無利息期間があるカードローン特集見出し画像

無利息で利用できるサービスのあるカードローン特集!

更新日:

短期借入を希望している人や、返済の目処は付いているけどそれまでの資金を補填しておきたいという人に最も適しているのが「無利息期間」があるカードローンです。

詳しくは後述しますが、10万円以下の少額融資を受けたいけど、出来れば低金利の業者がいいという人も無利息期間を利用するのはありです。

このページでは、無利息期間があるカードローンで人気の5社を紹介するとともに、無利息期間のあるカードローンの弱点、デメリットについても詳しく解説していきます。

カードローンを利用するにあたり、少しでも支払う利息を少なく抑えたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。


    無利息期間とは?無利息期間についての解説

    無利息期間の仕組み


    「無利息期間」とは名のとおり、その期間に受けた融資に対して金利がつかない期間の事を指します。


    もし、この期間内に全額の返済をすれば、融資を受けた業者に対して支払う利息は「0円」、これ以上ない究極の低金利なローンだと言えます。


    無利息期間の利用はイメージとしては以下のような感じです。


    30日間の無利息期間適用のイメージ


    金利18%で5万円借入した場合、1日あたりに発生する利息は約25円、通常のカードローンを利用した場合には当然、借入を行ったその日からこの利息は発生しますが、無利息期間が設けられている場合には、この期間が終了した日から、はじめて利息が発生し始めます。


    上図の条件の場合、無利息となって得する金額は約750円程度ですが、これがもし30万円の借入を行っていた場合にはその金額は約4,500円にもなります。


    無利息期間があるカードローン業者とその利用条件

    基本的に無利息期間は30日間と設定されているケースが多いのですが、各業者によって、無利息期間の適用日や適用条件が異なります。


    以下、無利息期間のある人気のカードローン業者5社についての詳細を表にまとめていきますが、どのカードローンも共通している無利息サービスの適用条件は、今回の契約がはじめてであるコトです。


    過去に契約、利用をしたことがある業者を再度利用する場合には無利息サービスは適用されないので、借入先を選ぶ際には少し注意が必要です。


    各カードローン業者の無利息サービス詳細

    業者名・カードローン名 上限金利 無利息期間 適用条件
    プロミス 17.8% 初回借入日の翌日から30日間

    ・メールアドレスの登録
    ・Web明細利用の登録

    アコム 18.0% 契約日の翌日から30日間 ・返済日を「35日ごとに設定」
    アイフル 18.0% 契約日の翌日から30日間
    レイクアルサ 18.0% 契約日の翌日から30日間or180日※
    ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 18.0% 初回借入日から30日間

    ※180日間の無利息は借入額のうち5万円まで、5万円超分は通常金利適用
    ※金利は各カードローン業者の上限金利を表示


    無利息期間をフルに活用するために注意しておきたいポイント

    プロミスとジャパンネット銀行「ネットキャッシング」が、実際に融資を受けてから無利息期間がスタートします。


    これに対して、他3社(アイフル・アコム・レイクアルサ)では、契約完了日の翌日から自動的に無利息期間はスタートされる為、借入を行わなかった場合、無利息期間はその分減っていくコトになります。


    アコム・アイフル・レイクアルサの無利息適用期間のイメージ


    アコム・アイフル・レイクアルサいずれかの利用を検討している人は、無利息サービスをフルで活用するためにも、契約手続き完了後、すぐに借入を行うコトをおすすめします。


    無利息期間が終わるとどうなる?

    各カードローン業者によって無利息となる期間の開始日は異なりますが、どの業者でも無利息期間の終了日の翌日から利息は発生します。


    この利息は日割りによって計算されるので、いつ、どのタイミングでカードローンの利用を開始するかということの影響はありません。



    無利息期間の利用と低金利なカードローンの利用どっちが得なの?

    上の表で紹介した、無利息期間のあるカードローン5社は、銀行カードローンの平均的な水準と比べると、全て金利が高めとなっています。


    その為、いくら金利0で利用できる期間が設けられていても、借入する金額や期間によっては、低金利な設定がされている銀行のカードローンを利用したほうがお得な場合もあるので注意が必要です。


    以下、当サイトの返済シミュレーションを使い、返済回数ごとの最終支払利息を算出し表にまとめましたので、その理由を詳しく解説していきます。


    尚、比較対象は、金利14.0%と低金利で人気のあるみずほ銀行カードローンとしています。


    10万円借入した場合の返済シミュレーション

    返済回数 返済額 金利18.0% 発生利息 金利14.0% 発生利息
    6回 約17,000円 5,315円 (3,815円) 4,123円
    7回 約15,000円 6,089円 (4,589円) 4,721円
    8回 約13,000円 6,867円 (5,367円) 5,321円

    ※()内の金額は30日間の無利息適用後の利息


    20万円借入した場合の返済シミュレーション

    返済回数 返済額 金利18.0% 発生利息 金利14.0% 発生利息
    6回 約35,000円 10,630円 (7,630円) 8,246円
    7回 約30,000円 12,179円 (9,179円) 9,442円
    8回 約26,000円 13,734円 (10,734円) 10,642円

    ※()内の金額は30日間の無利息適用後の利息


    無利息期間のあるカードローンの利用は半年以内の完済がポイント

    上表から、返済回数が8回を超えると、無利息期間のあるカードローンよりもみずほ銀行カードローンの方が最終的に支払う利息が少なくく抑えられているということが分かります。


    比較する銀行カードローンの金利によっては、異なった結果になることもありますが、無利息期間の利用が向いているのは、6回、半年以内に返済の目処が立ってる人だと判断できます。


    ただ、20万円の借入をした場合に半年以内で完済するには、毎月30,000円以上の返済が必要です。


    ボーナスなどまとまったお金が入る予定があり、途中で一括で完済するという予定があれば別ですが、10万円を超える借入を半年以内に完済するのはシビアな返済プランとなってしまいます。


    無利息期間のあるカードローンの利用が向いている人


    無利息期間のあるカードローンは、少額・短期間の融資向け、反対に高額融資を希望していて、長期間の返済となる場合には、金利の低い銀行カードローンの利用を検討してみることを推奨します。


    以下ページで低金利でキャッシングできるおすすめの業者を特集しているので参考にしてみてください。



    5万円以内の借入におすすめ「レイクアルサ」の180日間無利息!

    レイクアルサでは借入した金額全額が無利息の対象となる「30日間無利息」と、借入した金額のうち5万円までが無利息の対象となる「180日間無利息」2つの無利息ローンが用意されています。


    もちろん5万円以上の借入も可能ですし、無利息期間中は何度利用しても5万円までは無利息です。


    借入したい金額が5万円以下の人は、迷わずレイクアルサの180日間の無利息ローンを利用するべきだと言えます。


    レイクアルサでは、借入予定額と返済予定回数の入力で、30日間と180日間、どちらの無利息ローンの利用がお得かを簡単に診断できる「どっちがおトク?シミュレーション」というツールが用意されているのでこちらを利用してみるのもオススメです。


    無利息期間中も返済はしないといけないの?


    無利息期間中の返済について


    「30日間は無利息なんだから、この期間内に全額返せば問題ないでしょ!」といった考えはNGです。


    無利息期間中も、契約時に定められた返済期日までに、決められた最低返済額の返済は必ず行います。


    カードローン業者が定める最低返済額の内訳は「元金+利息」となるのですが、無利息期間中だから「元金」のみの返済でOKということはなく、通常の返済時と同様に最低返済額の返済が必要です。

    最低返済額は借入する金額ごとに設定され、この金額は各カードローン業者によって異なりますが、無利息期間中の返済のイメージは以下のような感じです。


    無利息期間中の返済の内訳について


    通常時と同様の返済額とはなりますが、利息は発生していないので、返済を行った金額全てが、上図のように「元金」へと充てられることになります。


    無利息期間中の返済が遅れてしまった場合

    無利息期間中に返済が遅れてしまうと、その時点で無利息期間は終了、翌日から利息が発生することになります。


    それだけではなく、定められたと遅延利率により、遅れた日数分の「遅延損害金」も発生することになるため、無利息期間中も返済は必須ということは肝に銘じておく必要があります。


    仮に5万円を借入、無利息期間内に全額の返済をしたいと考えている人で、自身の返済予定日よりも、契約時に設定した返済期日が早く訪れる場合には、最低返済額のみは返済期日までに入金、残りを自身の都合が良い日に返済するといった形で利用するようにしてください。


    無利息期間のあるカードローンについてのまとめ

    一見メリットしかないように感じる無利息期間が設けられているカードローンの利用ですが、すべての人がお得になるということではありません。


    無利息期間のあるカードローンの利用が向いている人・向いていない人という形でまとめました。


    無利息期間のあるカードローンの利用に向いている人

    • 無利息期間内に全額の返済が可能な人
    • 借入したい金額が10万円以下の人
    • 半年以内に返済の目処が立っている人
    • はじめてカードローンを利用する人

    無利息期間のあるカードローンの利用に向いていない人

    • 20万円以上の融資を希望している人
    • 半年以上の長期的な返済となりそうな人

    長くなりましたが、次の項目で無利息期間に対応しているカードローンをランク付けしました。

    以下の4社のカードローンは基本的にスペック的にはほとんど差はないため、どれを選んでも、無利息期間が終わってしまえば使用感はほぼ同じです。

    ただあえてランキングにしたのは、無利息期間でも実は微妙な違いがあり各社、条件に違いがあります。その差分程をランキングとして掲載しています。

    少額・短期間の借入を希望している人は、高額融資希望者に比べ、融資を急いでいることが多いですが、ここで紹介しているカードローン4社はすべて最短即日での融資が可能となっているので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

    無利息期間に対応しているカードローンのランキング

    無利息期間に対応しているカードローンをランキング付けしました。


    以下のランキングで、各社で共通している事項は以下となります。選ぶ際は業者全て以下のスペックが当てはまっている前提で検討してみてください。

    • 最短で即日で融資が可能である(やろうと思えば1時間以内も可能)
    • 即日でカード発行してもらう事ができる
    • 30日の無利息期間が利用できる
    SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 プロミス


    無利息期間の特徴

    • 初めて融資を受けた日の翌日から30日は無利息期間となる
    • ポイントサービスをやっており、ポイントが貯まると再度30日の無利息期間を利用できる

    無利息期間の開始日が消費者金融の中では唯一、初めて借りた日の翌日からのカウントであるということから、ランキング1位としました!
    プロミスの無利息期間は、5万円以上の融資を受けたいという人にとっては最も有効に利用できるカードローンです。


    また、別途ポイントサービスを行っており、ポイントが貯まるとATM手数料が無料であったり、再度無利息期間を利用する事が出来ます。


    プロミスのログイン後の会員メニュー


    こういったポイントによるサービスはプロミスだけなので、無利息期間にこだわるという人はプロミスがおすすめです!


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

    ※30日間無利息の利用はメールアドレスの登録とweb明細利用の登録が必要となります。



    プロミスの女性専用のレディースローン




    アコム


    無利息期間の特徴

    • 契約日の翌日から無利息期間はスタートする
    • 返済日を「35日ごと」に設定する必要がある

    アコムの無利息サービスを利用するには返済日を「35日ごと」に設定する必要があり、35日ごとの返済の場合、毎月の返済日が異なることになるのが少しネックです。


    楽天銀行の口座との相性が抜群で、24時間最短1分で振込が反映されるので楽天銀行の口座を持っている人で無利息サービスを利用したいと考えている人にはアコムの利用を推奨できます。


    借入を行った日からではなく、契約日の翌日から自動的に無利息期間はスタートするという点には注意が必要です。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
    遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング方式 ネット上のみで完了



    新生フィナンシャル レイクアルサ

    レイクアルサのロゴ画像


    無利息期間の特徴

    • 30日と180日2つの無利息ローンから選択可能
    • 5万円までの融資なら約半年間の180日無利息で利用できる

    新生フィナンシャルのレイクアルサは30日と180日2つの無利息ローンが用意されているのが特徴です。


    融資を受けた金額のうち5万円までという制限は設けられていますが、180日間の無利息は圧倒的な長期間だと言えるので、5万円以下の借入を予定している人はレイクアルサを選べば間違いありません。


    コンビニATMの利用手数料が無料で返済しやすいのも嬉しいポイントです。


    1日でも返済期日を過ぎると無利息期間は強制終了になるので、キチンと返済期日を把握し利用するようにしましょう!


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15分 なし 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0% 20歳〜70歳以下 残高スライド元利定額リボルビング方式 ネット上のみで完了

    ※200万円以上の借入限度額での契約の場合は30日間無利息のみ利用可能となります。




    アイフル


    無利息期間の特徴

    • 契約日の翌日から無利息期間はスタートする

    アイフルは、テレビのユニークなCMなどで、目にする機会も多いので、知名度がかなり高い業者で当サイトでも屈指の人気カードローンとなっています。
    借入などに対し、大手消費者金融の中でも特に、スピード重視であり、最短で1時間ほどで現金を手にすることも可能となっています!


    無利息サービスという点では特別目立った特徴はありませんが、アイフルはアルバイトやパートの人への融資にも柔軟な対応をしている傾向にあるので、会社員や公務員といった正規雇用でない人に申込を推奨できるカードローンだと言えます。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.0%〜18.0% 1,000〜800万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
    元利定額リボルビング返済方式
    ネット上のみで完了




    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ