低金利なキャッシング業者特集の見出し画像

低金利でキャッシングしたい人へのおすすめ業者!

更新日:

このページでは各キャッシング業者の金利についてを徹底的に比較してみました。

キャッシング業者の金利の比較方法、低金利と判断できる金利のライン、低金利なキャッシング業者を利用する上で生じるデメリットや注意点などについても、とことん詳しく解説していきます。

キャッシングを利用してお金を借りたいけど、とにかく低金利にこだわりたい!という人にぜひ参考にして頂けると幸いです。


    キャッシングの金利の仕組みと決まり方について


    低金利なキャッシング業者を選ぶためには、まず以下2点について知っておく必要があります。


    基礎的な内容となりますが、今回はじめてキャッシングを利用するという人は必ず目を通してください。


    適用される金利は借入する金額ごとに設定されている

    キャッシング業者の金利は「3.0%〜18.0%」「1.9%〜14.5%」などといった記載がされていますが、この低い方の金利を下限金利、反対に高い方の金利を上限金利と言います。


    「下限金利」と「上限金利」、「その間の金利」は、以下表のように借入限度額ごとに定められています。


    例:楽天銀行スーパーローンの借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 金利
    10万円以上100万円未満 14.5%
    100万円以上200万円未満 9.6%〜14.5%
    200万円以上300万円未満 6.9%〜14.5%
    300万円以上350万円未満 4.9%〜12.5%
    350万円以上500万円未満 4.9%〜8.9%
    500万円以上600万円未満 4.5%〜7.8%
    600万円以上800万円未満 3.0%〜7.8%
    800万円 1.9%〜4.5%

    楽天銀行スーパーローンで最も低い金利1.9%で契約ができるのは借入限度額が最大の800万円となった場合のみです。


    この仕組みはどのキャッシング業者でも同様で、下限金利が適用されるのは、定められている借入限度額いっぱいの契約が出来た場合に限られます。


    年収により借入できる金額は制限される

    キャッシングを利用して借入できる金額は、「総量規制」という法律により年収の1/3までに制限されています。


    年収が300万円の場合、キャッシングを利用して借入できる金額はどれだけ大きくとも100万円までとなります。


    上記表で例に挙げた楽天銀行スーパーローンで最大の借入限度額800万円が適用され下限金利でキャッシングするには、最低でも年収が2,400万円以上あることが条件になるということです。


    はじめてのキャッシング利用時の借入限度額は100万円以下となる

    「自分は年収が600万円だから総量規制の範囲内の200万円の借入限度額で契約できて、6%か7%くらいの金利が適用されるのでは?」と期待してしまいがちですが、初めてのキャッシング利用時に、借入限度額が200万円を超えるようなことは、まずありえないと考えておきましょう。


    当サイトではあらゆるキャッシング業者へ実際に申込、調査を行っているのですが、はじめての契約時には、消費者金融では最大でも50万円、高額融資に向いているとされる銀行カードローンでも最大100万円の借入限度額となっています。


    申込者の年収や職業などの属性によっては、もっと高額の借入限度額での契約ができる場合もありますが、その可能性は非常に低いと言えます。


    キャッシングの金利の比較は上限金利で行う!


    キャッシング業者の金利の比較の仕方


    はじめてキャッシングを利用する際には、ほとんどの人が上限金利、もしくはそれに近い金利での契約となります。


    少しでも低い金利でキャッシングしたいと考えている人はどうしても、低い方の金利にばかり目がいってしまいがちですが、下限金利での金利の比較は何の意味もありません。


    キャッシングの金利の比較は必ず上限金利で行います!


    これを踏まえたうえで、各キャッシング業者の金利を比較していきますが、もし金利の仕組みや決まり方についてもう少し詳しく知っておきたいと感じた人は以下ページを参考にしてください。


    「金利」についてこれ以上ないというくらい詳しく解説しています。



    消費者金融と銀行カードローン低金利でキャッシングできるのは?

    全国からの申込に対応している消費者金融と銀行カードローンの「上限金利」「下限金利」「借入限度額」の3項目を表にまとめました。


    上項目で説明したように、上限金利を見比べてみてください。


    都市銀行のカードローンの金利比較表

    銀行名・商品名 下限金利 上限金利 借入限度額
    みずほ銀行カードローン 2.0% 14.0% 10万円〜800万円
    三井住友銀行カードローン 4.0% 14.5% 10万円〜800万円
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8% 14.6% 10万円〜500万円
    りそなプレミアムカードローン 3.5% 12.475% 10万円〜800万円
    新生銀行スマートカードローンプラス 4.5% 14.8% 1万円〜500万円

    ネットバンクのカードローンの金利比較表

    銀行名・商品名 下限金利 上限金利 借入限度額
    楽天銀行スーパーローン 1.9% 14.5% 10万円〜800万円
    オリックス銀行カードローン 1.7% 17.8% 10万円〜800万円
    イオン銀行カードローン 3.8% 13.8% 10万円〜800万円
    じぶん銀行カードローン 2.2% 17.5% 10万円〜800万円
    セブン銀行カードローン 14% 15% 10万円〜100万円
    ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5% 18.0% 10万円〜1,000万円
    住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 0.99% 14.79% 10万円〜1,200万円
    ソニー銀行カードローン 2.5% 13.8% 10万円〜800万円

    消費者金融のカードローンの金利比較表

    業者名 下限金利 上限金利 借入限度額
    プロミス 4.5% 17.8% 1万円〜500万円
    アコム 3.0% 18.0% 1万円〜800万円
    アイフル 4.5% 18.0% 1,000円〜500万円
    SMBCモビット 3.0% 18.0% 1万円〜800万円
    ノーローン 4.9% 18.0% 1万円〜300万円
    アイフルファーストプレミアムカードローン 4.5% 9.5% 100万円〜500万円
    ダイレクトワン 4.9% 20.0% 1万円〜300万円

    低金利でキャッシングできるのは銀行カードローン


    上表から、銀行カードローンの上限金利は14%〜15%となることが多く、消費者金融では18%前後とされていることが分かります。


    オリックス銀行カードローンやジャパンネット銀行ネットキャッシングなど、消費者金融と同等の上限金利の設定がされている銀行カードローンもありますが、少しでも低金利でキャッシングしたいと考えている人は銀行カードローンの中から借入先を選ぶのがポイントです。


    キャッシング利用時に適用される最も高い金利は?

    キャッシング利用時に適用される金利は「利息制限法」という法律により以下のように上限が定められています。

    • 10万円未満の契約の場合:20.0%が上限
    • 10万円以上100万円未満の契約の場合:18.0%
    • 100万円以上の契約の場合:15.0%

    どれだけ高くとも20.0%以上の金利での契約となることはありません。


    低金利でキャッシングする場合に生じるデメリット

    とにかく低金利にこだわりたい!という人には銀行カードローンの利用がオススメですが、以下2点のデメリットが生じるということは、事前に理解しておく必要があります。


    銀行カードローンは即日融資に対応していない

    銀行カードローンでは即日でキャッシングできない


    2017年9月に銀行カードローンの即日融資の停止が正式に発表、2018年1月に完全に施工されたため、今現在、即日融資に対応している銀行カードローンは存在しません。


    三井住友銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなど審査スピードが早い業者でも、申込から融資実行までには最短でも2日ほどかかります。


    どうしても今日中にキャッシングしたいと考えている人は、銀行カードローンではなく消費者金融から借入先を選ぶ必要があります。


    低金利で利用する場合は当然審査基準が厳しくなる

    審査の基準についてはどの業者でも明確にはされていませんが、金利が低くなればなるほど審査は厳しくなる傾向にあります。


    上表で紹介した中でも、特に上限金利が低く設定されている2つのキャッシング業者をピックアップ、申込条件をチェックしてみました。

    カードローン名 上限金利 注意点
    アイフルファーストプレミアムローン 9.5%

    ・申込条件が厳しい
    23歳以上で年収300万円の人のみ申込可能

    りそな銀行プレミアムカードローン 12.475%

    ・申込条件が厳しい
    前年度の年収400万円以上あることが条件


    ほとんどのキャッシング業者は、20歳以上から申込可能、年収や勤続年数などによる申込の制限は特に設けられていないのですが、上2業者では年収による申込の制限が設けられています。


    決して金利が高めとなる消費者金融であればどんな人でも審査に通るということではありませんが、以下の条件に当てはまってしまう場合、低金利なキャッシング業者の利用は難しくなると考えるようにしてください。

    • すでに複数社からの借入をしている
    • 自身の収入に対し支払いの占める割合が大きい
    • 他社への返済の遅れや滞納がある
    • 過去に債務整理や自己破産など金融事故を起こしている

    前置きが長くなってしまいましたが、以下項目から低金利でキャッシングできるおすすめの業者を紹介していきます。

    申込から融資実行までにかかる日数についても記載しているので、自身の条件に合った業者選びの役にたてて頂ければ幸いです。

    超低金利で即日融資にも対応しているキャッシング業者

    「低金利」と「即日融資」この2つの条件をどちらも満たす唯一のキャッシング業者がアイフルファーストプレミアムカードローンです!


    上の項目で説明したように、申込できるのは23歳以上で年収が300万円以上ある人のみと利用条件は厳しめとなりますが、低金利でキャッシングしたいし、融資を急いでもいるという人はぜひ利用を検討してみてください。


    アイフルファーストプレミアムカードローン


    TVCMなどでも目にすることが多いアイフルの通常のキャッシングローンに比べ、このファーストプレミアムカードローンに関してはあまり認知度が高くないのですが、実は、上限金利は9.5%とメチャクチャ低金利で、審査時間は最短30分と即日での融資も可能な超ハイスペックなカードローンです。


    申込条件が厳しめに設定されているのがネックですが、「少額融資・短期間・即日を条件にしている人」「高額融資・早期完済・利息の縮減を条件にしている人」どちらにもバッチリ対応しているので、
    とにかく低金利でキャッシングしたいと考えている人に一押しです。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    3.0%〜9.5% 100万円〜500万円 最短30分 無し 不要 有り
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    20% 満23歳〜59歳まで 不要



    50万円以下の融資を希望している人にオススメの低金利な業者


    50万円以下の融資を受ける場合に低金利と判断できる金利


    50万円以下の融資を希望する場合、14.5%以下の金利で契約できた際はかなり好条件であると言えます。


    以下2つのキャッシング業者は上限金利が14.5%以下なので、審査の結果、借入限度額が少額となった場合でも、業界全体の平均的な水準よりも低い金利でキャッシングするコトが可能となっています。


    みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローンのバナー画像


    みずほ銀行カードローンは、金利リニューアルに伴い、上限金利が100万円未満の限度額であっても、14.0%の金利となっており銀行カードローンの平均的な金利よりも低い金利で契約出来る事が確定しているハイスペックなカードローンです。口座開設が必須となっており、融資時間は大手消費者金融と比較すると見劣りする部分もありますが、金利にこだわりたいという人は、他社の適応されない見せかけの金利でなく、みずほ銀行カードローンが最も現実的に低金利での融資を受ける事が可能です。


    実質年率 利用限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    2.0%〜14.0%(※) 10万円〜800万円 2日程度(目安) 不要 必要 あり
    遅延損害金利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    年19.9% 満20歳〜満66歳 残高スライド方式
    (※)住宅ローンを利用している人は金利は0.5%下がるため、金利幅が1.5%〜13.5%になります。



    楽天銀行スーパーローン


    楽天銀行スーパーローンは、上限金利が14.5%となっているので、ずば抜けて金利が低いということはありませんが、銀行カードローンでありながら口座の開設は不要で、申込から融資実行までは最短2日と審査スピードが早いのが特徴です。


    全体的なスペックが高く、カードローン業界全体でのシェア率はトップクラスで、10人に1人は楽天スーパーローンを利用しています。
    審査通過率にも期待が持てるカードローンなので、少しでも低い金利でキャッシングしたいけど、審査に不安があるという人にもオススメできる業者です。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    1.9%〜年14.5% 最大800万円 - 無し 不要 有り
    遅延利率 申込資格※ 保証会社 来店必要の有無
    19.9% 20歳〜62歳 楽天カード株式会社 ネット上のみで完了



    100万円を超える融資を希望している人にオススメの業者


    100万円以上の融資を受ける場合に低金利と判断できる金利


    100万円以上の融資を希望している人にはオリックス銀行カードローンの利用がオススメです。


    オリックス銀行カードローンは上限金利が17.8%とされているので、少額融資の際には金利は高めとなるのですが、契約する金額が100万円を超えると適用される金利は6.0%〜14.8%となり他業者より低い金利での利用も可能となります。


    ちなみにみずほ銀行カードローンは借入限度額100万円以上200万円未満で適用される金利は一律12.0%、楽天銀行スーパーローンでは9.6%〜14.5%と設定されています。


    オリックス銀行カードローン


    オリックス銀行カードローンは100万円以下の契約に対し金利のメリットはないのですが、100万円を超える融資に対しては低金利で融資を受ける事ができます。


    申込から融資実行までにかかる日数は2〜3日程度が目安となり、審査には時間がかかってしまいますが、低金利でキャッシングしたいと考えている人の中でも、高額融資を予定している人にオススメできる業者です。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    1.7%〜17.8% 最高800万円 - 無し※2 不要 有り
    遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    ※借入利率+2.1% 満20歳以上69歳未満 残高スライド式リボルビング方式 ネット上のみで完了

    借入残高30万円以下の場合

    借入残高に対しての借入利率+2.1%

    ※2オリックス・クレジット株式会社または、新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる人が契約条件になります!それに伴っての、保証料などは、別途かかったりなどはありません!



    少額・短期間のキャッシングを希望する人にオススメの業者


    少額・短期間の借入予定で低金利にこだわりたい人におすすめの業者


    最後に紹介するオススメ業者の上限金利は17.8%とここまで紹介してきた業者に比べその金利は高めです。


    が、今回のキャッシングの返済の目処が1ヶ月〜2ヶ月程度の人は、この業者を利用することで最も低金利でキャッシングできる可能性があります。


    その方法は簡単で、無利息期間を利用するというものです。


    少し手間はかかってしまいますが、とりあえず無利息期間のある業者で融資を受けて急場を凌ぎ、より低金利で融資を受けることができる業者に借り換えるという方法も、低金利にこだわりたいという人に取っては有効な手段です。


    SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 プロミス


    契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすることで、初回の融資を受けた次の日から30日間は無利息となります。
    この間は利息は発生しないので、金利は0%とも言えます。


    30日以内に完済した場合に支払う利息は0円、2ヶ月で完済した場合に支払うことになる利息は1ヶ月分で済みます。


    申込をしてから最短だと1時間程度で融資を受けることができるので、急いでキャッシングしたいけどできるだけ支払う利息は少なく抑えたいという人にとってメリットが大きい業者となっています。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能


    プロミスの女性専用のレディースローン



    キャッシングの金利の差が支払う利息に与える影響について


    金利が低い=月々の発生する利息を低く抑えられる


    このような認識で問題ありませんが、低金利でキャッシングしたいと考えている人の中でも、具体的にその金利でいくらの利息が毎月発生するのかという点まで把握出来ているという人はあまり多くないのではないでしょうか?

    この項目では金利から利息を計算する方法、金利が利息に与える影響についてを詳しく解説していきます。

    金利から利息を算出する計算式


    金利から利息を算出する計算式


    1日あたりに発生する利息はこのような計算式で簡単に算出することができます。


    この計算式を使い、大手消費者金融で適用されることの多い金利18%と低金利な水準となる14%で借入を行った場合の1ヶ月あたりの発生利息を算出、表にまとめました。


    異なる2つの金利の1ヶ月あたりに発生する利息表

    借入金額 18.0%の1ヶ月の利息 14.0%の1ヶ月の利息 その差額
    5万円 739円 575円 164円
    10万円 1,479円 1,150円 329円
    20万円 2,958円 2,301円 657円
    30万円 4,438円 3,452円 986円
    50万円 7,397円 5,753円 1,644円
    70万円 10,356円 8,054円 2,302円
    90万円 13,315円 10,356円 2,959円

    ※1ヶ月は30日で計算 ※小数点以下切り捨て


    金利4%の差が発生する利息に与える影響について

    表の一番右に1ヶ月あたりに発生する利息の差額を記載していますが、借入する金額が大きくなればなるほど、金利の差が利息に与える影響は大きくなっていくことが分かります。


    借入する金額が5万円の際には200円以下だった利息の差は、借入する金額が30万円になると約1,000円まで上がります。


    この差額に対して、「金利が4%違うだけでこんなに利息に差が出るのか!」と感じるか「あ!この程度しか変わらないんだ!」と感じるかは、人それぞれですが、ゼニエモンの個人的な感覚による判断では借入する金額が30万円を超える段階から、金利の差が利息に与える影響は非常に大きくなると考えています。


    借入する金額が30万円を超えるような場合、ほとんどの人が数年かけて返済を行い、借入する金額が大きくなるとその分、完済までにかかる期間は長くなる傾向にあります。


    利息は融資を受けた日から発生し、借りたお金を全額返済しない限り、業者へと支払い続けるものなので、返済期間が長くなればなるほど、金利の差が支払う利息へと与える影響は大きくなっていきます。


    仮に毎月1万円の返済を行った場合に、完済までにかかる期間と最終的に支払う利息を当サイトの返済シミュレーションを使い算出し表にまとめました。


    毎月1万円の返済を行った場合の最終支払い利息表

    借入する金額 18.0% 14.0% 差額
    10万円 9,162円 (11回) 6,962円 (11回) 2,200円
    30万円 101,549円 (41回) 71,399円 (38回) 30,150円

    ※()内返済回数


    各業者により毎月の最低返済額の設定は異なりますが、同額の返済を行った場合、上表のような結果となります。

    30万円の借入、金利4%の違いで最終的に支払う利息には3万円以上の差が生まれます。

    この差は借入する金額が大きくなればなるほど大きくなっていく傾向にあるので、30万円を超える融資を希望している人には、ページ上部で紹介している、低金利でキャッシング可能な業者の利用を検討してみることを推奨します。

    反対に5万円〜10万円程度の少額融資を希望している人、1年程度での完済を予定している人は、正直、そこまで金利にこだわる必要はないと言えます。

    融資実行までのスピード、使い勝手の良さから借入先を選ぶこともオススメできます。

    以下ページをぜひ読んでみてください。


    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ