銀行系カードローンのおすすめ8社を徹底比較!好条件でお金を融資してもらえるのはどこ?

銀行系カードローンのおすすめ8社を徹底比較!好条件でお金を融資してもらえるのはどこ?


掲載日:

このページでは、おすすめの銀行カードローンを比較しています。 銀行カードローンは、上手く使うことができれば自分の大きな味方になってくれるツールです。 例えば、引っ越し費用が足りないときや、家電が突然故障して買い替えが必要になったとき、カードローンを使えばすぐに対応することができます。

また銀行カードローンは消費者金融と比較して金利が低く、利息を少額に抑えられる点も大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、ひとくちに銀行のカードローンといっても、楽天銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行など様々な種類があり、どれを選べば良いか迷うものです。

そこで今回はおすすめの銀行カードローンを、金利、サービス内容、限度額など様々な側面で比較し、ぴったりのサービスを見つけられるようにしました。 銀行カードローンを利用してみたいけど、どれを選べばいいか分からない…という方は、ぜひこのページを最後までチェックしてくださいね。

    今回紹介する銀行カードローンはこちら!


    今回、この記事で比較する銀行カードローンは、以下の8つです。


    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」について徹底調査!あらゆる角度から解説します!


    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のオススメポイント

    • 低金利でカードローンを利用可能
    • 来店不要で貸付・増枠してもらえる
    • 三菱UFJ銀行の口座がなくてもお金を融資してもらえる

    三井住友銀行 カードローン


    三井住友銀行 カードローンのオススメポイント

    • 審査後は土日も借り入れ可能
    • 借り入れできる店舗・契約機が多い
    • 口座があればローンカードなしで借り入れできる

    みずほ銀行 カードローン


    みずほ銀行 カードローンのオススメポイント

    • 口座を持っていれば2〜3営業日で借り入れ可能
    • 月4回まで時間外手数料が無料
    • みずほで住宅ローンを契約していると金利を0.5%引き下げ

    楽天銀行 カードローン


    楽天銀行 カードローンのオススメポイント

    • カードローンの利用で楽天ポイントが貯まる
    • 定期的な収入があれば学生や年金受給者でも借り入れが可能
    • 手数料無料で利用できるATMが多い

    イオン銀行 カードローン


    イオン銀行 カードローンのオススメポイント

    • 上限金利が年13.8%と低金利
    • Web上で申し込み手続きを完了できる
    • ローン利用時イオン銀行の口座不要

    auじぶん銀行 カードローン

    じぶん銀行カードローンのバナー画像


    auじぶん銀行 カードローンのオススメポイント

    • auユーザーでない人、じぶん銀行の口座を持っていない人も利用できる
    • 申し込みから最短2営業日で借り入れ可能
    • ATM手数料が完全無料

    オリックス銀行 カードローン


    オリックス銀行 カードローンのオススメポイント

    • 手数料無料で利用できる提携ATMが多い
    • 最高800万円までの高額融資に対応
    • ガン保障付き特約プランを用意

    ジャパンネット銀行 カードローン


    ジャパンネット銀行 カードローンのオススメポイント

    • 専業主夫や派遣社員への融資にも対応
    • 最短翌営業日に審査が完了
    • 初めてカードローンを利用する場合、30日間無利息に

    おすすめの銀行カードローンを比較!〜金利編〜

    金利を比較するにはどこを見ればいい?

    金利が低い銀行カードローンはどこか、各サービスの金利を比較する前に、金利を比較する際に見るべきポイントについて確認しましょう。


    銀行に限らず、カードローンでは「下限金利」と「上限金利」が設定されています。

    例えば、金利が「1.5%〜17%」であれば、1.5%が下限金利で、17%が上限金利です。


    初めてカードローンを借りる人は、延滞履歴もないしそこそこの金利で借りれるだろうと考えるかもしれませんが、ほとんどの場合、初回利用の人には上限金利が適用されます。


    というのも、カードローンは借入額が大きければ大きいほど、金利が低くなるように設定されているからです。


    また、初めて利用する人は「ちゃんと返済してくれる」という信用情報もないので、踏み倒されるリスクも含めて上限金利が適用されるケースがほとんどです。


    初めてカードローンを利用する人や借入予定額が100万円以下の予定の人は、基本的に上限金利が適用されると考えておきましょう。


    各銀行の金利を比較してみよう

    金利が最も有利なのはみずほ銀行とイオン銀行

    今回ご紹介する8つの銀行の金利を、以下にまとめました。

    三菱UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 楽天銀行
    年1.8%〜14.6% 年4.0%〜14.5% 年2%〜14%(※) 年1.9%〜14.5%
    イオン銀行 auじぶん銀行 オリックス銀行 ジャパンネット銀行
    年3.8%〜13.8% 年1.48%〜17.5% 年1.7%〜17.8% 年1.59%〜18%

    (※)住宅ローンを利用している人は金利は年0.5%下がるため、金利幅が年1.5%〜13.5%になります。


    8つの銀行を比較したとき、最も上限金利が低かったのはイオン銀行の13.8%でした。

    その次に上限金利が低いのはみずほ銀行の年14%で。イオン銀行とは0.2%しか変わらないので、ほぼ同じ金利と言えます。


    それ以外の銀行は概ね横並びで、三菱UFJ、三井住友、楽天が14.5%前後、オリックス、ジャパンネットが約18%です。


    つまり、金利を重視してカードローンを選ぶ場合、イオン銀行、みずほ銀行、のどちらかを選ぶと良いでしょう。

    金利が数%違うと、どれくらい差が出る?

    現在、カードローンを借りようと考えている方の中には、数%の金利の違いがどれくらい支払いに影響が出るかわからない方もいるかもしれません。


    そこで、同じ金額を借りて同じ期間で返済すると仮定した場合の総支払額を比較してみました。


    1年間で返済する場合
    融資を受けた金額 金利13.5%の場合 金利15%の場合 金利18%の場合
    10万円 10万7,456円 10万8,304円 11万11円
    20万円 20万4,920円 21万6,615円 22万27円
    30万円 32万2,381円 32万4,925円 33万44円
    50万円 53万7,306円 54万1,544円 55万74円
    100万円 107万4,619円 108万3,094円 110万153円

    1年以内に返済する計画の場合、大きく支払い総額に差が出ることはありませんが、金利が高くなるほど総支払額が1万〜2万程度増えています。


    少しでも出費を抑えたいのであれば、低い金利の銀行を選んだ方が良いと言えるでしょう。


    ちなみに、3年かけて返済した場合の支払い総額は以下の通りです。

    3年間で返済する場合
    融資を受けた金額 金利13.5%の場合 金利15%の場合 金利18%の場合
    10万円 10万7,456円 12万4,773円 13万130円
    20万円 24万4,311円 24万9,567円 26万280円
    30万円 36万6,484円 37万4,368円 39万431円
    50万円 61万818円 62万3,963円 65万721円
    100万円 122万1,654円 124万7,934円 130万1,468円

    3年間かけて返済する場合、1年で返済する場合と比較して総支払い額の差は大きくなっています。


    3年以上の長い期間をかけて返済する場合、利息の差はより大きく開くので、長期的な返済計画を立てている方であれば、金利が低いカードローンを選んで損はありません。


    おすすめの銀行カードローンを比較!〜限度額編〜

    限度額が最も高いのはジャパンネット銀行

    次に、利用限度額について各銀行を比較してみます。

    三菱UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 楽天銀行
    10万〜500万円 10万〜800万円 10万〜800万円 1万〜800万円
    イオン銀行 auじぶん銀行 オリックス銀行 ジャパンネット銀行
    10万〜800万円 10万〜800万円 10万〜800万円 10万〜1,000万円

    限度額を比較すると三菱UFJ銀行がもっとも低く、最大500万円までしか借入できません。

    その一方で、ジャパンネット銀行は1,000万円までと三菱UFJ銀行の倍に設定されており、借り入れ額の幅は非常に広くなっています。


    「そんなに借り入れしないし、限度額は自分には関係ない」と思う方もいるかもしれませんが、限度額は多くて損はありません。


    というのも、病気になった場合や急いで車を買い替えなければいけなくなった場合といった、万一のときにカードローンの上限が高ければ、必要なお金をすぐに借りられる可能性があります。


    緊急時に借入できる場があることで、気持ちに余裕ができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。


    また、1つのカードローンで返済を続けていれば、利用限度額を増額し、金利を抑えることも可能です。


    例えば、初期は最大借入額が100万円で金利が17.5%だったとしても、増枠の審査を受けることで最大借入額200万円、金利12%に引き上げられる場合があります。


    そうなれば、借入額は少しでも金利は低いものが適用されるので、利息を少額に抑えられます。


    カードローンと長く付き合っていきたいと考えている人であれば、限度額の多い銀行を使うのがおすすめと言えるでしょう。


    何円単位でお金を借りれるかもチェックしよう

    通常、カードローンは10万円単位または1万円単位での貸付に対応しています。

    しかし、1,000円単位でお金を借りられる銀行もあり、その銀行を利用すれば3,000円や5,000円といった少額の借り入れが可能です。


    借りすぎを防ぐため小口融資に抑えたい人や、その時必要な分だけ借りたい人にはぴったりなサービスなので、最低借入額も併せてチェックしましょう。

    三菱UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 楽天銀行
    1,000円単位(※ATM利用の場合) 1万円単位 10万単位 1,000円単位
    イオン銀行 auじぶん銀行 オリックス銀行 ジャパンネット銀行
    1,000円単位 1,000円単位 1,000円単位 1,000円単位

    おすすめの銀行カードローンを比較!〜サービス内容編〜

    サービス内容は自分に合ったものを選ぼう

    次に、各銀行のサービス内容について比較してみました。

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    専業主婦や契約社員等への貸付 契約社員・派遣社員は可、専業主婦や学生は不可
    在籍確認 あり ※なくしてもらうことも可能
    その他サービス

    ・下限金利1.8%と業界トップクラスの低金利

    ・返済日の3営業日前にリマインドメールを送付

    その他のサービス内容
    無利息期間 なし
    融資までの最短日数 最短2〜3営業日
    審査完了までの時間 最短40分

    三井住友銀行 カードローン

    専業主婦や契約社員等への貸付 契約社員・派遣社員は可、専業主婦や学生は不可
    在籍確認 あり
    その他サービス

    ・全国の提携ATMの利用手数料0円

    ・カードなどの引き落としに足りなかった金額分を自動融資

    ・最低返済額が2,000円ととても低い

    その他のサービス内容
    無利息期間 なし
    融資までの最短日数 最短翌営業日
    審査完了までの時間 最短30分

    みずほ銀行 カードローン

    専業主婦や契約社員等への貸付 派遣社員は可、パートや専業主婦は不可
    在籍確認 あり
    その他サービス

    ・みずほ銀行で住宅ローンを組むと、カードローンの金利を0.5%引き下げ

    ・みずほマイレージクラブへ加入すると、他行宛ての振込手数料が無料になる等のサービスを利用可能

    ・カードなどの引き落としに足りなかった金額分を自動融資

    ・月3回までコンビニATM時間外手数料が無料

    その他のサービス内容
    無利息期間 なし
    融資までの最短日数 最短7営業日 ※口座を持っている場合
    審査完了までの時間 最短2〜3営業日

    楽天銀行 カードローン

    専業主婦や契約社員等への貸付 契約社員・派遣社員・学生は可、専業主婦は不可
    在籍確認 あり
    その他サービス

    ・全国の提携ATMの利用手数料0円

    ・楽天銀行口座への振込融資は24時間365日対応

    ・カードローンの利用で楽天スーパーポイントが貯まる

    ・最低返済額が2,000円ととても低い

    その他のサービス内容
    無利息期間 新規口座開設した人のみ30日間
    融資までの最短日数 最短2営業日
    審査完了までの時間 最短2日

    イオン銀行 カードローン

    専業主婦や契約社員等への貸付 契約社員・派遣社員・専業主婦は可、学生は不可
    在籍確認 あり
    その他サービス

    ・全国の提携ATMの利用手数料0円

    ・最低返済額が1,000円ととても低い

    ・電話オペレーターの対応が良いと評判

    その他のサービス内容
    無利息期間 なし
    融資までの最短日数 最短2営業日
    審査完了までの時間 最短2日

    auじぶん銀行 カードローン

    専業主婦や契約社員等への貸付 契約社員・派遣社員・フリーターは可、専業主婦は不可
    在籍確認 あり
    その他サービス

    ・全国の提携ATMの利用手数料0円

    ・auユーザーは最大0.5%金利引き下げ

    ・振込融資の手数料無料

    ・毎月定額を他行口座からじぶん銀行の口座へ自動的に入金してくれる「定額自動入金サービス」

    ・最低返済額が2,000円ととても低い

    その他のサービス内容
    無利息期間 なし
    融資までの最短日数 最短2営業日
    審査完了までの時間 最短1時間

    オリックス銀行 カードローン

    専業主婦や契約社員等への貸付 契約社員・派遣社員は可、専業主婦や学生は不可
    在籍確認 あり
    その他サービス

    ・全国の提携ATMの利用手数料0円

    ・ガン保障付き特約プランを用意

    ・ジャパンネット銀行の口座を紐づけると24時間365日借り入れが可能に

    その他のサービス内容
    無利息期間 なし
    融資までの最短日数 最短2営業日
    審査完了までの時間 最短1日

    ジャパンネット銀行 カードローン

    専業主婦や契約社員等への貸付 契約社員・派遣社員・専業主婦は可、学生は不可
    在籍確認 あり
    その他サービス

    ・返済日を自由に選ぶことができる

    ・カードなどの引き落としに足りなかった金額分を自動融資

    その他のサービス内容
    無利息期間 初回利用のみ30日間
    融資までの最短日数 最短2営業日
    審査完了までの時間 最短1日

    各銀行カードローンのサービス内容を比較すると、申し込み資格が最も緩やかなのはイオン銀行、ジャパンネット銀行の2行でした。


    この2つの銀行は、契約社員や派遣社員はもちろん、専業主婦(主夫)でも申し込み可能になっています。


    専業主婦(主夫)の場合、配偶者に安定した収入がある場合に限られますが、申し込みに対応しているカードローンは少ないので、該当する人は確認しておきましょう。

    また、楽天銀行は専業主婦(主夫)の申し込みには対応していない一方、学生からのローン申し込みに唯一対応しています。


    アルバイト等で安定した収入があればお金を借りられるので、ローンを利用したいと考えている学生の方は、楽天銀行を利用するのがおすすめです。


    次に、無利息期間を用意しているのは楽天銀行、ジャパンネット銀行の2行でした。

    この2つの銀行では、新規にカードローンを利用する人に限り、借入から30日間は無利子でお金を借りることができます。


    利息を抑えることができるので、これから初めてカードローンを利用する人は、積極的に利用するのがおすすめです。


    ただし、無利息期間を利用するには、以下のような条件があるので、その点に注意しましょう。


    ◇楽天銀行

    楽天銀行の口座を持っておらず、カードローンと同時に口座開設の申し込みをした人

    ◇ジャパンネット銀行

    …他行も含め、過去に1度もカードローンを利用したことがない人

    融資までの日数は、どの銀行カードローンも基本的に2営業日後ですが、みずほ銀行のみ最短でも7営業日後となっているので、みずほ銀行のカードローンを利用したいと思っている人は、注意が必要です。


    審査が延びると、7営業日よりも日数がかかってしまうことも考えられるので、時間に余裕がある場合にのみ利用すると良いでしょう。


    また、バンクイックは在籍確認を唯一避けられる銀行カードローンです。

    在籍確認を無くすためには、通常の提出書類の他に4点の書類が追加で必要になりますが、会社に電話がかかってくるのが不自然になってしまう方や、会社にバレるリスクを絶対に負いたくない人は、バンクイックを利用するのがおすすめ。


    ただし、在籍確認を避けると審査に時間がかかる可能性が高いので、その点には注意しましょう。

    その他のサービスで注目したいのは、みずほ銀行とauじぶん銀行の金利引き下げサービスです。


    みずほ銀行のサービスは、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人であれば借り入れ額に関わらず、一律で金利を年0.5%引き下げられます。


    これから住宅ローンを組みたいと考えている人や、2017年3月以降にみずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人は、積極的に利用するのがおすすめです。


    その一方で、auじぶん銀行の金利引き下げにはいくつか条件があります。

    auじぶん銀行では0.5%引き下げられる「借り換えコース」と、0.1%引き下げる「誰でもコース」があり、それぞれ適用条件が異なるので事前に確認しておきましょう。

    借り換えコース 誰でもコース
    利用可能な人

    ・申し込み時にau IDに登録すること

    ・登録するau IDに、利用しているauの携帯電話や固定通信サービス(※)が設定されていること

    (※au携帯電話、ケーブルプラス電話、SmartTVBox、J:COM PHONEプラス、auひかり、auひかりちゅら、au one net(「フレッツ光」コース、「コミュファ光」コース、WiMAXコースのいずれか)

    ・申し込み時にau IDに登録すること

    ・登録するau IDに、利用しているauの携帯電話や固定通信サービス(※)が設定されていること

    (※au携帯電話、ケーブルプラス電話、SmartTVBox、J:COM PHONEプラス、auひかり、auひかりちゅら、au one net(「フレッツ光」コース、「コミュファ光」コース、WiMAXコースのいずれか)

    適用条件

    以下のすべてを満たす人が金利引き下げの対象となる


    ・判定日時点でauじぶん銀行でau ID登録(状況)が有効となっていること

    ・借り換えを希望し、当行所定の審査結果が借入可能上限額(限度額)100万円以上となること

    ・当行からの借入金で他社の借入金を返済すること(他行の借り入れが100万円以内の場合も可)

    ・判定日時点でauじぶん銀行でau ID登録(状況)が有効となっていること

    また、オリックス銀行のカードローンとがん保障がセットになった商品も注目度の高いサービスです。


    このサービスは、消費者信用団体生命保険に加入できるもので、万一契約者が死亡した場合やガンと診断確定されたとき、保険金を借り入れ残高に充当することができます。


    追加保険料や金利の上乗せなしで利用でき、最大1,000万円を保障してもらうことが可能です。


    もし借入残高よりも保険金の方が少なかった場合、借り入れ額から保険金を差し引いた残りのお金は返済を続けなければいけませんが、借り入れ額を大きく減らすことができる便利なサービスなので、オリックス銀行でカードローンを利用する場合積極的に利用したいサービスでしょう。


    おすすめの銀行カードローンを比較!〜便利さ編〜


    最後に、各銀行カードローンの便利さを比較してみます。

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    申し込み方法 Web、テレビ窓口、電話
    利用できる提携ATM 三菱UFJ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、コンビニATM E-net
    土日の審査 対応
    返済方法 口座引き落とし、ATM返済、振込
    その他のサービス内容
    申し込み可能時間 24時間
    借り入れ・返済可能時間 0:10〜23:50
    契約時の口座開設 不要
    テレビ窓口の総数 638件
    保証人や担保 不要

    三井住友銀行 カードローン

    申し込み方法 Web、ローン契約機
    利用できる提携ATM 三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、コンビニATM E-net
    土日の審査 対応
    返済方法 口座引き落とし、ATM返済、振込
    その他のサービス内容
    申し込み可能時間

    Web:24時間

    ローン契約機:9:00〜18:00 ※店舗によっては異なる場合も

    借り入れ・返済可能時間 各ATMの利用可能時間に準ずる
    契約時の口座開設 不要
    ローン契約機の総数 約600件
    保証人や担保 不要

    みずほ銀行 カードローン

    申し込み方法 Web、郵送、電話、店舗
    利用できる提携ATM みずほ銀行、セブン銀行、コンビニATM E-net
    土日の審査 対応していない
    返済方法 口座引き落とし、ATM返済、インターネットバンキング(みずほダイレクト)
    その他のサービス内容
    申し込み可能時間

    Web、郵送:24時間

    電話:平日9:00〜20:00

    店舗:各店舗の営業時間に準ずる

    借り入れ・返済可能時間

    ◆みずほ銀行

    月曜:7:00〜24:00

    火曜〜金曜:24時間

    土曜:0:00〜22:00

    日曜:8:00〜21:00


    ◆コンビニATM

    平日:24時間

    土曜:0:00〜22:00

    日曜:8:00〜24:00

    契約時の口座開設 必要
    無人契約機の総数 なし
    保証人や担保 不要

    楽天銀行 カードローン

    申し込み方法 Web
    利用できる提携ATM みずほ銀行、三井住友銀行、セブン銀行、ローソン銀行、コンビニATM E-net、ステーションATM PatSat、イオン銀行、北都銀行、東京スター銀行、栃木銀行、愛知銀行、名古屋銀行、高知銀行、富山銀行、大光銀行、きらぼし銀行
    土日の審査 対応していない
    返済方法 口座引き落とし
    その他のサービス内容
    申し込み可能時間 24時間
    借り入れ・返済可能時間

    ◆Webから

    登録口座が楽天銀行の場合:24時間

    登録口座が他行の場合:0:10〜23:50


    ◆ATM・電話から

    24時間

    契約時の口座開設 不要
    無人契約機の総数 なし
    保証人や担保 不要

    イオン銀行 カードローン

    申し込み方法 Web
    利用できる提携ATM 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ローソン銀行、コンビニATM E-net、イオン銀行、ろうきん、信用金庫、信用組合
    土日の審査 対応
    返済方法 口座引き落とし、ATM返済
    その他のサービス内容
    申し込み可能時間 24時間
    借り入れ・返済可能時間 各ATMの利用時間に準ずる
    契約時の口座開設 不要
    無人契約機の総数 なし
    保証人や担保 不要

    auじぶん銀行 カードローン

    申し込み方法 Web
    利用できる提携ATM 三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、コンビニATM E-net
    土日の審査 対応
    返済方法 口座引き落とし、ATM返済
    その他のサービス内容
    申し込み可能時間 初回利用のみ30日間
    借り入れ・返済可能時間

    24時間

    ※ただし、月曜1:00〜5:00、第2土曜日21:00〜翌7:00を除く

    契約時の口座開設 不要
    無人契約機の総数 なし
    保証人や担保 不要

    オリックス銀行 カードローン

    申し込み方法 Web
    提携ATM 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、コンビニATM E-net、イオン銀行、西日本シティ銀行
    土日の審査 対応していない
    返済方法 口座引き落とし、ATM返済、振込
    その他のサービス内容
    申し込み可能時間 24時間
    借り入れ・返済可能時間

    《借り入れ》

    ◆振込融資

    ・ジャパンネット銀行宛て:0:15〜23:50

    ・他行宛て:0:10〜23:50


    ◆引き出し

    ATMの利用時間に準ずる


    《返済》

    24時間

    契約時の口座開設 不要
    無人契約機の総数 なし
    保証人や担保 不要

    ジャパンネット銀行 カードローン

    申し込み方法 Web、アプリ
    提携ATM セブン銀行
    土日の審査 対応していない
    返済方法 口座引き落とし
    その他のサービス内容
    申し込み可能時間 初回利用のみ30日間
    借り入れ・返済可能時間

    《借り入れ》

    ◆Web、アプリ

    24時間365日


    ◆ATM

    ATMの利用時間に準ずる

    契約時の口座開設 必須
    無人契約機の総数 なし
    保証人や担保 不要

    まず、申し込み方法を比較すると、最も選択肢が多かったのはみずほ銀行でした。

    みずほ銀行では、Web、郵送、電話、店舗の4つの方法でカードローンを契約でき、書類の郵送が面倒な人やWebでの申し込みに不安がある人も安心して申し込み可能です。


    また、電話や店頭で申し込みをすれば、ローンについて分からない点を解決してから契約できるのも嬉しい点でしょう。

    利用できるATMの多さは、楽天銀行が圧倒的に多くなっています。


    メガバンクのみずほ銀行、三井住友銀行はもちろん、ネット銀行や地銀にも幅広く対応しており、全国どこに住んでいても利用しやすい点が大きな魅力でしょう。

    逆に、ジャパンネット銀行のカードローンはセブン銀行からしか借り入れできない点に注意しましょう。

    ただし借り入れ後のお金の引き出しは、三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、コンビニATM E-net、ゆうちょ銀行と様々なATMで可能なので、借り入れはアプリから行いコンビニでお金を下ろすのがおすすめです。


    土日の審査という点では、楽天銀行、オリックス銀行、ジャパンネット銀行以外の銀行は土日も審査を行っており、早く融資してもらえることが分かりました。

    早くお金が必要な場合、土日も審査を行っている銀行を選びましょう。

    自分に合った銀行カードローンを選ぼう

    銀行カードローンは自分に合うものを選ぼう

    一般的に、銀行カードローンは消費者金融と比較して良いと言われていますが、最も重要なのは自分が重視している点が銀行の提供しているサービスと合っているかどうかです。


    自分が最も重視しているポイントはどこなのか考えて、自分に合ったカードローンを選びましょう。


    今回銀行カードローンを見て、自分には合わないかもと思った人は、消費者金融系のローンも確認してみるのがおすすめです。


    以下のページに、消費者金融系ローンに関する情報がたくさん載っているので、ぜひチェックしてみてください!


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ