超絶便利!スマホ1台でキャッシング出来るプロミスアプリローンを利用してみました

プロミスのスマホ1台で出金出来る「アプリローン」についてを徹底解説

掲載日:
2017年の10月より、プロミスで新しい融資方法及び、返済方法のサービスがリリースされました。

その名もプロミス「アプリローン」です。簡単に言うと、プロミスのアプリを利用し、ATMから借入(返済)するといったものです。
ゼニエモンもそうでしたが、カードを持たずにATMを利用!?何それ?という感じでしたが、利用してみると手順は何一つ難しい事はなく、簡単に融資を受けることが出来ました。


このページでは、使わないと損レベルの便利なプロミスの「アプリローン」についてを詳しく解説していきます。



    利用は誰でも出来るの?融資前に準備しておきたいこと

    これは、プロミスの契約がある人は誰でも利用出来るようになっています。
    わざわざ、「プロミスのアプリローンが利用したいんだけど・・」とわざわざコールセンターに伝える必要もありません。


    スマホアプリで、「プロミス」のアプリをダウンロードするだけでOKです。


    プロミスのアプリのアイコンとダウンロードするまでのイメージ画像


    ダウンロードを行った後は、アプリでプロミスの会員画面にログインを行います。
    先にログインしておいて、カード番号を保存にチェックを入れておくと次回ログイン時からは、暗証番号の入力だけになるので、ログインが簡単に行えるようになります。


    プロミスのアプリの画面とカードを横に並べログイン方法を解説している図


    これでログインが簡単に出来るようになったので、準備としてはこれで完了となります。


    セブン銀行のATMから出金までの流れ

    準備が出来た段階で、次に、ATMから実際に出金までの流れを見ていきたいと思います。


    全体的な流れは以下となります。


    • セブン銀行ATM画面「スマートフォン出金・入金」を押す
    • QRコードが表示され、スマホのアプリを起動する
    • QRコードを読み込むと「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が表示される
    • 企業番号を入力する
    • 暗証番号を入力する
    • 金額を入力する
    • 明細書を受け取る
    • 現金を受け取る

    これが全体的な流れです。これを順に解説していきます。


    セブン銀行ATM画面「スマートフォン出金・入金」を押す

    まず、最初はセブン銀行のATMの操作画面の右下の「スマートフォン出金・入金」を押します。
    この際に既にアプリを起動していても全く問題ないので、どちらが先でもOKです。


    スマートフォン出金・入金を操作しているイメージ


    これを押すと、ATMにQRコードが表示されます。


    セブン銀行のQRコードが表示された状態の画面を写真にとったもの


    この状態になったら次はアプリを起動させます。


    プロミスのアプリを起動させる

    QRコードが表示されたら次はプロミスのアプリの起動を行います。


    プロミスのスマホへログイン後に「アプリでキャッシング・ご返済スマホATM取引」というボタンが表示された図解


    ログイン後にパッと下の方に緑色(エメラルドグリーン)のボタンが表示されるので、その部分を押します。
    ボタンには、「アプリでキャッシング・ご返済スマホATM取引」と記載されています。


    ここを押すと、次に、今回の取引は融資なのか返済なのかという事を選択する画面になります。迷う人はいないと思いますが、念のため、以下の図を記載しておきます。


    プロミスのアプリ操作手順でSTEP2の融資か返済かを選択する操作画面


    融資か返済か選ぶ時点でピンときた人もいると思いますが、アプリローンは融資でも返済でもどちらでも全く同じ操作で行えます。


    こちらで、入金か出金かを選択したら、カメラが起動します。


    プロミスのアプリ操作手順でSTEP3のATMのQRコードを移すためのカメラが起動するシーン


    上半分がカメラとなるので、これを先ほどATMに表示されたQRコードをカメラフレームの中に入れると自動的に読み取りが行われます。


    読み取り後は、2つの4桁の番号が表示されます。1つは、企業番号、もう一つは、その取引専用のワンタイム暗証番号です。


    プロミスのアプリで企業番号とワンタイム暗証番号を入手するシーン


    アプリでの操作で最終的な目的はこの2つの番号を入手することなので、この画面が出れば次はATMの操作に戻ります。


    ATMに上記の2つの番号を入力し出金する

    QRコード画面の右下を押すと、次に、先ほど入手した上記の企業番号の入力と、ワンタイム暗証番号を入力する流れになります。


    ここは迷う人はいないと思うので、割愛しますが、暗証番号入力時に、「ワンタイム暗証番号」の入力でなく、ただ単に暗証番号を入力してくださいと表示されるので、間違えて通常のカードキャッシング時の暗証番号を入力しないように注意しましょう。


    プロミスのアプリローンの元気を受け取るまでの3ステップの実際に撮影した写真


    これで、全て完了です。現金と明細書を受け取れば即座にメールが届きます。


    プロミスから融資後にATMから発行される明細書と利用お知らせメールが同時刻に送られてくる事を証明する実際の画像


    返済方法について

    返済方法は、上記の融資を受ける方法と全く同じです。プロミスのアプリを起動する際に、入金の方を選択します。


    プロミスからアプリローンの返済をする場合に選択する項目


    そこからの流れは、全く同じで、ワンタイム暗証番号を発行し、ATMへ入力すれば後は入金を行う事で全て完了です。


    2,018年の1月4日まで手数料無料のキャンペーン中

    アプリローンの利用キャンペーンで、2,018年の1月4日まで入出金が無料で利用することができます。


    現状、カードを利用中の人でも、今後はアプリローンへの切り替えがおすすめです。


    アプリローンについてのまとめ

    ざっくりと利用の手順を説明してきましたが、このアプリローンは、急いで融資を受けたい!!という人にとっては、カードローン全商品の中で最もプロミスが即日融資に対応していると言えます。他のカードローン業者も、プロミスが、初めての契約者には30日間の無利息期間を設けた時と、同様に、同じようなサービスをアコム、アイフルでも行われる事はほぼ確実であると言えますが、現状は、このATMからスマホ1台だけで、すぐにキャッシングを行えるのは、プロミスと、モビットしかありません。


    モビットの場合は、プロミスよりも審査時間が長め(+1時間目安)なので、急いでいる人は、プロミスが最も即日融資を希望する人にとっては確実です。さらにカードレスの契約もできるので物理的にカードを持ち歩く必要がないので、手軽に融資を受ける事が出来ます。


    また、現在利用中の人もカードを持ち歩く必要がなくなり、常備しているスマートフォンだけで融資を受けれるので、今後は、アプリローンの利用への切り替えがおすすめです。


    アプリローンのちょっとした疑問


    スマホの充電がないけど利用できる?

    スマホの充電がないという人は、利用することは出来ません。電源が入っている事が利用するうえでの前提となります。


    通信制限が掛かっているスマホでも大丈夫?

    実際に通信制限の掛かっているスマートフォンで調査しましたが、多少読み込みが遅い事がストレスを感じる人もいますが、QRコードを読み取ってから、20秒程度でワンタイムパスワードの取得が出来たので、通信制限が掛かっていても利用は可能です。


    アプリローンは、利便性の面と、急いでいる人に向けた即日融資の面でこれまでの常識を覆すほどの機能であるため、プロミスのメリットをまとめると

    • 審査時間が早く最短1時間で契約出来る
    • 土日祝日でも関係なく契約可能
    • 30日無利息期間が利用できるため、無金利で融資を受けれる

    という部分で、大手消費者金融の中でNo.1のスペックがより更に、ハイスペックになりました。


    現在、銀行カードローンの即日融資停止や審査厳格化、総量規制の自主規制など、利用することに対して障壁が高くなった背景もあり、カードローンならプロミスが断トツでハイスペックとなりました。



    30万円以下の融資であれば銀行カードローンとの金利差も限度額まで利用しても月に数百円しか差がないため、正直、銀行カードローンよりもプロミスの方が優っている部分が多くなっています。


    24時間いつでも、申し込み可能で、契約後はいつでも24時間365日融資を受ける事が出来るので急いでいる人はプロミスが最もおすすめです。




    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ