ライフティ

更新日:


このカードローンに向いている人

  • 自身の信用情報に不安がある人
  • 融資実行まで1週間程度の余裕がある人
  • できるだけ早く完済したいと考えている人
  • 20万円以下の少額融資を希望している人

このカードローンに向かない人

  • 即日融資を希望している人
  • 個人向け融資の残債が年収の1/3以上ある人
  • 30万円以上の借入を予定している人
  • 家族には絶対に内緒で借入したい人

実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
8.0%〜20.0% 1,000円〜500万円 最短30分 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
20.0% 満20歳以上69歳以下 - 不要



    ライフティってどんな業者?

    ライフティは東京都新宿区に本社がある消費者金融です。


    プロミスやアコムなど大手消費者金融に比べ知名度は低いのですが、東京都都知事の認可を受け、日本貸金業協会に登録もある正規の貸金業者です。


    ライフティの会社情報

    商号 ライフティ株式会社
    本社所在地 東京都中央区日本橋堀留町1-1-5 日本橋堀留ビル2F
    貸金業登録番号 東京都知事(5)第28992号
    日本貸金業協会会員番号 第005552号

    日本貸金業協会HPでは、登録のある貸金業者の検索が可能です。
    実際にライフティの登録情報を入力、検索して確認をしてみました。



    ライフティの日本貸金業協会検索結果の画像


    ライフティは違法な金利で貸付を行う、闇金ではないコトが確認できるので安心して申込をすることが可能です。


    ゼニエモンがライフティに電話にて問合せ、徹底調査をおこなったので詳しく解説していきますが、まずはライフティの魅力をざっくり紹介しておきます。


    ライフティ5つの魅力的なポイント

    店舗への来店なしで利用できる
    インターネットから24時間365日申込が可能
    キャッシングカードを利用してセブン銀行ATMで借入ができる
    35日間の無利息期間がある
    WEB上で利用明細や返済日の確認ができる

    ライフティのようにローン専用のカードが発行され、ATMにて借入・返済が行える業者は中小の消費者金融ではあまり多くはありません。

    35日間の無利息期間、WEB上での取引内容の確認サービスがあり、店頭窓口への来店ナシで利用できるライフティは中小の消費者金融の中では、頭ひとつ抜きでた高スペックなカードローン業者だと言えます。

    ライフティへの申込資格がある人

    ライフティへ申込みができるのは以下の人となります。


    条件:20歳から69歳で安定した収入があるコト


    属性

    ライフティへの申込が可能な属性


    属性による申込の制限は緩やか

    ライフティの申込の条件は非常にシンプルで、年齢条件を満たし、イマ現在お仕事をしていて収入がある人であれば申込が可能です。


    自身に収入のない専業主婦の人はライフティへ申込むコトができませんが、学生はアルバイトをしていること、外国籍の人は「特別永住者証明書」を取得できること、これらの条件を満たすことで申込が可能とされています。


    全国からの申込に対応している

    中小の消費者金融では、指定地域外からの申込は不可、店頭窓口での審査、契約手続き必須とされている業者が多くあるのですが、ライフティははインターネットから申込、契約手続きは郵送となるので、店頭へ来店しての手続きは不要、日本全国からの申込に対応しています。


    契約するにあたり用意が必要になる書類

    ライフティでは、インターネットからの申込完了後、次の書類をメールもしくはFAXにて提出することになります。


    身分を証明するための本人確認書類
    自身の年収を証明するための収入証明書

    本人確認書類として認められるもの


    ライフティで本人確認書類として認められるもの


    ※外国籍の人は「在留カード」または「特別永住者証明書」を上記いずれかと合わせて提出するコト


    運転免許証、健康保険証は裏表両面、マイナンバーカードじはオモテ面のみ、パスポートの場合は次の4ページを提出します。

    • 外務大臣の印があるページ
    • 顔写真の記載があるページ
    • 生年月日が記載されているページ
    • 住所が記載されているページ

    スマホやデジカメで該当書類を撮影、画像データをメールに添付して送信することで、必要書類の提出を完結できるので、コピーや郵送といった面倒な手続きを省略することができます。


    マイナンバー「個人番号通知カード」は本人確認書類として認められません。顔写真の記載のあるマイナンバー「個人番号カード」のみ本人確認書類として取り扱われます。


    収入証明書の提出条件と認められる書類

    収入証明書は借入限度額が50万円を超える場合、もしくは今回の借入限度額とすでに他社から借入している金額を合わせて100万円を超える場合に提出が必要となります。


    提出が必要と判断された場合、申込完了後に審査担当者から伝えられ、次のうち1点を用意しなければいけません。


    ライフティで収入証明書として認められるもの


    ボーナスの支給がある場合、直近2回分の明細の提出も必要となります。


    申込から融資実行までの流れと要する時間について


    ライフティは審査回答まで最短30分!即日融資も可能!というような口コミがネット上で多く見られます。

    これが事実であれば急いでお金を借りたいと考えているひとにはかなり大きなメリットになるので、ゼニエモンがライフティに電話で問い合わせ、申込から融資実行までにかかる時間と必要な手続きを徹底調査してみました。

    詳しく解説していきますので参考にしてみてください。

    申込から融資実行までのフローチャート

    • インターネットから申込
    • 審査結果の回答
    • 契約手続き
    • 振込での融資実行
    • キャッシングカード発行
    インターネットから申込

    インターネットからの申込手続きは24時間365日行うことが可能です。


    電話での申込の受付もしているのですが、こちらは平日9:30〜18:00のみ対応、土日祝日は申込をすることができません。


    申込手続き完了後、電話にて申込の意思・内容の確認がされ、審査へと進みます。


    審査結果の回答

    審査結果の回答までにかかる時間は、申込の内容や混雑具合にもよるので、一概には言えませんが申込日から数日はかかると考えておいてもらいたいとのことでした。


    ちなみに審査結果は次のような形での連絡となります。


    ライフティ審査結果の回答方法


    土日祝日は審査の回答業務は行っていないため、休日を間に挟むタイミングでの申込となった場合、その分審査回答までの時間は長くかかってしまいます。


    契約手続き

    審査回答時の電話で契約内容の確認、その後、確認メールが届き、これで契約手続きは完了です。


    書面での契約手続きや印鑑は不要なので、申込から契約までの手続きはWEB上で完結できます。


    振込での融資実行

    契約内容の確認の電話の際に、できるだけ早く借入を行いたいという旨を口頭で伝えて置くことで、契約手続き完了後、自身の指定口座へ振込での融資を受けることも可能です。


    契約日の当日もしくは翌日(土日祝除く)中には振込融資は実行されます。


    キャッシングカードの発行

    キャッシングカードとは大手消費者金融や銀行カードローンではローン専用カード、ローンカードなどと呼ばれるものと、同様の機能をもつもので、このカードを利用して借入・返済を行うことが可能になります。


    キャッシングカードは自宅へと郵送されますが、届くまでには契約完了の日から約5日程度かかります。


    ライフティは急いでお金を借りたい人には向いていない

    電話での調査の結果、はっきりと何日で借入ができるという答えはもらえませんでしたが、審査に数日かかる、土日・祝日は審査回答不可、キャッシングカードの発行は郵送のみ、これら情報から申込から実際に借入ができるまでには、約1週間〜10日前後はかかってしまうと考えられます。


    ライフティ申込から融資実行までにかかる時間


    とにかく急いでお金が必要という人にライフティの利用はオススメできません。


    即日融資を希望している、遅くとも2,3日中の借入をしたいと考えている人は次のページを参考にしてみてください。


    土日も即日での審査回答、即日振込融資、即日カード発行に対応し、借入までのスピードに特化したカードローン業者の特集を行っています。



    在籍確認と自宅への郵送物について

    消費者金融で借入しているコトを公言したいという人はまずいませんし、極力、秘密にしておきたいと考えている人が多いです。


    ライフティを利用する場合は、以下の2点ほど注意するポイントがあります。

    • 勤め先への「在籍確認」ノための電話連絡の有無
    • カードや利用明細など自宅への郵送物の有無

    この2点について電話で問い合わせてみました。


    在籍確認により勤務先にカードローンの利用がバレるリスクは低め

    ライフティでは勤め先への電話連絡での在籍確認が必須となるのですが、この電話は次のような形でかけられます。


    ライフティの在籍確認の電話内容


    審査担当者の個人名で電話はかけられますし、この電話の際にカードローンの在籍確認の為の電話です、などと伝えられることはありません。


    本人が不在でもの上のような返答をしてもらえれば、それで在籍確認は完了となるので、ほとんどの人が難なくクリアできます。


    ライフティの在籍確認は時間指定が可能

    在籍確認は申込内容の確認の電話の後にかけられるコトになるのですが、この電話がかかってきた時に審査担当者に、「会社での電話は明日の10時〜12時の間にかけて欲しい」などと相談する事で、指定時間に電話をかけてもらうことも可能となります。

    何時ピッタリになどといった要望には答えられないとのコトでしたが、極力対応していただけるとのことでしたので、在籍確認の電話に自分が出ることで完結させたいと考えている人は審査担当者に相談してみるコトをおすすめします。


    キャッシングカードが必ず自宅へ郵送されるので家族バレのリスクは高め

    ライフティは会員専用ページを利用する事でWEB上で取引内容や残高の確認ができるので、利用明細などは自宅へ郵送されません。


    ただ、キャッシングカードを自動契約機や店頭で発行する事ができず、このカードだけは必ず自宅へと郵送されるコトとなります。


    家族に絶対に内緒で借入したいと考えている人は、自宅への郵送物がないカードローンを利用することオススメします。
    次のページで、郵送物一切なしで利用できるカードローンの特集、利用時のコツを詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。



    金利と借入限度額について

    ライフティの金利は8.0%〜20.0%、借入限度額は1,000円〜500万円までとされていますが、自分はもしかしたら8%で借入できるかも、100万円以上の枠になるかもと考えてはいけません。


    銀行カードローンでも大手消費者金融でも、低い方の金利が適用されるコトはかなり困難で、基本的には上限金利が適用され、借入の枠が50万円を超える可能性はかなり低くなります。


    大手消費者金融4社の上限金利

    業者名 上限金利
    プロミス 17.8%
    アコム 18.0%
    アイフル 18.0%
    SMBCモビット 18.0%

    ライフティの上限金利は20.0%なので、これら4社に比べると2.0%ほど金利が高いコトになるのですが、正規の消費者金融は「利息制限法」という法律で借入限度額により金利の上限が次のように定められています。


    利息制限法による上限金利の制限について解説した画像


    このように制限されているので、審査の結果、借入限度額が10万円以上になった場合はライフティと大手消費者金融の間に金利の差はありません。
    ※プロミスに関しては0.2%ほど上限金利が低いです。


    借入したい金額が少額であれば、金利が発生する利息に与える影響はさほど大きくなく、金利20.0%で5万円借入した場合1ヶ月で発生する利息は821円、金利18.0%だと739円とその差は100円以下に抑えられます。


    ライフティは中小の消費者金融ですが、金利に関しては大手消費者金融と大きな違いはないと考えておいて問題ないと言えますが、消費者金融の金利に対して不安がある人は次のページを参考にしてみてください。


    消費者金融の金利、支払うことになる利息について詳しく解説したページです。



    借入方法と利便性について

    ライフティではつぎの2つの借入方法が用意されています。

    • キャッシングカードを利用したATMでの借入
    • 電話もしくはWEBからの依頼による振込融資

    キャッシングカードはセブン銀行ATMでのみ利用可能


    ライフティのキャッシングカードが利用できるATMについて


    キャッシングカードはセブン銀行ATMで0:20〜23:40までの間、ほぼ24時間利用するコトができるのですが、何時の利用でも手数料が発生してしまうのが少し残念なポイントです。


    大手消費者金融にや銀行カードローンに比べ、利用できるATMが少ないので、セブン銀行が近所にない人には使い勝手が悪くなってしまいます。


    会員専用マイページから振込の依頼が可能


    会員専用マイページから振込依頼をする方法


    PC・スマホを使いWEBからの手続きで振込融資の依頼ができるという点は、中小の消費者金融では滅多に見られない便利なサービスなのですが、残念ながら振込手数料は自己負担となります。


    ですので、ライフティは2つの借入方法どちらを利用しても、手数料が発生してしまいます。


    借入時の利便性は正直低めとなりますが、ライフティは1,000円単位での借入が可能で本当に必要な分だけ利用することが可能で、これはうれしいポイントです。
    多くのカードローンが10,000円単位の借入とされています。


    返済方法と最低返済額について

    ライフティでは次の2通りの返済方法が用意されています。


    ライフティの2通りの返済方法について


    キャッシングカードを利用したATMでの返済は必ず手数料が発生します。


    電話で問い合わせたところ、ライフティの返済指定先口座はみずほ銀行口座とのことでしたので、手数料の負担をすることなく返済ができうるのは、みずほ銀行の口座を利用している人、もしくは他行への振込手数料が無料になるサービスがある銀行口座を利用している人のみとなります。


    ATMでの入金額が10,000円を超えると手数料が108円から216円に上がります。
    借入する金額が20万円を超えた場合、最低返済額は13,000円になるのでATMでの返済の度に毎回216円手数料を取られるコトになります。
    たった100円、200円かもしれませんが、返済が長期化するとこの手数料も大きな金額になってしまいます。


    返済期日は35日サイクル制となる

    ライフティでは返済日が毎月何日などという形では決められていません。


    35日サイクル制で、1回目の返済期日は借入を行った翌日から35日後、2回目以降は返済を行った翌日から35日後が返済の期日となり、毎月の返済期日は変わっていきます。


    ライフティの35日サイクル制返済の仕組みについて解説した画像


    35日のサイクル制返済は、期間内であればいつでも返済が可能で返済の自由度が高いというメリットがある反面、次の返済期日が毎月変わってしまうので、ついうっかりの返済忘れが発生しやすくなってしまうというデメリットにもなりえます。


    先ほど紹介したライフティ会員専用マイページで次の返済期日の確認ができるので、これを有効活用し、返済が遅れてしまうといったことがないように注意が必要です。


    最低返済額は借入を行った時の借入残高に応じて決定される

    ライフティでは、返済期間と返済回数が最長10年120回と定められていて、追加での借入を行わない限り必ずこの制限内で完済できるようになっています。


    「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」という返済方式で、借入をしたときの残高に応じて毎月の返済額は決定、次の表のようになります。


    借入残高ごとの最低返済額表

    借入後残高 毎回の最低返済額
    10万円以下 5,000円
    10万円超20万円以下 9,000円
    20万円超30万円以下 13,000円
    30万円超50万円以下 15,000円
    100万円超 30,000円

    ライフティの最低返済額は消費者金融大手4社に比べやや高め


    大手消費者金融4社の最低返済額表

    業者名 10万円 30万円 50万円
    プロミス 4,000円 11,000円 13,000円
    アコム 3,000円 9,000円 14,000円
    アイフル 4,000円 11,000円 13,000円
    SMBCモビット 4,000円 11,000円 13,000円

    返済額が低くなれば低くなるほど、完済までにかかる期間が長くなりその分支払う利息は大きくなっていきます。

    ですので、一概に返済額が低い方が良いとは言えませんが、カードローンの返済の為に生活が圧迫され、返済が遅れるようなことになっては元も子もありません。

    この4業者は口座からの自動引落しでの返済にも対応しているので、借入したい金額が30万円を超えるような人は、毎月の返済の度に手数料がかかってしまうライフティよりもこれら4業者での借入を検討してみることを推奨します。

    ※SMBCモビットは三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のみ口座振替先に指定可能


    ライフティの35日間無利息サービスについて


    ライフティの35日間無利息サービスについて


    ライフティを初めて契約する人は、初回の借入を行った日から35日間が無利息期間となり、この間は利息が1円も発生しません。
    利息の発生開始は無利息期間終了日の翌日からとなります。


    プロミス・アコム・アイフルの無利息期間が30日なので、大手消費者金融よりも無利息で利用できる期間が5日ほど長いです。


    このサービスは利用するにあたり、特別な手続きや登録が不要というのもうれしいポイントです。


    ライフティ利用のメリットとデメリット

    ライフティについて徹底調査、詳しく解説してきましたが最後にこのカードローンを利用するメリット・デメリットを簡単にまとめました。


    ライフティ利用のメリット

    店舗への来店ナシで利用できる
    WEB上で申込から契約まで完結させることも可能
    35日間の無利息サービスがある
    キャッシングカードで繰り返しの利用が可能
    WEB上で利用状況の確認ができる

    ライフティ利用のデメリット

    即日での融資には対応していない
    手数料無料で利用できるATMがない
    口座自動引落での返済に対応していない

    ライフティへ電話調査した感想とまとめ


    日本貸金業協会に登録のある正規の貸金業者でも、中小の消費者金融の場合、電話対応の質があまり良くない業者も多々あるのですが、今回電話での問い合わせに対応していただいたライフティの担当者様は、こちらの質問(在籍確認の内容や、融資までの手順など)に対して、丁寧に分かりやすく、かつスピーディに答えていただけ、非常に好印象でした。

    大手消費者金融や銀行カードローンと比べるとそのスペックはやはりやや見劣りしますが、WEB上でのサービスの充実、コンビニATMでの利用可能など、中小の消費者金融の中ではかなり好スペックな業者です。

    大手消費者金融や銀行カードローンの利用が難しいと感じている人には安心感のあるライフティはオススメできる借入先の一つだと言えます。

    当サイトに頂いたライフティの口コミです

    MASAYA

    前日夜にインターネットにて申込みしましたが、翌朝にメールにて審査落ちしたとの連絡がありました。
    おそらく申込みする際に身分証明書を写メで提出し忘れたのが原因かなと思ってます

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン 審査が不安な方 お問い合わせ