JCBカードローンフェイス

掲載日:


このカードローンに向いている人

  • 5万円以下の融資希望で返済の目処がある人
  • 一時的にちょくちょく融資を受ける人
  • なるべく低金利のカードローンを探している人

このカードローンに向かない人

  • 申し込み当日中に融資を受けたい人
  • 申し込み時に書類がなるべく少ないほうがいい人
  • 書類の郵送等が面倒な人
  • 月の返済額が少ないところを希望している人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.40%〜12.50% 50万円〜500万円※1 最短即日 無し 対象 必須
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
18.0% 満20歳以上70歳未満 - なし

※1WEBサイト上では、50万円が最低の様な記載がありますが、
実際は50万円以下の限度額になる事もあります。



JCBカードローンフェイス(JCB CARD LOAN FAITH)は、
クレジットカードブランドでJCBが取り扱っているカードローンです。
そのJCBが取り扱っているカード商品の中で、
「カードローン専用カード」となります。


メリットとして、低金利が押しであり、
4.40%〜12.5%までの金利で、

上限金利であっても銀行カードローンの平均金利よりも低い

という点にメリットがあります。


また、カードローンの枠の中に、一括返済のみの枠等も設けられており、
その枠の利用は、5.0%の低金利で融資を受ける事が出来ます。


低金利という面で他社の貸金業者と比較すると
かなりメリットが多いカードローンではありますが、
デメリットもあり、スピート面では時間が掛かることが前提で、
早くても融資を受けるまでに2週間程度みておく必要があるので、
すぐにでも融資を受けたい場合は、こちらのカードローンは向きません。


また、他社よりも有利な条件で融資を受けることができる分、
申込み基準が高く、必ず正社員で仕事をしている人が対象となります。
学生、パート、アルバイト、年金受給者、個人事業主の人は申込みが出来ません。


すぐにでも融資を受けたい人や、申込み条件に合わないという人は、
以下からぴったりの業者を探せるので、
そちらを利用されてください。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

以下は、JCBカードローンフェイスについてを徹底的にあらゆる面で
調査をしました。
申込み前に知っておきたい情報等も詳しく解説しておりますので、
是非参考にしてもらえれば幸いです。


  1. カードローンフェイスへの申込資格がある人
  2. 申込時に用意しておく必要がある書類
  3. カードローンフェイスを最短で借入する方法のまとめ
  4. 在籍確認について
  5. スペックを他社と比較をしてみました
  6. 借入や返済方法
  7. このカードローンのまとめ
  8. JCB CARD LOAN FAITHの口コミ

カードローンフェイスへの申込資格がある人


このカードローンの申込資格は以下となります。
年齢:20歳以上58歳以下

属性


※アルバイトやパートの人は申込みは出来ません。
※自営業者も申込みは対応していません。
※派遣社員の人は申込みが可能です。


申込時に用意しておく必要がある書類


カードローンフェイスの申込み方法は、

  • WEB申込
  • 入会申込書を郵送で送付

となりますが、ネットでの申込みの方が、
遥かに早く申込を済ませるコトが出来るので、
こちらの方の選択がおすすめです。


この際に必要な書類として、本人の確認できる書類を
用意しておく必要があります。
こちらの方は原本でなく、コピーしたものを郵送で
下記の収入証明書と一緒に送付する必要があります。


本人確認書類としては以下のものを用意してきましょう。



収入を証明するもの

カードローンフェイスは、必ず収入証明書の提出が必要で、
必ず以下の書類を用意しておかなくてはなりません。



いずれも最新のものを用意しておき、
コピーを送付する必要があります。


ここまで用意した時点で、契約までできる書類が揃ったことになります。


カードローンフェイスを最短で借入する方法のまとめ


申し込みまでに何かと手間がかかるのがこのカードローンではありますが、
できる限り早く融資を受けるにはどうしたらいいのかをまとめてみました。


申し込みはネットから行う

まず、申し込みですが、必ずネット上で行う必要があります。
入会申込書を請求した場合は、
数日ほど書類が届くまで時間が空くため、ネットで申込を済ませなくてはなりません。


申込完了後はすぐに送付用の封筒を印刷する

ネットから申込を済ませると、画面にこのような画面となります。



後日、自宅に返送用の書類が届きますが、
時間短縮のため、ここからダウンロードを行い、
印刷し、返送します。


封筒自体も印刷で出来ますが、ペラペラのA4用紙の封筒に不安なら、
1枚分封筒代はかかりますが、返信先の情報記述欄を切り取り、
これをベタっと張り付ければ大丈夫です。


審査完了の連絡がメールで届く

審査が完了した場合の連絡は、メールで結果が届きます。
流れとしてはここからは、クレジットカードの入会と似ており、
審査結果は、メールで届く流れとなります。


また、審査結果は変身後に届くメールに、
確認ページのURLが記載されている返信が届くので、
こちらからでも審査結果を確認することが出来ます。



わざわざ見る必要もなく、審査結果はメールで届くようになっています。


審査通過後は、カードが届くまでまつ

審査が通過した場合は、カードが届くまで待つだけです。
この届くまでの時間の目安としては、早くて1週間〜2週間の間程度、
書類の不備等で再度、郵送などがあった場合は、1ヶ月程度を目安に考えておきましょう。


イメージとしては、JCBでクレジットカードを発行してもらう流れと同じになっており、
この際に、会社に審査として電話が掛かることもありますが、
こちらに関しては、事前に連絡等はありません。
全てJCB側で行い、不備があった場合は、電話等での連絡や書類の返送がありますが、
それ以外の場合は、ひたすらカードが自宅に郵送で届くのを待つだけとなります。


土日は審査を行っていない

土日の場合は、審査を行っていないため、審査結果が分かるまで、
土日をまたぎ、早くて翌週の月曜日中、もしくは火曜日中が審査結果が分かるまでの
目安として考えておきましょう。

在籍確認について



カードローンで懸念されるのが在籍確認についてです。
これは、返済能力の調査で、申し込み時に入力した会社が
本当に勤務しているのかどうかという確認するため


会社へ電話が行われる事です。
カードローンフェイスは、基本的に在籍確認の電話はない流れではありますが、
審査でその会社へ勤めているのか信ぴょう性がない
又は、100万円以上の高額の融資を希望しているという場合などは、
必ず行われるものであるというふうに考えておきましょう。


この際のタイミングは、審査通過の後で、
本審査を業者側が行っているタイミングで
事前連絡なしで会社に電話がかかりますが、必ず本人が対応する必要はありません。


カードローンフェイスのスペックを徹底調査と比較をしてみました


以下で、カードローンフェイスについてのスペックについてを
解説し、他社と比較をしてみました。


借入限度額について

借入限度額としては、最大で500万円まで契約することが出来ます。
また、公式サイトの記載では、
利用可能額としての記載で、
50万円〜99万円が
最低の限度額としての記載がありますが、


申し込み時には必ず、50万円以上の枠で融資を希望する必要があります。



これはあくまで希望金額であり、希望金額以上に審査が通過することはないため、
50万円を希望していても、審査に通るか通らないかの部分では、
50万円以下に設定されることになります。


貸付の金利について


金利については、消費者金融や銀行のカードローンと比較すると、
結論的に、どう転んでも他社よりも低い金利で融資を受けることができます。


よく金利の記載で、3.5%〜18.0%という記載などを見受けますが、
最低に当たる金利は、
貸付に対し、非常に実現が困難である条件の元設定されている金利です。
つまり、言い方を悪くすると、見せかけの金利であるとも取ることができます。


低金利にこだわるのなら、見るべき部分は、上限となる金利です。
カードローンファーストは、上限金利が、
12.5%となっており
銀行カードローンの平均的な金利よりも
低く設定されており、融資を受けることができます。


いや、低金利はわかったけど実際に数字で言ってもらえないと
実感がわかないんだけど、、という人もいると思いますので、


毎月掛かる金利についてを
消費者金融と銀行とカードローンファースで比較をしてみました。


融資金額 消費者金融 銀行 カードローンファースト
5万円 750円 604円 521円
10万円 1,500円 1,208円 1,042円
20万円 3,000円 2,417円 2,084円
30万円 4,500円 3,624円 3,126円
40万円 6,000円 4,832円 4,168円
50万円 7,500円 6,040円 5,210円

これは、1ヵ月を30日換算で金利を計算したものです。
1円以下の端数は繰り上げで計算をしています。


これは、金利のみで、これに対し元金を返済してゆく仕組みです。
5万円程度の融資だと、金利差が低金利であっても
金額はコーヒー1杯分程度ではありますが、


20万円以上の融資を受けた場合は、毎月の金利の支払いだけで
1,000円を超えていきます。


率直な感想ですが、初回融資の時点で5万円程度の希望であるなら、
どのカードローンでも大きな差はありませんが、
20万円以上になるという人は、多少時間がかかっても
カードローンファーストの利用をおすすめします。


1回払い専用の枠も作れる

これはカードローンファーストだけの特徴ですが、
1回払い専用の枠を作ることができます。


これはどういったものかというと、
契約した限度額の一部で上限5万円となりますが、
1回払い専用の枠も設けられるといった仕組みになります。



この場合は、次の返済期日に口座引落にて完済する形となりますが、
金利が5.0%とより低金利で融資を受けることができます。


1万円に対し月の利息は、42円(端数繰り上げ)です。
3万円だと、125円
5万円だと、208円で、
友人にお金を借りて
缶コーヒーと一緒に返金する程度の金利で済むため、
1回払いではありますが、
カードローンの中でもこれ以上低い金利設定で
利用できることはないと言えるレベルの低金利です。


これは審査結果に応じ、作られることになり、
審査結果は、通常のリボ払い枠○○万円、一括枠○○円という記載で、
わかりますが、申し込み時に一括払い枠だけを作るという事は出来ません。
あくまで審査を受けてみないとこの結果はどうなるかはわかりません。


イメージとして、クレジットカードのキャッシングと近い感覚ではありますが、
クレジットカードのキャッシングの平均金利よりも低い金利での利用が可能です。


一括払い枠の利用方法

この一括払い枠の利用は、ATMでの出金となります。


ATMを介し出金する図


どちらの枠で利用するか選択するだけなので利用としては
非常に簡単ではありますが、
返済は、繰り上げでの返済などはできず、申し込み時に
設定した返済用の銀行口座から引き落としで返済する形となります。


借入を行う方法について


カード発行後で融資を受ける方法は2通りです。


カードを利用しATMから入出金を行う

まず一つは、カードを介しATMから融資を受ける方法です。


利用できる各種金融機関のATMは以下となります。


カードローンファーストが利用できるATM


基本的に、利用する箇所には困る事はありませんが、
利用に対し、ATMの手数料が必要となります。
1万円以下の利用は、108円
1万円を超える場合は、216円ほどかかる形となります。
入出金両方に手数料が発生となります。


指定振込口座へ振込をしてもらう

次に、申し込み時に設定した振込口座へ振込をしてもらう方法です。
こちらは電話で融資の依頼をかける方法でも出来ますが、
会員サービスのMYモビを利用し、WEB上で申し込みを行う事も可能です。


振込で融資を受けるための2通りの申込み方
※この図の電話番号は、2017年4月時点のものです。
電話番号は必ず業者WEBサイトのお問い合わせから取得ください。


と2種類の申し込み方法がありますが、
簡単なのは契約時に「MYJCB」の会員サービスに登録しておくと
ログインなど短縮出来るので簡単に振込融資の依頼をすることができます。


ただ知っておきたいのは、

このカードローンには24時間365日振込対応している銀行がない

ということです。
つまり、平日の9:00から遅くとも14:40分くらいまでに振込を
依頼しておかなければ振込が、反映しませんので注意が必要です。
この場合は、ATMを利用し、コンビニから出金するようにしましょう。


返済方法と返済額について


次に返済方法と返済額についてですが、
JCBはメインがクレジットカードだけあり、消費者金融等の返済方法と
基本は同じではありますが、やや異なります。


銀行引き落としでの支払いで通常は返済していく形となります。
引き落としは毎月15日に引き落としとなる形です。


JCBカードローンフェイスの月の返済額

毎月引き落としでの返済となりますが、
こちらは、返済パターンが2つあります。
ちょっとややこしいのですが、通常は以下の金額での返済の形で、
「残高スライド元金定額払い」となります。

借入金額 月の返済額
50万円以下 15,000円
50万円超〜100万円 20,000円
100万円超〜150万円 25,000円
150万円超〜200万円 30,000円

これは最後に融資を受けた金額から完済まで返済額を一律で返済するもので、
特に要望をしなければ、この返済パターンとなります。


また、毎月元金定額払いという方法もあり、
これは、クレジットカード同様に、残債が減れば月の返済額も減らしていく
というものです。


ちょっとわかりにくいと思うので、図にしてみました。
2種類の返済プランを比較した図
月換算の生活費確保であるならこちらの方が断然返済は楽ではありますが、
その分、ローンが長期化となります。


この毎月元金定額払いの返済額は以下となります。


借入金額 月の返済額
18万円以下 5,000円
18万円超〜60万円以下 10,000円
60万円超〜120万円以下 20,000円
120万円超〜180万円以下 30,000円

となっており、残高スライド元金定額払いと比較すると月の返済額はこちらのほうが
断然楽です。
ただし、以下の完済総額についてを見てください。


2種類の返済方法の完済総額の違い

この2種類の返済方法による完済総額の違いについてを比較してみました。
これをみると月の返済額を楽にする分、ローンの長期化と金利を時間を代償とし
より多く返済しているのがわかります。


融資金額 残高スライド元金定額払い 毎月元金定額払い 差額
5万円 51,309円(102.6%) 53,081円(106.1%) -1,772円
10万円 104,210円(104.2%) 112,725円(112.7%) -10,515円
20万円 217,070円(108.5%) 250,389円(125.1%) -33,319円
30万円 338,924円(112.9%) 385,427円(128.4%) -44,503円
40万円 470,115円(117.5%) 543,575円(135.8%) -73,460円
50万円 613,942円(122.7%) 733,350円(146.6%) -119,408円
100万円 1,413,479円(141.3%) 1,924,427円(192.4%) -510,948円

このように、どうあがいても残高スライド元金定額払いの方が、
完済総額は少ないですが、毎月の支払いが多くなります。
この差額が切実に辛いという人は止めませんが、


カードローンの商品性としてのある意味デメリットは、
債務に対し、毎月の返済額が少ないということで、
実際の借金に対して過小に考えがちです。


多少でも厳しい返済プランで返済し、
さっさと終わらせるべきローンであるので、
よほどのことがない限りは、残高スライド元金定額払いを利用するようにしましょう。


カードローンフェイスのまとめ


最後にこのカードローンをいい部分も悪い部分もまとめてみました。


デメリット

まず、悪い部分ですが、

初回融資までに時間がかかりすぎる

まず、大手消費者金融と違い、融資までに時間がかかりすぎることが挙げられます。
ウェブサイトには、最短即日審査回答とありますが、
これは、まず当日中に得られる事はありません。
2事例ほど調査で申し込みを行いましたが、いずれも審査結果は、3日以上かかりました。


また、振込融資もカードの受け取りをした後にようやく利用出来るので、
急ぎの人には、向きません。
イメージとしてはクレジットカードの発行をするのと
同程度の時間が掛かると考えて下さい。


申し込みまでが面倒すぎる

次に申し込みが、免許証1枚ですぐに申し込めるというわけではなく
収入証明書の用意が必須となるので、
これを用意する手間が掛かるため
常備していない書類を送付するのが面倒であり、
簡単に申し込みを行いたいという人には向きません。


総量規制の対象である

いくら低金利での融資を受けれるとは言えど、
貸金業者である為、総量規制の対象となります。


全てのATM手数料がかかる

カードローン利用時にATM手数料が毎回かかります。
銀行カードローンであれば
コンビニ等で入出金が無料のカードローンは多いですが
このカードローンは、基本全てのATMに対し手数料がかかります。


メリット

低金利で融資を受けることができる

上限金利が、消費者金融や銀行カードローンの
平均金利よりも低く設定されているため、


いかなる時でも、低金利である12.5%以下の金利で契約できるため、
貸金業者系の低金利にこだわる人には
これ以上ない好条件での契約が可能です。


一括返済枠が利用できる

一括返済として、5万円を上限に利用することができます。
金利も5万円借りたとしても、金利は約200円で5%という
一回限りで返済する必要がありますが、
この金利で融資を受けることができます。
また、何度も借りる癖があるという人は、
この枠を上限として利用することで
残債が膨む事を抑制することができます。


低金利なカードローンを探しているという人は、
JCBカードローンフェイスの利用はおすすめです。

ただし、初回の融資までの期間が長いため
融資までの時間の猶予が、
3週間程度はあるという人のみ選ぶようにしましょう。

ちょくちょく借りる癖がある
又はまたはありそうという人は
一括返済枠の5万円を限度に利用されて
基本的にリボ払いを利用しないという利用も可能です。



口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ