京都銀行カードローンダイレクト

掲載日:


このカードローンに向いている人

  • 京都銀行の口座をメインバンクとして利用している人
  • 借入を急いでいない人
  • とにかく低金利で借入したい人
  • 50万円以上の借入を考えている人
  • 勤続年数の長い会社員の人

このカードローンに向かない人

  • 急いでお金を借りたい人
  • すでに他社から借入をしている人
  • 5万円〜10万円の少額融資を希望している人
  • WEB上で全ての手続きを完結させたい人
  • 勤続年数が短い人
  • パート・アルバイトの人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
1.9%〜14.5% 10〜1,000万円 2日〜3営業日 無し 必須 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
14.0% 満20歳以上満70歳以下 SMBCコンシューマーファイナンス 不要※


京都銀行カードローンダイレクトってどんなカードローン?

京都銀行カードローンダイレクトは、アルバイト・パートの方でも申し込みができ、申込もWeb完結、口座開設もスマートフォンアプリから簡単にできるので銀行に足を運ぶことなく契約が可能です。


しかし、利用するには京都銀行の営業エリア内に住んでいることが必須条件となるので、京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県・愛知県・東京都に住んでいない方にはおすすめできません。


京銀カードローンダイレクトは、消費者金融のカードローンと比べて金利が低くなっているので、京都銀行営業エリア内に住んでいる人には、ぜひチェックしてもらいたいカードローンです。


京都銀行営業エリア外に住んでいる人、とにかく急いでお金を借りたいという人は、次の【業者検索】を利用してみてください。


自身が求める条件に合ったカードローンをかんたんに検索することができます。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

・申込の条件は?
・審査は厳しい?
・金利はどのくらい?
・借入方法は?
・毎月の返済額は?

カードローンを選ぶ際に発生する様々な疑問を、電話にて問い合わせ、徹底調査しました。

京都銀行公式HP以上に濃い情報をお届けしますので、京銀カードローンダイレクトの利用を検討している人はぜひ参考にしてみてください。


    京都銀行よりも審査の期待値が高い業者

    京都銀行のカードローンを検討する前に、知っておいてほしい代替えの借入先を紹介しておきます。


    それは、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。


    大手銀行系カードローンは、審査に落ちやすいイメージを持っている人も多いですが、むしろこちらの方が融資してもらえる可能性が高くなっています


    というのも、中小の消費者金融や地銀は審査に落ちたけど、バンクイックは審査に通ったという事例が多くあるのです。


    また、バンクイックはテレビ窓口を利用すれば郵送物を無くせるので家族に内緒で借入しやすいことに加え、上限金利が1.6%と京都銀行並みに低く設定されています。


    さらに全国どこに住んでいても申し込みできるので、利用しやすい点も魅力と言えるでしょう。


    どこに住んでいても利用できるカードローンを探している人や、家族に秘密で借入をしたい人は、バンクイックへ申し込んでみるのも1つの方法ですよ。


    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」


    三菱UFJ銀行カードローン画像

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    1.8%〜14.6% 10万円〜500万円 最短翌営業日 なし 不要 あり
    遅延損害金 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    - 20〜65歳未満 アコム ネット上のみで完了

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は金利が低いだけでなく、利便性も高いのが特徴的です。


    申込みはスマホから簡単にすることができ、取引も全国にある提携ATMが設置してあるコンビニであればいつでも取引できます。


    また、三菱UFJ銀行の口座を持っていなくてもカードローンを利用できる点も、バンクイックならではのメリットと言えるでしょう。

    京都銀行カードローンダイレクトへの申し込み条件

    京都銀行カードローンダイレクトの申込資格は次のようになります。

    • 申込時の年齢が満20歳以上満70歳以下の人
    • 京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県、愛知県に住んでいる方
    • 安定かつ継続した収入のある人
    • 現在、京都銀行で他のカードローンを利用していない人

    属性

    京都銀行カードローンWに申込できる人


    パート・アルバイトの方でも申し込み可能!

    申込条件には『安定かつ継続した』収入がある人と記載されているので、正社員でなくともパートやアルバイトで収入がある場合は申込することが可能です。


    しかし、自身に収入がない専業主婦や、アルバイトをしている学生は申込ができないので注意してください。


    また、パート・アルバイト、派遣・契約社員、個人事業主の方は、借入限度額は100万円までとなります。


    申込ができるのは京都銀行営業地域に住んでいる方に限られる

    京都銀行カードダイレクトに申し込みができるのは、京都銀行の営業地域である「京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県、愛知県に住んでいる方」に限られます。


    インターネットから24時間どこからでも申込ができるので、全国対応しているかのように思われますが制限があります。


    京都銀行の営業地域以外に住んでいる方は他カードローンの利用を検討しましょう。


    キャッシュカードにローン機能を付帯して利用

    京都銀行カードローンダイレクトは、キャッシュカードにローン機能を付帯して利用できます。


    そのため、契約までに京都銀行の口座開設が必要になりますが、契約完了後はローン専用カードの到着を待たずに利用することが可能です。


    また、クレジットカード機能付きキャッシュカード「京都カードネオ」にローン機能を付帯すると1枚3役で便利に利用できます。


    契約時に用意しておくべき書類

    京都銀行カードローンダイレクトの契約で提出する書類は次の2つです。

    • 本人確認書類
    • 前年の収入証明書

    本人確認書類について


    本人確認書類について


    本人確認書類の提出は1点のみで、運転免許証を提出すれば大丈夫です。


    運転免許証を持っていない場合は、パスポートなども利用できます。


    Webで申込をする場合は本人確認書類の写真を撮ってWEB上にアップロードするだけで簡単に提出が可能です。


    収入証明書のについて

    前年の収入証明書の提出は、借入希望金額が50万円以上の場合に提出が必要になります。


    収入証明書類について


    収入証明証は以下のものが利用できます。

    • 源泉徴収票
    • 公的収入証明書
    • 確定申告書
    • 納税証明書

    収入証明書として確定申告書を提出する場合は、税務署印のある直近1期分のものを提出してください。


    京都銀行カードローンダイレクトの契約で提出する書類は、基本的に本人確認書類、前年の収入証明書の2点ですが、場合によっては京都銀行で指定する書類の提出が必要になる事がありますので説明を聞いて提出するようにしましょう。

    京都銀行カードローンダイレクトの申し込み方法について

    京都銀行カードローンダイレクトの申し込みから借入れまでの流れは次の通りです。


    京都銀行カードローンダイレクトの申込フロー

    • 仮申し込み
    • 仮審査結果連絡
    • 正式審査&必要書類アップロード
    • 契約手続き

    仮審査申し込み

    京都銀行カードローンダイレクトの審査は「仮審査」と「正式審査」の2つがあります。


    仮審査は次の2つの申し込み方法があります。


    • インターネット
    • 電話

    インターネットでの申し込みは、パソコン・スマートフォンから24時間365日申込が可能なので、時間を作って店舗に足を運ぶ必要もありません。


    電話で申し込みをする場合は、受付時間が平日の9:00〜20:00までとなりますので注意してください。


    カードローン専用ダイヤル:0120-976-889


    また、申込の時点では京都銀行の口座開設は必要ありませんが、契約までに普通預金口座を開設する必要がありますので、京都銀行カードローンダイレクトの申し込みと同時に口座開設の申込をすると契約をスムーズに進めることができます。


    在籍確認

    在籍確認は仮審査の申し込み後に行われ、申込書類に記入した勤務先、または自宅へ申込者本人が本当に在籍しているの確認するために、会社へ電話連絡が行われます。


    仮審査結果連絡

    在籍確認が完了すると、仮審査結果の連絡が電話、メール、郵送のいずれかの方法で届きます。


    仮審査に通過したら、次は正式審査に進みます。


    正式審査&必要書類アップロード

    正規審査へ進む前に、本人確認書類の提出が必要になります。


    本人確認書類は、仮審査結果連絡と同時に本人確認書類提出の案内が届きますので指示に従って提出するようにしましょう。


    正式審査に通過したら、インターネットでの契約手続きを案内するメールが届きます。


    契約手続き

    案内メールに従って、手続きを進めていきます。


    この時点で、京都銀行の普通預金口座を持っていない人は口座開設が必要ですので早めに解説するようにしましょう。


    京都銀行カードローンの口座開設は、店舗に足を運ばずにスマートフォンアプリ「京銀アプリ」で簡単に申込することが可能です。


    京銀アプリについて


    口座開設の申込方法は、運転免許証の画像アップロード、申込情報の入力で口座開設が完了し、約2週間後にキャッシュカードが郵送されます。


    口座開設後、契約手続きが完了したら、キャッシュカードで京都銀行ATMおよび提携ATMからいつでも借入が可能です。


    京都銀行カードローンダイレクトで即日融資は受けられるの?

    京都銀行カードローンダイレクトは、ローンカード到着前の振込融資に対応していませんし、即日融資にも対応していないので、急いでお金を借りたい人にはおすすめできません。


    また、審査は平日のみ行っているので申込時間が営業時間外であったり、土日祝日であったりすると融資を受けるまでにさらに時間がかかってしまいます。


    そのため、最短即日で融資を受けたいのであれば大手消費者金融の利用を検討してみましょう。


    以下では、土日・祝日問わず即日審査回答が可能で、自動契約機で夜間の即日カード発行ができる、申込から融資までのスピードに特化したカードローンを紹介しますので、急いでお金を借りたい人はぜひ参考にしてみてください。


    即日発行が可能な大手消費者金融カードローン一覧

    業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
    プロミス 9:00~21:00(一部店舗では営業時間が異なる)
    アコム 8:00~22:00(年中無休、一部店舗異なる。また年末年始を除く)
    アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)

    自動契約機を利用することで、土日や夕方以降の申込でもその日のうちにローンカードを発行することできます。


    ただし、自動契約機の利用可能時間を過ぎてしまうと即日でローン専用カードを発行することはできませんので、なるべく時間に余裕をもって申込をするようにしましょう。


    京都銀行カードローンダイレクトの在籍確認について

    カードローンを利用するには、どのカードローンでも在籍確認が必要とされ、申込者本人が申込時に記入した勤務先に在籍していることを確認するために電話連絡が行われます。


    在籍確認を行うのは、保証会社で京都銀行の保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。


    在籍確認の電話連絡は以下のように行われます。


    在籍確認の電話連絡について


    在籍確認の電話連絡で、職場の人にカードローンを利用していることがばれてしまうのではないかと不安に思われる方が多いですが、京都銀行の担当者の個人名で電話が掛けられますし、銀行名やカードローンについては伝えられないので職場にばれる心配はありません。


    在籍確認の電話は、その会社に本当に申込者が働いているかの確認さえ取れればOKなので、本人が電話にでなくても在籍確認は済みます。


    しかし、会社が休業日で在籍確認の電話連絡に対応できなかった場合は、契約に進むことはできません。


    そのため、勤め先の休業日にカードローンを契約したい場合、利用できるサービスはかなり限定されます。


    以下では、会社が休業日でも即日での審査回答、借入れまで可能なカードローンを紹介していきますので、借入を急ぐ人、勤務先に電話をかけてほしくない人はぜひチェックしてみてください。


    在籍確認が後日でもOKなカードローン

    カードローン契約は在籍確認が完了してから借入ができるようになりますが、一部のカードローンでは審査内容に問題がない限り契約手続きや借入が即日ででき、在籍確認を後日、日を改めて行ってもらうことができます。


    ただし、次の項目に当てはまる場合は、電話での在籍確認が取れるまで契約手続きに進むことは難しくなります。

    • 過去にローンの滞納をしたことが何度かある
    • 勤続年数が短く、1年未満である
    • すでに他社から借入をしていて残債が50万円以上ある

    後日の電話連絡でOKなカードローン一覧

    業者名 後日での在籍確認 当サイト実績
    プロミス △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    アコム △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    SMBCモビット 〇※後日でOK 未検証
    三井住友銀行 △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    三菱UFJ銀行バンクイック △※審査次第で後日も可 未検証

    書類でもOKとしてみなされるカードローン

    実は、勤務先への電話連絡ではなく、書類の提出で在籍確認ができるカードローンもあります。


    この提出書類は、会社名と申込者の氏名が同時に確認できることが条件となり、各カードローンによって異なります。


    在籍確認として提出する書類は次のものを利用する場合が多いです。

    • 会社発行の健康保険証
    • 社員証
    • 給与明細書
    • 源泉徴収票

    本当に書類でも在籍確認の電話連絡をなしにて書類で在籍確認ができるのか、当サイトで実際に検証してみました。


    書類の提出でOKなカードローン一覧

    業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
    プロミス × 〇 書類にて在籍確認が出来た
    アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
    アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
    SMBCモビット ○ 書類にて在籍確認が出来た
    三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た
    三菱UFJ銀行バンクイック × 未検証
    レイクALSA △※審査次第で書類提出可 ○ 書類にて在籍確認が出来た

    金利と借入限度額について

    金利と借入限度額について


    京都銀行カードローンダイレクトの金利は年1.9%〜14.5%、限度額は最高1,000万円となっています。


    最低金利が年1.9%とかなり低いので、もしかしたら低金利で借入れできるかも!と期待してしまう人も多いですが、最初から低金利で借り入れできる人はほとんどいません。


    契約当初は、最高金利の年14.5%が適用される人が多く、最低金利が適用されることはまずないと考えておいた方が良いでしょう。


    京都銀行カードローンダイレクトの金利は借入限度額ごとに決められていて、以下のようになっています。


    京都銀行カードローンダイレクトの借入限度額ごとの適用金利

    借入限度額 金利
    100万円以下 年14.5%
    100万円超200万円以下 年12.5%
    200万円超300万円以下 年10.0%
    300万円超400万円以下 年8.0%
    400万円超500万円以下 年7.0%
    500万円超600万円以下 年6.0%
    600万円超700万円以下 年5.0%
    700万円超800万円以下 年4.0%
    800万円超900万円以下 年3.0%
    900万円超1,000万円以下 年1.9%

    このように、借入残高が100万円以下の場合は年14.5%、100万円超200万円以下の場合は年12.5%となりますので、年1.9%で契約する場合は借入限度額が900万円超1,000万円以下の方となります。


    借入方法と利便性について

    京都銀行カードローンダイレクトの借り入れ方法は次の2つです。

    • キャッシュカードによる借り入れ
    • 自動融資

    キャッシュカードによる借り入れ

    通常のカードローンのようにキャッシュカードを利用して、京都銀行のATMまたは提携ATMで借入が可能です。


    京銀ローンカード利用可能ATM一覧


    利用できるATMは、京都銀行ATMに加えてゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットコンビニATMの6つです。


    なかでも大阪府・滋賀県・奈良県・兵庫県・愛知県・京都府のゆうちょ銀行ATM、京都府以外のイオン銀行ATMであれば、平日8:45〜18:00の間は手数料が無料になります。


    また、ATMの操作方法によっては融資方法が異なりますので確認してきましょう。


    ATMの操作で「お借り入れ」キーを選択して借入を行う場合、全額をカードローン口座から直接融資を受けることになります。


    一方、ATMの操作で「お引き出し」キーを選択して借入を行う場合、普通預金口座(返済用口座)の残高を超えて引き出しした分をカードローンの自動融資で補い、融資を受けることになります。


    つまり、ATMで「お借入れ」の操作を行うと直接カードローン口座から借入を行い、「お引き出し」の操作を行うと自動融資が行われるということです。


    直接カードローン口座から融資を受ける場合は、京都銀行のカードローンに対応しているATMのみ借入が可能で、提携ATMを利用した場合は自動融資を利用した借入しか行えませんので注意してください。


    自動融資

    公共料金などの引き落としで口座残高が不足していた場合、カードローンが借入限度額の範囲内で不足額分を自動的に融資します。


    例えば、口座残高が30,000円、公共料金の引き落としが50,000円あった場合、20,000円が不足していますので、京都銀行カードローンダイレクトが不足分の20,000円を自動融資して、公共料金の50,000円が支払われます。


    京銀カードローンWの自動融資機能について


    そのため、口座に返済のお金を振り込み忘れても、カードローンの自動融資機能があれば、返済ができずに延滞扱いになってしまうといった心配もありません。


    この自動融資機能は、公共料金やクレジットカード代金などの引き落としで不足した場合のみ適用され、京都銀行からの借入時に口座残高が不足していた場合は、自動融資は行われないので注意が必要です。


    口座残高不足時に勝手に融資をしてしまうので自動融資機能を停止したいという方は、直接京都銀行へ行って自動融資機能の停止希望を伝えましょう。


    ただし、自動融資機能を停止すると提携ATMでの借入は利用できなくなり、京都銀行のカードローンに対応したATMのみで借り入れを行うことになりますので注意してください。


    返済方法と毎月の返済額について

    返済方法と毎月の返済額について


    京都銀行カードローンダイレクトの返済方法は、口座引き落としのみです。


    京都銀行カードローンダイレクトでは、毎月5日に口座引き落としで自動的に返済されます。


    また、毎月の返済に加えて任意返済も利用可能ですので、余裕がある月には京都銀行ATMまたは京都銀行の店舗窓口から任意返済をすることで返済を早く終わらせることも可能です。


    提携ATMから任意返済をしようとすると、預入金額のすべてが返済用口座に入金されますが、返済用口座では毎月の返済額しか引き落としされず、任意返済を行うことはできませんので注意してください。


    毎月の返済額

    京都銀行カードローンダイレクトの毎月の返済額は借入残高によって異なっており、以下のようになります。


    京都銀行カードローンダイレクトの毎月の返済額

    借入残高 毎月の返済金額
    2千円未満 全額(最大2,000円)
    2千円以上10万円以下 2,000円
    10万円超20万円以下 4,000円
    20万円超30万円以下 6,000円
    30万円超40万円以下 8,000円
    40万円超50万円以下 10,000円
    50万円超100万円以下 20,000円
    100万円超200万円以下 30,000円
    200万円超300万円以下 40,000円
    300万円超400万円以下 50,000円
    400万円超500万円以下 60,000円
    500万円超600万円以下 70,000円
    600万円超700万円以下 80,000円
    700万円超800万円以下 90,000円
    800万円超1,000万円以下 100,000円

    借入残高が10万円以下の場合は最低返済額は2,000円となっていて、他カードローンと比べると返済額は低いです。


    返済額が低く、生活に負担をかけず返済していくことができますが、最低返済額だけを支払うと、返済がいつまでたっても終わらない可能性があります。


    早く返済を終えるためにも、任意返済や追加返済をうまく活用しましょう。


    京都銀行カードローンダイレクトとカードローンW(ワイド)の比較

    ここまで京都銀行カードローンダイレクトについて説明してきましたが、本当に便利に利用できるカードローンなのでしょうか?


    京都銀行カードローンダイレクトの利便性を確認するために、以前まで京都銀行で発行されていたカードローンW(ワイド)と比較してみていきましょう。


    京都銀行カードローンダイレクトとカードローンW(ワイド)の比較表

    カードローンダイレクト カードローンW
    金利 1.9%〜14.5% 3.975%〜11.975%
    限度額 1,000万円 500万円
    申込資格 満20歳〜70歳 満20歳〜60歳
    自動融資機能
    口座開設 必須 必須
    最低返済額 2,000円〜 1万円〜
    WEB完結 ×

    カードローンダイレクトはカードローンWに比べて年齢制限の幅が広くなり満20歳〜70歳まで申込が可能になりました。


    また、カードローンWでは口座開設のために京都銀行へ足を運ぶ必要がありましたが、現在はスマートフォンアプリで口座開設ができるので申込がしやすくなっています。


    カードローンダイレクトの金利年1.9%〜14.5%と比べ、カードローンWは年3.975%〜11.975%と最高金利が低いです。


    契約当初は年14.5%で契約することになりますが、最低金利はカードローンWよりも低くなっているので長く利用していけばカードローンWよりも低金利で利用できる可能生もあります。


    また、限度額は1,000万円とカードローンWの2倍になっており、万が一まとまったお金が必要になった場合も安心です。


    毎月の最低返済額も毎月1万円払う必要がありましたが、カードローンダイレクトでは最低2,000円からなので生活に負担をかけることなく返済していくことができます。


    京都銀行カードローンダイレクトのメリット・デメリット

    京都銀行カードローンダイレクトのメリット

    WEB完結で申し込み可能
    キャッシュカードにローン機能を付帯して利用できる
    パート・アルバイトでも申し込み可能
    口座残高不足時も自動融資機能で補える

    京都銀行カードローンダイレクトのデメリット

    即日融資に対応していない
    京都銀行の営業地域でない場合は申込不可能
    利用時には口座開設が必要

    京都銀行カードローンダイレクトは、口座開設や申込も銀行に行く必要もなくWeb完結でできますし、パート・アルバイトの方でも申込が可能です。

    また、ローン専用カードを発行せずにキャッシュカードに付帯できるので、カードが増えてお財布がかさばることもありません。

    万一、公共料金の支払いなどで口座に入金を忘れてしまった場合でも自動融資機能が付帯しているので安心です。

    しかし、京都銀行カードローンは即日融資には対応しておらず、京都銀行の営業地域に済んでいない場合は申込することはできませんので注意してください。

    まとめ

    京銀カードローンダイレクトは申込から契約までWEB完結で利用でき、パート・アルバイトの方でも申込が可能なので、申込条件は比較的優しいものになっています。


    ただし、申込条件として京都銀行の営業地域である、京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・奈良県・愛知県に住んでいる方に限られるので注意してください。


    以下の条件に当てはまれば、カードローンダイレクトの利用はおすすめです。

    • 借入を急いでいない
    • 勤続年数が長い会社員
    • 京都銀行をメインバンクとして利用している

    口座開設を条件としているカードローンでは、その銀行の口座を給与振込先、預金用口座と指定利用している場合、審査の判断材料が増え、審査通過率が上がり、借入限度額が大きめになる可能性が高くなります。


     

    京都銀行を普段からメインバンクとして利用している人は、京都銀行カードローンダイレクトの利用を前向きに検討してみましょう。


    上の条件に当てはまらない人は、三井住友銀行や三菱UFJ銀行といったメガバンクのカードローンや、プロミス・アコム・アイフルなどの大手消費者金融での借入を検討することをおすすめします。


    京都銀行カードローンダイレクトは、パートやアルバイトの方でも申込ができるので申込資格はそれほど難しいものではありませんが、京都銀行の営業地域に居住している方に限られるので不便です。

    金利も年1.9%〜14.5%、限度額は1,000万円と銀行カードローンの平均的な値であり、なるべく低金利で借入したい、まとまった金額を借り入れたいという方におすすめのカードローンです。

    カードローンにはそれぞれ低金利であったり、無利息期間が付帯していたりと利便性も異なりますので、自分の使い方に合ったカードを見つけて利用するようにしましょう!

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ