美容整形の手術費支払いの為のカードローンの利用について徹底考察したページの見出し画像

美容整形の手術費支払いの為のローンの利用についてを徹底考察

更新日:

「美容整形を受けたいけど今すぐにお金を用意するのが難しい、、ローンを利用したいけどそれってどうなんだろう、、?」


ローンを利用する場合には金利がかかり利息を支払う必要があるので、「お金が足らないなら貯金してから美容整形するべき」といった意見もあると思います。


が、容姿に対する悩みの深さは人それぞれですし、今すぐにでも美容整形を受けたいと考えている場合にはローンを利用してその費用を捻出することは全く悪いことではないとゼニエモンは考えています。


が、そのローンの選び方、利用の仕方については注意が必要で、借入先については慎重に選ばなければいけません。


このページでは美容整形にかかる費用の基礎知識や相場を確認した上で、美容整形のためにはどんなローンを利用すべきなのかを詳しく解説していきます。


美容整形にかかるお金のことで悩んでいるという人はぜひ参考にしてみてください。



    美容整形の手術費用について最低限知っておきたい基礎知識

    美容整形にかかる手術費用は健康保険の適用外で全額自己負担


    「そんなことはもうすでに知ってるし美容整形を受けるクリニックも決まっている、とにかくに美容整形の手術費用の支払い方法について詳しく知りたい」という人はこの項目については読み飛ばしてもらっても構いません。


    美容整形にかかる費用については「一般社団法人日本形成外科学会HP」にて次のような記載が確認されます。


    形成外科と健康保険

    簡単に言いますと、病気や外傷(ケガ)による障害を治療する場合には健康保険が適応されますが、美容上の理由で手術を受ける場合には健康保険は効きません。


    昭和50年に形成外科が一般標榜科(形成外科の看板を出して良いと言うこと)として認められ、続いて昭和53年に美容外科が認められるようになりました。その後日本形成外科学会の絶え間ない努力により形成外科の治療対象や方法が少しずつ正当に評価され、それに伴って保険適応も拡大されつつあります。


    健康保険では疾患や治療方法などにより細かく分類・点数化され、それに基づいて治療費の請求がされます。
    逆にその点数表にない項目はすべて自費扱いになってしまいます。


    すなわち形成外科が扱うすべての治療対象や方法が、健康保険の適応に認められている訳ではありません。
    たとえば生まれつきの病気や変形の治療、外傷や熱傷(ヤケド)の治療、ガン切除後の再建手術などは健康保険の対象になりますが、二重まぶたの手術・シワとり術・豊胸術(胸を大きくする)・脱毛術などのいわゆる美容外科の手術や一部のレーザー治療は健康保険が効きませんので自費診療になります。


    引用元:一般社団法人日本形成外科学会HPより抜粋


    美容を目的に手術を受ける場合は健康保険の対象外となる

    「一重まぶたを二重にしたい」「胸をもっと大きくしたい」「鼻を高くしたい」などといった美容に関する手術については健康保険の対象外です。


    そのため、手術にかかる費用の全てが全額自己負担の「自費診療」となります。


    「自費診療」の料金は各クリニックが自由に決めることができる

    病気やケガなど健康保険の対象となる診療費については疾患や治療方法などにより細かく分類・点数化され、それに基づき治療費の請求がされるため、基本的にどの医療機関で受診してもその金額に差はありません。


    が、反対に美容整形のような「自由診療」では、各クリニックで自由に料金を設定することができるので、同じ手術内容でもその金額が大きく変わることがあります。


    日本形成外科学会HPにも記載されていましたが、美容整形の手術を受ける際には複数のクリニックで相談し、治療法・料金・保障制度などを比較して慎重に選択するのが理想的だと言えます。


    同じ形成外科手術でも健康保険の対象となる場合

    生まれつきの病気や変形の治療、外傷やヤケドなどの為の治療の為の形成外科手術については健康保険の対象となります。


    健康保険の対象となる治療費については「高額療養費制度」や「育成医療制度」「更生医療制度」といった国の保障制度の対象となるので、その診療費支払いのために医療ローンやカードローンを利用することは基本的に否定します。


    「高額療養費制度」は健康保険に加入しているすべての人が対象となるので、形成外科の受診理由が美容ではなく健康保険の対象となる人はまずはこの制度の利用を検討してみることを推奨します。


    以下ページにて詳細を徹底調査し詳しく解説しているので参考にしていただければ幸いです。



    美容整形の費用の相場はどのくらい?


    当サイトはカードローンの利用経験豊富な管理人ゼニエモンの知識をもとに世の中のあらゆるローンの利用についてを主に解説しています。


    そのため美容整形の手術にかかる費用の相場については、今実際に美容整形を受けたいがその支払いに悩んでいるというユーザーの皆さんの方が詳しいとは思いますが、融資を受ける金額によってもローン利用の向き不向きがあるので、まずは美容整形の費用の相場を確認してみました。


    上で解説したように各クリニックで美容整形費用の金額は異なりますが、ここではCMなどでもよく目にする「高須クリニック」の費用を参考にさせていただいています。


    顔の美容整形にかかる費用
    施術内容 金額
    二重まぶた・埋没法 片目:50,000円 両目:90,000円
    二重まぶた・全切開法 片目:135,000円 両目:250,000円
    なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射) 100,000円
    隆鼻術(シリコンプロテーゼ) 350,000円
    エラ骨切り/削り 1,200,000〜1,800,000円
    額形成(人工骨セメント) 1,300,000円

    身体の美容整形にかかる費用
    施術内容 金額
    ヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術) 70,000円
    豊胸手術(シリコンプロテーゼ) 1,000,000円
    副乳(一か所) 50,000〜150,000円
    腹リダクション(お腹のたるみ取り) 1,600,000円
    お尻(ヒップ)の脂肪注入 300,000円
    脂肪吸引(両ウエスト側腹部) 200,000〜300,000円
    脂肪吸引(下腹部へそ下お腹) 380,000〜570,000円

    脱毛にかかる費用
    施術内容 金額
    両脇の下(初回〜5回まで1回毎) 14,000円
    両脇の下(1年間フリープラン) 70,000円
    下腿両脚ひざ半分含む(初回〜5回まで1回毎) 40,000円
    下腿両脚ひざ半分含む(1年間フリープラン) 178,000円
    上腕または前腕(両腕)/各(初回〜5回まで1回毎) 29,000円
    上腕または前腕(両腕)/各(1年間フリープラン) 138,000円

    ※1年間フリープランは8回まで
    ※表示価格は税抜き 
    ※価格は変更されていることもあるので正確な価格は「高須クリニックHP/料金一覧」で確認してください。


    美容整形にかかる費用にあったローンを利用することが大事

    メスを入れないいわゆるプチ整形や脱毛など、10万円程度で済むものもあれば、脂肪吸引のように30〜50万円かかるもの、骨を削ったりなど大掛かりな施術で100万円を超えるようなものもあり、美容整形にかかる費用は施術内容や受診するクリニックによって金額に大きな開きがあります。


    そのため、一概に美容整形の費用にはどのローンがオススメということは言えません。


    金利、審査の基準、融資実行までのスピードなどの項目を比較し、美容整形にかかる費用、求める条件に沿ったローン商品を選ぶ必要があります。


    以下で美容整形にかかる費用ごとに利用が適したローン商品の解説をしていくので、自身の求める金額、条件と照らし合わせてみてください。


    美容整形の費用が30万円を超える場合に適したローンは?


    美容整形費用が30万円を超える場合に最も適しているのは医療ローンの利用


    美容整形にかかる費用が30万円を超えるような場合にはまず最初に医療費(治療・手術・投薬など)の支払いにのみ利用できる目的ローンとなる「医療ローン」の利用を検討してください。


    医療ローンは大きく以下の2種類に分類されます。


    各美容クリニックが信販会社と提携することで取り扱う医療ローン
    銀行など金融機関が取り扱う医療ローン

    この2種類の医療ローンのうち美容整形費用捻出のために最も一般的に利用されているのが美容クリニックで取り扱われる医療ローンですが、それぞれの特徴を簡単にまとめました。


    各美容クリニックが取り扱う医療ローンの特徴

    申込方法

    各クリニックで直接申込用紙を記入、クリニックを経由して信販会社へとローンの申請を行うのが一般的です。


    施術内容・費用の相談と同時にローンの申込ができるので、手続きとしては最も楽に行うことできます。


    審査結果の回答から融資実行までのスピードと流れ

    申込を行う日時やタイミングにもよりますが、ほとんどの場合その場で審査結果の回答は得られます。


    審査に通過した際には、美容整形費用は信販会社から直接クリニックへと支払われることになるので、振込などの手続きは不要です。


    銀行など金融機関が取り扱う医療ローンの特徴

    申込方法

    申込手続き自体はネットや電話で行うことができ、金融機関への来店は不要とされていることが多いですが、審査の際には資金使途を証明するために美容クリニックから出される見積書や請求書の提出が必要となります。


    審査結果の回答から融資実行までのスピードと流れ

    各金融機関によって審査スピードは異なりますが、一般的に申込から融資実行までには1週間〜2週間程度かかるものとして考えておくと安心です。


    融資を受けるお金は直接クリニックへと支払われるケースもありますが、基本的には自身の口座へと振込にて融資され、そのあとで自分自身が施術を受けるクリニックへと支払いを行うことになります。


    まずは自身が施術を受けるクリニックでローンの相談をしてみること


    医療ローンは一般的にカードローンなど資金使途自由とされているローンに比べると金利は低めになる傾向にあるのですが、各クリニックが取り扱う医療ローンについてはHP上では金利の確認ができないことが多いです。


    ですので、まずは自身が施術を受ける予定のクリニックに直接相談、問い合わせをしてみるようにしてください。


    なお、適用される金利については選択する返済回数によって変わることも多いので、月々の返済可能金額、希望する返済期間もしっかりと考慮し慎重に返済プランを決定することを推奨します。


    施術を受けるクリニックに医療ローンが用意されていなかった、あるいは融資の条件に納得ができなかった場合には、金融機関が取り扱う医療ローンの利用を検討してみましょう。


    金融機関の取り扱う医療ローンには、資金使途がケガや病気の治療費、先進医療の受診費用などに限定されているものもありますが、以下表にまとめている医療ローンは美容整形の手術費用の支払いにも利用可能でなおかつ全国からの申込にも対応しています。


    美容整形の費用にも利用できる医療ローンの金利と融資可能額
    銀行 金利 融資可能額
    東京スター銀行「医療・介護ローン」 年2.8%〜7.8% 10万円以上500万円以下
    スルガ銀行「メディカルローン」 年2.5%〜7.5% 最大800万円
    千葉銀行「ちばぎんビューティーローン」 年5.00%〜5.20%(変動金利) 最大500万円
    愛媛銀行「メディカルローン」 年8.8% 最大300万円

    クリニックで取り扱う医療ローンは未成年でも利用可能

    最近では高校生も美容整形や脱毛に興味を持つ人は多いようです。
    クリニックで取り扱う医療ローンのすべてということではありませんが、18歳以上で親の同意あるいは連帯保証人をたてることが可能な場合に限り未成年でも医療ローンを組んで脱毛や美容整形をすることが可能です。つまり高校生でも条件さえクリアすれば親名義、または保証人名義でローンが組めます。


    金融機関の取り扱う医療ローンやその他カードローンなどでは、原則未成年者は融資の対象外となるので、未成年者で美容整形費用を分割で支払いたいと考えている場合、選択肢はクリニックが取り扱う医療ローンのみとなります。


    クリニック取り扱いの医療ローンでは成人していても学生の場合には、連帯保証人が必要とされる場合もあるということも併せて理解しておいてください。親名義で申し込むことになるため、書類だけではなく親の同行が必要なクリニックもあります。



    医療ローンを美容整形の費用捻出に利用する際の注意点

    医療ローンの審査基準はカードローンよりも厳しい


    どのローンでも審査の明確な基準というものは明らかにはされていないのですが、基本的にローンの審査は金利が低くなればなるほど審査の基準は厳しくなります。


    また、医療ローンは美容整形の手術費用としての借入となるので、当然ですが担保となるものがありません。


    同じ100万円の融資だとしても、購入する自動車が担保となるマイカーローンなどに比べると審査通過のハードルは高くなると考えておく必要があります。

    • 20歳以上で正社員として働いている
    • 今までにローンの支払いが遅れたことがない
    • 年収の1/3近いローン残債がない

    これら条件を満たす人であれば、過度にローンの審査に不安になる必要はないと言えますが、無職の人や学生、アルバイト、主婦など収入の安定性が低く判断されてしまう属性の人については金融機関の取り扱う医療ローンの審査通過は難しいものとなってしまいます。


    審査に対して少しでも不安がある人は、個人では審査通過が難しいと判断された場合でも連帯保証人をたてての審査も可能な、クリニックが取り扱う医療ローンの利用を第一に検討することを推奨します。


    最後の手段としてカードローンの利用を検討してみること

    資金使途が自由、契約の枠の範囲内であれば何度でも借入可能という特徴があるカードローンを美容整形の費用に充てる場合には以下のようなメリットとデメリットがあります。


    カードローンで美容整形費用を捻出するメリット

    医療ローンに比べると審査通過への期待値を高く持つことができる

    中には年収や勤続年数、職業による申込の制限が設けられているものもありますが、ほとんどのカードローンが20歳以上で安定した収入を得てさえいれば利用が可能とされています。


    例えば、学生の場合でも成人していてアルバイトなどで収入を得ている人は十分に融資を受けられる可能性が見込まれます。逆に20歳を超えていて無職の場合は、配偶者に収入がある場合を除いて審査通過は難しいでしょう。


    美容整形クリニックに支払うもの以外に必要なお金も用意することができる

    「県外の美容整形クリニックで施術を受けたいので交通費もかかってしまう」
    「見た目の変化に併せて、髪型や服装も変えていきたい」


    医療ローンで借りることができるのはクリニックに支払う資金のみですが、カードローンであれば契約した枠の範囲内であれば自由にお金を借りることができるので、一例ですがこのような費用を同時に用意することも可能です。


    誰にも知られることなく美容整形を受けることができる

    カードローンを利用するにあたり保証人を用意する必要はありませんので、誰にも知られることなくお金を借りることができます。


    高校生はさすがに無理ですが、連帯保証人を求められる可能性が高い学生や主婦の人には非常に嬉しいポイントではないでしょうか。
    たとえ無職でも、成人していて配偶者や家族に収入があれば、審査に通る可能性があります。


    最短だと即日で実際にお金を借りることも可能

    美容整形の費用捻出をそこまで急ぐという人は少ないとは思われますが、カードローンは申込から融資実行までをWEB上で簡潔できるものも多く、手続きが簡単で済むのも大きな特徴の一つです。


    契約する借入の枠が50万円以下であれば、ほとんどの場合、運転免許証やマイナンバーカードなど顔写真入りの本人確認書類ひとつで契約を完了させることが可能です。


    カードローンで美容整形費用を捻出するデメリット


    カードローンを美容整形費用捻出のために利用する際の注意点


    審査通過のハードル、申込から融資実行までの手続き、契約完了後の利便性などについては申し分ないのですが、医療ローンに比べるとカードローンの金利はやはり高めとなってしまいます。


    主要カードローンの金利と借入限度額
    カードローン 金利 借入限度額
    三井住友銀行 カードローン 4.0%〜14.5% 10万円〜500万円
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%〜14.6% 10万円〜800万円
    みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0% 10万円〜800万円
    楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% 最大800万円
    オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8% 最大800万円
    プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円
    アコム 3.0%〜18.0% 1〜800万円
    アイフル 3.0%〜18.0% 1〜800万円
    SMBCモビット 3.0%〜18.0% 1〜800万円
    レイクALSA 4.5%〜18.0% 1〜500万円

    医療ローンが金利10%以下での契約も可能なのに対し、カードローンの場合だと金利が低めとなる銀行カードローンを利用した場合でも適用される金利は14%前後となるのが一般的です。


    消費者金融では約18%が平均的な数値となるので、医療ローンに比べるとかなり金利が高めとなります。


    以下表を見てもらうと分かるように、融資を受ける金額が大きくなればなるほど、金利が利息に与える影響は大きくなっていきます。


    各金利の1ヶ月あたりの発生利息表
    借入金額 金利10.0% 金利14.5% 金利18.0%
    10万円 821円 1,191円 1,479円
    20万円 1,643円 2,383円 2,958円
    30万円 2,465円 3,575円 4,438円
    40万円 3,287円 4,767円 5,917円
    50万円 4,109円 5,958円 7,397円

    ※1ヶ月は30日で計算 ※小数点以下切り捨て


    美容整形にかかる費用や求める条件は人それぞれ異なりますし、あくまでゼニエモンの個人的な見解ですが、美容整形費用をローンで捻出したいと考えている場合にはまず最初に自身が施術を受ける美容クリニックの医療ローンの利用を検討してみることを推奨します。高校生はまずほとんどの場合、親名義でローンを組むことになるため、医療ローン一択です。


    カードローンを利用した美容整形費用の捻出については、クリニックで取り扱う医療ローンの審査が難しいと判断される人、あるいはすでに審査に落ちてしまった人のみが検討するべきだと考えています。


    以下、美容整形の費用捻出に向いているカードローンを紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

    楽天銀行スーパーローン(カードローン)


    楽天銀行スーパーローンは、当サイトの調査で、利用者全体のうち約13%の方が利用しており、全業者の中でもシェア率がトップクラス、初めての利用者から既に利用経験のある人どちらに対しても人気のカードローンです。


    金利は最大でも14.5%と低金利ですが、年収や勤続年数、職業などによる申込の制限は設けられておらず、20歳以上であればアルバイトの学生、パートの主婦の人でも申込の対象とされており、多くの人が利用可能となっています。


    美容整形にかかる費用が20万円〜30万円程度だという人には楽天銀行スーパーローンの利用がオススメです。

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    1.9%〜年14.5% 最大800万円 最短翌日 無し 不要 有り
    遅延利率 申込資格※ 保証会社 来店必要の有無
    19.9% 20歳〜62歳 楽天カード株式会社 ネット上のみで完了



    三井住友銀行グループ プロミス

    プロミスのバナー画像


    医療ローン、銀行カードローンに比べると金利は高めとなりますが、今回の美容整形に必要な費用が10万円以下と少額な人はプロミスを選べば間違いありません。


    20歳から69歳で無職でない、仕事をしている人なら誰でも利用する事ができますし、メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録を行うことで、初回の借入から30日間は、無利息期間を利用することが出来ます。


    二重まぶたのプチ整形やヒアルロン酸注入、ワキ脱毛などといった少額の美容整形を受ける際には、利用するローンの第一候補として挙げられます。


    また、プロミスは最短即日で融資を受けることも可能なので、予定したよりも整形費用が高くついてしまい急いで不足分を用意しなければならないといったような緊急性の高い出費にもバッチリ対応しています。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20歳〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

    ※30日間無利息の利用はメールアドレスの登録とweb明細利用の登録が必要となります。





    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ