LINEポケットマネーのシステム・審査などを細かく解説!これから開始する新サービスに備えよう

掲載日:

 

     

    融資サービスは冠婚葬祭・住宅ローンと様々な場面で活躍してくれる便利なサービスですが、初めての借入れをする時にはいつも使っている大手銀行に融資サービスがあったから、そっちを利用しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

     

    しかし、大手銀行の融資サービスを利用する場合、思った以上に審査が厳しかったり、融資金額が大きくなかったり、デメリットも多々あります。

     

    また、融資と聞いて、アコムやアイフルと消費者金融を思い浮かべる人もいますが、今はどこも大手銀行と提携していて、ほとんどが安心して利用できます。

     

    今、融資サービスはどんどん進化していて、その進化版のひとつに「LINEポケットマネー」が出てきました。

     

    融資サービスの進化に伴い融資サービスやクレジットカードなど利用するにあたって必要な審査も、より希望通りに事が進むように様々な視点から審査が行えるようになった融資サービスの「LINEポケットマネー」とはどんなものなのでしょうか。

     

    まだ利用は開始されていませんがどの点が画期的なのかについても知っておけば、いざ融資が必要な時に役立つ事でしょう。

     

    まずは「LINEポケットマネー」とは何なのか? 概要から見て行きます。

     

    新しいカードローンの形「LINEポケットマネー」

     

    「LINEポケットマネー」は、LINE銀行が提供する融資サービスです。

     

    LINE銀行はみずほ銀行とLINEが共同で立ち上げた新たな銀行となり、融資サービスであるLINEポケットマネーの準備を2020年の利用開始に向け、着々と進めています。

     

    LINEは多くの人が利用しているチャットや電話などのサービスなので、融資サービスとは全く部門が違うと言えますが、違うからこそLINEが提供する融資サービスとはどのようなものなのか? とたくさんの注目を浴びています。

     

    もちろん、LINE Payと言ったスマホ決算サービスもあるので接点が一切ないと言った訳ではありませんが、それでも融資サービスまでも開始するとはゼニエモンもびっくりな情報でした。

     

    「LINEポケットマネー」は今までとは異なる画期的な審査方法を取っていて、この審査方法こそがLINEポケットマネーの一番の魅力とも言えるでしょう。

     

    本来、融資サービスの審査と言うのは個人信用情報機関に保管されている借入れ状況やクレジットカードの返済状態などを見て審査されますが、このLINEポケットマネーは独自の審査スコアを利用し、より信用ポイントを稼ぎ、希望通りの融資額を利用できるようにすると言うものなのです。

     

    もちろん、この他にもメリットはありますがその点は後ほど確認するとして、LINEポケットマネーについて知るならこの審査が通りやすくなる仕組みについて抑えておきましょう。

     

    LINEポケットマネーでは個人信用情報機関に保管されている情報に加えてLINE銀行独自のLINEスコアも審査時のチェックに利用することができ、この2つの審査システムによって審査が通りやすくなります。

     

    以前とは違い、返済能力があるのに個人信用情報機関に保管されている情報のみを審査されて、融資額が悔しい結果に終わってしまったと言った人もたくさんいる事でしょう。

     

    LINEポケットマネーの利用が開始されれば悔しい思いしないでも、希望通りの融資額を借りる事ができます。

     

    LINEポケットマネーの概要はこんなところですが、概要を読んだ方の中にはもっと詳しくLINEポケットマネーについて抑えておきたいと思った人は、LINEスコアについても気になりますし、LINEスコアには何が信用の点数として加算されるのか? についても知りたくなりますよね。

     

    LINEスコアの内容よっては向いている融資サービスなのか? それとも向いていないか? の判断材料にもなりえます。

     

    LINEスコアって何?

     

    「LINEスコア」は融資サービスであるLINEポケットマネーの審査時の信用情報として利用される個人情報です。

     

    信用情報と言えば失うのはあっという間なのに、築くとなれば時間がかかるものです。

     

    でも、LINEスコアはとても簡単なことで信用スコア(点数)を上げることができるようになっています。

     

    まずスコアを上げるにはLINEアプリを利用するのが第1条件ですが、LINEアプリ内でニュースをチェックしたり、単純に普段行なっているトークや電話の頻度、LINE Payの利用履歴にスタンプの購入などLINEアプリでできることならなんでもスコアに加算されます。

     

    つまりLINEを使っていればそれだけで簡単にLINEスコアの得点を稼ぐことができ、審査通過に繋がるのです。

     

    契約ごとのサービスなどではどこでもチェックされる個人信用情報機関の信用情報ですが、それだけで判断されるのはいかがなものかと感じていた人は、ここにLINEスコアも加わるので、安心材料が増えますよね。

     

    個人信用機関だけで審査される場合

    個人信用情報機関に保管されている情報はとても即物的にチェックされ記録されているので、利用者が抱える様々な事情(昇給や返済の改善)は無視されてしまいます。

     

    例え自分自身では無理のない借入を他社で行なっていたとしても、個人信用情報機関での情報のみでは年収に対してどれだけの借入があるのか?ということをチェックされてしまうので、他社で借りているということだけで審査に通らないこともあるでしょう。

     

    無理なく返せて行けるのに希望したよりも融資額が少なかった、または利用不可となったと言う声をゼニエモン自身たくさん耳にします。

     

    個人信用情報機関だけの審査となると、昇給しても、返済をきちんと行っていても、焦慮規制に引っかかってしまったりして融資が断られるケースもあります。

     

    ですが、LINEスコアは情があるとも言える信用スコアのサービスで、LINEアプリの日常的な利用が個人信用情報機関の信用情報だけでは補えない部分をフォローしてくれる為、希望通りの融資額が降りると言う仕組みなのです。

     

    融資を希望してもなかなか利用できなかったという人で、LINEをよく使っているなら「LINEスコア」が審査に適応されるLINEポケットマネーが良いと言えます。

     

    AI(人工知能)が与信審査を!

     

    LINEスコアがLINEポケットマネーを利用するにあたって重要ですが、そのLINEスコアはどのようなシステムで算出されているのでしょうか?

     

    その算出方法は「AI(人工知能)」が使われこのAIが機械的に与信審査を行いLINEスコアとして点数を出すといったもので、スコアの点数がよければ良いほど金利が低くなり、融資額を多く設けられたりします。

     

    機械的に点数が出るので、LINEアプリを利用すればそれだけで確実にスコアの点数は上がると言えるでしょう。

     

    もちろん、AI(人工知能)が算出する点数の中には個人信用情報機関からの信用情報も合わせたものとなりますが、AI(人工知能)が行えば結果も確かと言えますし不満が出ません。

     

    最近ではLINEスコアのような何かの利用が融資サービスの審査に役立つシステムがどんどん出てきていますが、LINEスコアは誰でも手軽にスコアを上げることができるのでこの点は魅力と言えるでしょう。

     

    例えば、何かの利用が融資サービスの審査に役立つものと言えばドコモが行なっているドコモスコアリングがありますが、ドコモスコアリングでは携帯代の支払いにd払いやdマーケットの利用でスコアの点数を稼げ、それを融資サービスの審査情報として使えるようになっています。

     

    しかし、LINEスコアでは「ニュースを見るだけ」・「友人とトークをするだけ」で得点が稼げるので、より点数を獲得しやすいのです。

     

    自社のサービスを何かしら利用しなくてはならないと言った点はLINEもドコモとどちらも同じですが、その内容はLINEの方がより手軽と言えます。

     

    LINEは日本では使っていない人はいないとも言えるほど利用者が多く、何かを購入しなくても普段の何気ない利用が信用繋がるのは大きなメリットです。

     

    今すぐにAIスコアでローンを組んでみたいという方にオススメのJ.Score

    ちなみに、すでにAIでのスコアでローンを組むことができるサービスはあります。

     

    J.Scoreというソフトバンクとみずほ銀行がタッグを組んでいるサービスなのですが、これが今非常に注目を浴びています。

     

    もしJ.Scoreについて詳しく知りたいという方は下のページからチェックしてみてください。

     

    審査について

    LINEポケットマネーはみずほ銀行と連携しているということなので、ある程度みずほ銀行の審査基準をベースに行われます。

     

    具体的には下記の内容です。

     

    • 満20歳以上満66歳未満の人
    • 安定した収入の見込める人
    • 保証会社の保証を受けられる人

     

    とはいえ、銀行と同じ基準の厳しさで行われるわけではなく、銀行よりは審査に通る判定が広くなると言われています。

     

    AIのスコアリングで行う審査のメリットとしては仮に最初の基本的なスコアが低くても細かく情報を入れたり、日常的にスコアを上げるような行動をすることで自然とスコアが上がっていくことです。

     

    スコアが上がれば借り入れできる上限金額も上がりますし、通常のカードローンと比べて期待値は高いと考えていいでしょう。

     

    LINEポケットマネーは在籍確認がされにくい?

    LINEポケットマネーはオリエントコーポレーションが保証会社として審査を行います。

     

    このオリエントコーポレーションはクレジット会社の中でも在籍確認の為の電話をしない会社で有名なので、在籍確認がされない可能性が高いです。

     

    当然、あまりにも融資するかどうかギリギリの方や、申込内容に不備があり確認しなければならないという方には在籍確認はされるでしょう。

     

    ただ、通常のカードローンと比べてこのあたりが緩和してくるかもしれないので、在籍確認されるのが嫌な人はチャンスでしょう。

     

    まだ確実に電話がないとは言えませんが、在籍確認の電話がない融資サービスとして注目しておく価値はあるので、これからどんどん発表されて行くLINEポケットマネーの条件をチェックしておくのが良いです。

     

    フリーランスでも借りやすくなるのが「LINEポケットマネー」

     

    融資サービスを利用するとなると既成概念から、正社員で働き毎月安定した収入を得ていないと融資を貰うことはできないと思い込んでいる方も多いです。

     

    しかし、最近は正社員などでなくても融資を受けることは可能となってきていて、LINEポケットマネーも例外ではありません。

     

    LINEポケットマネーの利用に向いているのはLINEアプリの利用が頻繁な方で、正社員でなくても個人信用情報に傷がなくLINEニュースを見たり、タイムラインをチェックするなどLINEアプリを中心に使っていれば、融資の審査は有利になります。

     

    クレジットカードなどでもそうですが、とあるゴールドカードを手に入れたければ同じ系列のクレジットカードで欲しいゴールドカードの一歩手前のカードを利用し続けることで、審査が優位に働くと言うこともたくさんあります。

     

    その点で考えればLINEポケットマネーは日々LINEサービスを利用するだけなのでかなりハードルとしては低いです。

     

    審査が厳しく希望通りの融資を受けられるか分からない銀行の融資サービスを使うよりも、LINEポケットマネーのような少しでも利用者にとって優位な審査を行ってくれる融資会社を選んだ方が賢いです。

     

    また、フリーランスの人が気になるのは収入面と言えますが、個人信用情報には収入情報ももちろん記録されています。

     

    ですが、フリーランスだとしても収入が多ければさほど審査に通るかどうかを心配する方も少ないと考えられますが、月の収入額が少ない場合でも毎月安定しているのであれば「毎月の額面」に関係なくLINEスコアがその面は補ってくれるので、審査面にあまり不安を抱える必要はありません。

     

    スマホで融資の申込みが全部できてしまう「LINEポケットマネー」

     

    LINEポケットマネーが融資を受けやすいサービスであると紹介してきましたが、ここで誰もが借入をする際に気にしている問題、「借入をする際に誰もが気になる人目」についてチェックです。

     

    融資サービスを受けるには最近ではオンライン上でできるものもありますが、やはりよく行っている銀行で申込、地方銀行メインだから窓口申込など窓口で行う方法も定着しています。

     

    窓口申込は確かにスタッフが丁寧に教えてくれ、分かりすやすく納得できるものですが、窓口に入った時に知り合いに会ってしまう、どこかで誰かが見ていて噂をされたなんて嫌ですよね。

     

    いくら借りたのかと憶測されるのも嫌ですし、何に必要だったのか? など詮索されていると考えてしまうと被害妄想かもしれませんがやはり気になってしまいます。

     

    融資を受ける時はなるべくなら人に気付かれず、スマートに手続きを済ませたいもの。

     

    その点、LINEポケットマネーではこのあたりがよく考えられていて、オンライン上から全て契約手続きを行えるようにしています。

     

    さらに契約だけでなく返済やその他手続きも全てスマホからダウンロードしたアプリ内でできるようになっているので、人目を気にする必要はないのです。

     

    もちろん、なるべくなら利息を上乗せした返済が必要になるので融資サービスを利用しないで所持金だけで済ませたいものですが、冠婚葬祭はいつあるか想定できないですし、突然必要な時も自宅で空いた時間にサクッと手続きを済ませられれば便利です。

     

    また、LINEポケットマネーはLINE銀行が提供しているサービスですが、銀行系の融資サービスでカードを発行せずに利用できる融資サービスはLINEポケットマネーが初なのです。

     

    今はどこの融資サービスも銀行と提携しているので安心ですが、やはり銀行が直接行なっている融資サービスの方がより安心と言うものでしょう。

     

    LINEポケットマネーは最先端の融資サービスとなることが考えられます。

     

    LINEポケットマネーならポイント還元が期待できる

    LINEはLINE独自のポイントシステムがあるので、LINEポケットマネーを利用することでポイント還元がされるなどの期待もあります。

     

    もしかしたらキャンペーンなども行うかもしれないので、このあたりは通常のカードローンと比べて利用する楽しさが生まれるかもしれません。

     

    LINEポケットマネーについてのまとめ

     

    LINEポケットマネーの利用開始日は2020年とされていますが、ゼニエモンこれでは納得が行かず、LINEに問い合わせてみることにしました。

     

    2020年と言っても大体いつ頃なのか? 月だけでも良いのではっきりと知りたいものです。

     

    そこで、電話で突撃した結果、

     

    LINEポケットマネーの開始日は2020年のいつ頃からですか? まだ月もはっきりとは確定していない感じですかね?

     

    申し訳ございません。 まだ分かり兼ねておりますので、メールで項目が分かれているので項目ごとの問い合わせの方が確かだと思われます。

     

    と言われたので、

     

    メール問い合わせのところもゼニエモンチェックしましたが、個人の問い合わせのところにLINEポケットマネーの項目なく問い合わせのしようがなかったので、濁された結果に終わりました。

     

    現時点で分かっているのは2019年と言われていましたが、それが伸び2020年となっていると言うことだけです。

     

    急ぎで利用したい方にはまだ今しばらく辛抱が必要ですが、LINEポケットマネーの内容自体は魅力的なので待ってみる価値はあるでしょう。

     

    LINEポケットマネーはLINEアプリを使っている方なら、誰でも簡単にLINEポケットマネーの審査を有利にしてくれるLINEスコアの得点を上げられるチャンスがあります。

     

    LINEスコアの点数を稼ぐには

     

    • ニュースはLINEニュースでチェック
    • ちょっとした事でもトークや電話を使う
    • タイムラインを除く
    • スタンプ購入
    • LINE Payの利用

     

    などを行うと良いでしょう。

     

    周りにバレずにスマホで手軽に契約できるのもメリットですし、フリーランスでも気兼ねなく利用できる融資サービスです。

     

    ただし、LINEポケットマネーはLINEアプリを利用しLINEスコアの得点を稼いでいる人に向いていて、LINEアプリを利用していない方にとってはその他融資サービスと変わらず審査が有利に働く訳ではないのでこの点は予め理解しておきましょう。

     

    しかし、LINEは多くの方が利用してサービスです。

     

    多くの方がLINEを利用している=たくさんの方がLINEスコアの点数を無意識に稼いでいて希望通りの融資が受けられる確率がある言ったことになるので、融資サービスを利用する予定がある方はLINEポケットマネー利用開始を待ってみるのも良い判断と言えます。


    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ