レイクアルサ(ALSA)

掲載日:

レイクアルサのロゴ画像


レイクアルサは、新生フィナンシャルの取り扱うカードローンで、2018年の4月1日からサービスを開始し始めた新しいローン商品です。
スペック面では、大手消費者金融とほぼ変わらない金利ではあるものの、審査時間が早くゼニエモンが実際に申し込みを行った際に審査結果のメールが届いたのは12分で届くという有言実行の早い審査を行っています。


契約機は、レイクの無人契約機で契約を行うことができ、最短で1時間以内にカードの受け取りまで出来るため急いでいる人におすすめです。


2種類の無利息期間もあるため、最高で180日間も無利息期間が利用可能で、利用方法によっては超低金利でスピード融資を受けることが出来ます。


カードローン選びに迷っているという人は、レイクアルサを選べば間違いありません。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15分 なし 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0% 20歳〜70歳以下 残高スライド元利定額リボルビング方式 ネット上のみで完了




    レイクアルサへの申込条件について

    レイクアルサへの申込条件は次のように定められています。


    申込条件:満20歳以上70歳以下で安定した収入があること


    属性

    レイクアルサへの申込資格がある人


    レイクアルサでは、年収や雇用形態・勤続年数による申込条件は設けられておらず、属性による申込の制限は緩やかだと言えます。


    派遣社員やフリーターの人はもちろん、アルバイトをしている学生、退職後で年金収入のみの人も申込することはできます。


    自身に収入のない専業主婦の人は申込することはできませんが、「在留カード」「特別永住者証明書」の用意ができる場合、外国籍の人も申込の対象となるので、レイクアルサは多くの人が利用可能です。


    仕事を始めたばかりでもレイクアルサに申込ってできる?

    たいていのカードローンが、仕事をはじめて最低でも3ヶ月程度は経っていないと申込の対象とはならないことが多いのですが、レイクアルサ公式ホームページの「よくある質問」ページには次のような記載を確認できます。


    仕事に就く予定が決まっている場合、利用できますか?

    お申込みの時点でお仕事に就いていらっしゃることが必要になります。恐れ入りますが、お仕事に就かれた段階でお申込みください。
    引用元:レイクアルサ「よくある質問」


    申込の段階で仕事に就いていることが条件とされていますが、具体的な日数などの縛りがあるのかを、レイクアルサに電話で問い合わせてみたところ、1日でも出勤すればその日から申込は可能になるとのことでした。


    アルバイトを始めたばかり、就職や転職して間もないという人も利用可能です。


    ただし、仕事をはじめて1年経っていない場合、年収が見込み年収となってしまうため、高額融資は望めません。
    勤続年数が半年以下の申込では、借入できる金額は10万円以下になると考えておく必要があります。


    採用が決まり、就職先は内定しているが、まだ出勤していないという人は以下表を参考にしてください。


    プロミス 採用が決まり、出勤日が決まった時点で申し込み可能
    アコム 採用が決まり、出勤日が決まった時点で申し込み可能
    アイフル 初出勤を迎えた翌日から申し込み可能
    SMBCモビット 1ヶ月目の給料をもらった時点で申し込み可能

    ※調査方法:各業者電話


    プロミスとアコムは、採用が決まった段階で申込が可能とされています。


    契約時に提出が必要となる書類について

    レイクアルサを利用する際に提出が求められる書類は以下の2種類です。


    身分を証明するための本人確認書類
    年収を証明するための収入証明書

    それぞれの書類の提出条件は次のようになります。


    本人確認書類として認められるもの


    レイクアルサで本人確認書類として認められるもの


    運転免許証やマイナンバーカードといった顔写真の記載がある公的身分証明であれば、用意するのはいずれか1点のみですが、これらの用意が難しく、健康保険証を本人確認書類として提出する場合は少し注意が必要です。


    インターネットから申込を行い、WEB上で契約手続きまで完了させる場合は、自身の口座情報を登録することになるので、健康保険証のみの提出でOKですが、レイクアルサの自動契約機に来店して契約手続きを行う場合には

    • 本人の住所、氏名が確認できる住民票
    • 自身の名義の公共料金の明細

    これらのうちいずれか1点を併せて提出することになります。


    収入証明書の提出条件と認められるもの

    本人確認書類は必須ですが、収入証明書は申込内容によって提出が必要となる場合とそうでない場合があります。


    収入証明書は次の条件のいずれかに該当する場合に提出が必要になります。

    • 融資を受ける金額が50万円を超える場合
    • 他社からの借入金額と今回の融資額の合計が100万円を超える場合

    今現在、他社からの借入がなく、融資を受けたい金額が50万円以下の人は原則提出不要です。


    以下の書類が収入証明書として認められます。


    レイクアルサで融資を受ける際に必要な収入証明書


    これら書類の他には「住民税決定通知書」「課税証明書」「納税通知書」などが収入証明書となります。


    審査の結果、担当者が必要と判断した場合には、上記条件に当てはまらない場合でも収入証明書の提出を求められる場合もあります。


    メールもしくは自動契約機で書類の提出は行うことができる

    レイクアルサはメールでの書類提出に対応しています。


    デジカメやスマホで撮影した必要書類の画像データをメールに添付して送信することができるので、コピー、FAX、郵送といった面倒な手続きは不要です。


    窓口へ来店しての手続きを希望する人は、必要書類の原本を自動契約機に設置されているスキャナーに読み込ませることで、レイクアルサへと書類を送信することになります。


    自動契約機で直接申込をすることも可能ですが、必要となる提出書類を持参していなかった場合、2度手間になってしまうので、先にインターネットから申込を行い、用意するものを担当者にきちんと確認してから、自動契約機へ向かうことを推奨します。

    申込から融資実行までの流れについて


    新生フィナンシャルレイクアルサのカードデザイン


    新生フィナンシャルの新しいカードローン商品「レイクアルサ」が2018年4月1日から申込の受付を開始しました!


    早速、当サイトで実際の申込を行い、融資実行までに必要な手続き、かかる時間を検証してみたので、詳しく解説していきます。


    レイクアルサでは、いくつかの申込方法、契約方法が用意されているのですが、今回は次のような流れで手続きを行いました。


    実際に即日融資を受けることができたフローチャート

    • 14:28 インターネットからの申込手続き完了
    • 14:30 審査開始のメールが届く
    • 14:44 審査結果の回答メールが届く
    • 17:45 自動契約機へ出向き契約手続きを行う
    • 18:08 ローンカード発行

    レイクアルサATMにて実際に借入を行った画像


    日曜日の午後からの申込となったのですが、当日中にカード発行ができ、実際に融資を受けることもできました。


    仕事の都合で、審査結果回答から自動契約機に来店するまでに数時間空いてしまった為、申込から融資実行までには5時間40分ほどかかってしまいましが、審査結果の回答メール受け取り後、すぐに自動契約機に向かうことができていれば、恐らく申込手続きから融資実行までトータル1時間程度に短縮できていたと考えられます。


    レイクアルサに実際に申込を行い検証できたコト

    審査スピードがメチャクチャ早い!

    通常のカードローンでは審査結果はメールもしくは電話での回答となるのですが、レイクアルサではインターネットからの申込完了画面にそのまま即時審査結果が表示されることもあると公式ホームページに記載があります。


    このことについて申込み前に電話にて問い合わせたところ、申込内容によってはメールによる回答になり、最短15分、遅くとも1時間程度で審査結果を通知されるとのことでした。


    検証した結果、申込完了画面での審査回答とはなりませんでしたが、14:30の申込で14:44分に審査回答のメールが届いたのでレイクアルサの審査スピードは本当にかなり早いということが分かります。


    自動契約機での手続きは日曜日でも可能!

    即日での融資に対応しているのは、平日の14時までに契約手続きが完了した人のみとされているカードローン業者が多いですが、レイクアルサの自動契約機は土日・祝日も営業しており、即日の契約、ローンカード発行をすることができます。


    インターネットから申込、審査結果が既に出ている状態で来店した場合、自動契約機内での手続きにかかる時間は約30分程度で済みます。


    今回の検証を行ったのは日曜日だった為、自動契約機を利用したローンカードの発行を行いましたが、レイクアルサは、平日であればWEB上で全ての契約手続きを完結でき、振込融資を利用することで、自動契約機への来店なしで申込をした当日中に借入することもできます。

    返済方法を口座からの自動引落しとすることで、ローンカードの発行ナシ、「カードレス」での契約も可能です。

    レイクアルサは、複数の利用方法が用意されていて、どの方法でも即日融資に対応しているので、急いでお金を借りたいと考えている人にはメチャクチャおすすめできるカードローンだと言えます!

    融資の受け方について

    レイクアルサの融資の受け方は以下3通りとなります。

    • ローンカードを利用したATMでの出金
    • 自身の指定する口座への振込融資
    • 新着記事 スマホアプリを利用したセブン銀行ATMでの出金

    それぞれの融資の受け方の特徴について、詳しく解説していきます。


    ローンカードを利用してATMから出金する

    レイクアルサのローンカード利用可能な提携ATM


    レイクアルサのローンカードは「新生銀行レイクATM」以外に、コンビニや銀行など多くの提携ATMで利用することができるのですが、どの提携ATMも全て手数料無料で利用することができます。


    消費者金融のカードローンの中で、コンビニATMの利用手数料が完全無料とされているのはレイクアルサだけ、ほぼ24時間いつでも借入できるので急な出費への対応力はかなり高いと言えます。


    例:セブン銀行ATMの利用可能時間

    月曜日 5:00〜23:50
    火曜日・水曜日 0:10〜23:50
    木曜日 1:30〜23:50
    金曜日・土曜日・日曜日 0:10〜23:50

    ※第3日曜日は0:10〜20:00まで


    その他提携ATMの利用可能時間は以下、レイクアルサの公式ホームページで確認することができます。


    レイクアルサ提携ATMの利用可能時間


    自身の指定する口座への振込融資

    レイクアルサの振込融資依頼方法


    振込融資の依頼手続きは、専用フリーダイヤルへの電話からも行うことができますが、インターネットからの手続きが上記のように簡単でオススメです。


    始めて振込融資を利用する場合には、振込先口座の登録が必要ですが、口座登録が完了している人であれば、1分程度で振込依頼の手続きは完了できます。


    15時以降や土日に振込依頼を行った場合は振込融資の実行は翌日以降となる

    振込手数料は無料、インターネットからのカンタンな手続きで融資を受ける事ができるのですが、メチャクチャ急いでお金が必要という場合には、振込での融資の利用は向いていません。


    レイクアルサは銀行営業時間外の振込には対応しておらず、依頼をしたその日のうちに振込が反映されるのは平日14:45までに手続きが完了した場合のみとなっています。


    新着記事 

    「スマホATM取引」を利用したセブン銀行ATMでの出金

    2018年5月10日からレイクアルサの公式アプリは「e-アルサ」という名称に変更、これに伴い「スマホATM取引」という新サービスの利用が開始されています。


    「スマホATM取引」は公式アプリ「e-アルサ」を利用することで、セブン銀行ATMからの融資を受けることが可能となり、手元にカードがない状態でもキャッシング機能を利用し、現金を手にすることが可能になっています。


    レイクアルサのスマホATM取引は契約手続きが完了し、アプリをインストールすることで誰でもすぐに利用可能、ほぼ24時間セブン銀行ATMからの出金を行うコトができます。


    レイクアルサのスマホATM取引の基本情報


    「スマホATM取引」はカードレスでの契約を希望している人に特にオススメ

    メチャクチャ便利なスマホATM取引ですが、カードレスでの契約を検討している人に特に有益なサービスだと言えます。


    カードレスでの契約をした場合、従来は融資の方法が振込のみ、即日での融資を受ける為には遅くとも14:00までに契約手続きを完結させる必要があったのですが、スマホATM取引の利用が開始されたことによって、15時以降や土日の申込でも最短即日での融資を受けることが可能となっています。


    ゼニエモンが公式アプリ「e-アルサ」を取得し、実際にスマホATM取引を利用してみたのですが、指紋認証によるアプリへのログインが可能でキャッシュカードを利用したATMでの操作とほとんど変わらない時間で出金することができました。


    以下ページで利用の手順、他社のスマホアプリを利用したATMでの取引との違いについても詳しく解説していくのでぜひ参考にしてみてください。



    レイクアルサは1,000円単位の借入も可能

    3通りの融資の受け方について説明してきましたが、レイクアルサではどの融資の方法でも、1,000円単位の金額の借入が可能とされています。


    本当に必要な金額のみの借入が可能で、余計な借入を行わずに済むので、無駄な利息の支払いをせずに済みます。


    すべての融資の方法が手数料無料なのも嬉しいポイントで、繰り返しの利用を予定している人、いざという時の備えとしてカードローンを契約しておきたい人にレイクアルサは非常にオススメできるカードローン業者だと言えます。


    返済方法について

    レイクアルサで用意されている返済方法は以下4通りです。

    • ローンカードもしくはスマホATM取引を利用したATMでの返済
    • 指定口座への銀行振込による返済
    • Pay-easy(ペイジー)を利用したWebからの返済
    • 口座振替による自動引き落とし

    返済日は契約時に自身の希望する日にちを設定することができるのですが、口座からの自動引き落としによる返済方法だけは、返済日が毎月14日もしくは27日のいずれかとなります。


    それぞれの返済方法の手続きについて個別に解説していきます。


    ATMでの返済

    ローンカードを利用したATMでの返済だけではなく、ページ上部で紹介した「スマホATM取引」でも毎月の返済は行うことができます。


    どちらもATM利用手数料は借入時と同じく無料となっているのは嬉しいポイントです。


    指定口座への銀行振込による返済

    銀行振り込みによる返済時の振込手数料は自己負担とされています。


    レイクアルサの返済時指定口座は、会員ページにログインすることで確認でき、銀行は三井住友銀行となっています。


    振込手数料は数百円とは言え、毎月の返済の度に利息とは別にお金を支払うので非常にもったいないです。


    返済時の手数料は無料とされている他の返済方法の利用を推奨します。


    Pay-easy(ペイジー)を利用したWebからの返済

    Pay-easy(ペイジー)を利用したWebからの返済利用のメリット


    インターネットバンキングを利用した返済サービス「Pay-easy」を利用した返済は、パソコン・スマホからの簡単な手続きで、自身の指定する金額を返済することができます。


    この手続きは24時間いつでも行うことができ、銀行営業時間外の手続きとなった場合でも、返済は即時反映されます。


    返済期日をついうっかり忘れていた、ATMに行く時間もない、といった状況からでも遅れることなく返済を完了することができるので、返済遅れによる遅延損害金の発生を防ぐことも可能です。


    会員ページから利用する金融機関を登録することで、Webからの返済は利用可能となるのですが、Pay-easyに対応したインターネットバンキングを持っていることが条件となります。


    登録可能な金融機関は「Web返済サービス利用可能金融機関一覧」で確認することができるので参考にしてください。


    口座振替による自動引き落とし

    カードレス契約利用時に選択できる返済方法


    登録した金融機関の口座から毎月定められた最低返済額が自動的に引き落され、もちろん手数料は無料です。


    給与受取先としている金融機関の口座を登録することで、毎月返済の為に資金を移動する手間は省け、返済遅れのリスクも低く抑える事ができるので、希望借入額が大きく、返済期間が長くなりそうな人は、自動引き落としでの返済を選ぶことを推奨します。


    自動引落での返済の申込は、会員ページにログインすることでWEB上で簡単に行うことができます。


    毎月の返済日は会員ページで確認することができる


    レイクアルサの会員ページで返済日と返済額を確認


    会員ページへのログインは公式アプリ「e-アルサ」からも可能です。


    スマホから、気になった時にすぐ利用状況の確認ができるので、返済忘れのリスクを軽減できるだけでなく、残債をしっかりと把握することで早期完済への意識を強く持ちやすくなると言えます。


    返済日と返済額を3日前にメールにて知らせてくれる「ご返済日前案内メール」といったサービスもあるので、不安な人は会員ページにログインした際に同時に登録しておくことをオススメします。


    毎月の最低返済額について

    返済額については、新生フィナンシャルは日本貸金業協会の会員であるため、自主規制ルールとしてローンの長期化にならないように、長くても5年以内の返済が義務付けられています。


    (極度方式基本契約に係る返済期間の設定)
    第 26 条 協会員は、資金需要者等との間で極度方式基本契約を締結する場合に
    は、当該極度方式契約に基づく極度方式貸付けの返済が原則 3 年以内(ただ
    し、極度額が 30 万円を超える場合には原則 5 年以内)に終了するようにしな
    ければならない。ただし、極度額が 100 万円を超える場合において、返済能力
    その他の事情等にかんがみ、合理的理由がある場合には、この限りでない。
    日本貸金業協会:貸金業の業務運営に関する自主規制基本規則より


    その為、本人の申し入れがない限り、最長でも5年での返済となります。


    審査の結果決定される契約金額(借入限度額)によって異なる場合はありますが、レイクアルサの毎月の最低返済額は以下のように定められています。


    毎月の最低返済額表

    借入額 毎月の最低返済額 返済回数
    1~10万円以下 4,000円 36回以内
    10万円超20万円以下 8,000円 36回以内
    20万円超30万円以下 12,000円 36回以内
    30万円超40万円以下 12,000円 60回以内
    40万円超50万円以下 14,000円 60回以内

    毎月の最低返済額は、借入を行った時の残高によって決定され、追加での借入を行わない限り、完済まで一定の金額となります。


    例えば、初回利用時に10万円を借入した場合、毎月4,000円が最低限レイクアルサへと支払わなければいけない金額となり、もし追加で借入を行い、借入残高が10万円を超え20万円以下になった際には最低返済額は8,000円へと引き上げられます。


    レイクアルサは返済の自由度が高く早期完済を目指しやすい


    どのカードローン業者でも、最終的に支払う利息を少しでも低く抑えるには、定められた最低返済額のみで返済を続けるのではなく、無理のない範囲で出来るだけ多めの返済を行うことがポイントになります。

    10万円の借入を行い最低返済額の4,000円の返済のみで完済する場合、返済回数は32回、支払う利息の合計は約27,000円となるのですが、もし、毎月10,000円の返済を行った場合、返済回数は11回、利息の合計は約9,000円まで抑えられます。

    上の返済方法についての項目で詳しく解説していますが、レイクアルサは選択可能な返済方法が多く、銀行振り込み以外であれば、どの方法も返済時の手数料が無料となっています。

    口座からの自動引き落としで返済遅れのリスクを低く抑え最低返済額を返済、ATMやWebでの返済を使い、追加での返済を行うといった返済の仕方がオススメです。

    金利について


    もし、4.5%で契約できるようなことがあれば、それは超低金利だと言えますが、はじめての申込で低い方、下限金利が適用されることはまずありません。


    はじめての申込時には、ほとんどの場合、高い方、上限金利での契約となります。
    これはレイクアルサだけに限らず、どの消費者金融でも同様です。


    レイクアルサの上限金利18%は高いのか?全国からの申込に対応している主要カードローンの上限金利と比較していきます。


    主要カードローンの上限金利表

    業者名・カードローン名 上限金利
    プロミス 17.8%
    アコム 18%
    アイフル 18%
    SMBCモビット 18%
    三井住友銀行カードローン 14.5%
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%
    みずほ銀行カードローン 14.0%
    楽天銀行スーパーローン 14.5%

    大手消費者金融の上限金利はプロミスが17.8%でほんの少し低いだけで、他業者はどこも18%に設定されています。


    銀行カードローンでは14%〜15%の間に上限金利が設定されていることが多く、消費者金融のレイクアルサに比べるとやはり低金利です。


    上記表の中で最も金利の低いみずほ銀行カードローンとの上限金利の違いは3%ですが、これにより1ヵ月あたりに発生する利息にどのくらいの差が出るのかを計算、表にまとめました。


    1カ月当たりに発生する利息表

    借入する金額 レイクアルサ「18.0%」 みずほ銀行カードローン「14.0%」
    10万円 1,479円 1,150円
    20万円 3,042円 2,301円
    30万円 4,438円 3,452円
    40万円 5,917円 4,602円
    50万円 7,397円 5,753円

    ※1カ月は30日で計算 ※小数点以下切り捨て


    借入する金額が30万円を超えると発生する利息のは1,000円を超えてきますが、10万円では約300円、20万円では約600円となります。


    ビックリするほど差があるわけではないんだなと感じる人が多いのではないかと思います。


    カードローンを選ぶ際に、金利を重要視するユーザーは多いのですが、正直なところ、借入したい金額が30万円以下の場合、金利の違いはそこまで気にすることはないと言えます。


    借入する金額が大きくなればなるほど、金利が利息に与える影響は大きくなります。
    50万円を超えるような高額融資を希望する人は消費者金融のカードローンではなく、低金利で利用できる銀行カードローンの利用を検討するのがベターです。


    レイクアルサの選べる2つの無利息ローンについて


    レイクアルサの選べる2つの無利息ローン


    レイクアルサを今回はじめて利用するという人は、「30日間無利息」と「5万円まで180日間無利息」のこの2つの無利息サービスから、自身でどちらを利用するか選択することができます。


    30日の無利息期間について

    この30日の無利息期間というのは、5万円以上を初回借入で利用したい人で、上限は、枠一杯となっています。なので、最初の返済は元金のみの返済となります。


    180日の無利息期間について

    次に、180日の無利息期間なのですが、こちらに関しては、5万円までの借入なら180日利息がつかないというサービスです。
    もちろん5万円以上借入することも可能ですが、無利息が適応されるのは、この5万円までです。


    個人向けのキャッシングサービス(カードローン含む)の中では、約半年も無利息で融資を受けれるというローンは他にないため、初回で5万円以下の融資を受けたい人は180日以内に完済すれば、元金のみの返済で済みます。


    審査について

    当サイトではあらゆるカードローンに実際に申込、検証を行っていますが、レイクアルサの審査に関しては、大手消費者とほぼ変わらない基準であると感じました。


    なので、普通に仕事をしている人は何ら問題なく利用が可能です。


    • 過去6ヶ月に3社以上ローンの申し込みをしていない
    • 過去8年以内に債務整理をしていない
    • 現在滞納中のローンはない
    • 過去24ヶ月の間に3回以上の滞納をしていない

    といった金融事故がなく安定した収入のある人は20歳以上であれば誰でも利用可能です。


    レイクアルサのスペックを表にまとめました

    商品名 レイクALSA(アルサ)
    お申込み方法 WEB(モバイル含む)、電話、自動契約機
    ご利用いただける方
    • 20歳〜70 歳以下(更新は71歳まで)
    • 外国人は永住許可要
    資金使途 原則自由
    ご利用限度額(極度額) 最大 500 万円(1 万円単位)
    借入利率(年率 ) 年 4.5〜18.0%※新規契約時、契約日翌日から 30 日間無利息または 5 万円まで 180 日間無利息のサービスあり
    利息計算方法 毎日の最終残高について付利単位 1 円で 1 年 365 日の日割り計算(片端計算)(閏年は366 日)
    お借入方法
    • 提携先の新生銀行レイク ATM、提携予定 ATM・CD
    • 電話(音声応答)申込による指定口座への振込
    • WEB 申込による指定口座への振込
    • スマホATM取引を利用したセブン銀行ATMからの出金
    ご返済方法
    • 提携先の新生銀行レイク ATM、提携予定 ATM・CD
    • 指定口座からの口座振替(他行可能)
    • 指定銀行口座への振込送金
    • スマホATM取引を利用したセブン銀行ATMからの入金
    ご返済期日
    • お客さまのご指定日
    • 口座振替は当社指定の日

    レイクアルサ利用のメリット・デメリットとまとめ

    長くなりましたが、最後にレイクアルサを利用するメリットとデメリットを簡単にまとめました。


    レイクアルサを利用するメリット

    土日・祝日問わず最短1時間程度で融資を受けることができる
    申込から融資実行までWEB上で完結・カードレスでの契約も可能
    コンビニATMを含む提携ATMがすべて利用手数料無料
    スマホひとつあればカードなしでセブン銀行ATMでキャッシングできる
    2種類の無利息サービスがあり最大180日間金利ゼロで利用できる
    返済方法が多様で早期完済を目指しやすい
    会員ページ上のサービスが充実していて利用開始後の使い勝手が良い

    レイクアルサを利用するデメリット

    銀行カードローンに比べると金利はやや高めとなる

    銀行カードローンに比べると、金利がやや高めとはなるのですが、2つの選べる無利息サービスがあり、少額融資を希望している人、短期間で完済予定の人は金利によるデメリットを受ける事なく利用することも可能となっています。

    スマホATM取引がメチャクチャ便利で、このサービスはプロミスやSMBCモビットでも取り扱いがあるのですが、手数料無料で利用できるのはレイクアルサだけです。

    指紋認証でログインできる新しいスマホアプリ「e-アルサ」から借入・返済手続きの他に、契約内容、利用状況の確認をすることも可能で利便性はかなり高いと言えます。

    急いで借入したいという人以外に、中長期的な利用になりそうな人にも利用を推奨できるハイスペックなカードローンです。



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ