イオン銀行カードローン

更新日:


イオン銀行カードローンは、利用頻度が多い人はポイントが貯まるし、イオンモールなどの手数料が無料で入出金出来るので、ネットバンクで人気の銀行です。


イオン銀行カードローンはローンカード発行型であるため、キャッシュカードなしでも可能です。
しかし、キャッシュカードを持っている人でも、ローンカードが届くまでは融資を受けることが出来ません。


このあたりが、ネックではありますが、融資まで1週間以上余裕があるという人は、イオン銀行カードローンの利用はおすすめです。


このカードローンに向いている人

  • ネットバンクのカードローン希望の人
  • 融資希望日まで1週間程度は余裕がある人

このカードローンに向かない人

  • 即日での融資を希望している人
  • 振込での融資を受けたい人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
3.8%〜13.8% 最大800万円 2日〜3日程度目安 なし 不要 あり
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年14.5% 満20歳〜満65歳未満 残高スライド方式 ネット上のみで完了


返済オンリーのイオン銀行フリーローンの詳細はこちらです

    イオン銀行カードローンの申し込み資格

    イオン銀行カードローンの申し込み資格


    イオン銀行カードローンの申込資格は、以下の通りです。

    • 日本国内に在住(外国籍の人は永住許可)
    • 満20歳以上65歳未満
    • 安定かつ継続した収入
    • イオンクレジットサービスまたはオリックスクレジットの保証

    なお、学生は条件を満たしていても申し込みができません。


    また、専業主婦(夫)は、借り入れはできるものの、50万円までしか借り入れすることができません。


    必要書類

    イオン銀行カードローンに申し込むためには、

    • 本人確認書類
    • 収入証明書

    以上の2種類の書類が必要です。


    本人確認書類

    必要な本人確認書類の例


    これらの書類のうち2点が必要になります。


    なお、審査の状況によっては、追加で住民票の写しが必要になる場合があります。


    また、ローンカードを受け取る際には、

    • 運転免許証
    • 個人番号カード(通知カードを除く)
    • パスポート

    以上のうち1点を提示する必要があります。


    収入証明書

    必要な収入証明書の例

    ※源泉徴収票と給与明細は社名の表記が必要です。


    収入証明書は、審査の結果次第で、以上の1点が必要になります。


    なお、提出する書類は自分で選ぶことはできず、イオン銀行からのメールで決まります。


    ただ、個人事業主や法人代表者は、借り入れ額にかかわらず、課税決定通知書を提出することになります。


    融資までの流れ

    イオン銀行カードローンの融資までの流れは、以下のようになっています。


    • インターネットでの申し込み
    • 審査結果の連絡
    • 振込融資の設定(必要な場合)
    • ローンカードの受け取り

    インターネットでの申し込み

    申し込みでは、本人確認書類や収入証明書のアップロードを行います。


    書類提出が早いほど審査にかかる時間が短くなるので、早めに書類提出を行うようにしましょう。


    審査結果の連絡

    申し込み後、数日後にメールで審査結果の連絡がきます。


    振込融資の設定(必要な場合)

    基本的には、ローンカードを受け取るまでは借り入れをすることができません。


    ただ、受け取りまで一度だけ、振込で融資を受けることができます。


    振込融資をしたい場合は、専用のページから連絡をすることで融資を受けることができます。


    ローンカードの受け取り

    ローンカードは佐川急便の受取人確認サポートから、最短5日で郵送されます。


    イオン銀行カードローンの在籍確認について

    イオン銀行カードローンでは、他のカードローンと同じように在籍確認が行われます。


    在籍確認とは、申し込みをした人が、本当に会社で働いているのかを確認するためのものです。


    在籍確認は、以下のように電話で行われます。


    在籍確認の電話の例


    このように個人名で電話が行われるので、会社の人にカードローンの利用がばれることはありません。


    なお、返答の例としては、以下のようになります。


    在籍確認の返答例


    このように、本人が電話に出なくても、在籍していることが分かれば、在籍確認が完了します。


    借り入れ方法

    イオン銀行カードローンの借り入れ方法は、ATMと振込の2種類があります。


    ATM

    利用可能なATM


    イオン銀行カードローンで利用できるATMは、手数料が無料なATMが多いです。


    イオン銀行、イーネット、ローソンATM、ろうきんATMでは、時間を問わず手数料が無料です。


    また、みずほ銀行や三菱UFJ銀行、平日8時45分〜18時、ゆうちょ銀行はそれに加えて土曜日9時〜14時も手数料が無料です。


    なお、ATMから借り入れができる1日あたりの限度額は、最初は50万円となっています。
    0〜100万円の間で設定することが可能です。


    振込

    先述したように、カードを受け取るまでに一度だけ振込で融資が受けられます。


    ただ、インターネットバンキングを利用すれば、審査完了の翌々日9時以降から振込で借り入れをすることができます。


    自動融資も可能!

    イオン銀行カードローンで返済用口座の残高が不足する場合、限度額内であれば自動融資を受けることができます。


    なお、以下の場合は、自動融資になりません。


    積立式定期預金・投信自動積立への自動振替
    当行ローンの元金返済および利息支払
    WAON(電子マネー)へのオートチャージ
    イオンクレジットサービス(株)の引落とし

    返済方法

    イオン銀行カードローンの返済は、

    • ATM
    • 口座引き落とし

    以上のいずれかの方法になります。


    ATMでの返済の場合、返済日は1日〜20日になります。
    一方、口座引き落としの場合、返済日は20日になります。(土日祝日、12月31日〜1月3日は翌営業日以降)


    なお、返済の手数料は、借り入れ時と同じになります。


    任意返済

    イオン銀行カードローンは、通常の返済に加えて任意返済を行うことができます。


    ATM返済の場合、返済額以上の返済や、返済期間外の返済が任意返済になります。


    借入限度額と金利

    イオン銀行カードローンの借入限度額は10万円〜800万円、金利は年3.8%〜13.8%です。


    なお、専業主婦(夫)は50万円までしか借り入れることができないので、注意してください。


    借入限度額と金利の関係

    限度額 金利
    10万円〜90万円 11.80%〜13.80%
    100万円〜190万円 8.80%〜13.80%
    200万円〜290万円 5.80%〜11.80%
    300万円〜390万円 4.80%〜8.80%
    400万円〜490万円 3.80%〜8.80%
    500万円〜590万円 3.80%〜7.80%
    600万円〜790万円 3.80%〜5.80%
    800万円 3.80%

    他のカードローンと比較すると、以下のようになります。


    他のカードローンとの比較

    金利 限度額
    イオン銀行カードローン 年3.8%〜13.8% 10万円〜800万円
    アイフル 年3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
    アコム 年3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
    SMBCモビット 年3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
    プロミス 年4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
    レイクALSA 年4.5%〜18.0% 1万円〜500万円
    みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0% 10万円〜800万円
    三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5% 10万円〜800万円
    三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%〜14.6% 10万円〜500万円
    楽天銀行スーパーローン 年1.9%〜14.5% 10万円〜800万円

    他のカードローンと比較すると、銀行系のカードローンの中では、下限金利は高いものの、上限金利は低くなっています。


    そのため、少額の借り入れでは、お得に利用をすることができます。


    毎月の返済額

    イオン銀行カードローンの毎月の最低返済額は、毎月の借入残高によって決まります。


    返済額と残高の対応は、以下の表のようになっています。


    最低返済額

    前月末日のお借入残高 約定返済額
    3万円以下 1,000円
    3万円超5万円以下 2,000円
    5万円超10万円以下 3,000円
    10万円超〜20万円以下 5,000円
    20万円超〜50万円以下 10,000円
    50万円超〜100万円以下 15,000円
    100万円超〜150万円以下 25,000円
    150万円超〜200万円以下 30,000円
    200万円超〜300万円以下 35,000円
    300万円超〜500万円以下 40,000円
    500万円超〜600万円以下 50,000円
    600万円超〜700万円以下 60,000円
    700万円超 70,000円

    このような返済額となっています。


    他のカードローンと返済額を比較すると、以下の表のようになります。


    返済額の比較

    残高10万円 残高50万円 残高100万円
    イオン銀行カードローン 3,000円 10,000円 15,000円
    アイフル 4,000円 13,000円 26,000円
    アコム 4,200円 13,000円 30,000円
    SMBCモビット 4,000円 13,000円 26,000円
    プロミス 4,000円 13,000円 26,000円
    レイクALSA 4,000円 14,000円 27,000円
    みずほ銀行カードローン 2,000円 10,000円 20,000円
    三井住友銀行カードローン 2,000円 10,000円 15,000円
    三菱UFJ銀行カードローン
    ※借入利率 年8.1%超の場合
    2,000円 10,000円 20,000円
    楽天銀行スーパーローン 2,000円 10,000円 20,000円

    このように、イオン銀行カードローンは平均的な銀行カードローンと同じく、毎月の最低返済額が低めになっています。


    これにより、毎月の返済額が少なく返済ができます。
    一方、返済の期間が長くなってしまいます。


    イオン銀行の審査について

    イオン銀行カードローンの審査に落ちる主な理由は、

    • 申込者本人に安定した収入がない
    • 信用情報に傷がある
    • 社内ブラックになっている
    • 他社借入件数が多い

    以上の4つです。


    申込者本人に安定した収入がない

    申込者本人に安定した収入がない場合、申込条件を満たせず、審査に落ちてしまいます。


    安定した収入とは、イオン銀行カードローンによれば、1つの職場に2ヵ月以上継続して給料をもらっていることとのことです。


    そのため、勤務が2ヵ月以内と短い場合や日雇い労働の人などは、審査に通過できません。


    信用情報に傷がある

    信用情報に傷があると、イオン銀行カードローンの審査に落ちることがあります。


    信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの利用履歴に関する情報のことです。


    債務整理や返済の延滞をしてしまうと信用情報に傷がつき、審査に通過することが難しくなります。


    信用情報について詳しく知りたい方は、以下のページを参考にしてください。



    社内ブラックになっている

    信用情報に記録されていなくても、イオン銀行カードローンや関係する保証会社で返済の延滞などをしていると、審査に落ちる可能性があります。


    イオン銀行カードローンの保証会社は、イオンクレジットサービスとオリックス・クレジットです。
    なので、この保証会社に関わるカードローンやクレジットカードで延滞などをしたことある人は注意してください。


    他社借入件数が多い

    イオン銀行カードローンでは、他社からの借り入れ件数が多いと審査に落ちる可能性があります。


    他社からの借り入れ件数が多いと、利用者がお金に困っているとみなされて、審査に通過しづらくなるのです。


    日本貸金業協会では、借り入れ件数が3件以上ある人を多重債務者としています。
    そのため、申し込み以前に2件以上の借り入れをしている場合は注意が必要です。


    審査に通るコツ

    イオン銀行カードローンには、

    • 他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない
    • 虚偽申告をしない

    以上の2つの審査に通過するためのコツがあります。


    他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない

    イオン銀行カードローンの審査に通過したい場合は、申し込みと同じタイミングで他のカードローンやクレジットカードに申し込まないようにしましょう。


    6ヵ月間で3件以上の申し込みをしていると、多重申し込みとみなされて、審査に落ちてしまう可能性があります。


    虚偽申告をしない

    審査に通るためには、絶対に嘘の申告をしてはいけません。


    借り入れ件数や残高などの情報は、信用情報を確認すればすぐにばれてしまいます。
    また、勤務先の情報は、在籍確認でばれてしまいます。


    もし虚偽申告が分かると、必ず審査に落ちてしまいますでの、注意しましょう。


    場合によっては、詐欺未遂や文書偽造の罪に問われる可能性もあります。


    まとめ

    最後に、イオン銀行カードローンのメリットとデメリットをまとめます。


    メリット

    金利が低い

    イオン銀行カードローンは、特に上限金利が低いカードローンです。


    そのため、他のカードローンよりお得に利用をすることができます。


    無料のATMが多い

    イオン銀行カードローンは、ATMの利用手数料がかからないATMが多いです。


    無駄な手数料がかからずに利用できるため、気軽に利用をすることができます。


    返済額が少ない

    イオン銀行カードローンは、毎月の返済額が少ないです。


    あまり家計に負担をかけずに利用できることは、大きなメリットです。


    デメリット

    ローンカードを自宅で受け取る必要がある

    イオン銀行カードローンは、必ず自宅にローンカードが郵送されます。


    そのため、家族に利用がばれたくない人にとっては、利用しづらいでしょう。


    イオン銀行カードローンは、金利が低く、手数料無料で借り入れができるATMが多いなど、かなりお得に利用ができるカードローンです。

    家族に利用がばれてもいい方にとっては、非常におすすめできるカードローンです。



    返済オンリーのイオン銀行フリーローンの詳細はこちらです


    当サイトにお寄せ頂いたイオン銀行カードローンの口コミです!

    furui

    サイトを見たきっかけてでここに決めた

    100万円を超える大口の融資が目的で借り入れをお願いしました。
    色んな口コミを見ていると、何となく良さそうだったからというのと、このサイトを見たのがきっかけでした。
    他のローンの切り替えも出来て、金利も安くなったし、コンビニのATMが無料で借入返済できるのが最大のメリットって私は感じました。
    150万円ほどの借入だったのですが、200万円で枠を作ってもらえたので、いざという時も借入できるのでここは個人的にはおすすめです。
    今後はイオン銀行カードローンだけ使ってもう、借金はへらしていこうと思ってます。

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ