J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング融資について

更新日:

ジェイスコアのロゴ画像


AIスコア・レンディングを2017年9月25日より開始した「みずほ銀行」と「ソフトバンク株式会社」の合弁会社である「株式会社J.Score(以下ジェイスコア)」は、FinTech(フィンテック)を活用した個人向け融資のサービスです。


ちょっと横文字続きで分かりにくいと思いますが、簡単に説明すると、「現在の自分に置かれた状況」を入力することで、人工知能のAIがこの人ならいくらの範囲でこの金利で貸付出来るという判定をするもので、融資を受ける側の仕組み的には、一般的な個人向け融資と全く同じものとなっており、金利面や審査面においては同等の仕組みとなっています。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
0.9%〜12.0% 10万円〜1,000万円 公式サイトを参照 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
12.0% 満20歳以上満70歳以下※ 残高スライドリボルビング方式 ネット上のみで完了
※国内に居住する人のみ



    ジェイスコアのAIスコア・レンディングって何?

    まず、簡単にこのジェイスコアについてを簡単に説明します。以下の表を見てください。


    貸金業者登録番号 関東財務局長(1)第01510号
    日本貸金業協会会員番号 第005986号
    貸金業者登録日 2017年2月16日
    本店

    東京都港区赤坂五丁目3番1号
    赤坂BIZタワー29階

    重要な部分だけ紹介しましたが、ジェイスコアは、貸金業者であり、日本貸金業協会の会員です。


    仕組みとしては、AIによりいくら貸付出来るのかという金額が算出されていくらまでなら貸付を行えるのかというのをスコアという数字を出して算出されます。


    ただし、これはあくまで、表面的なものであって、確実にこのスコアの数値が融資可能額になるわけではありません。


    その根拠に、ジェイスコアへの登録の際の同意事項に以下の記述があります。


    AIスコアによる貸付利率・契約極度額


    2017年9月25日時点
    (※)AIスコアが600点未満の場合、ご利用できません。スコアアップにより、600点以上となった場合はAIスコア・レンディングをご利用いただけます。
    (※)貸付利率は、情報連携による金利引下げを適用した場合も含みます。
    (※)貸付利率(年率)0.9%は、みずほ銀行ならびにソフトバンクと情報連携を行った場合に限り適用いたします。
    (※)表示条件は入力情報にもとづく参考値であり、実際のご契約条件は、お申込み後の審査にもとづき提示する内容になります。


    引用元:https://www.jscore.co.jp/lending/about/より


    つまりこれは、ジェイスコアのAIスコア診断で融資を受ける事が出来るであろうという金額が表示されます。


    実際に、メンバーシップへ登録しAIスコアの算出を行うとメンバーシップのページで下記の図のような表示が行われます。


    ジェイスコアのメンバーシップに表示された融資限度額などの表示


    例えば、ここで、9.0%で50万円と記載されたとします。


    この段階で言えば、このスコアであればこれだけの極度額と金利で契約出来るという事と感じますが、これは決定項目でなく、あくまでAIが判断したスコアからの算出値であって、ここから新たに審査が行われます。


    つまり、フィンテックを使った新しい融資の形というような打ち出しではありますが、利用者側目線で見れば、これは貸付上限金額があらかじめ設定されているかなり高度な審査シミュレーションとそこまで変わりはないということになります。


    そこからお金を借りたいという場合は、審査が行われるという流れとなります。


    ジェイスコアへ申込資格のある人はどんな人?

    ジェイスコアへの申込資格自体は、20歳以上であれば誰でもメンバーシップへの登録は可能ですし、スコアリングによる貸付金額の算出も可能ですが、実際の融資の申し込み自体は、満20歳以上満70歳以下であり、国内に在住する人が融資(レンディング)の申し込みを行えます。


    属性

    満20歳以上満70歳以下の国内に在住する人
    ジェイスコアへの申込を行う事が出来る属性


    アルバイトでの収入がある学生、留学生など永住権のない外国人の人も申込可能と、属性による制限は緩やかで、多くの人が申込するコトが可能とされています。


    ただし、ジェイスコアは、日本貸金業協会に加盟している貸金業者であるため、他の消費者金融と同様のルールがあります。

    総量規制の対象となるため、年収の1/3以上は融資を受けることが出来ない
    50万円以上の融資を受ける場合、又は他社に受けている融資額と今回の限度額の総額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要となる
    安定した収入(返済能力)がない人は融資を受けることが出来ない

    といった貸金業法や、日本貸金業協会の自主規制項目等が適応されるため、大手消費者金融と条件はほぼ変わらないと考えておきましょう。


    つまり、現在仕事をしておらず収入のない専業主婦の人などは融資を受ける事が出来ません。
    融資を受ける事が出来ないというよりは、算出されるスコア値が低くなる為、そもそも申込自体を行う事が出来ません。(詳細は後述)


    契約までに必要になる書類について

    ジェイスコアを利用するには、次の書類の提出が必要となります。


    • 自身の身分を証明するための本人確認書類
    • 年収を証明するための収入証明書

    提出のタイミングは、仮審査通過後となり、どちらの書類もスマホやデジカメで撮影した画像データをWEB上でアップロードするコトで完結できます。


    本人確認書類として認められるもの

    顔写真の記載がある公的な書類のみ、本人確認書類として認められ、ジェイスコアを利用するには次うち1点が必ず必要となります。


    ジェイスコアで本人確認書類として必要になる書類の例


    健康保険証などの顔写真の記載のないものは、本人確認書類として認められないので注意が必要とです。


    収入証明書として認められるもの

    • 借入限度額が50万円を超える
    • 他社での借入額と今回の限度額の合計額が100万円を超える

    このような場合、収入証明書の提出が必要となります。


    ジェイスコアで収入証明書として認められるもの


    学生の場合は上記2点に加え「学生証」、外国籍の人は「在留カード」または「特別永住者証明書」の提出が必要となります。


    ジェイスコアの金利と借入限度額について

    ジェイスコアでは金利は0.9%〜12.0%、借入限度額は10万円〜1,000万円までと設定されています。


    大手消費者金融や銀行の通常のカードローンでは、借入限度額ごとに適用金利が定められていて、実際に申込、審査を受けないことには、借入条件は確認できませんが、ジェイスコアではAIによる審査を事前に受けることで、自身の信用情報をスコア化、借入条件を確認するコトが可能です。


    ジェイスコアの金利は低いのか?大手銀行カードローンの金利と比較してみました

    ジェイスコアでは、AIによるスコアリングを受けるコトによって自身の信用情報をスコア化、点数として確認するコトができ、次の表のようにスコアごとに借入限度額、適用金利が設定されています。


    一般的に金利が低く設定される銀行カードローンの中でも、金利が低い水準となるみずほ銀行カードローンの金利と比較してみました。


    ジェイスコアのAIスコアによる適用金利表

    AIスコア 適用金利 借入限度額
    950〜1000 0.9%〜2.1% 10万円〜1,000万円
    900〜949% 1.9%〜3.7% 10万円〜730万円
    850〜899 3.5%〜5.4% 10万円〜540万円
    800〜849 5.2%〜7.0% 10万円〜400万円
    700〜799 6.8%〜9.5% 10万円〜260万円
    600〜699 9.3%〜12.0% 10万円〜150万円
    400〜599 - -

    みずほ銀行カードローンの借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 適用金利
    800万円 2.0%
    600万円以上800万円未満 4.5%
    500万円以上600万円未満 5.0%
    400万円以上500万円未満 6.0%
    300万円以上400万円未満 7.0%
    200万円以上300万円未満 9.0%
    100万円以上200万円未満 12.0%
    10万円以上100万円未満 14.0%

    上の表を見てもらうと分かるように、借入限度額が大きくなればなるほど、適用金利は低くなっていきますが、ジェイスコアの上限金利は12.0%なので、最も低い借入限度額、10万円での契約時でもこの金利が適用されます。


    一方、みずほ銀行カードローンは12%の金利が適用されるのは、借入限度額が100万円以上になることが条件、同じ10万円の借入限度額だった場合、適用されるのは上限金利の14.0%となります。


    ジェイスコアの金利の低さは業界トップクラス


    金利の幅がかなり広いのですが、最も高い金利設定であっても、年12.0%の金利となっているため、大手消費者金融の年18.0%よりも、6.0%も低く、更に低金利と言われている銀行カードローンの平均的な金利である年14.5%よりも年2.5%ほど低い設定になっています。

    12%という金利は、一般的に金利が低いと言われる銀行カードローンでも、適用されるのは借入限度額が100万円を超えた場合となるコトがほとんどですので、最も小さい10万円の借入枠でもこの金利で借入可能なジェイスコアは、とにかく低金利で借入したいと考えている人にとって、かなり好条件な借入先だと言えます。

    みずほ銀行口座またはソフトバンクユーザーは金利引き下げ

    みずほ銀行の口座を利用している人、またはソフトバンクのスマホ・携帯電話を利用している人はAIスコアリング時に情報連携を行うことにより、金利が0.1%引き下げられます。(最大0.2%)

    金利面だけではなく、情報連携を行い、より多くの情報を提供するコトで大幅なスコアアップも見込まれるので、この2項目に該当する人はジェイスコアを利用することで享受できるメリットが大きくなると言えます。


    AIスコアで高評価となっても審査面でマイナスになる可能性も

    Jスコアへの初期登録は、メールアドレスの登録のみで登録後にスコア算出の為の項目を進めていきます。


    実際に登録、スコアを算出してみました。


    メールアドレスを登録、以下のような会話調で入力を行っていきます。


    ジェイスコアへ登録の際に行う会話調のやり取り



    これでまず基本のスコア値が算出されます。ここから更に、スコアを正確に算出、又はスコアアップの為に以下の情報の入力を行います。


    ジェイスコアへスコアアップの項目選択の画面と説明


    ゼニエモンのAIスコア診断結果は、、

    基本スコアの算出後、職業、住居、家族構成、車の所有、性格診断から持っているゲーム機のことなど、約150項目のさまざまな質問に答えることで、スコアアップが可能です。


    すべての項目入力までには約20分かかりましたが、ゼニエモンも実際にAIスコア診断を行ってみました。


    ジェイスコアのAIスコア診断結果の画像


    この段階では、ジェイスコアには個人を特定できる、名前や住所といった情報は提供していません。
    (ニックネーム、郵便番号の最初の3桁のみ入力)


    メールアドレスさえあれば、誰でも気軽にAIスコアリングを受けることができるので、ゼニエモンの友人(一部上場企業に勤める30代男性)に試しに利用してみてもらいました。


    ジェイスコアへの申込が可能となるAIスコア結果


    AIスコアの結果が600を超えた人のみ、申込が可能となり、借入利率、融資可能額が表示されます。


    ※ジェイスコアの公式HPに記載があるのですが、ここで表示される借入条件は、あくまでAIスコアによる判断で、実際にジェイスコアを利用するには、ここから申込を行い、審査を受ける必要があり、このタイミングで表示されている金利で絶対に借入ができるというワケではありません。


    ウソの情報を入力して高スコアを出しても意味がない

    質問への回答は後から編集するコトができ、新たなメールアドレスでジェイスコアへの登録は何度も行う事が出来ます。


    なので、自身の年収や職業を偽って入力するコトでいくらでも高スコアを出すことも可能です。


    が、AIスコアを上げたいからといって、やたら滅多にスコアが高くなりそうな入力をしたところで、申込後の仮審査時に必ずボロが出ます。


    とくに、後から審査を受ける際に重要な項目(年収や現在受けている融資金額)などで嘘の記述をした場合、この申込者はウソ付く人というような判断をされ、大きなマイナス材料となるため、本来であれば借入できたかもしれないのに、審査落ちとされてしまう可能性も否定できません。


    可能な限り、自身の正確な情報を入力する事をオススメします。


    申込から契約完了までの流れ

    ジェイスコアで実際に融資を受けるまでの流れは以下のようになります。


    • メンバーシップに融資条件が表示される
    • 申込を行う
    • 仮審査結果がメールで届く
    • 書類等の提出を行う
    • 契約の手続きを行う
    • 銀行振込から融資を受ける

    このような流れとなっており、まず融資の申込自体が、ある程度のスコアの状態でないと申込を行う事が出来ません。


    ジェイスコアのスコアが高い場合は申込ボタンが表示される


    申込

    ジェイスコアは、銀行カードローンや大手消費者金融のような店舗での手続きは不可、インターネットからの申込のみの受付となります。
    インターネットでの申込は24時間可能なので、PC・スマホがあればいつでもどこからでも申込手続きは可能です。


    仮審査回答

    申込手続きが完了すると、申込完了メールが届き、仮審査結果を待ちます。
    問い合わせによると、仮審査結果の連絡の目安は、1時間〜3時間程度との事でした。


    Eメールで審査が終わったメールを受けたあとに、仮審査結果の確認をインターネット上で行います。


    書類提出・在籍確認

    仮審査に通過後、必要書類をWEB上でアップロードします。


    必要書類の提出後、本審査へと移るのですが、このタイミングで勤務先の確認の為に「在籍確認」が行われるコトになります。
    ※在籍確認について詳しくは後述しますので参考にしてください。


    本審査結果連絡・契約手続き

    本審査通過後、契約手続きを行うのですが、この手続きもWEB上で完結するコトができ、郵送やFAXといったメンドウな手続きが一切不要です。


    この契約手続きが完了次第、契約した借入限度額、金利で融資を受けるコトができます。


    ジェイスコア申込から契約手続きまでのポイント


    誰にもバレずに借入できる?在籍確認と郵送物について


    ジェイスコアは誰にもバレずに借入できる?電話し調査してみました!



    お金を借りる理由は人それぞれ、様々ですが、どのような理由にしても、借入を行ったことは誰にも知られたくないと考える人は非常に多いのではないかと思います。


    この項目では、消費者金融やカードローンを利用して誰にも知られるコトなく借入をしたい人が最も気をつけるべき点、

    • 勤務先への在籍確認
    • 自宅への郵送物の有無

    この2点について、徹底調査、詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。


    勤務先にジェイスコアの利用がバレる可能性は低い

    ジェイスコアでは仮審査の通過後に在籍確認が行われます。
    これは、その人が本当にそこで仕事をしているのかという事を証明するために行われ、在籍確認が全くないローンはなく、どのローン(携帯電話の分割払い除く)でも必ず必要となります。


    ジェイスコアの在籍確認は基本的に会社への電話にて行われ、次のように電話はかけられます。


    ジェイスコアの在籍確認の確認方法


    このように、ジェイスコアと名乗ることなく、審査担当者の個人名で電話が掛かります。これの電話応答は、申込者自身でなく、他者が電話対応しても問題ありません。


    返答例の一部を紹介すると、


    ジェイスコアの在籍確認時にOKになる返答とNGになる返答


    このような返答例であれば在籍確認は完了となります。


    在籍確認を電話連絡なしに出来る?

    基本的に、ジェイスコアは、審査によって在籍確認の電話が掛かる場合と掛からない場合がありますが、基本的に掛かると考えておきましょう。


    どうしても会社への電話連絡に抵抗があるという場合は、書類提出にて在籍確認を行ってもらう為の交渉が必要となります。
    この場合は、例えば会社発行の健康保険証や、給与明細、社員証などの提出方法など、どの書類が必要なのかは、個々によって違いますが、これで在籍確認とみなしてもらうことも交渉によっては可能です。
    ※審査によってはどうしても電話連絡でないとNGになる場合もあります。


    タイミングは、仮審査完了のメールが届き、身分証明書の提出の前に電話で「先ほど申し込みをした○○ですが、」という旨を伝え、電話連絡を書類等にしてもらえないかという事を伝えましょう。


    書類を提出後は、自動的に会社への電話連絡となるため、交渉をするのであれば、必ず身分証明書の提出前に行う必要があります。


    自宅への郵送物で家族にバレる可能性は低い

    通常の消費者金融や銀行カードローンでは、

    • ローン専用カード
    • 契約書類

    この2点が自宅へと郵送され利用開始となる業者がほとんどです。


    これに対し、ジェイスコアは借入をWEB上での手続き、自身の口座への振込入金という形、カードレスでの利用となるのでローンカードの発行自体がありません。


    契約手続きをWEB上で完結できるので、紙面での契約書も発行されませんし、利用明細も、WEB上で確認可能です。


    家族に内緒で利用できる銀行口座さえあれば、ジェイスコアの利用が家族にバレる可能性はかなり低く抑えられるので、コッソリお金を借りたい人にジェイスコアはオススメな業者だと言えます。


    融資の受け方

    ジェイスコアの融資の受け方は、従来の消費者金融や銀行カードローンとは大きく異なります。


    ジェイスコアでの融資の受け方について解説した画像
    ※振込先口座は申込者本人名義の口座のみ登録可能


    手元に現金が欲しい場合には、専用ページにログイン、自身の口座へ振込手続きを行う、キャッシュカードを利用してATMから出金をするコトとなります。


    イメージをするとすれば、カードレスで利用できるカードローンというイメージを持つとわかりやすいと思います。


    カードレスのカードローンについて詳しく知りたい人は以下ページを参考にしてください

    カードレスで利用できるおすすめカードローン特集!


    振込依頼の手続きは24時間いつでも受付可能とされているのですが、「振込実施時間」は次の表のようになります。


    ジェイスコアの振込依頼の受付時間と振込実施時間

    振込依頼を行う時間 振込実施時間
    平日 0:00〜8:10 当日8:10頃
    平日 8:10〜14:45 即時
    平日 14:45〜24:00 翌営業日8:10頃
    土・日・祝日・年末年始 翌営業日8:10頃

    ※利用する金融機関によって実際に入金がされる時間は異なり時間がかかる場合がある


    ジェイスコアは借入の方法が振込融資のみとなり、その特性上、どうしても銀行休業日となる土日・祝日は当日中に借入するコトができません。

    ローンカードを利用したATMでの借入に比べ、急な出費への対応力は弱いと判断できます。

    ただ、振込依頼の手続きは24時間受付、PC・スマホでネット完結、振込手数料はジェイスコア負担で無料と利便性は決して低くありません。

    普段からネットバンクやネットショッピングなどを利用している人には使い勝手が良いのではないかと考えられます。

    返済方法について

    ジェイスコアの返済方法は次の3種類のみとなります。

    • 口座振替
    • Pay-easy(ペイジー)
    • 銀行振込
    口座振替での返済

    口座振替の場合は毎月26日が返済日となり手数料は無料です。


    借入したい金額が大きい人、返済期間が長くなってしまいそうな人は、最初から口座振替の登録をしておくのがオススメですが、この登録は会員ページから返済の途中でも行うことができます。


    ジェイスコアの口座振替を利用する方法


    10日までに当月分の返済を振込やペイジーですでに完了していた場合は、その月の26日の振替での返済はナシ、翌月26日から口座振替での返済は行われます。


    Pay-easy(ペイジー)での返済

    ペイジー対応のインターネットバンキングの口座を持っていることが利用の条件となりますが、ペイジーを利用した振込返済は

    • 振込手数料無料
    • インターネットから24時間いつでも返済可能

    このようなメリットがあります。


    返済日は契約時に指定するコトができるので、給料日の翌日や月末、月初など自身の都合の良い日に返済が可能となりますが、返済期日に関して1点注意が必要です。


    返済期日は、返済日を含む14日前からとされます。


    ジェイスコアの返済可能な期間について


    約定返済とは、毎月必ず必要な返済で、各業者、金利によって異なりますが最低返済額が設定されています。


    返済期日内に約定返済を行なえなかった場合、それは返済遅れとして取り扱われ、自身の信用情報にキズが付くことになってしまいます。


    口座振替での返済に登録している場合、この期間内に、ペイジーや口座振込での返済を行ったとしても、口座振替での返済は行われるので、残高不足には注意が必要です。


    振込での返済

    振込での返済は、ペイジーでの返済と同様に、返済日を自身で指定することができますが、銀行口座へ直接振込の場合は、振込手数料が掛かります。


    ついうっかり返済日を忘れてしまうリスク、毎月の振込を行う手間を考えると、毎月の返済は口座振替としておく事をオススメします。

    手数料もかかりませんし、会員ページからカンタンに登録が可能です。

    ジェイスコアは、口座振替で毎月最低返済額を返済、支払いに余裕がある時にはペイジーを利用して追加での返済、このような返済の仕方が最も理想的だとゼニエモンは考えています。

    毎月の最低返済額について

    ジェイスコアの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」です。


    借入している金額に応じて毎月の最低返済額が変動する方式で、元金+利息を合わせたものが最低返済額となります。


    契約した借入限度額ごとに最大返済回数が決められていて、この回数以内で完済できるよう最低返済額は設定されます。


    契約した借入限度額 最大返済回数
    30万円以下 36回(3年)
    30万円超100万円以下 60回(5年)
    100万円超1,000万円以下 120回(10年)

    あくまで最大の回数ですので、適用される金利、借入をする金額によって毎月の最低返済額は決定されます。


    上限金利12.0%で借入を行った場合の返済シュミレーションを利用して、ジェイスコアの最低返済額を表にまとめました。


    金利12.0%で借入した場合の返済シュミレーション

    借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
    5万円 12.0% 28回 2,000円 約7800円
    10万円 12.0% 28回 4,000円 約15,000円
    15万円 12.0% 28回 6,000円 約23,000円
    20万円 12.0% 33回 7,000円 約36,000円
    30万円 12.0% 31回 11,000円 約52,000円
    50万円 12.0% 54回 12,000円 約150,000円

    ジェイスコアは早期完済を目指しやすい

    ジェイスコアは貸金業協会に登録のある貸金業者で、大手消費者金融と同様に、自主規制により、100万円以下の借入の場合、3年〜5年以内に完済できるように毎月の返済額が設定されています。


    ジェイスコアで50万円の借入を行った場合の完済までにかかる期間と利息


    利用した時の借入残高によって毎月の最低返済額が決定され、その金額は完済まで一定です。


    返済の途中で再度借入を行った場合には、その時の借入残高で最低返済額が再設定されますが、その日から3年〜5年以内で完済できる金額での設定となるので、どうあがいても返済がメチャクチャ長期化してしまい、支払う利息が大きくなりすぎてしまうというコトにはならないようになっています。


    10万円の借入であれば月々の返済額は4,000円、約2年で完済できますし、支払う利息は約15,000円に抑えられます。

    ジェイスコアはできるだけ支払う利息は小さく抑えたい人、借金はパパッと早いうちに返しきってしまいたい人に非常にオススメできる借入先だと言えます。

    毎月の返済額を低く抑えたいと考えている人はココをCHECk!

    ジェイスコアで50万円の借入をした場合、最低返済額は12,000円と銀行カードローンの水準より2,000円程度高めの設定となっています。


    毎月の負担を少しでも小さく抑えたいと考えている人には決して小さくはない差だと思います。


    とにかく最低返済額が低いカードローンを利用したいと考えている人は次のページを参考にしてみてください。



    ジェイスコアのキャッシュバックサービスについて

    キャッシュバックサービスの適応期間について

    以下で解説しているキャッシュバックについては、永続で行われるものではなく期間限定のキャンペーンとなります。
    対象となる人は厳密に言うと、

    2018年5月21日までに申込みを完了し(※) 、同月末日までに契約を完了をした人が対象

    ※J.Scoreからの「仮審査申込受付のお知らせ」メール配信が届く事で申し込み完了扱いとなります。

    ジェイスコアには、大手消費者金融などのような無利息サービスはありませんが、その代わりに「キャッシュバックサービス」があります。


    ジェイスコアのキャッシュバックサービスについて


    ジェイスコアのキャッシュバックサービスは

    ジェイスコアをはじめて契約して、契約付きの翌月までに借入を利用した人

    が対象となるので、条件は厳しくなく、ほとんんどの人がこのサービスの対象となります。


    キャッシュバックの対象期間は、契約をした日から翌月末までと定められているので、人によって対象期間の長さが大きく異なります。


    ジェイスコアのキャッシュバック対象期間について解説


    月初めに契約、その日のうちに借入、返済日を月末に指定するコトでキャッシュバック期間をフルに活用することができます。


    そこまでするのはさすがに面倒かもしれませんが、もし申込をするタイミング、初回借入をする日時に調整ができそうなら、少し意識してみても良いのではないかと思います。


    最大2ヶ月分の利息のキャッシュバックは、他社の無利息サービスに比べ抜群に期間が長くなっています。


    他社の無利息サービス期間

    業者名 無利息期間
    新生銀行カードローン「レイク」 契約日の翌日から30日間or180日間(※5万円まで)
    ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 初回借入日から30日間
    プロミス 初回借入日の翌日から30日間(※)
    ノーローン 借入日の翌日から7日間
    アコム 契約日の翌日から30日間
    アイフル 契約日の翌日から30日間

    ※メールアドレスの登録・WEB明細の利用登録が必須条件


    具体的にどのくらいのお金がキャッシュバックされる?


    契約日、借入日、返済日、適用金利、などの条件でキャッシュバックされる金額が異なるので、仮に適用金利が12%、2ヶ月間フルでこのサービスが利用できた場合の返金される金額を計算してみました。


    初回借入額 キャッシュバックされる金額
    10万円 約1,000円
    20万円 約2,000円
    30万円 約3,000円
    40万円 約4,000円
    50万円 約5,000円

    利用する金額が大きくなればなるほど、キャッシュバックされる金額は大きくなります。

    借入したい金額が少ない人の場合、返金される金額はさほど大きくないかもしれませんが、このサービスはメリットしかないので、契約、借入のタイミングを調整する余裕がある人は有効活用することをオススメします。

    審査について

    ジェイスコアのAIスコア・レンディングの審査は、現状、かなり厳しい業者であると判断出来ます。


    というのも、まず必然的に、金利が最高でも12.0%の低金利であるため、金利が下がるほど審査は当然厳しくなります。他社と比較すると上限金利でも低金利のレベルであるAIスコア・レンディングは厳しいというのは言うまでもありません。


    次に、スコア値の算出が、融資条件に該当するまでが、結構な高いハードルとなっているため、そもそも申し込み自体が出来ません。


    仮に、嘘の情報でスコアを算出も可能ではありますが、審査時に相違があればそこで審査落ちとなるため、出来うる限り正確な情報を入力し、それで申し込みが表示されない場合は、一旦は融資を受けれる状況ではないと判断すべきです。


    また、仮にスコア値が高く、融資を受けれると判定されたとしても、これはあくまで人間性の信用や返済能力の調査であるため、過去のローンに対しての信用情報については加味されていません。


    例え全てリアルに入力し、スコアで高スコアとなったとしても以下に該当する人は、実際に審査を受けて審査落ちする可能性は非常に高いです。


    • 他社から3社以上融資を受けている(住宅、自動車、クレジットカードリボ払い等のローンを除く)
    • 2年以内にローンの遅延や滞納を3度以上行っている
    • 5年以内に自己破産や債務整理等を行っている
    • 現在、滞納中のローンがある
    • 携帯電話分割払い含め、6社のローンの支払いが現在ある

    社会的なステータスはスコアに大きく影響しますが、ローンに対しての信用も同様に関係しているので、注意しましょう。


    ジェイスコアのAIスコア・レンディングのメリットとデメリット

    2017年の9月25日からスタートしたばかりの新たな個人向けの融資であるAIスコア・レンディングは、新たにサービスが始まったばかりなので、情報が追加され次第新たに追記していきますが、現状のメリットデメリットをまとめてみました。


    メリット

    銀行カードローンの平均金利(年14.5%)よりも低金利で融資を受けれる

    最大の魅力は、なんといっても低金利で融資を受けれるということです。現在、低金利と言われている銀行カードローンの平均的な金利は、年14.5%となっており、AIスコア・レンディングの場合は、最大でも年12.0%の金利であるため、個人向け融資としては、かなりの低金利で融資を受ける事が出来ます。


    あらかじめ融資可能額と、金利が分かる

    審査後に最終的な決定となりますが、スコアによってあらかじめどれだけの金額をどれだけの金利で受ける事が出来るのかというのが事前に分かる仕組みとなっており、他社の大手消費者金融でも審査シミュレーションはしていますが、家族構成から、持っているゲーム機や、趣味、性格まで入力して算出するスコアとなっているため、比にならないほど高度なシミュレーションとして考えています。


    事前に、自分に適応されるであろう融資可能額と金利が分かるというのは、今までにない試みであり、スコアは誰にでも利用出来ますし、審査を受けない限り信用情報に申し込み情報が記載されないので、一旦興味のある人は、自分の現状だとどういった契約条件になりそうなのかをチェックする事が出来ます。


    最長2ヶ月の利息がキャッシュバックされる

    契約日、初回借入日、返済日などにより、無利息となる期間は大きく異なるのですが、うまく活用するコトで最長2ヶ月分の利息がキャッシュバックされます。


    他社の無利息期間に比べ、かなり期間が長いコト、現金が振込にて返ってくるコト、これらはジェイスコアならではの特徴です。


    デメリット

    そもそも審査を受けられない事も

    同時にそもそも審査に通らない業者へ申し込みを受けられない時点で、余計な審査落ちの情報が信用情報に記載される事もないので、逆にメリットとも考えられますが、他者のカードローンよりも、金利が低い分、融資を受けれる状態のスコア値自体が、他社の審査基準よりも高く設定されている事の想像が付きます。


    一旦、スコアが申し込み基準に達していない場合は、現状では融資を受けられない状態と判断し、勤続年数は時間と共に増えますし、年収も年によって多くなる年もあるので、スコアを更新しては「待ち」となる時間が必要となるため、すぐに借りたいけど、審査基準に達していないという人には不向きです。


    平日の14時までの契約が間に合わない場合は当日の融資は出来ない

    融資方法が振込のみである為、当日中の融資を受けたいという人には不向きです。
    まず、スコア値を算出するのに20分程度で、そこから申し込みを行うまでに、合計で40分程度掛かり、審査結果の連絡が、1時間〜3時間程度は見て欲しいとの事だったので、逆算して、平日の午前10時前後に申し込みを済ませていないと厳しい事になります。


    余裕を持って、資金が必要となる前日までには契約を済ませておく事を考えておきましょう。また土日祝日は振込が反映しないので注意が必要です。


    ジェイスコアのAIスコア・レンディングは、まだ始めって間もないサービスなので、今後様々なサービス等が追加で始まると思いますが、現状は、低金利で融資を受けたいという人は、事前に金利と融資額が今までと比べ物にならない正確に近い情報を確認出来るサービスは、画期的で大変有益なサービスであると考えています。

    その為、どちらかというと、これからカードローン等の個人向け融資を利用したいという人向けで、既に2社以上の複数の業者を利用しているという人には不向きとなっています。


    ただし、高い精度のスコアリングは、誰でも行う事が出来るので、融資を受けることに興味のある人は積極的に利用されることをおすすめします。




    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ