三井住友銀行カードローン

更新日:


三井住友銀行カードローンは、ゼニエモン自身も使っている銀行カードローンで、貸付枠を唯一200万円以上の大口で作ってもらった業者です。金利も、他社で契約している最低金利よりも低い金利が適応され、ゼニエモンの個人的な意見ですが、様々な対応に対し感謝をしているカードローンです。


また、審査スピードが早く、約2〜3営業日での融資も可能で10万円以下の小口の融資を希望している人のニーズにも応えることができるため、借入したい金額に関わらず享受できるメリットの大きいハイスペックなカードローンだとも言えます。


コンビニATMでの入出金は無料となっていて、利便性も高く使い勝手もいいのもオススメできるポイントです。


このカードローンに向いている人

  • 銀行ならではの低金利にこだわりたいという人
  • 融資実行まで2、3日の猶予がある人
  • 三井住友銀行の預金口座を持っている人
  • 月々の返済額を低く抑えたい人

このカードローンに向かない人

  • 即日での融資を希望している人
  • 30日以内の短期間で完済予定の人

実質年率 限度額 口座開設 保証人 総量規制 職場連絡
4.0〜14.5% 10万円〜800万円 不要 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
19.94% 満20歳以上満69歳以下※1 残高スライド元利定額方式 ネット上のみで完了
※1原則安定した収入のある人




    三井住友銀行カードローンへ申込資格のある人

    三井住友銀行カードローンの申込条件は以下のように定められています。

    • 満20歳以上満69歳以下であること
    • 原則安定した収入があること
    • 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられること
    • 使い道が事業性資金以外であること

    属性

    三井住友銀行カードローンへ申込みが可能な利用者属性


    属性による申込の制限は緩やか

    三井住友銀行カードローンでは、年収や勤続年数、職業による申込の制限は設けられていません。


    基本的に、仕事をしていて安定した収入のある人が申込可能とされ、自営業や派遣社員、年金受給者の方も申込資格があります。
    また学生の場合でも、20歳を過ぎており、アルバイトなどで収入があれば申込が可能です。


    専業主婦については以前は申込可能とされていましたが、今現在は本人に収入のない専業主婦の申込は受け付けていません。


    口座の開設ナシで契約が可能

    三井住友銀行の口座の有無


    申込時は口座が不要とされていても、契約手続きまでに口座の開設が必要となる銀行カードローンが多いですが、三井住友銀行カードローンは、口座の開設ナシで契約、借入を開始することが可能です。


    契約時に用意しておく必要がある書類

    三井住友銀行カードローンでは、申込手続き後、本人確認書類の提出を行わないことには、審査結果の回答がありません。


    申込をする際には、手元に以下書類をを用意しておくとスムーズに審査回答まで進めることができます。

    • 身分を証明するための本人確認書類
    • 年収を証明するための収入証明書

    本人確認書類として認められる提出書類


    三井住友銀行カードローンの契約時に必要な本人確認書類一覧


    基本的に公的機関が発行した「顔写真」のある身分証明書の提出が前提となり、健康保険証のように顔写真の記載がないものを本人確認書類として提出する場合は、住民票もしくは公共料金の領収などを併せて提出する必要があります。


    身分証明書が現住所と一致しない場合は、、

    長期の出張や、引越ししたばかりで提出する本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、別途住民票等の提出が必要となります。


    カードの受け取りをローン契約機で行う場合は、旧住所記載の本人確認書類と住民票の2点を持参する必要があり、カードを自宅への郵送受け取りにする場合は、住民票記載の住所への送付となります。


    収入証明書として認められる書類と提出の条件

    収入証明書は50万円を超える申込の場合は必須となり、以下のうちいずれか1点の提出が必要とされています。


    三井住友銀行カードローンの契約時に必要な収入証明書一覧


    収入証明書の提出の有無は、申し込み手続き完了後に行われる「申込内容の確認」の電話の際に伝えられることになります。


    実際の三井住友銀行カードローンの利用までの流れ


    三井住友銀行カードローンの審査スピードは銀行カードローンの中でトップクラスに早く、申込完了日から約2〜3営業日で融資を受けることも可能とされています。

    審査スピードが早いだけではなく、業界最多数のローン契約機を備えることで、夜間の契約手続きローンカードの発行も可能となっており、急いで借入をしたいと考えている人のニーズにもしっかり応えてくれています。

    ゼニエモンの実体験を踏まえながら、申し込みから融資実行までの流れを詳しく解説していきますのでぜひ参考にして頂ければ幸いです。

    今現在、三井住友銀行の口座を利用していない人も、以下の手順で申込から契約手続きまでの完結することで、すでに口座を持っている人と変わらないスピードで融資を受けることができます。

    三井住友銀行カードローン申込から融資実行までのフローチャート

    • インターネットから申込
    • 必要書類の提出
    • 仮審査結果の回答
    • 在籍確認・本審査
    • 本審査結果の回答
    • 契約手続き・ローンカードの発行
    • 申込日から約2日〜3日で借入可能

    最短で融資を受ける為の手順

    上記を踏まえた上で、実際にキャッシングを行うまでの流れを以下で解説していきます。急いで融資を受けたいという人は以下の手順に沿って申し込みを行って下さい。


    インターネットで申し込みを済ませる

    三井住友銀行カードローンの申込はインターネットで済ませておく


    まず、インターネットで申し込みを済ませます。申込方法は、インターネット、電話、郵送、店舗へ来店の4つの申込方法がありますが、最も早く楽なのが、インターネットからの申込方法です。


    必要書類の提出を行う

    三井住友銀行カードローンの書類WEBアップロードの利用方法


    三井住友銀行公式ホームページから「書類の提出」を選択、氏名・生年月日・電話番号の3項目を入力後に、スマホやデジカメで撮影した画像データを貼り付けることで簡単に書類のWEBアップロードは完結することができます。


    郵送やFAXといった面倒な手続きが不要、手続きにかかる時間を短縮することができるので、これはかなりうれしいポイントです!


    WEBアップロードでの書類提出は本人確認書類のみとされているカードローンもあるのですが、三井住友銀行カードローンは本人確認書類だけでなく、収入証明書もWEB上でアップロードすることが可能とされています。


    仮審査結果を電話で受け取る

    インターネットで申込を済ませると、仮審査結果が電話で届きます。この際に審査落ちとなった場合は、メールで届くので、電話が掛かってきた場合は仮審査が通過した、もしくは申込情報に不備があったのかどちらかと考えておきましょう。


    三井住友銀行カードローンから審査結果の連絡がない時は直接電話をする


    また、審査結果の連絡が申し込み後30分以上経過してもないという場合は、申し込み完了後に届くメール記載のフリーダイヤルへ電話し、直接オペレーターへ電話で審査結果を聞く事が出来ます。

    審査の途中であっても電話をする事で、5分〜10分以内には審査の結果を聞くことができるので、急いでいる人は、直接電話をして審査結果を問い合わせる方が確実です。


    以後の審査・契約の流れをどうするかを決定する

    仮審査通過の電話連絡を受け、以後の契約の流れについてを説明等が行われますが、借入を急ぐ人は、ローン契約機にて契約手続きを行い、ローンカードの発行を希望する旨を伝えるようにしましょう。


    三井住友銀行の口座を持っている人はキャッシュカードへローン機能をつけて貰うことができるので、店舗への来店なしでも契約手続きが可能です。


    カードを郵送受け取りした場合は2週間程度かかる

    郵送でのローン専用カードの受け取りを選択した場合、カードが届くまでには、契約日から2週間程度時間がかかってしまいます。
    また、三井住友銀行カードローンは、振込での融資に対応していないのでこの時間を半強制的に待つ事になり、ローンカードの店舗来店での受け取りを選択した方が圧倒的に早いため、急いでいる人はこちらを選択するようにしましょう。


    本審査・在籍確認が行われる

    仮審査通過後、在籍確認が行われ、


    在籍確認について詳しくは後述しますが、この確認がスムーズに完結出来た場合、本審査の結果は最短だと、申込日の翌日に回答されます。


    カードを受け取りキャッシングが行えるようになる

    三井住友銀行のキャッシュカードがローン兼用のカードになる


    三井住友銀行の口座を持っている人は、キャッシュカードへローン機能を付けてもらう事が出来るため、本審査通過後、そのまま借入を開始することが可能です。
    契約書類については後日、自宅へと郵送されます。


    口座を持っていない人、キャッシュカード一体型ではなくローン専用カードで利用したい人は、カードの発行手続きが必要となります。


    カードの受け取りは、三井住友銀行の支店内にある「ローン契約機」か、プロミスの自動契約機のどちらかへ行くことで、20分〜30分程度でカードの受け取りが出来ますが、その手順を詳しく解説していきます。


    各契約機の営業時間

    三井住友銀行ローン契約機 9:00〜21:00
    プロミス自動契約機 9:00〜22:00

    ※一部店舗により営業時間が異なります。


    三井住友銀行のカードを直接受け取りに行く事で対応している無人契約機の写真と図解


    無人契約機へ来店しても、無人でタッチパネルを操作する事になりますが、基本的に簡単な操作で迷う事はありません。


    三井住友銀行のカード発行は3つの手順で完了する実際に発行した際の写真の図解


    これでカードを受け取った瞬間からいつでも融資を受ける事が出来るようになります。

    当サイトでこの手順に沿って手続きを行ったところ本審査通過から融資まで、2時間と37分で行う事が出来ました。

    仕事の合間時間を利用した為、時間がかかった方で、移動時間や、昼休憩までの時間等も入れているため、申し込み側が待たせる時間があり、手続き自体は、もう1時間程度は短縮できると考えています。

    急ぎで早く融資を受けたいという人は上記の手順を参考に実践されて下さい。

    在籍確認について

    在籍確認は、申込者が実際にその会社で働いているのか、在籍があるのかということの確認の為に行われ、基本的には勤務先への電話連絡にて行われることになります。


    この電話は以下のような内容でかかってくるので、「カードローンの審査の為に電話しました」などと伝えられることはまずありません。


    三井住友銀行カードローンの在籍確認の電話内容


    在籍確認の電話は本人がおらずとも、他の人の対応でもOKなのですが、会社への電話連絡がちょっとまずいという人は、この審査完了の電話後に、必ず、会社への電話連絡ではない在籍確認をして欲しいという旨を伝える必要があります。その場合、以下の書類を1点(場合よっては2点)提出する必要があります。

    • 会社発行の給与明細の最新のもの
    • 会社発行の社会保険証
    • 社員証

    が必要となります。また、審査によって、電話での確認でないとNGという場合もあるので、その場合は会社への電話連絡となります。


    会社へ電話される事はOKだが、その日会社への電話応対が出来ない場合

    三井住友銀行カードローンの在籍確認の流れは、今から会社に電話するけどいい?という事前の連絡がないまま会社へ電話がかかります。


    タイミングは、仮審査が終了した後の本人への電話連絡の後です。この時に、会社が休み等で電話しても誰も電話応対が出来ないという場合は、仮審査通過連絡の電話の時に、オペレーターへ直接、今日は会社へ電話しても誰も応対ができないという旨を伝えるようにしましょう。


    これを行うことで、在籍確認を後日確認にしてもらう事が出来ます。ただし、これは審査時に信用に値すると判断できるか、担当者のさじ加減も加味される為、他の書類や申し込み情報、信用情報等に不備がある場合は、この打診は却下され、在籍確認での電話を終わらせないと融資を行えないとなることもありますが、融資を急いでいて、当日中の会社への電話が難しいという場合は、この打診を行うようにしましょう。


    審査基準について

    消費者金融に比べ銀行カードローンの審査は厳しそう、、審査に通るのだろうか?と不安に思う人も多いのではないかと思います。


    確かに、一般的に消費者金融に比べると銀行カードローンの方が審査の基準は厳しめになる傾向にはありますが、三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンの中では審査は易しい部類に入ります。


    ただし、次の項目に当てはまる人は、審査通過のハードルは高くなってしまうと考えておく必要があります。

    • 他社からの残債が年収の1/3以上ある
    • 過去5年以内に債務整理を行っている
    • 他社への返済がを度以上滞納や遅延
    • 半年以内に3社以上のローンの申込をしている

    銀行カードローンへ申込をすると、まず保証会社による仮審査が行われます。
    三井住友銀行カードローンの仮審査を行う業者


    三井住友銀行の保証会社はSMBCコンシューマーファーナンスでは「プロミス」「SMBCモビット」といったカードローンを取り扱っています。


    ですので、過去の債務整理に「プロミス」「SMBCモビット」が含まれる人、今現在これら2社への返済が遅れてしまっている人は、仮審査の段階で非承認となってしまう可能性が高くなります。


    三井住友銀行カードローンは、申込条件に年収や勤続年数による制限も設けられていませんし、仕事をしていて収入がある人は審査に対してさほど心配をする必要はないと言えますが、もし審査に対して不安がある人は、以下ページを参考にしてみてください。審査についてを実例を含めて詳しく解説しています。



    借入方法と利便性について


    三井住友銀行カードローンで利用可能なATM一覧


    カードローンの契約完了後、三井住友銀行の口座を利用している人はすでに持っている「キャッシュカード」、利用がない人は契約後発行される「ローン専用カード」を使ってATMにて借入を行うコトとなるのですが、利用可能なATMの利用手数料・時間外手数料は「無料」となっています。


    ただし、「普通預金キャッシュカード」と「ローン専用カード」では、利用可能となるATMが異なるので少しばかり注意が必要です。


    カードによる利用可能なATMの違い

    対応ATM ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
    三井住友銀行ATM
    コンビニATM
    ゆうちょ銀行ATM ×
    提携金融機関ATM ×

    ローン一体型のキャッシュカードの場合、ゆうちょ銀行や提携銀行のATMでの利用が不可となるのですが、基本的に、利用頻度の高いセブンイレブンや、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニのATM手数料が手数料無料で利用できるので、これにより不便に感じることは少なく済むと考えられます。


    月の利用回数に制限はなく、何度でも無料で利用できる点が嬉しいところです。


    SMBCダイレクトを利用している人はWEB上での借入も可能


    三井住友銀行カードローンSMBCダイレクトを利用した借入


    スマホ・パソコンからSMBCダイレクト専用ページにログイン、簡単な手続きで、カードローン専用口座から普通預金口座へと資金の移動ができるので、自宅から一歩も排出することなくカードローンを利用した借入も可能となります。


    残高や入出金の明細もWEB上で行うことができるので、非常に便利なサービスだと言えます。


    もしもの時に安心!三井住友銀行カードローンの自動融資サービス!

    自動融資は、三井住友銀行の口座を返済用口座として登録していた人のみが対象となるサービスで、


    口座の残高不足により公共料金、各種クレジットカードの利用料金、その他自動払いサービスの引き落としができなかった場合、不足金額をカードローン口座から普通預金口座へと融資することで、返済遅れにより遅延損害金の発生を防ぐことができます。


    三井住友銀行カードローンの自動融資機能


    ただし、以下の引落しについては、自動融資の対象外となります。

    • カードローンの毎月の返済
    • 約低返済日当日の日中に発生する口座振替
    • 預金引き出し時の残高不足
    • 積立定期への自動振替など預金感間の振替
    • 投信自動積立による引き落とし

    金利と借入限度額について

    三井住友銀行カードローンの金利は4.0%〜14.5%、借入限度額は10万円〜800万円とされています。


    契約する融資条件は申込、審査の結果、決定されることになりますが、適用される金利は、借入限度額ごとに定められ以下表のようになります。


    三井住友銀行カードローン借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 適用金利
    100万円以下 年12.0%〜14.5%
    100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
    200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
    300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
    400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
    500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
    600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
    700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%

    三井住友銀行カードローンでは、最も高い上限金利での契約となった場合でも、14.5%となります。


    地方銀行なのカードローンも含めると、もっと低い金利が適用されるカードローンもありますが、14.5%という金利は業界全体の中で比較すると充分に低い水準の金利だと言えます。


    ただ、金利が何%で低い!と言われてもイマイチ、どれくらいの利息が付くのかイメージがわきにくいと思いますので、金利14.5%での契約となった場合の1ヶ月で発生する利息を表にまとめました。


    金利14.5%での契約となった場合の1ヶ月で発生する利息表

    借入する金額 1ヶ月で発生する利息
    10万円 1,191円
    20万円 2,383円
    30万円 3,575円
    40万円 4,767円
    50万円 5,958円

    ※1月は30日で計算 ※小数点以下切り捨て


    金利14.5%での契約となった場合、10万円借入する金額が増えるごとに毎月の利息は約1,200円ずつ増えていくことになります。

    消費者金融のカードローンで適用されることが多い金利18%の場合だと1ヶ月あたりに発生する利息は、借入金額10万円で約1,500円、50万円で約7,500円です。

    借入する金額が大きくなればなるほど金利の差が発生する利息に与える影響は大きくなるので、カードローンを利用して借入したい金額が大きい人は、三井住友銀行カードローンのように金利が低い業者を選ぶことで享受できるメリットが大きくなると言えます。


    借入限度額の増枠をしてもらう方法


    三井住友銀行カードローンの増枠審査を受けるまでの流れ


    初回時の契約した金額を超える金額の融資を希望する場合は、増額の依頼を電話で10分程度のやり取りで行う事が出来ます。


    その都度、審査を受ける必要がありますが、初回契約と違い、職場、住所などが変わっていない限り、本人確認書類の提出や在籍確認などがないため少ないやり取りで対応できるので通常の他のローンへ新たに申し込みをするよりは遥かに早く融資を受ける事が出来ます。


    カードローンでは、借入限度額が大きくなればなるほど、適用される金利が低くなるので、増枠の審査が承認された場合には、適用金利が引き下げられる可能性が高い傾向にあります。


    仮に借入の枠が100万円を超えた場合は、適用される金利は高くとも12%で、1ヶ月で発生する利息は以下表のようになります。


    金利12.0%での契約となった場合の1ヶ月で発生する利息表

    借入する金額 1ヶ月で発生する利息
    10万円 986円
    20万円 1,972円
    30万円 2,958円
    40万円 3,945円
    50万円 4,931円

    ※1月は30日で計算 ※小数点以下切り捨て


    金利12%での契約となった場合、10万円を借入した際に、1ヶ月あたりに発生する利息は1,000円以下に抑えられ、50万円借入した場合でも、1ヶ月の支払利息が5,000円以下となります。


    今すぐお金が必要というわけではない人も、初回借入の完済後に増枠の依頼をしておくことで、いざという時に通常よりも低金利で借入を行うことができます。


    三井住友銀行カードローンは、はじめての利用、中長期的な利用、どちらのニーズにも応えることができるカードローンだと言えます。


    毎月の返済方法と返済額について

    カードローンの返済には、毎月必ず決められた金額以上の返済を行う「約定返済」と支払いに余裕がある時などに自分のタイミングで自由に行える「随時返済」があり、三井住友銀行カードローンの「約定返済」については次のように定められています。


    約定返済日と約定返済の方法

    約定返済日 5日・15日・25日・末日から自身で選択可能 ※銀行休業日の場合は翌営業日
    約定返済の方法 ATMでの直接入金もしくは口座からの自動引き落とし

    口座からの自動引落しによる返済は、三井住友銀行の口座を持っている状態で申込をした人のみが選択可能となります。


    返済時のコンビニATMの利用手数料


    借入と違い、返済は借金を完済するまでの間、毎月必ず行うもので、その際に、数百円とは言え、毎回毎回手数料を支払うのは非常にもったいないです。


    三井住友銀行は、返済時もすべてのATMの利用手数料が無料となり、口座の有無に関わらず約定返済時に、手数料がかかることは一切ありません。


    返済期間が長くなりやすい30万円以上の借入を希望している人には、特に大きなメリットになると言えます。


    三井住友銀行カードローンの最低返済額はメチャクチャ低い

    毎月の約定返済額は、返済時点の借入残高によって決定されることになり、以下表のようになります。


    三井住友銀行カードローン毎月の最低返済額表

    約定返済時の借入残高 約定返済金額 (最低返済額)
    2千円未満の場合 約低返済時の利息と借入残高の合計額
    2千円以上10万円以下 2,000円
    10万円超20万円以下 4,000円
    20万円超30万円以下 6,000円
    30万円超40万円以下 8,000円
    40万円超50万円以下 10,000円
    50万円超60万円以下 11,000円
    以降300万円以下まで借入残高が10万円増すごとに 1,000円ずつ追加
    300万円超350万円以下 40,000円
    以降500万円以下まで借入残高が50万円増すごとに 5,000円ずつ追加
    500万円超600万円以下 60,000円
    以降800万円まで借入残高が100万円増すごとに 5,000円ずつ追加

    10万円以下の借入であれば毎月の最低返済額は2,000円、20万円以下なら4,000円と10万円ごとに最低返済額が定められているので、月々の返済の負担はかなり低く抑えられています。

    銀行カードローンでは借入残高50万円以下の最低返済額は一律10,000円と定められている銀行も多く、三井住友銀行カードローンの返済額はメチャクチャ低い水準です。

    返済額が低いことで、余裕を持った返済ができ、生活が圧迫されない、返済の滞納をしにくいといったメリットがある反面、決められた最低返済額のみで返済を続けた場合、返済が長期化しその分支払う利息が大きくなってしまうというデメリットにもなるということを理解しておく必要があります。

    以下、最低返済額のみで返済を続けた場合と、毎月1万円の返済を続けた場合の最終的に支払う利息を返済シュミレーションを使い算出、表にまとめたので詳しく解説していきます。


    借入する金額 最低返済額のみで返済 毎月1万円の返済
    10万円 51,374円 (75回) 7,232円 (11回)
    20万円 137,167円 (121回) 30,319円 (24回)
    30万円 237,068円 (153回) 74,842円 (38回)
    40万円 350,890円 (181回) 149,799円 (55回)
    50万円 469,098円 (202回) 271,608円 (78回)

    ※金利14.5%で計算 ※()内は返済回数



    金利は同じでも毎月の返済額の違いで、最終的に支払うことになる利息にはこのように大きな差が生まれることになります。


    銀行カードローンでは、借入残高が減ることで自動的に最低返済額が引き下げられる仕組みとなっているので、支払い回数を減らし、最終的に支払う利息を小さく抑えるには、自発的な「随時返済」を行う必要があります。


    口座からの自動引落での返済を選択した人は、ATMでの入金、もしくはSMBCダイレクトからの振込といった手続きにて「随時返済」を行うことになります。


    最低返済額のみでダラダラと返済を続けてしまうと、低金利で借入ができるというせっかくのメリットが全くの無意味となってしまうため、支払いに余裕のある月には、多めの金額の返済を行い、極力、返済期間の短縮、早期完済を目指すような利用の仕方を推奨します。


    多くの銀行カードローンが、「随時返済」を行った場合にも口座からの自動引き落としによる「約定返済」は行われるのですが、三井住友銀行カードローンでは「随時返済」により最低返済額以上の入金を行った場合には、口座からの自動引落しでの返済は行われません。


    三井住友銀行カードローンを利用するメリットとデメリット

    三井住友銀行カードローンについて徹底調査、詳しく解説をしてきましたが最後にこのカードローンを利用するメリットとデメリットを簡単にまとめました。


    三井住友銀口座を持っているのか持っていないのかによって、融資までの流れの違いや、契約後の利便性が異なるので、まずは三井住友銀行の口座を持っている人のみが享受できるメリットから紹介していきます。


    三井住友銀行の口座を持っている人のみが得られるメリット

    ローンカードの発行なしで利用できる

    すでに手元にある普通預金口座のキャッシュカードにローン機能を付帯することでカードローンの借入・返済が可能となります。
    ローンカード一体型キャッシュカードとなるので、カードが増えることがありません。


    返済が口座引落で設定できる

    口座を持っている人は、口座からの自動引き落としで返済が出来るようになります。
    三井住友銀行は返済日は月に契約時に決めた日に返済するようになりますが、この日付を1日でも過ぎると滞納となります。
    口座引落での返済であれば滞納により自身の信用情報にキズがつくリスクを低くでき、お金の管理が楽になります。


    SMBCダイレクトの利用でWEB上での借入が可能となる

    インターネットバンキングSMBCダイレクトにログインすることで、カードローン口座から普通預金口座へと瞬時に資金の移動、融資が可能となります。


    口座振替で残高が足りない時に自動で融資を受ける事ができる

    三井住友銀行口座を返済用口座として登録した人は、家賃や、光熱費などの引き落としの際に、口座の預金残高不足となった時に、自動的に不足額が入金される自動融資の機能をつける事が出来ます。


    カードローンを先に契約し後から銀行口座を作った場合でも、ローンカードとキャッシュカードを一体型の1枚のカードに統一する事は可能で、これらのメリットは今現在三井住友銀行の口座を持っていない人でも享受することができます。


    三井住友銀行カードローンを利用するメリット

    銀行カードローンの中では融資スピードはトップクラス

    大手消費者金融とまでは行きませんが、融資までのスピードはトップクラスです。
    土日祝日でも審査を行っていて早ければ約2日で融資可能というのは借入を急ぐ人にはかなりうれしい情報となります。


    低金利で借入することができる

    どんなに高くとも適用される金利は14.5%以下となるため、カードローン業界の中では平均より低い金利での借入をすることができます。


    毎月の最低返済額はかなり低い

    三井住友銀行カードローンが人気な理由の一つで、月額の返済額が低いという事が挙げられます。
    他社カードローンと違い、10万円単位で、細かく最低返済額が設定されており残債が減れば、毎月の返済額も減っていくという仕組みになっています。


    口座不要でカードローンのみを利用できる

    大半の銀行カードローンでは、銀行口座の口座開設が必須条件となりますが、三井住友銀行の場合は不要で、カードローンのみを契約できるので、融資時間が他行と比べると早いという特徴があります。


    店舗数が多くプロミスの無人契約機でもカード発行ができる

    全カードローンの中でも、店舗数が最も多いのが、三井住友銀行とプロミスで、三井住友銀行の支店内のローン契約機に加え、プロミスの無人契約機でもカードを発行してもらう事ができるので、カードの直接受け取りをしたい人で、利用できる契約機がないといった状況になることは滅多にないと考えられます。


    三井住友銀行カードローンを利用するデメリット

    無利息期間がない

    三井住友銀行カードローンは大手消費者金融などで多く扱われている「無利息サービス」がありません。


    2万円〜5万円程度の短期間での返済の目処が付いているお金を借りる場合は、無利息期間の付いている消費者金融を利用した方が、即日での融資も可能となり向いています。


    10万円程度以上利用したい人は、金利の低い、三井住友銀行カードローンを選んだ方が少ない返済総額で済む可能性が高いのですが、2万円〜5万円程度の少額融資を希望する場合は、無利息期間のあるカードローンを選択するようにした方が得だと言えます。


    三井住友銀行カードローン調査結果のまとめ


    三井住友銀行カードローンのデメリットとしては、無利息期間がないという程度であって、基本的に全業者と比較したところ、メリットの方が遥かに多いカードローンです。

    小口、大口どちらのニーズにも対応しているので、カードローン選びに迷ったら三井住友銀行カードローンを選んでおけば、他社よりもストレスなく利用出来るという捉え方で問題ないと言えます。

    1点ほど注意しておく必要があるのが、月々の返済額が低く、最低返済額が残債によって上下する為、最低返済額を返済し続ける事で、消費者金融よりも返済総額が増える可能性もあるという点です。

    三井住友銀行カードローンの利用をする際には、こまめな残債確認を行い、随時返済を活用して利用することを推奨しています。


    三井住友銀行カードローンの口コミを見る

    0825kyk

    在籍確認も安心でした!

    登録をして1時間後に審査結果がメールできました。まず審査に通るか不安でしたが、1時間という早さで結果が出て安心しました。
    派遣をしているので在籍確認が不安でした(T_T)なので派遣先に電話をして欲しい事と昼休みの12時から13時の間で電話をして欲しい事を伝えたら快く受けてくれました!昼休みなので自分で電話を受けることができ、名前を確認されてすぐ終わりました!
    友人の結婚式に参加するため5万円必要で申し込みをしたのですが、なんと100万円の枠が貰えましたW(`0`)W
    こんなに大きい枠がもらえるとは思っていなかったのですごくビックリしました(°▽°)
    カード発行は仕事が終わってプロミスの自動契約機に行って10分くらいでカード発行できました。あまり自動契約機のところに居たくなかったので、カード発行の時間の早さも嬉しかったです♪
    その後セブンイレブンに行き5万円を借りることができました!♪( ´▽`)
    手続きも簡単で想像以上に審査時間も早く大きい枠ももらえて非常に良かったです☆

    秋田

    自分が、滞納したのが悪いけど

    契約して、3年になります。
    100万円の枠を初回で作っており、30万円ほど借りていました。
    完済し、そこからしばらくたった後に、また15万円ほど借りようとしたのですが、
    使えなくなっていました。
    そこで電話してどうして使えないのかと聞いたら、滞納を何度もされているから一時的に縮小しましたという内容でした。
    何度もといっても、3回ほど、期限が過ぎてますからいつ入金できますか?という電話をもらって電話が掛かってきた日のうちに3度入金したことしかないのですが、
    これで滞納しまくったっていう扱いで枠を報告もなしに勝手に縮小されるのはどうなんだろうと思いました。一番悪いのは滞納した自分が悪いのは間違いないのですが、
    この扱いはないと思いました。
    皆さん、返済を数回遅れたら枠が連絡なしに勝手に、縮小されるので注意してください。

    ishi

    契約後に増枠の提案が来た

    4年くらい前の話で、カードローンを2社利用経験があり、増枠するすすめが来たのは初めて。
    150万円の枠だったが、50万円ほど増枠してもらえました。

    内容も電話が掛かってきて、じゃあお願いします。と答えて、20分後にまた電話が掛かってきて、枠が大きくなったとのこと。

    結局、残債を減らしたかったのでそれ以上は借りなかったが、未だにその枠は残っているのでいざという時に借りれる環境であるということは嬉しい。

    石田

    滞納を3回したら枠が大幅に縮小された

    カードで返済してたので、返済を忘れた月が、3回ほど。2年くらいの間に計3回くらいで、どれも電話が掛かってきて、あ!忘れたという感じ。電話も1日遅れじゃなくて、1週間くらい経ってから電話が掛かってくるので、その都度延滞金を払うけど意外と馬鹿にならない金額かかる。

    基本返済だけの利用だけど、入り用があって2万借りようとしたらカードが使えなくなってて電話したら、滞納が多いので枠を縮小したとの事で、もう一度審査を受ける必要があるけどどうするかと聞かれたので断った。

    滞納が期間内の割合なのか累積なのか分からないが、返済は期日までにキチンと行わないと利用出来なくなるので当たり前のコトを言うけど取立てが厳しく無い分、責任を持って利用したほうがいいと思う

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ