アイフルの増枠について徹底解説したページの見出し画像

アイフルの「増枠」についてを詳しく解説

更新日:

「急いで支払わないといけない請求があってアイフルから借入しようと思ったのに限度額がいっぱいでお金が借りられない!」


契約の枠内で自由にお金を借りることができるのがカードローンの最大のメリットですが、借入の枠がいっぱいになってしまった状態では何の役にも立ちません。


このような時に融資を受ける為の選択肢として挙げられるのが借入限度額の「増枠」です。


ただ、この増枠はアイフルとの契約がある人であれば誰でも簡単に行えるものではありません。


このページではアイフルの増枠の申込条件や方法、審査の基準や所要時間などについて詳しく解説していくとともに、増枠以外の方法による追加での融資の受け方についても紹介していきます。


どうしても追加での融資が必要で増枠を検討している人に参考にしていただければ幸いです。


このページはアイフルの「増枠」についての情報のみに特化しています。
今現在すでにアイフルとの契約がある人に向けた内容となっているので、新規申込を検討しているという人は以下ページを参考にして頂けると幸いです。



    アイフルは「増枠」の申請に対応している?

    アイフルの増枠の申込には審査が必須


    新規契約時に審査を通過することで借入の枠が設定されるのと同様に「増枠」を行う際にも必ずアイフルの審査をうける必要があります。


    審査の厳しさ、通りやすい条件、増枠が認められない条件などについて詳しくは後述しますが、アイフルの新規契約時の審査に通ったからと誰でも増枠が認められるわけではないということは理解しておくようにしてください。


    アイフルから増枠の案内が届いた場合は審査は受けなくてもいい?

    答えは「NO」です!


    アイフルを継続して利用している場合、以下のようなメールや電話にて借入限度額の増枠の案内が届くことがあります。


    いつもアイフルをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。


    増額可能のご案内 


    ご利用限度額の増額が可能となっております。


    増額をご希望される場合は、手続きをお願いします。(操作時間:約1〜2分)



    <アイフルATMでも手続き可能です。>
    はじめに、『ご融資』ボタンを押して手続きをお願いします。


    ※一部のお客様は、インターネットでの手続きができない場合があります。
    その際は、アイフルATMからの手続きをお願いします。


    引用元:限度額の増枠可能時のご案内メール(サンプル)より


    この「増枠可能時の案内メール」を見ると、1〜2分程度の簡単な手続きで増枠ができるのではないかと感じますが、この所要時間はあくまで増枠の申込手続きにかかる時間で実際に借入限度額の再設定までにかかる時間ではありません。


    メールあるいは電話にて増枠の案内があった場合でも、必ず審査を受ける必要があります。


    増枠の案内があったからと安易な増枠の申込はしてはならない

    借入限度額を増やすための増枠の申込により「減枠」されてしまうリスクを知る


    増枠の案内が届いた状態からの申込で「減枠」と判断されるケースは希ですが、他社から借入金額があまりにも増えすぎている、返済の遅延・滞納が悪目立ちするような場合には、残っている借入可能な枠が引き下げられる可能性もあります。


    増枠の案内が来たから自分は申込さえすれば簡単に増枠できると考えてはいけません。安易な増枠の申込は行わないようにしましょう。


    増枠の審査の基準について:新規申込より審査通過の難易度は高い?

    増枠には審査が必要で、誰でも借入限度額を増やしてもらうことができるわけではありませんが、逆にアイフルとの契約がある人であれば誰でも審査自体は受けることができます。


    アイフルと新規契約が出来た人、つまり20歳以上で安定した収入さえあれば、増枠の審査の対象となります。


    アルバイトだから、フリーターだからなどといった理由で増枠の申込の対象外とされることはありません。


    アイフルの増枠の審査は新規契約時の審査の基準と比較して厳しいのかを考察


    審査通過の難易度の高さは増枠の申込の検討をしている人の多くが気になるポイントではないでしょうか?


    ただ、カードローンの審査の基準については、新規申込、増額、どちらも審査通過の具体的な基準は明らかにはされていません。


    そのため、一概に増枠と新規申込どちらの方が審査が厳しいということをお伝えするのは難しいのですが、基本的に新規申込に比べると増枠の申込の方が審査通過の難易度は高くなると考えて申込を検討するべきだと言えます。


    新規申込に比べ増枠の申込時の審査通過の方が難しくなる理由

    契約する借入限度額が大きくなればなるほど審査は厳しくなる

    新規申込にしても増枠の審査にしても、年収、勤続年数、職業、雇用形態、家族構成、居住形態などといった申込者から得られる情報と、信用情報機関からの情報開示により得られる情報の2つから総合的に申込者の「返済能力」を判断するという点には違いはありません。


    その返済能力の高さにより審査通過の可否、融資可能金額が決定されるのですが、原則どの金融機関のカードローンでも借入限度額が大きくなればなるほど、より高い返済能力が求められることになります。


    増枠の審査に通ることが出来るのは、「増枠後の借入限度額に対する返済能力が認められる人」のみです。


    すでに借金がある状態で審査を受けることになる

    借入の枠は残っているが、いざという時の備えとして増枠しておきたい、金利引き下げを目的に増枠を利用したいという人は稀で、増枠の検討をしている人のほとんどが新規契約時の限度額いっぱいまで借入してしまっていて枠がすでに残っていないという状態です。


    つまり毎月いくらかの返済の義務が生じている状態です。


    「返済能力は」収入が多くなればなるほど高く評価され、反対に支払いが多くなればなるほどその評価はマイナスとなります。


    新規契約時に比べ返済能力がプラスに判断される事項がない場合、借入の枠を使い切っているということはその分返済能力はマイナス評価となるので、新規契約時よりも審査通過のハードルは高くなると考えられます。


    増枠の審査を通過するために抑えておきたいポイント


    一般的には増枠の審査通過の難易度は新規契約時よりも高くなるのですが、新規契約時よりも返済能力が高く評価される事項が多くなればなるほど、増枠の審査通過への期待値は高く持つことができます。

    増枠の審査通過に有利になる条件、最低限抑えておきたいポイントを以下に詳しくまとめました。

    増枠の審査に通過するために最低限抑えておきたいポイント

    返済期日に遅れることなくきちんと返済を行っている

    これは増枠の審査に通過するための絶対条件です。


    約束した日時までにお金を返してくれていない人にさらに追加で融資をしてくれる金融機関など存在しません。


    新規契約時の借金が着実に減っている人、すでに完済している人についてはアイフルにとっての「優良な顧客」として判断されるのでその分審査通過への期待値は高く持つことができます。


    新規契約から6ヶ月以上経過していること

    アイフルでは利用期間による増枠の申込の制限は設けられていません。


    ただ、以下の理由から半年以内に増枠の申込をしても審査に通過できる可能性は非常に低いと考えられます。


    あまりに利用期間が短いと返済能力の変化は見込まれないため、借金がある状態での申込では返済能力はマイナスの評価しかされません。


    6ヶ月経てば増枠の審査に通るということではありませんが、その間きちんと遅れることなく返済していれば信用度は高くなりますし、勤続年数が伸びるぶん返済能力はプラスの評価となります。


    増枠の審査通過に有利になる事項

    年収が高くなっている

    上項目でも触れていますが、収入が増えれば増えるほど基本的に返済能力は高く評価されることになります。


    新規契約時は学生でアルバイトによる収入だったが、今現在は就職して正社員として働いているなどという場合には返済能力が大幅に高く評価される可能性が高く、その分増枠の審査通過への期待値も高くもてます。


    単純に毎月の給料が上がっていても、勤続年数がまだ短い場合には逆に返済能力はマイナスに評価されることもあるので注意が必要です。


    積極的に繰り上げ返済を行っている

    一定の期間内に何円の返済ができたかという点は、返済能力を測る上で非常に重要視されるポイントとなります。


    借入金額ごとに定められた最低返済額以上の繰り上げ返済を積極的に行い、着実に借金が減って言っているという場合、支払いに余力があると判断され返済能力の高評価に繋がります。


    一度の遅れることなくアイフルからの借入金を全額返済しているというような人は、アイフルからの信用度はかなり高くなっていると考えて問題ありません。


    他社ローンからの借金が増えていない

    もし自分がお金を貸した友人が他の友達からもお金を借りていることを知った場合、さらに追加でお金を貸してあげることができる人はなかなかいないと思います。


    カードローン業者の場合、申込者の返済能力から総合的に審査通過の可否を判断するので、他社ローンが増えているから100%増枠の審査に通過できないということではありませんが、確実に審査通過のハードルは高くなってしまいます。


    アイフルで増枠可能な借入限度額の上限について

    アイフルで増枠可能な借入限度額の上限


    上項目で紹介して条件をすべて満たす場合、アイフルでの増枠ができる可能性は非常に高いのですが、増枠できる借入限度額には上限があります。


    アイフル含め正規の消費者金融はすべて貸金業法という法律に基づいて融資を行っており、総量規制の対象となるため、年収の1/3を超える融資を行ってはならないと法律により定められています。
    ですので、仮に年収が300万円だという場合、借入できる金額の上限は100万円となります。(※自動車ローンや住宅ローンは除く)


    アイフルの借入限度額の上限は800万円とされていますがこの枠で契約できるのは年収が2,400万円以上ある人のみになるということです。


    ちょっと現実的ではないですよね、、。


    それに加え、総量規制の範囲内いっぱいまで借入の枠が設けられるということはあまりありません。


    年収が300万円以上ある人でも新規契約時に設けられる借入の枠は50万円程度、増枠の審査に通ったとしてもいきなり50万円以上の増額が認められることは少なく、基本的には1回の申請で増枠されるのは10万円〜20万円程度となる傾向にあります。


    金利引き下げを目的に増枠の申込を検討している場合

    アイフルの金利は4.5%〜18.0%とされていますが、新規契約時にはほぼ100%の人が上限金利18.0%での契約となります。


    もし仮に今回の増枠の申込にて借入限度額が100万円を超えた場合には適用される金利は最大でも15.0%となり3%の金利引き下げとなるのですが、1回の増枠により借入限度額が100万円を超える可能性は非常に低いです。


    増枠後の借入限度額が100万円に届かなかった場合でも、金利が引き下げられることもありますがその場合には1%〜2%程度の引き下げとなると考えておきましょう。


    アイフルの増枠では大幅な金利引き下げは見込まれないので、今現在アイフルからの借入金をすべて返しきっていて金利引き下げの為に増枠を検討しているという人には端から上限金利が低めに設定されているカードローンの利用を検討してみることを推奨します。


    以下ページで低金利でオススメなカードローンを特集していますのでぜひ参考にしてみてください。



    増枠の審査通過が非常に困難になると考えられる利用状況について


    借金がある状態での増枠の申込は審査通過のハードルが新規契約時よりも高くなりますし、以下のような返済能力がマイナスに評価されてしまう事項がある場合には、審査通過は非常に困難になると考えておく必要があります。

    以下に増枠の審査通過が困難になってしまう条件をまとめたので、自身の今現在の利用状況と照らし合わせてみてください。

    増枠の審査通過が非常に困難になると考えられる人の条件

    • 借入限度額いっぱいまで融資を受けている
    • 毎月の返済に遅れや滞納がある
    • 他社ローンからの借入が増えている
    • 転職をしてまだ間もない
    • 退職して今現在無職となっている

    毎月の返済に遅延・滞納がある場合

    上項目でも説明していますが、返済の遅延・滞納がある人に新たな融資を行ってくれるカードローンなど存在しません。


    ダメ元で申込をした場合、その申込情報が信用情報機関に追加されることになるので、さらに状況は悪化してしまいます。


    過去に返済が遅れたことがあり、今現在はきちんと返済しているけど審査が不安だという人は以下ページを読んでみてください。


    信用情報機関の情報開示の方法と見方を分かりやすく解説しています。



    他社ローンが増えてしまっている

    他社からのローンが増えているから増枠の審査通過の可能性が全くないということではありませんが。「他社からのローンも含めた総借入金額が年収の1/3を超えてしまっている」というような場合には、増枠の審査を含めカードローンの審査に通過できる可能性はほぼ「0」です。


    2018年1月以降、銀行カードローンも消費者金融と同じように自主規制という形で総量規制を取り入れています。


    今現在、総量規制の対象外で利用できるカードローンは「貸金業法に基づくおまとめ(借換え)ローン」のみとなっています。


    カードローンの返済が困難でその資金の捻出の為に、増枠の申込を検討をしていたという人は以下ページを参考にしていただく事を推奨します。


    借入限度額いっぱいまで融資を受けている

    借入の枠を使い切ってしまってはいるけど返済の遅延・滞納はない、なおかつ今現在借金があるのはアイフルからのみだという人は、増枠の審査に通過できる可能性は残されますが、増枠の申込よりも他社カードローンへの新規申込の方が審査通過への期待値を少しでも高くもつことができます。


    他社カードローンへの新規申込による追加融資を検討してみる


    増枠の申込ではなく他社カードローンへの新規申込をオススメする理由


    どの金融機関のカードローンでも言えることなのですが基本的にカードローン業者は新規顧客の獲得に最も力を入れる傾向にあるため、増枠の申込よりも他社カードローンへの新規申込の方が審査通過への期待値を少しでも高く持つことができます。


    ただし、他社カードローンへの新規申込については以下の点に注意、理解したうえで行うようにしてください。


    増枠ではなく新規申込を行う際に注意しておくポイント

    申込時に申告する借入希望額は少額にする

    アイフルとの新規契約時から年収が大幅に増えている、非正規雇用から正規雇用になっている、役職がついている、勤続年数が長くなっているといった審査の際にプラスに判断される要素が増えている場合にはある程度の借入の枠が設けられる可能性もありますが、基本的には10万円以上の枠が設けられる可能性が低いと考えておく必要があります。


    希望する借入金額が大きくなればなるほど審査通過の難易度は高くなるので、必要最低限、少額の申込とすることを推奨します。


    毎月の返済の負担が大きくなる

    増枠を行い追加での融資を受けた際は毎月の返済額は変わらない場合もありますが、他社カードローンとの新規契約を結んだ場合には毎月の返済は2カ所に行うことになり当然ですが返済の負担は大きくなります。


    今現在アイフルに返済している金額+新たな借入先への返済となるので、他社カードローンを利用しお金を借りる際には、毎月の返済額を必ず確認し、しっかりとした返済計画を立てたのちに申込を行うようにしましょう。


    限度額いっぱいまで借入している人に新規申込がオススメできるカードローン


    今現在の借金の金額は人それぞれですが、すでに借入限度額の枠いっぱいまで利用してしまっている人が追加での融資を受けるのは10万円以下に抑えるべきだとゼニエモンは考えています。

    「新規契約時に設けられた借入の枠=現時点での申込者の返済能力」だと言えるので、それを大きく超える融資を受けてしまうと、返済は非常に困難なものとなり、最終的には破産してしまうリスクがメチャクチャ高くなってしまいます。

    ですので、ここでは10万円以下の融資に最も適したカードローンのみを紹介することとします。

    10万円以下の融資を受ける場合、金利が利息に与える影響は大きくないので、金利が低い分審査通過が困難となる銀行カードローンは選択肢から外されます。

    となると、候補として残るのはプロミス以外の大手消費者金融4社(プロミス・アコム・SMBCモビット・レイクALSA)となるのですが、この中で最も10万円以下の融資に向いているのがレイクALSAです。

    以下、その理由と特徴を解説しているので、見てください。

    最大180日間の無利息サービスがある「レイクALSA」が追加融資には最適

    レイクアルサのロゴ画像

    レイクALSAには無金利サービスがあり、特に注目したいのが60日間無利息で利用できるサービス。

    レイクALSA60日無金利期間アピール

    30日間無利息サービスについてはプロミスやアコムでも取り扱いがありますが、さすがに60日間無利息はないです。すごいですねレイクALSA…

    ちなみに5万円以下の少額融資を受けると60日ではなく無利息期間は180日間となります。

    仮に借入する金額が10万円であればそのうちの5万円に対しては180日間利息の発生なし、もし追加での融資希望額が5万円以下、半年以内に完済することができれば、1円も利息を支払うことなく融資をうけることも可能です。

    金利・借入方法・返済額などの全体的なスペックはアイフルとほぼ変わりませんし、審査スピードはメチャクチャ早いのでアイフルと同じく最短即日融資(※)が可能となっているので、追加融資を少しでもお得にしたいという方はレイクALSAがおすすめ。

    (※) ※21時(日曜日は18時)までの契約を行えば当日中に振込みでの融資が可能!
    ※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    ※【無利息期間について】
    ・初めてレイクALASAを利用する方が対象です。 ・WEB経由で申し込みをした方が対象です。
    ・ご契約額1万〜200万円までの方が対象です。 ・お借入れ額5万円まで180日間無利息、それ以上の方は60日間無利息が適用されます。
    ・30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。 ・初回契約日翌日から無利息適用となります。
    ・無利息期間経過後は通常金利適用。
    【貸付条件】
    ●新生フィナンシャル株式会社●登録番号/関東財務局長(9)01024号
    ●極度額/1万円〜500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%〜18.0%
    ●遅延損害金(年率)20.0%
    ●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
    ●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査
    ●必要書類/運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5〜18.0% 1万円〜500万円 申込み後最短15秒で審査結果を表示 なし 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0% 20歳〜70歳以下(※) 残高スライドリボルビング・元利定額リボルビング ネット上のみで完了
    (※)日本国内に居住しており自身のメールアドレスを持っていること



    アイフルの増枠の基本情報

    ここまでの内容をすべて理解した上で、利用状況、目的から自身には増枠の申込が最も適していると判断された人は以下にアイフルの増枠の申込方法や必要書類、借入枠再設定までの流れ、所要時間などをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。


    増枠の申込方法

    • アイフルインターネット会員ページにログイン
    • フリーダイヤル(0120-201-810)に電話
    • アイフル店舗(自動契約機)への来店

    新規契約時は土日でも9:00〜21:00まで申込の受付を行っているのですが、電話での増枠の申込受付は平日のみの受付とされています。


    インターネットからの申込であれば土日祝日問わず、申込は可能ですが審査が行われるのは平日のみとなるということを理解しておく必要があります。


    インターネットからの申込にはメールアドレスの登録が必須となります。


    増枠の申込時に提出が必要となる書類

    アイフル増枠の申し込み時の必要書類の再提出について


    新規契約時に申告した氏名・住所から変更がない場合、増枠の申込の際に本人確認書類を再提出する必要はありません。


    引越しや婚姻などにより、氏名・住所に変更があった場合にのみ、再度提出が必要とされています。


    また、その際も必要書類の提出は新規契約時と同じようにWEBアップロードあるいはアプリから行うことができるので、郵送やFAXといった面倒な手続きは不要です。


    増枠の審査には収入証明書の提出が求めらる可能性が高い

    増枠の申込を行う際の収入証明書の提出条件は、新規申込み時と同様で以下に該当する場合には必ず必要とされています。

    • 融資希望額が50万円を超える場合
    • 他社からの借入額と今回の融資希望額のトータルが100万円を超える場合

    ゼニエモン自身、アイフルを過去に利用していたことがあり何度か電話による増枠の案内を受けたこともあります。


    その時に契約していた借入限度額の枠は20万円と少額だったのですが、増枠の金額に関わらず収入証明書の提出が必要とのことでした。


    すべての人が該当するわけではありませんが、増枠の審査の際には契約する借入限度額に関わらず、収入証明書の提出を求められる可能性が高いと考えておきましょう。


    なお、ゼニエモンは当時、個人事業主となったばかりで収入証明書の提出が難しかったので増枠の審査を受けることはできませんでした。


    アイフルでは収入証明書として以下の書類は認められます。


    アイフルへ提出が求められた場合に提出する収入を証明する書類


    収入証明書の提出もWEBアップロードで行うことができるので、新規申込時に比べ年収が上がっているという人は、事前の収入証明書の提出を積極的の行うことをオススメします。


    申込から実際に借入の枠が変更されるまでの流れと所要時間

    アイフルの増枠の申込から実際に借入の枠が変更されるまでにかかる時間


    アイフル増枠の申込から借入限度額増枠までの流れ

    • 増枠の申込
    • 必要に応じて書類提出
    • 審査結果の回答
    • 増枠の契約手続き
    • 借入限度額の再設定・追加融資実行

    増枠の申込を行い新たな借入限度額での契約の際に、新しいローンカードを再発行する必要はありません。


    すでに手元にあるローンカードをそのまま利用することが可能ですし、ローンカード発行なしで契約している人もそのまま継続してカードレスで取引を続けることができます。


    審査にかかる時間は最短だと即日、遅くとも2〜3日以内には審査結果の回答は行われるとのことでしたので、急いで追加での融資を受けたいと考えている人には嬉しいポイントとなります。


    増枠の審査の際の「在籍確認」の有無

    アイフルでは増枠の審査の際には原則、「在籍確認」を再度行うこと必要はないとのことでした。


    新規契約時から勤務先が変わっている場合にのみ、勤務先への電話連絡による在籍確認は行われることになります。


    在籍確認に抵抗があったという人は、他社カードローンへの新規申込よりもアイフルでも増枠の方が安心できます。


    アイフルでの「増枠」についてのまとめ


    今現在のアイフルとの取引状況、利用の目的によって増枠の申込の向き不向きがありますが、基本的には増枠の審査は新規契約時よりも厳しめとなると考えて申込を検討するようにしてください。

    また、増枠にしろ他社カードローンの新規申込にしろ、借入可能な枠が大きくなる、借金が増加してしまうリスクが高くなるということには変わりありませんので、どちらの方法を選択する場合も、融資を受ける金額は必要最低限に抑え、無理のない返済計画を立てたうえでカードローンの利用はするようにしましょう。

    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン 審査が不安な方 お問い合わせ