J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングについて

更新日:

ジェイスコアのロゴ画像


ジェイスコアはAIを活用した「AIスコア・レンディング」を行っているローン業者です。
早い話がAIが申し込み者の「現在の自分に置かれた状況」をスコア化し、この人なら○○円までの融資を金利○○%で行えると算出する従来の個人向け融資とやや異なりますが、事前に融資可能額と金利を提示してもらえるというメリットがあります。


また、金利面でも最高でも12.0%と上限金利での契約となったとしても銀行カードローンよりも低金利で融資を受けることが出来るためスコアの算出だけでもしておいて損はありません。


またスコア提示後は最短即日融資にも対応しているので、スコア算出まで一手間掛かりますが急いでいる人にもおすすめのローンです。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年0.8%〜12.0% 10万円〜1,000万円 公式サイトを参照 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年12.0% 満20歳以上満70歳以下※ 残高スライドリボルビング方式 ネット上のみで完了
※国内に居住する人のみ



    J.Score(ジェイスコア)って?AIスコア・レンディングとは?

    ページ冒頭でも触れていますが「J.Score(ジェイスコア)」が金融機関名、「AIスコア・レンディング」がローン商品名となります。


    まず、簡単にこのジェイスコアという会社がどのような金融機関なのかということを説明します。


    以下の表を見てください。


    貸金業者登録番号 関東財務局長(1)第01510号
    日本貸金業協会会員番号 第005986号
    貸金業者登録日 2017年2月16日
    本店

    東京都港区赤坂五丁目3番1号赤坂BIZタワー29階


    引用元:金融庁「貸金業者一覧」より


    みずほ銀行が出資しているということもあり、「ジェイスコアのAIスコア・レンディング=銀行カードローン」といったように考えている人もいるかもしれませんが、ジェイスコアは日本貸金業協会の会員の貸金業者であり、銀行カードローンではありません。


    無担保、保証人なしで個人がお金を借りることができるということに違いはありませんが、ジェイスコアは「貸金業法」に則って融資を行っているということは理解しておきましょう。


    これを踏まえた上でこのページは読み進めるようにしてください。


    J.Score(ジェイスコア)へ申込資格のある人はどんな人?

    J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを利用して融資を受けるためには、まず最初に次の条件を満たしておくことが条件となります。


    • 契約時の年齢が満20歳以上70歳以下で国内に居住していること
    • 安定かつ継続した収入が見込まれること

    属性・職業による申込の制限

    ジェイスコアへの申込を行う事が出来る属性


    アルバイトの給料がある学生、パート収入がある主婦、留学生など永住権のない外国人の人も申込可能と、多くの人が融資の対象とされています。


    年収や勤続年数による申込の制限も特別設けられていないので、J.Score(ジェイスコア)の属性・職業による申込の制限は緩やかであると判断できます。


    ただし、J.Score(ジェイスコア)は、日本貸金業協会に加盟している貸金業者であるため、プロミスやアコム、アイフルなどの他消費者金融と同様に以下のようなルールがあるということは知っておく必要があります。


    総量規制の対象となるため年収の1/3以上は融資を受けることが出来ない
    安定した収入(返済能力)がない人は融資を受けることが出来ない

    このように貸金業法や、日本貸金業協会の自主規制項目等が適用されるため、現在仕事をしておらず収入のない無職の人や専業主婦の人などは申込の対象外となり融資を受けることはできません。


    融資を受けるために必要となる提出書類について

    J.Score(ジェイスコア)では、仮審査通過のタイミングで次の書類の提出が必要となります。


    自身の身分を証明するための本人確認書類
    年収を証明するための収入証明書

    提出のタイミングは仮審査通過後となるので、メンバーシップへの登録、AIスコアの算出、申込時には手元にこれらの書類が用意できていなくとも問題ありません。


    ただ、急いで借入をしたいと考えている人は手続きをスムーズに進めるためにも、前もって必要書類を手元に揃えておくことをオススメします。


    本人確認書類として認められるもの

    顔写真の記載がある公的な書類のみ、本人確認書類として認められ、J.Score(ジェイスコア)を利用するには次うち1点が必ず必要となります。


    J.Score(ジェイスコア)で本人確認書類として必要になる書類の例


    健康保険証を本人確認書類として提出する場合は、「氏名」「生年月日」「現住所」の3項目が記載されているものに限られます。


    収入証明書として認められるもの

    以下2つの条件のうちいずれかに該当する場合には、収入証明書の提出が必須となります。


    これはJ.Score(ジェイスコア)だけの特別なルールではなく、プロミスやアコムなど全ての貸金業者に課せられる決まりごとです。

    • 借入限度額が50万円を超える
    • 他社での借入額と今回の限度額の合計額が100万円を超える

    以下の書類が収入証明書として認められています。


    収入証明書 有効条件 注意事項
    源泉徴収票 前年度(直近分) 公的年金等の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」は除く

    住民税決定通知書
    納税通知書

    前年度(直近分) 市民税・県民税の特別徴収税額の決定・変更通知書など
    所得(課税)証明書 前年度(直近分) 市町村役場で発行されたもの

    これらの書類の用意がどうしても難しいという場合に限り、給与明細の提出でもOKですが、その場合には直近の2ヶ月分、ボーナスがある場合には直近の賞与明細(過去1年以内のもの)を用意する必要があります。


    審査の結果によっては契約する借入限度額に関わらず、収入証明書の提出を求められる場合もありますが、融資希望額が50万円以下の人は基本的には本人確認書類の提出のみで融資を受けることができる可能性が高いと考えておいて問題ありません。


    ただし、外国籍の人は「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」を、学生の場合は「学生証」を併せて提出する必要があります。


    AIスコア・レンディングの融資の仕組み


    J.Score(AIスコア・レンディング)では、みずほ銀行が保有しているビッグデータや審査のノウハウ、ソフトバンクのビッグデータとAIによるデータ分析能力を使うことで、申込者の信用情報をAIスコアという形で算出しそのAIスコアを元に融資を行っています。


    これには米国の有力FinTech(フィンテック)企業など海外の最先端事例・ノウハウも取り入れられています。


    上記解説を見て、「あぁ!なるほどね!」と理解できた人は少ないですよね。


    ビッグデータやフィンテックなど横文字が並びなんだかややこしい感じがしますが、カンタンに説明すると、AIスコア・レンディングは


    「AI(人工知能)が申込者の信用度に点数をつけて融資する金額や金利を決めるキャッシングサービス」


    だと言えます。


    が、まだいまいちピンとこない人の方が多いと思うので、以下で実際にAIスコアを算出した際の画像を使いAIスコア・レンディングの融資の仕組みと特徴を解説していきます。


    メンバーシップに登録してAIスコアを算出する

    メールアドレスとパスワードを設定して「メンバーシップ」への登録を行ったのちに、以下のように会話調で自身の情報を入力してAIスコアを算出します。


    ジェイスコアへ登録の際に行う会話調のやり取り



    これでまず基本のスコア値が算出されます。ここから更に、スコアを正確に算出、又はスコアアップの為に以下の情報の入力を行います。


    ジェイスコアへスコアアップの項目選択の画面と説明


    メンバーシップのホーム画面にAIスコア診断の結果が表示される

    J.Score(ジェイスコア)のメンバーシップホーム画面上に表示されるAIスコア診断結果


    このAIスコアの確認作業を「AIスコア診断」といい、ここで表示されたAIスコアが600点を超えた場合にのみAIスコア・レンディングの申込へと進むことが可能となります。


    ちなみに、今現在は事前にAIスコア診断を利用せずにいきなりAIスコア・レンディングに申込をすることも可能となっていますが、いずれにしてもAIスコアの算出は行われ600点を超えない限り融資を受けることはできません。


    AIスコア・レンディングと従来のカードローンの融資の仕組みの違いは?

    以下の2点がAIスコア・レンディングと従来のカードローンの融資の仕組みの大きな違いだと言えます。


    自身の信用情報に対する評価を目に見えるAIスコアという形で確認できる

    従来のカードローンでも融資の可否は、申込者の信用情報をスコア化、そのスコアによって判断されているという点については違いはないのですが、従来のカードローンではそのスコアを申込者本人が目に見える形で確認することはできません。


    審査落ちとなった場合には自身のスコアが基準に満たなかったという判断となり終了です。


    これに対しJ.Score(ジェイスコア)の場合はAIスコア診断を受けることで、自身の信用情報に対する評価を目に見える形で確認することが可能となっています。


    将来的な可能性も含めて融資を検討してもらえる

    従来のカードローンでは、年齢、職業、年収など今現在の信用情報から申込者の信用情報のスコアリングが行われるのに対し、AIスコア・レンディングでは学歴や趣味など全部で約150項目の質問が用意されており、申込者の将来的な可能性も含めてAIスコアを算出、融資を検討してもらうことが可能です。


    思考パターン、行動パターンをAIが膨大な量のビッグデータと照らしあせて、申込者の「将来的な信用力」を測っているのではないかと考えられます。


    J.Score(ジェイスコア)を含め、どのようなローン商品でも審査の際のスコアリングの基準についてはユーザーが知ることはできないのですが、AIスコア・レンディングでは従来のカードローンの審査に通過することができなかったという人でも、融資を受けることができる可能性があると言えます。


    また、AIスコア診断の段階では個人を特定する情報は一切不要、AIスコア診断の結果が信用情報機関に登録されることもないので、どのような結果であれ今後のローンの審査に対する影響は全くありません。


    ですのでローンの審査に少しでも不安があるという人は、ひとまずAIスコア・レンディングへの申込前にAIスコア診断を利用してみることをオススメします。


    AIスコア診断で600点以上のAIスコアとなれば、必ず審査に通過できるという保証がされるわけではありませんが、審査通過への期待値は高く持つことができます。


    AIスコア診断により表示される融資条件はあくまで「目安」だということを理解しておくコト

    • AIスコア:709点
    • 貸付利率:11.4%
    • 契約極度額:200万円

    上図解ではメンバーシップのホーム画面にこのようなAIスコアと融資条件が表示されていますが、これはあくまで、表面的なものであって、確実にこのスコアの数値が融資可能額になるわけではないということは必ず理解しておきましょう。


    その根拠に、J.Score(ジェイスコア)への登録の際の同意事項に以下の記述があります。


    AIスコアによる貸付利率・契約極度額

    2018年6月21日時点
    (※)お客さまのレンディング条件は、ログイン後の「メンバーシップ」ページにてご確認になれます。
    (※)AIスコアと貸付利率(年率)、契約極度額との対応関係は変動することがあります。
    (※)AIスコアは1,000点を上限に表示され、600点未満の場合、スコアレンディングをご利用できません。スコアアップにより、600点以上となった場合はご利用になれます。
    (※)貸付利率は、情報連携による金利引下げを適用した場合を含みます。
    (※)貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。


    引用元:https://www.jscore.co.jp/lending/about/より


    算出されるAIスコアと実際の適用金利、借入限度額は異なる場合があるとの記載が確認できます。


    この段階で言えば、このAIスコアであればこれだけの極度額と金利で契約出来るという事と感じますが、これは決定項目でなくあくまでAIが判断したスコアからの算出値であって、ここから新たに審査が行われ正式な金利と借入限度額は決定されることになります。


    つまり、フィンテックを使った新しい融資の形というような打ち出しではありますが、利用者側目線で見れば、これは貸付上限金額があらかじめ設定されているかなり高度な審査シミュレーションとそこまで変わりはないと言えます。


    AIスコアが600点に満たなかった場合はAIスコアレンディングの利用はできない?


    J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディングのスコアアップ


    上項目でも軽く触れていますが、従来のカードローンでは審査、スコアリングの結果が各業者が定める基準に満たなかった場合には審査落ちとなりその業者からの融資を受けることはできません。


    これに対し、J.Score(ジェイスコア)ではAIスコア診断の段階でもしAIスコアが600点に満たなかった場合でもまだ融資の可能性は残されます。


    AIスコアは一度算出されればそれで終わりということではなく、用意された質問に回答、より多くの情報をJ.Score(ジェイスコア)に提供していくことでスコアアップをすることも可能です。


    一度回答した質問に再度回答することもでき、人事異動があって役職がついた、卒業して学生から社会人になったなどの変化があった場合には大幅なスコアアップも見込まれます。


    ジェイスコア公式アプリからのスコアアップが可能に!

    2018年7月12日からジェイスコア公式アプリのiOS/Android版の提供が開始されました。


    このアプリでは従来WEBからの手続きのみ受け付けていた、「メンバーシップへの登録」「AIスコア診断」「現在のスコア確認」などを行えるだけでなく、新たに追加された新機能「ハビットチェンジ」を利用することが可能となっています。


    ハビットチェンジはアプリからのみ利用できる機能で、日常の良い行動の習慣化を目的としており利用することでAIスコアのスコアアップも望めます。


    早速アプリをスマホにインストールし実際に「ハビットチェンジ」を利用、AIスコアのスコアアップ方法やスコアアップにより得られるメリットについての解説を以下ページにまとめましたので、自身のAIスコアを高めたい、より好条件で融資を受けたいと考えている人はぜひ目を通してみてください。



    ウソの情報を入力してスコアアップしても意味がない


    質問への回答は後から編集するコトができ、新たなメールアドレスでジェイスコアへの登録は何度も行う事が出来ます。


    なので、自身の年収や職業を偽って入力するコトでいくらでも高スコアを出すことも可能です。


    が、AIスコアをのスコアアップを狙って、やたら滅多にスコアが高くなりそうな入力をしたところで申込後の審査時に必ずボロが出ます。


    とくに、後から審査を受ける際に重要な項目(年収や現在受けている融資金額)などで嘘の記述をした場合、この申込者はウソ付く人というような判断をされ、大きなマイナス材料となるため、本来であれば借入できたかもしれないのに、審査落ちとされてしまう可能性も否定できません。


    AIスコア診断時には、自身が今現在置かれている正確な情報を入力するようにしましょう。


    申込から契約完了までの流れ

    ジェイスコアで実際に融資を受けるまでの流れは以下のようになります。


    • メンバーシップに融資条件が表示される
    • 申込を行う
    • 仮審査結果がメールで届く
    • 書類等の提出を行う
    • 契約の手続きを行う
    • 銀行振込から融資を受ける

    このような流れとなっており、まず融資の申込自体が、ある程度のスコアの状態でないと申込を行う事が出来ません。


    ジェイスコアのスコアが高い場合は申込ボタンが表示される


    申込

    ジェイスコアは、銀行カードローンや大手消費者金融のような店舗での手続きは不可、インターネットからの申込のみの受付となります。
    インターネットでの申込は24時間可能なので、PC・スマホがあればいつでもどこからでも申込手続きは可能です。


    仮審査回答

    申込手続きが完了すると、申込完了メールが届き、仮審査結果を待ちます。
    問い合わせによると、仮審査結果の連絡の目安は、1時間〜3時間程度との事でした。


    Eメールで審査が終わったメールを受けたあとに、仮審査結果の確認をインターネット上で行います。


    書類提出・在籍確認

    仮審査に通過後、必要書類を提出することになりますが、本人確認書類と収入証明書、どちらの書類もスマホやデジカメで撮影した画像データをWEB上でアップロードするコトで書類提出を完結できます。


    ジェイスコアの必要書類のアップロード


    郵送やコピー・FAXといった手続きが不要、書類提出後の本審査へとスムーズに進めることができるので、借入を急ぐ人にとっては重要なポイントだと言えます。


    ただし、画像がブレて不鮮明な場合には、再度画像の送信を求められることとなり、その場合には余計に時間がかかってしまうことになります。


    本人確認書類であれば氏名や住所、収入証明書は氏名、年収、会社名などがしっかりと鮮明に写っていることを確認してから画像アップロードは行うようにしてください。


    必要書類の提出後、本審査へと移るのですが、このタイミングで勤務先の確認の為に「在籍確認」が行われるコトになります。
    ※在籍確認について詳しくは後述しますので参考にしてください。


    本審査結果連絡・契約手続き

    本審査通過後、契約手続きを行うのですが、この手続きもWEB上で完結するコトができ、郵送やFAXといったメンドウな手続きが一切不要です。


    この契約手続きが完了次第、契約した借入限度額、金利で融資を受けるコトができます。


    ジェイスコアの申込から融資実行までにかかる時間は?


    J.Score(ジェイスコア)の申込から融資実行までの所要時間


    ジェイスコアは仮審査結果の回答まで最短30秒、最短即日で融資を受けることも可能とされています。


    インターネットから24時間申込可能、契約手続きはWEBで完結、最短即日融資も可能と借入を急ぐ人のニーズにバッチリ対応している上に、業界トップクラスの超低金利でキャッシングできるので、ジェイスコアはこれ以上ないというくらいにハイスペックなローン商品だと言えます。


    ただし最短即日で融資を受けるためには、審査の受付可能な時間や融資実行可能な時間を知り、一定の条件を満たして置く必要があります。


    以下ページでジェイスコアの申込から融資実行までの流れと掛かる時間についてを徹底調査、最短即日で融資を受けるために満たしておく必要がある条件についてを詳しく解説していくので、融資を急いでいるという人は申込前に一度目を通してもらうことをオススメします。



    ジェイスコアの金利と借入限度額について

    ジェイスコアの金利は後述しますが、他社と比較しても銀行の平均的な金利である14.5%よりも低い金利で最高でも12.0%という他社を寄せ付けない低金利というのが魅力です。


    それに加え、まず知っておきたいのが現在使っている銀行やサービスによって更に0.3%の金利の引き下げが利用できるので以下に該当する人は最高でも11.7%という金利で融資を受けることが出来ます。


    ジェイスコアの情報連携による金利引き下げサービス


    金利の引き下げに該当するもの

    • みずほ銀行の銀行口座
    • ソフトバンクの電話契約
    • ヤフージャパンのサービスの利用者
    • ワイモバイルの契約者
    ワイモバイル携帯をウィルコム沖縄と契約している場合の人についてジェイスコアへ問い合わせるとウィルコム沖縄からジェイスコアへの携帯電話の利用状況の情報提供に同意すれば、ウィルコム沖縄の契約者の人も金利の引き下げ条件に該当するとのことでした。

    情報連携1社ごとに契約する金利が0.1%引き下げられるので、すべての情報連携を行えた場合には最大0.3%程金利が引き下げられ、契約金利は年0.8%〜12.0%となります。


    (※)貸付利率は、情報連携による金利引下げを適用した場合を含みます。
    (※)貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。


    なお、ヤフージャパンとの情報連携で金利引き下げとなるのは、以下の条件のうちいずれかひとつを満たす場合のみとされています。

    • 情報連携に同意した日の前月末から過去1年以内に「ヤフーショッピング」の購買履歴がある
    • 情報連携に同意した日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある
    • 情報連携同意時点で「ヤフープレミアム会員」である

    ジェイスコアのMAX12.0%という金利は低いのか?大手銀行カードローンの金利と比較してみました

    ジェイスコアは、最高でも12.0%の金利と言われてもカードローンの利用になれていない人はちょっとわかりづらいですよね。


    一般的に金利が低く設定される銀行カードローンの中でも、金利が低い水準となる「みずほ銀行カードローン」の金利と比較してみたので以下の表を見てください。


    みずほ銀行カードローンの借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 適用金利
    800万円 2.0%
    600万円以上800万円未満 4.5%
    500万円以上600万円未満 5.0%
    400万円以上500万円未満 6.0%
    300万円以上400万円未満 7.0%
    200万円以上300万円未満 9.0%
    100万円以上200万円未満 12.0%
    10万円以上100万円未満 14.0%

    上の表を見てもらうと分かるように、借入限度額が大きくなればなるほど、適用金利は低くなっていきますが、ジェイスコアの上限金利は12.0%なので、最も低い借入限度額、10万円での契約時でもこの金利が適用されます。


    一方、みずほ銀行カードローンは12%の金利が適用されるのは、借入限度額が100万円以上になることが条件、同じ10万円の借入限度額だった場合、適用されるのは上限金利の14.0%となります。


    ジェイスコアの金利の低さは業界トップクラス


    金利の幅がかなり広いのですが、最も高い金利設定であっても、年12.0%の金利となっているため、大手消費者金融の年18.0%よりも、6.0%も低く、更に低金利と言われている銀行カードローンの平均的な金利である年14.5%よりも年2.5%ほど低い設定になっています。

    12%という金利は、一般的に金利が低いと言われる銀行カードローンでも、適用されるのは借入限度額が100万円を超えた場合となるコトがほとんどですので、最も小さい10万円の借入枠でもこの金利で借入可能なジェイスコアは、とにかく低金利で借入したいと考えている人にとって、かなり好条件な借入先だと言えます。

    以下、上限金利での契約となった場合の1ヶ月あたりに発生する利息を算出し表にまとめているので参考にしてみてください。

    上限金利で契約した場合の1ヶ月あたりの発生利息表

    借入する金額 契約金利:12.0% 契約金利:14.0%
    10万円 980円 1,140円
    20万円 1,970円 2,280円
    30万円 2,950円 3,450円
    40万円 3,940円 4,590円
    50万円 4,930円 5,700円
    60万円 5,910円 6,900円
    70万円 6,900円 8,050円
    80万円 7,890円 9,200円
    90万円 8,870円 10.350円
    100万円 9,860円 11,500円

    ※1ヶ月は30日で計算
    ※小数点以下切り捨てで計算しているので若干の差あり


    金利引き下げ以外の情報連携のメリット

    情報連携を行い、より多くの情報をジェイスコアに提供するコトで大幅なスコアアップも見込まれます。


    また、スコアはあくまで目安、高スコアが算出されたから必ず審査に通過できるということではありませんが、口座情報、携帯電話の利用状況といった情報は、審査の際にプラスの判断材料となる可能性があります。


    情報連携による金利引き下げは最大でも0.3%とそこまで大きな数字ではない為、さほどメリットに感じないし、面倒だという人もいるかもしれませんが、情報連携の手続き自体はWEB上で簡単に行えるので、該当する契約がある場合には、情報連携は積極的に行うことを推奨します。



    ジェイスコアの金利についてもっと詳しく理解しておきたいと感じた人は以下ページを読んでみてください。


    他社カードローンの金利、発生利息の徹底比較だけでなく、金利決定の仕組みや最も低金利で契約する方法などについても詳しく解説しています。



    審査の仕組みについて


    「ジェイスコアの審査はAIが行っている」「審査は甘い」「過去に債務整理をしていても審査に通る」というような口コミや評判がインターネット上で見受けられますが、審査はAIが行っているわけでもありませんし、審査の仕組みそのものは従来の消費者金融や銀行カードローンのものと変わりありません。

    となると、「AIスコアは何の為に算出しているの?」「審査には何の影響もないの?」「ジェイスコアの審査って厳しいの?」といった疑問が浮かぶのではないかと思います。

    この項目では、このような疑問や不安について検証、ジェイスコアの審査通過の為に押さえておきたいポイントを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

    AIスコアの算出は「お試し審査」の強化版と考えておく

    各カードローン業者によって「3秒診断」「簡易診断」「お借入診断」などと呼び方は異なりますが、「お試し審査」とは本申込の前に、融資可能かどうかということを判断する、審査シミュレーションツールのことを指します。


    お試し審査の多くが、年齢、年収、他社借入額、雇用形態といった3〜4項目程度の質問に答えることで診断結果が出るのに対し、ジェイスコアのAIスコア・レンディングの場合、約150項目の質問に答えることになるので、その精度は大きく異なりますが、氏名や住所といった個人を特定できる情報は不要、本申込前に融資の可否が判断できるという点には違いはありません。


    AIスコアの算出にはメールアドレスの登録、アカウントの作成が必要となりますが、お試し審査、AIスコア・レンディング、どちらも誰でも何度でも診断を受けることが可能です。


    お試し審査で申込可能と判断された場合でも、本申込の結果が審査落ちとなることがあるように、AIスコアが600点を超え、高評価でも審査落ちとなってしまう可能性は十二分にあると考えておきましょう。


    ジェイスコアでも「貸金業法」に基づいた審査が行われている

    AIを利用しているということで、独自の審査を行っていそうなイメージがありますが、ジェイスコアは日本貸金業協会へ登録されている貸金業者で、プロミスやアコムといった消費者金融と同様に、「貸金業法」に則った審査が行われています。


    貸金業法では、以下のように、「貸金業者が個人へ融資を行う際には指定信用情報機関への加入すること」が義務付けられています。


    指定信用情報機関への加入の義務付け

    指定信用情報機関には、現在、(株)日本信用情報機構および(株)シー・アイ・シーの2社が指定を受けました。これまでは任意であった貸金業者の信用情報機関への加入が義務化され、個人向け貸付けを行う貸金業者は、必ず指定信用情報機関に加入し、指定信用情報機関の保有する信用情報を使用しなければなりません。また、利用者の残高などを正確に把握し過剰な与信を防止するため、指定信用情報機関の間で残高情報等の個人信用情報が交流されることになりました。
    引用元:日本貸金業協会HP「貸金業法について」

    ジェイスコアは指定信用情報機関「CIC」に加盟しています。


    なので、AIスコアが600点以上となり、本申込を行う際には、CICへの個人の情報の登録、開示への同意を必ず求められることになり、これにより自身の今現在のローン利用状況、過去の金融事故の有無といった情報は全て明らかにされることとなります。


    AIスコア算出時に、他社からの融資は受けていないということにしていた場合、このタイミングでその嘘はバレることになります。


    他社からの借入があるから絶対に審査落ちになるということではありませんが、返済の滞納や遅れがありローンの利用状況が著しく悪い場合や5年以内に債務整理や任意整理を行っているという場合、AIスコアが高評価だったとしても審査落ちとなる可能性は高くなると考えておいてください。


    総量規制の対象となり年収の1/3を超える借入はできない

    貸金業法に則って融資を行うことになるので、消費者金融と同様にジェイスコアも総量規制の対象となり、年収の1/3を超える借入をすることはできません。


    ジェイスコアの総量規制による借入限度額の制限


    AIスコア算出時には正確な年収、正確な他社からの借入残高の確認はできませんが、審査の際には、収入証明書による年収の確認、信用情報機関から他社借入額の確認が行われることになるので、総量規制にひっかる場合には審査落ち、もしくは契約する借入限度額の減額といった判断がされることになります。


    結論:ジェイスコアの審査は全く甘くない!逆に厳しめとなる!

    ジェイスコアは、FinTech(フィンテック)を活用した新しい形の個人向け融資のサービスですが、AIスコアの算出以降、本申込時には消費者金融や銀行カードローンと同様の仕組みで審査は行われていて、現状、かなり審査が厳しい業者であると判断出来ます。


    ジェイスコアの審査が厳しいと判断される理由を簡潔にまとめました。


    金利がメチャクチャ低い

    一般的に低金利で契約できる銀行カードローンでも上限金利の平均は約14%前後とされているのに対し、ジェイスコアでは最も高い上限金利での契約となった場合でも12.0%と超低金利な設定となっています。


    必然的に金利が下がれば下がるほど、当然、審査は厳しくなります。


    他社と比較すると上限金利がメチャクチャ低いジェイスコアの審査が厳しいというのは言うまでもありません。


    AIスコアがなかなか融資条件に該当しない

    AIスコアが600点以上となった場合にのみ、融資条件(金利と借入限度額)の目安が表示されます。


    ゼニエモン自身、大手消費者金融のお試し審査では「申込可能」といった診断結果が出ていますし実際に複数社で本申込を行い、審査通過から契約までできていますが、ジェイスコアのAIスコアは484点となり600点には届きませんでした。


    2018年6月21日より「いますぐお申込み」の場合はAIスコア診断と申込が同時にできるようになっています。


    事前にAIスコアを算出することなく申込を行うことが可能となっているのですが、AIスコア診断の結果が600点未満となった人がその結果を無視して「いますぐお申込み」に進むことはお勧めできません。


    ジェイスコアの審査通過が難しい人

    仮にスコア値が高く、融資を受けれると判定されたとしても、AIスコア・レンディングでは個人の特定はできませんし、これはあくまで人間性の人格、信用性の調査です。


    過去のローンや現在のローン利用状況については、上部で解説したように、信用情報機関CICからの情報をもとに調査されることになります。


    その為、例え全て嘘なくリアルに入力し、AIスコアで高評価となったとしても以下に該当する人は、本申込後に審査落ちとなる可能性は非常に高いです。


    • 他社から3社以上融資を受けている(住宅、自動車、クレジットカードリボ払い等のローンを除く)
    • 2年以内にローンの遅延や滞納を3度以上行っている
    • 5年以内に自己破産や債務整理等を行っている
    • 現在、滞納中のローンがある
    • 携帯電話分割払い含め、6社以上のローンの支払いが現在ある

    社会的なステータスはスコアに大きく影響しますが、審査通過には今現在、過去のローン利用状況が大いに関係してくるので注意が必要です。


    何度も言いますが、AIスコアが高評価でも審査に落ちる可能性があると考えておくことを理解して、慎重に申込を行うことを推奨します。


    ジェイスコアの審査に通過する為のポイント


    まず、第一にAIスコア算出時には、必ず正確な情報を入力することが条件となります。
    嘘の情報で高スコアを出しても何の意味もありません!

    次に大事になるのが、他社からの借入状況です。

    ジェイスコアはメチャクチャ低金利で魅力的ですがその分審査は厳しめになるので、遅れることなくきちんと返済を続けていることは絶対条件、可能であれば他社借入件数を少しでも減らした状態で申込へ進むのが望ましいと言えます。

    審査が厳しい厳しいと伝えてきましたが、AIスコアが高評価となった人は、社会的ステータス、信用度が高いと判断されたということには違いありません。

    過去に金融事故を起こしたことはない、カードローンやフリーローンの利用は今回が初めて、もしくは過去に利用したことがあるが現在は完済しているといったように、信用情報機関に記載されている情報に何の問題もない人であれば、ジェイスコアの審査に対して過度に心配する必要はないとゼニエモンは考えていますが、もし審査に対してまだ不安があるという場合には次のページを参考にして頂ければ幸いです。

    審査の仕組みから審査落ちとなってしまう理由を徹底調査、ジェイスコアの審査通過の可能性を少しでも高くするために抑えておきたいポイントについてを詳しく解説しています。

    AIスコアの算出結果は信用情報機関に登録されない

    審査落ちの情報が信用情報機関に登録された場合、他社への申込、審査の際に悪影響を与えることになりますが、AIスコアの算出を行っただけでは、CICにその情報が登録されることはありません。


    メールアドレスの登録、アカウントの作成は必要となりますが、ジェイスコアを利用した借入に、少しでも魅力を感じた場合には、試しにAIスコア・レンディングによるスコアの算出をしてみるのもオススメできます。


    AIスコアが600点を超え申込を行った場合には、信用情報機関CICにその申込情報は登録されることになるので、上記審査についての解説をしっかりと読んでもらい、慎重に申込するかどうかの判断を行うようにしてください。


    AIスコア算出前の事前審査「デモスコア体験」について


    ジェイスコアの事前審査「デモスコア体験」


    ジェイスコアではメンバーシップへの登録なしで利用できる「デモスコア体験」も用意されています。

    • 年齢
    • 勤続年数
    • 年収
    • 雇用形態
    • 趣味

    デモスコア体験はメンバーシップへの登録は不要、この5つの質問に回答することで上記のようなシミュレーション結果を確認することができます。


    年齢が若い、勤続年数が短い、年収が低い、正社員として勤務していないなど、審査に対して不安が大きい場合には、メンバーシップへの登録不要な「デモスコア体験」の利用もオススメです。


    誰にもバレずに借入できる?在籍確認と郵送物について


    ジェイスコアは誰にもバレずに借入できる?電話し調査してみました!



    お金を借りる理由は人それぞれ、様々ですが、どのような理由にしても、借入を行ったことは誰にも知られたくないと考える人は非常に多いのではないかと思います。


    この項目では、消費者金融やカードローンを利用して誰にも知られるコトなく借入をしたい人が最も気をつけるべき点、

    • 勤務先への在籍確認
    • 自宅への郵送物の有無

    この2点について、徹底調査、詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。


    勤務先にジェイスコアの利用がバレる可能性は低い

    ジェイスコアでは仮審査の通過後に在籍確認が行われます。
    これは、その人が本当にそこで仕事をしているのかという事を証明するために行われ、在籍確認が全くないローンはなく、どのローン(携帯電話の分割払い除く)でも必ず必要となります。


    ジェイスコアの在籍確認は基本的に会社への電話にて行われ、次のように電話はかけられます。


    ジェイスコアの在籍確認の確認方法


    このように、ジェイスコアと名乗ることなく、審査担当者の個人名で電話が掛かります。これの電話応答は、申込者自身でなく、他者が電話対応しても問題ありません。


    返答例の一部を紹介すると、


    ジェイスコアの在籍確認時にOKになる返答とNGになる返答


    このような返答例であれば在籍確認は完了となります。


    在籍確認を電話連絡なしに出来る?

    基本的に、ジェイスコアは、審査によって在籍確認の電話が掛かる場合と掛からない場合がありますが、基本的に掛かると考えておきましょう。


    どうしても会社への電話連絡に抵抗があるという場合は、書類提出にて在籍確認を行ってもらう為の交渉が必要となります。
    この場合は、例えば会社発行の健康保険証や、給与明細、社員証などの提出方法など、どの書類が必要なのかは、個々によって違いますが、これで在籍確認とみなしてもらうことも交渉によっては可能です。
    ※審査によってはどうしても電話連絡でないとNGになる場合もあります。


    タイミングは、仮審査完了のメールが届き、身分証明書の提出の前に電話で「先ほど申し込みをした○○ですが、」という旨を伝え、電話連絡を書類等にしてもらえないかという事を伝えましょう。


    書類を提出後は、自動的に会社への電話連絡となるため、交渉をするのであれば、必ず身分証明書の提出前に行う必要があります。


    会社への電話連絡による在籍確認に対してどうしても強い抵抗があるという人は次のページへと進んでください。


    在籍確認の方法や仕組みをさらに詳しく解説するとともに、ジェイスコアへ直接問い合わせを行い、在籍確認なし、または会社への電話連絡なしで利用することはできないのかということについての詳細の確認も行いましたのでぜひ参考にして頂ければ幸いです。


    自宅への郵送物で家族にバレる可能性は低い

    通常の消費者金融や銀行カードローンでは、

    • ローン専用カード
    • 契約書類

    この2点が自宅へと郵送され利用開始となる業者がほとんどです。


    これに対し、ジェイスコアは借入をWEB上での手続き、自身の口座への振込入金という形、カードレスでの利用となるのでローンカードの発行自体がありません。


    契約手続きをWEB上で完結できるので、紙面での契約書も発行されませんし、利用明細も、WEB上で確認可能です。


    家族に内緒で利用できる銀行口座さえあれば、ジェイスコアの利用が家族にバレる可能性はかなり低く抑えられるので、コッソリお金を借りたい人にジェイスコアはオススメな業者だと言えます。


    融資の受け方

    ジェイスコアの融資の受け方は、従来の消費者金融や銀行カードローンとは大きく異なります。


    ジェイスコアでの融資の受け方について解説した画像
    ※振込先口座は申込者本人名義の口座のみ登録可能


    手元に現金が欲しい場合には、専用ページにログイン、自身の口座へ振込手続きを行う、キャッシュカードを利用してATMから出金をするコトとなります。


    イメージをするとすれば、カードレスで利用できるカードローンというイメージを持つとわかりやすいと思います。


    カードレスのカードローンについて詳しく知りたい人は以下ページを参考にしてください

    カードレスで利用できるおすすめカードローン特集!


    振込依頼の手続きは24時間いつでも受付可能とされているのですが、「振込実施時間」は次の表のようになります。


    ジェイスコアの振込依頼の受付時間と振込実施時間

    振込依頼を行う時間 振込実施時間
    平日 0:00〜8:10 当日8:10頃
    平日 8:10〜14:45 即時
    平日 14:45〜24:00 翌営業日8:10頃
    土・日・祝日・年末年始 翌営業日8:10頃

    ※利用する金融機関によって実際に入金がされる時間は異なり時間がかかる場合がある


    ジェイスコアは借入の方法が振込融資のみとなり、その特性上、どうしても銀行休業日となる土日・祝日は当日中に借入するコトができません。

    ローンカードを利用したATMでの借入に比べ、急な出費への対応力は弱いと判断できます。

    ただ、振込依頼の手続きは24時間受付、PC・スマホでネット完結、振込手数料はジェイスコア負担で無料と利便性は決して低くありません。

    普段からネットバンクやネットショッピングなどを利用している人には使い勝手が良いのではないかと考えられます。

    全銀システム稼働時間拡大の影響について

    2018年10月9日より、全銀システム稼働時間拡大に伴い、一部金融機関の振込取り扱い時間が変更されましたが、ジェイスコアの振込実施時間および返済受付時間に変更はありません。
    上表のように平日夜間・土・日・祝日の手続きとなった場合にはこれまでと同様に翌営業日の取り扱いとなります。

    返済方法について

    ジェイスコアの返済方法は次の3種類のみとなります。

    • 口座振替
    • Pay-easy(ペイジー)
    • 銀行振込
    口座振替での返済

    口座振替の場合は毎月26日が返済日となり手数料は無料です。


    借入したい金額が大きい人、返済期間が長くなってしまいそうな人は、最初から口座振替の登録をしておくのがオススメですが、この登録は会員ページから返済の途中でも行うことができます。


    ジェイスコアの口座振替を利用する方法


    10日までに当月分の返済を振込やペイジーですでに完了していた場合は、その月の26日の振替での返済はナシ、翌月26日から口座振替での返済は行われます。


    Pay-easy(ペイジー)での返済

    ペイジー対応のインターネットバンキングの口座を持っていることが利用の条件となりますが、ペイジーを利用した振込返済は

    • 振込手数料無料
    • インターネットから24時間いつでも返済可能

    このようなメリットがあります。


    返済日は契約時に指定するコトができるので、給料日の翌日や月末、月初など自身の都合の良い日に返済が可能となりますが、返済期日に関して1点注意が必要です。


    返済期日は、返済日を含む14日前からとされます。


    ジェイスコアの返済可能な期間について


    約定返済とは、毎月必ず必要な返済で、各業者、金利によって異なりますが最低返済額が設定されています。


    返済期日内に約定返済を行なえなかった場合、それは返済遅れとして取り扱われ、自身の信用情報にキズが付くことになってしまいます。


    口座振替での返済に登録している場合、この期間内に、ペイジーや口座振込での返済を行ったとしても、口座振替での返済は行われるので、残高不足には注意が必要です。


    振込での返済

    振込での返済は、ペイジーでの返済と同様に、返済日を自身で指定することができますが、銀行口座へ直接振込の場合は、振込手数料が掛かります。


    ついうっかり返済日を忘れてしまうリスク、毎月の振込を行う手間を考えると、毎月の返済は口座振替としておく事をオススメします。

    手数料もかかりませんし、会員ページからカンタンに登録が可能です。

    ジェイスコアは、口座振替で毎月最低返済額を返済、支払いに余裕がある時にはペイジーを利用して追加での返済、このような返済の仕方が最も理想的だとゼニエモンは考えています。

    毎月の最低返済額について

    ジェイスコアの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」です。


    借入している金額に応じて毎月の最低返済額が変動する方式で、元金+利息を合わせたものが最低返済額となります。


    契約した借入限度額ごとに最大返済回数が決められていて、この回数以内で完済できるよう最低返済額は設定されます。


    契約した借入限度額 最大返済回数
    30万円以下 36回(3年)
    30万円超100万円以下 60回(5年)
    100万円超1,000万円以下 120回(10年)

    あくまで最大の回数ですので、適用される金利、借入をする金額によって毎月の最低返済額は決定されます。


    上限金利12.0%で借入を行った場合の返済シュミレーションを利用して、ジェイスコアの最低返済額を表にまとめました。


    金利12.0%で借入した場合の返済シュミレーション

    借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
    5万円 12.0% 28回 2,000円 約7800円
    10万円 12.0% 28回 4,000円 約15,000円
    15万円 12.0% 28回 6,000円 約23,000円
    20万円 12.0% 33回 7,000円 約36,000円
    30万円 12.0% 31回 11,000円 約52,000円
    50万円 12.0% 54回 12,000円 約150,000円

    ジェイスコアは早期完済を目指しやすい

    ジェイスコアは貸金業協会に登録のある貸金業者で、大手消費者金融と同様に、自主規制により、100万円以下の借入の場合、3年〜5年以内に完済できるように毎月の返済額が設定されています。


    ジェイスコアで50万円の借入を行った場合の完済までにかかる期間と利息


    利用した時の借入残高によって毎月の最低返済額が決定され、その金額は完済まで一定です。


    返済の途中で再度借入を行った場合には、その時の借入残高で最低返済額が再設定されますが、その日から3年〜5年以内で完済できる金額での設定となるので、どうあがいても返済がメチャクチャ長期化してしまい、支払う利息が大きくなりすぎてしまうというコトにはならないようになっています。


    10万円の借入であれば月々の返済額は4,000円、約2年で完済できますし、支払う利息は約15,000円に抑えられます。

    ジェイスコアはできるだけ支払う利息は小さく抑えたい人、借金はパパッと早いうちに返しきってしまいたい人に非常にオススメできる借入先だと言えます。

    毎月の返済額を低く抑えたいと考えている人はココをCHECk!

    ジェイスコアで50万円の借入をした場合、最低返済額は12,000円と銀行カードローンの水準より2,000円程度高めの設定となっています。


    毎月の負担を少しでも小さく抑えたいと考えている人には決して小さくはない差だと思います。


    とにかく最低返済額が低いカードローンを利用したいと考えている人は次のページを参考にしてみてください。



    J.Scoreの新サービス「AIスコア・リワード」とは?

    2018年10月16日からJ.Score(ジェイスコア)が新サービス「AIスコア・リワード」の取り扱いを開始することが発表されました。


    AIスコア・リワードの概要

    「AIスコア」をベースにした、リワード専用のスコア及びスコアランクに応じて、アライアンス企業においてさまざまなリワード(特典)が受けられる(※1)サービスです。


    自己実現や様々なライフスタイルに活用することができる、AIスコアを活用した日本初(※2)のサービスとなります。


    エントリーはもちろん無料です。
    スコアランクが上がると、利用できるリワード(特典)の種類やサービスの内容が充実していきます。


    (※1)今回はサービスを利用するために必要なスコアランクのみを、お客さまの同意のもとにアライアンス企業に提供します。AIスコア及びお客さまを特定するような氏名、住所、生年月日等のほか、趣味、ライフスタイルや情報連携に基づく情報等も含め、J.Scoreが取得した個人情報をアライアンス企業に提供することはいたしません。


    (※2)「AIスコア・リワード」は「AIスコア」(AIを活用して、お客さまから提供されるさまざまな情報等に基づき、お客さまの信用力や可能性をスコア化し、当該お客さまに提示する指標)をベースとしたランクに応じて、複数のアライアンス企業がお客さまにリワード(特典)を提供するプログラムであり、日本初の取組みです。


    引用元:https://www.jscore.co.jp/reward/about/


    J.Score(ジェイスコア)AIスコア・リワードの概要


    AIスコア・リワードのエントリーの対象となるのはAIスコアの取得した人となり、AIスコア・レンディングの契約をしていない人でもエントリーが可能です。


    J.Score以外の提携企業に自身の個人情報が出回ることになるのでは?と不安を感じる人も多いかもしれませんが、低毛企業に提供される情報はスコアランクのみ、その他AIスコアや氏名、住所などといった個人情報が提供されることはありません。


    また、エントリーには必ず利用者の同意が必要とされているので、AIスコア・レンディングのみを利用したい場合にはAIスコア・リワードにはエントリーしないという選択肢もあります。


    スコアランクごとのリワード一覧
    スコアランク リワードスコア 特典例
    ダイヤモンド 950〜1000

    ・JTB:特別コーディネートオリジナルツアー
    ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO:スクールのマンツーマンレッスン優待
    など

    プラチナ 900〜949

    ・島屋:お得意様限定の特別優待をご案内
    ・東急リゾートサービス:リワードメンバー限定宿泊プラン
    など

    ゴールド 800〜899

    ・Audi:プレミアムな2日間の旅(抽選)
    ・家事代行のベアーズ:特別価格での家事代行サービス
    ・ザ・リッツ・カールトン東京:リワードメンバー限定特別スパプラン
    など

    シルバー 700〜799

    ・THE JEXER TOKYO Annex:フィットネスクラブ新規入会特典
    ・ZUU:特別価格での人気金融スクール(別途ご案内)
    など

    ブロンズ 600〜699

    ・Gabaマンツーマン英会話:英会話レッスンプレゼント
    ・マネーフォワード:特別価格でのプレミアムサービス
    など

    ピューター 〜599

    ・みずほ銀行:みずほマイレージクラブ情報連携特典
    ・オリコ:ゴールドカードの初年度年会費無料
    など


    スコアランクに応じて受け取れる特典は変更されることもあるので、エントリー前にはJ.Score(ジェイスコア)公式HPで確認してもらう必要がありますが、旅行やゴルフのレッスン、家事代行など様々な魅力的な特典が多々用意されています。


    AIスコアとリワードスコアは異なる場合があり、スコアランクはAIスコア・リワードへのエントリーをしてみないと分かりませんが、エントリーはもちろん無料なのでこのお得なサービスをぜひ活用してみましょう。


    ジェイスコアのAIスコア・レンディングのメリットとデメリット

    2017年の9月25日からスタートしたばかりの新たな個人向けの融資であるAIスコア・レンディングは、新たにサービスが始まったばかりなので、情報が追加され次第新たに追記していきますが、現状のメリットデメリットをまとめてみました。


    メリット

    銀行カードローンの平均金利(年14.5%)よりも低金利で融資を受けれる

    最大の魅力は、なんといっても低金利で融資を受けれるということです。現在、低金利と言われている銀行カードローンの平均的な金利は、年14.5%となっており、AIスコア・レンディングの場合は、最大でも年12.0%の金利であるため、個人向け融資としては、かなりの低金利で融資を受ける事が出来ます。


    あらかじめ融資可能額と、金利が分かる

    審査後に最終的な決定となりますが、スコアによってあらかじめどれだけの金額をどれだけの金利で受ける事が出来るのかというのが事前に分かる仕組みとなっており、他社の大手消費者金融でも審査シミュレーションはしていますが、家族構成から、持っているゲーム機や、趣味、性格まで入力して算出するスコアとなっているため、比にならないほど高度なシミュレーションとして考えています。


    事前に、自分に適応されるであろう融資可能額と金利が分かるというのは、今までにない試みであり、スコアは誰にでも利用出来ますし、審査を受けない限り信用情報に申し込み情報が記載されないので、一旦興味のある人は、自分の現状だとどういった契約条件になりそうなのかをチェックする事が出来ます。


    デメリット

    そもそも審査を受けられない事も

    同時にそもそも審査に通らない業者へ申し込みを受けられない時点で、余計な審査落ちの情報が信用情報に記載される事もないので、逆にメリットとも考えられますが、他者のカードローンよりも、金利が低い分、融資を受けれる状態のスコア値自体が、他社の審査基準よりも高く設定されている事の想像が付きます。


    一旦、スコアが申し込み基準に達していない場合は、現状では融資を受けられない状態と判断し、勤続年数は時間と共に増えますし、年収も年によって多くなる年もあるので、スコアを更新しては「待ち」となる時間が必要となるため、すぐに借りたいけど、審査基準に達していないという人には不向きです。


    平日14:45までの契約が間に合わない場合は当日の融資は出来ない

    融資方法が振込のみである為、当日中の融資を受けたいという人には不向きです。
    まず、スコア値を算出するのに20分程度で、そこから申し込みを行うまでに、合計で40分程度掛かり、審査結果の連絡が、1時間〜3時間程度は見て欲しいとの事だったので、逆算して、平日の午前10時前後に申し込みを済ませていないと厳しい事になります。


    余裕を持って、資金が必要となる前日までには契約を済ませておく事を考えておきましょう。また土日祝日は振込が反映しないので注意が必要です。


    ジェイスコアのAIスコア・レンディングは、サービスを開始し既に1年以上経過しました。

    非常に申込者が多くゼニエモン自身もびっくりしました。
    やはり事前に融資条件を提示されることや、金利が超がつくほどの低金利で提供しているという部分が非常に人気で口コミ、評判が非常に良いのが特徴です。


    反面、融資条件にスコアが低く該当しなかったという人もおり、ゼニエモン自身は該当しなかったというのが結構ショックでした、、笑。


    スコア算出自体は、審査ではないのでどれくらいの条件で自分はいくら融資を受けれるのかというのは、一度お試し感覚でもいいので試されるのもいいと思います!



    ジェイスコアの口コミや評判

    平均総合評価:

    口コミや評判のまとめ

    ジェイスコアは口コミをまとめると、評判としては利用者のほとんどが満足しているという事が印象的です。

    ただ、口コミでもあるように自営業者の人はスコアはあまり出ないのではないでしょうか?
    もし自営業者の方で融資条件に該当したという人は当サイトへご連絡頂けますと他の利用検討者の方の参考になるのでありがたいです。


    学生の方は、スコア自体が高く評価される事もありますが、基本的にアルバイトなど安定した本人への収入がある人のみが利用可能であり、尚且つ契約時の融資枠は10万円になるということも多いようです。

    たっさん

    融資条件が思ったよりも良かった

    自分の場合は融資金額120万円で金利が9.6%と表示された。
    とりあえず、30万円で枠を作ったけどこれってかなりいい方ですよね?

    振込依頼からすぐに入金してもらえるからホント便利。
    これからもちょくちょく利用させてもらいます。

    名無し

    自営業ってスコア出ないの?

    このサイトの管理人の人がスコア条件に該当しなかったと書いてましたけど、私もダメでした。
    自営業8年目で他に借り入れはなし。

    でもスコアが550で融資条件が表示されない。自営業者ってスコア低めになるんでしょうか。
    多分、年収はそこそこいい方だと思うだと思うんだけど残念。

    あっち

    融資までは早かったけど

    スコアが出たあとにすぐに申込したけど、融資までは早かったです。
    限度額60万円の10.5%って条件はいい方なんですか?

    他の人を見る限りもう少し金利が低そうなので出来ればもう少し低い金利で借りたかったです。

    ただ、不満という不満はなくどちらかというと満足しています。

    マイク

    金利が低いのがいい!

    30万円ほど他社のカードローンで18%で借りてたけど返済が結構キツかった。
    元金も減らないし。

    JScoreで10%の金利で融資を受けれたので金利が8%も少なく借り換えれたので元金自体も結構早く減ってくれる感じですごい楽になったように感じる。

    カードローンの利用を考えている人はやや時間がかかるイメージだがここがホントにいいと思う。

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ