三井住友銀行カードローンの審査基準について徹底解説したページの見出し画像

三井住友銀行カードローンの審査は厳しいのか?実例を元に考察

更新日:

「三井住友銀行カードローンを利用したいけど審査に通るのだろうか、、。」
「銀行カードローンだからやっぱり消費者金融より審査は厳しい?」


このようにカードローンの審査に対して不安を感じている人は多いのではないかと思います。


このページでは三井住友銀行カードローンの審査の仕組み、内容、どのような人が審査を通過することができるのかという点についていきますので、審査に不安がある人にぜひ参考にしていただけると幸いです。


審査についてのみフォーカスしたページとなりますので、三井住友銀行の金利や返済額などのスペックについて詳しく知りたいと考えている人は以下ページへと進んでください。




    三井住友銀行カードローンの審査に通るための最低条件

    当たり前のことですが、カードローンの審査を通過するには、まず申込資格を満たしている必要があります。


    三井住友銀行カードローンでは申込資格は以下のように定められています。


    お申込みいただける方

    ・申込時の年齢満20歳以上満69歳以下の方
    ・原則安定した収入のある方
    ・三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
    ※お申し込みはご本人さまに限らせていただきます。
    引用:http://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/details/より


    申込をする本人に安定した収入があることが、三井住友銀行カードローンの審査を通るために必ず満たしておく必要がある最低条件です。



    派遣社員や自営業での収入は安定した収入として認められないなんてことはありませんし、仮に学生でもアルバイトなどで毎月定期的な収入があればそれは安定した収入として認められます。


    銀行カードローンの中には、自営業や派遣社員は申込不可とされ会社員や公務員など正規雇用の人のみを審査の対象としている、年収や勤続年数による申込の制限を設けている銀行もありますが、


    三井住友銀行カードローンは職業や年収、勤続年数による申込の制限は設けられていないので、アルバイトやパート勤務の人でも申込可能で、職業のみで判断され審査が非承認となることはありません。


    自身に収入のない専業主婦の人や生活保護受給者、無職の人は、三井住友銀行カードローンでは審査の対象外となります。


    三井住友銀行カードローンの審査の仕組みについて


    三井住友銀行カードローン審査の仕組み


    三井住友銀行カードローンに限らず、銀行カードローンでは、審査は仮審査と本審査の2段階に分け行われることになります。


    申込手続き完了後にまず行われる仮審査は保証会社により行われ、仮審査の通過した人のみ銀行により行われる本審査へと進みます。


    審査が2段階と聞くと、審査に通るハードルがメチャクチャ高くなりそうな印象を受けますが、仮審査を通った人が本審査で非承認となることは滅多にありません。


    それぞれの審査でどのようなことをチェックしているのかを詳しく解説していきます。


    仮審査の際にチェックされていること

    三井住友銀行カードローンへの申込手続きを完了すると、まずは保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス(株)」による仮審査が行われます。


    この仮審査の際に重要な項目となるのは以下2点です。

    • 申込者の返済能力の高さ
    • 他社のローンでの金融事故の有無

    この2項目から申込者の信用度をスコア化、審査通過ラインを超える場合は、審査は承認となります。


    申込者の返済能力の高さ

    多くの人が「返済能力の高さ=収入の高さ」といった認識をしています。


    これは決して間違いではないのですが、返済能力の高さは年収、勤続年数や業種、雇用形態など仕事に関することだけではなく、婚姻の有無、家族の扶養数、居住形態など様々な項目からスコアを算出することで判断されることになります。


    三井住友銀行の申込フォームから返済能力について判断する上で重要になる項目を抜粋したので、詳しく解説していきます。


    三井住友銀行カードローン返済能力の判断項目その1


    三井住友銀行カードローンでは年収による申込の制限は設けられていませんが、年収は高くなればなるほど、スコアは高く評価されます。


    勤続年数の入力項目はありませんが、入社年月日を入力することになります。


    同じ会社で働いている期間が長くなればなるほど、収入の安定性は高いと判断され、スコアは高くなります。


    勤続年数が1年に満たない人は、月収×12を年収として入力することで申込は可能ですが、スコアは低めの評価になってしまいます。


    三井住友銀行カードローン返済能力の判断項目その2


    アルバイトや派遣社員といった非正規雇用の人に比べると、会社員や公務員といった正規雇用者のスコアは高く評価されます。


    職種、業者だと、弁護士や医者、公認会計士など専門的な知識、資格が必要になる職業ほど離職率が低く、その分スコアは高くなり、反対に学生のアルバイトなどの場合は、翌月から突然無収入となってしまう可能性も高いためスコアは低めに判断されます。


    三井住友銀行カードローン返済能力の判断項目その3


    会社勤めの人、公務員の人などが持つ、「社会保険証」「共済組合保険証」がスコアは高く評価されます。


    国民健康保険証だと審査に通らないなどということはありませんが、保険証をもっていない、「わからない」と回答した場合は、審査通過は難しくなると考えておいてください。


    三井住友銀行カードローン返済能力の判断項目その4


    家賃や住宅ローンの返済額についての入力項目は用意されていません。


    アパートだから、住宅ローンの残債があるからといった理由で審査が非承認となるということはありませんが、持ち家の人は住所が変わる可能性が低い、自己破産率が低くなる、といった点で、賃貸の人に比べると、評価は高くなります。


    社会的信用度が高くなればなるほど、スコアは上がり、返済能力が高いと判断される傾向にあります。

    このスコアについては何が何点、何点以上なら審査承認という基準についてはどのカードローン業者でも明確に提示がされているわけではありませんが、カードローンは住宅ローンやマイカーローンに比べ、融資額が少額、短期間のローンとなることが多いため、このスコアの基準はさほど厳しくありません。

    アルバイトやパートなど非正規雇用だから審査に落ちるといったことは考えにくく、今現在、どのような形でも仕事をしていて、毎月安定して給与を受け取っている人であれば、三井住友銀行カードローンに通る可能性は非常に高いと言えます。

    三井住友銀行をメインバンクとして利用している場合

    三井住友銀行の口座をメインバンクとして普段から利用していることはスコアアップに繋がる可能性が高いです。


    特に給与の受け取り口座として利用している場合、三井住友銀行が収入の安定性の確認を行えるため、その分審査通過率は高くなる傾向にあります。


    口座の利用がある人には、三井住友銀行カードローンの利用が特にオススメできます。


    他社のローンでの金融事故の有無

    カードローンの審査では、申込者の他社での借入の有無、ローンの返済履歴についての確認が行われます。


    三井住友銀行カードローンでも同様で、申込時には次の項目への同意を求められ、これに応じない限り申込をすることはできません。


    個人情報第三者提供の同意

    私は、本申込および本取引にかかる情報が、保証会社における審査、個人信用情報機関への提供等のため、貴行から保証会社に提供されること、 また貴行での保証審査結果の確認等のため、保証会社から貴行に提供されることに同意します。


    個人信用情報機関利用の同意

    私は、本申込および申込後の契約期間中において貴行および保証会社が取引上の判断を行うにあたり、両社が加盟する個人信用情報機関および同機関と提携する個人信用情報機関に、 私の信用情報の登録がある場合はそれを利用すること、また利用した日等の情報が当該情報機関に登録され、その加盟会員がそれを利用することに同意します。


    引用:https://cardloan.smbc.co.jp/pc/loan_app/guidance_smbcより



    申込フォームには「現在の他社お借入件数」の入力項目が有り、これは件数のみの入力でどこからいくら借入しているかということまでは入力不要なのですが、自身の信用情報を三井住友銀行に開示することになるため、申込者の他社借入状況は全て把握されることになります。


    評価がマイナスになる信用情報としては以下の項目が挙げられます。


    信用情報の開示で評価がマイナスとなる項目

    • 現在の他社借入件数が5社以上ある
    • 半年以内に他社ローンへ3社以上申込を行っている
    • 過去2年のうちに返済の滞納、返済遅れを3回以上行っている
    • 年収の1/3以上もしくはそれに近い金額のキャッシングまたはカードローンの借入がすでにある
    • 過去5年以内に債務整理の経験がある

    開示された信用情報に上記記載があった場合には、評価は大きくマイナスとなるため、いくら返済能力、社会的信用が高くとも総合的なスコアが低くなってしまい、契約する借入限度額が希望金額よりも少額になる、もしくは審査落ちとなる可能性が高くなってしまいます。


    仮に今回の申込で三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、その情報も信用情報機関に登録されることとなり、次、他業者への申込にも影響を与えることになります。


    今現在、他社からの借入がある、返済の遅れがある、過去に債務整理の経験があるなど、少しでも審査に対して不安がある人は以下ページを参考にしてください。



    三井住友銀行カードローンの仮審査を通過するポイント!

    少し長くなってしまったので、ここで一旦、仮審査に通過するためのポイントを簡単にまとめました。
    以下の条件を満たす人は、三井住友銀行カードローンの仮審査に、さほど心配はありません。

    • 無職ではなく、今現在仕事をしていること
    • 1年以上同じ会社で働いていること
    • 直近6ヶ月以内に他社への申込をしていないこと
    • 過去に債務整理など金融事故がないこと

    自信をもって審査に臨んで全く問題がないと言えます。


    本審査の際にチェックされていること

    今までは、カードローンの審査は保証会社の審査が承認されればそのまま審査通過という扱いだったのですが、2018年1月から銀行カードローンの審査は慎重に行われることになり、今現在は保証会社の審査通過後に、銀行による独自審査が設けられることになっています。


    この独自審査は、「預金保険機構」を間に挟み、各銀行、警察庁とのデータ照合といった形で行われるのですが、詳しくは以下ページで解説していますので、ここでは割愛させていただきます。



    新たな審査の要素が加わることになっていますが、保証会社による信用情報の確認をクリア、仮審査を通過できた人が、この独自審査により審査が非承認となる可能性はかなり低いです。


    ただ、以下のようなケースでは仮審査に通っていたとしても本審査は非承認となります。



    申込者が本当に働いているかどうかの確認は、返済能力を判断する上で非常に重要な項目となるので、どのカードローン業者でも必須となります。


    在籍の確認は、基本的に申込時に記載された勤め先に直接電話をかけることにより行われます。


    本人が電話に出る必要はありませんが、会社を辞めていれば当然、在籍の確認は取れないため、審査を通過することはできません。


    このようなケースではない限り、本審査は三井住友銀行側の事務的な手続きがメインとなるので、仮審査通過後は審査に対して強く不安に思うことはありません。


    三井住友銀行カードローンの本審査の結果は、最短だと仮審査結果回答の翌日には行われます。


    保証会社から見る審査の厳しさについて

    ここまで読み進めてもらった人は、カードローンの審査の内容は保証会社の判断する部分が大半を占めているというコトを理解していただけたのではないかと思います。


    どの銀行カードローンでも審査の基準というものは明確にはされていないため、一概にどのカードローンの審査が甘い、厳しいということは言いにくいのですが、保証会社の違いは少なからず審査の通過率に影響を与えることになります。


    保証会社が異なる銀行カードローンの仮審査回答までにかかる時間

    銀行カードローン名称 保証会社 仮審査回答までにかかる時間
    三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(株) 最短1時間
    みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション(株) 最短2営業日
    京都銀行カードローンワイド 京都クレジットサービス(株) 約1週間
    群馬銀行カードローン「スマイルパートナー」 群馬信用保証 約2日〜3日

    審査回答までにかかる時間が長いということは、それだけ慎重な審査が行われることになると考えられます。


    一般的に審査回答までのスピードが早い、消費者金融、クレジットカードの信販会社は審査に通りやすく、反対に銀行子会社の信用保証会社の場合は審査は厳めになる傾向にあります。


    三井住友銀行カードローンは「プロミス」や「SMBCモビット」といったカードローンを扱う消費者金融「SMBCコンシューマーファイナンス(株)」が保証会社なので、銀行カードローンの中では審査に通りやすい部類に入ると言えます。


    過去に「プロミス」もしくは「SMBCモビット」で金融事故を起こした経験がある場合


    信用情報機関に記載される情報は一定の年数が経過することで、削除されますが、自社の持つ信用情報としては保管されていることがあります。

    ですので、過去に債務整理をした業者に「プロミス」や「SMBCモビット」が含まれる人は三井住友銀行カードローンの仮審査の通過は非常に難しくなります。

    反対に過去にこれらの消費者金融の利用経験はあるけど、遅れることなくすでに完済しているという状況であれば、三井住友銀行カードローンの審査に何ら問題はありません。

    むしろ貸したお金をキチンと返すことができる人として、信用情報のプラスの判断材料になる可能性が大いにあります。

    実際に審査に通ったケースと落ちたケース

    ゼニエモン自身の実体験、当サイトへお寄せいただいた口コミ、お便りをもとに、三井住友銀行カードローンの審査に通過出来た申込状況と、残念ながら審査落ちしてしまったという申込状況をまとめて紹介していきます。


    三井住友銀行カードローンの審査に通ったケース

    ケース1 ゼニエモン

    ゼニエモンが、実際に三井住友銀行カードローンを利用した際の、申込状況と契約内容が次のようになります。


    年齢 28歳(当時)
    希望借入枠 200万円
    審査通過枠 200万円
    他社借入 2社 100万円
    年収 640万円
    居住形態 実家(家族名義)
    勤務形態 会社員(正規雇用)
    勤続年数 8年目
    保険証種別 社会保険証
    固定電話 あり

    借り換え目的での申込でしたが、正直、他社からの借入額が大きかったので審査通過は難しいかなと考えていたのですが、希望借入枠そのままに審査を通ることができました。


    このような結果になったのは、それなりに年収があり、勤続年数が長く、なおかつ社会保険証だったことが大きいと考えられます。


    ケース2 お便りをいただいた30代男性

    年齢 30代
    希望借入枠 150万円
    審査通過枠 100万円
    他社借入 クレジットカードの利用のみ
    年収 約400万円
    居住形態 賃貸マンション
    勤務形態 会社員(保険会社勤務)
    勤続年数 12年
    保険証種別 社会保険証
    固定電話 なし(携帯電話のみ)

    データとしては、8年前なので古い情報なのですが、審査に通っているケースです。


    こちらの方は、音楽が趣味でちょっと高めの楽器を購入するのに、クレジットカードのショッピング枠では資金が不足したため、カードローンへの申込を行ったそうです。


    希望借入枠からは、減額となってしまっていますが、100万円という大口での契約ができています。


    こちらも、ゼニエモンのケースと同様に、正規雇用であること、勤続年数が長いこと、社会保険証も持っていることが、審査通過、大口での契約ができた理由になると考えられます。


    ケース3 ゼニエモンの知人女性 20代

    年齢 25歳
    希望借入枠 20万円
    審査通過枠 50万円
    他社借入 マイカーローン(完済済み)
    年収 約250万円
    居住形態 持ち家(家族名義)
    勤務形態 会社員(派遣)
    勤続年数 3年
    保険証種別 国民健康保険証
    固定電話 なし(携帯電話のみ)

    こちらの女性は実家からの引越し資金のために三井住友銀行カードローンへの申込をされています。


    申込をしたのは約1年前で比較的新しい情報になります。


    収入が多くなく、雇用形態が派遣社員ということもあり、審査に不安があったので、必要最低限、20万円という少額の借入希望で申込をしたとのことですが、審査の結果、借入希望枠よりも大きい50万円の借入枠での契約ができています。


    マイカローンの返済は、約2年前に一度だけ口座の残高不足で返済が遅れたことがあるとのことでしたが、すでに完済済み、カードローンやクレジットカードでのキャッシングといった他社での借入がなかったことが、希望借入額よりも大きい金額で契約できた大きな要因になると考えられます。


    三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまったケース


    ケース1 口コミをいただいた30代男性

    年齢 30代
    希望借入枠 30万円
    審査通過枠 審査非承認
    他社借入 4社(消費者金融・クレカのキャッシングなど)
    年収 約500万円
    居住形態
    勤務形態
    勤続年数
    保険証種別
    固定電話

    当サイトへお寄せいただいた口コミからの紹介となるため、申込時の詳細は不明な点が多いですが、こちらの方は審査落ちとなっています。


    年収、年齢から考察すると、社会的信用は高く、返済能力の評価は恐らく問題ないのですが、他社からの借入件数が4社と多いのが気になる点です。


    返済の滞納や支払い遅れ等、信用情報機関にマイナスとなる情報が記載されていたのではないかと考えられます。


    ケース2 口コミをいただいた40代男性

    年齢 40代
    希望借入枠 200万円
    審査通過枠 審査非承認
    他社借入 3社(消費者金融・銀行カードローン)
    年収 約500万円
    居住形態
    勤務形態
    勤続年数
    保険証種別
    固定電話

    こちらの男性は他社からの借入をおまとめすることを目的に申込を行ったそうですが、審査は非承認となっています。


    勤務形態、勤続年数は不明ですが、年収、年齢を考慮すると、社会的信用度は充分に高いと考えられます。


    ゼニエモンが似た申込状況で、200万円の契約ができているのに対し、こちらの方が審査落ちになったのは、申込をした時期も影響すると推測されます。


    というのも、昔に比べ、通常の銀行カードローンでは初回契約時に適用される借入の枠は低くなり、おまとめや借り換えといった高額融資が難しくなる傾向にあります。


    おまとめ、借り換えが利用目的の人は、専用のローン商品を選ぶことで審査通過の可能性は高くなります。


    以下ページで低金利でおすすめのおまとめ専用のカードローンの特集、おまとめ専用ローンのメリット・デメリットを詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。



    ケース3 ご相談いただいた20代男性

    年齢 23歳
    希望借入枠 30万円
    審査通過枠 審査非承認
    他社借入 ナシ
    年収 約250万円
    居住形態 持ち家(家族名義)
    勤務形態 アルバイト
    勤続年数 5年
    保険証種別 国民健康保険証
    固定電話

    こちらの男性は審査に落ちたことで、「アルバイトだと銀行カードローンの審査は通らないんですか?」といった形で当サイトへとご相談頂いたのですが、三井住友銀行カードローンではアルバイトだからという理由だけで審査に通らないということは考えにくいので、申込時の詳細を詳しく教えていただきました。


    非正規雇用とは言え、勤続年数は5年長く、借入希望額も少額で、充分に審査に通過できるスペックだったので、ローンは利用したことがないとのことでしたが、念のため信用情報の開示を行ってもらったところ、マイナスの記載がされていることが分かりました。


    今回、記載があったのは携帯電話会社とのローン契約の未払いです。


    最近はスマートフォンの機種代が高額で、多くの人が毎月の利用料金に含める形で分割払いにしています。


    審査の申込といった手続きがないため、ローンを組んだという自覚がない人が多いですが、機種代の分割払いは信用情報機関に記載されることになります。


    直近3ヶ月ほど携帯電話の料金を滞納、それ以前にもちょこちょこと返済が遅れることがあったとのことでしたので、ほぼ間違いなくこれが審査落ちの原因だと判断されます。


    三井住友銀行カードローンに通りやすい人と通りにくい人

    三井住友銀行カードローンに実際に申込をした人の審査承認となったケース、非承認となったケースから、審査に通りやすい人と通りにくい人をまとめました。



    これら条件に当てはまるから審査に必ず通る、絶対に審査に通らないというものではありませんが、実例からの考察ですので、審査通過の目安として参考にしていただければ幸いです。


    三井住友銀行カードローンの審査についてのまとめ

    三井住友銀行カードローンの審査について詳しく解説してきましたが、少し長くなってしまったので、最後にザックリと審査を受ける前に抑えておきたいポイントをまとめました。


    保証会社による仮審査が行われる
    仮審査で重要になるのは返済能力の高さと金融事故の有無
    本人に収入がない場合は審査に通らない
    金融事故歴があると審査通過のハードルは高くなる
    他社ローンの返済が遅れている場合は審査に通らない
    おまとめや借り換え目的の人には向いていない
    銀行カードローンの中では審査通過の期待値は高い
    審査スピードが早く最短2日で回答が得られる
    三井住友銀行をメインバンクとして利用している人は審査に有利

    三井住友銀行カードローンの審査は、銀行カードローンの中では比較的易しい部類に入ります。

    実際に審査を通過している人の状況からも、普通に仕事をしていて、他社での借入がない人であれば、審査に対して心配するコトはないと判断できます。

    ただし、3社以上から借入をしている人、返済の遅れがある人、過去に債務整理の経験がある人は審査通過の難易度が高くなりますので、申込む前に一度、自身の信用情報を開示してみることを推奨します。

    次のページで信用情報開示の手続き方法、書類の見方を詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ