中央リテール

更新日:


おまとめローン専門業者で、500万円までの融資を受けることが可能です。


また、実質年率も、年10.95〜13.0%と上限金利も低いため、まとめることでトータル的に低金利が実現します。


審査も最短1日でスピードも充実しているので、現状で4社以上から借入をしている人でないと利用不可となっています。


ちなみに、この商品は、総量規制の例外となるため、総量規制の対象にならないので、年収の1/3以上の借入が一時的に可能となっています。

中央リテール おまとめローンの詳細はコチラです


直接中央リテールに問い合わせてみたところ、
審査対象となる基準があるため、この基準に満たない人は、利用することができません。


中央リテールを利用できる人はどんな人?

おまとめローンはどんな人に向けたものですか?

このおまとめローンはまず利用するための基準があります。


借入金額 150万円以上借入している人を対象
借入会社数 4社以上が対象
毎月の返済額 7万円以上を半年以上正確に支払っている状態

これを聞くと結構な基準の高さですよね。
審査の基準というよりも審査を受けるまでの基準が高いです(笑)。


まとめると、
借入額が、150万円以上であり、4社以上から借入している状態で、
毎月7万円以上を半年以上、滞納もなく返済している状態の人専用のおまとめローンとなります。


この7万円というのは、あくまで基準ですが、
中央リテールの返済は、最低が5万円と決まっているので、


返済に少なくとも7万円以上の返済がある人が条件のようです。


契約は東京本社へ行く必要がある

基本的にネット上でのウェブで完結というわけには行かず、東京の本社へ行き、
そこで契約する形となります。


なので、おまとめローン専用の業者であるのですが、
利用するまでの手間は大手消費者金融や銀行のおまとめローンと比較すると、
他県でしたら交通費などの費用もかかるので、手間とお金がかかってしまいます。


返済専用のおまとめローン

中央リテールのおまとめローンは、基本的に、返済オンリーとなっているので、
増枠で借入したいということはできません。


希望としては、現状よりも低金利の状態で、なおかつ更に余剰金額の借入というのは、
できないところがネックになってきそうなところですね。


おまとめローンなら大手消費者金融の方が使いやすい

中央リテールのデメリットとしてはWEBから申込はできたとしても契約をするために東京本社に行かなくては行けないということです。


この時点で関東圏、特に東京や神奈川以外の人にとって不便なカードローンと言えます。


おまとめローンという商品は中央リテールだけではなく、大手消費者金融や銀行にもあるものなので、申込から契約→融資の流れが楽で、その後の運用もしやすいものを求めているなら、他の商品情報も確認して比較をしてみましょう。


低金利でオススメのおまとめローンに関しては下の記事で詳しく解説をしています。



融資スピードが最短1日と比較的早く、金利もそこそこ低いですが、利便性などに関しては大手に劣るのが現状です。
まずは大手消費者金融や銀行でおまとめローンが使えないか調べてみることをおすすめします。


ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン お問い合わせ