LINE(ライン)ポケットマネーのシステム・審査・在籍確認などを細かく解説!

更新日:

アイキャッチ


融資サービスは冠婚葬祭や住宅の購入、家電の買い替えなど、様々な場面で活躍してくれる便利なサービスです。


初めて借り入れをする時には、いつも使っている大手銀行に融資サービスがあったから、そっちを利用しようと考える人も多いのではないでしょうか。


しかし、大手銀行の融資サービスは、思った以上に審査が厳しかったり、融資金額が小さかったり、デメリットも多々あります。


そこでおすすめなのが「LINE(ライン)ポケットマネー」です。


これは消費者金融や銀行の融資サービスが進化したもので、利用者の希望通りに融資できるように、様々な視点から審査を行っています。


そんなLINE(ライン)ポケットマネーとは、いったいどんなものなのでしょうか。


まずは、LINE(ライン)ポケットマネーとはどのようなサービスなのか、分かりやすく解説していきます。


このローンに向いている人

  • 手軽に借り入れをしたい人
  • 郵送物などで家族に利用がバレたくない人
  • LINEのサービスをよく利用している人
  • 返済に手数料をかけたくない人

このローンに向かない人

  • 多額の現金が必要な人
  • LINEを利用していない人

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 5〜300万円 最短30分 なし 対象 あり
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20歳〜65歳 株式会社オリエントコーポレーション Web完結のみ

    もしもLINE(ライン)ポケットマネーの審査を不安に感じていたら

    LINE(ライン)ポケットマネーはサービス開始して間もないため、お世辞にも充実した内容というわけではなく、メリットらしいメリットが少ないです。


    昔から多くの方が利用しているカードローンは、選ばれるだけの理由があります。


    カードローンを使うにしても、少しでも損しない借り方をするのがおすすめです。


    以下のページでは、アルバイト・パートなので審査が不安という方でも、申込み可能なカードローンを厳選して紹介しています。


    気になる方はぜひ参考にしてみてください。


    新しいカードローンの形「LINE(ライン)ポケットマネー」

    アイキャッチ

    LINE(ライン)ポケットマネーは、LINE銀行が提供する融資サービスです。


    LINE銀行は、みずほ銀行とLINEが共同で立ち上げた新たな銀行であり、融資サービスであるLINE(ライン)ポケットマネーは2019年に利用が開始されました。


    LINEは、チャットや電話などのサービスが中心なので、融資サービスはまったくやることが違います。


    しかし、違うからこそLINEが提供する融資サービスはどんなものなのか?と、たくさんの注目を浴びています。


    もちろん、LINE Payと言ったスマホ決算サービスもあるので、接点が一切ない訳ではありません。


    それでも、LINEが融資サービスを行っていることは、知らない人にとって驚きでしょう。


    LINE(ライン)ポケットマネーは、今までとは異なる画期的な審査方法を取っています。


    この審査方法こそが、LINE(ライン)ポケットマネーの一番の魅力ともいえるでしょう。


    画期的な審査方法とは、「LINEスコア」による審査です。


    一般的に融資サービスの審査は、信用情報に記載されている借入状況やクレジットカードの返済状態などを見て行われます。


    信用情報とは、ローンなど借り入れに関するほぼ全ての情報を記録しているものです。


    詳しく知りたい方は、以下のページを参考にしてください。



    LINE(ライン)ポケットマネーは、この信用情報に加えてLINE銀行独自のLINEスコアを利用しており、2つを組み合わせることで審査に通りやすくなっています。


    しっかりと返済できる見込みがあるのに、信用情報のみを確認されて融資額がかなり少額になってしまった人は、たくさんいることでしょう。


    LINE(ライン)ポケットマネーでは、そうした悔しい思いをせずに、希望通りの融資額を借りられる可能性があります。

    LINEスコアって何?

    LINEスコアは、融資サービスであるLINE(ライン)ポケットマネーの審査時に利用されます。


    LINEスコアを登録することで、申し込み前に金利や利用限度額の目安を知ることが可能です。


    LINEスコアを登録するには、以下の15の質問に答える必要があります。

    • 生年月日を教えてください
    • 性別を教えてください
    • ご結婚はされていますか?
    • お子様はいらっしゃいますか?(扶養している方のみ)
    • お住まいの住居タイプについて教えてください
    • お住まいの住居の所有状況について教えてください
    • 現在の住居にはいつから入居されていますか?
    • 同居されているご家族の人数を教えてください(ご本人は除く)
    • 現在の雇用形態を教えてください
    • 現在のお勤めの職種を教えてください
    • 現在のお勤め業種を教えてください
    • 現在の会社にはいつからお勤めですか?
    • 現在お勤めの企業規模に最も近いものを選択してください
    • 去年のおおよその年収について教えてください
    • 保険証種別について教えてください

    この質問に回答することで、LINEスコアを算出することが可能です。


    ただし、LINEスコアを高めたいがために、情報を偽ってはいけません。


    実際に申し込みをした際には、書類と照らし合わせて、情報に虚偽がないかを確認します。


    もし、虚偽申告をしていた場合、審査に通過できなくなってしまいます。


    LINEスコアの上げ方

    一般的な信用情報は、失うのはあっという間なのに、築く際には時間がかかるものです。


    しかし、LINEスコアはとても簡単なことで信用スコア(点数)を上げることができるようになっています。


    まず、スコアを上げるには、LINEアプリを利用するのが第1条件です。


    アプリ内でのニュースチェックや普段行なっているトーク、電話の頻度、LINE Payの利用履歴にスタンプの購入など、LINEアプリでできることなら何でもスコアに加算されます。


    特に、LINE PayやLINE家計簿を利用すると、スコアを高めることができます。


    たとえば、家計簿に週に1回以上入力すると、20点増えます。


    つまり、LINEを使っているだけでLINEスコアの得点を稼ぐことができ、より良い条件での審査通過に繋がるのです。


    信用情報だけで返済能力を判断されるのはどうなのかと感じていた人にとっては、LINEスコアが加わることで安心して審査を受けられるでしょう。


    信用情報機関だけで審査される場合

    信用情報はとても露骨に記録されており、利用者が抱える様々な事情(昇給や返済状況の改善など)は無視されています。


    年収に対してどれだけ借入があるのか?ということだけをチェックされるので、他社から借り入れをしているだけで審査に通らないこともあるでしょう。


    無理なく返せるのに、希望よりも融資額が少なかった、または審査に通らなかったという声をゼニエモン自身たくさん耳にします。


    一方で、LINEスコアは情があるとも言える信用スコアのサービスです。


    アプリの日常的な利用が、信用情報だけでは補えない部分をフォローしてくれるため、希望通りの融資額になりやすくなっています。


    融資を希望してもなかなか利用できなかった人で、LINEをよく使っているなら、LINEスコアが審査に利用されるLINE(ライン)ポケットマネーの利用をおすすめします。


    LINE(ライン)ポケットマネーの申込条件


    LINE(ライン)ポケットマネーに申込可能な属性


    LINE(ライン)ポケットマネーの申込条件は、以下のようになっています。

    • LINE Pocket Money加入時の年齢が満20歳から満65歳までの安定かつ継続した収入の見込める方、その他LINE Credit株式会社が認める方
    • LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyの方

    ※契約中の場合、満69歳まで利用できます。お客さまが満70歳に達した時点で、追加借入のサービス利用を停止させていただきますのでご了承ください。
    ※学生や主婦の方もアルバイトなど安定した収入がある方はお申込みできます。
    ※審査の結果によっては利用できない場合があります。


    ここでは、それぞれの申込条件について詳しく見ていきます。


    LINE Pocket Money加入時の年齢が満20歳から満65歳までの安定かつ継続した収入の見込める方、その他LINE Credit株式会社が認める方

    まずは、満20歳から満65歳という年齢が条件になります。


    加入に関しては65歳までですが、利用は満69歳まで利用することができます。


    またアルバイトをしていれば、学生や主婦でも安定した収入があるとみなされ、借り入れを行うことができます。


    なお、安定した収入とは、月1回以上の収入が2ヵ月連続していることです。


    LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyの方

    LINEアカウントには、LINE CashアカウントとLINE Moneyアカウントがあります。


    LINE Moneyアカウントでなければ、LINE(ライン)ポケットマネーを利用することはできません。


    初期登録時はLINE Cashアカウントであり、本人確認を行うことでLINE Moneyアカウントにすることができます。


    LINE Moneyアカウントにする方法は、以下の二種類があります。

    • 銀行口座で本人確認(口座振替受付サービス)
      銀行口座と連動させることで本人確認を行う方法です。
      連携させたい口座を選んで名義など各種情報の入力を行い、銀行口座との連携を行うことで本人確認ができます。
    • スマホでかんたん本人確認
      顔写真付きの身分証明書と顔写真の撮影によって、本人確認を行う方法です。
      利用できる顔写真付き身分証は、運転免許証、運転経歴証明書、日本国パスポート、マイナンバーカード、在留カード、特別永住権証明書になります。

    なお、LINE CashアカウントとLINE Moneyアカウントには、LINE(ライン)ポケットマネーの利用以外にも、以下の違いがあります。


    矢印

    LINE Cash LINE Money
    オンライン決済
    送金 △(送金依頼のみ)
    割り勘 △(割り勘依頼のみ)
    外貨両替 ×
    韓国ATM両替 ×
    銀行口座への出金 ×
    銀行口座へ振込 ×
    チャージ残高上限額 100,000円/1回 1,000,000円/1回

    LINE(ライン)ポケットマネーに必要な書類はある?

    LINE(ライン)ポケットマネーは、WEB上で全ての手続きを完結できます。


    申し込みに必要な書類は以下の通りで、オンラインからアップロードすることが可能です。

    • 本人確認書類
    • 収入証明書

    本人確認書類

    LINE(ライン)ポケットマネーの申し込みで利用できる本人確認書類は、以下のいずれかになります。


    LINE(ライン)ポケットマネーの本人確認書類

    • 運転免許証
    • 運転経歴証明書
    • パスポート(令和2年2月3日以前に発行したもの)
    • 特別永住者証明書
    • 在留カード
    • マイナンバーカード

    なお、LINE Payの本人確認で、本人確認書類の提出が完了している場合は、提出をする必要がありません。


    収入証明書


    LINE(ライン)ポケットマネーの収入証明書


    借入可能額が50万円超、もしくは、他の貸金業者からの借入分も合わせて100万円を超える場合は、収入証明書の提出も必要になります。


    収入証明書は、一般的に以下のものを利用することが可能です。

    • 源泉徴収票
    • 納税証明書
    • 給与明細

    申込の流れ

    LINE(ライン)ポケットマネーの申込は、以下のような流れになっています。


    • LINEスコアを算出する
    • LINE Scoreメインページの[LINE Pocket Money]のカードを選択し、申し込む
    • 審査
    • 審査結果の連絡
    • 銀行口座との連携
    • 融資

    審査結果の連絡は、1〜3日程度、長いと1週間以上かかります。


    審査に関する口コミによると、スコアが高い場合や審査に否決される場合に、連絡が早いそうです。


    なお、年会費や申込手数料がかかることはありません。


    土日に審査通過することはない

    LINE(ライン)ポケットマネーは、土日に審査を一部行っています。


    しかし、それはLINEスコアや入力された情報の確認だけで、在籍確認や信用情報の照会などは行われません。


    そのため、土日に審査に落ちることはあっても、審査に通過することはないです。


    申し込みの前後で金利や限度額が変わることがある!

    LINE(ライン)ポケットマネーでは、申し込みの前後で金利や限度額が変わることがあります。


    これは、申し込み前の金利や限度額は、LINEスコアを元に算出した仮の条件なのに対し、契約時の金利や限度額は審査によって決定したものだからです。


    審査に通過しないと実際の金利や限度額は分からないので、申し込み前の金利や限度額は参考程度にしておきましょう。

    LINE(ライン)ポケットマネーに在籍確認はある?

    LINE(ライン)ポケットマネーの在籍確認は、ある場合もない場合もあります。


    そもそも在籍確認とは、申し込みをした人が申込情報の通りの会社で働いているかどうかを確認するために行われます。


    在籍確認がある場合、勤務先にローンの利用がバレるのが怖いと考える方がいると思いますが、利用がバレることはまずありません。


    なぜなら、在籍確認は以下のように行われるからです。


    LINE(ライン)ポケットマネーの在籍確認の電話の内容


    このように、在籍確認の担当者は個人名で電話を行うため、LINE(ライン)ポケットマネーの利用だとは悟られることはありません。


    なお、在籍確認の電話には自分が出る必要はなく、以下のように会社に在籍していることが確認できれば大丈夫です。


    在籍確認がOKとなる返答例


    会社への電話連絡を絶対に避けたい場合は、SMBCモビットのWEB完結申込がおすすめ!

    電話連絡を絶対に避けたい方には、SMBCモビットのWEB完結申込がおすすめです。


    SMBCモビットなら、会社に電話をかけないので電話が来て変に勘ぐられることもありません。


    SMBCモビットを詳しく知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

    借り入れ方法

    LINE(ライン)ポケットマネーの借り入れは、LINEから原則24時間365日行うことができます。


    借り入れたお金は、まずLINE Payアカウントに入ります。


    借り入れたお金を現金にしたい場合

    借り入れたお金を現金にしたい場合は、LINE Payアカウントから銀行口座やセブン銀行ATMへ出金することになります。


    銀行口座への出金をしたい場合、銀行口座の登録が済んでいなければ、銀行口座の登録が必要になります。


    また、銀行口座への出金は銀行の営業時間である、平日の9時〜15時にしかできないため、夜間や土日の出金はできません。


    一方セブン銀行ATMの場合は、いつでも出金を行うことができます。


    セブン銀行での出金方法は、以下の通りです。


    • LINE Payメインメニューの設定から「出金」を選択する
    • 出金用の銀行口座に「セブン銀行ATM」を選択するとコードリーダーが表示される
    • セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択してコードリーダーを読み取る
    • アプリ上に表示される企業番号と認証番号をセブン銀行ATMに入力する
    • セブン銀行ATMの画面上から出金したい金額を入力する

    しかし、セブン銀行ATMでの出金は一日一万円までしかできない(銀行の場合は10万円まで)ため、多額の利用には向いていません。


    本人確認を済ませていれば出金額を引き上げることが可能ですが、それでも10万円(銀行の場合は100万円)のため、少なくなっています。


    なお、いずれの場合も現金として出金するためには220円の手数料がかかるので、その点にも注意が必要です。


    返済方法

    LINE(ライン)ポケットマネーの返済方法は、以下の2種類があります。

    • 約定返済
    • 随時返済

    LINE(ライン)ポケットマネーの返済は、一切手数料がかからない点が魅力です。


    約定返済

    約定返済は、LINE Pay残高からの返済になります。


    返済日は、16日か26日(返済日が休日の場合は翌営業日)です。


    返済の3日前にLINEで連絡が来るため、忘れる心配はありません。


    また、忘れてしまっても返済の際に残高が足りない場合は、連携している銀行口座から引き落とされるので安心です。


    なお、返済時にもLINEが来るため、確実に返済したことが分かるようになっています。


    臨時返済

    随時返済は、毎月の返済に加えて任意の金額を返済する方法です。


    随時返済は約定返済と同じく、LINE Pay残高からの返済(一度に100万円まで)になります。


    残高が足りない場合、銀行口座からチャージ(一日最大100万円まで)することができます。


    なお、もし1日で上限額以上の返済をしたい場合は、返済予定日の3営業日前までにお問い合わせフォームから連絡をすることで、返済が可能です。


    金利と利用限度額

    LINE(ライン)ポケットマネーの金利は、3.0%〜18.0%の範囲となっています。


    この金利は、一般的な消費者金融のカードローンと同じくらいの金利で、銀行カードローンよりは高めとなっています。


    金利の比較

    ローン名 金利
    LINE(ライン)ポケットマネー 年3.0~18.0%
    アイフル 年3.0~18.0%
    プロミス 年4.5~17.8%
    SMBCモビット 年3.0~18.0%
    アコム 年3.0~18.0%
    J.Score 年0.8~12.0%
    楽天銀行スーパーローン 年1.9~14.5%
    みずほ銀行カードローン 年2.0~14.0%
    三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%

    しかし、LINE(ライン)ポケットマネーはLINEスコアに応じて金利が変動するため、一般的な消費者金融より低い金利で借り入れできる可能性が高いです。


    実際にLINE公式の調査では、55%の人が他社サービスよりも金利が低かったと回答しています。


    一方で利用限度額は、他のカードローンよりも低く設定されています。

    ローン名 借入限度額
    LINE(ライン)ポケットマネー 5~300万円
    アイフル 1~800万円
    プロミス 1~500万円
    SMBCモビット 1~800万円
    アコム 1~800万円
    J.Score 10~1000万円
    楽天銀行スーパーローン 10~800万円
    みずほ銀行カードローン 10~800万円
    三井住友銀行カードローン 10~800万円

    このように、LINE(ライン)ポケットマネーは借入限度額が低いため、多額の借り入れには向いていません。


    またローンには、年収の3分の1までしか借り入れができない「総量規制」があります。


    貸金業者は、……個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。
    2 前項に規定する「個人過剰貸付契約」とは、個人顧客を相手方とする貸付けに係る契約……で、……当該個人顧客に係る個人顧客合算額……が当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額をいう。……)を超えることとなるもの……をいう。


    貸金業法第十三条の二


    例えば、300万円の借り入れができる人は、年収900万円以上の人のみです。


    年収に対して借入額が大きすぎると、審査に落ちる可能性が高くなるので注意しましょう。


    100日間の無利息期間がある!

    LINE(ライン)ポケットマネーは、初回契約時、契約日から100日間に支払った利息がキャッシュバックされます。


    他の消費者金融の無利息期間とは仕組みが少し違いますが、実質無利息であることに変わりはありません。


    なおキャッシュバックは、1ヵ月間に支払った利息額が、翌月中旬にまとめてLINE Pay残高に戻ってくるそうです。


    LINE(ライン)ポケットマネーはAI(人工知能)が与信審査をする

    LINE(ライン)ポケットマネーを利用するには、LINEスコアが非常に重要です。


    そのLINEスコアは、どのようなシステムで算出されているのでしょうか?


    算出には、「AI(人工知能)」が使われています。


    AIが申込者の情報を確認してLINEスコアとして点数を出すので、人為的なミスはなく、結果が確かなので不満が出ません。


    最近では、LINEスコアのようにサービスの利用で優遇を受けられるシステムがどんどん出てきています。


    たとえば、ドコモが行なっているドコモスコアリングも、サービスを利用すると優遇を受けられます。


    d払いやdマーケットを利用してスコアの点数を上げ、その点数を融資サービスの審査情報として使える仕組みです。


    一方、LINEスコアはニュースを見るだけ、友人とトークをするだけで得点が稼げるので、より点数を獲得しやすい点が魅力です。


    サービスを利用しなくてはならない点はLINEもドコモとどちらも同じですが、LINEの方がより手軽なのは嬉しいポイントでしょう。


    LINEは国民の8割以上の人が利用しており、普段の何気ない利用が信用に繋がるのは大きなメリットと言えます。


    今すぐにお得なローンを組みたい人は、「三菱UFJ銀行カードローン」がおすすめ

    LINE(ライン)ポケットマネーは、AIによるスコア計算で良い数値を出せたら借り入れがしやすくなります。


    一方、契約した直後で目標となる数値に届かなかった場合、数値を上げるまで時間がかかります。


    「とりあえず急いでいるから良いカードローンないの?」と考えている方は、まず三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を検討してみましょう。


    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」


    大手銀行系カードローンは、審査に落ちやすいイメージを持っている人も多いですが、むしろこちらの方が融資してもらえる可能性が高くなっています


    というのも、中小の消費者金融は審査に落ちたけど、バンクイックは審査に通ったという事例が多くあるのです。


    また、バンクイックの借入上限額は500万円と、プランと比較してかなり多い額を借りることが可能ですし、上限金利は14.6%とかなり低い点も魅力となっています。


    さらにバイト・派遣会社の人は1日でも業務実績があれば申込可能なので、幅広い人が申込できる点も魅力と言えるでしょう。


    毎月の返済額を少なくしたい人や、働き始めたばかりでもOKなカードローンを探している人は、バンクイックへ申し込んでみるのも1つの方法ですよ。



    LINE(ライン)ポケットマネーの審査について

    LINE(ライン)ポケットマネーは、みずほ銀行とオリコのノウハウを利用して審査を行っています。


    一般的には、金利が低い方が審査が厳しいです。


    矢印

    金利
    LINE(ライン)ポケットマネー 年3.0%〜18.0%
    オリコカードローンCREST 年4.5%〜18.0%
    みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0%

    この表から考えると、LINE(ライン)ポケットマネーの審査は、みずほ銀行よりは厳しくないものの、オリコよりは少し厳しいと思われます。


    スコアリングを審査に利用するメリットは、最初のスコアが低くても、細かく情報を入れることやLINEのサービスを普段よりも利用することで、スコアが上がる可能性があることです。


    スコアが上がれば借り入れできる金額も上がるので、通常のカードローンと比べて、希望通りの融資が受けられる期待値は高いと考えていいでしょう。


    増額審査はおすすめされた場合にのみ受けることができる

    限度額を増額させたい場合は、LINE(ライン)ポケットマネーのメインページを確認しましょう。


    メインページに、以下のような表示がある場合、増額の審査を受けることが可能です。

    • 利用限度額の引き上げをご希望の方はこちら
    • 限度額の増枠申込で、お得なプレミアムプランも

    一般的に、増額審査を受けるには半年以上の利用実績が必要です。


    そのため、ほとんど利用していない状態での増額は、考えないようにしましょう。

    審査落ちになる理由!ブラックリストでも借りられる?

    LINE(ライン)ポケットマネーの審査に落ちる理由は、以下のようなものがあります。


    裏を返せば、以下の理由に気を付ければ、審査に通過しやすいです。


    • 申し込み要件を満たしていない
    • 年収の3分の1以上の借入をしている
    • 信用情報に傷がついている
    • 連続で借入の申し込みをしている
    • 申し込み時に誤字脱字をしている
    • 在籍確認が取れなかった
    • 虚偽申告でスコアを高くしている

    特に、信用情報には注意が必要です。


    ネット上では、ブラックリストに載っている状態でも借り入れできるという口コミもありますが、それはほぼあり得ません。


    また、信用情報機関のJICCにしか加盟していないから審査が甘いという口コミもありますが、現在はCICにも加盟しています。


    さらにLINE(ライン)ポケットマネーは、分類としては消費者金融に当てはまり、先述したように「総量規制」の対象になります。


    つまり、LINE(ライン)ポケットマネー以外にも複数のカードローンを利用している方は、限度額が低くなったり、審査に落ちてしまったりする可能性が高くなるので、注意しましょう。


    ここで「そもそも総量規制ってなに?」と思った方は、下のページで総量規制について詳しく解説しているので、読んでください。


    LINE(ライン)ポケットマネーは、フリーランスでも借りやすい!

    正社員として毎月安定した収入を得ていないと、ローンに契約できないと考えているフリーランスの方はかなり多いです。


    しかし、最近は正社員でなくても融資を受けることは可能となってきており、LINE(ライン)ポケットマネーも例外ではありません。


    LINE(ライン)ポケットマネーは、LINEアプリの利用が頻繁な方なら雇用形態に関わらずおすすめできます。


    似たような例で、クレジットカードのゴールドカードを手に入れたければ、同じ系列の一般カードを利用し続けることで、審査が優位に働くことがあります。


    それと同様に考えれば、LINE(ライン)ポケットマネーは日々LINEサービスを利用するだけでOKなので、かなりハードルとしては低いです。


    そのため、審査が厳しく融資額も少なくなりがちな銀行の融資サービスよりも、LINE(ライン)ポケットマネーのような、少しでも利用者にとって優位な審査を行ってくれる業者を選んだ方が賢いと言えます。


    また、フリーランスの人が気になるのは収入面ですが、信用情報には収入ももちろん記録されています。


    ただ、月の収入額が少なくても毎月安定しているのであれば、額面に関係なくLINEスコアが信用を補ってくれます。


    審査にあまり不安を感じなくても、問題ないと言えるでしょう。


    それでもどうしても審査が不安という人は、以下のページで紹介している業者を選んだ方が良いかもしれません。


    審査が不安な人におすすめの業者をいくつか紹介しているので、気になる人はぜひチェックしてください。

    スマホ1つで融資が受けられる「LINE(ライン)ポケットマネー」

    ここまで、LINE(ライン)ポケットマネーが融資を受けやすいサービスであると紹介してきました。


    ただ、借り入れをする際にかなり多くの人が気にしているのが、人目です。


    最近の融資サービスの中にはオンラインで完結するものもありますが、やはり銀行は申し込み方法が窓口か電話だけというところも少なくありません。


    窓口申込は、スタッフが丁寧に教えてくれるので、分かりすやすい安心感はあります。


    しかし、窓口や電話で知り合いに会ってしまうことや、どこかで誰かが見ていて噂をされる可能性も否定できません。


    お金の融資を受けることは恥ずかしいことではありませんが、いくら借りたのか、何に必要だったのかなどと詮索されると、良い気持ちにはなりませんよね。


    その点、LINE(ライン)ポケットマネーでは、オンライン上で契約手続きを全て行えるようにしています。


    さらに契約だけでなく、返済やその他手続きも、窓口への来店や郵送物のやり取りは一切なく全てアプリ内で完結するので、人目を気にする必要がありません。


    突然お金が必要になった時に、空いた時間でサクッと手続きを済ませられるのは非常に便利と言えます。


    ちなみに、LINE(ライン)ポケットマネーはLINE銀行が提供しているサービスですが、銀行系の融資サービスでカードレスのものは、LINE(ライン)ポケットマネーが初です。

    LINE(ライン)ポケットマネーの解約方法

    LINE(ライン)ポケットマネーを解約したい場合、契約内容の画面から解約することができます。


    電話やメールでは解約できないので、注意が必要です。


    解約すると、借り入れの履歴がなくなるので、履歴を残したい場合は事前にデータをメモするなどして保存しておきましょう。


    なお、解約したい場合でも、借入残高がある場合は解約できません。


    LINE(ライン)ポケットマネーは怖い!?

    一部では、LINE(ライン)ポケットマネーは怖いといわれています。


    怖いといわれている点は、以下の2点です。


    気軽に借りれてしまう

    いつも利用するアプリで気軽にお金が借りられるので、借り入れをするハードルが低く、気づいた時には返済が膨大になってしまう。


    LINEの「奴隷」になる

    LINEを使わないと損をするという状況を作りだし、お得に借り入れをするために、LINEの様々なサービスを利用させられる。


    たしかに、このようにいわれると、少し怖いような気がします。


    しかし、このような注意点があることを事前に理解していれば、まったく問題ありません。


    あくまでも、LINE(ライン)ポケットマネーは消費者金融の融資サービスと同じように、借金であることを覚えておきましょう。


    LINE(ライン)ポケットマネーについてのまとめ

    LINE(ライン)ポケットマネーは、LINEアプリを使っている方なら、誰でも審査を優遇してもらえる可能性がある融資サービスです。


    LINEスコアの点数を稼ぐには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

    • ニュースはLINEニュースでチェック
    • ちょっとした事でもトークや電話を使う
    • タイムラインを覗く
    • スタンプを購入する
    • LINE Payを利用する

    周りにばれずにスマホで手軽に契約できる点もメリットですし、フリーランスでも気兼ねなく利用できます。


    ただしLINE(ライン)ポケットマネーは、LINEアプリを利用していない方にとっては、その他の融資サービスと条件が変わらない点は理解しておきましょう。


    LINEを利用している人は、希望通りの融資が受けられる可能性があるので、融資サービスを利用する際は、ぜひLINE(ライン)ポケットマネーを検討してみましょう。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ