J.Score(ジェイスコア)の金利について徹底解説したページの見出し画像

ジェイスコアは業界屈指の低金利!他社と比較しながらそのスゴさを解説していきます!

更新日:
ジェイスコアは、AIが融資金額と金利を決める新しい個人向けローンとして、非常に高い人気を誇っています。

このページに興味を持ってアクセスした方もすでにご存知のように、ジェイスコアが人気の理由は「圧倒的な低金利」です。


基本的にカードローンやキャッシングは、消費者金融が18.0%、銀行カードローンが15%程度が金利の相場でした。


その一方でジェイスコアは、消費者金融でありながら上限金利が年15.0%という好条件となっており、金利を大きく抑えることが可能です。


ゼニエモンも長いことこのサイトを運営してきましたが、上限金利に年15.0%を設定している消費者金融はほぼありません。


その条件が一体どれくらいすごいのか、他社と比較しながらジェイスコアの魅力について解説していきます!





    ジェイスコアの最大金利は業界トップクラスの好条件!


    ジェイスコアの上限金利設定は業界トップクラスの低水準


    ジェイスコアの金利は年0.8%〜15.0%と設定されており、これは業界トップクラスに低い水準だと言えます。


    お得なカードローンを利用したいと考えた時に、まず候補として挙げられることが多いのが「銀行カードローン」ですが、ジェイスコアの金利は銀行カードローンの平均的な水準と同程度に低いです。


    以下で、大手消費者金融と銀行カードローンの金利を表にまとめて、比較していきます。


    主要カードローンの金利表

    業者・銀行・カードローン名 下限金利(実質年率) 上限金利(実質年率)
    J.Score(ジェイスコア) 0.8%(※1) 15.0%
    三井住友銀行 カードローン 4.0% 14.5%

    三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

    1.8% 14.6%
    三菱UFJ銀行カードローン バンクイック(※2) 2.0% 14.0%

    新生銀行 スマートカードローンプラス

    4.5% 14.8%
    楽天銀行スーパーローン 1.9% 14.5%

    住信SBIネット銀行カードローン

    1.59% 14.79%
    ソニー銀行カードローン 2.5% 13.8%
    プロミス 4.5% 17.8%
    アコム 3.0% 18.0%
    アイフル 3.0% 18.0%
    レイクALSA 4.5% 18.0%
    SMBCモビット 3.0% 18.0%

    (※1)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用
    (※2)住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。


    金利の比較は上限金利で行う

    下限金利については各業者で大きなバラつきがあり、中には1%を切るカードローンもありますが、カードローンの初回利用時に下限金利が適用されることはまず有り得ません。


    ほとんどの人が上限金利、もしくはそれに近い金利が適用されるので、下限金利を比較してもあまり意味がないと言えます。


    お得にお金を借りたいと考えている人は、提示されている金利の高い方である上限金利を必ず比較するようにしてください。


    ジェイスコアは、銀行カードローンの平均的な水準より年3%も低い金利で契約可能

    ジェイスコアの上限金利と他カードローン上限金利の設定の差


    上の表を見ると、ほとんどの銀行カードローンの上限金利が14%〜15%、大手消費者金融ではプロミスを除く4業者全てが18%とされていることがわかります。


    ジェイスコアの審査を通過、契約となった際にはどう転んでも、上限金利の年15%以上の金利が適用されることはないので、大手消費者金融と比較して年3%も低い金利での契約となります。

    J.Score(ジェイスコア)は低金利で契約できる可能性が高い!

    ジェイスコアは従来のカードローンと違い、「AIスコア」の点数が600点を超えた人のみ本申込の手続きへと進むことが可能です。


    AIスコアとは申し込み者の信用力と可能性をスコア化した点数のことで、融資条件はAIスコアに応じて変動します。


    例えばAIスコアが600点を超えた場合、以下のような画面が表示されます。


    AIスコアレンディングにより算出されたスコア・金利・借入限度額@


    貸付金利や限度額はAIスコアの点数を参考に決められているので、AIスコアで高得点を取るほど、良い条件の貸付利率や契約極度額が提示されます。


    なるべく低い金利で契約したい場合、AIスコアで高得点を取ることが重要と言えるでしょう。


    以下のページでは、AIスコアの仕組みや算出の流れについて詳しく説明しているので、ぜひチェックしてください。


    AIスコアで800点以上の高得点を出して金利を下げるコツ

    可能な限りの情報を入力する

    AIスコアの算出には、ジェイスコアから投げられる様々な質問への回答が必要です。


    例えば「車を世帯で何台持っているか」「相手のミスはいつまでも気になるか」など様々な質問が全部で100以上用意されています。


    できるだけ多くの質問に答えることでスコアアップを狙えるので、可能であれば全てに答えるのがおすすめです。


    場合によっては、これだけでAIスコアが20程度上がる事もあります。


    アプリの「ハビットチェンジ」を利用する

    「ハビットチェンジ」は、アプリ版ジェイスコアにのみ用意されているサービスで、日々の生活習慣を記録することでスコアアップが狙えるサービスです。


    「ハビットチェンジ」は運動習慣や睡眠習慣、学習習慣などを記録することができ、継続して記録することが重要になっています。


    「ハビットチェンジ」については、以下のページに詳しくまとめてあるので、ぜひそちらをチェックしてください。


    AIスコアの質問に対して嘘の情報を入力すると…

    例えば年収や企業規模などに関して嘘の情報を入力すると、AIスコアは高くなる可能性があります。


    しかし嘘の情報を入力しても、申込みをした後の審査の際に必ず在職している企業や収入の証明をする必要があるので、嘘がばれてしまいます。


    質問に対して嘘をついていたことがバレれば、審査落ちになる可能性もあるので、スコアに影響しやすい年収などの情報は正確に答えるようにしましょう。


    ジェイスコアは総量規制の対象!借り換え・おまとめには不向き

    ジェイスコアはカードの発行こそないものの、プロミスやアコムなどと同様の消費者金融です。


    融資は貸金業法に則って行われるので総量規制の対象となり、年収の1/3を超える貸付はできないようになっています。


    例えば年収が300万円の人の場合、融資を受けられる上限金額は最大でも100万円となるので、すでに70万円の借入があるとジェイスコアで借入できるのは最大30万円です。


    通常の融資ではなく現在借り入れしている借金をまとめたいという方は、ジェイスコアではなく他社の「おまとめ・借り換え」専用ローンの利用を検討してみてください。


    以下ページで、おまとめや借り換えに利用できるローンの特集をしているので、参考にして頂ければ幸いです。

    J.Score(ジェイスコア)の借り入れ条件は審査後に変わる可能性もあるので注意

    AIスコアは、金利と限度額を確認できる便利なシステムですが、ここで提示された融資条件がそのまま適用されるものと考えてはいけません。

    AIスコアレンディングにより算出されたスコア・金利・借入限度額について解説した図解


    ジェイスコアの公式HPには、AIスコアによる貸付利率・契約極度額について以下のように明記されています。


    AIスコアによる貸付利率・契約極度額

    2018年6月21日時点
    (※)お客さまのレンディング条件は、ログイン後の「メンバーシップ」ページにてご確認になれます。
    (※)AIスコアと貸付利率(年率)、契約極度額との対応関係は変動することがあります。
    (※)AIスコアは1,000点を上限に表示され、600点未満の場合、スコア・レンディングをご利用できません。スコアアップにより、600点以上となった場合はご利用になれます。
    (※)貸付利率は、情報連携による金利引下げを適用した場合を含みます。
    (※)貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。


    引用元:https://www.jscore.co.jp/lending/about/より


    AIスコアによる融資条件と本申込後の融資条件は異なることを解説


    契約する借入限度額や適用金利については、通常のカードローンと同じように実際に申し込み、審査を受けてみないことには分かりません。


    事前に提示された融資条件は、あくまで目安として考えておくのが良いでしょう。


    とは言え申し込みの結果、AIスコアで提示された融資条件と同様の金利となる場合もありますし、それ以上に条件が良くなる可能性もあります。


    いずれにしてもジェイスコアは、他金融機関のカードローンと比較して良い条件で利用できるカードローンと言えます。

    J.Score(ジェイスコア)の毎月の利息を計算!他社と比較してどれくらいお得?

    この項目では、金利によって毎月支払う利息にどのくらい差が出るのか、具体的に解説していきます。


    金利が低いということはキャッシングで発生する利息を少なく抑えられるので、基本的には「金利が低い=お得」という考え方で全く問題ありません。


    比較する利息は上限金利で算出し、銀行カードローンの中でも人気の「三菱UFJ銀行カードローン バンクイック」と、大手消費者金融の中では最も金利が低い「プロミス」、そしてジェイスコアの利息を表にまとめました。


    上限金利で契約した場合の1ヶ月あたりの発生利息例

    借入する金額 ジェイスコア
    金利:年15.0%
    三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
    金利:年14.6%
    プロミス
    金利:年17.8%
    10万円 1,232円 1,200円 1,463円
    20万円 2,465円 2,400円 2,926円
    30万円 3,698円 3,600円 4,389円
    40万円 4,931円 4,800円 5,852円
    50万円 6,164円 6,000円 7,315円
    60万円 7,397円 7,200円 8,778円
    70万円 8,630円 8,400円 10,241円
    80万円 9,863円 9,600円 11,704円
    90万円 11,095円 10,800円 13,167円
    100万円 12,328円 12,000円 14,630円

    ※1ヶ月は30日で計算
    ※小数点以下切り捨てで計算しているので若干の差あり


    10万円借入したときの利息をジェイスコアと比較した場合

    • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック:バンクイックの方が約30円お得
    • プロミス:ジェイスコアの方が約230円お得

    50万円借入したときの利息をジェイスコアと比較した場合

    • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック:バンクイックの方が約160円お得
    • プロミス:ジェイスコアの方が約1,150円お得

    100万円借入したときの利息をジェイスコアと比較した場合

    • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック:バンクイックの方が約320円お得
    • プロミス:ジェイスコアの方が約2,300円お得

    契約する金利が発生する利息に与える影響について解説した図解


    借入したい金額が10万円ほどになると、1ヶ月あたりの利息は大手消費者金融と比較して、2,300円以上の差が生じることになります。


    最終的に支払う利息の合計は返済額や返済期間によっても異なりますが、金利が低ければ利息の負担は確実に小さくなるので、高額融資を希望している人や低金利のカードローンに乗り換えたい人は、ジェイスコアの利用がおすすめです。

    J.Score(ジェイスコア)に無利息サービスはないの?


    以前は、最大2ヶ月分の利息がキャッシュバックされ実質利息ゼロになるサービスがありましたが、現在は残念ながら無利息サービスはありません。

    その為、場合によっては高金利だが無利息サービスのあるプロミスやアコムといった大手消費者金融を利用した方がお得になる場合があります。

    そこで、初回借入日から30日間の無利息サービスがあるプロミスとジェイスコアの金利を比較し、各借入額でどちらが支払う利息を少なく抑えられるか検証してみました。

    10万円を借入して3ヶ月で完済した場合の利息

    業者名 金利  毎月の返済金額 最終支払利息合計
    ジェイスコア 年15.0% 34,566円 3,698円
    プロミス 年17.8% 34,327円 2,926円 ※

    10万円を借入して5ヶ月で完済した場合の利息

    業者名 金利  毎月の返済金額 最終支払利息合計
    ジェイスコア 年15.0% 21,232円 6,164円
    プロミス 年17.8% 20,898円 5,852円 ※

    10万円を借入して6ヶ月で完済した場合の利息

    業者名 金利  毎月の返済金額 最終支払利息合計
    ジェイスコア 年15.0% 17,899円 7,397円
    プロミス 年17.8% 17,542円 7,315円 ※

    ※30日の無利息適用後の利息


    短期間での完済なら無利息サービスの方が利息は抑えられるが、、

    10万円を借入して6ヶ月で完済する場合、低金利なジェイスコアよりもプロミスの方が最終的に支払う利息を少なく抑えることが可能です。


    その一方で表を見れば分かるように、返済期間を短くする分、毎月の返済額は高額で2万円以上の返済が必要となります。


    また毎月3万円以上の返済をした場合でも、30日間の無利息サービスにでお得になる利息は約1,000円程度です。


    返済の負担を考えると、毎月の支出にかなり余裕がある人や、ボーナスによる一括返済を予定している人でない限り、無利息期間によるメリットは大きくないようにゼニエモンは感じます。


    借入する金額が大きくなるほど、金利が低いことで得られるメリットも大きくなるので、借入したい金額が20万円以下で半年以内に完済予定の人以外は、無利息期間よりも金利の低さを重視するのがおすすめです。


    以下では、毎月1万円の返済を行った場合の完済までにかかる期間と、最終支払利息を表にまとめたので、こちらも参考にしてみてください。


    10万円の借入に対して毎月1万円の返済をした場合の利息を比較

    業者名 金利  返済期間 最終支払利息合計
    ジェイスコア 年15.0% 11回 7,497円
    プロミス 年17.8% 11回 7,550円 ※

    20万円の借入に対して毎月1万円の返済をした場合の利息を比較

    業者名 金利  返済期間 最終支払利息合計
    ジェイスコア 年15.0% 24回 31,576円
    プロミス 年17.8% 24回 36,014円 ※

    30万円の借入に対して毎月1万円の返済をした場合の利息を比較

    業者名 金利  返済期間 最終支払利息合計
    ジェイスコア 年15.0% 38回 78,331円
    プロミス 年17.8% 41回 97,049円 ※

    ※30日の無利息適用後の利息
    無利息期間の有無と低金利の重要性


    今なら60日間利息キャッシュバック!

    現在、J.Score(ジェイスコア)では、AIスコア・レンディングに初めての契約と借り入れをすることで、最大51,000円相当を手に入れることが可能です。


    契約日から60日以内に借り入れをすると、契約日の翌日から60日の間に発生した利息が、最大5万円までキャッシュバックされます。
    これは、実質無利息期間が2ヵ月あるといえるでしょう。


    また、契約の際には、PayPayボーナス1,000円相当を手に入れることができます。



    プレゼントを受けるには、6月30日までに契約をする必要があります。キャッシュバックを受けて、お得に利用をしたい方は、早めに申し込みを行うようにしましょう。


    J.Score(ジェイスコア)の返済はどんな方法がある?

    ジェイスコアの返済方法には、3つの種類があります。


    1.口座振替

    口座振替では、毎月26日に返済額が引き落としされます。


    口座振替は、口座にお金さえあれば支払い忘れの心配がない点がメリットです。


    ただし、金融機関によって引き落としの時間が異なるため、前日までに口座へお金を用意しておく必要がある点に注意が必要しましょう。


    2.Pay-easy(ペイジー)

    Pay-easyとは、各種支払いをパソコン・スマホなどから支払えるサービスのことを指します。


    Pay-easyの魅力は、24時間いつでも支払いが可能なので銀行が閉まった後も安心して支払ができる点です。


    また、金融機関の窓口やコンビニへ行く手間が省けるので、スキマ時間に支払える点もメリットでしょう。


    注意したいのは、インターネットバンキングに対応していない銀行口座を利用している人は使えない点です。


    さらに、システムメンテナンスの際は利用できなくなるので、あらかじめ確認しておくのが重要と言えます。


    3.銀行振込

    銀行振込は最も不要な手続きがなく、分かりやすい返済方法です。


    自身の銀行口座から好きなタイミングで支払いができるので、非常に自由度が高く利用しやすいと言えます。


    その一方で、振込手数料の高さが銀行振込のデメリットです。


    例えば、みずほ銀行ではインターネットバンキングを利用した、他行宛ての振込手数料は220円(3万円以上で440円)となっています。


    つまり、220円×12ヶ月=1年で2,640円の余剰な支払いが発生することになり、非常にもったいない出費です。


    数回の支払いで返済が終わる人以外は、できるだけ利用しない方が良い返済方法と言えるでしょう。


    J.Score(ジェイスコア)の返済日はいつ?

    ジェイスコアでは、口座振替以外の返済方法を選ぶと自由に返済日を選ぶことができます。


    返済は返済日の2週間前から可能となっており、好きなタイミングで支払えるのが大きな魅力と言えるでしょう。


    また、返済日が近くなるとジェイスコアからメールが届くので、返済を忘れにくいのもポイントです。


    J.Score(ジェイスコア)で繰り上げ返済するときはどうすればいい?

    ジェイスコアで繰り上げ返済や一括返済をする際は、ペイジーまたは口座振込で可能です。


    事前の手続きや申し込みなしで可能なので、追加収入が入ったときにすぐ支払いできるのが嬉しいポイントです。


    ただし、銀行振込での繰り上げ返済・一括返済には対応していないので、注意しましょう。

    J.Score(ジェイスコア)をお得な条件で利用する方法

    ジェイスコアでは、AIスコア算出時に以下の情報連携を行うことで、金利をさらに引き下げることが可能となっています。


    ジェイスコアの情報連携による金利引き下げサービス


    情報連携先に「ワイモバイル」が新たに加わりました!

    • みずほ銀行
    • ソフトバンク
    • ヤフージャパン
    • 新着記事 ワイモバイル

    2018年8月9日より新たに「ワイモバイル」との情報連携が開始されました。


    ワイモバイル携帯をウィルコム沖縄と契約している場合、ウィルコム沖縄からジェイスコアへの携帯電話の利用状況の情報提供に同意することとなります。

    1つ情報連携をするごとに金利が年0.1%引き下げられるので、3つすべての情報連携を行った場合、最大年0.3%程金利が引き下げられることになります。



    なお、ヤフージャパンとの情報連携で金利引き下げとなるのは、以下の条件のうちいずれかを満たす場合のみです。

    • 情報連携に同意した日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある
    • 情報連携に同意した日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある
    • 情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム会員」である

    最大でも年0.3%と金利の引き下げ幅はあまり大きくありませんが、情報連携をすることでスコアアップも期待できます。


    より良い条件で契約できる可能性が高くなるので、サービスのいずれかを利用している場合、積極的に情報連携を行うことをオススメします。


    ジェイスコアの金利についてのまとめ

    最後に申込前に抑えておきたいジェイスコアの金利の特徴、ポイントを簡単にまとめました。


    上限金利年15.0%は、業界トップクラスの好条件
    上限金利よりも低い金利で契約できる可能性が他社と比較して高い
    無利息サービスはないが、それ以上に低金利のメリットが大きい
    情報連携による金利引き下げがある
    AIスコア・レンディングにより提示される融資条件はあくまで目安

    一般的に条件が良いカードローンは、「申込条件に年収や勤続年数による制限が設けられる」「審査に時間が長くかかり融資までに数日要する」といったマイナスな面があることが多いのですが、ジェイスコアについてはそのようなデメリットがありません。

    ジェイスコアは「申込から契約までWEBで完結」さらに「最短即日で融資可能」と非常にハイスペックなので、低金利にこだわる人はもちろん、融資実行までのスピードも重視している人にもおすすめできます!

    少額融資を受けて短期間で返済するつもりの人、高額融資を受けて中長期的に返済するつもりの人、どちらのニーズにも応えることができるので、借入先に悩んでいるという人は迷わずジェイスコアに申込するべきだとゼニエモンは考えています。



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ