学生ローンでも利用出来るおすすめのカードローンを紹介

掲載日:
更新日:
現在、お金を借りる事を検討中で、学生の人を対象に解説しているページです。

基本的に、学生であったとしても、満20歳以上の人で、本人に返済能力がある場合は、カードローンが利用可能なので、いざという時に借りれる環境にできるカードローンの利用がおすすめです。


また、2017年の4月以降から、銀行による貸付の自主規制が行われ、学生でも利用出来るカードローンは、消費者金融のみとなりました。
これまで通りの利用というものが難しくなっているため、どういった利用が賢い利用方法なのかということも合わせて解説しています。


学生の人でカードローンの利用を検討している人は是非このページを参考にしていただけると幸いです。

    学生ローンを利用する場合の申し込み条件

    まず、そもそも申込の条件に達していない人は、そもそも申込が出来ません。


    学生なら誰でもOKという一括りではなく、以下の条件に必ず該当していなくてはなりません。

    • 申込時の年齢が20歳以上であるという人
    • 安定した収入のある人

    この2つの条件が揃っている人のみ利用可能です。これに満たない人はカードローンの利用は出来ません。


    安定した収入のある人について

    年齢に関しては、申し込み条件として安定した収入のある人のみが利用可能と説明していますが、この安定した収入というのは、


    アルバイトをしていて毎月の給料がある人


    を言います。他にも、在学中に事業をしており、定期的な収入があるという人も含まれますが、基本的にアルバイトなど仕事をしており、毎月給料が入ってくる人のみが利用可能です。


    要は本人に返済能力があるのかというところがネックになり、以下の人は該当しません。

    • 親からの仕送りが毎月定期的にある人
    • たまに、ヤフオクやメルカリなどで収入があるという人

    これらの人は、安定した収入となりません。ヤフオクやメルカリなどで、収入があるという人は、事業として行っている必要がある為、昨年度の確定申告をした人のみが利用化可能です。


    学生ローンって基本的にいくら融資を受ける事が出来るの?

    基本的に、学生ローンは、ほとんどの人が、10万円の限度額で契約となる場合が大半だとまず知っておきましょう。


    厳密に言うと、年収となる金額の1/3まで融資を受ける事が出来ますが、学生でアルバイトという立場だと、就職やバイトを変えたりなど年収自体が安定しないケースが多いため、基本的に学生の間は、10万円の限度額で、就職し勤続年数が増えていくにつれ、増枠などの審査を新たに受けるという形です。


    学生ローンの限度額は10万円になる可能性が高い説明をする図解


    上記の図解で軽く触れていますが、カードローンには申し込み時に、年収を記入する記述があります。


    アルバイトを行い、1年未満という人は、まだ年収の詳細が出ていませんが、大体月々これだけ給料を貰っているという平均の金額を12ヶ月分ほど算出した「見込み年収」を記載しましょう。


    どれくらいの期間アルバイトをしていれば申し込みが出来るの?

    アルバイトをしていれば、申し込み資格があるということは分かりましたが、では、どれくらいの期間アルバイトを行えば、申し込み資格があるという基準になるのかというと、基本的に、1日でも仕事に出勤した実績があれば申し込みが可能となります。


    以下は、実際に各社問い合わせを行い、どれくらいの期間仕事をしていれば利用できるか調査した表となります。


    プロミス 採用が決まり、出勤日が決まった時点で申し込み可能
    アコム 採用が決まり、出勤日が決まった時点で申し込み可能
    アイフル アルバイトへ初出勤を迎えた翌日から申し込み可能
    モビット 1ヶ月目の給料をもらった時点で申し込み可能

    上記のように、雇用契約を結んだ時点で申し込みOKなカードローンもありますが、給与を貰った翌日からというカードローンもあるため、仕事を行いまだ間もないという人は、上記を参考に選ぶようにしましょう。


    カードローン業者の選び方

    まず、学生で、カードローンを利用する場合は、基本的に10万円までの枠になる可能性が非常に高いという事はわかりました。


    次に、どの学生ローンを選べばいいのかという事についてですが、現在は、消費者金融一択がおすすめです。


    以前までは、銀行カードローンも学生に対し契約の獲得に意欲的でしたが、2017年4月から、資金需要者等の過度のお借入れを防止するための対応が決定し、2018年の1月完全施工で、学生への貸付が難しくなりました。


    その為、現在は学生ローンとして利用できるのは、消費者金融一択と考えておきましょう。


    学生ローンとして利用できるおすすめのカードローン一覧

    とにかく早く借入が可能な大手消費者金融


    プロミスは学生でもアルバイトをしている状態、もしくはアルバイト先が決まっている場合(就職も含む)の人なら誰でも申込が可能です。
    しかも、メールアドレスとWeb明細利用の登録をすれば、初めての場合、契約後、借入をしてから30日間が無利息期間となるので、
    すぐにでも借入したい人も、前もって借入出来る状態を作っておきたい人も同様の無利息サービスを受けることが可能となっていまるので、短期的に借りたい人におすすめです。何よりカードローンなので振込などで借入、返済する手間がないので利便性もかなり高いのが魅力的です。申込の本人確認書類も、スマホで撮った写真を送るだけなので、手間もいらないのでこういった煩わしい部分がないのも嬉しいところです。

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能


    プロミスの女性専用のレディースローン



    30日間無利息期間がつく短期借入希望の人にオススメのアコム


    アコムは、申し込みから借入まで、最短で1時間以内に行うコトが可能です。
    アルバイトをしている学生にも人気のカードローンです。
    契約日より30日間は無利息期間となるので、短期的に借入したい人におすすめです。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
    遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング方式 ネット上のみで完了



    「学生ローン」の専用商品を取り扱う業者もある

    カードローンと同じく、消費者金融ですが、学生ローンの専用商品を取り扱う業者もいます。


    基本的に、上記のカードローンと同じく限度額が10万円以上になるということはほとんど有り得ませんが、学生ローンの専用商品を取り扱っている業者です。


    カードローンと大きく異なるのが5点で、

    • 融資タイプがフリーローンで、一度借りたら返済のみ
    • 銀行振込で融資を受けて銀行振込で返済を行う
    • 学校名や学部の記載が必要で、滞納した場合は学校へ連絡がいく可能性がある
    • 大手よりも若干程度、低金利で融資を受けれる
    • アルバイト先に審査の時に電話が掛かることはない

    この5点が大きく異なります。これらについてを個別で説明していきます。

    融資タイプがフリーローンで、一度借りたら返済のみ

    フリーローン型の融資で、限度額などを作らないタイプで、一度融資を受けた後は、返済のみとなります。追加融資を受けることもできますが、その都度審査が行われます。


    銀行振込で融資を受けて銀行振込で返済を行う

    融資は銀行振込のみで返済も、銀行振込で分割で返済する形となります。この場合の振込手数料は、こちらが持つ必要があります。


    学校名や学部の記載が必要で、滞納した場合は学校へ連絡がいく可能性がある

    可能性は低いですが、学生専用ローンは、学校の記載が必須となります。
    万が一、滞納等を行ってしまい、尚且つ電話をガン無視した場合は、業者側は、本人と連絡と取るためのやむ無い措置として、本人と連絡が取れるであろうところへ電話連絡や、催促状の送付などを行える立場となります。


    連絡が取れるうちは学校へ連絡が行くということはまず有り得ませんが、やむ無い措置をとらざるを得ない状況だと連絡が奥可能性があります。


    大手よりも低金利で融資を受けれる

    雀の涙ほどですが、消費者金融の金利が18.0%程度に対し、16%台で融資を受けることが出来ます。
    この違いを比較してみました。


    10万円を12回(1年)で完済した場合の比較

    比較 消費者金融カードローン 学生専用ローン
    返済総額 11万16円 10万9,332円 +α
    月々の返済額 9,168円 9,111円

    ※消費者金融カードローン 金利18.0%で算出
    ※学生専用ローン 金利16.8%で算出


    このように、金利面では、1%以上違うため、低金利の方が一見良さそうですが、はっきり言ってローンとして考えるなら、10万円程度であるなら、金利を気にしても仕方がないレベルであり、10万円以下の金額の融資の為に金利を比較するのはナンセンスです。


    返済時の振込手数料を考えると、学生専用ローンの方が、結果的に振込手数料で、消費者金融のカードローンよりも高くなるため、パッと見の金利だけを考えると損をします。


    アルバイト先へ審査の時に電話が掛からない

    実際にそこで働いているのかを調べる事を「在籍確認」と言いますが、カードローンの場合はデフォルトだとバイト先へ電話が掛かります。ただし、この電話ではカードローン業者であることはわからないように電話を行います。


    学生専用ローンは、この在籍確認による電話連絡が無いように配慮してくれます。余りにも、嘘っぽい、または嘘をついていると審査担当者が判断した場合は、バイト先に電話がかかる可能性もあります。


    おすすめの学生専用の「学生ローン」


    創業37年の老舗の学生ローンです。
    ただ、学生なら誰でもウエルカムというわけではなく、20歳以上の人のみで、アルバイトなど自身で仕事をしていることが必須条件で、これは大手消費者金融のカードローンと同条件です。


    1万円からの貸付が可能で、最高が30万円までの融資を受けることが出来ます。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    12.0%〜18.0% 1〜30万円※ 最短即日 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.00% 20歳以上※2 3年間での元金自由返済 ネット上のみで完了

    ※:30万円以内かつ、年収の1/3以内

    ※2:20歳以上の安定した収入と返済能力が基準値を満たす人



    学生ローンについてよくある疑問

    カードローンの利用で年会費などはかかりますか?

    基本的に、カードローンで発生する費用は借りたお金に対しての利息分の他には、コンビニ等のATMの利用手数料以外に費用はかかりません。


    その為、融資を受けていない時は、一切の費用がかかることはありません。
    ※例外もあり、アコムなどは契約の際に契約書類の発行手数料等で200円かかります。(それ以降はかかりません)


    カードローンを利用していることは親や親族にバレることはありますか?

    基本的に、契約者本人とカードローン業者の契約となるため、親や親族にバレるという事はありません。
    万が一、バレる原因となる要素は以下となります。


    • 直接、親にカードを見られる
    • 振込で融資を受けた銀行口座の利用明細を見られる
    • 延滞を1ヶ月以上行い、連絡も無視しているとき

    概ねこの3パターンがバレる要素となります。延滞を行ってしまい、電話やメールを無視してしまったという場合は、通常は、カードローン業者は、本人以外と連絡を取ることしか出来ませんが、本人と連絡を取るために、自宅へ催促状や電話を行う。


    もしくはアルバイト先に電話が掛かるなど連絡を行う範囲が広がる為、返済が厳しい場合でも、必ずカードローン会社と連絡を取り返済金額の圧縮などの相談を行うようにしましょう。



    カードローンの契約が就職活動に影響が出たりしますか?

    これは、NOと断言します。
    カードローンの利用は基本的に本人以外が知ることはなく、同時に調べることも出来ません。


    就職先等に今現在契約がある、もしくは借入を受けているという状態であっても全くもって影響はありません。


    学生ローンが他のローンの審査に影響したりしませんか?

    学生ローンの利用が原因で他のローンの審査に影響が出るのか出ないのかという事を懸念される人も少なくありません。


    これは説明すれば長くなるので、このページでは簡単に結論だけ述べていきます。


    滞納せず完済していれば、全くもって影響はありませんし、むしろローン実績が上がりプラス評価となります。


    滞納を何度か行い、完済している場合は、完済して2年以上経過すればマイナス評価は消える為、影響は出ません。


    現在返済中の人は、現在の収入等による返済能力の調査で、他の何らかのローン契約があった場合は、その分だけ返済能力が減るため、審査にとっては、金額に比例してマイナスとなります。


    更に、返済中であって何度も遅延や滞納をしている人は、2年以上に3度以上の滞納をすれば、他のローンの審査にかなりの悪影響となります。最後に滞納をして2年以上経過し、尚且つ完済している場合は、悪影響にはなりません。


    要は、

    • 滞納をしたのか?
    • 残りいくら残債があるのか?
    • 毎月いくら返しているのか?

    この3点が重要視されるのですが、これは、学生ローンの利用だからといって悪影響になることはありません。


    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ