レイクALSA(アルサ)の増額審査についてを徹底解説したページの見出し画像

レイクALSA(アルサ)の増額審査についてを徹底解説!

更新日:
レイクALSA(アルサ)は、新規契約時に決定された借入限度額を利用開始後に増額することも可能です。

が、誰でも借入限度額の増額ができるわけではありません。

増額をするためには審査が必要で、今現在の返済能力、ローンの利用状況によっては審査落ちとなることもあります。

このページではレイクALSA(アルサ)の増額の申込条件や方法、審査の基準や所要時間など、増額に関するあらゆる項目を徹底調査とことん詳しく解説していきますので、今現在の借入の枠以上の融資を希望している人はぜひ最後まで読んでみてください。

増額審査に通る為に抑えておきたいポイント、増額以外の追加融資の方法についても紹介していきます。

このページはレイクALSA(アルサ)の増額審査についての情報にのみ特化したのものとなります。
金利や毎月の返済方法・返済額、審査基準など全体のスペックを知りたいという人は以下ページを読んでください。




    レイクALSA(アルサ)で増額するための条件


    レイクALSA(アルサ)の増額審査の申込条件


    カードローン業者によっては、新規契約から一定の期間が経過しないことには増額の対象外とされていることもありますが、レイクALSA(アルサ)では利用期間による増額審査の申込制限は設けられていません。


    レイクALSA(アルサ)との契約があるすべての人が増額の申込の対象とされているので、極端な話、新規契約を行った当日でも増額はすることも可能となっています。


    が、借入限度額を引き上げる為には当然、再度審査を受ける必要があり申込内容、利用状況によっては審査落ちとなり増額は認められない場合もあります。


    また、審査の結果利用状況が非常に悪いと判断された場合には、今現在残されている借入の枠が減枠、借入限度額が引き下がられてしまう可能性もゼロではありません。


    その為、増額の申込を行うかどうかの判断は慎重に行う必要があると言えます。


    以下でレイクALSA(アルサ)の増額の審査の仕組み、審査に通過するための条件についてを詳しく解説していくので、借入限度額を引き上げ追加での融資を受けたいと考えている人は必ず最後まで目を通してみてください。


    申込前に行っておくべき増額案内の確認について


    レイクALSA(アルサ)で増額できるか事前に確認する方法


    レイクALSA(アルサ)では実際に増額の申込を行う前に、今現在の自分自身の置かれた状況が増額の対象になるのかどうかを確認することができます。


    限度額の増額が可能かどうかは、どこでわかりますか?


    限度額変更について以下の方法でご確認いただけます。


    ・会員ページ
    「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」でご確認ください。


    ・メール
    事前に会員ページ「お得な情報ご案内」サービスにご登録いただくと、増額が検討可能なお客さまへメールでご案内いたします。
    ※メールでのご案内は「@shinseifinancial.co.jp」より配信いたしますので、受信設定のご確認をお願いいたします。


    ・提携先の新生銀行レイクATM
    ATM画面「ご利用限度額アップその他ご契約変更」でご確認いただけます。


    ・お電話
    お客さま専用フリーダイヤル (0120-09-09-09) でお問合せを受付けております。


    引用元:http://shinseifinancial.co.jp/faq/apply.aspより


    増額可能か確認する4つの方法
    • PC・スマホから会員ページにログイン
    • レイクALSA(アルサ)から送られてくるメール(※1)
    • 提携先の新生銀行レイクATM(※2)
    • 電話(0120-09-09-09))

    (※1)事前に「お得な情報ご案内」サービスに登録している人のみ配信される
    (※2)コンビニなどその他提携ATMでは増額の確認は不可


    実際に専用アプリ「e-アルサ」を使い増額可能か調べてみました


    レイクALSA(アルサ)専用アプリからの増額可能金額の確認方法


    インターネットもしくはアプリから増額が可能かどうか調べるのにかかる時間は1分程度です。


    会員ページにログイン、「ご利用限度額アップのご確認」を選択すると、すぐに今現在の利用状況から増額可能な借入限度額の目安が表示されます。


    増額の目安となる金額が表示された場合には、そのまま申込手続きへと進むことができるのですが、レイクALSAでは増額の申込はWEB上で行うことはできません。


    「お客さま専用フリーダイヤル(0120-09-09-09)」へと電話を掛けて手続きを進める必要があります。


    増額案内が届いている場合は確実に審査に通過することができる?

    レイクALSA(アルサ)からの増枠の案内が確認できても審査に落ちる可能性もある


    「メールによる増額の案内が届いている」「ネットや電話による事前確認で増額可能金額の目安が提示されている」というような場合でも、100%増額の審査に通過できるという保証がされているわけではないということを理解しておく必要があります。


    「本当に増額できるかどうかは審査を実際に受けてみないことにはわからない」


    これはどの金融機関のカードローンでも同条件となるのですが、レイクALSA(アルサ)は他社に比べると増額の案内が届いている、もしくは事前の照会で増額可能金額の目安が表示されている場合の審査通過への期待値はかなり高くなると言えます。


    追加での融資を急いでいるという人は読み飛ばしてもらっても問題ありませんが、その理由を詳しく解説していきます。


    レイクALSA(アルサ)が増額の審査通過への期待値を高く持てる理由


    原則、新規契約時の審査も増額の審査も、その方法や審査通過の可否を決定する基準については大きくは変わりません。


    カードローンの審査では以下2項目から申込者の返済能力をスコア化、その算出されたスコアの高さに応じて審査の可否、借入限度額は決定されます。


    申込者から伝えられる情報
    • 年収
    • 勤続年数
    • 職業
    • 雇用形態
    • 家族構成
    • 居住形態

    など申込フォームにユーザーが入力する内容


    信用情報機関からの情報開示
    • ローンの借入件数
    • ローンの返済状況
    • 過去の債務整理の有無

    などレイクALSA(アルサ)を含むすべてのローン利用状況


    ジェイスコアのそのままお申し込みを行うイメージ


    多くのカードローン業者は正式に増額の申込を受け付けた後に、上項目2つの審査が行われることになります。


    自社との取引(主に返済の遅延滞納の有無)から優良な顧客と判断されたユーザーに対して増額の案内を提案しているため、他社利用状況がカードローン業者が定める一定の基準を満たしていない場合には審査を通過することはできません。


    これに対し、レイクALSA(アルサ)から増額の案内が届くもしくは事前の照会で増額可能金額の目安が表示されるのは、以下2つの条件のうちいずれか1点を満たしている人のみとされています。


    レイクALSA(アルサ)は一定の条件を満たす限られた人のみ増額の案内が提案される


    事前に「個人信用情報の開示」に同意している

    レイクALSA(アルサ)で増額の案内が行われる仕組み


    新規契約後、会員ページから「個人信用情報の開示」に同意をしている場合、上項目で説明した2つの審査項目のうち「信用情報機関からの情報開示」による審査については一旦はクリアしている状態だと言えます。


    ですので、実際に増額の申込を行った際には以下の条件さえ満たしていれば審査通過への期待値はかなり高くもつことができます。


    • 新規申込時から転職していない・年収がダウンしていない
    • 増枠の案内があった日以降に他社からの借入をしていない
    • あるゆるローンの返済に遅延・滞納がない

    新規申込時から属性に変化がない、増額の案内受け取り時あるいは増額可能金額の目安確認時からローンの利用状況に変化がない場合には、増額審査に通過できる可能性が非常に高いと考えておいて問題ありません。


    反対に増額の案内以降、「他社カードローンから新たに融資を受けた」「返済が遅れてしまった」「債務整理など金融事故を起こしてしまった」というような場合には、増額審査の通過は非常に困難なものとなってしまいます。


    新規契約時に提示された借入限度額よりも低い借入の枠で契約している

    新規契約時に提示された借入限度額よりも低い借入の枠で契約している場合の返済能力の評価状況


    レイクALSA(アルサ)の新規申込時には必ず「ご利用希望額」の申告を行いますが、必ずしもその金額で契約することになるわけではありません。


    審査の結果、申込者の返済能力が高く評価された場合には希望金額よりも高い借入限度額での契約を案内される、反対に返済能力が利用希望額に適していないと判断された場合には希望額より低い借入の枠を案内されることになります。


    例えば、「新規契約時に50万円の借入の枠を提示されたが、そこまでお金を必要としていなかったので20万円の枠で契約をした」というような人は、新規申込を行った際に返済能力が50万円の貸付が可能と判断されていたということなので、20万から50万円への30万円の増額審査に通過できる可能性は非常に高くなると判断できます。


    ただし、増額の案内があった場合と同様に、他社からの借金が増えていないこと、返済に遅れがないことが条件となると考えておきましょう。


    事前に「個人信用情報の開示」に同意しているあるいは、新規契約時に提示された借入限度額以下の金額で契約している人で以下条件を満たす人はレイクALSA(アルサ)の増額審査通過への期待値は非常に高く持つことができます。

    • 新規契約時から転職していない・年収が下がっていない
    • 増額可能金額の確認を行った後に他社ローンを利用していない
    • あるゆるローンの返済に遅延・滞納がない

    次の項目でレイクALSA(アルサ)で増額の申込から実際に借入限度額を変更し追加での融資を受けるまでの流れ、所要時間についてを具体的に解説していくので、参考にしてみてください。


    反対にレイクALSA(アルサ)からの増額の案内が届いていない、事前確認の結果増額可能金額の目安の提示を受けられなかったという人は審査通過は非常に困難なものとなってしまいます。


    ページ下部で増額以外の追加融資の方法を紹介しているので、そちらへと進んで頂けると幸いです。


    申込から借入限度額再設定までの流れと所要時間について


    レイクALSA(アルサ)の増額の手続きに掛かる時間


    レイクALSA(アルサ)増額の申込から借入限度額再設定までの流れ

    • 利用限度額アップの確認
    • 電話による増額の申込
    • 審査結果の回答
    • 契約内容の変更手続き


    利用限度額アップの確認・電話での増額申込

    ページ上部で説明していますが、増額の申込を行うにはまず会員ページにログインし「利用限度額アップの確認」を行います。


    ここで、増額可能金額の目安が表示された人はそのページに表示される「お客様専用フリーダイヤル(0120-09-09-09、24時間受付)」へ電話をかけることで増額の申込手続きをすすめることができます。


    この電話では以下2点の確認が行われます。

    • 今回の申込により希望する増額金額
    • 年収や勤務先、現住所などの変更の有無

    新規申込時に比べ増額の申込の際に確認される項目は少ないですし、氏名・住所に変更がない場合には本人確認書類の再提出は不要とされているので手続きにかかる時間は随分と短く済みます。


    引越し・婚姻などにより住所・氏名に変更がある場合には、本人確認書類の再提出が必要となります。


    本人確認書類の再提出は新規契約時と同じくWEBアップロードにて完結させることができます。


    収入証明書の提出の有無

    今回の増額により借入限度額が以下条件に該当する場合には収入証明書の提出は必須となります。

    • レイクALSA(アルサ)と契約する借入限度額が50万円を超える場合
    • 他社からの借入額と今回の増額後の借入限度額のトータルが100万円を超える場合

    収入証明書としては以下の書類は認められています。


    レイクALSA(アルサ)で融資を受ける際に必要な収入証明書


    収入証明書の提出が必要と判断された場合、該当書類の提出が完了しないことには最終的な審査結果の回答は得られませんので、50万円以上の借入限度額での契約を希望している人は事前に手元に用意してから増額の申込は行うことを推奨します。



    電話による審査結果の回答

    増額の案内が届いている、もしくは借入限度額の増額の目安の確認をしている状態で増額の申込を行うということは、すでに信用情報機関からの情報開示による審査は仮に通過できているということになるので、増額の審査に掛かる時間は非常に短く済む傾向にあります。


    審査結果を知らせてくれる時間は、8時10分から21時50分(第3日曜日は8時10分から18時)となっており、平日だけでなく、土日も増額審査を行っています。


    審査は最短即日で完了しますし、本当に早い場合は、増額申込の電話口でそのまま審査結果の回答が行われることもあるようです。


    増額審査には在籍確認は不要?

    レイクALSA(アルサ)では新規契約時から勤務先に変更がない場合には、増額審査の際に在籍確認は原則不要とされているとのことでした。


    勤務先に変更があった人のみが再度在籍確認が行われます。


    ですので、新規契約時に比べると審査は随分とスムーズに進められることになります。



    契約内容の変更手続き

    審査結果回答後は自動的に借入限度額の再設定が行われるカードローン業者も中にはありますが、レイクALSA(アルサ)では自身で契約内容の変更手続きを行う必要があります。


    少し面倒な感じもしますが、契約内容の変更手続きは会員ページに再度ログインすることで簡単に完結できます。


    最初に選択した「ご利用限度額アップのご確認」のボタンを押すと、先ほどとは異なる「ご契約内容の変更」というページが表示されます。


    「変更いただけるご契約額」の表示を確認、その範囲内で自身の希望する契約額を入力すれば増額の手続きは完了です。


    契約内容の変更手続きが完了した段階で、自身の希望する好きな方法で追加での融資を受けることが可能となります。


    2018年5月からスマホアプリを利用しセブン銀行ATMからの借入ができるようになっています。


    ローンカードなしでキャッシングできるメチャクチャ便利な方法なので、まだ利用したことがないという人はぜひ以下ページを参考にしてみてください。


    ゼニエモンが実際に「スマホATM取引」を使い、図解入りで利用方法を詳しく解説しています。


    レイクALSA(アルサ)での増額審査の通過が非常に困難になる人

    ページ上部でも触れていますが、個人信用情報の開示に同意をし「利用限度額アップの確認」を行った結果、増額可能金額の目安が提示されなかった人はレイクALSA(アルサ)の増額審査に通過することはできません。


    また、増額可能金額の目安が提示されている人、増額の案内メールを受け取っている人でも以下条件に該当してしまう場合には増額の審査通過は非常に難しくなると考えておく必要があります。


    それぞれの状況に合った解決方法を併せて提案していくので、参考にして頂ければ幸いです。


    新規契約時から転職して勤務先が変わっている

    勤務先の変更や年収の変化については実際に申込を行ったのちにレイクALSA(アルサ)が確認、審査が行われることになります。


    新規契約時はアルバイトだったが現在は正社員として働いている、年収が上がっているという場合であれば増額が認められることもありますが、それ以外の場合は審査の際に返済能力はマイナスに評価される可能性が高いと考えておく必要があります。


    転職により新規契約時から職が変わっていて、まだ勤続年数が短いという場合にはレイクALSA(アルサ)での増額ではなく他社カードローンへの新規申込を検討してみる事をオススメします。


    基本的にカードローン業者は新規顧客の獲得に注力しているので、増額に比べると審査通過への期待値を少しでも高く持つことができます。


    また、借金がある状態でのカードローンの審査通過の難易度は一般的に高くなるので、銀行カードローンではなく消費者金融の中から借入先は選ぶことがポイントになるのですが、その中でも最もオススメできるのは大手消費者金融の「アコム」です。


    アコムは勤続年数による申込の制限が最も緩やかなカードローン業者で、「採用が決まり、出勤日が決まった時点で申込の対象」とされています。


    以下ページでアコムの詳細についてをを解説しているので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。



    増額可能金額の確認を行った後に他社ローンを新たに利用している

    実際に増額の申込を行った際には再度、信用情報の開示は行われます。


    ですので、増額可能金額の確認を行ったタイミングでは追加での貸付も可能と判断されていても、それ以降に他社からの借入が増加している場合には審査落ちとなることも考えられます。


    レイクALSA(アルサ)は総量規制の対象となるので、追加での他社借入によりローンの総額が年収の1/3を越えてしまっているような場合にはまず審査に通過することはできません。
    ※住宅ローンやマイカーローンは総量規制には含まれません。


    自身の借入状況が総量規制の対象となりそうな人は、「貸金業法に基づくおまとめ(借り換え)ローン」の利用を検討してみることを推奨します。


    追加での融資は受けることはできませんが、毎月の利息の負担を軽減することができるので、「貸金業法に基づくおまとめ(借り換え)ローン」の利用はトータルで考えると資金の捻出にも繋がります。

    特に、カードローンの返済が困難でその資金の捻出の為に増枠の申込を検討をしていたという人は、増枠の申込の前にまずは以下ページを読んでみるようにしてください。


    ローンの返済に遅延・滞納がある

    すべてのローンの返済状況は信用情報機関に登録されています。
    (※これには住宅ローンやマイカーローン、携帯電話の機種代金の分割なども含まれます。)


    ローンの返済に遅延・滞納がある場合、「借りたお金をキチンと返せないルーズな人」「資金繰りがショートしかけている人」といった判断がされることになるので、増額審査に限らずどのローンでも審査通過は非常に困難になると考えておく必要があります。


    むやみやたらと複数社に申込を行うと、余計に状況は悪化することになってしまうので、ダメ元で申込はせずにまずは自身の信用情報の登録状況を確認してみる事を推奨します。


    以下ページで信用情報の開示方法、見方について解説しているので参考にしてみてください。



    レイクALSA(アルサ)の増額についてのまとめ


    レイクALSA(アルサ)では「個人信用情報の開示についての同意」を行うことで、事前に増額可能かどうかの確認を行うことが可能となっています。

    増額での追加融資を受ける場合、手続きが楽に済むというメリットの他に他社での新規借入に比べ返済の負担の増加が少なく済む、金利が引き下げられる可能性があるといったメリットが享受されます。

    増額可能金額の目安を確認できた場合には審査通過への期待値も高く持てるので、追加融資を希望している人はまず第一にレイクALSA(アルサ)での増額を検討してみる事を推奨できます。

    自身の希望している借入限度額よりも高額の枠を提示されることもありますが、無用な借金の増加のリスクを考慮し、増額するのは必要最低限の金額のみとしておくことが重要だとゼニエモンは考えています。

    増額の申込をする際には事前にしっかりとした返済計画を立てることが重要です。

    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン お問い合わせ