アイフルの金利の解説と他社との比較

掲載日:

アイフルの金利についてを詳しく解説


このページではアイフルの金利についての解説と、他社と比較してどうなのか?という事についてを詳しく解説したページです。

現在アイフルの利用を検討しているけど、金利面で損をしたくないしあらかじめ知っておいて安心しておきたいという人はこのページを吟味していただけると嬉しいです。


アイフルについて申込や審査、契約の流れなど全体像を知りたいという人は、以下のページをお読みください

アイフルの金利はどれくらいなのか?他社と比較し詳しく解説



    アイフルの金利はどれくらい?

    アイフルの50万円以内の契約を行った時の適応される金利のイメージ


    アイフルの金利は、4.5%〜18.0%となっており、大手消費者金融の中では、平均的な金利であり、銀行カードローンの中では平均よりも高めの金利と言える金利です。


    銀行カードローンよりも高めではありますが、10万円の借入に対して発生する月々の利息の差額は、300円程度なので、50万円以下の融資希望であるならさほどシビアに気にしすぎるほどではありません。


    初回契約時は、18.0%の金利が適応される

    アイフルだけではなく、大手消費者金融の場合は基本的に初回契約時は、上限金利での契約となります。


    アイフルは初回契約時はほぼ上限金利での契約となる


    ただし、これは、100万円を超える限度額の契約や、おまとめローンとしての利用ではなく、あくまで新規契約であり、50万円以下の契約金額による金利としてイメージしておきましょう。


    アイフルの毎月の利息について

    上記で、基本的に金利は、新規申し込みによる金利は18.0%と説明しました。
    この金利を言われたところで、どのくらいの利息が付くのかいまいちイメージしにくいと思います。


    以下の表で、18.0%による金利の1日当たりの利息と、1ヶ月(30日換算)の利息をまとめてみました。


    融資を受けた金額 1日当たりの利息 1ヶ月当たりの利息
    10,000円 5円 150円
    50,000円 25円 750円
    100,000円 50円 1,500円
    200,000円 100円 3,000円
    300,000円 150円 4,500円
    400,000円 200円 6,000円
    500,000円 250円 7,500円

    ※1ヶ月は30日として換算しています。
    ※端数を切り捨ているので、多少の誤差があります。


    目安としては、10万円に対して1ヶ月で掛かる利息は1,500円というイメージをしておくとわかりやすいので指標としておきましょう。


    人それぞれですが、毎月自由に使えるお金が3万円以下の人は30万円を超える金額の融資を受けると返済が厳しくなるので、この金利で借りてもどうにでもなるというのは10万円を上限として考えましょう。


    アイフルは利用年数に応じて金利の引き下げがある事も

    アイフルの場合は、利用年数に応じて金利の引き下げを行ってもらえる事があります。


    これは、アイフルに直接電話を行い交渉するか、利用年数を長く利用しており、かつ滞納がなかった場合は途上与信によって引き下げを行ってくれる場合もあります。


    ゼニエモンの場合ですが、2010年に契約を行い、必要な時に3万円程度の融資を受けては完済するといった利用を行っていました。
    その際に滞納はしていません。


    2013年の時点で、金利が17.0%と1.0%ほど引き下げを行ってもらえました。


    アイフルの金利が引き下げられた事を証明する画像と図解


    他社のカードローンとの金利比較

    次に他社のカードローンとの金利を比較してみました。融資を受ける金額は50万円以内として想定しています。


    業者名 適応金利 金利差
    アイフル 18.0% -
    プロミス 17.8% -0.2%
    アコム 18.0% 同等
    SMBCモビット 18.0% 同等
    三菱UFJ銀行 14.6% -3.4%
    三井住友銀行 14.5% -3.5%
    みずほ銀行 14.0% -4.0%
    オリックス銀行 17.8% -0.2%
    楽天スーパーローン 14.5% -3.5%

    このようになっており、銀行カードローンとの金利差は3.0%前後となります。



    この金利差は、50万円を超える融資を受けると差額が月々1,250円(3.0%差)〜1,667円(4.0%)程度の差額が発生する為、50万円を超える融資を希望する人は銀行カードローンの方をおすすめします。


    アイフルは初回契約から30日間は無利息期間が適応される!

    アイフルの場合は、初回契約時に限り、契約日より30日間無利息期間が適応されます。
    つまりこの間は、借りた金額に対して利息がつくことがありません。


    短期借入を希望している人は、銀行カードローンよりも低い金利で融資を受ける事が出来るため、6ヶ月以内の短期での融資を希望する人は、アイフルの方が低金利で融資を受ける事が可能です。


    30日の無利息期間は銀行カードローンから受けた融資のどれくらいに相当するのか?

    融資を受けたい金額 銀行の1ヶ月の利息 アイフルの1ヶ月の利息 相当する月数
    10万円 1,208円 1,500円 約5ヶ月分
    20万円 2,417円 3,000円 約6ヶ月分
    30万円 3,625円 4,500円 約4ヶ月分
    40万円 4,833円 6,000円 約5ヶ月分
    50万円 6,042円 7,500円 約4ヶ月分

    これは、銀行の平均的な金利である14.5%とアイフルの18.0%の融資が1ヶ月無利息であるなら、どれくらいの期間が銀行カードローンの金利と同等のパフォーマンスがあるのかという事をザックリとした表で比較したもので、実際には元金の返済もあるため、もう少し長い期間となるのですが、1ヶ月後に新たに融資を受けない場合は、これだけの期間、銀行から融資を受けているのとほぼ同等となるため、半年以内の短期融資を希望する人はアイフルの金利でも十分低金利の範囲で融資を受ける事が出来ます。


    より低金利の「ファーストプレミアムカードローン」もおすすめ

    ファーストプレミアムカードローンの画像の切り抜き


    上記の金利はすべてアイフルの通常のフリーキャッシングでの金利についてを解説しましたが、アイフルには同様の商品ではありますが、金利が銀行カードローンを遥かに上をいく低金利で融資を受けれるローンがあります。


    それが、ファーストプレミアムカードローンというローンです。このローン商品は金利が4.5%〜9.5%までの金利で契約が可能となるため、最高の金利が適応された場合でも、9.5%の金利で利用することが出来ます。


    通常のフリーキャッシングと異なる点

    通常のフリーキャッシングと異なるのは、利便性こそ同じですが、最低限度額が100万円からとなるため、審査基準が通常よりも高いという事は知っておきましょう。その上で異なるのは下記の点です。


    • 現在利用中の人は切り替えが出来ない
    • 最低限度額は100万円から
    • 前年度の年収が300万円以上ないとならない
    • 他社での融資は、極力ない方がいい

    最初にファーストプレミアムカードローンの審査を受けるべき!?

    ここで、ちょっとした豆知識ですが、もしこのファーストプレミアムカードローンの方がいいと思った人は、審査に自信がない場合でも、こちらへ申込をしておくことをおすすめします。
    というのも、ファーストプレミアムカードローンの審査を落ちた場合であっても、通常の審査の方も行われるため、こちらで落ちたとしても通常のキャッシングへの審査が通っている場合は審査通過となるからです。


    この逆はなく、例えファーストプレミアムカードローンの審査が通る人であったとしても、通常のキャッシングの申込をした場合はこちらの方での契約が出来ませんし、切り替えることも出来ません。
    ファーストプレミアムカードローンが気になるという人は、こちらの申込を行っておくようにしましょう。


    ファーストプレミアムカードローンについて詳しく知りたい人は以下のページをお読みください。

    ファーストプレミアムカードローン「アイフル」についてを徹底調査!あらゆる角度で解説します!

    アイフルの金利のまとめ

    最後にアイフルの金利についてをザックリとまとめます。

    アイフルの金利は基本的に18.0%で決まる
    18.0%の金利は消費者金融の中では普通で銀行と比較すると若干高い金利である
    アイフルは利用年数に応じ、途上与信にて金利の引き下げが行われる事がある
    18.0%の金利は10万円借りたら月に1,500円の利息がつく
    アイフルは初回契約時に限り、30日間の無利息期間がある
    無利息期間は3ヶ月以内に完済予定の借入であれば銀行よりも利息はトータル的に安くなる

    アイフルの金利は、利息制限法で定められている上限金利の適応(18.0%)となる為、この金利以上になることはありません。

    この金利はゼニエモンの過去の経験から言える事は、30万円以下の融資ならそこまで苦もなく返済が可能な金利です。これ以上になる場合で他社の借り入れがある場合は、おまとめローンも取り扱いがあるので、こちらの方を利用した方が低金利で融資を受ける事が出来るので、自身の返済プランに沿って検討してみましょう!

    ※10万円以下の枠はアイフルにはないため上限は18.0%となります。



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ