アイフルおまとめローン「おまとめMAX」、「かりかえMAX」

更新日:


アイフルの複数の借金の一本化専用商品のおまとめローンは「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の2つがあります。


こちらは通常のキャッシングローンと違い新たな融資は受ける事ができないもので、返済のみ可能な「純粋に借金を減らすことを目的とされたローン」となっています。


返済金額も自身で設定でき、ストイックな3年返済や、返済金額の低さを低金利でカバーする長期の10年返済など、自身に合った条件の返済年数を選ぶことが可能です。


また、消費者金融のおまとめローンと懸念する人もいますが、アイフルのおまとめローンは銀行並みの低金利の融資に借り換えができます。


低金利の銀行カードローンに借換えて、下手に借りては返してと終わらないサイクルを選ぶくらいなら、キッチリ完済を行えるアイフルのおまとめローンの方がはるかにおすすめです!


このおまとめローンに向いている人

  • 現在、まとめたい金額が100万円以上である
  • 新たに借入せずにとにかく完済したい人
  • 現状の返済が厳しいと感じている人

このおまとめローンに向かない人

  • カードローンの利用が初めての人
  • 既に年10%以下の低金利でカードローンを利用している人
  • おまとめの総額が100万円以下の人

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜17.5% 1万円〜800万円 2日程度目安 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 満20歳以上の定期的な収入と
返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
元利定額返済方式 ネット上のみで完了


アイフルの通常のキャッシングローン



    おまとめMAXとかりかえMAXの違いについて

    アイフルには、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の2種類のおまとめローンがあります。


    アイフルのおまとめローンの利用者の条件


    2種類のおまとめローンの違いはたった1点です。


    まず、アイフルの契約が現時点で有る無しで利用できるおまとめローンが決まります。


    現在、利用の有無を問わず契約が残っているという人は「おまとめMAX」、契約がない人が「かりかえMAX」の利用となります。


    金利も両方年3.0%〜17.5%、限度額も800万円と全く同じです。


    これらは2商品として扱われていますが、言ってしまえば両方同じものであると判断できます。


    アイフルのおまとめローンへ申込資格がある人

    このカードローンは以下の条件を満たす人が申し込み可能です。


    年齢満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方


    属性

    アイフルのおまとめローンを利用出来る人


    通常のカードローンと同様に、20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣社員など非正規雇用となる人もおまとめローンへの申込は可能です。


    おまとめローンは借金がある人のみが融資の対象となる

    あいふるのおまとめローンは、おまとめ・借り換えを目的とした専用ローンなので、借金がない人は融資の対象外となります。


    ただし、どんな借入でも融資の対象となるわけではないので注意してください。


    契約時に用意しておくべき書類

    アイフルのおまとめローンを利用する際は、必ず次の3種類の書類の提出が必要となります。

    • 本人確認書類
    • 収入証明書
    • 他社借入条件等の確認ができる書類

    アイフルのおまとめローンは契約時の来店が不要なので、書類提出はスマホ等のカメラで撮影したものをアップロードすればOKです。


    申込時は提出書類の用意は不要ですが、仮審査通過後の本審査を行うために必要になりますので、用意は早めにしておきましょう。


    提出する本人確認書類について


    アイフルおまとめローンの本人確認書類について

    本人確認書類として利用できる書類は以下のようになっています。


    本人確認書類として利用できる書類
    運転免許証
    パスポート
    住民基本台帳カード
    個人番号カード(表のみ)
    在留カード
    特別永住者証明書
    公的証明書類(氏名・住所・生年月日あり)
    健康保険証
    国民年金手帳
    母子健康手帳
    住民票
    戸籍謄本
    住民票記載事項証明書

    ※有効期限のない公的証明書については、発行日より6カ月以内に作成されたものに限る


    上記の書類から、現住所が記載されている書類2点の画像をアップロードして提出します。


    なお、本人確認書類と現住所が異なる場合は、以下の書類から現住所が確認できる書類が追加で必要になります。


    • 公共料金領収書(ガス、電気、水道、固定電話、NHKな)
    • 官公庁発行で氏名、住所、生年月日の記載がある書類

    本人確認書類が2点用意できない場合は、アイフルより簡易書類を送付してもらい、本人確認書類1点と簡易書類の2点を提出すればOKです。


    Webで画像をアップロードできない場合は、FAXや郵送、店舗窓口でも提出できます。


    提出する収入証明書について

    アイフルおまとめローンへ提出する収入証明書について


    次に返済能力を証明するために提出する収入証明書ですが、以下の書類が利用できます。

    • 源泉徴収票
    • 住民税決定通知書
    • 給料明細書
    • 確定申告書
    • 所得証明書

    上記の書類からいずれかのコピー1部を用意して提出しましょう。


    給与明細書については、直近2カ月分が必要になり、賞与支給のある方は1年以内の賞与証明書も併せて提出してください。


    他社借入条件等の確認ができる書類

    おまとめ・借り換えローンは他社からの借り入れを一本にまとめるためのローンなので、どの会社からどのくらい借入をしているのかが確認できる書類が必要になります。


    他社借入条件当の確認ができる書類としては以下のものが利用できます。

    • 利用代金明細書
    • ATM取引明細書

    借り換えの場合は1社からの借入条件が確認できる書類を用意すれば十分です。


    おまとめローンの利用で3社からの借り入れをまとめたい場合は3社分の借入条件が確認できる書類を用意する必要があります。


    店頭での契約の場合はコピーでなく元本が必要となる

    提出する本人確認書類は、店頭や無人契約機で契約を進める場合は、元本が必要になります。


    郵送やFAXで書類を提出する場合は、元本でなくコピーしたものを提出してください。


    また、収入証明書類は元本を提出する必要はないので、コピーしたものを提出しましょう。

    申込から融資を受けるまでの流れ

    アイフルのおまとめローンの申し込み方法は以下の通りです。


    アイフルおまとめローンの申込から融資までのフロー

    • 申込
    • 仮審査
    • 本審査
    • 必要書類の提出
    • 在籍確認
    • 審査結果の連絡
    • 契約手続き&融資

    申込

    申込方法はおまとめローンの場合は、3種類です。

    • インターネットからの申込
    • 電話での申込
    • 店頭からの申込

    この中では、インターネットからの申込が最も早く、時間が取られないため、インターネットからの申し込みをおすすめします。


    インターネットからの申し込みであれば24時間365日いつでも受け付けていますので、わざわざ時間を作って電話を掛けたり、直接店舗に足を運んだりする必要はありません。


    電話で申し込みをする場合は、平日9:00〜18:00と時間が限られているので注意してください。


    電話番号:0120-0089-127(受付時間:平日9:00〜18:00)


    店舗で直接申し込みをする場合も、受付時間は平日10:00〜18:00となっています。


    また、インターネットや電話からの申し込みでは必要書類をWebにアップロードして提出しますが、店舗窓口で申し込む場合は本人確認書類や収入証明書など必要書類を忘れず持参するようにしましょう。


    仮審査

    申込完了後は、仮審査に進みます。


    審査結果は最短即日で届きますが、申し込み時間によっては翌日以降になってしまう場合があるので注意してください。


    仮審査が完了したら、次は本審査に移ります。


    本審査

    本審査では、申し込み情報に相違がないか、返済能力があるかなどを確認します。


    この時に行う内容が、以下の3つの項目の確認です。

    • 本人確認書類の提出(書類)
    • 収入証明書の提出(書類)

    以上の項目が確認できない場合は審査落ちにつながる可能性もあります。


    必要書類の提出

    本人確認書類、収入証明書類、他社借入条件等の確認ができる書類の写真を撮って、画像をアップロードして提出します。


    画像をアップロードできない場合は、FAXや郵送でも提出が可能です。


    在籍確認

    申込者本人が申込時に記載した職場に本当に働いているのかを確認するために、在籍確認として職場へ電話連絡が行われます。


    在籍確認の電話連絡の内容も、アイフルの社名を名乗らず、審査担当者の個人名で電話が掛けられます。


    そのため、職場におまとめローンを利用していることがばれる心配もありません。


    アイフルの在籍確認の仕組みの図解

    アイフルの在籍確認にてOKの返答例とNGの返答例


    在籍確認の電話連絡で、申込者本人が働いていることが確認できれば在籍確認は完了です。


    そのため、本人が在籍確認の電話連絡に出る必要はありません。


    契約手続き&融資

    契約後に融資を受ける際は通常のカードローンと異なり、アイフルが契約者名義で直接返済を行うという形になります。


    イメージ的には以下の図を参考にしてください。


    アイフルのおまとめローン利用開始までの流れ


    まず契約者がおまとめする各業者へ連絡し、完済できる日付を伝え、その日までの返済総額を算出してもらいます。


    アイフルがその業者へ直接振込を行い、アイフル以外の借り入れが完済になれば完了です。


    この時の振込人名義は、「アイフル」ではなく、申込者のフルネームで振込を行います。


    業者によっては、振込人名の後に番号を付けるなどの要望などがありますが、アイフルもその旨を伝えれば対応してくれます。


    ただし、振込人名義で契約者本人のフルネームは必ず入っていないと振込をしてもらう事はできません。


    ここから、毎月1回のペースでアイフルに返済していくという流れになります。


    アイフルからカードが発行されたけど…これは何に使うの?

    アイフルから発行されたカードは一旦は返済のみ使用可能!


    アイフルのおまとめローンを契約すると、カードが発行されます。


    おまとめローンは、限度額内で借入返済できるキャッシングローンと契約が異なり、融資を受けた場合は返済のみしか行うことができません。


    また、おまとめローンを利用しながら、キャッシングローンを同時に利用するということも不可能です。


    つまり、一旦は返済のみの用途でしか利用できません。


    ただし、キャッシングローンへ切り替えるため再審査を受け、おまとめローンから切り替えた場合は、発行されたカードで融資も受けることができます。


    アイフルのおまとめローンの金利や限度額について

    アイフルのおまとめローンの金利や限度額について


    アイフルの「おまとめMAX」、「かりかえMAX」(※以下おまとめローン)は限度額が最高で800万円まで、金利が年3.0〜17.5%までとなっています。


    これがすごいのかすごくないのか正直この数字だけでは分からないので、実際に借り換えの金額と適応される金利で実際の数字として見ていきます。


    借入金額別で各金利毎の月々の利息を算出

    借入金額 3.0% 10.0% 15.0% 17.5% 18.0%
    50万円 1,232円 4,109円 6,164円 7,191円 7,397円
    100万円 2,465円 8,219円 12,328円 -円 -円
    300万円 7,397円 24,657円 36,986円 -円 -円

    ※1ヶ月は30日換算で計算しています。


    これを見て感じるのが、利息の幅が広いので年率次第で返済金額が変わってくるということです。


    100万円〜300万円程度のおまとめローンであれば、どこでも金利は年10.0%〜12.0%となるので、その点はあらかじめ把握しておきましょう。


    あえて、金利年18.0%を上記の表に取り入れたのは現在複数の消費者金融を利用しており、金利年18.0%で契約している人が多いので表に含めました。


    年18.0%で契約している方は最も損をしていることになるため、この金利で現在融資を受けている人は、すぐにおまとめローンへ変更する事をおすすめします。


    クレジットカード分もおまとめ対象になる!

    おまとめローンはアイフル以外のほかの業者でも取り扱いをしていますが、アコムやプロミスのおまとめローンではクレジットカードのリボ払い分もおまとめは対応していません。

    アイフルではクレジットカードのリボ払い分もまとめて一本にまとめることができるので、クレジットカードのリボ払い分もまとめたい場合はアイフルのおまとめローンを利用しましょう。

    アイフルのおまとめローンの返済額や返済方法

    アイフルのおまとめローンの返済額や返済方法について


    返済方法は、口座振替、または契約時に発行されたカードを利用してATMから返済を行う方法の2つです。


    返済期間は最長10年まで(回数として120回まで)、自身の返済状況に合わせて返済年数を選ぶことができます。


    例えば、3年完済を選んだ場合は、月々の返済額が逆に上がる可能性が高くなりますが、3年という短期間で完済を目指すことが可能です。


    5年完済は確実に5年で返済できることに加え、月々の返済額を圧縮しながら返済総額も圧縮できる、バランスが最も良い返済プランになります。


    最長である10年完済は、毎月の返済金額自体を圧縮することができますが、返済総額がかなり上がってしまうため、低金利のメリットをさほど感じる事ができません。


    また、信用情報が傷つくのを恐れて10年掛けて返済するなら、逆に債務整理をして5年〜10年程度で信用情報を回復させた方が、結果的に楽であるという可能性もあります。


    経済的に苦しくない程度に抑えるには、いくら返済に充てたらよいのかよく考えるようにしましょう。


    最初の2年は元金の減りがかなり遅いため、返済意欲を保つのもなかなか難しいところも難点の一つです。


    このように返済の年数は自身で選択できますが、実際の返済額がどれくらいになるのかを以下の表で算出してみました。


    自身が毎月無理なく捻出できる金額なのかどうかを確認してみてください。


    金利年12.0%で融資を受けた場合の各借入金の月々の返済額

    借入金額 3年返済 5年返済 7年返済 10年返済
    100万円 3万4,000円 2万3,000円 1万8,000円 1万5,000円
    200万円 6万7,000円 4万5,000円 3万6,000円 2万9,000円
    300万円 10万0,000円 6万7,000円 5万3,000円 4万4,000円
    400万円 13万3,000円 8万9,000円 7万1,000円 5万8,000円

    ※アイフルの月々の返済額は、1,000円以下の単位は繰り上げとなります。


    以上の表から、10年以内に返済すると3年返済の時よりも毎月の返済額を減らせますが、その割合は半分程度ということが分かります。


    3年払いは毎月の返済金額自体は最も高いものですが、3年という短い期間で完済できるので、可能であればこのプランを選択するのがおすすめです。


    3年払いの毎月返済金額の捻出が難しい場合は、5年払いの選択、さらに難しい場合は7年、10年払いを選ばざるを得ません。


    これには金利が関係しており、返済期間が長くなるほど金利分の支払いが比例して上がります。


    例えば、3年払いの返済額が100%とすると、5年払いは66%、10年払いは47%の返済額となります。


    よくある勘違いで、10年払いなら3年払いの支払いの1/3以下という計算をしてしまう人もいますが、これはあくまで元金のみを割った計算です。


    金利分を上乗せして計算すると上記の表のような金額になり、返済期間が長いほど返済総額が高くなることを念頭においておきましょう。


    アイフルのおまとめローンを利用することでどれだけ返済金額が減るの?

    次に、金利年12.0%で100万円〜250万円を借り入れして、3年、5年、10年間それぞれ返済し続けた結果の返済総額についてを表にまとめてみました。


    金利12.0%で融資を受けた場合の各借入金の返済総額

    借入金額 3年返済 5年返済 10年返済
    100万円 119万5715円 133万4667円 172万1651円
    150万円 179万3,573円 200万2,000円 258万2,477円
    200万円 239万1,430円 266万9,334円 344万3,303円
    250万円 298万9,288円 333万6,667円 430万4,128円

    10年返済まで伸ばした場合は、例え金利年12.0%の契約でも返済総額は大きくなってしまいます。


    つまり、5年以内の返済でない限り低金利業者に借換えたメリットがほとんどなくなるということです。


    そのため、上記の月々の返済額は、5年返済をベースに見るようにしてください。


    この5年返済の返済額が捻出できるならアイフルおまとめローンを利用し、捻出が難しい場合は10年返済の返済総額に納得できる場合は、利用するという選択肢を選ぶのがおすすめです。


    ただし、現状年18.0%で融資を1社でも受けている場合は、これこそ損なので少しでも金利を下げられるアイフルおまとめローンを利用した方が得策です!


    しかし、これだけではおまとめローンを利用して借入先を1本にまとめた場合、どれだけ返済金額が下げられるのか疑問が残ります。


    実際に返済シミュレーションをつかって、おまとめローンを利用した場合にどれだけ返済総額が減るのかを確認していきましょう。


    例えば、A社から金利年18.0%で40万円、B社から金利年17.0%で70万円、C社から金利年16.0%で90万円を借り入れしている方が、アイフルおまとめローンを金利年12.0%で契約するとします。


    3社からの借入金額は合計で200万円、毎月返済額はA社は1万1,000円、B社は1万6,000円、C社は2万3,000円とるすると、合計で毎月5万円の支払い、返済総額は296万3,171円です。


    返済シミュレーション


    3社の借り入れをアイフルおまとめローンの5年返済で契約した場合、毎月の返済額は4万5,000円、返済総額は265万6,617円となります。


    アイフルおまとめローンを利用したことで、毎月の返済額は5,000円、返済総額は30万円も減らすことができました。


    また、おまとめローンを利用することで毎月3社分の返済日を管理していたのが、1日にまとめられたので管理もしやすくなります。


    覚えておきたいポイント!

    平均的な年率12.0%の金利で借り換えを行った場合は、

    3年返済だと、返済総額は元金の約2割増
    5年返済だと、返済総額は元金の約3割増
    10年返済だと、返済総額は元金の約7割増

    毎月の返済金額の少なさを重視すると返済総額がかなり割増になるので、まずは5年返済で返済資金を捻出できるか想定してみましょう!

    また、プランは一度決めたら固定ではないので、他のローンと違い、いつでも返済プランの変更が可能です!

    アイフルのおまとめローンのメリット・デメリット

    メリット

    総量規制の対象外のローンである

    アイフルのおまとめローンは「貸金業法に基づくおまとめローン」ですので、総量規制の対象外となります。


    そのため、年収の1/3以上の借入が可能です。


    今よりも確実に契約条件が良くなる可能性が高い

    「貸金業法に基づくおまとめローン」は、今の借入条件よりも利用者にとって一方的に有利である貸付条件での貸付が義務付けられています。


    そのため、現在契約している最低の金利と同率またはそれ以下になるので、現状の契約条件よりも良い条件で借入することが可能です。


    消費者金融の年18.0%で借り入れをしているのであれば、アイフルおまとめローンの金利上限は年17.5%なので、今よりも確実に契約自体の条件が良くなります。


    返済のみのローンだから確実に元金を減らせる

    アイフルのおまとめローンの存在意義は「借金返済の為の一助となる」ことです。


    そのため、おまとめローンを利用した場合は、返済のみを進めていくことになります。


    新たな融資を受けることはできませんので、新たな融資をもう受けたくないけれど誘惑に負けてしまう…という人には、ぴったりの条件で融資を受けることが可能です。


    契約を見直してもらえれば新たに融資が受けられる

    元金がある程度減り、融資をそろそろ受けたいと考えている場合は、契約内容を変更し限度額の範囲内で融資と返済を行えるようになります。


    総量規制の範囲内の残債になれば、いざという時に数万円ほど借りれるようにしておきたいという人は契約条件の変更が可能です。


    ただし、新たに融資を受ける場合には再度審査を受ける必要がありますので注意してください。


    口座振替でATM経由で返済する必要がない

    口座振替での返済ができるので、返済日が来るたびにATMでお金を振り込む必要はありません。


    また、完済までの期間も決まっているので、管理も楽に行うことができます。


    毎月ATMで現金を入金するという手間がかからない上、手数料を支払う事もないので、口座振替で支払いができるのは楽です。

    もちろんATM経由でも返済ができます。

    デメリット

    毎月の返済額自体はそこまで減らない

    おまとめローン利用しても毎月の返済額が半分以下に圧縮されることはほとんどありません。


    圧縮できたとしても、今の返済額の15%程度の圧縮であるため月々の返済額を抑えたいという人は、10年返済を選択する必要があります。


    ただし、10年返済を選択した場合は元金の約7割増しの返済額となってしまい、低金利のメリット自体が薄れてしまいます。


    年3.0%より低い金利のローンはまとめる事ができない

    まとめることができるローンは、年3.0%以上の契約の金利です。


    これ以下のローンはまとめることができないので、一本化することはできません。


    仮に年3.0%よりも低い金利で融資を受けている場合は、その業者へ借り換え目的の増枠依頼をした方が得策であると言えます。


    通常のキャッシングローンへ切り替えると金利が上がる

    残債が減って新たに融資を受けたいという場合は、契約をおまとめローンからキャッシングローンへ切り替えることが可能です。


    この場合は、新たに限度額を設けてもらうため再度審査を受ける必要がありますが、おまとめローンからの契約から戻すと金利は継続でなく、金利が上がります。


    完済するまでおまとめローンの契約は継続するので、いつでも借り入れができるようにしたいという場合は、利用しているクレジットカードに数万円のキャッシング枠を付けてもらうか、より低金利な銀行カードローンへ小枠の融資をしてもらう方が得策だと考えています。

    本気で借金を完済したい!という人にはおすすめのおまとめローン

    返済に対し、5年以内の期間で返済したいという人は、アイフルのおまとめローンはおすすめです。


    ただし、このおまとめローンというものは、返済を今の状態よりも楽にするというよりも、確実に借金を減らす事を重視しているローンです。


    返済総額が上がっても、とにかく毎月の支払金額を圧縮したいという人には向きませんので、理解した上で利用を検討してください。


    また、借入総額が250万円を超える場合は、5年〜10年の返済を選ぶ人が多く、毎月の返済額は4万円以上になります。


    毎月4万円以上支払うのは厳しいという人は、返済期間が10年を超えるのを覚悟で毎月返済額の少ない業者を選ぶか、債務整理をしたほうが得策である場合もあります。


    多少の期間は我慢してでも、本気で完済したい人はおまとめローンを利用しましょう!


    返済

    増額、アイフルを含め70万金利16.5%毎月幾らですの?今いち計算方法わかりません……

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ