ペットの治療費・病院代の支払いに困ったときの対処法について解説したページの見出し画像

ペットの医療費をローンで支払う場合の考え方やおすすめのローンについて

更新日:

「早く病院で治療してあげたいけど治療費が高額で支払いが難しい……」

「大事な家族だからなんとかしてあげたいけど本当にお金がなくて困っている……」


ペットを飼っていると、ワクチンの接種費用・去勢避妊手術費・定期検診費用など様々な費用がかかります。


また、ペットの治療費は人間と違い保険が効かないため、高額な費用の準備ができない人も多いです。


以下で、ペットの治療費の支払いに困ったときの対処方法と、将来の備えについて詳しく解説していくので、最後まで読んでもらえれば幸いです。

とにかく今すぐお金を用意して病院に行きたいなら『レイクALSA』がおすすめ!業界最長の無金利期間が魅力

レイクALSAのロゴ画像


レイクALSAには初回利用者に提供している無金利サービスが2種類あり、特に注目したいのが利息が最大60日間無利息になるサービスです。


つまり、2ヶ月以内に完済すれば金利を一切支払う必要がなく、すぐに返済できる目処が立っている人に特におすすめと言えます。


また、借入額のうち5万円の利息を最大180日間無利息にできるサービスも提供しており、こちらは少額融資を希望している人におすすめです。


ただし、利用にはWeb申込が必須となっており、店舗での契約では適用されない点に注意しましょう。

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15秒※ なし 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0% 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方。
ご自分のメールアドレスをお持ちの方
残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ネット上のみで完了

※インターネットなら最短60分融資も可能

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です

一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます



    まずは必ず動物病院に相談をすること!

    動物病院によっては治療費の分割払いに対応してもらえる可能性がある


    ペットの治療費の支払いについて悩んでいる人は、まず治療を受ける動物病院への相談しましょう。


    動物病院では、以下のような対応をしてもらえる場合があります。

    • 一括でなく、複数回に分けて支払う
    • 通院治療の最終日にまとめて治療費を支払う

    各動物病院によって対応は異なり、どちらかといえば上記の対応をしてもらえるケースは少ないですが、相談して損をすることはありません。


    ただ、通常のローンのように審査があるわけではないので、支払いの延期や分納に対応してもらうためには、ある程度の信頼関係が必要になります。


    普段から定期検診やワクチンの接種などでお世話になっていて、信頼関係が築けている動物病院があれば、まずはその動物病院に相談してみるようにしましょう。


    複数の動物病院で治療費の比較をしてみることも重要!

    動物病院を比較している様子

    自分が風邪を引いてしまい病院に行く際、費用の安さで受診する病院を決めたことがある人はいないはずです。


    それもそのはず、人間の治療費は、厚生労働省が定める診療報酬点数に基づいて計算されているので、どの医療機関でも支払う治療費にほとんど差はないのです。


    その一方で、ペットの治療費は全く異なる方法で決まります。


    日本獣医師会の公式HPを確認すると、動物の治療費について以下のような文言があります。


    獣医師の診療料金

    獣医師の診療料金は、独占禁止法により、獣医師団体(獣医師会等)が基準料金を決めたり、獣医師同士が協定して料金を設定したりすることが禁じられています。


    つまり、現行法のもとでは、獣医師は各自が料金を設定し、競争できる体制を維持しなければならないことになっております。
    したがって動物病院によって料金に格差があるのはやむを得ない状況と言えます。この点についてどうかご理解ください。



    独占禁止法による獣医師の診療料金の設定についての概要


    このように、動物病院で支払う治療費は、まったく同じ治療内容であっても動物病院によって異なります。


    かかりつけの動物病院がない人や、少しでも治療費を抑えたい人は、複数の動物病院に相談して治療にかかる料金を比較してみるのがおすすめです。


    なお、犬の一般的な治療費用の相場は、以下のようになっています。


    犬の治療費用の相場
    病名 治療費用の相場 備考
    骨折 手術:10万円〜30万円(入院費込み)
    治療(ギブス固定):3万円〜5万円
    犬種や骨折の程度によって異なる
    癌(がん) 手術:3万円〜30万円
    治療(1回):1万円〜5万円
    癌の大きさや摘出する箇所によって異なる
    胃腸炎 手術:10万円〜20万円
    治療(1回):1万円〜4万円
    薬物治療なら安い
    尿路結石
    ※尿の通り道である腎臓(腎盂)、尿管、膀胱または尿道のいずれかに砂や石のような物質(結石)が形成される病気
    手術:5万円〜10万円
    治療(1回):1万円〜2万円
    入院の場合には1日5,000円〜8,000円程度かかる
    椎間板ヘルニア 手術:15万円〜35万円 車椅子などが必要になる場合には別途10万円程度かかることもある
    膝蓋骨脱臼 手術:25万円〜40万円
    治療(1回):5,000円
    一時的な脱臼であれば、手術は不要で治療のみ
    膿皮症
    ※皮膚に細菌が感染し、かゆみや脱毛などを引き起こす皮膚病
    手術:15万円
    治療(1回):3,000円〜5,000円
    白内障 手術:20万円〜30万円
    治療(1回):3,000円〜5,000円
    片目につき20万円〜30万円。
    手術になるとかなりの高額になる

    ペット治療費の支払いに困ったときに利用できる4つの対処法

    ペットの治療費に困っている様子

    • 受診する動物病院に分割での支払いあるいは後払いの相談をする
    • 少しでも治療費を低く抑えられる動物病院を探す

    上述の方法を実践しても、どうしてもペットの治療費の支払いが困難な場合の対処方法は、以下の4つです。


    動物でも利用ができるメディカルローンを利用して治療費を捻出する
    資金使途自由とされているカードローンを利用して治療費を捻出する
    銀行で取り扱われる「ペットローン」を利用して治療費を捻出する
    クレジットカード決済に対応している動物病院でペットの治療を受ける

    それぞれについて個別に詳しく解説していくので、現在の金銭状況やペットの具合から、どの方法が条件に合っているのか考えてみてください。


    【1】動物でも利用ができるメディカルローンを利用して治療費を捻出する

    ペットの治療費としてメディカルローンに申し込んでいる様子


    信販会社と契約している動物病院では、メディカルローンを利用することができます。


    動物病院のメディカルローンは、信販会社ジャックスのものが有名です。


    ジャックスのメディカルローンは、金利が年5%程度とかなり低く、お得に利用することができます。


    しかし、ジャックスを含め、メディカルローンに対応している動物病院は、ほとんどありあません


    メディカルローンを扱っているかどうかは、動物病院のホームページを確認するか、動物病院に直接電話をしなければ分かりません。


    なお、メディカルローンはローンの1つなので、審査があります。


    審査に通過しないと利用できないので、審査に落ちた場合は他の方法を考えましょう。


    【2】銀行で取り扱われる「ペットローン」を利用して治療費を捻出する


    銀行で取り扱われる「ペットローン」を利用して治療費を捻出する


    ペットローンと聞くと、ペット購入時やペット用品購入時に利用するものというイメージを持っている人が多いかと思います。


    しかしペットローンの中には、動物病院での治療費に充てることができるものもあります。


    ペットの治療費があまりに高額で支払いが困難な場合、銀行が提供する「ペットローン」の利用を検討してみましょう。


    具体的には、50万円を超えるような治療費の請求があり、その全額をローンで支払いたいケースは、ペットローンの利用が最も適していると言えます。


    ただし、ペットローンの利用にもデメリットがあります。


    ここでは、「スルガ銀行ペットローン」を例に、ペットローンを動物病院への治療費に充てるメリットとデメリットを詳しく解説していきます。


    動物病院への治療費支払いにペットローンを利用するメリット

    高額の治療費支払いにも対応できる


    スルガ銀行のペットローンは利用限度額が最高800万円までと、かなり高額な借り入れも可能です。


    重大なケガや病気による長期間の入院・治療が必要となった場合にも、ローンを利用して対応できるのが魅力でしょう。


    また、上限金利が7.5%と圧倒的に低金利な点、最長返済期間が10年なので月々の返済額を抑えやすい点も非常に助かるポイントです。


    資金使途の証明書類なしで事前審査を受けることができる


    ペットローンなどの資金使途が限定されている目的ローンの多くは、審査の際に資金使途が証明できる書類(請求書や見積書など)の提出が必要です。


    一方でスルガ銀行のペットローンは、書類なしで事前に審査を受けることが可能です。


    診療にかかる正確な費用は、実際に治療を受けてみないと分からないことも多いので、書類なしで審査を受けられるのは非常に嬉しいポイントでしょう。


    動物病院への治療費支払いにペットローンを利用するデメリット

    融資条件が良いので、その分審査が厳しめ


    どの金融機関でも同じですが、低金利で高額融資が可能なローンの審査は厳しめになります。


    仮にスルガ銀行ペットローンの審査に落ちてしまった場合、その情報は信用情報機関へ登録されることになり、他社のローンへ申込をする際にマイナスの判断材料となってしまいます。


    ローンの審査に対して少しでも不安材料がある場合、スルガ銀行ペットローンへの申込は慎重に判断しましょう。


    融資実行までには時間がかかってしまう


    スルガ銀行はインターネットからの申込に対応しており気軽に申し込みできますが、申し込みから融資実行までにやや時間がかかってしまいます。


    実際に電話で問い合わせたところ、申込から融資実行までは最短でも2日、申込内容・混雑具合によっては1週間〜2週間程度かかることもあるとのことでした。


    ペットを病院に連れていきたいけれど、お金のめどが立っていない状況の場合、急いでいることがほとんどです。


    すでに動物病院での治療を受けており、早急に治療費の支払いを行わなければならない人は、カードローンを利用した方が良いでしょう。


    • 動物病院への支払い期日までに時間の猶予がある
    • 治療費が高額になる予定
    • 他社ローンの返済に遅れや滞納がなく、審査に不安がない

    これらの条件に該当する人であれば、スルガ銀行ペットローンは治療費用を捻出するための対処方法として有効です。


    申込条件や返済方法などといったスルガ銀行ペットローンの詳細については、以下のリンクにある公式HPで確認できるので、必ず目を通してから申込手続きを行うようにしてください。


    スルガ銀行ペットローンの基本情報

    スルガ銀行ペットローンのバナー画像


    実質年率 限度額 口座開設 保証人 総量規制 職場連絡
    4.0%〜7.5% 100万円〜800万円 不要 なし - あり
    最長返済期間 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    120回 満20歳以上満65歳未満 スルガ・キャピタル(株) ネット上のみで完了



    【3】資金使途自由とされているカードローンを利用して治療費を捻出する

    緊急性の高い治療費捻出に最も適したカードローンでの資金捻出


    カードローンもメディカルローンと同様に金利が発生しますし、ペットローンやメディカルローンなどの「目的ローン」に比べると、カードローンの金利は高くなります。


    カードローンを利用して治療費を捻出するのは、緊急性の高い場合にだけ検討すべきと言えるでしょう。


    以下では、ペットの治療費にカードローンを利用するメリット・デメリットと、利用時に注意しておきたいポイントについて解説していきます。


    ペットの容態が悪いと焦る気持ちもありますが、必ず目を通してからカードローンを利用するかどうか判断するようにしてください。


    カードローンを利用してペットの治療費を捻出するメリット

    申し込んだその日のうちに治療費を用意することも可能

    最短即日融資も可能


    消費者金融の取り扱うカードローンであれば、業者によっては最短1時間程度で治療費を用意することが可能です。


    消費者金融に比べると低金利で利用できる銀行カードローンは即日融資には対応していませんが、最短2営業日で融資を受けられるものもあります。


    ペットローンに比べると審査通過への期待値を高く持つことができる

    審査通過の期待を持てる


    消費者金融はペットローンに比べると金利が高めな分、審査通過への期待値は高く持つことができます。


    なぜ金利が高い方が審査に通過しやすいのかというと、金利が高いと貸す側にとって見返りが大きいため、金利が低いローンでは貸さないような人にも、お金を貸してくれるからです。


    過去5年以内に債務整理の経験がある、他社ローンの返済を滞納している、年収の1/3以上の借金がすでにある(住宅ローンやマイカーローンは除く)、これらに該当する場合、どの金融機関のカードローンでも審査通過は非常に困難になります。


    カードローンを利用してペットの治療費を捻出するデメリット

    50万円を超えるような高額な治療費の捻出は難しい

    50万円以上の融資は難しい


    カードローンをはじめて契約する場合、借入限度額が50万円以下となる可能性が高いです。


    重大な疾患があり、長期的な入院や通院が必要な場合には、次チャプターで解説している銀行のペットローンを利用することを推奨します。


    金利が高いので利息が大きくなりやすい

    金利に不満がある様子


    金利が高いと、当然月々に発生する利息も大きくなります。


    利息が高いと完済までの期間が長期化しやすいので、だんだんと返済が苦しくなってしまいます。


    カードローンから融資を受けるのは最高でも30万円までとして、それ以上の資金については別の方法を検討するべきだとゼニエモンは考えています。


    • 治療の緊急性が高く、今すぐに治療費の用意が必要である
    • 必要な金額が少額である
    • ボーナスなどを利用して早期完済できる当てがある
    • その他の方法で治療費を捻出することが困難である

    これらに該当する場合、カードローンを利用したペットの治療費捻出が適していると判断できます。


    一口にカードローンといっても、「消費者金融のカードローン」と「銀行カードローン」で特徴が異なります。


    動物病院に支払う金額によって利用の向き不向きがあるため、以下でおすすめできるカードローンを紹介します。


    自分で用意できる費用とペットの容態から、自分自身にどちらのカードローンの利用が適しているのか判断していただければ幸いです。


    ペットの医療費におすすめのカードローン2選

    これから紹介するのは、初めての利用する人向けに無利息期間を設けているカードローンと、比較的金利が低い銀行カードローンです。


    カードローンに抵抗ある方にも利用しやすい2社なので、ぜひ参考にしてみてください。


    借りる金額が10万円以内の人は、レイクALSAがおすすめ!


    レイクALSAが無金利期間を最大180日に!

    レイクALSA60日無金利期間アピール

    レイクALSA(レイクアルサ)ってCMでもレイクー!!アルサー!!っていう感じでバンバンやっているんで、既にご存知の人も多いと思います。


    実はレイクALSAは、昔からある「新生銀行カードローン エル(旧 レイク)」がフルリニューアルされたもの。


    新しくリニューアルしたカードローンという事で、ユーザーの欲しい機能やサービスが余すことなく入っているのが最大の特徴です。


    ざっと上げるだけで、注目のサービスは以下の通り。

    • 初めてご利用する方でWEBから申し込みをすると、60日間無利息(金額制限なし)
    • 初めてご利用する方なら、借入金額5万円まで180日間無利息
    • 審査が早く、最短15秒で審査結果が出る!
    • Webでの申込なら、最短60分で融資が可能!
    • 自身の銀行口座がモアタイムシステムに対応していれば、曜日に関係なく24時間365日振込融資を受けることが可能!
    • スマホがあればコンビニの提携ATMからカードレスで入出金が出来る!

    既に利用経験のある人は、このスペックはお分かりのとおり。


    初めてカードローンを使う人の中には、え?なにこれ?すごいの?って思っている人もいると思います。


    で、ここで断言します。


    これはすごい事なんです(笑)。


    特に、最大60日無利息のサービスを提供しているのはレイクALSAだけで、全カードローンの中でもこれ以上の期間、無利子・無利息の業者は本当にありません。


    レイクALSA60日無金利期間アピール

    この60日無金利を利用する条件は、下記の2点です。


    • 初めてレイクALSAを利用する方
    • WEB申し込みをした方

    約2ヶ月も元金だけ返済すればいいというのはホントに利益しかないので、カードローンを検討中の人は是非この機会にレイクALSAを利用してみてください


    また他のサービス面を見ても、カードローンの利用でストレスに感じる部分がほとんどありません。


    とりあえず無利息期間があるので、無金利でしばらく融資を受けれるというのがこのカードローン最大のメリットですね!


    とりあえずお金を借りたいけどどこにしたらいいのか迷う、、、という人はレイクALSAを選んでおけば間違いなしです!


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15秒※ なし 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0% 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方。
    ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    残高スライドリボルビング方式
    元利定額リボルビング方式
    ネット上のみで完了
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。
    一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。


    利用規約
    (※) ※21時(日曜日は18時)までの契約を行えば当日中に振込みでの融資が可能!
    ※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    ※【無利息期間について】
    ・初めてレイクALASAを利用する方が対象です。 ・60日間無利息はWEB経由で申込された方が対象です。
    ・ご契約額1万〜200万円までの方が対象です。 ・お借入れ額5万円まで180日間無利息、それ以上の方は60日間無利息が適用されます。
    ・30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。 ・初回契約日翌日から無利息適用となります。
    ・無利息期間経過後は通常金利適用。
    ・ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
    【貸付条件】
    ●新生フィナンシャル株式会社●登録番号/関東財務局長(9)01024号
    ●極度額/1万円〜500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%〜18.0%
    ●遅延損害金(年率)20.0%
    ●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
    ●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査
    ●必要書類/運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)

    借りる金額が10万円以上の人は、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」がおすすめ!

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のロゴ画像


    「バンクイック」 は、メガバンクである三菱UFJ銀行のカードローンです。


    金利が1.8%〜14.6%と低いことに加え、銀行カードローンの中でも珍しく、三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても利用することができます。


    また、セブン銀行などの提携ATMを通して借り入れや返済を行うと手数料がかからないので、利便性が高いと言えるでしょう。


    バンクイックのメリットは、以下の3つがあります。

    • 低い金利で利用できる
    • WEB上ですべての手続きを完了できる
    • 月々の返済額が2,000円〜と少ない
    • ※借入利率が年8.1%超の場合

    上で紹介したレイクALSAのような無利息期間はありません。


    ただ、年1.8%〜14.6%という低金利でお金を借りることができるため、利息の支払いは低く抑えることが可能です。


    実質年率 限度額 融資までの日数 保証人 口座開設 職場連絡
    1.8%〜14.6% 10万円〜500万円 最短翌日 なし 不要 あり
    遅延損害金 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    - 20〜65歳未満 アコム ネット上のみで完了


    【4】クレジットカードでの支払いが可能な動物病院で治療を受ける

    クレジットカードでの治療費支払いに対応している動物病院の増加


    利用しているクレジットカードの枠に余裕がある場合、クレジットカードでの支払いが可能な動物病院に連れて行くのは、最も簡単な支払い方法です。


    ペットのケガや病気の症状が深刻で、一刻も早く動物病院での治療を受ける必要がある場合、迷わずこの方法を選択するべきだとゼニエモンは考えています。


    最近では、個人経営など規模の小さい動物病院でもクレジットカード決済に対応しているところが増えています。


    ネットで「動物病院 クレジットカード払い」などのキーワードで検索をかけると、カード払いに対応している動物病院を見つけることが可能です。


    クレジットカードで分割をする方法

    クレジットカードの分割も可能


    病院でクレジットカードの支払いは「一括のみ」と言われた場合も、一度一括払いで決済した支払いを、後から分割払いにできるクレジットカードもあります。


    dカードや三井住友VISAカード、楽天カードなど様々なクレジットカードが「後から分割」に対応しているので、もしもの時に備えて手持ちのカードを見直しておくといいでしょう。


    限度額を上げることもできる!

    クレジットカードは分割払いにするとしても、利用限度額が低いと支払いができない可能性があります。


    その際は、限度額を一時的に上げることで、支払いを可能にすることができます。


    限度額を挙げる方法はクレジットカードによって異なるので、自分が利用しているクレジットカード会社のHPを調べてみてください。


    ペットの治療費の支払いにクレジットカードを利用する際の注意点

    治療にかかる費用が少額で、次回の給料あるいはボーナスなどで支払いが可能であれば全く問題ありませんが、リボ払いや分割払いを利用する人は利息に注意が必要です。


    特にリボ払いは金利が高めのものが多く、支払い期間が長期化して最終的に支払う金額が倍以上に膨れ上がる可能性もあります。


    大事な家族であるペットのためとはいえ、支払いで圧迫されて生活が困難な状況に陥ってしまったのでは元も子もありません。


    クレジットカードでの支払いを行うかどうかは、治療費と自身の返済能力をしっかりと考慮して判断するようにしましょう。


    クレジットカード決済を導入している動物病院が増加している理由

    クレジットカード決済の導入が増えているのは、時代の流れとしては自然なことですが、理由はそれだけではありません。


    嫌な理由ですが、動物病院側の善意で治療費の後払いや分割での支払いに対応した結果、そのまま踏み倒す人が増えたため、病院側で手数料を負担してでもカード決済を導入するところが増えているようです。


    ゼニエモンが昔からお世話になっている動物病院の先生にも話を聞いてみたのですが、同様の理由で最近クレジットカード決済の導入を開始したとのことでした。


    ペットの治療費の支払い方まとめ 〜支払いの流れは?利息を減らす方法はあるの?〜

    ペット治療費の支払い方法について解説している様子


    ペット治療費の支払いに困ったときに利用できる4つの方法をまとめると、以下の通りです。

    • メディカルローン
    • カードローン
    • クレジットカード ※病院によっては利用できない場合もあります。
    • ペットローン
    治療費支払いの流れ 金利の目安 ◎メリット
    ×デメリット
    おすすめ
    メディカルローン ・申込→審査→ローン会社から直接病院へ治療費が支払われる
    ・返済先はローン会社
    年2.5%〜7.5% ◎ 高額の治療費支払いにも対応
    ◎ お金を引き出す必要がない

    × 審査は厳しい傾向
    ジャックス
    カードローン ・申込→審査→コンビニなどのATMからお金を引き出して支払う
    ・借入先へ返済
    年12.0%〜18.0% ◎ 一定期間金利が無料になる業者もある
    ◎ 業者により即日融資も可能

    × 初回利用で50万円以上の借入は難しい
    × 金利が高め
    レイクALSA/バンクイック
    クレジットカード ・一括で払った後、分割に変更可能
    ・支払いの際に分割払いでと伝える
    年12.0%〜15.0% ◎ 改めて申込等しなくても手持ちのカードが使える可能性アリ
    ◎ 2回払いまでなら利息がかからない

    × 気を付けないと金利が膨れ上がる
    × カードの限度額までしか使えない
    楽天カード/三井住友カード/オリコカード/JCBカード/
    ペットローン ・申込→審査→コンビニなどのATMからお金を引き出して支払う
    ・借入先へ返済
    年2.5%〜7.5% ◎ 高額の治療費支払いにも対応

    × 審査は厳しい傾向
    × 融資まで時間がかかる
    スルガ銀行ペットローン

    上記のように、分割で治療費を支払う方法はいくつかあります。

    さらに利息をなるべく減らしたい人は、「クレジットカードで2回払い」「カードローンの無利息キャンペーンを利用」などの手もあります。

    ただし度々になりますが、カードローンの金利は高いので高額は借りず最高でも30万円くらいまでとしておきましょう。


    可能なら事前に貯金をしておこう

    上述した4つの方法のように治療費が必要になってから用意すると、利息の支払いが必要なことに加えて、精神的な負担が大きくなります。


    事前に貯金をしておけば、利息の支払いは絶対にありませんし、借りるための手続きも必要ありません。


    ただ、貯金の場合、今月は生活が苦しいから貯金しなくていいやなどと思い、貯金ができないこともあります。


    そのような場合は、積み立てにして、口座から引き落とされるようにしておくことをおすすめします。
    月に1万円など、金額を決めて積み立てておくと、治療費を支払えるようになります。



    最も有効なのは「ペット保険」への加入!何かある前に加入しておこう

    ページの冒頭でも解説していますが、ペットは人間と違って保険制度がないので、ちょっとした病気やケガでも治療費が高額になるリスクが非常に高いです。


    ペットの治療費の支払いがどうしても困難になった場合、ペットローンやカードローンの利用で費用の捻出は可能ですが、その際は審査や利息の支払いなどの不安要素も付いて回ります。


    大事な家族であるペットが病気やケガで苦しんでいるストレスに加えて、「ローンの審査に通らなかったらどうしよう」「利息ってどのくらい払うことになるんだろう」といった不安が重なると、精神的な負担が大きくなってしまいます。


    いざという時の備えとしてペット保険への加入必須


    将来的なペットの治療費対策として最も有効なのは「ペット保険」への加入です。


    各保険会社によって毎月の掛金や補償の範囲は異なりますが、月々1,000円〜2,000円程度の掛金で、実際にかかった治療費の50%〜100%の補償が受けられるものが多くなっています。


    なお、ペット保険は保険金が下りるのに時間がかかることがあります。


    だとしても、治療費の半分以上が補償される点は、非常にい嬉しいでしょう。


    ゼニエモンはワクチン接種のために動物病院に行った際に先生から勧められ、つい最近ペット保険へ加入したのですが、ネコ2匹で毎月の掛金は3,000円程度です。


    年間だと約3万6,000円の掛け捨てですが、大事なペットに何かあった時の安心感を考えると、決して高いものではありません。


    「ペット保険 おすすめ」などのキーワードで検索すると、ペット保険の比較をしている記事を見ることができます。


    人間の保険と同様に、年齢や病歴などによっては保険の加入を断られてしまうこともありますので、可能な限り早い段階でペット保険への加入をすることを推奨します。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ