専業主婦がキャッシングできるカードローンについて徹底解説したページの見出し画像

仕事をしていない専業主婦でもキャッシング可能なカードローン特集

更新日:

「想定していたよりもボーナスの額が少なくて支払いが追いつかない」
「冠婚葬祭が続いていつもよりも出費が多くなった」
「ママ友とのつきあいや趣味のためにお金が必要」


お金が必要な理由は人それぞれ様々ですが、このような急な出費への対応策としてカードローンでのキャッシングを検討している専業主婦の人も多いのではないでしょうか?


ただ、カードローンを利用するには原則「申込者本人に安定した収入があること」が条件として含まれているため、今現在仕事をしておらず自身に収入のない専業主婦が利用できるカードローンは多くはありません。


そこでこのページでは、現在仕事をしていない状態で収入がない専業主婦がキャッシングする方法を詳しく解説、利用可能なカードローン業者の紹介を行っていきます。


キャッシングが必要な背景は色々とありますが、ほとんどの専業主婦が夫や家族に絶対にお金を借りることをバレたくないと考えていると思います。


ここではその点もしっかりと考慮し、専業主婦が上手にカードローンでキャッシングするコツも合わせて紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。



    専業主婦のキャッシングは法律により制限されている

    総量規制による専業主婦のカードローンを利用したキャッシングの制限


    総量規制は2010年に行われた「貸金業法」の改正により導入されたもので、消費者金融など貸金業者からの借入上限額を年収により制限するものです。


    具体的には年収の1/3を超える金額は借りることができないと定められたもので、仮に年収が300万円の人がキャッシングできる金額の上限は100万円とされます。


    ここで言う「年収」とはあくまで申込者本人が得ている収入のことを指すため、いくら世帯全体では収入があっても自分自身の収入が「0」となる専業主婦の人は貸付を受けることはできません。


    TVCMやネット広告でも良く目にする「プロミス」や「アコム」「アイフル」「レイクアルサ」など大手消費者金融はすべて総量規制の対象となるので利用することはできないと考えておく必要があります。


    自身に収入のない専業主婦がカードローンでキャッシングする方法

    総量規制による制限があるため、仕事をしておらず自身に収入のない専業主婦が利用可能なカードローンは限定されてしまいます。


    専業主婦の人がキャッシングする方法は以下の2つです。


    総量規制の対象外となる銀行カードローンを利用する
    「配偶者貸付制度」があるカードローンを利用する

    この2つの方法でキャッシングを行う方法、メリットデメリットや注意しておきたいポイントについてをそれぞれ詳しく解説していきますが、専業主婦の人が「配偶者貸付制度」を利用したキャッシングを行うメリットはほぼないと言えますので、一般的には総量規制の対象外となる銀行カードローンの利用をまず検討することをオススメします。


    すべての銀行カードローンが専業主婦のキャッシングに対応している?

    銀行カードローンも自主規制により総量規制の仕組みを取り入れている


    銀行カードローンは「貸金業法」ではなく「銀行法」という異なる法律により貸付業務を行っているため、総量規制の対象とはなりません。


    そのため「銀行カードローンは総量規制の対象外で専業主婦でもキャッシングできる」といった情報が多く見られますが、これは2018年以前の古い情報ですので注意が必要です。

    銀行法が改正されたわけではありませんが、2018年1月以降から銀行カードローンも自主規制という形で総量規制の仕組みを取り入る金融機関が増え、以前に比べると専業主婦でも利用できる銀行カードローンはかなり少なくなっています。


    2018年8月現在、専業主婦からの申込についてどのような対応となっているのかを、主要銀行カードローンに電話にて確認し表にまとめたのでみてください。


    主要銀行カードローン10社の専業主婦の貸付への対応
    銀行カードローン 専業主婦への貸付
    三井住友銀行カードローン 申込不可
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 申込不可
    みずほ銀行カードローン 申込不可
    りそな銀行カードローン 申込不可
    楽天銀行スーパーローン 申込可 ※所定の条件あり
    オリックス銀行カードローン 申込不可
    じぶん銀行カードローン 申込不可
    セブン銀行カードローン 申込可 ※所定の条件あり
    ソニー銀行カードローン 申込不可
    ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 申込不可

    ほとんどの銀行カードローンが専業主婦からの申込は受け付けていない

    三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなども2018年以前は専業主婦からの申込も受け付けおりキャッシング可能とされていたのですが、今現在は「融資の対象外」とされてしまっています。


    メガバンクやネットバンクのカードローンだけでなく地方銀行のカードローンも同様の流れとなっているので、もし今現在利用を検討している地方銀行のカードローンがある場合には申込前に必ず電話にて専業主婦の申込も受け付けているのかを確認する必要があります。


    「楽天銀行スーパーローン」と「セブン銀行カードローン」の2社については専業主婦からの申込にも対応していますが、表にも記載しているように申込には所定の条件が設けられており専業主婦であれば誰でも申込できるわけではないので注意が必要です。


    専業主婦が銀行カードローンでキャッシングするための条件は?

    専業主婦が銀行カードローンでキャッシングするための条件


    専業主婦がカードローンを利用してキャッシングするには、「配偶者」に安定した収入があることが条件とされています。


    自身の夫あるいは妻が仕事をしており収入があることが条件で、世帯全体での収入の有無ではありません。


    例えばこどもがすでに働いていてはいるが配偶者に収入がないといった場合、世帯の収入がいくらあっても申込の対象とはならないので注意してください。


    カードローンの申込みフォームには勤務先情報の項目があるのですが、ここには配偶者の勤務先情報を必ず入力する必要があります。


    銀行カードローンでキャッシングしたことは配偶者にバレない?


    これはカードローンを利用したキャッシングを検討している専業主婦の人がメチャクチャ気になるポイントだと思います。


    結論からいうと、「配偶者に内緒でキャッシングすることも可能」なのですが、以下2点には注意しておく必要があります。

    • 配偶者への電話連絡の有無
    • 自宅への郵送物の有無

    この2点についての詳細を詳しく解説していくので、配偶者や家族には絶対に内緒でキャッシングしたいと考えている人は必ず目を通してください。


    銀行から配偶者宛に直接電話がかかってくることはない

    通常、カードローンの審査では在籍確認が必須とされておりこの確認は基本的に勤務先への電話連絡にて行われることになりますが、専業主婦からの申込みの場合に限り、在籍確認は原則不要とされています。


    ですので配偶者の勤務先情報の入力は行いますが、そこに銀行から電話がかかってくることはありません。


    また、どのようなローンでも利用するにあたり「保証人」をたてる場合には、保証人となる人への電話確認が必要となりますが、カードローンの場合はあくまで申込みをした専業主婦本人との契約となり配偶者を保証人とするわけではないので、配偶者に直接電話がかかることもありません。


    返済の滞納が続き、申込者である専業主婦本人への電話が何度かけても繋がらないなどといった場合には、配偶者本人や勤務先への電話がかけられる場合があるので、返済期日の管理には注意しておく必要があります。


    自宅へと送られてくる郵送物には注意が必要となる

    上項目で紹介した「楽天銀行スーパーローン」「セブン銀行カードローン」についてはネットバンクのカードローンとなるので、申込みから契約までは自宅への郵送物なし、WEB上で手続きを完結させることができます。


    が、カードローンの利用を開始するにはローン用のカードを受け取る必要があり、これについては必ず自宅へと発送されることになります。
    自宅以外の場所を指定してカードを郵送してもらうことはできません。


    どちらも封筒には銀行名のみしか記載されていないので、郵便物の管理には注意しておく必要があります。


    セブン銀行カードローンは郵送物一切なしで利用することも可能

    セブン銀行カードローンではローン専用カードの発行は不要、普通預金口座のキャッシュカードにカードローン機能が追加される形での利用となります。


    ですので、今現在すでにセブン銀行の口座を持っているという人であれば自宅への郵送物は一切なしで利用することも可能とされています。


    また、口座をまだ持っていないという人でも自宅へと送られてくるカードはキャッシュカードなので、もし配偶者や義両親など家族に見られてもキャッシングの利用がバレてしまうリスクはかなり低めだと言えます。



    「配偶者貸付制度」を利用してキャッシングするのってどうなの?

    総量規制の対象となる消費者金融には「配偶者貸付制度」というものがあり、この制度を利用する場合に限り「例外的」に自身に収入がない専業主婦でも消費者金融からの借入が可能となります。


    「配偶者貸付制度」についての詳細は日本貸金業協会HPにて確認でき、以下のように記載されています。


    Q.専業主婦/主夫が借入れを行うにはどうすればいいのでしょうか?


    A.専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1まで借入れを行うことができます。ただし、そのためには、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。


    Q.専業主婦/主夫が借入れをする場合には、配偶者の同意と住民票が必要とありますが、これは保証人になることと同じなのではないでしょうか?


    A.収入の無い専業主婦/主夫の方が借入れをする際、配偶者の方の年収を参考に審査するため、同意書や夫婦関係証明書類が必要となります。
    この同意書は配偶者と貸付契約を締結する同意と、指定信用情報機関へ信用情報を提供することの同意書であり、連帯保証人になる同意書ではございません。


    参照URL:貸金業法について「Q&A」


    専業主婦が利用できる「配偶者貸付制度」の概要


    ザックリ説明すると、収入のある配偶者の同意があれば、配偶者が連帯保証人にならずに専業主婦個人の貸付としてキャッシングできるといった制度です。


    自身に収入がない専業主婦でもキャッシングが可能となる例外的な措置なのですが、正直この「配偶者貸付制度」を利用してキャッシングするメリットはないと言えます。


    「配偶者貸付制度」を利用するデメリット

    配偶者に内緒で利用することは絶対にできない

    自身の妻あるいは夫がカードローンに申込むことに関しての同意書を提出しなけれなならないため、配偶者に内緒でキャッシングすることはできません。


    配偶者(夫)の信用情報に問題がありカードローンの審査通過ができないから、最終手段として妻の名義でカードローンの審査を受けてみるといった人には有効かもしれませんが、ほとんどの専業主婦の人にはあまり意味のない制度だと考えられます。


    そもそも配偶者の同意が得られるのであれば、収入を得ている配偶者の名義でカードローンに申込んだ方が審査通過への期待値は高いですし、借入先の選択肢もかなり広く持つことができます。


    「配偶者貸付制度」を取り入れているカードローンはほとんどない

    配偶者貸付制度を利用すれば、収入のない専業主婦への貸付も法的にはOKとなりますが、ほとんどの消費者金融がこの制度は取り入れていません。


    その理由としては、配偶者貸付制度を利用した融資は、どうしても少額の融資になってしまうことが多くこれらの顧客を管理する管理コストの方が高くつくことに加え、貸倒のリスクも高くなってしまうことが挙げられます。


    ですので、やはり専業主婦の人は大手消費金融からのキャッシングはできないと考えておく必要があります。


    配偶者貸付制度を取り入れているカードローン業者は中小の消費者金融のみとなり、金利は高め、利便性も低くなるためなおさら利用するメリットはないと判断されます。


    また銀行カードローン以外で、配偶者の同意なしで融資を行っている業者は闇金など違法業者である可能性が高いため利用は避けるようにしてください。


    専業主婦のキャッシングにオススメの銀行カードローンは?


    ここまで解説してきた内容から、専業主婦の人がキャッシングする際に利用するのは「銀行カードローン」一択だと考察されます。


    すべの銀行カードローンが専業主婦の申込みに対応しているわけではないので、選択肢はかなり狭まります。


    が、以下で紹介する専業主婦のキャッシングに対応した2つの銀行カードローンはどちらも低金利で業界全体の中でも利便性の高いハイスペックなカードローンなのでぜひ利用を前向きに検討してみてください。


    もしこれら銀行の普通預金口座を今現在すでに利用しているのであれば、迷わず該当する銀行カードローンを選択することを推奨します。


    口座をすでに所有している場合にはカードローンを利用する上で得られるメリットがより大きくなります。


    セブン銀行カードローン


    このページの途中でも触れていますが、セブン銀行の口座をすでに持っている人であれば自宅への郵送物一切なしでキャッシングを開始することも可能です。


    また、口座を持っていない場合でも、自宅に届くカードはローンカードではなくカードローン機能がついたキャッシュカードとなるので、配偶者や家族に内緒でキャッシングしたいと考えている人も安心して利用することができます。


    セブン銀行カードローンは借入限度額が最大でも50万円とされている為、少額融資のみの対応となりますが、専業主婦の場合50万円を超える融資が受けられることはまずないと言えるので十分な金額だと考えられます。


    金利については一律15.0%と低金利ですし、セブン銀行の口座を持っている人であれば最短2営業日で借入可能と審査スピードも申し分ありません。


    セブン銀行ATMで原則24時間365日いつでも手数料無料で借入できる点も大きなメリットのひとつで、今現在すでにセブン銀行の口座を持っている人、生活圏内にセブンイレブンがある専業主婦には享受できるメリットが非常に大きいカードローンだとゼニエモンは考えています。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    年15% 10万円〜50万円 最短2営業日 不要 必須 ナシ
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    不要 満20歳以上満70歳未満 アコム株式会社 不要



    楽天銀行スーパーローン


    楽天銀行スーパーローンは柔軟な審査に定評があり、専業主婦の人にもオススメできるカードローンです。


    通常の銀行カードローンは他行の普通預金口座を返済用口座として指定することはできないのですが、楽天銀行スーパーローンは「新銀行東京」「ゆうちょ銀行」「大和ネクスト銀行」以外のどの銀行口座でも返済用口座として登録することができます。


    ですので、配偶者や家族に知られていない内緒の銀行口座を引き落とし先とすることで、キャッシングの利用がバレてしまうリスクも軽減されます。


    利用可能なATMが全国に100,000台以上、手数料無料で利用できるコンビニATMが多く、さらにWEB上での借入・返済時の手数料も無料と利用開始後の使い勝手が非常に良いのが大きな特徴です。


    楽天銀行の銀行口座を持っている人は、24時間365日即時振込融資が反映されるのスーパーローンとの相性が抜群ですし、楽天スーパーポイントがもらえるサービスもあるので、楽天市場・楽天トラベル・楽天チケットなど楽天グループのサービスを普段から利用している専業主婦の人は一見の価値有りです!


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    1.9%〜年14.5% 最大800万円 - 無し 不要 有り
    遅延利率 申込資格※ 保証会社 来店必要の有無
    19.9% 20歳〜62歳 楽天カード株式会社 ネット上のみで完了



    まとめ:専業主婦がカードローンでキャッシングする際の注意点

    カードローンを利用してキャッシングを行う目的、理由はひとそれぞれ様々ですが、日本貸金業協会が行っているアンケート調査から専業主婦の人がどのような理由でキャッシングを利用しているのかを確認してみました。


    専業主婦の人がキャッシングした理由「H27資金需要者等の現状と動向に関する調査結果報告」
    「平成27年度資金需要者の現状と動向に関するアンケート調査結果報告」より引用


    これを見ると、ほとんどの人は生活費の補填の為に借入しているのがわかります。


    例えば医療費や学習教材費などの支払いというのは一時的な急な出費であることが多く、そのような時にカードローンを利用しキャッシングしたお金でその月の支払いを乗りきるといった利用の仕方であれば、しっかりとした返済計画も立てやすく、返済に苦しむリスクは低いと考えられます。


    が、光熱費の支払いや家賃の支払いが困難でカードローンでのキャッシングが必要な状態は慢性的な資金不足となっている可能性が非常に高いです。


    「世帯収入が少なく生活費を賄うことすら難しい状態だが、こどもが小さく自分が働きに出ることはできない」
    「配偶者の怪我や病気などで一時的に収入が減っており現状では生活の維持が難しい」


    こういった理由でキャッシングの利用を検討している専業主婦の人は、カードローンを利用する前に一度、国や自治体が行う保証制度の利用対象とならないか調べてみることをオススメします。


    「生活保護」を受けるのは抵抗があるという人も多いですが、「生活福祉資金貸付制度」という自治体が行う貸付制度などもあります。


    「生活福祉資金貸付制度」安定収入がない人でも借入できる公的貸付制度ですので、生活保護ほど生活水準に制限がかかることはありません。


    ゼニエモンが社会福祉協議会に直接訪問し、「生活福祉資金貸付制度」について徹底解説しているので、どのようなものなのか少しでも気になる場合には以下ページを参考にしてみてください。



    税金の支払いのためのキャッシングは得策ではない

    市県民税や固定資産税などの税金の支払いが溜まってしまい、その支払いの為にカードローンの利用を検討しているという人は注意が必要です。


    市県民税などの税金支払いの遅延には遅延損害金が発生しますが、カードローンで借入した際に発生する利息に比べると遥かに少ないです。


    税金の分納についての相談も可能なので、まずは一度市役所などの窓口に相談をしに行くことを推奨します。



    このページで紹介している銀行カードローンであれば、業界全体で比較しても低金利ですし、銀行カードローンなので安心感もありますが、借りずに済むならそれが一番ベストです。


    お金が必要な理由や家庭の事情によっては難しいこともあるとは思いますが、配偶者と相談することで解決できるならそれが一番だとゼニエモンは考えています。


    また、どのような理由・目的であれカードローンを利用する際には「しっかりとした返済計画を立てること」「借りすぎないこと」の2点をしっかりと心がけるようにしてください。



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ