ジェイスコアは即日融資を受けれるのか徹底解説!

J.Score(ジェイスコア)の申込から融資実行までに掛かる「時間」についてを徹底調査

更新日:
ジェイスコアは、契約する金利が最大でも年12.0%と超低金利で、支払う利息を少しでも少なく抑えたいと考えている人に高い人気を誇るローン商品です。

一般的に金利が低く設定されているローンは、融資実行までに時間が長く掛かる傾向にあるのですが、ジェイスコアについては、最短30秒で仮審査の結果回答で申込当日中の融資が可能とされており、金利の低さを求める人だけでなく、融資実行までのスピードを求める人のニーズにもバッチリ対応しています。

このページでは申込から融資実行までの流れ、必要となる手順、ジェイスコアを利用開始までに掛かる「時間」についてとことん詳しく解説していきますので、急いでお金を借りたいと考えている人はぜひ参考にしてください。


    申込から融資実行までの流れを確認

    ジェイスコアは申込みから契約完了までをWEBで完結


    ジェイスコアにはそもそも店舗が存在しないので、PC・スマホを利用したインターネットからの申込みのみ受け付けています。


    申込みから融資実行までの流れは以下のようになり、来店や郵送といった面倒な手続きが一切なしで、利用を開始することができます。


    ジェイスコアの申込みから融資実行までの流れ

    • AIスコア診断を利用してAIスコアを算出
    • PC・スマホからのネット申込み
    • メールにて仮審査結果の通知
    • 必要書類をWEBアップロードにより提出
    • メールによる本審査結果の回答
    • WEB上での契約手続き
    • 利用開始・融資の実行

    AIスコア診断を受けないとジェイスコアへの申込みはできない?

    以前まではAIスコア診断を利用しAIスコアが1000点満点のうち600点を超えた人のみが、申込みの対象とされていましたが、今現在はジェイスコアの公式HP上には以下画像のように、「いますぐお申込み」というボタンが用意されています。


    AIスコア診断なしの直接の申込みも可能なことを解説


    このボタンから手続きを進めることで申込み手続きとAIスコア診断を同時に行えるようになったため、事前にAIスコア診断を受ける必要はなくなりました。


    また、仮にAIスコアが600点に届かなかった場合にでも申込を行うことができます。


    融資を急ぐ場合には事前にAIスコア診断を受けずに申込みをしたほうが良い?

    とにかく急いで審査を受けたいと考えている場合には、AIスコア診断を利用することなく申込み手続きを行いたいと考える人の方が多いのではないかと思いますが、当サイトでは極力AIスコア診断を利用し自身のAIスコアを確認した後に、申込み手続きへと進むことを推奨しています。


    AIスコアとは一体何なのか?AIスコア診断を受ける意味は?ということについては、以下ページで詳しく解説しているので、ここでは詳細な解説は割愛しますが、ジェイスコアのAIスコア診断は「高度な審査シミュレーション」だと言え、事前にAIスコアを算出することで、審査通過への期待値を測ることができます。


    AIスコア診断を利用するにはメールアドレス、パスワードを設定しメンバーシップへの登録を行う必要があるのですが、初期AIスコアの算出までには5分〜10分、用意されたすべての質問に回答してスコアアップを行っても所要時間は約20分程度です。


    AIスコア診断を受けずに直接申込しても問題ないと考えられる条件

    • 勤続年数が長く給与も多くもらっている
    • クレカやカードローンなどのキャッシングの利用がない
    • 自動車ローンやマイカーローンの返済の遅延・滞納が一度もない
    • 正社員または公務員として働いている

    これらに該当し、審査に対して全く不安がないという人以外は、融資を急ぐ気持ちは分かりますが、直接申込手続きへと進むのではなく、事前にAIスコア診断を受け自身のAIスコアを確認してから申込手続きに進むことを推奨します。


    AIスコア診断、ジェイスコアの審査の基準についてしっかり理解した上で申込を行いたいという人は、以下ページを参考にしてみてください。



    申込受付時間と営業時間について

    上の項目でも解説していますが、ジェイスコアは店舗を持たないため、申込方法は、PC・スマホからのインターネット申込のみとされています。


    ですので、申込手続き自体は原則24時間365日いつでもどこからでも行うことができるのですが、以下システムメンテナンス時間は申込手続きを行うことができません。


    定期メンテナンス時間

    予定時間 対象サービス
    毎週月曜日 0:00〜1:00 全サービス
    毎月第3日曜日 23:00〜翌5:00 全サービス

    定期メンテナンス以外も計画メンテナンスが行われることがありますが、こちらについてはジェイスコア公式HPにて確認してください。
    計画メンテナンス時間:https://www.jscore.co.jp/maintenance/


    ジェイスコアの営業日は土日祝でも受付可能

    以前までJ.Scoreは土日祝日の営業はしていませんでしたが、現在は土日祝日でも対応をしてくれます。

     

    基本的平日であれば22:55までに申し込み完了すれば即日振込をしてくれるので利便性がかなり高まったと言えるでしょう。

     

    もし土日祝日に対応しているカードローンは他に何があるのか知りたいという方は下のページで詳しく紹介していますので、そちらをご参考にしてください。

     


    審査結果回答までにかかる時間について

    ジェイスコアに限らず、消費者金融や銀行の取り扱うカードローン・フリーローンには、仮審査と本審査2つの審査があります。


    契約手続きに進む為には本審査結果の回答を得る必要があるのですが、この項目でこの2つの審査結果回答までに掛かる時間についてを詳しく解説していきます。


    仮審査結果の回答までにかかる時間


    ジェイスコアで公表されている申込み手続きから仮審査結果回答までにかかる時間


    あまりにも公表されている仮審査結果回答までの時間が早いので、電話にて問い合わせてみたところ、最短30秒はあくまで最短、申込内容、混雑具合によって仮審査結果の回答までにかかる時間は異なる、1〜3時間程度はかかる可能性が高いと考えておいて欲しいとのことでした。


    また、事前にAIスコア診断を受けた場合と直接申込を行った場合では、仮審査結果回答までにかかる時間に違いはあるのかということについても同時に問い合わせてみたのですが、この件については回答できないとのことでした。


    その為、あくまでもゼニエモンの個人的な考察となりますが、AIスコアが高い=信用力が高いと判断されているということになるので、AIスコア診断で用意される質問に全て回答し、AIスコアが高得点となっている人ほど、仮審査結果の回答までにかかる時間は短く済むのではないかと予想されます。


    本審査結果の回答までにかかる時間

    本審査結果の回答まにかかる時間は最短即日とされています。


    この時間についても仮審査結果の通知と同様に、申込が多いタイミングだと審査結果の通知までには時間がかかってしまうのですが、本審査結果の回答が最短30分というのはカードローン業界全体で比較してもかなり早い部類だと言えます。


    他金融機関カードローンの審査結果回答までに掛かる時間

    業者名 審査回答までにかかる時間 上限金利
    ジェイスコア 最短即日 年12.0%
    プロミス 最短30分 年17.8%
    アコム 最短30分 年18.0%
    アイフル 最短30分 年18.0%
    三井住友銀行 カードローン 最短2日 年14.5%
    楽天銀行スーパーローン 最短2日 年14.5%

    本審査結果の回答までにかかる時間だけで見ると、ジェイスコアも大手消費者金融も変わりはないのですが、適用される上限金利については、ジェイスコアがメチャクチャ低いことがわかります。

    一般的に、上限金利15%以下の低金利で契約をしたいと考えた場合、選択肢の候補として挙げられるのは銀行カードローンとなるのですが、2018年1月以降銀行カードローンの審査は厳格化された為、今現在、即日で審査結果の回答を得られるものはありません。

    低金利で尚且つ審査が低いとされる三井住友銀行 カードローン、楽天銀行スーパーローンでも、本審査結果の回答までには最短でも2日ほどかかってしまいます。

    銀行カードローンよりも低金利で契約できる可能性が高く、最短だと申込の当日中に本審査結果の回答が得られるジェイスコアはかなり魅力的だと言えます。

    本審査結果の回答を得るには必要書類の提出が必須

    仮審査結果の回答時に通知される必要書類の提出を行わないことには本審査結果の回答は得られません。


    場合によっては必要書類の確認ができるまで審査がストップされることもあるので、この手続きは極力早めに行う用意してください。


    ジェイスコアでは必要書類の提出は、スマホやデジカメで撮影した画像をWEBアップロードすることで完結でき、郵送やFAXといった面倒な手続きは一切不要です。


    提出を求められる書類、WEBアップロードの方法について事前に確認しておきたいという人は以下ページを参考にしてください。



    融資を受けることができる時間について

    ジェイスコアの契約完了後の融資に受け方と時間


    審査により借入の枠が設けられ、その枠内であれば自由に借入・返済が可能と、利用の仕組みについては従来のカードローンと全く変わらないのですが、ジェイスコアはカードローンではないので、ローンカード発行の必要がありません。


    融資の方法は、指定口座への振込みとなるので、契約手続き完了後はすぐに利用を開始することが可能です。


    契約手続きは、本審査結果を知らせるメールに記載されているURLにアクセスすることで、WEB上で完結することができます。


    会員専用ページにログインし、希望する借入金額を入力することで自身の指定する口座へと振込みにて融資は実行されるのですが、振込は24時間いつでも行われるわけではないので、振込みを依頼する時間に気をつけておく必要があります。


    ジェイスコアの振込依頼の受付時間と振込実施時間

    曜日 受付時間 振込実施時間
    月〜木 0:00〜8:00 当日9:00頃
    8:00〜22:55 即時
    22:55〜24:00 翌日9:00頃
    0:00〜8:00 当日9:00頃
    8:00〜22:55 即時
    22:55〜24:00 月曜9:00頃(※)
    0:00〜8:00 当日9:00頃
    8:00〜21:40 即時
    21:40〜24:00 月曜9:00頃(※)
    0:00〜9:00 当日9:00頃
    9:00〜16:40 即時
    16:40〜24:00 翌日9:00頃
    祝日 0:00〜24:00 翌日9:00頃

    ※翌日お借入れをご希望の場合は、翌日が即時振込に対応している金融機関で、翌日0時以降の即時振込可能な時間帯にお手続きください。

     


    平日の22:55までに振込依頼をすれば当日中に融資可能

    J.Scoreで当日振込に対応してもらうためには平日の場合22:55までに振込依頼をすればOKです。

     

    また、土曜日は21:40、日曜日は16:40までに振込依頼をすれば即時振込対応してもらえます。

     

    残念ながら祝日は必ず翌日9時ごろになってしまうのですが、かなり対応時間が長いのでよっぽどのことがない限り困るということはなさそうです。


    申込の当日中に融資を受ける為に最低限満たしておく条件

    ジェイスコアで即日融資を受ける為に最低限満たしておく条件


    ジェイスコアは仮審査結果回答まで最短30秒、最短即日で本審査結果の回答可能とされているので、すべての手続きがスムーズに進んだ場合には、平日22:55までに申し込み完了すれば当日融資を受けることができます。


    とはいえ、ギリギリに申し込みをするよりは早めに申し込みをした方が確実なので22:55はあくまでもなんとか対応してくれるタイムリミットという感じで受け取った方が良いでしょう。

     

    ジェイスコアは即日融資を希望している人に向いている?

    ジェイスコアは、審査スピードについては他大手消費者金融と比較しても、十分早い部類に入りますので即日融資を受けたいと思っている方に十分向いているとゼニエモンは考えています。

     

    まとめ:ジェイスコアの利用が向いている人

    ジェイスコアの審査にかかる「時間」についてとことん詳しく解説してきましたが、最後にこのページで解説した内容のうち、必ず抑えておきたい情報を簡潔にまとめました。


    平日は22:55までに申し込み完了すると即時融資
    金利が8.0%〜12.0%と低い
    審査の解答時間早い

    ジェイスコアは融資実行まで即日融資を受けたい人にオススメ


    以前よりも受付時間が伸びたことで当日中に融資を受けたいと思う人にオススメのカードローンになったと言えます。

     

    しかも低金利ということもあり単に「早くお金を借りたい!」と考えていた方だけではなく、できるだけ金利手数料を抑えたい方にもぴったりです。

     

    J.Scoreはローンカードの発行不要でカードレス、スマホからの手続きで振込融資が可能と、使い勝手の良さも抜群な次世代のカードローンです。

     



    このページを読んだ人におすすめの記事



    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ