遅延損害金についてを解説

更新日:

カードローンやキャッシング、クレジットカードの申し込みをする際の利用規約に、「遅延損害金」という記述があるのをご存知な方も多いと思います。
なんか文字列だけ見ると、遅延損害金って、返済が遅れた時に請求されるお金を想像しますが、なんだかとんでもなく取られそうな気がしますよね、、。

実を言うとこの遅延損害金というのは、さほど気にする大きな問題ではありません。知っておいて損はない程度の話ではありますが、このページではそんな遅延損害金についてをまとめてみましたので、興味のある方は読んで頂けますと幸いです。


     

    遅延損害金とは?

    遅延損害金とは、返済期日を過ぎても返済しない人への特別に適応される金利の事

    まず、遅延損害金についてをまとめてみます。
    この遅延損害金とは、カードローン、クレジットカード、キャッシング(※以下カードローン)の毎月1度返済していく約定返済において、
    返済期日を過ぎても返済を行わなかった場合に、返済期日の翌日から適応される金利の事をいいます。



    これは、返済期日を過ぎた日から、返済をした日まで続きます。
    返済を行なうと、その翌日より通常の契約した金利に戻ります。


    遅延損害金の金利ってどれくらいなの?

    遅延損害金の金利は、まず理解しておきたいのが、どの業者でも「20.0%以上の設定はない」ということです。
    最大でも20.0%の金利として知っておきましょう。
    以下で、各業者毎として設定する金利のパターンですが、

    • 20.0%を適応する
    • 14.5%〜19.9%を適応する
    • 遅延をしても金利はそのままに設定している
    • 遅延損害金をそもそも設定していない

    この4パターンです。
    まず、大手消費者金融では、全社20.0%を適応しています。
    銀行カードローンは、上限金利として定めている金利よりも高く設定しています。
    また、遅延しても金利は継続というタイプと、遅延損害金をそもそも設定していないから、金利はそのままという場合に分かれています。


    では次に、この遅延損害金について、実際にかかる金額をシミュレーションしてみます。


    遅延損害金の計算式とシミュレーション

    この遅延損害金の計算方法は、通常の金利と同じ計算で、


    遅延損害金の計算方法

    残債 × 遅延損害金の金利 ÷365 =1日分の遅延損害金

    1日分の遅延損害金 × 延滞した日数 =遅延損害金


    となります。
    では、最悪を想定した場合で20.0%の遅延損害金で、1日どれくらいの遅延損害金がかかるのかを
    計算してみました。


    残債 1日あたりの遅延損害金
    5万円 27円
    10万円 54円
    20万円 108円
    30万円 162円
    40万円 216円
    50万円 270円
    60万円 324円
    100万円 540円
    200万円 1,080円

    この遅延損害金の間の金利計算での金額は、通常の金利と統合されたものなので、
    期限を過ぎてしまった場合はこれだけの金利がかかるということです。
    10日、20日過ぎると地味に痛い金額ですが、1日程度やむなく返済できなかった場合などで考えると、
    さほど恐ろしい金額でもありませんよね。


    TUTAYAのネットレンタルDVDの返却を1日忘れで、税込54円かかりますので、
    10万円の1日分がレンタルDVD、またはコミック1冊に相当します。



    こんなもんかと、拍子抜けした人も多いと思いますが、
    これは、あくまで滞納してしまったから支払いを早くしてもらう為の措置であり、
    カードローン業者は、遅延損害金で利益を得ようという目的で行っているものではなく、
    1日、2日程度でやむなく返済出来なかった場合では、さほどダメージを追わない程度、
    10日、20日遅れの場合は、結構深手を負える程度と絶妙なバランスの金利設定となっています(笑)。
    なんにしても滞納は、マイナスでしかないので、期日5日前程度から余裕を持っての返済をするように心がけましょう。


    さらに具体的に遅延損害金をシミュレーション

    クレジットカード、ローン、最近増えている美容ローンなどを例に出し、損害遅延金の利率と、10万円借りて5日遅延した場合の遅延金がどうなるのかを紹介します。


    クレジットカード

    カード名 損害遅延金年率 10万円借りて5日遅延した場合の遅延金
    セディナカード ・分割払い、ボーナス払い年14.6%
    ・翌月1回、リボ払い年14.6%
    ・キャッシング年20.0%
    ・分割払い、ボーナス払い200円
    ・翌月1回、リボ払い200円
    ・キャッシング270円
    ジャックスカード ・翌月1回、リボ払い20.00%
    ・上記以外14.60%
    ・キャッシング20.0%
    ・翌月1回、リボ払い270円
    ・上記以外200円
    ・キャッシング270円
    JCBカード ・翌月1回、リボ払い14.6%
    ・キャッシング20.0%
    ・翌月1回、リボ払い200円
    ・キャッシング270円

    クレジットカードに関しては、一括払いなのか、リボ払いなのか支払い方法によって損害遅延金も変わってきます。キャッシングは20%のところがやはり多いですね。
    JCBカードは「遅延損害金」と呼ぶので、損害遅延金で検索しても情報が出てこない場合があります。
    例に出した3枚はもちろん一例ですが、10万円を5日遅延くらいだと、やはりまだそこまで恐ろしいものではないですね。


    ローン

    カードローン名 損害遅延金年率 5日遅延した時の遅延金
    みずほ銀行 19.9% 270円
    アコム 20.0% 270円

    続いてはカードローンです。カードローンの損害遅延金も、だいたい20%であることが多いですね。みずほは19.9%で若干低いですが、いざ計算すると20%と変わりないです。


    サービス

    サービス名 損害遅延金年率 5日遅延した時の遅延金
    キレイモ 店舗(ローン会社)による 店舗(ローン会社)による

    脱毛サロンの「キレイモ」に関しては、ローンを組む時には「キレイモと」ではなく「キレイモを経由して他のローン会社でお金を借りる」というイメージなので、延滞した場合はそのローン会社の規定に合わせて遅延金を払う場合もあります。


    キレイモは、ローン会社からお金を先にもらってしまうので、もしあなたの支払いが滞ったところで施術が止まるということはなさそうです。それはあなたからお金を回収する権利はローン会社にあり、キレイモの施術とは切り離されているからです。


    簡単にですが相関関係を図にしてみました。

     

    過払い金の分断について

     

    キレイモに問い合せてみましたが、会社として一つのローン会社と契約しているのではなく、店舗ごとに契約しているローン会社が異なるという回答だったので、キレイモで脱毛のローンを組む場合は、自分が契約する店舗がどのローン会社と提携していて、どんな契約になるのかをキチンと確認しておいた方がいいですね。

    増えている美容ローン

    最近では脱毛や、エステなどの美容にかけるお金をローンを組んで支払っていく「美容ローン」の需要が増えつつあるようです。
    脱毛やエステは、一度の施術で終わることはほとんどなく、何度も通うことで効果が表れるものなので「高くて一括じゃ無理!でもやりたい」という人にとって美容ローンはもってこいです。


    先程紹介したキレイモや、銀座カラーなどは美容ローンを組むことはできますが、あくまでキレイモや銀座カラーを経由してローン会社からお金を借りているという状況なので、
    利息がどのくらいなのか、月額どのくらいなら払えるのか、よく考えて契約してみてください。

    遅延損害金を支払いすることは信用情報が傷つくの?

    遅延損害金が発生するということはつまり滞納しているということです。
    1日でも遅れた場合は、銀行カードローンの場合は、全銀協に信用情報があり、支払いがなかったという記載となります。
    消費者金融の方でも、情報更新日(月末が多い)までに返済をしていた場合は、信用情報として記載されませんが、
    滞納した業者に対し、増枠など再審査を受ける必要がある場合は、審査に悪影響を与えることもあります。


    滞納してしまった時は、以前は電話がひっきりなしに掛かってきましたが、
    今は、貸金業法の改正によって、3日に1回程度しか電話、もしくはメールでの催促がなくなりました。
    うっかり滞納がないように、返済は、銀行振替や、メールの通知設定などを行い、不本意である滞納をしないように注意してください。


    遅延損害金は最高でも60日となる

    遅延損害金が発生してしまったそれでも、返済が出来ない。またはもう返済する意思がない
    という場合においては、目安として60日程度が遅延損害金として利息が上乗せされると考えてください。


    これ以降はどうなるかというと、「強制解約」となり、契約状況が変わります。
    信用情報はというと、下記を見てください。



    「異動」という記載となり、この場合は一括返済を求められ、
    交渉で、返済回数などを双方で決めて返済のみの契約となりますが、
    この契約内容に「異動」となった時点で、カードローンはおろか、クレジットカードやその他のローンも審査に通らなくなり、
    さらにたちが悪いことに、完済し契約終了になってから業者に信用情報の削除を依頼しない限り5年間は自己情報が残るため、
    かなり長い年数、ローンが何をやっても通らない状態になります。
    さらに、現在契約しているカードローンや、クレジットカードも契約更新時や途上与信の際に利用できなくなる可能性があるので、
    なんにしても遅延損害金が発生しているうちに返済が難しいようなら、
    金利分だけの返済でも、遅延扱いにならないので、払えないからといって無視して遅延損害金が発生していることは
    なんにしてもお金にしても信用情報にしても勿体無いので、返済が難しい時は、必ず業者に相談をするようにしましょう。


    遅延損害金に対してのまとめと心構え

    最後に、遅延損害金についてをまとめてみました。

    • 遅延損害金はレンタルDVDの延滞金のようなものである
    • 返済期限日の翌日から遅延損害金の金利が適応される
    • 遅延損害金の金利は全業者でも最大は月20.0%である
    • 遅延損害金は最大でも1日あたり10万円毎に対し、「54円」程度かかる
    • 1日〜2日程度は圧迫しない程度だか10日20日になると返済がきつくなる
    • 遅延損害金イコール滞納となので信用情報に悪影響を与える可能性もある

    遅延損害金は、金額的に法外な利息で怖いというイメージがありますが、蓋を開けてみるとそこまで大きな金額ではありませんが、10日20日になるとかなり大きな金額になるので、1日、2日程度までには入金しておきたいところです。

    もしそれが難しいという場合は、業者へ連絡し、金利分だけでも入金すれば通常の返済と同じ扱いになり信用情報は傷つきません。
    滞納自体は、その後に返済をキチンと行ったとしてもまる2年ほどその情報は残ります。遅延損害金よりも信用情報が傷つく方がよほど痛いので、返済期日5日前から返済を行なう癖や、口座振替で返済を設定しておくなどの何らかの対策をしておき、滞納はない状態にしておきましょう。



    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ