J.Score(ジェイスコア)の金利について徹底解説したページの見出し画像

J.Sore(ジェイスコア)の金利について徹底調査!

掲載日:

ジェイスコアはFinTech(フィンテック)を活用した「AIスコアレンディング」で注目を集めている新しい形のローン業者です。

ローンカードの発行なし、WEB上で申込から融資実行までの全てを完結といった特徴があり、利用のメリットが多く人気なのですが、最大の特徴は業界トップクラスに低い金利設定で、契約時に適用される金利は最大でも12.0%とされています。

このページでは、そんなジェイスコアの金利を他業者と比較、発生する利息などについてとことん詳しく解説していくのでぜひ参考にしてみてもらいたいのですが、融資まであまり時間がないという人はそのまま申込へと進んでもらって問題ありません。

「とにかく低金利にこだわりたい!」と考えている人にはこれ以上ないというくらいオススメできるローン業者だと言えます!



    ジェイスコアの最大金利は業界トップクラスの超低金利!


    ジェイスコアの上限金利設定は業界トップクラスの低水準


    ジェイスコアの金利は1.1%〜12.0%と設定されており、これは業界トップクラスに低い水準だと言えます。


    低金利なカードローンを利用したいと考えた時に、まず候補として挙げられることが多いのが「銀行カードローン」ですが、ジェイスコアの金利は一般的に低金利とされている銀行カードローンの平均的な水準よりもさらに低いです。


    以下、大手消費者金融、主要銀行カードローンの金利を表にまとめ、比較していきます。


    主要カードローンの金利表

    業者・銀行・カードローン名 下限金利 上限金利
    J.Score(ジェイスコア) 0.8%(※) 12.0%
    三井住友銀行カードローン 4.0% 14.5%

    三菱UFJ銀行カードローン 
    バンクイック

    1.8% 14.6%
    みずほ銀行カードローン 2.0% 14.0%

    ゆうちょ銀行カードローン
    したく

    7.0% 14.9%

    新生銀行
    スマートカードローンプラス

    4.5% 14.8%
    楽天銀行スーパーローン 1.9% 14.5%

    住信SBIネット銀行
    MR.カードローン

    0.99% 14.79%
    ソニー銀行カードローン 2.5% 13.8%
    プロミス 4.5% 17.8%
    アコム 3.0% 18.0%
    アイフル 3.0% 18.0%
    レイクアルサ 4.5% 18.0%
    SMBCモビット 3.0% 18.0%

    ※みずほ銀行・ソフトバンク・ヤフージャパンとの情報連携を行った場合にのみ適用


    金利の比較は上限金利で行う

    下限金利については各業者で大きなバラつきがあり、中には1%を切る住宅ローン並の設定がされているものもありますが、カードローン利用時に下限金利が適用されることはまず有り得ません。


    ほとんどの人が上限金利、もしくはそれに近い金利での契約、適用となるので、下限金利を比較しても全く意味がないと言えます。


    低金利な契約をしたいと考えている人は、必ず提示されている金利の高い方、上限金利を見比べるようにしてください。



    銀行カードローンの平均的な水準より約3%も低い金利で契約可能


    ジェイスコアの上限金利と他カードローン上限金利の設定の差


    上表を見てもらうとほとんどの銀行カードローンの上限金利が14%〜15%、大手消費者金融ではプロミスを除く4業者全てが18%とされていることがわかります。


    ジェイスコアの審査を通過、契約となった際にはどう転んでも、上限金利の12%以上の金利が適用されることはないので、銀行カードローンに比べると約3%、大手消費者金融に比べると約5%も低い金利での契約となります。


    上限金利よりも低い金利での契約ができる可能性が高い!

    どの業者でも共通して、カードローンの初回契約時に適用される金利は上限金利となる可能性が最も高いのですが、ジェイスコアは以下のように適用金利が設定されている為、他カードローンに比べると上限金利以下の金利で契約できる可能性が高めとなっています。


    ジェイスコアのAIスコアによる適用金利表

    AIスコア 適用金利 借入限度額
    950〜1000 0.8%〜2.1% 10万円〜1,000万円
    900〜949% 1.9%〜3.7% 10万円〜730万円
    850〜899 3.5%〜5.4% 10万円〜540万円
    800〜849 5.2%〜7.0% 10万円〜400万円
    700〜799 6.8%〜9.5% 10万円〜260万円
    600〜699 9.3%〜12.0% 10万円〜150万円
    400〜599 - -

    みずほ銀行カードローンの借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 適用金利
    800万円 2.0%
    600万円以上800万円未満 4.5%
    500万円以上600万円未満 5.0%
    400万円以上500万円未満 6.0%
    300万円以上400万円未満 7.0%
    200万円以上300万円未満 9.0%
    100万円以上200万円未満 12.0%
    10万円以上100万円未満 14.0%

    2つの表を見比べてもらうと分かるように、仮に審査の結果、契約する借入限度額が50万円となった場合、みずほ銀行カードローンの場合は必ず14%となるのに対し、ジェイスコアでは9.3%での契約となることもあります。

    適用金利決定の仕組みについて詳しくは後述しますが、原則、適用金利は契約する借入限度額が大きくなればなるほど下がっていくので、「年収が高い」「勤続年数が長い」「他社での借入がない」といった人は上限金利12.0%よりもさらに低い金利で契約できる可能性が大いにあると言えます。

    ジェイスコアは借り換えにも利用できる?

    適用される金利が最大でも12.0%と業界トップクラスの超低金利で、尚且つ借入限度額が最大1,000万円とかなり大きく設定されているので、新たにジェイスコアと契約を結ぶことで借り換えを行うことも可能ではあります。


    が、借り換え目的の場合には次の1点を確認、理解しておく必要があります。


    ジェイスコアは総量規制の対象で年収の1/3を超える契約はできない

    ジェイスコアはカードの発行こそないものの、大手消費者金融のプロミスやアコムなどと同様に「日本貸金業協会に加盟している貸金業者」です。


    融資については貸金業法に則って行われることになるので、総量規制の対象となり、年収の1/3を超える貸付を行うことはできないようになっています。


    例えば年収が300万円の人の場合、融資を受けることができる上限金額は最大でも100万円となるので、すでに70万円の借入があると、ジェイスコアで借入できる金額の上限は30万円となるので、借り換えを行うことはできません。


    借入の残債に対する年収に余裕があるという人は、ジェイスコアへ借り換え目的の申込もオススメできますが、そうでない人は「おまとめ・借り換え」の専用ローンの利用を検討してみてください。


    2018年以降、銀行カードローンも総量規制を自主規制として取り入れているので、今現在年収の1/3を超える融資が可能なのは「貸金業法に基づくおまとめ・借り換え専用ローン」のみとなっています。


    以下ページで低金利でおまとめや借り換えに利用できるローンの特集をしているので、参考にして頂ければ幸いです。


    毎月の発生利息を計算!他社の利息と徹底比較!

    金利が低いということは、キャッシングしたことにより発生する利息を少なく抑えられるので「金利が低い=お得」という考え方で全く問題ないのですが、この項目では契約する金利によって毎月支払うことになる利息にどのくらい差が出るのかを具体的に解説していきます。


    比較する利息は、上限金利で算出、銀行カードローンの中でも低金利で人気の「みずほ銀行カードローン」、大手消費者金融の中では最も金利が低い「プロミス」この2社の1月あたりに発生する利息を以下表にまとめました。


    上限金利で契約した場合の1ヶ月あたりの発生利息表

    借入する金額 契約金利:12.0% 契約金利:14.0% 契約金利:17.8%
    10万円 980円 1,140円 1,460円
    20万円 1,970円 2,280円 2,920円
    30万円 2,950円 3,450円 4,380円
    40万円 3,940円 4,590円 5,850円
    50万円 4,930円 5,700円 7,315円
    60万円 5,910円 6,900円 8,770円
    70万円 6,900円 8,050円 10,240円
    80万円 7,890円 9,200円 11,700円
    90万円 8,870円 10,350円 13,160円
    100万円 9,860円 11,500円 14,630円

    ※1ヶ月は30日で計算
    ※小数点以下切り捨てで計算しているので若干の差あり


    10万円借入した場合の1ヶ月あたりの利息の差

    • みずほ銀行カードローン:約160円ジェイスコアがお得
    • プロミス:約480円ジェイスコアがお得

    50万円借入した場合の1ヶ月あたりの利息の差

    • みずほ銀行カードローン:約770円ジェイスコアがお得
    • プロミス:約2,385円ジェイスコアがお得

    100万円借入した場合の1ヶ月あたりの利息の差

    • みずほ銀行カードローン:約1,640円ジェイスコアがお得
    • プロミス:約4,770円ジェイスコアがお得

    契約する金利が発生する利息に与える影響について解説した図解


    借入したい金額が50万円ともなれば、1ヶ月あたりの発生利息は大手消費者金融と比べた場合、2,000円以上の差が生じることになります。


    最終的に支払う利息の合計は返済額、返済期間によっても異なりますが、借入金額に対して発生する利息の負担は確実に小さくなるので、30万円以上の高額融資を希望している人や、今現在契約しているカードローンの契約金利が高いという人は、超低金利のジェイスコアを利用することで得られるメリットが非常に大きくなると判断できます。


    ジェイスコアって無利息サービスはないの?


    以前は、最大2ヶ月分の利息がキャッシュバックされ、実質無利息となるサービスがあったのですが、今現在は残念ながらジェイスコアに無利息で利用できるサービスはありません。

    その為、いくらジェイスコアの金利が低くても、場合によっては金利の高いけど無利息サービスのあるプロミスやアコムといった大手消費者金融を利用した方がお得になる場合があります。

    以下、初回借入日から30日間の無利息サービスがあるプロミスを例に、各借入額で、低金利なジェイスコアと無利息サービスのある消費者金融、どちらが支払う利息を少なく抑えられるのか検証していくので参考にしてください。

    10万円を借入して6ヶ月で完済した場合の利息

    業者名 金利  毎月の返済金額 最終支払利息合計
    ジェイスコア 12.0% 17,255円 3,529円
    プロミス 17.8% 17,553円 3,815円 ※

    10万円を借入して5ヶ月で完済した場合の利息

    業者名 金利  毎月の返済金額 最終支払利息合計
    ジェイスコア 12.0% 20,604円 3,020円
    プロミス 17.8% 20,899円 2,994円 ※

    10万円を借入して3ヶ月で完済した場合の利息

    業者名 金利  毎月の返済金額 最終支払利息合計
    ジェイスコア 12.0% 34,002円 2,007円
    プロミス 17.8% 34,338円 1,515円 ※

    ※30日の無利息適用後の利息


    短期間での完済が可能なら無利息サービスの方が利息は抑えられるが、、

    10万円を借入、5ヶ月で完済する場合には、金利が約6%低いジェイスコアよりも無利息サービス適用時のプロミスの方が最終的に支払う利息を少なく抑えることができますが、表を見てもらえれば分かるように、返済期間を短くする分、毎月の返済額は高額で2万円以上の返済が必要となります。


    また、毎月3万円以上の返済をした場合でも30日間の無利息サービスによりお得になる利息は約500円程度です、、。


    返済の負担を考えると、毎月の支出にかなり余裕がある、ボーナスによる一括返済を予定しているという人でない限り、無利息期間があるカードローンを利用することで得られるメリットは大きくないようにゼニエモンは感じます。


    借入する金額が大きくなればなるほど、金利が低いことで得られるメリットも大きくなるので、借入したい金額が10万円以下の少額で、半年以内の早期完済予定と言う人以外は、無利息期間の有無よりも金利の低さを重要視して借入先を選択することを推奨します。


    以下、毎月10,000円の返済を行った場合の完済までにかかる期間、最終支払利息を表にまとめたので、こちらも参考にしてみてください。


    10万円の借入に対して毎月10,000円の返済をした場合の利息

    業者名 金利  返済期間 最終支払利息合計
    ジェイスコア 12.0% 11回 5,898円
    プロミス 17.8% 11回 7,550円 ※

    20万円の借入に対して毎月10,000円の返済をした場合の利息

    業者名 金利  返済期間 最終支払利息合計
    ジェイスコア 12.0% 23回 24,270円
    プロミス 17.8% 24回 36,014円 ※

    30万円の借入に対して毎月10,000円の返済をした場合の利息

    業者名 金利  返済期間 最終支払利息合計
    ジェイスコア 12.0% 36回 58,462円
    プロミス 17.8% 41回 97,049円 ※

    ※30日の無利息適用後の利息
    無利息期間の有無と低金利の重要性


    金利の低いジェイスコアをさらに低金利で利用する方法

    ジェイスコアでは、AIスコア算出時に以下の情報連携を行うことで、元々の低い金利をさらに引き下げることが可能となっています。


    ジェイスコアの情報連携による金利引き下げサービス


    1社の連携ごとに0.1%、「みずほ銀行」「ソフトバンク」「ヤフージャパン」3社全てとの情報連携を行うことで最大0.3%ほど金利が引き下げられ、契約金利は0.8%〜11.7%となります。


    なお、ヤフージャパンとの情報連携で金利引き下げとなるのは、以下の条件のうちいずれかひとつを満たす場合のみとされています。

    • 情報連携に同意した日の前月末から過去1年以内に「ヤフーショッピング」の購買履歴がある
    • 情報連携に同意した日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある
    • 情報連携同意時点で「ヤフープレミアム会員」である

    最大でも0.3%と金利の引き下げ幅は大きくありませんが、これら情報連携は大幅なスコアアップも見込めます。


    AIスコアにより算出される融資条件はあくまで目安とはなりますが、より低金利で契約できる可能性が高くなるので、該当するものの利用がある場合には、積極的に情報連携は行うことをオススメします。


    注意:契約する適用金利決定の仕組みについて

    ジェイスコアは、従来のカードローンと違い、申込の前にメンバーシップへの登録、「AIスコアレンディング」による事前審査、自身のAIスコアを算出する必要があり、このスコアが600点を超えた人のみが本申込の手続きへと進むことが可能となっています。


    メンバーシップへの登録、AIスコア算出の流れについては以下ページで解説しているので、ここでは割愛しますが、AIスコアが600点を超えた場合、「メンバーシップ」ページに以下のような画面が表示されます。



    AIスコアレンディングにより算出されたスコア・金利・借入限度額について解説した図解


    ここで提示された融資条件、金利が適用されるものと考えてはいけません。


    ジェイスコアの公式HPには、AIスコアによる貸付利率・契約極度額について以下のように明記されています。


    AIスコアによる貸付利率・契約極度額


    2018年6月21日時点
    (※)お客さまのレンディング条件は、ログイン後の「メンバーシップ」ページにてご確認になれます。
    (※)AIスコアと貸付利率(年率)、契約極度額との対応関係は変動することがあります。
    (※)AIスコアは1,000点を上限に表示され、600点未満の場合、スコアレンディングをご利用できません。スコアアップにより、600点以上となった場合はご利用になれます。
    (※)貸付利率は、情報連携による金利引下げを適用した場合を含みます。
    (※)貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。


    引用元:https://www.jscore.co.jp/lending/about/より


    AIスコアによる融資条件と本申込後の融資条件は異なることを解説


    契約する借入限度額、適用金利については通常のカードローンと同じように実際に申込、審査を受けてみないことには分かりません。事前に提示された融資条件はあくまで目安として考えておく必要があります。


    とは言え、本申込の結果、AIスコアで提示された融資条件と同様の金利となる場合ももちろんありますし、審査通過となった際に適用される金利の上限は12.0%です。


    いずれにしてもジェイスコアは、他金融機関のカードローンに比べ、低金利で利用することができると言えます。


    ジェイスコアの金利についてのまとめ

    最後に申込前に抑えておきたいジェイスコアの金利の特徴、ポイントを簡単にまとめました。


    上限金利12.0%は業界トップクラスの超低金利である
    上限金利よりも低い金利で契約できる可能性が他社に比べて高い
    借り換えにも利用できるが総量規制には注意が必要
    無利息サービスはないがそれ以上に金利が低いことのメリットが大きい
    情報連携による金利引き下げがある
    AIスコアレンディングにより提示される融資条件はあくまで目安となる

    一般的に低金利なカードローンでは、「申込条件に年収や勤続年数による制限が設けられる」「審査に時間が長くかかり融資までに数日要してしまう」「契約には来店手続きが必要」などといったマイナスな面があることが多いのですが、ジェイスコアについてはそのようなデメリットがありません。

    ジェイスコアは超低金利なだけでなく、「アルバイトやパート、学生でも申込OK」「申込から契約までWEBで完結」さらには「最短即日で融資可能」とメチャクチャハイスペックなので、低金利にこだわる人はもちろん、融資実行までのスピードも重要視しているという人にも利用を推奨することができます!

    短期間・少額融資を希望している人、高額融資・中長期的な利用を検討している人、どちらのニーズにも応えることができるので、借入先に悩んでいるという人は迷わずジェイスコアに申込するべきだとゼニエモンは考えています。



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ