく抑えることができます。


ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ