レイクアルサのアプリを利用した「スマホATM取引」についてを徹底検証!

掲載日:
2018年5月10日にレイクアルサのアプリがリニューアル、アプリ名称が「e-アルサ」に刷新されています。

これによりレイクアルサもプロミス・SMBCモビットに続く形で、スマホアプリを利用したセブン銀行ATMでの借入が可能となりました。

「スマホATM取引」はカードレス、スマホひとつあればすぐに現金を手にすることも可能なメチャクチャ便利なサービスです。

早速、ゼニエモンがアプリを取得し、実際に利用してみました。

利用の手順に加え、他2社のスマホATM取引との違いやメリット・デメリットについても詳しく解説していくのでぜひ参考にしてみてください。


    スマホATM取引って何ができるの?誰でも利用できる?

    2018年4月から新生フィナンシャルにより取り扱いが開始されたレイクアルサですが、以下のような発表があり、同年5月10日から公式スマートフォンアプリがリニューアルされています。


    従来のアプリで提供している審査状況確認、お借入診断やご返済シミュレーションなどのサービスに加え、株式会社セブン銀行(東京都千代田区、代表取締役社長 二子石 謙輔、以下「セブン銀行」)の ATM でカードを使わずに入出金ができる「スマホ ATM 取引」、スマートフォンのアプリ内でお申込みからご契約まで可能な「新規お申込み」、カード番号や暗証番号などの入力に代えて、「指紋による本人認証」などの機能を提供いたします。

    引用元:「レイクALSA」スマホアプリ「e-アルサ」の提供について


    従来のカードローンの借入方法は以下の2通りのみで、

    • ローンカードを利用したATMでの出金
    • 口座への振込融資

    ローンカードが手元にない場合は借入不可、銀行営業時間外は融資を受けることができなかったのですが、今回、新たにスマホアプリを利用したキャッシングサービスが開始されたことにより、スマートフォンひとつあればいつでもセブン銀行ATMからの借入が可能となりました。


    レイクアルサのスマホATM取引についての基礎知識


    メチャクチャ便利なこのサービスは、これからレイクアルサに申込をする人、すでに契約を済ましている人、どちらも公式アプリ「e-アルサ」を自身の利用しているスマートフォンにインストールすることですぐに利用を開始することができます。


    利用開始前のインターネットや電話による利用開始手続き、登録手続きといったものは一切不要です。


    「カードローンなのにカードが要らなくて、スマホでキャッシングできる」と言われてもいまいちピンとこない人もいると思うので、以下ゼニエモンが実際に公式アプリ「e-アルサ」を利用しキャッシング、画像を使い手続きの流れを詳しく解説していきます。


    公式アプリ「e-アルサ」インストール後にまず最初に行っておくこと

    公式アプリさえインストールすれば、カードレスでセブン銀行ATMからキャッシングできると説明しましたが、アプリを取ったからと焦ってセブンイレブンに向かってはいけません!


    カードレスでキャッシングするには「e-アルサ」をインストールした後に、まず以下のログイン手続きを一度済まして置く必要があります。


    アプリを開き「会員ログイン」をタップすると次のような画面が表示されます。


    レイクアルサ公式アプリ「e-アルサ」のログイン方法


    初回ログイン時には、カード番号もしくは会員番号の入力が必須となるので、カードを持っていない状態でセブン銀行に向かってもキャッシングすることができません。


    すぐにスマホATM取引を利用する予定はないという人も、アプリインストール後はまず最初にこの手続きだけは済ましておくようにしましょう。


    一度ログイン手続きを済ましておけば、次回からはセブン銀行ATMの前で、暗証番号を入力するだけで簡単にアプリにログインすることができます。


    公式アプリ「e-アルサ」は指紋認証によるログインにも対応

    レイクアルサ公式アプリ「e-アルサ」の指紋認証機能について


    今回のアプリのリニューアルに伴い、新たに指紋認証によるログイン機能が追加されています。


    指紋認証によるログインは、アプリ左上の「設定」から「生体認証を使用」をONにすることで行えるようになります。


    カード番号や暗証番号といった情報の入力が一切不要になるのでメチャクチャ便利な機能です。


    スマホATM取引を実際に利用してみた!融資実行までの流れ

    公式アプリ「e-アルサ」をインストール、初回のログイン手続きが完了すれば、後はセブン銀行ATMにスマホひとつ持参することでキャッシングの利用が可能です。


    実際にセブン銀行ATMから、アプリを使って借入してみました。


    レイクアルサ「スマホATM取引」利用の流れ

    • 公式アプリ「e-アルサ」を起動させる
    • セブン銀行ATM画面「スマートフォンでの取引」を押す
    • QRコードが画面に表示される
    • QRコードを読み込むと「企業番号」がスマホ画面上に表示される
    • 企業番号を入力する
    • 暗証番号を入力する
    • 借入したい金額を入力する
    • 明細書と出金された現金を受け取る

    このような流れでスマホATM取引は利用することになります。


    以下、画像を使いながら、細く手続きの方法を解説していきます。


    アプリを起動させ「スマホATM取引」をタップ

    セブン銀行ATMでの操作とアプリの起動は、どちらが先でも問題ありませんが、「e-アルサ」を起動すると以下のような、スマホATM取引の利用手順が表示されるので、この指示に従って手続きを進めていくと分かりやすいです。


    スマホATM取引利用の手順


    アプリ上に表示された「スマホATM取引のご利用方法」を閉じると次の手続きへとアプリが切り替わります。


    ATM画面上に表示されるQRコードをアプリで読み込む

    ATM画面上にQRコードが表示されるので、これをアプリを使って読み込みます。


    スマホアプリでのQRコードの読み取り


    QRコードを読み取るとアプリ上に4桁の「企業番号」が表示され、この番号の表示ができれば、アプリでの手続きは終了となります。


    スマートフォンはポケットやカバンにしまってもらって問題ありません。


    ATM画面に企業番号を入力し出勤する

    QRコードが表示されたATM画面の右下「次へ」のボタンを押すと、企業番号入力画面へと進みます。


    後は、先ほどアプリに表示された企業番号を入力、ここからは通常のキャッシュカードでの手続きと同じように、暗証番号、希望する借入金額を入力すれば手続きは完了し、現金と利用明細書が発行されます。


    スマホATM取引でのセブン銀行ATMからの出金画像


    今回は写真を取りながら手続きしたので、少し時間がかかりましたが、通常であれば手続きにかかる時間は、キャッシュカードやローンカードを利用したATMからの出金時とほとんど変わりません。


    SMBCモビット、プロミス、この2社のスマホを利用したATMでのキャッシングサービスも実際に利用、検証していますが、利用の手順や手続について特に大きな違いはありません。


    ただ、レイクアルサの場合はアプリの画面下半分に、常に利用の手順が表示されるので初めて「スマホATM取引」を利用する際でも、利用しやすくなっています。


    次回「返済日」「返済額」はアプリで確認することもできる

    次回返済日や返済額はATMから発行される利用明細書に記載されていますが、スマホATM取引の利用情報は、即時反映されるので、アプリからでも確認することができます。


    返済日を、ふと気になった時にすぐにスマホから確認できるので、返済の遅れや滞納のリスクを低く抑えることができます。


    アプリでの次回返済日と返済額の確認方法


    「スマホATM取引」を利用した返済の方法について

    返済時は、最初の希望取引選択時に、「お借入れ」ではなく「ご返済」をタップします。


    スマホATM取引の返済時の手続き方法


    後は借入時と同じく、QRコードの読み取り、企業番号の入力といった手続きを進め、最後に返済する金額をATMに入金することで返済完了となります。


    レイクアルサのスマホATM取引は手数料が無料

    レイクアルサのスマホATM取引の利用手数料は無料


    2018年5月現在、スマホアプリを利用したセブン銀行ATMでのキャッシングサービスの取り扱いをしているのは、レイクアルサの他にプロミスとSMBCモビットの2社のみです。


    プロミスについては2018年1月まではスマホATMでの取引時の手数料が無料となるキャンペーンを行っていたのですが、今現在はプロミスとSMBCモビットの2社はどちらもATM利用手数料は有料となっています。


    スマホをアプリを利用したATMでの取引を手数料無料で行えるのはレイクアルサのみです。


    スマホATM取引でも1,000円単位の借入が可能

    レイクアルサのスマホATM取引は1,000円単位の借入が可能とされているので、その時に本当に必要な金額のみ、最低限の額を出金することができます。


    終電を逃してしまってタクシー代が3,000円だけ必要、5,000円あれば給料日まで乗り切れる、このような時に、余計な金額の借入を行うわずに済むのでこれは嬉しいポイントだと言えます。


    ゼニエモンの個人的な感覚ですが、1万円借入をして108円、もしくは216円の手数料が発生してもさほど気にならないですが、1,000円ほど借入して手数料を108円取られるとメチャクチャ損した気分になります、、。苦笑


    レイクアルサのスマホATM取引は、少額融資にも向いていると言え、もしもの時の備えとして契約しておくこともオススメできます。


    レイクアルサのスマホATM取引は何時まで利用できるの?

    レイクアルサのスマホATM取引を利用できる時間


    スマホATM取引に対応しているATMは現状、セブン銀行ATMのみとなるのですが、利用可能時間は以下表のようになり、ほぼ24時間ATMからの入出金が可能となっています。


    セブン銀行ATM利用可能時間

    月曜日 5:00〜23:50
    火曜日・水曜日 0:10〜23:50
    木曜日 1:30〜23:50
    金曜日・土曜日・日曜日 0:10〜23:50

    ※第3日曜日は0:10〜20:00までとなります


    土曜日や日曜日の夜間でもスマホATM取引を利用することができるので、急な出費にもバッチリ対応しています。


    カードレス契約時の即日融資にメチャクチャ有利になる

    レイクアルサはインターネットからの申込をすることで、ローンカードの発行なし「カードレス」での契約も可能です。


    カードレスでの契約では通常だと振込での融資のみとなるため、平日14時以降の契約となった場合には、融資が実行されるのは翌営業日となってしまっていたのですが、


    専用アプリ「e-アルサ」を利用したスマホATM取引を利用することで、申込をしたその日のうちに実際に融資を受けることができる可能性は格段に高くなっています。


    レイクアルサは土日祝日問わず、夜22時まで審査業務を行っているので、21時までに申込、契約手続きが22時までに完了すれば、最短即日での融資を受けることも可能です。


    店舗への来店なし、自宅への郵送物なしで即日融資を受けたいという人にとって、スマホATM取引は非常にメリットの大きいサービスとなっています。。


    レイクアルサの「スマホATM取引」についてのまとめ

    ページ冒頭で、スマホATM取引について解説、メリット・デメリットについても紹介していくとお伝えましたが、このサービスはスマホの扱いに慣れている人にはメチャクチャ便利なサービスで、特にデメリットとなる部分はないと言えます。


    以下、レイクアルサのスマホATM取引の特徴を簡単にまとめました。


    公式アプリ「e-アルサ」をインストールすることで誰でも利用できる
    指紋認証でアプリにログインすることができる
    セブン銀行ATMでほぼ24時間入出金することができる
    スマホATM取引の利用手数料は無料
    1,000円単位と細かい金額の取引も可能

    スマホアプリを利用したATMでのキャッシングサービスに対応している業者は、2018年5月現在ではプロミス・SMBCモビット・レイクアルサの3社のみとなっています。

    ゼニエモンが実際に、3社全てのアプリを利用したキャッシングサービスを実際に利用した結果、特にどの業者のものが使いやすいということはありませんでした。

    が、カードレス・アプリでの借入に重点をおいて借入先を探している人には、3社の中で唯一ATM利用手数料が無料とされているレイクアルサが最もオススメできます。

    レイクアルサへの申込条件、金利や返済額など全体的なスペックについては以下ページで詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。


    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ