常陽銀行カードローン キャッシュピット

掲載日:


このカードローンに向いている人

  • 常陽銀行の口座をメインバンクとして利用している人
  • 50万円以上の借入を希望している人
  • 借入をそこまで急いでいない人

このカードローンに向かない人

  • 茨城県内に住んでいない人
  • とにかく急いでお金が必要な人
  • 5万円〜30万円程度の少額融資を希望している人
  • 全ての手続きをWEB上で完結したい人
  • 学生で親に内緒でカードローンを利用したい人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
2.5%〜14.8% 1〜800万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
18%※ 満20歳以上75歳未満 アコム 不要

※借入限度額100万円以上の場合は15%



常陽銀行カードローンキャッシュピットってどんなカードローン?


常陽銀行は、茨城県に拠点を置く地方銀行ですが、
キャッシュピットの利用には常陽銀行の口座の開設は不要で、
日本全国どこからでの利用可能です。


カードローンを選ぶときに多くのユーザーが求める条件、
『即日融資』『低金利』この2点を他のカードローンを比較した場合、
キャッシュピットが特別優れているということはありませんでした。


現在、常陽銀行の口座を持っていない人があえて
このカードローンを選ぶことはないように感じます。
次の【業者検索】に、自身の条件を入力することで、
カンタンにオススメのカードローンを検索することができますのでぜひご活用ください。


常陽銀行の口座を持っている人で、まだカードローンをじっくり選ぶ時間がある人は、
ゼニエモンがキャッシュピットについて徹底調査、詳しく解説していきますので、
ぜひ参考にしてもらえると幸いです。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

常陽銀行カードローンキャッシュピットの融資までのスピード、金利や借入限度額など、カードローンを利用する前に必ず知っておきたい項目について、徹底調査しました。

他カードローンとの比較も交えつつ、詳しく解説していきますので、キャッシュピットへの申込を考えている人は、ぜひ一度目を通してみてもらえると幸いです。


  1. カードローンキャッシュピットの申込条件
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. カードローンキャッシュピットで最も早く借入する方法
  4. 在籍確認について 勤務先に電話はかかる?
  5. カードローンキャッシュピットの金利について
  6. 借入方法・利便性について
  7. カードローンキャッシュピットの毎月の返済額と返済方法について
  8. メリット・デメリットとカードローンキャッシュピットのまとめ
  9. カードローンキャッシュピット利用者の口コミ

常陽銀行カードローンキャッシュピットへの申込資格がある人


常陽銀行カードローンキャッシュピットの申込資格は次のようになります。


  • 契約時の年齢が満20歳以上満75歳未満の国内に住んでいる人
  • 安定・継続した収入がある人
  • 保証会社(アコム)の保証を受けられる人

属性


※年金収入も安定した収入とみなされ、年金受給者も利用可能


専業主婦の申込について

自身に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば専業主婦も申込可能です。



配偶者の同意書不要、申込をした本人以外に連絡がくることはないので、
家族に内緒で申込したい専業主婦も安心です。


学生の申込について

アルバイトをしている学生であれば申込可能ですが、
学生の申込の場合、保護者の同意が必要で、必ず両親などに電話連絡が入ります。


申込フォームを確認したところ、【学生】かどうかを選択する項目がなかったので、


「学生として申込せずに、フリーターとしての申込で良いのですか」
このように問い合わせたところ、


私どもの方から、そのような形の申込で大丈夫とは言えませんが、学生かどうかはこちらでは分かりかねますので、お客様からの自己申告となります。

あとから学生と分かった場合は、契約を取り消させていただく場合もあります。


このような返答を頂きました。


電話で申込した場合もわざわざ「学生ですか?」と聞かれることもないとのことでしたが、
ウソの申告はいけません。


ネットから申込する場合は、勤務先欄に学校名、住所、電話番号を入力、
電話申込の場合は、自ら学生ということを伝えなくてはいけません。

契約時に用意しておく必要がある書類


常陽銀行カードローンキャッシュピットは、口座の開設なしで利用可能なので、
すでに常陽銀行の口座を持っている人も、持っていない人も、
用意する必要書類は同様で、次のようになります。



これらのうちいずれか1点を用意するのですが、
窓口に直接来店して契約手続きをするのであれば原本、
郵送やFAXでの契約手続きならば、コピーが必要です。


キャッシュピットは、ネット上での契約手続きに対応していないので、
スマホやデジカメで撮影した画像データをWEB上でアップロードという
形での書類提出はできず、利便性が低めです。


収入証明書の提出条件

キャッシュピットは借入限度額が500万円を超えた場合のみ、
収入証明書の提出が必要で、次のような書類を用意します。



初めての申込で、借入限度額が500万円を超えることは、
まずないので、基本的に用意するのは本人確認書類のみと考えておいて
問題ありません。


口座開設が不要なので、印鑑も用意する必要はありません。

常陽銀行カードローンキャッシュピットで即日で借入する方法


常陽銀行カードローンキャッシュピットは審査回答までが最短60分、
即日振込融資が可能とされていますが、申込したその日に借入できるのは、
次の2つの条件を満たしている人のみとなります。

  • 常陽銀行の口座をすでに持っている
  • 平日午後14時までに契約手続きを完結できる

申込から借入までを最も早く完結できるのは、
インターネットからの申込となり、次のような手順となります。



ネット申込で審査回答まで最短60分!
銀行カードローンの中ではかなり審査回答までのスピードは早いです!

が、、契約手続きがネットで完結できない点が即日での借入を希望する人にはちょっとなって感じです。
ネット上で契約手続きができるかどうかは、即日融資を受ける上で非常に重要なポイントになるんです。

とにかく急いで借入をしたい。絶対に今日中にお金がいるんだ!というような借入をメチャクチャ急いでいる人は、もっと即日での借入ができる可能性が高いカードローンを選ぶことをオススメします。


契約手続きを14時までに完結するのはハードルが高い!

審査通過後の契約手続きを行うのですが、
キャッシュピットはネット上での契約手続きに対応していない為、
窓口に直接出向き契約書類に記入提出するか、
インターネット上で契約書類をダウンロードして記入FAX、
このどちらかの方法が必須です。


平日に仕事が休みで14時までに銀行へ直接行ける人、
自宅もしくは職場にPC・プリンター・FAXがある人、
このどちらかの人しか14時までに契約手続きを行うことはできません。


仕事場でカードローンの契約書をプリントアウトして、
記入して、会社のFAXで送信して、、
会社勤めの人にはかなりハードルが高いように感じます。


土日は審査を行っていない!

ピットキャッシュは、土日の審査は行っていません。
インターネットからの申込自体は可能ですが、
審査開始は翌営業日からとなります。


ローンカードの受け取りまでには最短でも3日かかる!

キャッシュピットでは契約手続き完了後、約3日でカードが郵送されます。
銀行カードローンの場合、1週間〜10日前後かかるのが平均的なのでこれは
かなり早い対応だと言えますが、借入を急ぐ人はローンカードを郵送ではなく、
自動契約機での手続きでローンカードの発行が可能なカードローンを選ぶことをオススメします。


下の表で紹介するカードローンは全て、

  • 土日祝日も審査可能・即日審査回答も可能
  • インターネット上で契約手続き・即日振込融資が可能
  • 自動契約機の利用で土日・夕方以降の申込でも即日で借入可能

急いで借入をしたいというユーザーニーズにばっちり対応しているカードローンです。


業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
アコム 8:00~22:00(年中無休、一部店舗異なります。また年末年始を除く)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)

常陽銀行カードローンキャッシュピットの在籍確認について


キャッシュピットは審査の際に行われる在籍確認が、
必ず勤務先への電話連絡にて行われます。


この電話がかけられるタイミングは次のようになり、
在籍確認が完結しないことには、審査を通過することはできず、
もちろん契約手続きに進む事ができません。



自分が電話に出れなくても、この会社に申込をした人が本当に働いているか
という点が確認できればOKなので、自身が仕事が休みの日でも、
会社が営業していれば在籍確認は完結できます。


ただ、勤め先自体が休業日で、電話が繋がらない場合は、
審査回答は、後日会社への電話連絡が取れてからとなります。


連休中で会社に電話が繋がらないんだけど、、。

「連休中は会社に電話が繋がらないんですけど、この場合、審査回答は連休明けになるんでしょうか?」


このように問い合わせをしてみました。


申しわけありません。

専業主婦の方の申込以外は、必ず勤務先への電話連絡が必須となっており、ご利用いただけるのは連休明け、お勤め先に電話での在籍確認をとらせて頂いてからとなります。


このような対応となったのですが、これは基本的にどこのカードローンでも同様です。


勤め先の休業日に、カードローンを利用したい場合、
利用できるカードローンはかなり限定されます。


以下、会社休業日でも即日での審査回答、借入まで可能なカードローンを紹介していきますので、
借入を急ぐ人、勤務先に電話をかけて欲しくない人はぜひチェックしてみてください。


在籍確認が後日でもOKなカードローン

審査内容に問題がない場合に限り、在籍確認を後日、日を改めて行ってもらうことができ、
その日のうちに契約手続き、借入が可能なカードローンは次のようになります。


ただし、

  • 過去にローンの滞納をしたことが何度かある
  • 勤続年数が短く、1年未満である
  • すでに他社から借入をしていて残債が50万円以上ある

これらに当てはまる場合は、在籍確認が取れるまで、
契約手続きに進むことは難しくなります。

業者名 後日での在籍確認 当サイト実績
プロミス △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
アコム △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
SMBCモビット 〇※後日でOK 未検証
三井住友銀行 △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
三菱東京UFJ銀行バンクイック △※審査次第で後日も可 未検証

書類でもOKとしてみなされるカードローン

実は、勤務先への電話連絡ナシでも利用可能なカードローンもあります。


会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することで在籍確認を
クリアできるのですが、この提出書類は各カードローンにより異なり、

  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類が在籍確認に必要な書類となることが多いです。


本当に書類でも在籍確認OKなのか実際に検証もしてみました。

業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た

常陽銀行カードローンキャッシュピットのスペックを徹底調査してみた!

常陽銀行カードローンキャッシュピットの金利は低い?どうやってお金を借りれる?返済方法は口座から引き落とし?

カードローンを利用するにあたり、申込前に必ず知っておくべき情報を徹底調査、できるだけ分かりやすく解説していきます。


キャッシュピットの金利と借入限度額について


カードローンを選ぶときに、ユーザーがまず1番に注目するのが、金利です。


常陽銀行カードローンキャッシュピットの金利は、2.5〜14.8%、
借入限度額は1万円〜800万円と設定されています。



もしかしたら2.5%で借入できるかも!って期待してしまう人も多いですが、
残念ながら、2.5%という超低金利で借入できることは、
まずないと考えておいたほうが良いです。


どこのカードローンでも金利は、借入限度額毎に決められていて、
この借入限度額は審査によって決定されます。


借入限度額と適用金利

借入限度額 適用金利
1万円以上~100万円未満 14.8%
100万円以上~200万円以下 12.0%
200万円超~300万円以下 9.8%
300万円超~400万円以下 8.8%
400万円超~500万円以下 7.8%
500万円超~600万円以下 5.5%
600万円超~700万円 4.5%
700万円超~800万円以下 3.5%
800万円 2.5%

金利2.5%で借入できるのは、借入限度額が800万円となった人のみです。


初めての申込の場合、借入限度額は100万円以下となることが
ほとんどですので、適用される金利は上限金利となり、
常陽銀行カードローンキャッシュピットでは14.8%が適用されます。


銀行カードローンの上限金利は14%前後に設定されていることが多く、
キャッシュピットの金利は平均的といえます。


金利14.8%で借入した際に発生するひと月当たりの利息

借入金額 ひと月当たりの発生する利息
5万円 617円
10万円 1,233円
15万円 1,850円
20万円 2,467円
25万円 3,083円
30万円 3,700円
40万円 4,933円
50万円 6,167円
70万円 8,633円
100万円 12,333円

常陽銀行カードローンキャッシュピットの借入方法について


キャッシュピットの借入方法は、常陽銀行の口座を持っている人であれば、
初回借入時のみ振込での借入が可能ですが、
2回目以降は、ローンカードを利用したATMでの出金のみとなります。


利用可能なATMは常陽銀行のATM以外に、次の提携ATMが利用可能です。



振込融資が利用できない点はマイナスポイントですが、
コンビニATMで365日いつでも手数料無料で利用できるので、
利便性は低くないです。


急遽、取引先と食事に行くことになった。
気になる女の子と良い感じになって
もう一軒飲みに行くことになったけど財布がピンチ。


このような夜間の急な出費にもバッチリ対応しています。


キャッシュピットの返済方法と返済額について


常陽銀行カードローンキャッシュピットは口座の開設不要で、
全国どこからでも利用できるというメリットがある反面、
常陽銀行の口座を持っている場合でも、
口座から自動引き落としでの返済は不可となっています。


毎月の返済は、

  • ローンカードを利用した提携ATMでの返済
  • 常陽銀行支店口座への振込での返済

このどちらかとなり、口座からの自動引き落としと違い、
毎月、自分自身で返済を行う形となるので、
返済期日をうっかり忘れてしまうようなことがなく、
しっかり管理できる人のみ利用するべきだと考えられます。


振込での返済をする場合、振込手数料は自己負担となります。


提携ATMは返済時の利用手数料も無料ですので、ローンカードでの返済の方が
余計な出費を抑えることができます。


キャッシュピットの返済期日は2パターンから選べる

常陽銀行カードローンキャッシュピットの返済期日は

  • 35日サイクルで返済する方法
  • 毎月指定日に返済する方法 ※契約時に自身で希望の日を指定できる(6日を除く)

この2パターンから選択することができますが、35日サイクルの返済は、
今月は5日、次の月は10日など、毎月返済期日が変わり、正直管理が面倒になってきます。



特別大きなメリットがあるわけでもないので、返済期日は、
毎月指定日を決めてしまうことを推奨します。
滞納による遅延損害金が発生するリスクを少しでも低く抑えられます。


キャッシュピットの毎月の最低返済額は低い!

常陽銀行カードローンキャッシュピットの毎月の最低返済額は、
審査により決められた借入限度額毎に異なり、次のようになります。


借入限度額500万円超の場合

借入残高 毎月の最低返済額
10万円以下 1,000円
10万円超~20万円以下 2,000円
20万円超~30万円以下 3,000円
30万円超~ 借入残高が10万円増すごとに1,000円追加

借入限度額100万円以上500万円以下

借入残高 毎月の最低返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~ 借入残高が10万円増すごとに2,000円追加

借入限度額100万円以下

借入残高 毎月の最低返済額
10万円以下 3,000円
10万円超~20万円以下 6,000円
20万円超~30万円以下 9,000円
30万円超~ 借入残高が10万円増すごとに3,000円を追加

最も最低返済額が高めに設定される、『借入限度額100万円以下』の場合でも、
10万円以下の借入であれば、毎月の最低返済額は3,000円とかなり低めの設定です。


最低返済額が低いと、月々の支払いに余裕がもてるので、カードローンの利用が生活を圧迫してしまうというようなことにならないという点は、ユーザーにとってメリットになるのですが、、

その反面、返済期間が長くなり、その分支払う利息の合計が大きくなるというデメリットもあることを理解しておかないといけません!

次の返済シュミレーションをみて下さい。


キャッシュピットの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.8% 42回 3,000円 27,587円
20万円 14.8% 67回 6,000円 73,259円
30万円 14.8% 82回 9,000円 125,696円
40万円 14.8% 95回 12,000円 177,743円
50万円 14.8% 107回 16,000円 240,145円

全く同じ金利で毎月10,000円の返済をした場合の返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.8% 11回 10,000円 7,603円
20万円 14.8% 24回 10,000円 32,508円
30万円 14.8% 38回 10,000円 78,145円
40万円 14.8% 56回 10,000円 157,436円
50万円 14.8% 79回 10,000円 287,554円

50万円以下の借入は、返済額は一律10,000円と設定されているカードローンと
比較した場合、30万円以下の借入は、常陽銀行カードローンキャッシュピットの方が、
返済回数が多く、支払う利息の合計が大きくなることが分かります。


カードローンの毎月の返済額は、借入している返済額が減ると、
自動的に最低返済額が下がる仕組みになっています。


例:キャッシュピットで50万円の借入をした場合

最初は毎月16,000円の返済を行い、借入残高が40万円になった段階で、
返済額は12,000円に、30万円になった場合9,000円と自動的に
最低返済額は下がっていくのですが、



口座からの自動引き落としの場合、自動的に返済額が低くなっていき、
気づかぬうちに無駄な利息を支払うことになる可能性が高いのですが、
キャッシュピットは毎月自分でATMを操作して返済をしていく形になるので、
早期完済を目指しやすいです。


そもそも、毎月16,000円の返済が出来るから50万円借入するはずです。
最後までその金額を返済し続け、早期完済する!
これが最も損しないカードローンの利用方法です。


ただ、最初から毎月3,000円の返済で良いですよ。と言われているのに、
それ以上の返済をしていくのは、心理的になかなか難しいです。


以上の事から、常陽銀行カードローンキャッシュピットは
50万円以上の金額を借入を希望している人にオススメできると考えられます。


常陽銀行カードローンキャッシュピットのメリット・デメリット


キャッシュピットについて調査、解説してきましたが、
最後にこのカードローンを利用するメリット・デメリットを簡潔にまとめてみました。


メリット

コンビニATMが手数料無料!

365日いつでも、セブン銀行やローソンATMといったコンビニATMが
手数料無料で利用可能です。


50万円以上の借入をした場合早期完済が目指しやすい!

50万円以上の借入をした場合、毎月の最低返済額が
他のカードローンと比べ高めに設定されています。


これは一見デメリットに見えてしますのですが、
返済回数が少なく済み、支払う利息を低く抑えられるといったメリットになります。


詳しくは上記「キャッシュピットの返済方法と返済額について」を参考にしてください。


デメリット

即日振込融資を利用できるのは常陽銀行に口座がある人のみ

申込をしたその日に即日で借入できるのは、
常陽銀行の口座をすでに持っている人に限定されます。


それに、常陽銀行の口座を持っている人の場合でも、
即日振込で借入できるのは平日14時までに全ての手続きを完結できた人だけで、
かなりハードルが高いです。


借入を急いでいる人にはオススメできません。


契約手続きをWEB上で完結できない

審査通過後の契約手続きは、窓口に直接来店するか、
契約書をインターネットでダウンロードしてFAX、
このどちらかの方法で行うことになります。


ここ数年で、スマホ1つあれば、申込から契約手続き、借入まで
全ての手続きをWEB上で完結できるカードローンはかなり増えてきていますので、
これはかなりローカルな契約方法です。


自動口座引き落としでの返済には対応していない

常陽銀行の口座を持っていても、毎月の返済は必ずローンカードを利用して、
ATMでの入金、もしくは指定口座への振込となります。


面倒なのはもちろんですが、返済忘れによる遅延損害金が
発生するリスクが高くなってしまいます。


まとめ

常陽銀行カードローンキャッシュピットは、日本全国どこからでも申込可能ですが、茨城県に住んでいない人がわざわざ選択するほどのメリットはありません。

このカードローンを利用することでメリットを享受できるのは次のような人です。
・常陽銀行をメインバンクとしている
・借入をそこまで急いでいない
・50万円以上の融資を希望している
・早期完済を目指している
・勤続年数が長い会社員の人

常陽銀行を毎月の給与振込先に指定している、預金がある人は、それだけ信用度があがり、審査通過率が上がり、借入限度額の枠を大きめに設定してもらえる可能性があります。

上記条件に当てはまらない人は、全国対応している、大手消費者金融やメガバンクのカードローンを比較・検討してみることを推奨します。


口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ