遅延損害金についてを解説

更新日:

カードローンやキャッシング、クレジットカードの利用規約に、「遅延損害金」という記述があるのをご存知の方は多いと思います。

遅延損害金とは、返済が遅れた時に請求されるお金のことを指します。

文字列だけ見ると、なんだかとんでもなく取られそうな気がしますよね…。

実を言うとこの遅延損害金は、さほど大きな金額を取られることはありません。

知っておいて損はない程度の話ではありますが、遅延損害金についてまとめてみたので、興味のある方は読んで頂けると幸いです。



    遅延損害金とは?

    遅延損害金とは、返済期日を過ぎても返済しない人への特別に適応される金利の事

    まず、遅延損害金についてまとめます。


    この遅延損害金とは、カードローン・クレジットカード・キャッシング(※以下、カードローンにまとめる)で毎月の返済において、期日を過ぎても返済を行わなかった場合に発生するお金の事をいいます。



    遅延損害金は、返済期日を過ぎた日から返済をした日まで発生し、その間は通常時の金利ではなく遅延損害金の金利が適用されます。


    遅延損害金と利息は二重で発生しませんが、遅延損害金の方が利率は高いケースが多いので、注意しましょう。


    返済を行なうと、その翌日より通常の契約金利に戻ります。


    遅延損害金の金利ってどれくらいなの?

    まず理解しておきたいのが、遅延損害金の金利はどの業者でも「年20.0%以上の設定はない」ということです。


    最大でも年20.0%の金利として知っておきましょう。


    各業者毎として設定する金利のパターンは、以下の4通りのことが多いです。

    • 年20.0%を適応する
    • 年14.5%〜19.9%を適応する
    • 遅延をしても金利はそのままに設定している
    • 遅延損害金をそもそも設定していない

    まず、大手消費者金融では、全社で年20.0%を適応しています。


    銀行カードローンは、上限金利よりも遅延損害金の金利を高く設定しています。


    また、遅延しても金利は同じタイプと、遅延損害金をそもそも設定していないから、金利はそのままのタイプに分かれています。


    次に、この遅延損害金で実際にかかる金額をシミュレーションしてみます。


    遅延損害金の計算式とシミュレーション

    遅延損害金の計算方法は、通常の金利と同じ計算です。


    遅延損害金の計算方法

    残債 × 遅延損害金の金利 ÷365 =1日分の遅延損害金

    1日分の遅延損害金 × 延滞した日数 =遅延損害金


    以下では、20.0%の遅延損害金で、1日どれくらいの遅延損害金がかかるのか計算してみました。


    残債 1日あたりの遅延損害金
    5万円 27円
    10万円 54円
    20万円 109円
    30万円 164円
    40万円 219円
    50万円 273円
    60万円 328円
    100万円 547円
    200万円 1,095円

    期限を過ぎてしまった場合、これだけ金利がかかるということです。


    10日〜20日過ぎると地味に痛い金額ですが、1日程度だと恐ろしい金額でもありませんよね。


    TUTAYAのネットレンタルDVDの返却を1日延滞すると税込54円かかるので、10万円の遅延損害金はレンタルの延滞金と同じくらいと考えておきましょう。



    こんなもんかと、拍子抜けした人も多いと思いますが、これはあくまで早く支払ってもらう為の措置であり、利益目的で行っているものではありません。


    1〜2日程度でやむなく返済できなかった際は少額で済み、10〜20日の大幅な遅れの場合は、やや大きめの額になる絶妙なバランスの金利となっています。


    なんにしても滞納をすると良いことは1つもないので、余裕を持って返済するように心がけましょう。


    さらに具体的に遅延損害金をシミュレーション

    クレジットカード、ローン、美容ローンなどを例に、遅延損害金の利率と10万円借りて5日遅延した場合の遅延金がどうなるのか、紹介します。


    クレジットカード

    カード名 遅延損害金年率 10万円借りて5日遅延した場合の遅延金
    セディナカード ・分割払い、ボーナス払い年14.6%
    ・翌月1回、リボ払い年14.6%
    ・キャッシング年20.0%
    ・分割払い、ボーナス払い200円
    ・翌月1回、リボ払い200円
    ・キャッシング270円
    ジャックスカード ・翌月1回、リボ払い20.00%
    ・上記以外14.60%
    ・キャッシング20.0%
    ・翌月1回、リボ払い270円
    ・上記以外200円
    ・キャッシング270円
    JCBカード ・翌月1回、リボ払い14.6%
    ・キャッシング20.0%
    ・翌月1回、リボ払い200円
    ・キャッシング270円

    クレジットカードに関しては、一括払いやリボ払いなどの支払い方法によって遅延損害金の利率も変わります。


    キャッシングは、20%のところがやはり多いですね。


    例に出した3枚はもちろん一例ですが、5日の遅延だとそこまで恐ろしい金額ではありません。


    ローン

    カードローン名 遅延損害金年率 5日遅延した時の遅延金
    アコム 20.0% 270円
    アイフル 20.0% 270円
    プロミス 20.0% 270円
    SMBCモビット 20.0% 270円
    三菱UFJ銀行 19.9% 270円
    楽天銀行 19.9% 270円
    みずほ銀行 19.9% 270円

    カードローンの遅延損害金も、20%に設定されていることが多くなっています。


    みずほは年19.9%と若干低いですが、いざ計算すると20%と変わりありません。


    サービス

    サービス名 遅延損害金年率 5日遅延した時の遅延金
    キレイモ 店舗(ローン会社)による 店舗(ローン会社)による

    脱毛サロンの「キレイモ」に関しては、ローンを組む時はキレイモを経由して他のローン会社でお金を借りるイメージなので、延滞した場合はそのローン会社の規定に合わせて遅延金を払う場合もあります。


    キレイモは、先にローン会社からお金をもらってしまうので、支払いが滞ったところで施術が止まることはありません。


    それはお金を回収する権利はローン会社にあり、キレイモの施術とは切り離されているからです。


    簡単にですが、相関関係を図にしてみました。


    過払い金の分断について


    キレイモに問い合せてみたところ、店舗ごとに契約しているローン会社が異なると回答されたので、キレイモでローンを組む場合はどのローン会社と提携しているのか確認しておいた方がいいですね。


    増えている美容ローン

    最近では脱毛やエステなどのを対象にした「美容ローン」の需要が増えつつあります。


    脱毛やエステは何度も通うことで効果が表れるものなので、「高くて一括じゃ無理!でもやりたい」という人にとって美容ローンはもってこいです。


    先程紹介したキレイモや銀座カラーは美容ローンを組むことができますが、あくまでキレイモや銀座カラーを経由してローン会社からお金を借りているという状況なので、
    利息がどのくらいなのか、月額どのくらいなら払えるのか、よく考えて契約してみてください。

    遅延損害金を支払いすると、信用情報が傷つくの?

    遅延損害金が発生するということは、つまり滞納しているということです。


    1日でも返済が遅れると、銀行カードローンは信用情報に支払いがなかったと記載とされます。


    消費者金融でも、情報更新日(※月末が多い)までに返済すれば信用情報に記載されませんが、増枠などで再審査を受ける場合は、審査に悪影響を与えることもあります。


    滞納してしまった時は、3日に1回程度の電話、もしくはメールで催促がきます。


    うっかり滞納してしまうことがないように、返済は銀行振替やメールの通知設定などを行いましょう。


    遅延損害金は最高でも60日

    遅延損害金が発生してしまったけど返済が出来ない、または返済する意思がない場合は、目安として遅延損害金が発生するのは60日程度と考えてください。


    これ以降はどうなるかというと、「強制解約」となり、契約状況が変わります。


    下記の信用情報を見てください。



    「異動」という記載になり、返済回数などを双方で決めて返済のみの契約となります。


    契約内容が「異動」となった時点で、カードローンはおろか、クレジットカードやその他のローンも審査に通らなくなります。


    さらにたちが悪いことに、完済して契約終了してからも、業者に信用情報の削除を依頼しない限り5年間は情報が残るので注意が必要です。


    また、現在契約しているカードローンや、クレジットカードも契約更新時に利用できなくなる可能性があります。


    遅延損害金が発生しているうちの返済が難しい場合、金利分だけの返済でも遅延扱いにならないので、返済が難しい時は必ず業者に相談をしましょう。


    遅延損害金に対してのまとめと心構え

    最後に、遅延損害金についてまとめてみました。

    • 遅延損害金は、レンタルDVDの延滞金程度の額
    • 返済期限日の翌日から遅延損害金の金利が適応される
    • 遅延損害金の金利は最大年20.0%である
    • 遅延損害金は借り入れ額10万円に対し、1日あたり54円ほどかかる
    • 遅延損害金が発生する=滞納なので、信用情報に悪影響を与える可能性がある

    遅延損害金は、法外な利息が発生しそうで怖いイメージがありますが、蓋を開けてみるとそこまで大きな金額ではありません。

    ただ、10〜20日ほど発生し続けるとかなり大きな金額になるので、1〜2日程度で返済したいところです。

    もしそれが難しい場合は、業者へ連絡して金利分だけでも入金すれば、通常の返済と同じ扱いになり信用情報は傷つきません。

    滞納を1回すると、その後に返済をキチンと行ったとしても、まる2年はその情報が残ります。

    遅延損害金よりも信用情報が傷つく方がよほど痛いので、口座振替の返済方法を選ぶ、通知メールの設定をしておくなどの対策をしておき、滞納しないようにましょう。



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ