一切の郵送物が届かないテクニックとおすすめ業者

キャッシングしたいけど、郵送物なしで利用したい

更新日:

このページでは、キャッシングを行いたいけど、郵送物なしで行いたいという人ために、一切の郵送物なしで利用する方法と郵送物なしでの融資に対応したゼニエモン一押しの業者についてを解説しています。


現状はキャッシング業者であっても、郵送物なし専門という業者はなく、やり方を知らない場合は、郵送物が届く可能性も高いので、利用するには、知っておきたい4つのポイントがあります。


また、それらのポイントを活用した郵送物なしで融資を受けることが出来るおすすめ業者を個別に解説していきますので、絶対に家に郵送物が届かない事を希望している人は是非このページを参考に選んで下さい。


郵送物って基本的に何が届く?

キャッシングを利用する際に郵送物として届くのは、以下のものが届きます。届くものと回避する為のテクニックを紹介します。


申込時に届くもの
  • 申込書類一式

回避する方法

申込で、郵送で手書きの申込書類を自ら取り寄せを行わない限り、これに対して特に気にする必要はありません。現在は、この申込方法自体、時代遅れである上、業者側も推奨していません。


郵送での申込でなく、必ずインターネットからの申し込みを行うようにしましょう。


郵送での申込とインターネットでの申込はどちらが正しいのか比較画像


契約後に届くもの
  • 契約書書
  • 利用規約書
  • ATMを利用するためのカード

回避する方法

最も、郵送物が届く可能性が高いものがこの契約後に送付されてくる書類の受け取りです。これを簡単に解決する為には方法は2つあり、1つは自ら取りに行く方法で、もう一つが、条件が合えば郵送物なしでの融資を受けることが出来る業者を利用するという方法となります。


このどちらかを行わなければ、必ず申込者の自宅に契約書と利用規約が書面で届くのでこちらを回避しなくてはなりません。こちらの方法については業者毎に方法が異なるため、以下のおすすめ業者の解説で、個別に説明をしています。


契約書とカードが届かないようにするには自ら取りに行くか対応業者を選ぶかどちらか


キャッシング利用後に届くもの
  • 利用明細書

利用明細書に関しては、中小の消費者金融を選ばない限り、ATM利用時に発行されるレシートと、会員画面へログイン後の利用履歴等の契約がデフォルトになっており、明細書を送ってくれとお願いしない限り届く事はありません。


契約後に届くもの
  • 業者からのダイレクトメール

銀行カードローンを利用すると、ダイレクトメールで銀行からサービス変更や、キャンペーン情報などがハガキとして届くことがあります。こちらはダイレクトメールの送付を断れば届かなくなるため、申込時にダイレクトメールの断り欄にチェックを入れて申込を行うか、契約後に電話で一報を入れるだけで届かなくなります。


郵送物なしで申込みをする際に注意すること

Webで完結する形の申込みをすることで郵送物なしで契約を進めることはできますが、下のポイントをしっかり抑えられている状態で申込みをする必要があります。


いざ申し込みをする時に焦らないようしっかり確認しましょう。


提出書類の用意

Webで完結させる場合、手元に提出書類が揃っていないと手続きを進めることができません。


基本的には本人確認書類と収入証明書となります。


本人確認書類の例


できれば顔写真付きのものが好ましいです。


もしも顔写真がついていない本人確認書類だと、住民票や年金手帳、公共料金領収書など複数の書類が必要になる可能性が高いです。


また、収入証明書は源泉徴収票か確定申告書、または給与明細の直近2ヶ月分などが一般的です。


収入証明書の例


自分の持っている銀行口座が対応しているか確認

Web経由のみで手続きを終わらせるものは口座振替の登録が契約時に一緒に行うことがほとんどです。


そのため、手元に銀行口座の通帳とキャッシュカードを用意してから申し込み手続きを開始してください。


また、口座に関してもカードローンによっては対応口座の数が少なかったりすることもあるのでが必要です。


例えばSMBCモビットでWEB完結申込をする場合は三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座のみ対応するので、もしもこの3つ口座の中で一つも持っているものがないとしたらSMBCモビットからWEB完結申込をするのは難しいということになります。


プロミスやアイフルはその点、対応口座が多いので比較的口座登録に自由がききます。


申し込み方法で「カードレス」「カード不要」などの選択をする

申し込みの手続きをする時に必ず「カードレス」や「カード不要」という選択肢を選んでください。


もしカードの発行を希望するという形で進めてしまうとカードが自宅へ届いてしまうこととなります。


それじゃ意味ないですよね。


というかカードが無い状態でどうやって借りるの?と疑問に感じる人もいるかと思うので、少し紹介しますと、最近は専用アプリを利用することでATMの取引ができるようになっています。


アプリローンと呼ばれるものですね。


この方法を使うことで契約書などのだけでなく、実際に取引をする時に必要だったカード自体もなくしてしまうことができます。


郵送物なしのおすすめキャッシング業者

以下は、ゼニエモンが郵送物が届かずに利用出来る業者を厳選し、おすすめ順にランキング化したものです。このランキングの中に郵送物が届かない設定が出来ない、又は届く可能性の高い、以下のカードローンや消費者金融は除きました。


  • インターネットバンキングのカードローン
  • 全国対応の中小消費者金融
  • 店舗へ直接行けない銀行カードローン
  • 信販会社のカードローン

以下のランキングの業者は、郵送物なしで、即日融資に対応した業者のみ掲載しています。個別の手順の解説をよく読み利用されてください。


SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 プロミス

プロミスのバナー画像


郵送物なしにするには

契約時に「カード不要」を選択

WEBで申し込みをした後に審査が行われ、メールや電話でプロミスから連絡が入ります。


その後返済方法を「口座振替」で契約を進め、「カード不要」を選択すると郵送物が一切送られることなく手続きを完了させることができます。


もしもどうしてもカードが欲しいという方はカードを無人契約機で受け取るということを伝えればカードの郵送を防ぐことができます。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20歳〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能



アイフル


郵送物なしにするには

カードの受け取り方法を「カードレス」に選択

アイフルもプロミスと同様にカードレスで契約を進めることで郵送物が届くことなく手続きを完了させることができます。
カードが欲しいという方は無人契約機で受け取るという選択も選べますので、郵送にはせず無人契約機経由で受け取るようにしましょう。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1,000〜800万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
元利定額リボルビング返済方式
ネット上のみで完了
※一部提携のATM.CDでは10,000円からです


SMBCモビット


郵送物なしにするには

WEB完結を利用する

SMBCモビットもWEB完結での契約は可能なのですが、会社発行の健康保険証を持ち、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の銀行口座が必要という条件があります。
もしも条件を満たせない場合はWEB完結で進めることができないので注意しましよう。


カードと契約書の受け取りを契約機で受け取る

仮審査完了後の連絡時に、カードと契約書の受け取りを無人契約機として選ぶようにしてください。ただし無人契約機の店舗数が少ないので、WEB完結の条件に該当しない人は、プロミス、アイフルを選んだほうが店舗数が多いのでそちらを選ぶのがおすすめです。


※小さいことではありますが、無人契約機の中でも20分程度かかりますが、モビットの無人契約機はスペースが狭く椅子もないので、個人的な理由ではありますが、無人契約機での契約はおすすめ出来ません。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年20.0%(実質年率) 年齢20歳〜69歳※2 借入後残高スライド
元利定額返済方式
ネット上のみで完了

※審査結果によっては希望に添えない場合もあります!

※2安定した収入のある人に限ります!





紹介したおすすめカードローンは全部カードレス契約に対応!

今回ご紹介したプロミス・アイフル・SMBCモビットのカードローンはどれもWEBからのみで申し込みを完了することができ、カード自体もなくすことができるので郵送物全く送られることなく手続きを進められます。


しかし、SMBCモビットだけに関しては対応する口座が限られているので、もしも条件にWEB完結の条件に当てはまらない場合はプロミスやアイフルに申し込みをするのがおすすめです。


WEB完結型はちょっと用意が必要だけどそれだけの価値はある

WEB型の申し込みは申し込みをする時に口座情報や本人確認書類、収入証明書などを揃える必要があるので若干手間と言えば手間です。


しかし、郵送物を完全になくすこともできますし、一度書類を用意してしまえばスマホから写真を取って送信するだけなので、あくまでも面倒なのは本当に最初の書類を揃えるところだけです。


絶対に家族にはバレたくないなどの事情がある方は、多少苦労をしてもWEB完結型を選ぶ価値はあります。


アプリで取引を行うカードレスで契約をすれば財布にカードを入れる必要もないので、ちらっと財布の中を見られた時にバレるなどもなくなりますし、カードを無くしてしまったなどの紛失問題も解消されます。


単純に「郵送物をなくしてバレずに借りたい」というメリットだけではなく、通常用途という視点からもとしてもカードレスの取引はおすすめです。



郵送物を完全になくすためのポイントをおさらいすると「WEBで完結するタイプの契約を選ぶ」ということです。
カードを無人契約機で受け取ることで確かに郵送物はなくすことができますが、周りにバレる可能性をできるだけ減らしたいならカードレスでの契約がおすすめです。
もしも支払いの時に財布の中がチラッと見えてカードローンのキャッシュカードが見えたらそれでバレますもんね。
「カードローン」というくらいですからカードを使ってキャッシングをするというのが今までの考えでしたが、最近はそのカードすらなくなっているのが主流です。
それに伴って、各社がネットやアプリのサービスを充実させようという動きが強いため、ユーザーとしては最終的にメリットが前よりも大きくなっています。
これから新規で契約をする時は是非カードレスで契約をしてみましょう。





ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン お問い合わせ