三井住友銀行 カードローンの金利について徹底解説したページの見出し画像

三井住友銀行 カードローンの金利についてを徹底解説

更新日:
「三井住友銀行カードローンってCMやネット広告でもよく目にするけど、金利ってどうなんだろう?低い?それとも高いの?」

当サイトのカードローン利用者への実態調査でもカードローンを選ぶ際に最もカードローンを選ぶときに最も重要視する点として、「金利の低さ」を挙げた人が過半数を超えています。

多くの人が気になる「金利」ですが、公式ホームページ上で確認できるのは○%〜○%といった記載のみということが多く、それ以上の詳細な情報については知ることが難しくなっています。

このページでは、知名度が高く、はじめての借入先として選ばれることも多い三井住友銀行カードローンの金利について徹底調査を行い、これ以上ないというくらい分かりやすく解説していきます。

金利を引き下げる方法などについても紹介しているので、今回はじめてカードローンを利用する人だけでなく、今現在すでに三井住友銀行カードローンの契約がある人も、ぜひ参考にしてみていただければ幸いです。

このページは三井住友銀行カードローンの「金利」についての情報にのみ特化しています。
申込み条件や審査スピード、融資の受け方など全体的なスペックを知りたい人は、以下のページを参考にしていただけると幸いです。

    三井住友銀行 カードローンの金利についての基本情報

    まずは、三井住友銀行 カードローンの基本情報と、金利の見方についてを解説していきます。


    三井住友銀行 カードローンの金利と借入限度額


    三井住友銀行カードローンは、金利は年4.0%~14.5%、契約極度額は最高800万円で、契約額は1万円単位となっているカードローンです。


    カードローンの金利を比較する上で、最低限知っておきたい言葉が、「下限金利」と「上限金利」です。


    ○%〜○%と記載されているうち、低い方の金利が「下限金利」、高い方の金利が「上限金利」となります。三井住友銀行カードローンの場合だと、4.0%が下限金利、14.5%が上限金利です。


    これを踏まえて、下の表を見てください。


    三井住友銀行 カードローン借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 適用金利
    100万円以下 年12.0%〜14.5%
    100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
    200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
    300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
    400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
    500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
    600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
    700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%

    三井住友銀行カードローンに限らず、基本的にどの業者でも、借入限度額ごとに適用される金利が定められています。


    少しでも低い金利でカードローンの契約をしたいと考えている人は、どうしても下限金利にばかり目がいってしまいがちです。しかし、上の表を見てもらえると分かるように、下限金利が適用されるのは、最大の借入限度額での契約となった場合のみとなります。


    契約できる借入限度額や金利は、申込をする人の職業や職種、年収、勤続年数などから総合的に審査をして決まるので、一概にある限度額や金利になるとは言えません。


    しかし、はじめての契約の際には、ほとんどの人が100万円以下の借入限度額となります。そのため、金利は、上の表の赤文字の部分である、上限金利もしくはそれに近い金利での契約になる傾向にあります。


    なので、三井住友銀行カードローンを利用するのは今回が初めてだという人は、適用される金利は12.0%〜14.5%になると考えておくと、後から落胆せずに済みます。


    三井住友銀行 カードローンの金利は低い?

    カードローンを利用してお金を借りたいと考えたときに、借入先として選択が可能な金融機関は数百社以上あり、金利の設定は各金融機関、業者により様々です。


    選択肢が非常に多く、初めてカードローンを利用するという人の場合、一体何%で契約できたら低金利なのか、その基準が分からないと思います。


    当サイトでは、銀行カードローンや消費者金融のカードローン、信販会社のカードローンなどあらゆる形態のカードローンについて調査、解説を行っています。こうした調査の結果、カードローンの金利の低い高いについての基準は、以下のようになると考察しています。


    カードローンで低金利と判断できる基準


    三井住友銀行カードローンは、どれだけ借入限度額が小さくとも適用される金利の上限は14.5%となります。そのため、15%という平均と考えてカードローン業界全体の中で比較すると、低金利な部類に入ります。


    具体的に他のカードローンと比較をしてみると、以下のようになります。


    他のカードローンとの金利比較

    カードローン名 金利
    三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
    SMBCモビット 年3.0%~18.0%
    アイフル 年3.0%~18.0%
    プロミス 年4.5%~17.8%
    J.Score 年0.8%~12.0%
    みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
    三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
    楽天銀行カードローン 年1.9%~14.5%

    上の表から分かるように、三井住友銀行カードローンは銀行カードローンでは平均的な金利であり、より低金利で契約できるカードローンも存在します。


    しかし、金利だけではなく、申込から融資実行までのスピードや必要となる手続き、利用開始後の利便性などを考慮した場合、今回の申込が初めてのカードローンの利用となる人には、三井住友銀行カードローンは非常におすすめできる借入先です。


    もし、次の項目についてもっと詳しく知っておきたいと言う場合は、以下のページを参考にしてください。

    • 何でカードローンの金利の比較は上限金利で行う?
    • もっと低金利で契約できるカードローンはないの?
    • カードローンの金利ってどうやって決められる?
    • 金利0で借入できるカードローンはない?

    カードローンの金利が決まる仕組みや利息についてを、とことん詳しく解説しています。

    契約金利する金利から毎月の利息を計算する方法

    金利が低いカードローンと高いカードローンでは、発生する利息を低く抑えることができるのは、当然金利が低いカードローンです。


    金利と利息の違いが分からない人に向けて説明をすると、金利とは1年間に何%の利息がかかるのか示した割合で、利率と呼ぶ場合もあります。一方、利息は、金利を元に計算される、借り入れたお金に加えて返済をするお金のことです。


    ただ、こうした定義を知っていても、契約した金利で、毎月、何円の利息が発生するのかという具体的な金額まで計算をして把握できるという人は少ないのではないかと思います。


    この項目では、三井住友銀行 カードローンで適用される可能性が高い契約金利、14.5%と12.0%で借入を行った際に発生する毎月の利息を計算、表にまとめていきます。


    カードローンの利息の計算式


    このような計算式で、カードローン利用時の1日あたりの発生する利息を算出できます。仮に金利14.5%で10万円を1ヶ月ほど借入した場合は、以下のようになります。


    100,000円(借入金額)×0.145(適用金利)÷365×30日(借入日数)=1,191円(利息)


    三井住友銀行 カードローン毎月の利息表

    借入する金額 契約金利14.5% 契約金利12.0%
    5万円 595円 493円
    10万円 1,191円 986円
    20万円 2,383円 1,972円
    30万円 3,575円 2,958円
    40万円 4,761円 3,945円
    50万円 5,958円 4,931円
    60万円 7,150円 5,917円
    70万円 8,342円 6,904円
    80万円 9,534円 7,890円
    90万円 10.726円 8,876円
    100万円 11,917円 9,863円

    ※1ヶ月は30日で計算 ※小数点以下切り捨て


    金利14.5%での契約となった場合、10万円借入する金額が増えるごとに約1,200円、12.0%の場合は約1,000円ずつ発生する利息が増えていきます。

    借入する金額が大きくなればなるほど、1ヶ月あたりで発生する利息の差は大きくなるので、50万円の借入の段階で発生する利息の差は1,000円を超えることになります。

    三井住友銀行カードローンでは、はじめての契約で12.0%が適用される可能性もあります。しかし、後から思ったより支払う利息が高かったといった事態にならないよう、14.5%での契約となったと想定して利用計画を立てておくことを推奨します。

    他のカードローンとの利息の比較

    金利だけだと、三井住友銀行カードローンの利息がどれくらいかは分からないので、他のカードローンと比較をしてみます。


    他のカードローンと利息の比較(上限金利の場合)

    カードローン名(金利) 10万円での利息 30万円での利息 50万円での利息
    三井住友銀行カードローン(14.5%) 1,191円 3,575円 5,958円
    SMBCモビット(18.0%) 1,480円 4,438円 7,397円
    みずほ銀行カードローン(14.0%) 1,151円 3,452円 5,753円

    このように、10~50万円程度の借り入れだと、そこまで利息に差がないことが分かります。


    数十万円の借り入れでは、利息はあまり考える必要がないので、返済のしやすさなど、その他のサービスに目を向けてみましょう。


    金利を下げると返済額が減る?

    上の表で見たように、金利が12.0%である場合と、14.5%である場合では、12.0%である場合の方が、利息が減ります。


    そのため、利息が減ることによって返済が楽になるかというと、一概に楽になると言い切ることはできません。


    たしかに、利息が減ることによって、最終的に返済にかけた総額は減らすことができます。この点では、返済が楽になります。


    しかし、毎月の返済額は、金利に関わらず、借入残高がどれくらいあるかによって決まります。そのため、金利が下がったとしても、同じ金額を借り入れていれば、毎月の返済額は変わらないのです。


    金利以外に返済額を減らす方法

    金利を下げるだけでなく、臨時返済をすることで利息を減らし、返済総額を減らすことができます。


    臨時返済とは、毎月の返済とは別に、好きなタイミングで任意の金額を返済することです。


    臨時返済を行うことで、借り入れ額を減らすことができるため、利息の増加が遅くなります。利息の増加が遅くなれば総利息が減少して、総返済額を減らすことができます。


    しかし、やはり毎月の返済を軽くすることに、あまり結びつかないことは、金利を下げることと同じだと言えます。

    返済に困った場合は利息だけの返済にできるかも

    三井住友銀行カードローンの利用中に返済に困ってしまい、返済が難しくなることがあると思います。


    そんな時は、まずこちらから連絡をして返済ができない旨を伝えましょう。連絡も何もしないと、督促の連絡が来るだけでなく、すぐに事故情報として記録されてしまいます。


    全額の返済はできなくても、利息の支払いだけができるのであれば、利息の支払いだけにしてもらうように相談してください。
    利息だけでも支払いをしていれば、延滞状態は回避することができます。


    契約後に金利を下げてもらうことはできるの?

    契約しているカードローンの金利を下げたい場合、多くの人がまず他業者への「借り換え」を考えます。


    もちろん、借り換えは金利を下げるひとつの手段として有効です。しかし、三井住友銀行カードローンをすでに契約している人は、「借入限度額の増枠」を行うことで、契約金利を引き下げることも可能です。


    仮に初回契約時の借入限度額が50万円で金利14.5%だった人が、「借入限度額の増枠」によって100万円を超える借入限度額での契約となった場合、適用される金利は最大でも12.0%まで引き下げられます。


    借入限度枠の増枠をする方法

    借入限度額の増枠をするには、増枠の依頼を電話で行い、再度審査を受けることになります。


    「また審査を受けることになるのか」と面倒に感じるかもしれません。しかし、初回契約時から住所や職場などの登録情報に変更がなければ、本人確認書類の提出や職場への在籍確認が省略できます。そのため、他業者への借り換えに比べ、少ない手続きで金利を下げることができます。


    借入限度枠の増枠の申請は、三井住友銀行カードローンの利用者であれば誰でも行えますが、

    • 借入を遅れることなく返済していること続けていること
    • 滞納することなく完済していること

    これらを満たすことは最低条件になります。もし、返済が滞ってしまっているような場合は、増枠の審査の通過は難しくなります。


    逆に、次のような場合は、借入限度額の増枠や金利の引き下げに期待が持てます。


    増枠審査に期待が持てる人の条件


    このように、しっかりと返済を行っており、返済能力が高いと、三井住友銀行カードローンにとって優良な顧客として判断されます。優良な顧客として判断されることにより、増枠の審査に通る可能性が高くなります。


    すでに三井住友銀行 カードローンとの契約があり、本格的に増枠を検討している人は、以下のページを確認してみることをオススメします。


    増枠の情報にのみ特化したページで、審査基準や増枠を行うメリット・デメリット・リスクについても詳しく解説しています。

    完済時に増枠の依頼をしておくメリット

    借金がある状態とない状態では、当然借金がない状態の方が審査には有利です。お金に困っている状態より、余裕がある時の方が、より好条件で契約できるのがカードローンです。


    つまり、借入したお金を遅れることなく完済している状態は、低金利でカードローンの契約を行うチャンスだと言えます。


    繰り返しの利用を推奨するわけではありませんが、いざという時の備えとして、より低金利な契約の借入の枠を作ってのおくのも一つの選択肢です。


    三井住友銀行カードローンは、借入限度額が800万円と大きく、増枠することによる金利の引き下げにも期待ができるカードローンですので、中長期的な利用にオススメできます!

    住宅ローンの利用で金利が引き下げられることも!

    三井住友銀行カードローンの金利に関して、公式ホームページ上に以下のような記載があります。

    本ローン新規お申込およびご契約極度額変更お申込時に、当行の住宅ローンをご利用中で、ご返済の遅延がないお客さまにつきましては、上記お借入利率より引き下げとなる場合がございます。
    対象住宅ローンは、当行指定の保証会社が保証する住宅ローンに限定し、一部除外される商品もございます。
    なお、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)直接融資のみ、または、長期固定金利型住宅ローン(機構買取型)≪フラット35≫のみの方はお取り扱いできません。

    ここにある通り、一部対象外のものがありますが、三井住友銀行の住宅ローンを利用している人は、金利が通常の金利よりも引き下げられる可能性があります。


    なお、引き下げ利率、適用については、申込者の状態により異なります。


    三井住友銀行 カードローンの金利についてのまとめ

    三井住友銀行カードローンの金利について詳しく解説してきましたが、最後に特徴や知っておきたい情報を簡単にまとめました。


    はじめての契約時の適用金利は12.0%〜14.5%になる可能性が高い
    14.5%は業界全体の中で低金利な部類に入る
    1ヶ月あたりに発生する利息は最大でも約1,200円
    金利が下がると総返済額を減らすことができる
    増枠の審査を受けることで金利の引き下げも可能
    住宅ローンを利用している場合金利が下がることがある

    三井住友銀行カードローンは、初回契約時の金利が低いので、単発の利用にオススメです。また、借入の枠の増額、金利の引き下げに積極的な傾向にあるので、中長期的な利用、いざという時の備えとしてもおすすめできるカードローンです。

    このページでは、金利のみにフォーカスして解説してきましたが、三井住友銀行カードローンは、融資までのスピードや、利用開始後の利便性も評価でき、全体的なスペックが高いのが特徴です。

    以下のページで、三井住友銀行カードローンの全体的な特徴を詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ