おまとめローンって一体なに?

更新日:
おまとめローンという単語は聞いたことがありますか?
通常のカードローンとは異なり、返済に集中するためのローンとなりますが、返済をするためにまた借入をするってなんだか変な感覚ですよね。
しかし、複数のカードローンの支払いに困っている方はおまとめローンを検討するというのはおすすめしたい選択肢の一つです。

    おまとめローンとは?

    複数の業者から借入している時って口座振替にしている人ならいいんですが、自分でATMで返済しているとすごく面倒ですしすごくお金が勿体ないような気がします、、。


    人間の性(さが)なんでしょうが、実際に手に持った現金が泡のように消えている様を見ているのはムチャクチャ切ない気分になります、、。


    あ〜、、複数の業者に毎回返済するの面倒だし、利息もバカにならないしなぁ、、、と、いう人におすすめなのがおまとめローンです。


    これは、複数の業者から借入がある多重債務者に対して、
    低金利でその借金を1本化するコトを意味します。


    イメージにしてみるとこんな感じです。


    おまとめローンの金利は基本的に今よりも低くなる


    返済金額のイメージ


    この図でのイメージで実際の支払う毎月の金額と累計支払い総額がどれだけ減ったのかちょっと考えてみましょう!


    各社でリボルビング払いの方法は違うので微差はあるのですがその微差の部分はあまり重要でないので、「残高スライド元利定額返済方式」で統一して考えるものとします。


    A社:借入金額20万円/金利18%/支払い回数36回
    毎月の支払い:7230円
    累計支払い金額:260,280円
    金利:60,280円

    B社:借入金額30万円/金利18%/支払い回数36回
    毎月の支払い:10,845円
    累計支払い金額:390,431円
    金利:90,431円

    C社:借入金額35万円/金利15%/支払い回数36回
    毎月の支払い:12,132円
    累計支払い金額:436,767円
    金利:86,767円


    これらをトータルすると、、、


    A社、B社、C社:借入金額85万円/金利15〜18%/支払い回数36回
    毎月の支払い:30,207円
    累計支払い金額:1,087,478円
    金利:237,478円

    という感じですね?
    ここまでわかりますね。


    これを、おまとめローンで金利10%と想定して考えると、


    こんなに違う!おまとめローンの魅力!

    D社:借入金額85万円/金利10%/返済回数36回
    毎月の支払い:27,427円
    累計支払い金額:987,353円
    金利:137,353円


    となり、毎月の支払いが、2,780円ほど安くなり、累計支払い金額が、100,125円も安くなりました!


    さらにもう一つ忘れはならないのが、おまとめローンは返済のみのローンで新規で借入することが出来ません!


    つまり、借入枠が存在しない通常のローンと同じです。


    借入枠の残高=まだ借りれる、、という考えを悪いと知っていて、どうしても甘えるのが、
    キャッシングをしている人の心理というもの。


    これを、追加借入出来ないようにして、金利がやすくなるとしたら飛びつきたくなりませんか?
    本気で返済したい!と思う人にとってはメリットが多いです。


    基本的に、おまとめローンは、消費者金融だと、15%以下、銀行キャッシングだと10%以下の
    場合が多いんですがこれにはわけがあります。


    基本的に、借入している業者と比較すると、それ以下の金利になるコトは、ほぼ間違いないので、
    毎月の返済額と累計返済額がかなり下がるので、メリット以外考えられない点が大きいですね♪


    さらに、付き合いは1社だけなので、ムチャクチャ管理も楽になるし、
    心も余裕が持てるようになるので、精神的にも楽になります。


    でも、実はメリットだけではありません。


    おまとめローンのデメリットは?

    おまとめローンのデメリットは、ズバリ、ローンそのものであるから、150万円のおまとめローン後、50万円を返済したからといって、50万円また借入できるというわけではありません。


    よく借り換えと誤解している人が多いですが、おまとめローンは通常の車や家や購入するローンと同じで返済オンリーです。


    これが逆にメリットと感じる人もいるかもしれませんが、好きなときに借入できなくなることがデメリットと感じる人も多いと思います。


    なので、コレをデメリットと考える人は借り換えの一本化を考えましょう!


    おまとめローンを考える前に過払い金があるのかどうかを一度見当してみる!

    デメリットといっても、誰もに対してのデメリットでなく、2010年以前に取引していた人は注意が必要です。


    というのも、今まで、みなし弁済という名目のもと、利息制限法を超えた出資法ギリギリの29.2%という高金利で金利を払っている可能性があるからです。


    利息制限法の上限は貸金枠が10万円未満なら20%、100万円未満なら18%、それ以上が15%と決まっています。


    この利息制限法の金利と、出資法の金利の差額分が、今まで払いすぎた金額なんです。


    これは、過払い金請求が可能になります。


    つまり、払ったお金があなたに返金されるということです。


    これを調べずに、おまとめローンで全額返済してしまうと、実は損をしてしまうんです。


    全額返済をしてしまい、取引を終えてしまうと、過払い金の請求ができなくなってしまいます、、汗。


    5年以上、ずっと返済を続けているという人は、間違いなく過払い金は発生しているので、まずは調べてみましょう!


    過払い請求をした人が返金されてきたお金が、数十万円、もしくは数百万円になる人も中にはいるようです。


    ひょっとしたら、おまとめローンにする前に、借金を完済しているかもしれません、、汗。


    一度自身の履歴を振り返って考えてみましょう!

    おまとめローンの審査は厳しいの?

    おまとめローンの審査は、通常の審査より厳しいです。


    おまとめだから、少なくとも、2〜3社以上の借入をまとめるので、


    それなりの大金を貸すということになります。


    大半の人は消費者金融のおまとめローンより銀行キャッシングのおまとめローンをする人が多いです。


    やはり金利が低いほうが魅力的なのが、大きな理由です。


    となると、必然的に銀行の方が審査が厳しくなってしまうのは言うまでもありません。


    それに、実際に融資が決まっても、貸し手が、借入した人の業者に払ってくれるわけではありません。


    融資を受けた金額を貸金業者に返金し、自力で完済した証明書を転送しなくてはなりません。


    なので、ここでも信用性が問われるわけです。


    おまとめローン後も実は他の業者からまた借りれる

    表立ってこれはメリットだよ!とは言えないどちらかというと、よりリスク的なものは高くなる可能性もあるので、一応何となくでいいのでこれは理解しておいてください。


    おまとめローンで、振込される融資金額をそのまま、貸金業者に払わずに、
    借入したままにしておくことも可能です。


    でも、これは正直話なところ人として褒められたことではないです。


    具体的にどうすればいいのかというと、おまとめローンで融資される金額を一度、貸金業者に返金し、完済証明を業者のWebページからログインし、プリントアウトします。


    カード番号と、名前が記載されていて残高が0円というのを記載されているページが印刷できれば、十分です。


    これを行い、形上、完済証明を全ての業者を作っておき、また全ての業者から枠いっぱい借入を行います。


    そこで完済証明書をおまとめローン業者へ送ればOKというわけです。


    つまり、おまとめローンでもらったお金をほぼそのまままた下から


    これって、実は、キャッシング業者は業者通し、指定信用情報機関で、借入状況などの情報を共有しているので、あなたの総合的な借入状況を知っています。


    なので、やたらめったにお金借り入れは業者通しが筒抜けなので、出来ません。


    で、このA社、B社にお金が借りられた情報は、原則としてその日のうちに共有されます。


    現在はリアルタイムで更新している業者もいるのですが、若干のタイムラグが発生することもあります。


    このタイムラグの中で、借入をすると、更新されていないので、通常通り借入が可能というわけです。


    これって実はルール違反ではないんです、、。


    限りなくグレーゾーンではあるんですが、おまとめローンは銀行は言うまでもないのですが、消費者金融からの借入でも総量規制の適応外になるんです。


    業者は、私たちの返済に関しての能力を返済負担率で考えています。

    • 年収300万未満であれば、返済負担率は25%まで
    • 年収300万〜400万未満であれば、返済負担率は30%まで
    • 年収400万以上であれば、返済負担率は35%まで

    と考えていて、これが増えれば、借入枠を無断で、縮小したりします。


    こうしてリスクヘッジをしているのですが、この間におこなってしまえば、事実上、借り入れを行うコトが可能です。


    ただし、すでに死に体となり、破滅への道を歩むしかみえないようなこんな方法に未来はありません。


    この説明はあくまで例ですので、懸命なみなさんは絶対にしないようにしましょうね(笑)。


    おまとめローンは、例え、消費者金融が行っていたとして、総量規制いっぱいの借入があっても、融資可能です。


    といのも、商品自体が、総量規制の規制を受けない返済のみの例外商品となるからです。



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン お問い合わせ