信用スコアってどうやって診断してるの?日本で利用しているサービスやスコアの上げ方を解説!

掲載日:

ゼニエモンが信用スコアを使っている様子

最近、「信用スコア」という言葉を耳にする機会が増えました。


例えば、2019年から始まった「LINEポケットマネー」というサービスでは、信用スコアを利用して融資を行っています。


また、みずほ銀行とソフトバンクが提携して運営するカードローン「J.Score(ジェイスコア)」も信用スコアを使っています。


ただ、信用スコアの仕組みが分からないと、サービスを利用するのが怖いと感じる人も少なくありません。


そこで今回はゼニエモンが、信用スコアについて分かりやすく解説します。


これから信用スコアを使ってみたいと思っている人はもちろん、信用スコアを使っているが仕組みがよく分かっていない人もぜひ読んでください。

    信用スコアってなに?

    ゼニエモンが信用スコアを使っている様子


    先進国、とりわけ中国で行われている信用スコアは、経歴や将来性をスコアに算出することができます。


    2019年には、Yahoo!が信用スコアを始める際のプレスリリースで炎上をしてしまったことも、記憶に新しいところです。


    なぜ炎上してしまったのかと言うと、ユーザーに対して事前の説明が一切なかったことと、信用スコアの提供先の会社が分からないという不信感からでした。


    中国では信用スコアによって飛行機にも乗れなくなってしまうという噂もあり、信用スコアは管理社会の象徴と見てしまいがちです。


    しかし、信用スコアをしっかり学んでおけば、そういった抵抗感はかなり少なくなるはずです。


    そこで、まずは中国を例にして信用スコアについて解説していきます。

    中国の信用スコアについて

    ゼニエモンが中国の信用スコア事情を聞いて驚いている様子


    中国の信用スコアには、政府が主導する信用スコアと民間企業が主導する信用スコアの2つがあります。


    先述したスコアによっては飛行機に乗れなくなるという話は、2018年1月に設立された政府が主導する百行征信という信用スコアの話です。


    中国政府系団体の「中国インターネット金融」が多くの株を保有しており、残りをアリババ系列の「芝麻信用」、テンセント系列の「騰訊征信」など8社が保有しています。


    この政府色の強い百行征信が保険料・賠償金の未払いなど社会的不正をした人をブラックリストに入れ、ペナルティとして飛行機の搭乗などを許可しないということです。


    つまり、日本で自己破産や任意整理などでブラックリスト入りした人が、5年間はクレジットカードやカードローンが使えなくなることとあまり変わりません。


    一方、アリババグループが運営する芝麻信用は、2018年時点でアクティブユーザーが5億2,000万人と圧倒的な多さを誇ります。


    こちらの信用スコアは、ネットのショッピング歴や公共料金の利用状況、金融関係の利用状況、決済システムAliPayの利用状況からスコアが算出されます。


    日本で言うと、楽天ユーザーが楽天銀行スーパーローンの借り入れが優遇してもらえることと似ているかも知れません。


    中国が行う信用スコアは日本のサービスを連想させるものがあり、決してハードルが高いものではないといえます。


    信用スコアのユニークなところは、これまではっきりと数字にすることがなかった「信用」を明確にスコア化したことでしょう。

    信用をスコアにするとこんなメリットがある!

    ゼニエモンが信用スコアに喜んでいる様子


    「信用」を数字にすると何が起こるかと言うと、高スコアの方はメリットをたくさん享受できるようになります。


    例えば芝麻信用のスコアは350点から950点ですが、高スコアを獲得すると賃貸サイトで契約をする際に敷金が不要になります。


    他にも、ホテルやレンタカーを予約する時にデポジットが不要になる特典や、街中で傘や充電器を無料でレンタルできる特典などがあります。


    「信用」をスコアにしたことで、小回りの効いた特典付与が可能になったと言えるでしょう。


    加えて「信用」をスコアにすることで、点数を名刺代わりにすることもできます。


    日本では経済的なもので自分を証明できるものと言えば年収や貯金額が一般的ですが、ごまかすのが簡単ですし、普段どう生きているのか見えにくい欠点があります。


    しかし、信用スコアは収入だけでなく普段の経済状況、買い物の傾向、人脈や振る舞いまで評価の対象に入ります。


    つまり信用スコアが高ければ就職にも活用できますし、賃貸契約でも保証会社からの保証を受けやすくなります。


    さらに、年収よりも指針としてわかりやすいので、婚活パーティやお見合い、合コンと言った出会いの場でも活用できるでしょう。


    AliPay提供の芝麻信用は、決済アプリのAliPayやネットショッピングの淘宝を利用することでスコアを上げることができます。


    つまり、ショッピングによってリターンを得ることができる、いわばクレジットカード決済でポイントをゲットするのと同じ感覚です。


    信用スコアでこれまでの経歴が審査されるとしても、それはクレジットカード新規発行やカードローンの借り入れで審査を受けるようなものです。


    審査と違ってスコアによってはメリットがあると考えると、抵抗感がグッと減ることでしょう。

    日本で信用スコアを行っているのは?

    ゼニエモンが信用スコアを使っているサービスを解説している様子


    そんな信用スコアを行う企業が、日本でも増えてきています。


    代表的なのがJ.Score(ジェイスコア)・docomo(ドコモ)・LINE(ライン)です。


    それぞれの信用スコアがどのようなものか、紹介していきますね。


    J.Score(ジェイスコア)

    カードローンで信用スコアを提供しているのが、ソフトバンクとみずほ銀行の共同出資で運営しているJ.Scoreです。


    個人事業主への融資もしている珍しいカードローンであり、利用限度額は最高1,000万円、金利は0.8%〜15.0%と非常に低く設定されています。


    また、みずほ銀行、ソフトバンク、Ymobile、Yahoo! JAPANのいずれかに情報連携すると、金利を0.1%下げられる特典もあります。


    スコアを作るだけでも、自分がどれだけ信頼があるのかを知れて楽しいですよ。


    J.Scoreという名前を聞いたことがない方は多いかもしれませんが、みずほ銀行とソフトバンクが運営しているので、非常にしっかりした背景があります。


    加えて、他のカードローンと比較しても圧倒的な低金利なので、利用しやすいメリットもあります。


    J.Scoreは申込をして審査を受ける前に、AIスコアを受けて採点してもらう必要があります。


    AIスコアに必要条件を記入すると、みずほ銀行やソフトバンクが保有している顧客データを参考にスコアを算出するシステムです。


    ただし、J.Scoreの借り入れを利用するには、AIスコアを600点以上獲得する必要があることは覚えておきましょう。


    ただし、一般的なカードローンに申し込んだ後の審査とは違い、AIスコアでの結果は信用情報に記録されることはありません。


    もしも、高スコアを取れなかったら……と心配する必要はないので、気軽にスコアを出してみましょう。


    加えて、AIスコアで算出した得点によって、毎月特典を利用できるようになります。


    AIスコアはスマホからでも利用できるので、気になる方はとりあえず受けてみるのがおすすめです。



    docomoのドコモレンティングプラットフォーム

    2019年8月29日から始まった、docomoによる信用スコアサービスが「ドコモレンティングプラットフォーム」です。


    これによって、ドコモスコアリングという信用スコアの金融機関への連携と、アプリのレンディングマネージャーが活用できるようになり、docomoのサービスと連携もできるようになりました。


    ドコモスコアリングはdocomoユーザーの各種サービスの利用状況をデータとして解析し、信用スコアとして採点するものです。


    採点したデータは金融機関に渡すことで、ローンの申込で受ける審査に有効活用されます。


    レンディングマネージャーはスマホアプリで、金融機関からの借り入れと返済までのすべての流れをアプリ一つで完結することができます。


    さらに、経済状況を反映したアドバイスもしてくれるので、無理のない借り入れが可能です。


    ドコモレンディングプラットフォームは、dアカウントやドコモ口座といったdocomoが提供するサービスと連携し、docomo口座へいつでも振込融資をしてもらうことができます。



    LINEのLINE Score

    コミュニケーションアプリのLINEでも、信用スコアであるLINE Scoreがあります。


    LINEは、LINE Pay・LINE MUSIC・LINEゲーム・家計簿・スマート投資・LINEショッピングなど様々なサービスがあります。


    これによってLINEは膨大な顧客データを得ていて、LINE Scoreでスコアを算出できるのです。


    LINE Scoreで算出したスコアはLINEが行う個人向けローンサービスのLINE ポケットマネーにて活用されます。


    算出したスコアによって借り入れ限度額と金利が決定し、申込・借り入れ・返済の一連をLINE内で完結させることができます。


    また、利用状況もLINE内で確認でき、借り入れ金額もLINE Payにすぐにチャージできる素早さと手軽さが魅力です。


    LINEポケットマネーの借り入れ限度額は100万円で、金利は3.0%から18.0%です。


    J.Scoreと比べると金利が高いですが、すぐに借り入れできるインスタントさは非常に強力です。


    LINE内でサービスが完結することから日常との密着性も魅力ですし、LINEサービス利用があることから高スコアを獲得する可能性が十分見込めるのも武器でしょう。


    信用スコアって本当に大丈夫?気になる点をピックアップ

    ゼニエモンが信用スコアに不満を持っている様子


    とはいえ、信用スコアにまだまだ不審感が強い方も多いでしょう。


    しかし、あらゆる物事には良い面と悪い面の両方があるものです。


    まずは、信用スコアの利用によって、不安になる点を解決していきましょう。


    低スコアを取ると信用情報機関に記録される?巻き返しは無理?


    クレジットカードやカードローンの借り入れには、審査を受ける必要があります。


    しかし審査に落ちると、信用情報機関にそのことが記録されます。


    この情報はすべての金融機関やカード会社が確認でき、一度審査に落ちたら同じカードローンやクレジットカードには半年間は申込できません。


    これと似たようなことが信用スコアにも起きてしまうのでは?と考える方も多いでしょう。


    しかし、信用スコアはあくまでもスコアリングで、低スコアを取ったからと言って信用情報に記録されることはありません。


    そのため、同じ信用スコアを何度受けても問題ない作りになっています。


    監視社会みたいに行動のすべてを観られるんじゃない?


    信用スコアは、利用者のあらゆるデータを元に現時点と将来性を合わせて評価するシステムです。


    これによって、自分の普段の生活が事細かく把握されるのではないか?と危険視する人もいるでしょう。


    LINE Scoreですと、普段のLINEの利用もスコアの要因に加わることもあるかもしれません。


    しかし、そもそもクレジットカードやカードローンの利用も、信用情報に事細かに記録されています。


    審査はこれまでの利用歴が金融期間や保証会社の間で共有されるので、それと同じようなものと見て問題ないでしょう。


    信用スコアによるイジメの増加


    信用スコアという自分のパーソナルデータと経済状況、将来性によって算出されたスコアは、ある意味で年収や学歴よりもハッキリとしたステータスになるでしょう。


    これにより、信用スコアを使ったイジメ・パワハラ、詐欺(これを買えばスコアが上がる等)が発生する可能性があります。


    また、中国では信用スコアを就職活動や賃貸契約にも使っているように、低スコアを取った方は経済的に厳しい状況に追いやられるのでは?と考えてもおかしくありません。


    しかし、信用スコアは日々ショッピングをしていると着実にスコアが上がっていくシステムです。


    学歴や年収は一度差がつくと取り返すのは簡単ではありませんが、信用スコアは日常をしっかり営むだけでスコアを上げられます。


    信用スコアに不安があるのは当然ですし、その中には当たっているものもあります。


    しかし、そういった不安はこれまでも当たり前にあったものが多いのです。


    大事なのは信用スコアが間違っているというよりも、周囲がどういったモラルで生きていくのかが重要です。

    信用スコアを上げる要素

    ゼニエモンが信用スコアを上げた様子


    以上の点から、信用スコアは決して恐ろしいものではなく、むしろ不透明だった審査に通る可能性を数字にしてくれる便利なものだということが分かりました。


    さて、そんな信用スコアで高スコアを得ると、中国の芝麻信用のように強力なメリットを利用できる流れになると予想されます。


    そんな信用スコアの流れに乗るには、日頃から信用スコアを高くできるように工夫するのが重要です。


    優良顧客

    まず、信用スコアは行う会社に関連したサービスをどう利用しているかが重要です。


    J.Scoreならみずほ銀行やソフトバンク、ドコモスコアリングならdocomo、LINE SoreならLINE関連のサービスとなります。


    例えばJ.Scoreなら、給料の振り込み先やカードの引き落とし先口座をみずほ銀行にし、利用スマホはソフトバンクのものにしましょう。


    ドコモスコアリングで高スコアを得たいなら、docomoユーザーになるのはもちろんのこと、クレジットカードはdカードにし、d払いも積極的に利用していくのが重要です。


    LINE Scoreなら、LINE Pay・LINEショッピング・スマート投資といったLINEサービスをどんどん使いましょう。


    年齢が働き盛り

    信用スコアは申込時点での経済状況と、将来的な経済状況を合わせて、スコアを算出するシステムです。


    つまり、若い方が申込をするのと、年配の方が申込をするのでは、将来性に違いがでてしまいます。


    20代から40代の働き盛りのほうが、融資したお金をきちんと返してくれると見なされやすくなります。


    居住年数

    持ち家というのは重要な財産になります。


    一軒家を持っている人は、その家に住んでいる期間が長ければ長い方が、安定した経済力を持っている判断を受けられます。


    マンションを購入して住んでいる場合も、居住年数が長い方がプラスに働きます。


    一方で、アパートやマンションに賃貸で住んでいる場合は、居住年数がプラスになることはあまりありません。


    正社員や公務員などの安定した雇用形態の方が有利

    本業が個人事業主の人よりも正社員や公務員の人の方が、確実に返済をしてくれる利用者と判断されやすくなります。


    アルバイトやパートではなく、安定した雇用形態にいることで高評価を得やすくなります。


    安定した雇用形態とは正社員、公務員といった毎月決まった収入を得られることを言います。


    ここで言う安定は、雇用期間が決まっておらず特定の会社で長く働ける安心感と継続収入があることを指しています。


    契約社員や派遣社員はいつまでと期間が決まっているため、正社員と比べて返済に不安が残ります。


    勤務先・職業・勤続年数

    雇用形態だけでなく、職業が水商売やアーティストと言った安定性の低いものか、勤続年数が長いかどうかも重要な判断基準になります。


    勤務先が大企業なら年収が高くなりやすいですし、社会的地位も高く評価されます。


    また、職業が医者や弁護士の方は、社会的地位はもちろんのこと、安定して高額な収入を受け取る経済力の持ち主とされます。


    ただ、勤続年数は長い方が経済力を失う危険は低いと判断されやすくなります。


    そのため、大企業に1年も勤めていない人と中小企業に十年以上勤めている人では、後者の方が高評価になることも珍しくありません。


    健康保険証

    健康保険証には、国民健康保険と社会保険があります。


    国民健康保険の利用には条件がありませんが、社会保険は法人企業に属する会社員が利用できる健康保険や厚生年金保険などのことを言います。


    国民健康保険よりも、厚生年金保険が上乗せされる社会保険の方が、審査を受ける上で高スコアを得やすくなります。


    まとめると、正社員で働き盛りかつ、安定した職業で長く勤めた方が有利ということですね。

    信用スコアが高くても審査に落ちないよう、気をつけなければいけない要素4つ

    ゼニエモンが審査に落ちないために注意したいポイントを解説している様子


    信用スコアで高得点を獲得しても、審査は受ける必要があります。


    そこで、信用スコアは良かったのに審査は落ちた……ということがないよう、注意すべき要素をチェックしていきましょう。


    1.年収が下がった


    信用スコアを使ってお金を借りるサービスは、基本的にカードローンです。


    融資をしたら返してもらう必要があります。


    年収が低い、または大幅に下がった状況では返済してもらえないかもしれないと考えられる可能性があります。


    年収が高い方が審査をする側の評価が高まり、借り入れしてもらう可能性が上がるというのを覚えておきましょう。


    2.関連サービスの利用に問題


    みずほ銀行とソフトバンクが連携して運営しているのがJ.Scoreです。


    従って、J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクの優良顧客であるということが、高評価を得る上で重要な要素になります。


    もしもみずほ銀行でクレジットカードの利用に問題を起こしていたり、ソフトバンクの利用料金の支払いを遅延・滞納していると、顧客の評価が下がってしまいます。


    ドコモスコアリングなら、docomoの携帯電話利用料金やdカードの利用額引き落としに注意しましょう。


    3.健康状況


    高額のカードローンは長期に渡って返済するのを想定した融資になります。


    従って、利用者は長い間に渡って働ける健康状態であることが審査基準となります。


    経済状況をよく見られるには、優れた健康状況であることも大切です。


    また、持病を持っていて十分に働ける状況や環境にいない方は、融資をしても返済してもらえるのか疑問視されやすくなります。


    4.信用情報の評価


    カードローンやクレジットカードの利用状況は、信用情報機関にすべて記録されます。


    たとえば返済に困って自己破産や任意整理をした方は、5年から10年間は無条件で借り入れができません。


    それだけでなく、支払いを何度も滞納して信用情報に記録されると、クレジットヒストリーが低品質になり、問題のある利用者と見なされてしまいます。


    カードローンを返済してもらえるかを判断するには、クレジットカードや他社カードローンの返済をきちんとしてきたかが重要ということです。

    信用スコアは怖くない!自分の価値が数字化されるので改善しやすい!

    ゼニエモンが信用スコアを使っている様子


    信用スコアとは、中国などの先進国で普及している、利用者のパーソナルデータからスコアを算出するシステムのことです。


    高スコアを取ると様々な料金が不要になったり、敷金無しでアパートを借りられるようになったりします。


    日本ではJ.ScoredocomoLINEにて信用スコアを実施しています。


    パーソナルデータを参考にスコアを算出する信用スコアは、監視社会化の第一歩ではないのかと不快に感じる方も多いでしょう。


    しかし、信用スコアはこれまで当たり前に行われてきたクレジットカードやローンの審査の通りやすさを、数字化したものに近いです。


    高スコアを取ると特典がありますし、「あれ?意外と良い判定出てる」と、自分に自信をつけられるようにもなります。


    信用スコアはさまざまな条件によって算出されるので、転職や勤続年数、住んでいる住居、年齢、健康状態といった事細かなことをプラスに繋げられます。


    自分をスコアとして採点されるのは、学校で受けた内申点に近いかもしれません。


    しかし、学校の内申点は学校のみの事柄がスコアリング要素でしたが、信用スコアは非常に広範囲な要素からスコアを出します。


    内申点よりもずっとフェアで、スコアの向上がしやすいものだと言えるでしょう。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ