アイフル

更新日:


アイフルは、知名度の高い消費者金融なので、ご存知の人も多いと思います。


このカードローンの特徴としては、20代の若い人や、パートやアルバイトの正社員でない人に人気があると他社違い、30万円以下の少額融資希望の人に強い人気があるという特徴があります。


カードローン利用者による実態調査を当サイトで行った際に、利用者の4.3%と約20人に1名はアイフルを選んでいるという結果となり、プロミスや楽天銀行のような大衆ウケの強い人気はありませんが、他の要素で人気を博しています。


理由の一例を言うと、会社や家族にバレないようにサービスに対し重きを置いている為、人にお金を借りている事をバレたくないという人に重視したサービスの導入や、契約日から初めての人に限り最大30日の無利息期間のサービスの導入が行われ、大手消費者金融や銀行カードローンと対等に並べるほどの高スペックとなりました。


また、2017年の4月頃から銀行カードローンの多重債務の問題があり、銀行カードローンの借り換えローンは実質の停止となったため、アイフルのおまとめローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」が複数の業者から借入している人にとって人気商品となっており、小口融資、大口の融資または、短期融資、長期融資とあらゆるニーズに対応しています。


このカードローンに向いている人

  • 50万円以内の融資が希望である
  • 即日融資(土日祝日含む)が出来る業者を探している人
  • 短期間の融資を希望している人
  • 家族や会社にバレず利用したい人

このカードローンに向かない人

  • 100万円以上の融資を受けたい人
  • 既に他社で12%以下の金利での契約がある人
  • 仕事を現在していない人

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1,000〜800万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
元利定額リボルビング返済方式
ネット上のみで完了
※一部提携のATM.CDでは10,000円からです



    アイフルへの申込資格のある人

    アイフルへの申し込み資格のある人は以下となります。


    年齢:申込時満20歳以上から70歳未満まで


    属性

    アイフルへ申込資格のある属性


    アイフルは、幅広い属性が利用出来ますが、現在仕事をしている人のみが申し込みを行えます。


    学生、主婦、年金受給者の人は、パートやアルバイトなど雇用契約のある仕事をしている人のみが利用する事が出来ます。


    仕事自体は、初給料をもらう前で、1日でも仕事に出勤をしたタイミングから申し込みをする事が出来ます。


    外国人の人は、仕事をしている人で「永住権」を持っている人に限られます。


    仮審査通過後に用意しておきたい書類

    アイフルは、申し込みを終えるまでは一切の書類の提出は不要ですが、仮審査に通過し、本審査に入る段階で、以下の書類が必要です。


    • 申込者が本人と確認出来る書類
    • 収入を証明する書類

    本人と確認出来る書類に関しては、必ず必要となりますが、収入を証明する書類に関しては、50万円の融資希望に関しては不要です。(後述にて説明)


    本人の確認出来る書類と提出方法

    本人の確認出来る書類は、以下の4点のうちどれかがあれば問題ありません。


    アイフルへ提出する本人の確認書類


    基本的に顔写真のあるものに限られますが、健康保険証でも契約は可能ですが、カード受け取りを無人契約機で行う際は、住民票も別途持参し、提出する必要があります。


    インターネットでの契約の場合なら保険証のみで契約が可能ですが、保険証に記載された住所へのカード郵送となります。


    提出方法は、インターネットの場合は、アプリなどからのアップロード。カードを受け取りに行く場合は、無人契約機の店舗内でスキャナーによる読み取りのどちらかとなります。

    アイフルへの書類の提出方法


    収入が証明出来る書類と提出方法

    50万円以上の融資を希望する場合、もしくは、他社の既に借りている融資額と今回の融資希望額を合算し100万円を超える融資の場合は、収入証明書が必ず必要となります。


    提出が必要な場合、以下の1点ほど用意しておく必要があり、こちらも本人確認書類の送付と同タイミングで送付する形となります。


    アイフルへ提出が求められた場合に提出する収入を証明する書類


    融資を受けるまでの流れ

    アイフルから実際に融資を受けれたのは1時間26分


    アイフルは最短で、1時間程度で融資を受けることが出来る業者です。ゼニエモン自身が申し込みから実際にカード発行まで掛かった時間は1時間と26分でした。


    店舗へ移動し、カードの発行を受けたのですが、移動時間が仕事の休憩になってから受け取りに行ったため、ロスした時間が、20分程度含まれています。


    実際には、手続きだけの時間で言えば仮審査完了の連絡が申し込みしてから15分程度で連絡があるので、そこから本人確認書類の提出や在籍確認がスムーズに行くと、1時間程度で融資を受けることが出来ます。


    融資をうけるまでのフロー

    融資を受けるまでの流れは以下のようになります。

    • 申込
    • 審査完了の連絡(電話)
    • 本人確認書類の提出
    • 勤務先への在籍確認
    • 契約
    • 融資

    基本的に、インターネットであっても、店舗への訪問であったとしても概ねこの流れと相違はありません。


    インターネット上で契約を済ませた場合でも、振込での融資を受けれるため銀行の営業時間内であれば即日での融資もうける事も可能です。こちらの場合は、申込は遅くとも13時までには済ませておきたいところです。この場合は、後日カードと契約内容、利用規約などが郵送で自宅へ届きます。


    また、仮に振込が反映する平日の15時の営業時間をすぎてしまった場合でも、カードの発行は、無人契約機にて午前8時から午後22時までの営業をしているため、間に合わない場合でも、カードの受け取りは出来るので、仕事が終わったあとでも余裕を持って利用する事が可能です。


    審査時間自体は、申込を行い、約15分前後で仮審査完了の電話が掛かってくる。もしくは、審査落ちの結果がメールで届くのかどちらかとなります。


    15分経過しても、審査結果の連絡がないという場合は、フリーコールへ電話をすれば優先的に審査を行ってくれるため、急いでいる人は、15分を目安に連絡することをおすすめします。


    アイフルの在籍確認について

    アイフルの在籍確認は、基本的に会社への電話連絡を行うのが通常です。


    基本的にカードローン商品自体が、他のローンと同様の会社への電話連絡による在籍確認を行うため、これはアイフルだけでなく、プロミス、アコムなどの大手の消費者金融でも銀行カードローンでも行われるものです。


    どのような内容なのかを言うと、会社へ審査担当者が電話を行うというものです。


    電話の内容も、アイフルという社名を名乗らず、審査担当者の個人名で電話を行うという流れです。


    イメージしやすいように以下に図解をしました。


    アイフルの在籍確認の仕組みの図解


    このように、審査担当者が会社へ電話し、それで応答出来ればそれだけで完了です。この電話は必ずしも本人が対応しないとならないわけではなく、同じ会社へ在籍している人が電話で応答しても確認が取れた事になります。


    ただし、第三者の場合は、受け答えによってNGとなる場合があるので以下でちょっと返答例を紹介します。


    アイフルの在籍確認にてOKの返答例とNGの返答例


    本人がそこへ在籍していることが分かればOKとなります。


    アイフルの在籍確認についてもっと知りたいという人は以下のページをお読み下さい

    アイフルの在籍確認についてを実例を元に徹底解説!電話連絡なしにできるのか検証してみた


    在籍確認の電話対応が出来ないもしくは電話して欲しくないという場合

    在籍確認の電話に抵抗がある場合は、電話でなく、書面での在籍確認を行う事も可能です。


    アイフルは他のカードローンと比較し、比較的会社への電話連絡に対して、嫌がる人も多いため書面での在籍確認に他社よりも理解が広いとゼニエモンは考えています。


    その際には、会社発行の健康保険証、社員証、給与明細が主な提出物になりますが、こういった書類にて在籍確認として認識してもらう事も可能です。


    また、会社への電話は抵抗はさほどないが、融資を受けたい当日中にはどうしても会社が休みなどの理由の場合は、限度額が10万円(希望金額通りのケースもあり)になる可能性もありますが、在籍確認を後日として先に契約を済ませるという事が可能です。


    ただし、審査担当者によっては、どうしても在籍確認の電話が済まないと契約は出来ないという場合もあります。


    家族にバレずに利用するには

    アイフルの利用を家族にバレないように利用したいという人も多く、当サイトのアンケート調査結果によれば、カードローンの利用者の約半数(46.3%)の人が誰にも知られることなく利用しています。


    アイフルが家族にバレるタイミングがあるとすれば以下のタイミングです。


    • 仮審査結果連絡が自宅の電話に掛かった時
    • インターネットで契約し、カードと明細書が自宅へ届く
    • 振込融資を利用し、銀行の明細をみられた時
    • カードを直接見られたとき
    • ATMの利用明細書を見られたとき
    • 返済を滞納し電話連絡も無視し、催促状が届いたとき

    この6つのタイミングでカードローンがバレるという可能性があるので、注意しなくてはなりません。


    これを1つづつ解決方法を述べていきます。


    仮審査結果連絡が自宅の電話に掛かった時

    これは、簡単に解決出来るので、申し込み時にフォームへ入力中に、「内容確認のための希望連絡先」という入力フォームがあるので、ここを「携帯」を選択するようにしましょう!


    基本的に、最初から携帯が選択されているので、携帯電話への連絡で間違う人も少ないですが、念のためチェックはしておきましょう!


    アイフルから自宅へ電話が掛らないようにする選択方法


    これで、連絡は必ず携帯電話に掛かるようになります。


    インターネットで契約し、カードと明細書が自宅へ届く

    インターネットで契約までを行った場合は、必ずカードと契約や利用関連の書類が郵送で届きます。


    これを解決する方法は2つです。


    まず、アイフルは「配達時間えらべーる」という他社にないサービスを展開しており、これは、配送時間を2時間単位で選択できるものです。


    確実にその時間、自分しかいない!という時間帯がある人は、こちらを利用することをおすすめします。これは契約の際に電話で会話をしているタイミングで頼む事が出来、配送の指定があるか聞かれるので、それに答えるだけでOKです。


    こちらは本人限定の郵送物なので、必ず免許証等の身分証明書を見せる必要があり、自宅以外での受け取りは出来ません。


    アイフルは配達時間えらべーるで自宅への郵送を本人限定郵便に出来る!


    もう一つは、無人契約機の「てまいらず」へ行きカードと契約関連の書類をその場で受け取れば自宅への郵送物はそれ以降届く事はありません。


    ちょっと一手間かかりますが、確実にバレたくないという人は、こちらの方がおすすめです。


    アイフルへカードを取りに行けば以降の郵送物はなし


    振込融資を利用し、銀行口座の明細を見られたとき

    家庭によって違うので、頻繁には起こりえない問題だと思いますが、振込融資を受けた際に、その明細がアイフルの場合は、

    • アイフル
    • AIセンター

    このどちらの名前で振込を行うのかを選択する事が出来ますが、逆に言うとこの2つしか選ぶことができません。つまり、銀行の明細を見られた時にAIセンター名義であったとしても調べればすぐアイフルと分かるので、確実にバレます。


    銀行口座を持っている人で、家族と共有することがまずない銀行口座を持っている人は問題ありませんが、振込融資を利用するのであれば確実にバレない口座へ振込みをしてもらうようにしましょう。


    カードを直接見られたとき

    カードを直接見られた場合は、アイフルのカードは裏面にアイフル株式会社と思いっきり印字されているので、万事休すとなります。


    物理的に見られてしまうとどうしようもないので、隠しておこう!しかゼニエモンからのアドバイスは言うことが出来ません。ゼニエモンの場合は超高度なテクニックで、社用車を預かっていたので、社用車のボンネットの挟み込むという荒業を使いましたが、振込融資はまずバレないという人は、カードを物理的に持たないカードレスのカードローンの利用がおすすめです。


    残念ながら、アイフルではカードレスでの利用は出来ません。現状、同様のスペックの業者は、プロミスかモビットしか対応していませんが、物理的にカードを持っていることでバレる可能性が高いという人は、カードレスのカードローンの利用がおすすめです。


    カードレスのカードローンについては以下のページで詳しく解説しています。

    カードレスで利用できるおすすめカードローン特集!


    ATMの利用明細書を見られたとき

    コンビニ等のATMを利用した場合は、その場で明細書が発行されますが、こちらは毎回内容を把握し、必要であればスマホ等のカメラに保存し破棄する事をおすすめします。


    間違ってもそのままクシャっとポケットに入れないように注意しましょう。


    返済を滞納し電話連絡も無視し、催促状が届いたとき

    これは、本人以外の、勤務先、もしくは自宅に郵送で催促状が届く場合です。こういった事は、滞納を1ヶ月以上経過し、尚且つ本人と音信不通であるというごく一部の悪質な遅延、滞納者に限られる話ですが、


    これに関しては、取立てに関する禁止行為により、簡単に説明すると、本人と連絡が取れる間は、第三者へ知られないようにする配慮をしなさいよ!というルールがあります。


    つまり、返済出来ないからといってそのまま無視すると、アイフル側は、自宅か職場にしか本人と連絡を取るための手段がなくなるので、この配慮の必要がなくなるため、自宅か職場のどちらかに電話、もしくは書面にて連絡がある場合があります。


    この場合は、本人が返済できずさじを投げた膨らんだ借金がいきなりバレるので最もダメージがデカイバレ方をします。


    ゼニエモンからの助言としては無理のない返済をしよう!という綺麗事しか言えませんが、自身の返済能力と借りる前に、本当にそれが必要なお金なのかという事をバレるバレないちう次元以前によく考え利用を行いましょう。


    融資の受け方

    アイフルから融資を受ける方法は、2通りです。


    • 電話、又はインターネットから振込融資を受ける
    • カードを利用しATMから融資を受ける

    といった2種類の融資の受け方がありますが、契約の流れの時に振込融資の口座登録をしておかないとカードでの融資のみの利用となるので振込融資希望の人は、契約時に同時に銀行口座の登録を済ませておきましょう。


    カードは、アイフルの無人契約機内にあるATMか、手数料が108円〜216円かかりますが、コンビニ等の提携ATMを利用し融資を受けることが出来ます。ATMは以下のロゴがあるATMならどこでも利用出来ます。


    アイフルのカードが利用出来るATM一覧と手数料の記載


    基本的に、コンビニATMはほとんど使えると考えて問題ないので、利用場所について困る事はありません。


    電話、もしくは、インターネットでの融資の場合は、申し込み時に設定した銀行口座へ振り込まれますが、1点ほど注意があり振込、又は口座振替による返済の銀行口座の登録はインターネット上からできず、無人契約機か店舗へ来店するしか登録、又は変更する事が出来ません。


    つまり、契約時に銀行口座の登録はどうされますか?という流れの一環で、口座をそのまま登録すれば問題はありませんが、登録を後からする場合はもう一度店舗へ行く必要があるということを把握しておきましょう。


    登録の際は本人の確認書類と、銀行口座のキャッシュカードか預金通帳を持参していきましょう。ちなみに本人名義の口座しか登録出来ません。


    アイフルは契約後インターネットから口座の登録が出来ない事を示す実際の会員画面の画像


    振込での融資をしてもらう可能性が少しでもある場合は、契約時に登録をしておきましょう。


    返済方法

    次に返済方法ですが、返済方法については、3種類あります。


    • ATMを利用し入金する
    • 口座振替で毎月引き落としにする
    • アイフルの銀行口座へ振込を行う

    ATMを利用した返済は上記の融資を受けるパターンと同じ方法で入金します。この際にもちろんATM手数料が掛かるので返済の際の毎回缶コーヒー代程度の手数料は異様に煩わしさを感じます。


    口座振替での引き落としは、契約時に設定するか、後から設定する場合は再度店舗へ行く必要があります。こちらは返済忘れがありませんが、残高不足は注意しておきましょう。こちらは、アイフルの指定する最低返済額のみが毎月引かれて行く形なので、100万円以下の融資であれば最後に借りた月から5年以内には確実に完済する事が出来ます。


    ただし、早く返済を行っていきたい場合は、ATMや振込返済のどちらも併用して行うことが出来ます。


    最後に振込融資ですが、こちらは、アイフルと契約した店舗の管轄区域によって振込先が違いますが、こちらはアイフルの会員メニューで確認をする事が出来ます。振り込む際に、事前の連絡等は必要ありませんが、振込人名を間違えると事務処理に時間が掛かるので、必ず名前を「契約者名+生年月日和暦6桁」の入力を忘れないようにしておきましょう。


    振込返済の場合は、振込手数料がこちら側が負担となります。


    アイフルはの振込返済先は会員メニューで確認出来る


    金利について

    アイフルの金利幅の広さと実際に決まる金利の図解


    アイフルの金利は、4.5%〜18.0%とかなり幅広い金利幅ですが、初回契約の場合で、100万円未満の限度額の場合は、18.0%が適応される事を把握しておきましょう。


    この18%の金利というのは、10万円に対し、1日あたり50円ほどの金利が付くという計算です。1ヶ月あたり1500円となります。


    銀行カードローンの平均的な金利が14.5%であるので、10万円に対し、1日あたり40円の金利なので、10万円に対し1日10円程度の金利差が生じますが、正直、30万円までの融資希望であるなら、この金利差というものは、ゼニエモンの体感的な話ですが合ってないようなものだと考えています。


    それに、アイフルの場合は、初めて人に限り、契約日から最大30日間は無利息期間であるので、ちょっと難しい計算なのでここでは割愛しますが、10万円の融資を受けて6ヶ月以内に返済した場合は、アイフルの方が実質的に金利自体は低く借りれるので、無利息期間があるのは、かなり大きいので、1年以内には完済したいという人は金利面でもアイフルを選んで正解だったと言えます。


    アイフルの金利は途上与信で下がる事もある

    ゼニエモン自身かなりの数のカードローンを利用していますが、利用3年目で、途上与信にて勝手に金利が下がるという神対応をしてくれました。


    金利が契約途中で下がるというのは、色々なカードローンを利用してきましたが、銀行はまず有り得ない話で、プロミスとアイフルのみ行ってもらえ、アイフルに関しては勝手に下がって後から気づいたというレベルです。


    アイフルの金利が下がっている事を証明する画像


    途上与信というのは、定期的に業者側が返済能力について変わっていないのか定期的に信用情報をチェックしする独自審査の事をいいます。


    アイフルの金利についての特化した情報を以下のページで解説しているので金利面が気になるという人は以下のページをお読みください。

    アイフルの金利はどれくらいなのか?他社と比較し詳しく解説

    返済額について

    アイフルの返済額はものすごく簡単に説明すると、10万円に対し4,000円の返済となります。詳細の情報は、以下の関連ページのアイフルの返済シミュレーションで1万円単位での返済をシミュレーションをしているのでそちらを見て欲しいのですが、基本的な月々の返済額と返済回数は以下のようになります。


    借入額 月々の返済 返済回数
    5万円 4,000円 14回
    10万円 4,000円 32回
    20万円 8,000円 32回
    30万円 11,000円 36回
    40万円 11,000円 53回
    50万円 13,000円 58回

    このような返済プランとなり、最後に融資を受けた時の総額によって返済額と返済回数が決まるという仕組みです。


    例えば、20万円融資を受けていて8,000円の返済を行い、これは完済するまで一律ですが、途中に10万円を切った時点で1万円ほど融資を受けた場合は、再度そのプランに自動で切り替わるため、最低返済額は4,000円となります。


    基本的に大手消費者金融は自主規制により5年を超える長期のローンにならないようにしている為、ほとんど相違はありませんが、銀行カードローンの方は、この規制がないため返済金額が低く設定しているカードローンも多くあります。


    これは低金利だから返済金額が少ないという誤解をせず、返済金額が少ないから返済回数は増えて、返済総額は銀行カードローンの方が高くなるということを意識しながら以下の表を見てください。

    10万円融資を受けた際の他社との返済額比較表

    業者名 月々の最低返済額
    プロミス 4,000円
    アコム 3,000円
    アイフル 4,000円
    SMBCモビット 4,000円
    三菱東京UFJ銀行 2,000円
    三井住友銀行 2,000円
    みずほ銀行 10,000円
    新生銀行カードローン レイク 3,000円
    ジャパンネット銀行 3,000円
    ソニー銀行 2,000円
    セブン銀行 5,000円
    イオン銀行 3,000円
    ※三菱東京UFJ銀行カードローン 8.1%超の金利で契約した場合

    このように、消費者金融ではほとんど差はありませんが、銀行カードローンの場合は、かなり低めの設定にしているカードローンもあるので、自身の返済能力に合わせて融資を受けるようにしましょう。


    アイフルの5万円〜50万円までの1万円単位での詳細な審査シミュレーションをみたい人はこちらを参考にしてください。

    5万円〜50万円までのアイフルの完済までの返済シミュレーション

    審査基準について

    アイフルの審査基準ですが、アイフルは基本的に、審査通過率は大手消費者金融のプロミス、アコムと比較すると最も低い通過率となっています。


    直近の3ヶ月の通過率を見てみると、


    大手消費者金融3社の審査通過率比較

    審査通過率 アコム プロミス アイフル
    直近3ヶ月 48.7 44.4% 42.4%
    ※アコム参考2017年4月〜7月
    ※プロミス参考2017年4月〜7月
    ※アイフル参考2017年4月〜6月

    このようになっており、アイフルはトップのアコムと比べると6ポイント劣るという結果になっています。


    これはアイフルの利用属性は、基本的に20代〜30代前半の人で、雇用形態がアルバイトやパートの人が多く、中には専業主婦の人や、無職の人も含まれており、申し込み基準に達していない人も多く含まれています。


    ただ、基本的にアイフルの審査は普通に仕事をしていれば問題なく通るので以下の条件に心当たりがなく現在仕事をしている人は特に気にするレベルでなく心配に及びません。


    アイフルの審査に落ちる人はこんな人

    • 現在、リアルタイムで滞納中の人
    • クレジットカードやカードローンへ6ヶ月以内に3社以上の申し込みをしている人
    • ローンの滞納、遅延が2年間の間に3度以上した
    • 債務整理を行って5年以内である
    • 無職である
    • 他社へ既に返済能力を超えそうな債務がすでにある

    上記に該当する人は、審査通過の可能性はかなり低い状態であるので、信用情報回復を図る為、もしくは、他社の残債を減らす為の時間が必要となります。


    おまとめローン

    アイフルには総量規制対象外で他社からより低金利となる一方的に利用者に利益のある「おまとめローン」商品の取扱いを行っています。


    貸金業法に基づくおまとめ、かりかえローンの「おまとめMAX」、「かりかえMAX」といったものです。詳細ページで詳しく説明しているので、このページでは、簡単に述べます。


    このローンの目的が「借金を減らすためのお手伝い」というコンセプトで作られているローンなので、現在返済が苦しいと感じている人や、複数社に返済するのが面倒という人にとってはかなり有利な条件でかりかえを行える為、かりかえやおまとめを検討中の人にはかなりおすすめです。



    カードローン屈指の低金利のファーストプレミアムローン

    アイフルは現在、利用中の人は切り替え出来ませんが、カードローン屈指のMAX9.5%の金利で融資を受けることが出来るファーストプレミアムカードローンという商品を取り扱っています。


    9.5%というのは銀行カードローンでも200万円以上の枠を作らなくてはつかない金利です。つまり、銀行カードローンよりも低金利なカードローンなので、低金利を重視している人や、3年以上の長期ローンを検討中の人は、こちらの方が遥かに有利な条件で融資を受けることが出来ます。


    ただし、審査基準はかなり高くなっており、最低の限度額が100万円からとなっており、年収が300万円以上の人で尚且つ、カードローンの他社の借入金額がほとんどない人に限られるので、初めて利用で低金利のカードローンを検討している人は以下のページをお読みください。



    女性向けの商品であるSuLaLi(スラリ)

    スラリは女性向けのカードローンとしての商品ですが、男性も利用可能です。


    何が違うかというと、

    • 限度額が10万円までである
    • カードデザインが女性向け
    • カードローンが初めての人専用

    この3点です。限度額が10万円までですが、後から増枠を依頼することも可能です。


    金利等の差はアイフルの通常のフリーキャッシングと差はありませんが、借りすぎるのも怖いし、初めて利用するけど不安というい人は、女性オペレーターが必ず対応してくれるので、不安という人はこちらの利用がおすすめです。



    アイフル利用のメリットデメリットまとめ

    長くなりましたが、アイフルについての利用でのメリットデメリットについてをまとめてみました。


    利用のメリット

    審査が早く、最短で1時間で融資を受けれる
    営業時間が長く土日祝含め、8時〜22時まで営業
    免許証1枚あれば契約出来る
    家族や会社へバレない為の配慮が充実
    おまとめ、超低金利、初心者などニーズに特化した商品ラインナップが充実
    契約後、初めての人に限り最大30日は無利息期間で金利は一切かからない

    利用のデメリット

    24時間365日振込反映のする銀行口座の連携が出来ない
    入出金のどの方法でもほとんど手数料が掛かる
    口座の登録が必要な場合、店舗にいかなければならないのが何かと面倒

    アイフルは、商品ラインナップが充実しており、早さ重視、金利重視、かりかえ重視、サポート重視と各それぞれに特化した商品を揃えています。

    また、バレにくいようにという点や、急いでいる場合は電話したら更に急いでくれるなど、サポートも充実しています。


    ただし、逆に知らないと、こんなんが出来てたならやれば良かったという項目同時に多く出る事もあるので、このページでは、その知っておけば良かったという情報を全てまとめていますので、分からないことがあったら、ぜひ何度も読み直していただけますと幸いです。



    アイフル利用者の口コミ

    K子

    給料日前で早く借り入れしたかったので助かりました。

    給料日前で、まとまった支払いをするのに、取り合えずCMとかでよく見かけていたので、
    アイフルでカードを作ることにしました。

    入用は、3日後でしたが、その日のうちに契約出来て、振込融資で、カードが家に届く前に、
    融資してもらえました。

    電話対応もすごく良くて満足しています。

    れんた

    種銭が必要だった

    パチンコで負けてて、種銭がなくなりすぐに金がいるので、打ちながら、ネットで申込したら、
    速攻で返事来て、銀行の営業時間過ぎてるから、無人機までカードを取りに来たらその場で借りれると
    聞いたので、取りに行ったら速攻借りれました。
    まぁ、結局負けたけど一緒になってすぐに借入出来るようにしてくれようとする姿勢がすごく好感を持てました。

    kimimaro

    審査が本当に早かった

    アイフルのホームページには、申込完了後にフリーダイヤルに電話して急いでいることを伝えると優先的に審査してくれるとの事だったので、とりあえず、急いでもらうように電話したら、電話中にそのまま審査結果を教えてもらえました。初めての経験なのでこれって早いのかどうかわからないですが、電話で最寄りの契約機の場所を教えてもらえて、今日中ならここに行ってそのまま契約したほうが早いとのことだったので行ってそのまま契約してカードをもらえました。なんかすぐに借りるにはどうしたらいいのかという事がすごく的確に教えてもらったし、前向きに融資を検討してくれている感が、全てを委ねてもいいくらいの安心感がありました。時間的にも2時間かからなかったくらいなので、急ぎの人にはオススメです

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ