60歳〜80歳まで利用できる高齢者ローン特集!

60歳から80歳まで融資を受けられる高齢者ローン特集!

更新日:

60歳以上の高齢の方でもローンを組みたいと考えている方は多いでしょう。


日本の健康寿命は年々伸びていることから、今までよりも活動的なシニア層も増えており、自分の趣味や生活の中のちょっとした贅沢でお金を使いたい人が増えているということは不思議ではありません。


しかし、定年後の再就職での収入や年金だけではお金が足りないと感じる場面も出てきてしまいます。


公的な融資としては年金を担保に融資を受けることができる「年金担保貸付」や、住んでいる家を担保にお金を借りる「リバースモーゲージ」などがありますが、年金や住んでいる家を担保にお金を借りるのは抵抗があるかたもいらっしゃいます。


そこで無担保・保証人無しで本人の契約だけで利用できるローンを厳選して紹介します。


使い勝手が良く、条件が良いものに絞り込みましたので、ぜひ参考にしていただけますと幸いです。


    そもそも高齢者はカードローンを利用することができるの?


    まず高齢の方は「カードローンを自分の年齢で契約することができるのだろうか」という不安があると思います。


    結論からいうと高齢者でもカードローンを利用することは可能です。


    ただ、しっかりと申込み要件を満たせるようなカードローンの取り扱いをしているところを選ぶのがコツです。


    最近は高齢の方でも活発に外での活動をする方や趣味に打ち込む方が多くなっているので、以前よりもお金が必要になる機会が増えている傾向です。


    そのため、そのような状況に対応するためにカードローンの内容自体も高齢の方が借り入れができるような内容に変更したり、新しいプランを積極的に用意しています。


    高齢の方におすすめのカードローン

    J.Score(ジェイスコア) AIスコア・レンディング

    対応年齢:70歳以下

    年金受給者への対応:○ 可能

    ジェイスコアのロゴ画像


    J.Score(ジェイスコア)は、「みずほ銀行」と「ソフトバンク株式会社」の合弁会社が提供する人工知能による質問での返答に答えるだけでおおよその貸付可能な金額と金利が分かる新しいタイプのローンで、70歳以下の人なら利用可能です。


    利用開始されて数年しか経過していないのでなかなか聞き慣れないサービスですが、大手銀行のみずほ銀行が関わっているとなると安心できますね。


    サービス開始早々から低金利という部分が非常に人気で、高齢者の方の利用者もかなり多いのも特徴です。


    無担保・無保証人で限度額の範囲で自由に使えるローンで最高でも年12.0%の金利で利用できるため、他のカードローンと比較しても金利が低いことが特徴です。


    また、現在の定年退職されている人で年金受給のみの人であっても利用可能です。


    すぐに借り入れをしたいという方は「AIスコア診断をしてお申込み」を選択するとAIスコア算出と申込が同時に出来るのでわずらわしさがありません。

    J.Score申し込み画面

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    ※年0.8%〜12.0% 10万円〜1,000万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    年12.0% 満20歳以上満70歳以下※ 残高スライドリボルビング方式 ネット上のみで完了
    ※貸付利率(実質年率)0.8%はみずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適応されます。
    ※国内に居住する人のみ


    J.Scoreは70歳までの方で申し込むことができてローンの内容も優れているので、「なるべく早く」「金利を低く」という条件を満たしたい方におすすめです。


    J.Scoreならではスコアリングで個々の状況や性格などを多角的に分析して審査をしてくれるので「表面上だけの簡単な審査だけだと不安だな…」と感じていた方はチャレンジしてみる価値はあります。


    70歳以下の人が利用できるその他のローン

    70歳以下の人のその他の対応しているローンは以下となります。

    アコム 69歳まで
    プロミス 69歳まで
    アイフル 70歳未満
    SMBCモビット 69歳まで
    ノーローン 69歳まで
    じぶん銀行 70歳まで
    三菱UFJ銀行カードローン 65歳未満
    三井住友銀行 カードローン 69歳まで
    レイクALSA 70歳以下
    ゆうちょ銀行 70歳以下

    75歳までの人が利用ができるローン(無担保・無保証人)

    70歳を超えており、75歳未満の人は以下のローンの利用が可能です。


    ローン名 対応年齢 全国対応 金利

    北海道銀行
    カードローンラピッド

    75歳未満 1.9%〜14.95%

    常陽銀行
    キャッシュピット

    75歳未満 2.5%〜14.8%

    青森銀行
    Aキャッシング

    満75歳未満 × 営業エリアのみ 2.4%〜14.5%

    岩手銀行
    カードローンエルパス

    満75歳未満 × 営業エリアのみ 1.8%〜14.6%

    足利銀行
    モシカ

    75歳未満 × 営業エリアのみ 5.8%〜14.8%

    中京銀行
    C-style

    75歳未満 × 営業エリアのみ 4.9%〜14.5%

    関西アーバン銀行
    アーバンカードローン

    満75歳未満 × 営業エリアのみ 4.0%〜14.4%

    伊予銀行
    新スピードカードローン

    満75歳未満 × 営業エリアのみ 2.0%〜14.5%

    鳥取銀行らくだスーパーカードローン

    満72歳以下 × 営業エリアのみ 4.0%〜14.5%

    宮崎銀行
    おまかせくん

    満75歳未満 × 営業エリアのみ 6.0%〜14.5%

    長崎銀行
    プレミアA

    75歳未満 × 営業エリアのみ 2.8%〜14.95%

    80歳までの人が利用できるカードローン

    セゾンかんたん安心カードローン

    セゾン「かんたん安心カードローン」の切り抜き画像


    セゾンファンデックスのかんたん安心カードローンは、80歳までの人なら利用できるカードローンとなっています。
    利用も30万円〜100万円の範囲で利用可能です。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    14.8% 30〜100万円 最短即日 無し 対象 なし
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    20.00% 60歳〜80歳 なし 不要



    大枠で融資を受けたい人には不動産担保ローンがおすすめ

    通常のローンについていくつか紹介してきましたが、
    100万円以上の大枠での融資を希望している人は
    低金利で利用できて、貸付条件としては非常にいいので
    不動産担保ローンという選択肢もあります。


    楽天銀行不動産担保ローン

    楽天銀行不動産担保ローンのバナー画像


    楽天銀行不動産担保ローンは、原則自由用途で融資を受ける事が出来る利便性が人気です。楽天銀行の取り扱う不動産担保ローンはネット銀行の強みである低金利で融資を受けることが出来ます。
    100万円以上の融資を受けたいけれど、カードローンの金利は高い。少しでも低金利で利用したいという人はこちらがおすすめです。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.68%〜9.58% 100万円〜3,000万円 最短即日回答 必要な場合もあり 対象外 あり
    担保所有者 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    第三親等まで 満20歳以上70歳未満 セゾンファンデックス 不要


    リースバック
    セゾンファンデックスバナー

    リースバックとは自宅を売却して現金化し、売却後も住み続けられる代わりに家賃を払っていくというサービスで、デメリットに気を付ければ、老後資金を生み出すこともできて非常におすすめです。


    セゾンのリースバックは、他の「リースバック」サービスと比べて、支払う家賃や初期費用が定額で済ませられる点、無料でセコムのホームセキュリティが利用できる点がメリットです。


    リースバックのポイント

    • 売却した後も自宅に住むことができる
    • 家賃を支払うための安定した収入は必要
    • 後から買い戻すことも可能

    リースバックについて細かい仕組みやメリットデメリットなど、詳しくはこちらで徹底解説していますので参考にしてみてください。

    リバースモーゲージ

    三井住友銀行のリバースモーゲージのバナー画像


    リバースモーゲージとは、自宅を売却してまとまったお金を手にしてその後も住み続けることができるサービスです。
    SMBCだけではなく、みずほ銀行や東京スター銀行にも同様のサービスがあります。


    リースバックとの大きな違いは、自宅を売却した後は、家賃の返済などは一切無く、契約者本人が亡くなった後に一括返済の手続が行われるという点です。
    リースバック同様に、売却した後も自宅に住み続けることができます。


    ただし、リバースモーゲージは「担保割れ」といって自身が亡くなった後に、
    融資を受けた金額が自宅の金額を上回る可能性も出てきます。
    つまり身内に借金を背負わせることになってしまうので、ご家族などとも相談しながら
    慎重に決めた方がいいです。


    リバースモーゲージのポイント

    • 売却した後も自宅に住むことができる
    • 月々の返済は不要
    • 亡くなった後に一括返済
    • 担保割れにならないよう、家族との相談は必須

    リバースモーゲージについて細かい仕組みやメリットデメリットなど、詳しくはこちらで徹底解説していますので参考にしてみてください。

    60歳から80歳の方を対象に、シニアローンについて紹介しました。通常のローン以外にも「不動産ローン」といって自宅を担保に融資を受ける方法もあります。

    シニアならではの選択肢だと思うので、家族と相談しながら老後の資金調達や現在抱えている借金を減らす方法として、参考になれば幸いです。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン 審査が不安な方 お問い合わせ