じぶん銀行カードローン

掲載日:
更新日:

じぶん銀行カードローンのバナー画像


このカードローンに向いている人

  • じぶん銀行口座を持っている人
  • 急いで借入をしたい人
  • 5万円〜10万円の少額融資を希望している人
  • 毎月の負担を小さく抑えたい人

このカードローンに向かない人

  • じぶん銀行口座を利用していない人
  • 低金利でカードローンを利用したい人
  • 20万円以上の借入を希望している人
  • 中長期的な返済になりそうな人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
2.1%〜17.4%(auユーザーは0.1%優遇) 10万円〜800万円 最短即日 無し 必要 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年18% 満20歳以上70歳未満 元利定額返済方式 ネット上のみで完了



このページでは、じぶん銀行カードローンについて、徹底調査、詳しく解説していきます。

じぶん銀行は、KDDIと、メガバンクの三菱東京UFJ銀行が半分づつ出資して出来たネット銀行でWEB上のサービスが充実しているのが特徴です。

じぶん銀行のキャッシュカードを持っている人は、本人確認書類の提出ナシ、即日振込での融資を受けることもできるので、迷わず決めても良いカードローンだと考えています。

公式HP以上に深く掘り下げた、濃い情報をお届けしますので、借入先に悩んでいる人、じぶん銀行カードローンについて気になる点がある人はぜひ参考にしてみてください。

少し長くなってしまっているので、借入を急いでいる、あまり時間に猶予がない人は次の目次から自身の気になるポイントをピックアップしてもらえれば幸いです。


  1. じぶん銀行ネットカードローンへの申込条件
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. じぶん銀行カードローンを利用して最短即日で借入する方法
  4. 在籍確認について 勤務先に電話はかかる? 
  5. 金利と借入限度額について
  6. 借入方法・利便性について
  7. 毎月の返済額と返済方法について
  8. メリット・デメリットとまとめ
  9. じぶん銀行カードローン利用者の口コミ

じぶん銀行カードローンへの申込資格がある人


じぶん銀行カードローンへの申込資格はつぎのようになります。

  • 申込時の年齢20歳以上70歳未満の人
  • 安定継続した収入がある人
  • 保証会社SMBCアコム鰍フ保証を受けられる人

属性

じぶん銀行カードローンに申込可能な属性


安定継続した収入があるコトが申込の条件となり、
アルバイト・パートの人も申込可能です。


配偶者に収入のある専業主婦、アルバイトをしている学生、
年金受給者も申込可能と、じぶん銀行カードローンは、
属性による申込の制限が少なく、
多くの人が利用可能となっています。

契約時に用意しておく必要がある書類


じぶん銀行の口座をすでに持っている人と、
持っていない人でじぶんローンを利用する上で
用意する書類は異なります。


じぶん銀行口座をすでに持っている場合

次の条件を満たす人は、

  • じぶん銀行の口座をすでに持っている
  • 借入したい金額が50万円以下


じぶん銀行口座を持っていない場合

じぶん銀行の口座を持っていない人は、
必ず本人確認書類の提出が必要となります。


じぶん銀行カードローンの本人確認書類の画像


じぶん銀行カードローンでは、本人確認書類をスマホで撮影、
そのままWEB上でアップロードすることが可能です。


郵送での手続きが不要となるので、
申込時の手間が省け、契約完了までの時間も
大幅に短縮することができます。


収入証明書の提出が必要になる場合も!

契約するまでに必要な書類で、収入証明書を提出が必要になることもあります。
明確にどういった条件なら必要であるという事はありませんが、50万円を超える融資を希望していたり既に他社から融資を受けている場合は必要になる事が事例として多くなっています。


給与所得者の収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 住民税課税決定通知書
  • 住民税課税証明書
  • 給与明細(直近3カ月分)

個人事業者の収入証明書

  • 確定申告書※税務署受付印のあるもの

これらの書類が収入証明書として認められます。
収入証明書の提出はWEB上でアップロードするコトができず、
必ず郵送でコピーの提出となるので、口座をすでに持っている人でも、
300万円を超える借入限度額となる場合、即日での借入は不可となります。


銀行カードローンも総量規制の対象に

2017年4月から、銀行カードローンのルールが大幅に変更となり、
銀行の取り扱うカードローンも総量規制の仕組みを自主規制として
取り入れる動きとなっています。


ですので、じぶん銀行カードローンでも、
50万以上の借入を希望する場合、
他社の借入額と今回申込の希望額の合計が100万円を超える場合、
収入証明書の提出が必要となる可能性もあると考えておくコトを推奨します。

じぶん銀行カードローンを利用して即日で借入する方法



じぶん銀行ローンセンターに電話、直接聞いてみました!


じぶん銀行カードローンは、口座の開設ナシで利用可能、
本人確認書類の提出がWEB上でアップロード可能と
なっているので、口座を持っている人も、持っていない人も
最短即日での借入も可能とのことでした。


申込から借入までの流れは次のようになります。


じぶん銀行カードローンの最短即日融資を受ける方法


じぶん銀行カードローンは、PC・スマホから24時間365日申込可能、
WEB上で全ての手続きを完結することができ、最短即日での借入も
可能となっています。


次の3つのポイントが即日融資に有利な点となります。


じぶん銀行カードローンは審査スピードが早い

じぶん銀行カードローンは保証会社が消費者金融のアコム
ということもあり、審査スピードはかなり早く、即日での審査回答が可能です。


銀行カードローンでは、土日は審査を行っていないコトが多いのですが、
じぶん銀行カードローンは土日も審査、即日での回答も可能となっています。


WEB上で契約手続きまで完結できる

「即日審査回答」このようなカードローンは多く存在しますが、
審査結果が最短即日でも、契約手続きが郵送のみでの対応で、
結局、契約完了までに1週間前後かかってしまうというパターンもあります。


じぶん銀行はネットバンキングということもあり、
WEB上のサービスが非常に充実、
申込から契約手続きまで全てをインターネット上で、
申込をしたその日のうちに完結することも可能となっています。


ローンカード受け取り前の振込融資が可能

通常カードローンでは、契約後1週間前後で自宅へ郵送される
ローンカードを利用して借入を開始することになるのですが、
じぶん銀行カードローンは契約後に、指定口座への振込融資も
可能です。


この指定口座は、じぶん銀行以外の口座でもOK、
振込手数料は無料です。


じぶん銀行カードローンの振込融資について


土日の申込で即日振込融資が可能なカードローンはあまり多くありません。


じぶん銀行の口座を持っていて、
急いでお金を借りたいと考えている人には、
かなりうれしいメリットになります。


口座を持っていない人でも、最短即日の振込融資も可能という点も、
十分大きなメリットにはなるのですが、
土日・祝日に即日での借入をしたい!切羽詰まっている!
というような人は、以下カードローンの利用を推奨します。


自動契約機でローンカード発行が可能なことにより、
即日での借入が出来る可能性が非常に高いカードローン一覧となっています。


土日・祝日も審査回答即日での借入が可能なカードローン一覧

業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
アコム 8:00~22:00(一部店舗異なる)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)


ほとんどのカードローンが即日での借入をするには、平日の午前中の申込が必須条件となり、午後からの申込になってしまった場合、即日での借入が出来る可能性は一気に低くなります。

ここで紹介しているカードローンは、自動契約機でローンカードの発行、ATMでの借入という流れで利用できるので、夕方以降、土日・祝日の申込でも即日での借入が可能となります。

じぶん銀行口座を持っていない人で、借入を急ぐ場合はこれらのカードローンの利用を推奨します。

じぶん銀行カードローンの在籍確認はどうなってるの?


カードローンを利用するには、どこのカードローンでも在籍確認が必須項目となります。


じぶん銀行カードローンでも同様で、在籍確認をクリアしないことには、
審査結果通知のメールは受け取ることができず、即日での借入はできません。


じぶん銀行カードローンの在籍確認は以下のタイミング、内容で
勤務先に電話がかけられることになります。


じぶん銀行カードローンの在籍確認について


在籍確認の電話は、申込をした本人が電話に出る必要もありませんし、
仮に、自分以外の人が電話に出た場合も、
「カードローンの在籍確認の為に電話しました」などと
伝えられることは絶対にないのですが、


銀行名で電話がかかってきたらなんだか怪しまれそう、
できれば自分が電話に出て在籍確認を終わらせたい、


どうにかなりませんか?というお問い合わせをいただく事も
多くあります。


以下、2つの項目をじぶん銀行ローンセンターに電話をして
問い合わせてみました。


銀行名を名乗らずに電話をかけてもらえませんか?


じぶん銀行カードローンの在籍確認は、
審査担当者の個人名でかけてもらうことも
可能とのことでした。


個人名で在籍確認してもらう方法


在籍確認の電話の時間指定ってできますか?


勤め先が少人数だし、普段自分宛に電話がかかるコトもないので、
自分以外の人が電話に出ると怪しまれそうなんで、
在籍確認の電話を指定した時間にかけて貰えませんか?


このような内容で問い合わせてみたのですが、
勤め先への電話連絡のタイミングは、申込の内容、審査の進行具合で変わる為、
時間の指定はできませんし、電話での在籍確認は必須項目となるとのコトでした。


自身の勤め先に在籍確認の電話がかかるコトが
どうしても不安に感じる人は、以下のカードローンの利用を
検討してみる事をオススメします。


書類提出で在籍確認をクリアできるカードローン一覧

実は、勤務先への電話連絡ナシでも利用可能なカードローンもあります。


本当に書類でも在籍確認OKなのか、
当サイトの管理人ゼニエモンが実際に検証もしてみました。

業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
モビット 未検証
三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た
新生銀行カードローン レイク △※審査次第で書類提出可 未検証

会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することで在籍確認を
クリアできるのですが、この提出書類は各カードローンにより異なり、

  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類が在籍確認に必要な書類となることが多いです。

じぶん銀行カードローンのスペックを徹底調査してみた!

じぶん銀行口座を持っていない人でも最短即日で借入可能と、融資までのスピードがかなり早い銀行ネットじぶん銀行カードローンですが、ここからは金利や借入限度額・借入、返済の方法・毎月の返済額などのスペックを徹底調査、解説していきます。

じぶん銀行口座を利用している人が享受できるメリットも多数ありますのでぜひ参考にしてみてください!


金利と借入限度額について


じぶん銀行カードローンは、
借入限度額10万円〜800万円、
金利2.2〜17.5%と設定されています。


下限金利が2.2%とめちゃくちゃ低いですし、
auユーザーなら金利が最大0.5%引き下げられるサービスもあり、
かなり低金利で借入できそうな印象をうけますが、
次の表をみて下さい。


じぶん銀行カードローンの借入限度額と適用金利

借入限度額 適用金利
10万円~100万円 13.0~17.5%
110万円~200万円 9.0~13.0%
210万円~300万円 7.0~9.0%
310万円~400万円 6.0~7.0%
410万円~500万円 5.0~6.0%
510万円~600万円 4.5~5.0%
610万円~700万円 3.5~4.5%
710万円~800万円 2.2~3.5%

適用金利は借入限度額ごとに設定され、
借入限度額は審査によって決められ、
金利2.2%が適用されるのは、借入限度額が
710万円を超えた場合のみとなります。


初めてカードローンをする場合、ほとんどの人が、
借入限度額は100万円以下になります。
つまり、上限金利、もしくはそれに近い金利が適用されるというコトです。


銀行カードローンでは上限金利14%前後が平均的な水準となり、
じぶん銀行カードローンの上限金利17.5%は、かなり高めで、
消費者金融並みの金利となります。


auユーザー限定の金利引き下げサービスは、
0.5%の金利引き下げが適用されるのは、借り換えコースのみで、
通常のカードローン利用では、引き下げ金利は0.1%となります。


5〜20万円程度の借入を希望している、短期間で完済予定であれば、金利の差は支払う利息に大きく影響しないのですが、借入したい金額が30万円以上、返済期間が長くなると、金利の差が支払う利息に与える影響は大きくなります。

ですので、じぶん銀行カードローンは、少額・短期間の借入を希望している人に利用を推奨できるカードローンだと言えます。


借入方法と利便性について


じぶん銀行カードローンの借入方法は、

  • ローンカードを利用したATMでの借入
  • 指定口座への振込での借入

この2通りの方法が用意されていて、かなり利便性が高いです。


ローンカードを利用したATMでの借入

まずローンカードを利用したATMでの借入ですが、
コンビニATMも利用可能で、利用時間・利用回数に
関わらず、原則24時間365日手数料無料で借入することができます。


じぶん銀行カードローン利用可能ATM
※毎週月曜1:00〜5:00、毎月第2土曜日21:00〜翌7:00は除く


指定口座への振込融資

ほとんどのカードローンで振込融資は初回のみとなるのですが、
じぶん銀行カードローンでは2回目以降の借入時も振込融資が利用できますし、
じぶん銀行口座を持っていない人も利用可能となっています。


振込融資の依頼は、ローンセンターに電話もしくは、
「じぶんローン取引サイト」にログインすることで、
インターネット上での依頼も可能です。


振込手数料は無料で、便利なサービスですが、振込反映は翌日となってしまうこともあるので、
借入を急いでいる場合はローンカードでの借入がオススメです。


返済方法と毎月の最低返済額について


じぶん銀行カードローンはの返済方法は、

  • ローンカードを利用したATMでの返済
  • 口座からの自動引き落としでの返済

この2通りが用意されていますが、口座からの自動引き落としは、
じぶん銀行の口座を利用している人のみ利用可能です。


ローンカードを利用したATMでの返済

借入時と同様でATMの利用手数料は無料で、
いつでもATMを利用した返済が可能です。


返済日は「期日指定返済」と「35日ごと返済」の
2つから選択可能で、「期日指定返済」の場合、
返済日は契約時に自由に選ぶ事が可能です。
※返済日が銀行休業日の場合翌営業日となります。


期日指定返済を選んだ場合、指定日の15日以上前の返済は、
追加での返済とみなされるので注意が必要です。


期日指定返済選択時の注意点


約定返済期間は、返済期日から14日前までとなります。


口座自動引き落としでの返済

じぶん銀行の口座を利用している人は、
口座からの自動引き落としでの返済を選択するコトを
オススメします。


  • 返済日を自由に選択できる
  • 返済忘れのリスクを低く抑えることができる

このようなメリットに加え、じぶん銀行カードローンならではのサービス、
「定額自動入金サービス」がメチャクチャ便利です!


じぶん銀行の定額自動入金サービス


じぶん銀行はネットバンクということもあり、
給与振り込み先や預金口座として利用している人は少なく、
通常であれば返済日までに、給与振り込み先口座から、
じぶん銀行口座へお金を動かす必要が出てきます。


この「定額自動入金サービス」を一度登録しておけば、
毎月自動的に手数料無料で、他行からじぶん銀行へ
預金を動かすことができるので、毎月の振込での手続きや
ATMでの手続きを省略するコトが可能となります。


ただし、引き落とし日は毎月6日もしくは26日のどちらか、
じぶん銀行に入金されるのはこの4営業日後ですので、
返済日の設定をする際は、この点には注意が必要です。


じぶん銀行カードローンは最低返済額がメチャクチャ低い!

じぶん銀行カードローンの毎月の返済額は、
返済日の借入残高により決定され次の表のようになります。


返済額は適用金利によって異なります。


※()内適用金利

借入残高 返済額(9%以下) 返済額(13%以下) 返済額(13%超)
10万円以下 1,000円 1,500円 2,000円
10万円超~20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万円超~40万円以下 4,000円 6,000円 8,000円
40万円超~50万円以下 5,000円 7,500円 10,000円
借入残高10万円増すごとに 1,000円追加 1,500円追加 2,000円追加

返済額が最も高く設定される適用金利13%超の場合でも、
10万円以下の借入であれば返済額は2,000円とかなり低めの
返済額となります。


返済額が低いコトは、毎月の負担が少なく済み、
余裕を持った返済が行えるというメリットになるのですが、
その分、返済期間の長期化、支払利息の増大といった
デメリットにもなり得ます。


以下、返済シュミレーションをみて下さい。


じぶん銀行カードローンの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 17.5% 87回 2,000円 75,306円
15万円 17.5% 112回 4,000円 120,484円
20万円 17.5% 145回 4,000円 206,130円
30万円 17.5% 185回 6,000円 358,578円
50万円 17.5% 249回 10,000円 729,438円

じぶん銀行カードローンで50万円を借入、最低返済額のみで返済を続けると、
完済までには約20年、支払う利息は72万円にも昇ります。
ゾッとする年数と金額です。


あれ?
50万円借りて、毎月10,000円返したら、もっと早く完済できる気がするんだけど、、。

計算おかしくない?


確かに、毎月10,000円の返済を続けた場合、完済までの返済回数は約90回、
支払う利息は約40万円に抑えることができるのですが、
じぶん銀行カードローンの毎月の返済額は、次のように変化していきます。



50万円を借入、毎月10,000円口座から自動的に引き落とされていたものが、
40万円まで借入残高が減った段階で8,000円、30万円で6,000円とだんだんと
返済額が引き下げられていきます。


返済額の引き下げは自動的に行われます。
口座引き落としでの返済を選択した場合、気づかないうちに、返済が長期化、
支払う利息の増大ということになってしまう可能性が高くなります。


金利17.8%と、じぶん銀行と近い金利が上限金利とされている
プロミスで同じ金額を借入した場合の返済シュミレーションを行ってみました。


プロミスの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 17.8% 32回 4,000円 26,316円
15万円 17.8% 32回 6,000円 39,484円
20万円 17.8% 32回 8,000円 52,676円
30万円 17.8% 36回 11,000円 89,345円
50万円 17.8% 58回 13,000円 248,998円

ほぼ変わらない金利なのに、
最終的に支払う利息は、随分とプロミスの方が低く抑えられます。


プロミスは、借入した時の残高で、最低返済額が決められ、
追加の借入をしない場合、最初から最後まで一定の金額で
返済を続けることになります。


じぶん銀行カードローンでも、毎月の最低返済額に加えて、
ローンカードを利用したATMでの追加返済を行うことで、
返済期間の短縮ができ、最終的に支払う利息は低く抑えることができます。


ただ、決められた金額以上にお金を返すという行為はなかなか心理的に難しいです。


特にATMでの返済は口座引き落としと違い、手元にある現金を入金することになるので、
余計にです。


じぶん銀行カードローンは、

  • 少額融資を希望していて、短期間もしくは一括で完済予定の人
  • 自己管理がしっかりでき、決められた金額以上の返済を継続的に行える人

このような人に利用を推奨できるカードローンです。


それ以外の人は、
借入時から完済まで最低返済額が変わらないプロミスや、
借入残高50万円以下は一律10,000円、100万円以下20,000円と設定されている
みずほ銀行カードローンなどといったカードローンの方が向いていると考えられます。


じぶん銀行カードローン利用のメリット・デメリット


じぶん銀行カードローンについて、徹底調査、解説してきましたが、
最後にこのカードローンを利用するメリットとデメリットを簡潔にまとめました。


メリット

申込から借入までWEBで完結!即日融資も可能!

PC・スマホから申込することで、WEB上で契約手続きまで完結、
振込融資に対応しているので、最短即日での借入も可能です。


書類の提出ナシで申込可能!

じぶん銀行の口座を持っている人のみ享受できるメリットですが、
口座開設時に本人確認書類の提出が完結しているので、
カードローン申込時には本人確認書類の提出は不要です。


コンビニATM利用手数料無料!

セブン銀行やローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMが、
原則24時間365日手数料無料で利用可能です。


返済遅れのリスクを低く抑えられる

・じぶん銀行口座からの自動引き落とし
・定額自動入金サービス
・最低返済額が低い


じぶん銀行の口座を持っている人は、
返済遅れによる遅延損害金発生のリスクを
メチャクチャ低く抑えることが可能です。


デメリット

金利が高い!

金利は消費者金融並みの高さとなっています。


少額・短期間の借入であれば、支払う利息に大きな影響はありませんが、
20万円以上の大きい金額の借入を考えている人には、負担が大きくなってしまいます。


インターネットからしか申込できない!

ジャパンネット銀行は、インターネットバンキングですので、
窓口に来店して申込することはできません。


PC・スマホの扱いが不慣れな人は、不便に感じてしまう事が多くなってしまいます。


返済期間の長期化・支払利息の増大化

毎月の最低返済額がかなり低めの設定となっているので、
返済期間が長期化、その分、支払う利息が大きくなります。


20万円以上の借入時には特に注意が必要です。

まとめ

じぶん銀行カードローンは

・じぶん銀行の口座をもっている
・少額短期間の借入を希望している
・借入を急いでいる
・WEB上で手続きを完結させたい

これらの条件にあてはまる人には、享受できるメリットが大きくかなりオススメなカードローンです。

ただ、銀行カードローンの中ではかなり金利は高めに設定されているので、20万円以上の借入を希望している人、中長期的な利用になりそうな人は、例えじぶん銀行の口座を持っている場合でも、みずほ銀行や三井住友銀行といったメガバンクの取り扱っているカードローンの比較・検討をしてみることを推奨します。



口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ