学生ローンとして利用出来るおすすめのカードローンを紹介

更新日:
現在、お金を借りる事を検討中で、学生の人を対象に解説しているページです。

基本的に、学生であったとしても、満20歳以上の人で、本人に返済能力がある場合は、お金を借りることは可能で、借入先の候補としては主に「学生専用ローン」「大手消費者金融のカードローン」「銀行カードローン」3つの金融機関が挙げられます。

ただ、2017年の4月以降から、銀行による貸付の自主規制が行われた為、今現在、学生でも利用できるのは、「学生専用ローン」と「消費者金融のカードローン」の2つに限定されています。

この2つのローンの異なるポイント、どういった基準で選べばいいのか、賢い利用方法なども合わせて解説していきますので、借入を検討している学生は是非このページを参考にしていただけると幸いです。

    学生がキャッシングの申込をする最低条件


    学生がカードローンを利用する条件


    この条件を満たしていない学生は、そもそも申込をすることが出来ません。


    学生なら誰でもOKという一括りではないので、

    • 未成年の学生
    • 自分自身に収入のない学生

    については、原則キャッシングを利用してお金を借りることはできないと考えておきましょう。


    アイシーローンは、首都圏内に住んでいるもしくは通学していることが条件とはなりますが、18歳以上の学生が申込の対象とされているので未成年でも利用可能です。
    未成年の学生でどうしてもお金が借りたいという場合には利用を検討してみてください。


    安定した収入とは?絶対に仕事をしていないと利用できない?

    まだ学生だから収入のある親を保証人にすることで利用できるということはなく、学生専用ローンでも、カードローンでも申込をする学生本人に収入がないことにはまず利用することはできません。


    審査は申込をする学生本人の情報で行われます。
    学生ローンで指す安定した収入


    アルバイトの他にも、在学中に事業をしており、定期的な収入があるという学生も含まれますが、その場合、事業として行っている必要がある為、昨年度の確定申告をした人のみが利用可能です。


    要は本人に返済能力があるかが重要になり、以下の収入は「申込をする学生本人の安定した収入」には該当しません。

    • 親からの仕送りが毎月定期的にある人
    • パチンコや競馬で毎月勝っている人
    • 奨学金が毎月振り込まれている人

    ヤフオクやメルカリで得た収入は安定した収入には該当しない?

    確定申告が可能なら、ヤフオクやメルカリなどの売買で得た収入も安定した収入に該当します。


    ただ、アルバイトをしている学生に比べると、収入の安定性は低く判断されやすく、審査通過のハードルは高くなってしまうと考えておきましょう。


    メチャクチャ急いでお金が必要というわけではない場合にはアルバイトをはじめてから申込をするのが理想的です。


    どれくらいの期間アルバイトをしていれば申し込みが出来るの?

    アルバイトをしていれば、申し込み資格があるということは分かりましたが、では、どれくらいの期間アルバイトを行えば、申し込み資格があるという基準になるのかというと、基本的に、1日でも仕事に出勤した実績があれば申し込みが可能となります。


    以下は、実際に各社問い合わせを行い、どれくらいの期間仕事をしていれば利用できるか調査した表となります。


    プロミス 採用が決まり、出勤日が決まった時点で申し込み可能
    アコム 採用が決まり、出勤日が決まった時点で申し込み可能
    アイフル アルバイトへ初出勤を迎えた翌日から申し込み可能
    SMBCモビット 1ヶ月目の給料をもらった時点で申し込み可能
    レイクアルサ アルバイトへ初出勤を迎えた当日から申し込み可能

    ※調査方法:各業者電話


    雇用契約を結んだ時点で申し込みOKなカードローンもありますが、給与を貰った翌日からというカードローンもあるため、仕事を始めてまだ間もないという人は、上記を参考に選ぶようにしましょう。


    学生ローンって基本的にいくら融資を受ける事が出来るの?

    学生専用ローンとカードローンでは設定されている借入限度額の上限が大きく異なります。


    消費者金融のカードローンの借入限度額表

    業者名 借入限度額
    プロミス 1万円〜500万円
    アコム 1万円〜800万円
    アイフル 1,000円〜500万円
    SMBCモビット 1万円〜800万円
    レイクアルサ 1万円〜500万円

    学生専用ローンの借入限度額表

    業者名 借入限度額
    アイシーローン 1万円〜50万円
    学生ローンのアミーゴ 3万円〜50万円
    イー・キャンパス 1万円〜80万円
    学生ローンのカレッヂ 1,000円〜50万円
    ニチデン 1万円〜30万円
    学生ローンの友林堂 1万円〜30万円
    ヤングローン・学生ローンのキャンパス 3万円〜50万円
    トーエイ 1万円〜50万円
    マルイ 1万円〜50万円

    借入限度額が大きいのは消費者金融のカードローン


    借入限度額が最大でも50万円とされている学生専用ローンに対して、消費者金融のカードローンは借入限度額の上限が500万円〜800万円とかなり大きいです。


    この数字だけを見ると、消費者金融のカードローンなら学生でも100万円とか借りれるのではないかと、淡い期待を抱いてしまう人もいますが、アルバイトでの収入が主となる学生が50万円以上の借入ができる可能性はほぼないと言えます。


    これは、学生専用ローンだから消費者金融だからといった理由ではなく、「総量規制」という業界全体の決まりごとが大きく影響することになります。


    学生ローンは「総量規制」により借入できる金額が制限されている

    学生専用ローン、消費者金融のカードローン、どちらも「貸金業法」という法律に則り貸付の業務を行うことになります。


    総量規制は貸金業法という法律の一つで、「個人へ年収の1/3を超える貸付をしてはならない」と定められているものです。


    学生ローンの限度額は10万円になる可能性が高い説明をする図解


    毎月のバイト代が5万円で年収が60万円の学生は、どの学生ローンを利用しても借入できる金額の上限は20万円までに制限されます。


    では、月々10万円のバイト代を稼いでいる年収120万円の学生の場合は学生ローンを利用して40万円借入できるのか、というとそうはいきません。


    総量規制で制限される金額はあくまで、法律上、貸付可能な上限金額なので、実際には審査により借入可能な金額は決定されることになります。


    学生でアルバイトという立場だと、就職やバイトを変えたりなど年収自体が安定しないケースが多いため、社会人として働いている場合に比べ、どうしても借入できる金額は低めとなり、10万円程度の借入限度額での契約になるコトが最も多いです。


    学生ローンを利用して借入することができる金額はMAX20万円と考えておきましょう。


    バイトをはじめて1年経っていない場合はどうなる?

    上記の図解で軽く触れていますが、カードローンには申し込み時に、年収を記入する記述があります。


    アルバイトを行い、1年未満という人は、まだ年収の詳細が出ていませんが、大体月々これだけ給料を貰っているという平均の金額を12ヶ月分ほど算出した「見込み年収」を記載しましょう。


    働いている期間が短いほど、契約できる借入限度額は小さくなる傾向にあるので、勤続年数が1年未満の場合、借入限度額の上限は10万円程度になる可能性が高いと言えます。



    学生ローンの金利って高いイメージがあるけど実際のところどうなの?


    ページの冒頭で解説していますが、学生が銀行カードローンを利用するのは2017年以降非常に難しくなっています。

    業界全体で最も低い金利で利用できるのは銀行カードローンなので、学生がキャッシングをする際の契約金利はやや高めになると言えます。

    この項目では、学生専用ローンと消費者金融のカードローンの金利を徹底比較していきますので、金利の低さを重要視している学生はぜひ読んでみてください。

    消費者金融のカードローンの金利表

    業者名 借入限度額
    プロミス 4.5%〜17.8%
    アコム 3.0%〜18.0%
    アイフル 4.5%〜18.0%
    SMBCモビット 3.0%〜18.0%
    レイクアルサ 4.5%〜18.0%

    学生専用ローンの金利表

    業者名 借入限度額
    アイシーローン 10.0%〜20.0%
    学生ローンのアミーゴ 14.40%〜16.8%
    イー・キャンパス 14.5%〜16.5%
    学生ローンのカレッヂ 14.5%〜16.5%
    ニチデン 9.125%
    学生ローンの友林堂 12.0%〜16.8%
    ヤングローン・学生ローンのキャンパス 14.40%〜16.8%
    トーエイ 15.0%〜18.0%
    マルイ 15.0%〜17%

    金利を比べる時の基礎知識として、表記されている金利の低い方ではなく、高い方(上限金利)で比較するということを知っておかなければいけません。


    この理由については以下のリンク先のページで詳しく解説しているのでここでは割愛します。



    学生専用ローンの方が若干だが低金利で契約することができる

    消費者金融のカードローンでは最も上限金利が低いプロミスでも17.8%なのに対し、学生専用ローンでは16%台で契約できる業者がほとんどです。


    この金利によって毎月の発生する利息が決まり、当然金利が低ければ低いほど、発生する利息は少なく抑えられるのですが、具体的にどのくらいの金額の差がでるのかということまで理解できている人は少ないのではないでしょうか。


    以下、仮に10万円の借入を行った場合の発生利息の差を各金利で計算、表にまとめました。


    10万円を借入した場合に発生する利息の差を比較

    金利 1日あたりの利息 1ヶ月あたりの利息
    15.0% 41円 1,232円
    16.0% 43円 1,315円
    17.0% 46円 1,397円
    18.0% 49円 1,479円

    ※1ヶ月は30日で計算 ※小数点以下切り捨て


    金利1%の違いが発生する利息に与える金額の差


    次に10万円の借入を行い、12回(1年)で完済した場合の毎月の返済額と最終的に支払う利息を計算してみました。


    消費者金融カードローンの金利は18%、学生専用ローンは最も多い16.8%で算出しています。


    10万円を12回(1年)で完済した場合の比較

    比較 消費者金融カードローン 学生専用ローン
    返済総額 110,016円 +684円 109,332円
    月々の返済額 9,168円 9,111円

    上記表の金利の差は1.2%ですが、同じ期間内に返済した場合、最終的に支払うことになる利息の差は684円です。


    金利が1%以上違うと、メチャクチャお得な感じもしますが、学生ローンの場合そもそも借入できる金額が多くとも10万円〜20万円程度で少額となる為、はっきり言って金利を気にしても仕方がないレベルであり、20万円以下の金額の融資の為に金利を比較するのはナンセンスです。


    返済時に発生する手数料も考慮すると、、

    ローンカードを使ったATMでの返済や指定口座からの自動引落での返済に対応している消費者金融のカードローンに対し、原則カードの発行がない学生専用ローンでは毎月の返済は業者指定の口座への振込での返済となります。


    返済時に支払うことになるお金が、元金+利息+振込手数料となる学生専用ローンの方が、結果的に消費者金融のカードローンよりも毎月支払うことになる金額は大きく高くなるため、パッと見の金利だけで借入先を選ぶと損をすることになってしまいます。


    完済までに半年以上かかってしまいそうだという人には、消費者金融のカードローンの方が向いていると言え、その中でもコンビニATMが手数料無料で利用することができるレイクアルサが特にオススメです。

    レイクアルサは、アルバイトを初めて1日でも経っていれば学生でも申込可能なのでぜひ利用を検討してみてください。


    2018年4月に登場した新しいカードローンで、新規顧客の獲得に力を入れていると考えられるので、今が狙い目だとも考えられます。




    学生ローンについてよくある疑問


    親や学校にキャッシングしたことはバレませんか?

    基本的に、契約者本人とキャッシング業者の契約となるため、親や親族にバレるという事はありません。
    万が一、バレる原因となる要素は以下となります。


    • 直接、親にカードを見られる
    • 振込で融資を受けた銀行口座の利用明細を見られる
    • 延滞を1ヶ月以上行い、連絡も無視しているとき

    概ねこの3パターンがバレる要素となります。
    通常キャッシング業者は、申込をした本人としか連絡を取ることしか出来ませんが、延滞を行ってしまい、電話やメールを無視してしまったという場合は、本人と連絡を取るために、自宅へ催促状の送付や電話をかけることがあります。


    もしくはアルバイト先に電話が掛かるなど連絡を行う範囲が広がる為、返済が厳しい場合でも、必ずカードローン会社と連絡を取り返済金額の圧縮などの相談を行うようにしましょう。


    学生ローンの利用で年会費などはかかりますか?

    学生専用ローンも消費者金融のカードローンも発生する費用は借りたお金に対しての利息分の他には、コンビニ等のATMの利用手数料、返済時の振込手数料以外に費用はかかりません。


    その為、融資を受けていない時は、一切の費用がかかることはありません。


    学生ローンの契約が就職活動に影響が出たりしますか?

    これは、NOと断言します。
    カードローンの利用は基本的に本人以外が知ることはなく、同時に調べることも出来ません。


    就職先等に今現在契約がある、もしくは借入を受けているという状態であっても全くもって影響はありません。


    学生ローンが他のローンの審査に影響したりしませんか?

    学生ローンの利用が原因で他のローンの審査に影響が出るのか出ないのかという事を懸念される人も少なくありません。


    これは説明すれば長くなるので、このページでは簡単に結論だけ述べていきます。


    滞納せず完済していれば、全くもって影響はありませんし、むしろローン実績が上がりプラス評価となります。


    滞納を何度か行い、完済している場合は、完済して2年以上経過すればマイナス評価は消える為、影響は出ません。


    現在返済中の人は、現在の収入等による返済能力の調査で、他の何らかのローン契約があった場合は、その分だけ返済能力が減るため、審査にとっては、金額に比例してマイナスとなります。


    更に、返済中であって何度も遅延や滞納をしている人は、2年以上に3度以上の滞納をすれば、他のローンの審査にかなりの悪影響となります。最後に滞納をして2年以上経過し、尚且つ完済している場合は、悪影響にはなりません。


    要は、

    • 滞納をしたのか?
    • 残りいくら残債があるのか?
    • 毎月いくら返しているのか?

    この3点が重要視されるのですが、これは、学生ローンの利用だからといって悪影響になることはありません。


    学生専用ローンと消費者金融のカードローンどっちがオススメ?

    学生専用ローンも消費者金融のカードローンも借入できる金額の上限はどちらも10万円程度です。


    どっちが審査に通りやすいということもないので、単純にお金を借りるという部分だけで考えると2つのローンに差はないと言えるのですが、融資の受け方、返済方法などの細かい違いを以下表にまとめました。


    比較項目 消費者金融のカードローン 学生専用ローン
    融資タイプ カードローン フリーローン(証書貸付)
    融資の受け方

    ・指定口座への振込み融資
    ・カードを利用したATMでの出金

    ・指定口座への振込み融資
    追加の借入 契約の枠内であれば可能 再度申込、審査が必要
    返済方法

    ・カードを利用したATMでの入金
    ・指定口座への振込み
    ・口座からの自動引き落とし

    ・指定口座への振込み
    在学している学校の情報 不要 必須 ※学生証で証明
    アルバイト先の情報 必須 不要な場合もある
    アルバイト先への在籍確認 原則必須 不要な場合もある
    親権者の同意 不要 不要


    消費者金融のカードローンを利用するメリット

    • 申込から借入までWEB上で完結できる
    • 土日も即日での借入が可能
    • 契約の枠内であれば繰り返しの利用もできる
    • 学校に関する情報の記載は一切不要
    • 手数料無料で返済することもできる

    消費者金融のカードローンを利用するデメリット

    • 学生専用ローンに比べ僅かだが金利が高い
    • 借金が初回借入時から増えてしまうリスクが高くなる

    学生専用ローンを利用するメリットは?

    学生専用ローンは、消費者金融のカードローンに比べ低金利で契約できることがメリットのひとつとして挙げられますが、返済方法が指定口座への振込のみ、振込手数料は自己負担となるため、返済期間が半年を越えるような場合、その負担する金額は金利の違いで発生する利息以上になってしまう可能性が高いです。


    では、少額、短期間の借入であれば学生ローンの方がオススメなのかという点ですが、これも消費者金融のカードローンの方が有利です。


    以下消費者金融では無利息サービスが用意されていて、このサービスは学生が利用する際にも適用されます。


    無利息サービスがある消費者金融カードローン一覧

    プロミス ・初回借入日の翌日から30日間無利息
    アコム ・契約日の翌日から30日間無利息
    アイフル ・契約日の翌日から30日間無利息
    レイクアルサ

    ・契約日の翌日から30日間無利息
    ・契約日の翌日から180日間無利息 ※借入額のうち5万円まで


    この期間内であれば全く利息を支払うことなくキャッシングできるので、少額・短期間の借入の場合も上記表の消費者金融のカードローンであれば学生専用ローンよりもオススメです。


    学生専用ローンの利用が推奨できるのは、カードローンのように借入の枠内で追加の借入が可能だと、必要以上にキャッシングしてしまう心配がある、借入は絶対の今回の一度きりにしておきたいと考えている人のみだと言えます。

    全体のスペック、使い勝手の良さを考えると、消費者金融のカードローンに軍配はあがります。

    長くなりましたが最後に学生ローンとして利用できるおすすめのカードローン業者をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

    学生ローンとして利用できるおすすめのカードローン

    とにかく早く借入をしたい学生にオススメなプロミス


    プロミスは学生でもアルバイトをしている状態、もしくはアルバイト先が決まっている場合(就職も含む)の人なら誰でも申込が可能です。


    しかも、メールアドレスとWeb明細利用の登録をすれば、初めての場合、契約後、借入をしてから30日間が無利息期間となります。


    無利息期間の開始が借入してからなので、すぐに借入したい人も、前もって借入出来る状態を作っておきたい人も同様の無利息サービスを受けることが可能となっているので、短期的に借りたい人におすすめです。


    何よりカードローンなので振込などで借入、返済する手間がないので利便性もかなり高いのが魅力的です。申込の本人確認書類も、スマホで撮った写真を送るだけなので、手間もいらないのでこういった煩わしい部分がないのも嬉しいところです。


    2017年10月からスマホ1台でセブン銀行ATMから出金できる「アプリローン」という新サービスが加わり、利便性がメチャクチャ高くなっています。
    スマホの扱いに慣れた若い人に向いているカードローンです!


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能



    長期的な利用を検討している学生にもオススメの「ジェイスコア」

    ジェイスコアのロゴ画像


    ジェイスコアでは、「現在の自分に置かれた状況」を入力するとAI診断により自身の信用情報をスコア化、その算出されたAIスコアによって金利や借入限度額が決定されます。


    通常のカードローンの審査では、今現在の職業や勤務先、年収といった情報から返済能力は判断されるのですが、ジェイスコアはそれだけではなく趣味や性格、外食頻度や睡眠時間、英語力や保有資格など様々な項目から申込者のスコアを算出していきます。
    今だけではなく、「申込者の将来性」もスコアに影響を与えていると考えられます。


    メールアドレスの登録を行いアカウントを作成することで簡単に自身のAIスコアは算出することができるので、融資実行までに時間の猶予がある学生はぜひ利用を前向きに検討してみてください。


    AIスコアの算出後、正式な申込をしない限りその情報は、他ローンの審査へ一切影響を与えないというのもオススメできる理由の一つです!


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    0.9%〜12.0% 10万円〜1,000万円 公式サイトを参照 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    12.0% 満20歳以上満70歳以下※ 残高スライドリボルビング方式 ネット上のみで完了

    ※国内に居住する人のみ





    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ