ローソン銀行カードローン

掲載日:

ローソン銀行のバナー


ローソン銀行のカードローンは借入金額が最大でも20万円となっているため、少額利用を考えている方が融資の対象となります。


ローソン銀行のカードローンを利用するためにはクレジットカードを作る必要があるため、純粋にカードローンを使いたいという方より、ついでにクレジットカードも1枚作りたかったという方におすすめです。


利便性に関しては24時間365日取引が可能ということもあるので、生活圏内にローソンがある人にとっては大きなメリットがあると言えるでしょう。


このカードローンに向いている人

  • 20万円以下の融資を希望する人
  • 金利は気にせず使いやすさを重視したい人
  • カードローン付きのクレジットカードを持っても良い人
  • Pontaポイントを貯めている人

このカードローンに向かない人

  • 20万円以上の融資を希望する人
  • カードローンの金利が気になる人
  • クレジットカードは持ちたくないと思っている人
  • Pontaポイントを貯めていない人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
14.95%〜17.95% 0円〜20万円 最短3営業日 無し 不要(クレジットカード発行は必要) 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
14.55% 日本国内在住の18歳以上、本人または配偶者に安定した収入がある方 三菱UFJニコス 不要




ローソン銀行クレジットカード ローソン Ponta プラスへの申込条件

ローソン銀行でカードローンを利用するには、キャッシングまたはカードローン付きのローソン Ponta プラスへの申込みが必要となります。


クレジットカード ローソン Ponta プラスは年会費無料のクレジットカードなので、年会費を毎年気にしなくて済みます。


ローソン銀行のカードローンは、クレジットカードであるローソン Ponta プラスに申込を行い、本カードが手元に届いてからの利用可能となるので「カードローンではなく、クレジットカードに申込む」といったイメージになります。


なので、「カードローンを利用したいのにクレジットカード発行なんて面倒」と感じた人や「新しいクレジットカードは必要ない」という人には向いてません。


あくまで「クレジットカードにカードローンが付いているなんて便利!」とか、
「クレジットカードで少額のカードローン使えるんだ!」という使い方に対してプラスに考えられる人向けになっています。


 <申込条件>

  • 満18歳以上であること
  • 本人または配偶者に安定した収入があること
  • 日本国内在住であること

属性


ローソン銀行カードローンへの申込可能な属性



申込条件は国内在住の満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入があれば申込できます。


自営業や派遣社員、アルバイト、パートでも審査対象となっているので申込しやすさはあります。ただカードローンの限度額が20万円となっているので、専業主婦、アルバイト、パートの人はMAXで利用するのは難しいということだけは理解しておきましょう。


あくまでクレジットカードにカードローンが付いているから、困ったときに使えるね! という考えでいた方がいいでしょう。


カードローンだけを利用したいという人は、利用している銀行のカードローンやアコムといった消費者金融のカードローンを検討してみる方が良さそうです。


すぐに結果を知りたい人はEメールアドレスを登録しよう

発行は最短3営業日ですが、審査結果はハガキ、または登録したEメールアドレスになります。


どちらにしても審査が通っていればクレジットカード ローソン Ponta プラスの発送準備にとりかかっていますが、すぐに結果を受け取りたいという人はEメールアドレスを登録するのがおすすめです。


ローソン Ponta プラスとは?

年会費無料のクレジットカードで、国際ブランドは世界200以上の国と地域、約3,800万の加盟店で使えるmaster cardのみとなっています。


ETCカードも年会費は無料ですが、発行手数料1,000円(税別)かかります。


ローソン Ponta プラスを持ってるゼニエモン


大きな特徴は3つ

ローソン Ponta プラス利用でpontaポイントが貯まる

利用の加盟店とポイントの種類 ポイントのあtまり方 ポイントの加算タイミング
ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンでのご利用 お買い上げポイント クレジットカードでのお支払い。100円+税につき200ポイント お支払い完了後にポイント加算
ステージポイント 毎月のカードのご利用額に応じて加算 お支払完了から3〜5日後に加算
MasterCard加盟店利用 クレジットポイント クレジットカードでのお支払い。200円(消費税等含む)につき1ポイント 毎月初旬にまとめて加算

ローソン以外では200円で1ポイント付与ですが、ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンで決済した場合は100円で2ポイントに毎月のカード利用額に応じたステージポイントが0.5から2ポイント付与になります。


Pontaポイントを貯めている人におすすめのクレジットカードです。


スペシャルステージプログラムでさらにPontaポイントが増える!

前月の16日から当月15日までを1か月としてローソン Ponta プラスの利用額によってPontaポイントが加算されます。


ステージは4段階に分かれていて、最上位ステージでは100円(税別)につき合計4ポイント加算になります。


1ヵ月のカードご利用代金 ステージ
80,000円以上

★★★★
4STAR

60,000円〜79,999円

★★★
3STAR

40,000円〜59,999円

★★
2STAR

0円〜39,999円


1STAR


では実際にローソンなどで使った場合のシミュレーションも見てみましょう。


ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンでローソン Ponta プラス決済時の例


1回の利用で加算されるステージごとのポイント
ステージ お買い上げポイント

優遇ポイント
「ステージポイント」

加算される合計ポイント
★★★★(4STAR) 2ポイント 2ポイント 4ポイント
★★★(3STAR) 1ポイント 3ポイント
★★(2STAR) 0.5ポイント 2.5ポイント
★(1STAR) 優遇なし 2ポイント

ステージがワンランク上がる毎に0.5ポイントづつ加算されていく仕組みです。


4STARになるとローソン系列のコンビニで使うと常にポイントが4倍となります。

4STARとなると100円で4ポイントとなるので還元率が倍になりますが、1ヶ月間で8万円以上利用しなくてはいけないため、還元率を一番高い状態で保つのは少し難しいです。
また、40,000円以上利用しないと2STARに上がることができないので、優遇は特に発生しません。
毎月払う固定費などの支払いに使う予定などがステージランクを上げる難易度は下がりますが、小額決済がメインとなるとメリットが少なくなるので注意しましょう。


月額40,000円以上使わないとステージランクが上がらない、100円で4ポイント得るのには月額80,000円以上ってことは、もはやこのクレジットカードをメインカードにする他ない! という感じもします。



注意点

集計のタイミングは支払い方法によって少しずれるので気になる人は確認しておきましょう。


  • 1回払い・ボーナス一括払い:ご請求月に算定
  • 2回払い:ご請求月ごとに分けて算定
  • リボルビング払い・分割払い:初回請求月にまとめて算定

ただし、全ての決済でポイントが貯まるわけではないので、対象外の項目をしっかり確認しましょう。
もしもずっと使ってたのに全然貯まってなかったとなったらすごい凹みますもんね…


ちなみに対象外は下記の項目になります。


ローソン Ponta プラスポイント加算対象外


キャッシング、カードローン利用分と手数料はPontaポイントは残念ながら対象外です。


また、モバイルSuicaの利用分には、年会費や特急券・定期券・グリーン券なども含まれますので、全面的にモバイルSuicaへのチャージでは貯まらないということになります。


ローソンPontaプラスはポイントが貯まるということがメリットとして取り上げられることが多いですが、電子マネー関係のチャージは対象外になることが多いので注意しましょう。


キャッシング(翌月一括払い)からカードローン(元金定額返済)に変更もできる

キャッシングは一括返済ですが、カードローンに変更(あとdeカードローン)にすれば、例えば5万円をキャッシングしたときに、翌月一括払いを1万円+利息で返済していくことができます。


あとdeカードローン01


あとdeカードローン02


あとdeカードローンは毎月15日のカード利用代金締切日を基準としているので、15日までと15日過ぎに申込むとでは適応月がズレます。


15日までに申し込んだ場合は締切日の翌月から支払い開始となり、16日以降に申し込んだ場合は翌々月から支払い開始となります。


あとdeカードローン申し込日による違い 15日より前


あとdeカードローン申し込日による違い 16日以降
支払いのタイミングを1ヶ月後ろにズラしたい方は、利用開始後にあえてすぐにあとdeカードローンの手続きをしないで、15日を過ぎてから申込みをするのがオススメです。


契約からローソン Ponta プラスまでの流れ

ローソン Ponta プラスはローソン銀行の口座がなくても申込みができますが、
支払いは口座引き落としとなるので、他銀行であっても必ず銀行口座が必要です。


オンライン申し込みの場合

  • 商品内容をご確認
  • 各種規約にご同意
  • お客さま情報のご入力
  • オンラインでお支払い口座設定
  • お申込み内容のご確認、完了
  • 審査・結果のご連絡、カードのお届け

郵送の場合

  • 商品内容をご確認
  • 各種規約にご同意
  • お客さま情報のご入力
  • 引落口座選択
  • お申込み内容のご確認、完了
  • 当行業務委託先の三菱UFJニコスから「預金口座振替依頼書」「本人確認書類」のご返送を後日ご依頼
  • 審査・結果のご連絡、カードのお届け

郵送の場合は作業が増えるので申込みからカードの発行までをスムーズに進めたいという方はオンライン申込みを選びましょう。


契約時までに用意が必要となる書類

オンライン口座振替サービスを利用しない場合、犯罪収益移転防止法に基づき、本人確認が必要となるので、事前に準備をしておきましょう。


WEB申込みの場合

本人確認書類(WEB)


WEBからアップロードをする場合は上記の4つのうち一つがあればOKです。


郵送申込みの場合

郵便での申込みをする場合はWEB申込みの時よりも必要書類が多くなってしまいます。


本人確認書類(郵送)01


もし上記の本人確認書類を用意できない場合は書類を2つ提出することになります。


本人確認書類(郵送)02


郵送の方が提出できる本人確認書類申込みの種類は多くなりますが、提出書類の数が増えてしまいます。


公共料金の支払の領収書などはしっかり残す習慣があれば問題ないですが、もし普段からそのような習慣がない場合は提出書類がシンプルなWEBからの申込みがおすすめです。


在籍確認について

在籍確認は審査の一環で、申込者が本当に申告された勤務先へ働いているのかを調査する為に行われるものなのですが、これは申込者の収入の安定性を測る上で非常に重要で、原則どのクレジットカード会社でも必須項目とされています。


基本的には勤務先への電話連絡で申込者が在籍しているかどうかを確認します。


審査の際には以下のような形で電話がかかってくることになります。


ローソン銀行カードローンの在籍確認


勤務先への電話連絡の際に「ローソン銀行の○○です」などといったように銀行を名乗られることはありません。


在籍確認の電話は審査担当者の個人名にて電話はかかってきます。


また、職場の他の人が電話に出た場合でも「○○はただいま席を外しております」「休暇をいただいております」などといった回答で申込者の勤務の実態さえ確認ができればそれで在籍確認は完了できます。


本人が必ずしも電話応対をする必要はありません。


ただし、個人名の電話は取り次がない、会社に電話がつながらないといった場合には在籍確認は完了できないので注意してください。


ローソン Ponta プラスはあくまでカードローンが付いたクレジットカードなので、
クレジットカードの申込をしたという気持ちを忘れずに持ちましょう。


借入方法と利便性について

ローソン Ponta プラスはクレジットカードなため、借入限度額は他のカードローンよりも低めに設定されています。


ショッピング(分割払い・リボ払い) 10〜50万
キャッシング 0〜5万
カードローン 0〜20万円

カードローンが20万円までというのはかなり低めの金額ですよね。
キャッシングも5万円って備えとしては心細い。


ローソン銀行はカードローンが利用できるものの、あくまでもクレジットカードのおまけ機能と考えておいた方がいいでしょう。

融資利率(実質年率) 14.95%〜17.95%
返済方法 毎月元金定額返済
返済期間/回数

利用可能枠の範囲で借入を繰り返すと、残高が変動するため返済期間や回数が変更されます。


【返済例】
借入金額10万円の場合、11ヶ月/11回
借入金額20万円の場合、21ヶ月/21回
借入金額30万円の場合、31ヶ月/31回

担保/補償人 不要
遅延損害金 年率14.55%
資金使途 制約なし(事業資金は除く)

カードローンの使いみちに関しては制約はなく、自由に使ってOKです。


ただし、事業資金としての利用はNGとなるので、気をつけましょう。


そもそも20万円までしか借入ができないので事業資金用として利用する人は少ないと思いますが…


カードローンと言っても融資利率(実質年率)は低くはない

銀行カードローンの上限金利は14%〜15%程度が平均的な水準となるので、ローソン Ponta プラスのカードローン融資利率(実質年率)は特別低いということはありません。


借入方法と利便性について

ローソン Ponta プラスの借入方法は、カードローン機能が追加されたクレジットカードを利用したATMからの出金と指定口座への振込融資のどちらかになります。


またATMで「お借り入れ」は1回ごとに1万円以下の場合:108円(税込)、1万円以上の場合:216円(税込)の手数料が発生します。


振込融資の場合は「会員専用WEBサービス」に登録して申し込むとスムーズで、最短翌営業日に引落口座に指定した銀行口座に入金されます。
振込み名は三菱UFJニコスとなっています。


借入の目的が明確で融資を受けるのは1回限りという人であればさほど気になりませんが、ATMの手数料を考えると利便性についてはあまり高くないと判断されます。


コンビニATMでのキャッシング利用が多くなりそうな人はローソン Ponta プラスよりも上限額が高い「三井住友銀行 カードローン」や「楽天銀行スーパーローン」といったすべての提携ATMの利用手数料が無料とされているカードローンの利用を検討してみる事をおススメします。



返済方法と毎月の最低返済額について


ローソン Ponta プラスの借入方法は、カードローン機能が追加されたクレジットカードを利用したATMからの出金と指定口座への振込融資のどちらかになります。


またATMで「お借り入れ」は1回ごとに1万円以下の場合:108円(税込)、1万円以上の場合:216円(税込)の手数料が発生します。


振込融資の場合は「会員専用WEBサービス」に登録して申し込むとスムーズで、最短翌営業日に引落口座に指定した銀行口座に入金されます。
振込み名は三菱UFJニコスとなっています。


借入の目的が明確で融資を受けるのは1回限りという人であればさほど気になりませんが、ATMの手数料を考えると利便性についてはあまり高くないと判断されます。


コンビニATMでのキャッシング利用が多くなりそうな人はローソン Ponta プラスよりも上限額が高い「三井住友銀行 カードローン」や「楽天銀行スーパーローン」といったすべての提携ATMの利用手数料が無料とされているカードローンの利用を検討してみる事をおススメします。


ローソン銀行クレジットカード ローソン Ponta プラスでお金を借りるメリット・デメリットとまとめ


ローソン銀行カードローンを利用するメリット

配偶者に安定収入があれば専業主婦でも申込みができる
ローソン銀行口座がなくても申込可能
クレジットカードからのキャッシングなので利便性がいい
キャッシング後に一括払いかカードローンとして毎月1万円ずつの返済にするか選ぶことができる
カードローン上限額が20万円なので使いすぎ防止になる


ローソン銀行カードローンを利用するデメリット

カードローンの上限額が20万円と少ない
融資利率(実質年率)は上限17.95%と決して低くはない
カードローンはキャッシング後に会員専用WEBサービスから変更しなくてはいけない
クレジットカードの発行が必要
カードローン利用でPontaポイントは付与されない

ローソン銀行のカードローンはクレジットカードのローソン Ponta プラスに付帯されたサービスとなるので、利用するときはクレジットカードへの申込みが必要となります。
融資利率(実質年率)は14.85%から17.95%でクレジットカードでよく見られるリボ払いの実質年率とほぼ同じなので低くはありません。
クレジットカードを持って、ちょっと足りない時にキャッシングをする。使いすぎてしまったから、キャッシング分は3回払いで返済。という使い方なら良いですが、まとまって30万円必要という人にはハッキリ言って向いていません。
カードローンというよりもクレジットカードのローソン Ponta プラスを使いたいという人におすすめです。



当サイトへ頂いたローソン銀行カードローンの口コミです

口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください


ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン お問い合わせ