PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)の在籍確認はどうなっている?電話で確認してみました!

掲載日:

消費者金融・銀行のカードローンを借り入れする場合、必ず審査を受ける必要があります。
そして、審査においては、申込者がきちんと返済能力を持っているのかの確認をしっかりしなければなりません。


申込者の返済能力をチェックする上で有効な手段となるのが、在籍確認の電話です。
在籍確認の電話は、職場に電話をかけることで、申込者がちゃんと在籍しているのかをチェックするものです。


借り入れ申込をする時には、申込フォームに年収と勤務先を記入するのが一般的です。
しかし、年収と勤務先は申し込みだけではごまかすことができるため、在籍確認の電話があります。


それでは、PayPay銀行における在籍確認の電話はどのようなものなのか、解説していきます。

このページは、PayPay銀行カードローンの在籍確認の情報にのみ特化しています。


借り入れ方法や返済方法など、他のスペックを知りたい人は、以下のページを参考にしてください。

    在籍確認の電話はどこにかかる?

    カードローンの在籍確認の電話は、申込フォームに記入した職場への電話番号に基づいて行われます。
    その電話番号を使って職場に電話をし、きちんと在籍しているとわかれば問題ありませんが、在籍していないとなると審査に通らないことになります。


    記入する電話番号は、基本的には会社の代表番号で問題ありません。
    しかし、もし部署ごとの電話番号があれば、そちらを記入した方が確認が取りやすいです。


    個人事業主

    申込者が個人事業主というケースでは、申込フォームに記入する電話番号は自宅・事務所・職場などのものになります。


    どちらを記入しても審査としては問題ありませんが、在籍確認の電話の目的が、きちんと仕事をしていて返済能力があるのか確かめることである以上、記入する電話番号は事務所か職場である方が望ましいと言えます。


    また、個人事業主として借り入れ申込をする予定だけれど、収入が不安定で審査で高評価をもらえるのかわからないという方は、アルバイト・パート・派遣もしているのであれば、そちらの電話番号を記入するのも良い手段です。


    派遣社員の場合

    申込フォームに職場の電話番号を記入する時に、派遣社員だから派遣会社か派遣先のどちらの電話番号を記入すれば良いのかわからないということもあるでしょう。


    電話で確認したところ、派遣社員の場合は、雇用契約をしている派遣先の番号を記入してほしいとのことでした。


    PayPay銀行のカードローンを利用する場合、基本的に在籍確認の電話は避けることができません。

    しかし、SMBCモビットを利用すれば、会社への電話連絡と自宅への郵送物を無くすことができます

    ローンの利用が誰にもバレたくない人や、バレるリスクをできるだけ減らしたい人は、SMBCモビットの利用を検討してみるのがおすすめです。

    SMBCモビット


    このカードローンに向いている人

    • 会社への電話連絡を避けたい人
    • スマホ1台で24時間365日好きなときに融資を受けたい人
    • 土日祝日でも即日融資を受けたい人
    • カードレスで利用したい人
    • WEB上で全ての手続きを完結させたい人
    • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行いずれかの口座がある人

    このカードローンに向かない人

    • 100万円以上の融資を受けたい人
    • 仕事をはじめて1ヶ月未満の人
    • 無利息サービスを利用したい人
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短即日 なし 対象 あり
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    年20.0%(実質年率) 年齢20歳〜69歳※2 借入後残高スライド
    元利定額返済方式
    ネット上のみで完了

    ※審査結果によっては希望に添えない場合もあります!

    ※2安定した収入のある人に限ります!


    PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)での在籍確認の電話は誰がやるの?

    カードローンの審査で在籍確認の電話をするのは、融資側と考えがちです。


    しかし、実際には保証会社が担当する仕組みになっています。


    カードローンは担保も保証人も不要という特徴がありますが、借り入れをした方が返済できない状況になった場合、代わりに返済をする存在が必要となります。
    返済できなくなった方の代わりに返済、いわゆる代位弁済をするのが保証会社になります。


    PayPay銀行の保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。
    そのため、プロミスで借り入れをしたことがある方は、それと審査の流れが同じようなものと見ても良いでしょう。


    在籍確認の電話をどの保証会社が行うか、審査をどの保証会社が担うかで審査のハードルが変わっていきますので、チェックしておくのがおすすめです。


    在籍確認の電話の詳細

    PayPay銀行の場合は、個人名を出して、職場への在籍確認の電話をするようになっています。
    そして、電話を受け取った方から所属を聞かれた時に、PayPay銀行の名前を出すという形になります。


    このことから、在籍確認の電話だけでカードローンの利用をしていると知られる可能性は低く、PayPay銀行はしっかりと利用者の配慮をしています。


    また、在籍確認の電話は、あくまで会社に在籍しているのかを確認するためのものです。そのため、本人が電話に出られなくとも、在籍しているのが分かればそれで終了となります。


    在籍確認の言い訳例
    候補A(個人名のみの場合)

    同僚「〇〇さんから電話が来たよ。」

    申込者「わかりました。ありがとうございます。」


    個人名の場合、クールに「分かりました。伝えてくれてありがとう」という言葉だけで大丈夫です。


    候補B(銀行名と個人名の場合)

    同僚「PayPay銀行から電話が来たよ。」

    申込者「銀行口座を開設した時に、不備があったと連絡が来てて返信し忘れてたからだ。」


    相手は銀行なので、そこまで警戒する必要はありません。


    このように、PayPay銀行からの借り入れで使う言い訳はシンプルなもので大丈夫です。


    NGなものとしては、家族・恋人・友人といった親しい関係を言い訳に使うことです。親しい関係の人を言い訳に使うと、最終的にバレてしまう、または不審に思われてしまいます。


    個人名だけなら、言い訳は幅広い候補がでてきます。
    しかし、PayPay銀行の名前を出される可能性がある以上は、PayPay銀行と関係のあるものを使うのが有効です。


    自分が同僚あてに銀行からの連絡を取ったとき、何か不思議に思いますか。
    電話が来ていたということは伝えますが、そのほか聞きたいことはないのではないでしょうか。


    なので、特にこちらから言い訳を伝えることはなくても良いでしょう。
    客観的に見れば、そこまで不安に思うことではありません。


    PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)カードローンの金利と申込みの流れ

    PayPay銀行カードローンは申込から受付までネット完結になっていて、借入限度額は最大1,000万円で、金利は1.59%〜18.0%になります。
    また、初回の借り入れ時は30日間、何回借り入れしても利息0%になります。PayPay銀行カードローンは借り入れ限度額に応じて金利が変わる変動金利性となっているので、金利の把握はしやすくなっています。


    PayPay銀行カードローンの限度額と金利

    借り入れ限度額 金利
    100万円未満 18.0%
    100万円以上150万円未満 15.0%
    150万円以上200万円未満 12.0%
    200万円以上250万円未満 10.0%
    250万円以上300万円未満 8.0%
    300万円以上400万円未満 6.5%
    400万円以上500万円未満 6.0%
    500万円以上600万円未満 5.5%
    600万円以上700万円未満 5.0%
    700万円以上800万円未満 4.0%
    800万円以上900万円未満 3.5%
    900万円以上1,000万円未満 3.0%
    1000万円 1.59%

    借り入れ条件は、20歳以上70歳以下で、安定した収入があり、PayPay銀行の普通預金口座をお持ちの個人の方です。
    そして、審査基準を満たして、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる必要があります。


    また、専業主婦(夫)の方は配偶者に安定した収入があれば、借り入れ条件を満たせます。


    そして、見逃してはいけない点として、PayPay銀行カードローンから借り入れするには、借り換え(おまとめ)ローンは解約しないといけないということです。
    PayPay銀行カードローンからの借り入れをするには、借り換え(おまとめ)ローンを完済し、解約するようにしましょう。


    PayPay銀行カードローン申込の手順


    PayPay銀行普通預金口座が無い方

    • 申込をする
    • 本人確認書類を提出する
    • 仮審査を受ける
    • 仮審査の結果をメールで受信する
    • 本審査を受ける
    • 本審査の結果を受け取る
    • キャッシュカードとトークンを受け取る
    • 初期設定をする
    • 借り入れ可能

    PayPay銀行普通預金口座がある方

    • インターネット経由かアプリから申込をする
    • 本人確認書類の提出をする
    • 仮審査を受ける
    • 仮審査の結果をメールで受け取る
    • 本審査を受ける
    • 本審査の結果を受け取る
    • 手続き完了メールを受け取る
    • 借り入れ可能に

    PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)の在籍確認の電話をするタイミングは?

    多くのカードローンは在籍確認の電話をするタイミングが、仮審査が終わっての本審査中になります。
    しかし、PayPay銀行の在籍確認の電話は仮審査中に行うため、他と比べると少しタイミングが早いです。


    仮審査を受ける際にメールを受け取るので、そちらに書かれた審査を担当する部署に電話をし、在籍確認についての質問やさまざまな要望について伝えることもできます。
    PayPay銀行カードローンの仮審査は最短で60分以内に終わることから、スピード審査も十分にありえます。在籍確認についての電話は早めにかけるようにしましょう。


    在籍確認の電話を希望の時間帯にずらすことは可能?電話で確認しました

    職場に在籍確認の電話がかかるとして、やはり自分がどうしても在籍確認の電話を取りたいというのは不思議なことではありません。
    また、在籍確認の電話をかけてもらうにしても、職場が不規則な営業時間になっていたり、なんらかの事情で職場を閉じて各従業員がテレワークをしていたりというケースもありえます。


    その場合、仮審査にて受け取るメールに書かれた審査担当の部署の電話番号に電話をかけましょう。そちらで在籍確認の電話をかけることができ、さまざまな相談や希望を伝えることができます。
    これによって、自分が確実に電話に出られる時間帯を伝えて、その時間に電話をかけてもらうことが可能になります。


    PayPay銀行は、在籍確認の電話について柔軟に対応してくれるというのは覚えておきましょう。


    在籍確認の電話はそれ以外にもどんなことに対応してもらえる?

    会社がお休みの時は、在籍確認の日にちをずらしてもらえますが、それ以外はどのようなことに対応してもらえるかを紹介します。


    株式会社○○の○○という名前で電話して欲しい

    PayPay銀行の名前を出されたくないので、在籍確認の電話の時に他の企業の名前でかけてほしいとい考えることもあるでしょう。


    しかし、偽名を名乗って在籍確認の電話をして欲しいというのは、要求しても通りません。


    在籍確認の電話の日にちをずらして欲しい

    時間の指定だけでなく、在籍確認の電話をかける日にちそのものをずらして欲しいという希望も、PayPay銀行は対応してくれます。


    もしも、その日は在籍確認の電話を受け取るのに都合が悪いという場合は、とりあえず日にちそのものをずらせるか聞いてみましょう。


    男性(女性)の人からの電話にして欲しい

    在籍確認の電話を職場にかけてくる場合、誰がかけてくるかの指定については、性別についての希望だけは対応してもらえます。
    異性の方が電話を職場にかけてくると、警戒される可能性が高いものになります。


    そこで、利用者が男性なら男性が、女性なら女性が職場に在籍確認をしてもらうと、特に違和感を持たれずに済む可能性が上がると言えるでしょう。


    在籍確認の電話を後日にスライドして借り入れを先にしたい

    職場に在籍確認の電話をかけても誰も出られない状態が続き、とにかく一刻も早くお金を借り入れしたいという方は、在籍確認の電話を後回しにして、借り入れを先にしたいと希望する方もいるでしょう。


    PayPay銀行は在籍確認の電話に関する希望はきちんと聞いてくれるので、問題ないと考えるかも知れません。
    しかし、PayPay銀行は在籍確認の電話をかけるのが、仮審査の時というのがネックに働きます。


    多くのカードローンは仮審査を終えてほぼ借り入れが確定となった場合に、在籍確認の電話をするというスタイルを取っています。
    しかし、PayPay銀行は、審査通過の見込みが高くなる仮審査の通過には在籍確認の電話が必要です。


    在籍確認を後日にスライドして先に契約手続きが可能なカードローン一覧

    PayPay銀行は在籍確認をスライドできませんが、他のカードローンなら対応しています。
    ですので、どうしてもすぐに借り入れをしたいという方は、そちらをチェックしましょう。


    在籍確認がスライドできるカードローン

    融資側 後日での在籍確認 当サイト実績
    プロミス △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    アコム △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    アイフル 〇※後日でOK 未検証
    三井住友銀行 カードローン △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 ?(状況次第で可能) 未検証

    このように、在籍確認の電話を後日にスライドできるのは、消費者金融カードローンが多くあるのがわかります。


    どのカードローンを利用するにせよ、在籍確認の電話を後日にスライドしたいという場合は、借り入れ希望額は必要最小限に抑えるのが、契約を終わらせるコツです。


    在籍確認を後日にスライドできるカードローンと比較

    すぐに借り入れをしたいという方は、在籍確認を後日にスライドできるカードローンと見比べてみましょう。


    カードローンの比較

    金利 限度額 申込条件
    PayPay銀行カードローン 年1.59%〜18.0% 1,000万円 ・20歳以上59歳以下
    ・安定した収入
    ・PayPay銀行の普通預金口座を開設しているか開設する意思がある
    ・審査基準を満たしている
    ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
    ・専業主婦(夫)の方は配偶者に安定した収入があれば借り入れ可能
    ・借り換え(おまとめ)ローンと契約していない
    プロミス 年4.5%〜17.8% 500万円 ・年齢20歳以上69歳以下の本人に安定した収入のある
    アコム 年3.0%〜18.0% 800万円 ・20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
    アイフル 年3.0%〜18.0% 800万円 ・20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する
    ・取引中に70歳になった時点で新たな融資を停止
    三井住友銀行 カードローン 年4.0%〜14.5% 800万円 ・20歳以上69歳以下
    ・安定した収入がある
    ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる

    PayPay銀行カードローンは最低金利が非常に低いものになっていますが、それには借り入れ限度額1,000万円という非常に高い金額が必須になります。
    そうなりますと、最低金利が低いといっても、実現できる見込みはあまり高くないです。


    借り入れ限度額が150万円以上か200万円以上を見込めないという方は、三井住友銀行カードローンやプロミスの方がお得に借り入れできる可能性があります。


    在籍確認の電話そのものを飛ばすこともできる?

    職場にバレる心配はほとんどなく、希望すれば時刻をずらしてもらえるとしても、在籍確認の電話をどうにかして避けたいと考える方は、在籍確認の電話そのものをキャンセルしたいと思うでしょう。


    PayPay銀行は、在籍確認の電話については可能な限りの希望を聞いてくれます。仮審査の時に受信したメールに書かれた電話番号に連絡し、在籍確認の電話をキャンセルしたいと伝えると、他の方法で在籍確認をできるようにしてくれます。


    在籍確認の電話をキャンセルした場合、書類の提出で在籍確認をすることになります。必要な書類は給与明細や社員証といった、会社に所属しているのを証明できる資料になります。
    そのため、すぐに借り入れしたいという方は、会社に在籍しているとわかる書類をまとめて、準備しておきましょう。


    在籍確認の電話をなしにしてくれるカードローン

    融資側 書類提出による在籍確認 当サイト実績
    PayPay銀行カードローン ※未検証
    アコム ○ 書類提出で在籍確認完了
    アイフル ○ 書類提出で在籍確認完了
    レイクALSA ※未検証
    三井住友銀行 カードローン △※審査次第で書類提出可能 ○ 書類提出で在籍確認完了

    PayPay銀行カードローン以外にも、在籍確認の電話をキャンセルできるカードローンはあります。
    PayPay銀行は銀行の借り入れである以上は、審査通過のハードルが上がる可能性があります。


    ですので、在籍確認の電話をキャンセルした上で、安心して借り入れをしたいという場合は、消費者金融カードローンの利用を検討してもいいでしょう。


    PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)は在籍確認の電話に関する要望を細かく聞いてくれる

    PayPay銀行は在籍確認の電話について、日時の指定や電話での確認をキャンセルして書類提出で在籍確認をしたいという要望も取り合ってくれます。


    そのため、在籍確認の電話を確実に自分が取りたいという方や、在籍確認の電話そのものをなくしたいという方は気軽に電話で伝えてみましょう。在籍確認の電話に関する要望は、仮審査で受け取るメールに書かれた電話番号に連絡することで伝えられます。


    一方で、PayPay銀行は仮審査で在籍確認の電話をするので、在籍確認の電話を後日にスライドして借り入れ契約を先にするというのはできないというのも覚えておきましょう。


    PayPay銀行は在籍確認の電話に対して柔軟に対応してくれるので、まずは相談してみるのが重要です。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ