ビアイジ

更新日:

ビアイジバナー画像


このキャッシングに向いている人

  • 自身の信用情報に不安がある人
  • 融資実行まで5日〜1週間程度は余裕がある人
  • 5年以内に債務整理など重大な金融事故を起こしていない人
  • 10万円程度の少額融資を希望している人

このキャッシングに向かない人

  • 絶対に今日中にお金が必要な人
  • 他社からの借入が3社以上ある人
  • 50万円以上の借入を予定している人
  • 家族には絶対に内緒でキャッシングしたい人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
12.0%〜18.0% 1万円〜200万円 最短30分 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
20.0% 20歳以上 - ナシも可



    ビアイジってどんな業者?闇金ではない?

    ビアイジは京都市右京区に本社を構える消費者金融です。


    プロミスやアコムなどといった大手消費者金融に比べると規模は小さくなりますが、全国に支店を8店舗ほど構えていて、中小の消費者金融の中では比較的その規模は大きめだと言えます。


    昭和57年に設立、近畿財務局長の認可を受け、日本貸金業協会にも登録されている正規の貸金業者で、過度な取り立てを行うような闇金ではありません。


    ビアイジの会社情報

    会社名 ビアイジ株式会社
    本社所在地 京都市右京区西院東淳和院町18番地 万成ビル4F
    創業 昭和38年4月1日
    設立 昭和57年10月1日
    登録番号 近畿財務局長(12)第00546号
    日本貸金業協会会員番号 第002674号

    闇金ではない正規の貸金業者は、公式HP上に必ず財務局もしくは各都道府県知事の認可を受けた登録番号の記載があり、金融庁HP内の「登録貸金業者情報検索サービス」から検索することができます。


    日本貸金業協会に登録のある業者の場合は、こちらでも確認することが可能です。



    ビアイジの日本貸金業協会検索結果の画像


    ビアイジは違法な金利での貸付、取立てを行う闇金ではなく、正規の消費者金融なので貸金業法に則った融資を行っており安心して利用するコトができると言えます。


    ただし、プロミスやアコム、アイフルなどの大手消費者金融と違い、ビアイジのような中小の消費者金融では公式HPから得られる情報が非常に少ないため利用に関して抵抗がある人も多いかと思います。


    そういった人の為に以下で、実際に利用規約の吟味と電話による調査を行い利用前に知っておきたい情報を詳しくまとめました。

    ビアイジへの申込資格がある人

    ビアイジへの申込条件は次のように定められています。


    条件:20歳以上で安定した収入と返済能力があるコト


    属性

    ビアイジに申込可能な属性


    属性による申込の制限は緩やかで専業主婦でも申込可能

    職業や勤続年数、年収による制限は設けられておらず、年金収入のみの人も申込可能、学生でもアルバイトなど収入があれば申込が可能です。


    仕事をしていない専業主婦の人も申込するコトはできるのですが、次の条件を満たす必要があります。

    • 配偶者の同意が得られること
    • 配偶者との婚姻関係を証明する書類の提出
    • 配偶者の本人確認書類の提出

    夫、妻に内緒でキャッシングするコトはできませんので注意が必要です。


    全国からの申込には対応していない


    ビアイジ全国8店舗の支店


    ビアイジは地域密着型の消費者金融で、各支店の営業エリア外からの申込には対応していません。


    次の16都道府県内にすんでいる人のみ申込が可能となります。


    ビアイジへの申込が可能な16都道府県


    貸付業務を行っているのは各支店のみで、本社がある京都府は申込の対象エリア外となっています。


    契約するための必要書類

    ビアイジでは申込、審査通過後に次の2点の書類提出が必要となります。


    身分を証明するための本人確認書類
    自身の年収を証明するための収入証明書

    本人確認書類として認められるもの


    ビアイジで本人確認書類として認められるもの


    本人確認書類として提出書類は、原則、顔写真の記載があるものが条件となり、これらの書類の用意が難しい場合には、健康保険証と併せて次の2点のうちいずれか1点を用意する必要があります。

    • 取得後3ヶ月以内の住民票
    • 公共料金の請求書または領収書

    運転免許証やパスポートに記載されている住所と現住所が違う場合にもこれら書類の提出が必要です。


    収入証明書として認められるものと提出条件

    収入証明書は借入限度額が50万円を超える場合、もしくは今回の借入限度額とすでに他社から借入している金額を合わせて100万円を超える場合には必ず提出が必要となります。
    これは貸金業法で定められている決まりです。


    申込の内容、審査の結果次第では、この条件に当てはまらない場合にも提出を求められる場合があり、以下の書類が収入証明書として認められます。


    ビアイジで収入証明書として認められるもの


    収入証明書として最も望ましいのは、源泉徴収です。
    給与明細しか用意できない場合、直近のものを2〜6ヶ月分用意する必要があるとのことでした。


    ビアイジは審査回答まで最短30分!即日融資を受けるには?


    申込から審査回答までにかかる時間、即日での借入は可能なのか、融資実行までに必要となる手続き、これらを電話にて問い合せたのですが、ビアイジは、申込から審査回答まで最短30分で、即日融資も可能とのことでした。

    ただ、即日での融資を受けるにはいくつかの条件を満たす必要があり、そのハードルはなかなか高めとなっています。

    申込から融資実行までのフローチャートをまとめましたので詳しく解説していきます。

    申込から融資実行までのフローチャート

    • インターネットから申込
    • 審査結果の回答
    • 契約書類の作成・契約手続き
    • 融資実行

    インターネットからの申込

    インターネットからの申込手続きは24時間365日行うことが可能です。


    各支店へ直接来店して申込をすることも可能ですが、ビアイジは日祝日は休業日、平日9:00〜18:00の営業時間内のみの受付となります。


    申込の受付後、電話にて申込の意思、内容の確認がされ審査へと進みます。


    審査結果の回答

    平日の9:00〜18:00の間に申込手続きを行った場合にのみ、最短30分での審査回答は可能となるのですが、申込の混み具合によっては審査回答が翌日以降となってしまう場合があります。


    審査回答は電話にて行われますが、この際に「来店契約」もしくは「郵送契約」どちらの方法で契約手続きを希望するか確認されます。


    郵送契約を希望した場合でも、審査の結果次第では支店への来店契約が必須とされる場合があるので注意が必要です。


    契約書類の作成・契約手続き

    「郵送契約」を選択した場合、作成された契約書類が自宅へと送られ、その書類に記入、必要書類のコピーを併せて返送、ビアイジに届いてから契約完了となるため、申込から契約手続き完了までには早くとも5日〜1週間程度はかかってしまう可能性が高いです。


    ビアイジはWEB上での契約手続きには対応していないので、借入を急ぐ人は各支店での「来店契約」をすることが即日融資の条件となります。


    融資実行

    契約完了後、自身の指定する口座へと振込にて融資は実行されます。


    支店窓口で契約をした場合、振込ではなくその場で現金を受け取ることも可能ですが、申込内容、審査の結果次第では、振込融資のみの対応となるコトがあるとのことでした。


    ビアイジは即日融資を希望している人には向いていない

    ビアイジの公式HPには「初めての方でも即日振込融資」との記載がありますが、ここで言う即日とは申込日ではなく、契約日のコトを指しています。


    ビアイジの即日融資について


    平日の15時までに契約が完了した人は、契約日当日の振込融資も可能ということです。


    プロミスやアコムのように自動契約機の設置があり営業時間内であれば自分のタイミングでいつでも契約可能というものではありません。


    審査の結果によっては来店が必要になるケースもあり、
    今回、電話での調査は水曜日の10時に行ったのですが、審査回答自体は最短だと30分でも可能だが、来店予約は、翌日木曜日の午後からになるとの回答でした。


    来店せずに即日融資を受けることも可能になりましたが、とにかく急いで確実にお金が必要という人にはビアイジの利用はオススメできません。


    確実な即日融資を希望している、という人は次のページを参考にしてみてください。


    土日も即日での審査回答、即日振込融資、即日カード発行に対応し、借入までのスピードに特化したカードローン業者の特集を行っています。



    在籍確認と自宅への郵送物について

    消費者金融でキャッシングしたということは、基本的には自分から話さない限り、人に知られるコトはありませんが、絶対に誰にもバレずに借入をしたいと考えている人は以下2点には注意が必要です。

    • 勤め先への「在籍確認」のための電話連絡の有無
    • カードや契約書類など自宅への郵送物の有無

    この2点について電話で問い合せてみました。


    在籍確認により勤め先にキャッシングの利用がバレるリスクは低い

    大手消費者金融では、書類提出で在籍確認OKとなるコトもあるのですが、ビアイジではそのような対応はしておらず、勤め先への電話連絡による在籍確認が必須となり、その電話は次のような形でかかってきます。


    ビアイジの在籍確認について


    審査担当者の個人名で電話はかけられますし、この電話の際にカードローンの在籍確認の為の電話です、などと伝えられることはありません。


    本人が不在でもの上のような返答をしてもらえれば、それで在籍確認は完了となるので、ほとんどの人が難なくクリアできるのですが、そもそも会社に電話をかけて欲しくないという人も多いです。


    当サイトがカードローン利用者による実態調査を行った際にも約4割の方が、在籍確認のための勤め先への電話連絡が最も嫌だったと答えています。


    在籍確認についてどうしても抵抗があるという人は是非、次のページを参考にしてみてください。



    契約書類は原則自宅へと郵送されるコトになり家族バレのリスクは高め

    ビアイジはカードローンではなく、証書貸付(フリーローン)となるので、ローンカードの発行はありませんが、契約書類の発行は必ず必要となります。


    支店に来店して契約手続きを行う場合であれば、その場で契約書類を受け取るコトも可能なのですが、支店への来店ができない場合、契約書類は必ず自宅へと郵送されることになります。


    ビアイジの店舗は全国に8ヶ所しかないので、来店契約が難しいという人の方が多くなると考えられますので、家族に絶対に内緒で借入したいと考えている人は、自宅への郵送物がないカードローンを利用することオススメします。


    次のページで、郵送物一切なしで利用できるカードローンの特集、利用時のコツを詳しく解説しているので参考にして頂ければ幸いです。



    金利と借入限度額について

    ビアイジの金利は12.0%〜18.0%、借入限度額は1万円〜200万円と設定されています。


    大手消費者金融に比べると、借入限度額は低く、一見金利も高いように感じますが、はじめてのキャッシング利用の場合、ビアイジのスペックは大手消費者金融と差はありません。


    大手消費者金融の金利と借入限度額

    業者名 金利 借入限度
    プロミス 4.5%〜17.8% 1万〜500万円
    アコム 3.0%〜18.0% 1万〜800万円
    アイフル 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
    SMBCモビット 3.0%〜18.0% 1万〜800万円

    確かに、大手消費者金融はビアイジに比べ借入限度額がかなり大きいですが、はじめての利用で、100万円以上の融資となることはまずありません、ほとんどの人が50万円以下の借入となります。


    次に金利ですが、金利は借入限度額ごとに適用金利が定められていて、50万円以下の借入となった場合には高い方、上限金利が適用されます。


    プロミスのみ17.8%と若干に上限金利が低いですが、他3社の上限金利は18%ですので、ビアイジと同じ金利となります。


    ビアイジは中小の消費者金融ですが、はじめての利用の場合は、大手消費者金融と金利の差はないと考えておいて問題ないと言えます。


    再度の利用・増額融資を受ける方法について

    完済後、再度の利用、返済途中の増額融資も可能です。
    ただし、これらを利用するには、はじめての利用時と同様に、申込、審査を受ける必要があります。
    公式HPにある「増額融資のお申込み」から申し込むことができます。


    増額融資の審査を通過するには、もちろん返済が遅れることなく完済をしている、返済を続けていることは最低条件となります。


    2回目以降の利用の場合、初回よりも融資の枠を大きくとってもらえる可能性が高くなる傾向にあり、仮に100万円を超える融資が可能となった場合には、適用金利は15%以下が適用されます。


    利息制限法による適用金利の上限

    契約金額 金利の上限
    10万円未満 20.0%
    10万円以上100万円未満 18.0%
    100万円以上 15.0%


    返済方法と最低返済額について

    毎月の返済方法は、次の2通りとなります。

    • ビアイジ指定の銀行口座への振込
    • 支店窓口での手渡し

    ほとんどの人が、指定口座への振込での返済となるのですが、返済時の振込手数料は自己負担となります。


    返済日は契約時に自身の給料日などの都合に合わせて自由に設定することが可能です。


    返済額は契約時に決定される

    ビアイジでは毎月の返済額は契約時に決定されるコトになり、事前に公式HP上で毎月の最低返済額を知ることはできません。


    電話で問い合わせてもみたのですが、申込の内容や審査の結果次第で返済額は決定されるため、最低返済額を事前にお知らせすることはできませんとのことでした。


    毎月の返済額、返済回数が気になる場合はビアイジの公式HP上にある返済シュミレーションを使い確認することになります。


    ビアイジの返済シュミレーションは

    • 借入希望金額と返済回数による毎月の返済額の試算
    • 借入希望額と毎月の返済額から完済までの返済回数の確認

    この2つの確認ができる上に、返済計画、最終的に支払う利息を知ることも可能となっており、他社のものよりもかなり使い勝手が良いです。


    ビアイジの返済シュミレーションについて


    ビアイジでは最長返済回数が60回と定められていて、返済シュミレーションでも5年で完済する場合の計算も可能なのですが、必ず返済シュミレーション通りの返済額が適用されるとは限らないので注意が必要です。


    仮に10万円の借入の場合、大手消費者金融4社では次のように最低返済額が定められています。


    10万円の融資を受けた際の大手消費者金融の最低返済額

    業者名 最低返済額
    プロミス 4,000円
    アコム 3,000円
    アイフル 4,000円
    SMBCモビット 4,000円

    ビアイジでも10万円の借入をした場合は、返済期間は3年、36回で完済する返済プランが適用され、このくらいの金額の返済は必要になると考えておくことをオススメします。


    ビアイジを利用するメリットとデメリットについて

    ビアイジについて徹底調査、詳しく解説してきましたが、最後のこのキャッシング業者を利用するメリット・デメリットを簡単にまとめました。


    ビアイジを利用するメリット

    店舗への来店ナシでもキャッシングできる
    審査回答までのスピードが早い
    大手消費者金融と同等の金利で借入できる
    正規の消費者金融で安心して利用できる

    ビアイジを利用するデメリット

    家族にキャッシングの利用がバレる可能性が高い
    返済時振込手数料が自己負担
    店舗への来店契約がが必要となる場合がある
    WEB上で契約手続きを完結できない

    ビアイジに電話調査を行った感想とまとめ


    規模の大きくない中小の消費者金融では、電話対応の質があまり良くなかったり、申込を強く進めてくる業者も実はかなり多いです。

    今回ビアイジについて調査するにあたり、3回に分けて電話をかけているのですが、対応して頂いたオペレーターの男性は、こちらの質問(在籍確認の内容や、融資実行までの手順など)に対し、丁寧にわかりやすく、かつスピーディに答えていただけ、非常に好印象でした。

    全国からの申込には対応していませんが、大手消費者金融と同等の金利で借入でき、おまとめローンにも対応しており、中小の消費者金融の中ではなかなかの好スペックです。

    ただ、その分審査に関してはやや厳しめになると考えられます。
    審査落ちした方の口コミなどを見ると、延滞やブラック入りした過去があると通りにくいかもしれません。

    大手消費者金融や銀行カードローンの利用が難しいという人の中でも、他社からの借入が3社以内、5年以内に金融事故を起こしていない人にのみ利用をオススメできる業者だと言えます。

    自身の信用情報に少しでも不安があるという人は次のページを参考にしてみてください。

    審査の基準、審査に通らない信用情報、情報開示の方法などキャッシングの審査について詳しく解説しています。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン お問い合わせ