消費者金融の金利について詳しく解説!

掲載日:
更新日:
一般的に、消費者金融の金利って高い!というイメージがありますよね。

基本的に、消費者金融の金利は50万円以下の限度額の場合は18.0%が適応される為、申込者の9割以上の人はこちらの金利が適応となります。


この金利というのは、どれくらい高いのか?低金利と言われている銀行カードローンとどれくらい差があるのかという疑問をこのページでは詳しく解説しています。


消費者金融の融資を検討しているが、暴利を付けられて返済が出来なかったらどうしよう・・と不安な人は是非、じっくり読んでいただけると嬉しいです。


    消費者金融で適応される金利について

    まず、消費者金融から融資を受ける場合に以下の利息制限法という法律によって金利の上限は定められています。以下の表を見てください。


    年20.0% 元本の額が10万円未満の場合
    年18.0% 元本の額が、10万円以上、100万円未満の場合
    年15.0% 元本の額が100万円以上の場合

    このように、金利というものは、最大でもこれだけの金利というのは、利息制限法によって決まっており、カードローンの場合だと、最小の契約が10万円であるため、18.0%が最大の金利であってこれ以上付くことがない事は確定しています。


    消費者金融の金利は利息制限法によって定められている


    消費者金融の下限金利と上限金利について

    消費者金融とは言わず、ほぼ全てのローンというローンには上限金利と下限金利というものがあります。上限金利については上記で述べた通りですが、下限金利というものもあるという事も知っておかなければなりません。

    以下の表に大手消費者金融の上限金利と下限金利についてをまとめてみました。ここで問題ですが、以下の表を見て、どれが最も低金利だと言えるでしょうか?


    プロミス 4.50%〜17.8%
    アコム 3.0%〜18.0%
    アイフル 4.50%〜18.0%
    モビット 3.0%〜18.0%
    ノーローン 4.90%〜18.0%
    セントラル 4.80%〜18.0%

    正解は、プロミスです。いやいや、アコムやモビットは3.0%でプロミスよりも金利は低いんだけど・・・と思うのも無理はありませんが、これはあくまで下限の金利です。


    言わば、「ここまでの金利が適応される可能性があるよ」という金利であり、適応される事が極めて困難である金利です。


    基本的に消費者金融は、初回契約時に50万円以上の契約はかなり難しく、後から増枠の審査を受けるという利用方法が一般的です。そこで、必ず適応されるのが、上限金利となります。


    つまり、消費者金融を利用した際に、十中八九適応される金利は、18.0%であるということを知っておきましょう。


    消費者金融の金利で下限金利だけを見ても仕方がない


    18.0%の金利で1ヶ月どれくらいの利息が付くの?

    上記の説明で、消費者金融は基本的に18.0%の金利が付くと言うのは、分かりました。


    では、実際に、この金利は、毎月どれくらいの利息が掛かるのかという事を説明していきます。


    利息の計算方法ですが、計算式は以下となります。


    金利の計算式と10万円借りた時の1ヶ月の金利例


    このようになります。10万円に対し、1ヶ月でつく金利は約1,500円。
    20万円の場合は3,000円。30万円の場合は4,500円と、10万円に対し、1,500円単位でイメージするとわかりやすいです。


    つまり、10万円ほど融資を受けていて、2万円返済した場合は、金利の1,500円分ほど差し引かれて、18,500ほど元金を返済した事になり、翌月は、金利が元金の81,500円に対し掛かるため、1,205円となります。こういったイメージで、元金が増えるほど、月に掛かる金利分は増えるが、減れば金利分は減るという事です。


    低金利と言われている銀行カードローンの金利と比較すると

    計算式と月々に掛かる金利のイメージはなんとなく掴めてきたと思います。ただ、イメージが掴めてきものの、それがどれくらいの金利なのか他と相対的に見てみないとイマイチわかりくいですよね。


    では、ここでカードローン商品でも低金利と言われている「銀行カードローン」の平均金利である14.5%と比較してみます。


    融資を受けた金額 消費者金融 銀行カードローン
    10万円 1,500円 1,208円
    20万円 3,000円 2,416円
    30万円 4,500円 3,624円
    40万円 6,000円 4,832円
    50万円 7,500円 6,040円

    これを見ると、意外と差がないという事に気づく人も多いと思います。


    基本的に、銀行カードローンがいくら低金利と言われていたとしても、消費者金融よりも圧倒的に利息が少ないわけではありません。


    35万円以上の融資を受けなければ月の金利差は1,000円も変わらないからです。


    融資希望額が、30万円以内という人は、消費者金融でも銀行カードローンであっても、どちらもそこまで差はないと考えておきましょう。


    返済期間が長ければ長いほど払う金利の金額は増えていく

    次に知っておきたいのが、今までは、借りたお金に対し、月に掛かる金利にフォーカスして解説していましたが、金利を知るのであれば、返済総額についても理解しておかなければなりません。


    ローンを組んだ経験のある人は既に知っている人も多いと思いますが、ローンは、3年、5年、10年の返済期間をあらかじめ契約の際に何回払いにするのかを決めることが出来ますが、長くすればするほど返済総額が増えていく仕組みとなっています。


    そこで知っておきたいのが、消費者金融の毎月の最低返済額についてです。


    最低返済額と言うのは、ミニマムペイメントと呼ばれ、毎月必ずこれ以上の金額は返済してね!という返済額が設定されています。この金額の内訳は、利息と元金が含まれており、特に契約時に指定しなければ、この金額のみを返済していけば、必ず5年以内に完済が出来るように設定されています。


    日本貸金業協会へ加盟している消費者金融は無限リボ地獄にならないための以下の自主規制が義務付けられています。


    自主規制 第26条 (極度方式基本契約に係る返済期間の設定)

    協会員は、資金需要者等との間で極度方式基本契約を締結する場合には、当該極度方式契約に基づく極度方式貸付けの返済が原則3年以内(ただし、極度額が30万円を超える場合には原則5年以内)に終了するようにしなければならない。ただし、極度額が100万円を超える場合において、返済能力その他の事情等にかんがみ、合理的理由がある場合には、この限りでない。


    引用元:日本貸金業協会 監査ガイドラインより


    つまり、消費者金融の返済額は、30万円以内の融資は、3年以内に完済するように、30万円を超える場合は5年以内に完済が出来るようになっているため、消費者金融の月々の返済額とプランはほとんど変わりがなく、平均的に返済額の設定は、


    • 10万円に対しては4,000円
    • 20万円に対しては8,000円
    • 30万円に対しては11,000円
    • 40万円に対しては11,000円
    • 50万円に対しては13,000円

    という設定となっています。


    では、実際に消費者金融の指定する最低返済額を返済した場合に支払う金利総額についてを見ていきましょう。


    融資を受けた金額 月々の最低返済額 返済総額
    10万円 4,000円 126,226円(+26%)
    20万円 8,000円 252,540円(+26%)
    30万円 11,000円 388,663円(+30%)
    40万円 11,000円 582,494円(+46%)
    50万円 13,000円 751,057円(+50%)

    ※%の表記は端数切捨て


    上記で、30万円以内は3年以内、30万円を超える場合は、5年以内に完済のプランになっていますが、そのプランに従い完済を行うと、このように、10万円だと、元金の1.25倍になり、50万円になると元金の1.5倍となります。


    消費者金融からの融資の場合は、2年以上融資を受けると返済総額が非常に高くなる仕組みになっているので、1日当たりの金利額は知れていたとしても、最低返済額だけ返済し続けると、金利面で、非常に損をする仕組みになっているので、利用を検討されている人は、以下の2点を考慮し融資を受けるようにしましょう。


    2年以内に完済を行うようにする
    30万円以上の融資は受けない

    この条件に、該当しない場合は業者選びの際に、金利を重視する選び方を推奨します。


    低金利でのカードローン選びが重視人は以下のページを参考にしてください。

    カードローンの低金利は何%から?低金利でおすすめのカードローンについてを詳しく解説!


    契約の途中に、金利が下がることもある

    契約途中でも金利が下がるケースもありますので、どんな場合で金利が下がるのかを実例で紹介します。
    主に下がる場合は2パターンで、

    契約が3年以上続いていて、滞納がない状態である

    ただし、契約を長期に行っていると、金利が安くなる事もあります。
    例えば、ゼニエモンは、アイフルとプロミスを6年利用していますが、3年目で、自動で金利が1%ほど引き下げになり、
    現在は、17.0%で借入が可能になっており、プロミスは、金利引き下げの電話がかかり、こちらも同様に16.8%に金利が下がりました。



    プロミスは、連絡があり金利は下がりましたが、アイフルは気がついたらなっていたというイメージです。
    どちらも滞納はなく、契約して6年以上経過していますが、1%ではありますが、
    こちらにしか利益がない事を打診、または行ってくれる業者に対しては嬉しく思います。


    限度額を100万円以上に増枠してもらう

    次に、借入枠を100万円までに増枠した場合で、金利が貸金業法により、
    強制的に最大15.0%に下がります。
    その他にも、借入枠の大きさによっても金利が下がっていくようになっていて、
    プロミスの場合は、最大金額が500万円ですが、この場合だと、一番下限金利が適応されます。


    結論的に初回契約で、100万円未満の貸付枠の場合だと18%である

    結果的に、100万円未満の借り入れの場合は、例外なく、18%と考えるコトが無難です。
    まずは、18%で契約し、1年スパンで金利の引き下げ交渉を電話窓口にて交渉していくコトがおすすめです。


    消費者金融の中には無利息期間のサービスを導入しているところも

    中には、期間が限定されますが、無金利で借り入れが可能な業者もあります。
    以下では、期間限定で無金利で借入できる消費者金融もあり、以下の表にまとめました。


    業者名 無金利の期間
    プロミス 初めて借入から30日間無金利
    アコム 契約日から30日間無金利
    アイフル 契約日から30日は無金利

    ※プロミスの30日の無利息期間を利用する場合は、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。


    このようになっており、いずれも30日ほど利用できますが、短期で借入を希望している人や、
    消費者金融に借入を考えている人にとっては、30日間は、借りたお金だけ返せばいいというこのサービスはかなり安心材料の一つです。
    消費者金融を利用する場合は、無金利の期間のサービスがある業者の利用がおすすめです。


    この金利が高く感じるのは、37万円以上融資を受けてから

    金利18.0%というのはかなりの高金利ではありますが、自由な用途で自分の意志で融資、返済を行えるカードローンの商品としては、やはり金利が高い以上に使い勝手がいいものです。この金利でも十分な魅力があります。


    ただ、この金利が極端に高く感じ始めるのが、37万円を超えた金額からです。


    中途半端な金額ではありますが、この37万円の壁は、毎月返済の最低返済額が、元金返済よりも金利の方が月計算で高くなる金額なんです。


    業者には、毎月これだけは最低でも返済してね!という風に、最低返済額(ミニマムペイメント)というものが設けられています。
    消費者金融は、日本貸金業協会のガイドラインにより、自主規制により5年以内に完済できるような返済プランを設けるようにされています。


    各業者の37万円融資を受けた時の最低返済額は、プロミス、アコム、アイフル、モビットの大手消費者金融は、11,000円です。
    この場合の返済の内訳は、利息が5,550円で元金返済は5,477円となり、利息が元金の返済金額を追い抜くという自体が起こります。


    体感的な話ですが、これ以上は自分が思った以上に元金が減りません。


    1年経過し、13万円以上返済したのにも関わらず、元金は7万円程度しか減っていないため、返済意欲が急激に無くしていくのを肌で感じ、逆に減って融資を受けれるようになった分を借入するという悪循環が始まることもあるので、最低返済額の返済が当たり前になりやすいですが、多めに返済していくことが重要です。


    これが難しいという人は、37万円以下、最も最低返済額との返済のパフォーマンスがいいのが、21万円〜30万円が、どの業者も8,000円で、着実に減っていくので、甘んじてしまう人は、21万円〜30万円までが自身のキャパシティの限界で、潮時であると意識するようにしてください。



    逆に金利が急に引き上げられる事ってあるの?

    この契約している金利ですが、引き上げは、無断で行うことは禁止されています。
    契約している金利の引き上げは行われるコトはありません。

    自主規制基本規則第13条より

    協会員は、貸付の契約の内容のうち、「重要な事項」(資金需要者等の利害に関する事項であって、当該貸付けの契約に締結及び変更にあたり、その意思決定影響を及ぼす事項をいう。)については資金需要者等の利益に配慮した取扱いを行うものとし、特に、以下に掲げる事由については、その取扱に留意するものとする。

    • 貸付利率の引き上げ
    • 返済の方式の変更
    • 賠償額の予定額の引上げ
    • 債務者が負担すべき手数料等(貸付の契約に基づいて負担する債務の元本額及び利息を除く。)の引き上げ
    • 銀行振込みによる支払い方法その他の返済の方法の変更及び返済を受けるべき営業所その他の返済を受けるべき場所の変更
    • 繰り上げ弁済の可否及びその条件の変更
    • 期限の利益の喪失の定めがあるときはその旨及びその内容の変更

    引用元:日本貸金業協会 監査ガイドラインより


    つまり一度契約した金利については、利用者の一方的な利益となる金利の引き下げは業者の判断で行えるが、
    金利の引き上げに関しては、双方の合意がないとしてはならないというものです。


    金利が引き上げとなる場合の例外

    金利が引き上げとなる例外に関しては、2つほど挙げられます。

    滞納して遅延損害金が発生している状況

    返済を滞納を行ってしまった場合は、この期間、通常の金利ではなく、遅延損害金という別の高金利な金利が適応されます。
    現在は、20.0%の適応がほとんどですが、滞納が解消されるまでの一時的なものとなります。


    貸金業法に基づくおまとめローンからフリーローンへの切り替え

    消費者金融から低金利でおまとめローンを利用している場合で、残債が十分に減ったと判断した場合、通常は返済だけのローンとなっていますが、貸付限度額を設定したフリーローンへの切り替えを審査を受ける形ではありますが、この切り替えの際に、商品が別になるため、金利の引き上げで借り換える形になることがあります。


    ただし、大抵の場合は、おまとめローンでの残債と、新規借入は別に作ることがあるので、おまとめローンの残債は低金利をキープし、新たな借入は事実上の引き上げとなります。


    消費者金融の金利についてのまとめ

    消費者金融の金利については以上です。
    思ったよりも高かった、低かったと色んな感想を持たれたと思います。


    ただ、法外な利息があるのかも、、怖いという利息に対し恐怖を感じていた人も、実際の利息というのはこの程度で、返済自体もいつまで経っても完済出来ない、、と問題になるクレジットカードのリボ払いの問題よりも、消費者金融からのキャッシングやカードローンはグレーなイメージの印象を持たれる人も多いと思います。


    実際のところ、自主規制等により、5年以内に完済できるような返済プランが自動的に組まれる為、返済は黙って従って返済を続けても最後に借入を行った時(途中再度融資を受ければリセット)から5年以内には間違いなく完済出来るようになっています。


    金利こそ、18.0%と高く設定はされていますが、20万円以下の融資を希望の場合は、特に金利面で気にしなくてもいいとゼニエモンは考えています。

    20万円を30回で返済した時の返済総額

    契約時の金利 毎月返済額 返済総額
    18.0% 8,328円 249,835円
    15.0% 8,036円 241,071円
    12.0% 7,750円 232,489円
    10.0% 7,562円 226,868円

    感じるのは個人差はあると思いますが、そこまで差額はないと思いませんか?


    これが、100万円、200万円なら差は大きくはなるのは当然ですが20万円以下ならほとんど差は出ません。


    カードローンの悪いところは、例え年収の1/3以下しか借りれなくなってもまだ、自分のキャパシティを超える融資を受けることが出来るということです。


    このキャパシティというのは、最低限、人生を楽しみながら、カードローンが自身の生活を圧迫しないレベルです。


    最後に伝えたいのが、
    消費者金融は金利は高い!でも20万円までなら特に生活を圧迫するレベルではない
    ということです。


    元々、今の一般的な生活をしている人にとってはカードローンで50万円以上融資を受けるのは現実的ではなく、後で自分の人生を苦しめることになることは明白です。


    20万円を超えるとローンが長期化し、借りた元本の半分は利息で取られるようになりかねませんので、年収の1/3でも借りすぎという事を理解した上で、注意してご利用ください!


    消費者金融で、金利面でおすすめの業者を紹介

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

  1. 借入まで最短1時間なので急ぎの人にぴったり!
  2. 最初の30日は無利息期間!
  3. 大手消費者金融の中で一番低金利!
  4. ※30日の無利息期間はメールアドレスの登録とweb明細利用の登録が必要です!

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

    ※申し込みの時間帯によっては当日の融資が出来ない場合もあるので注意してください!


    プロミスから17.8%で借り入れイメージ

    ※自由返済なので、最低返済金額として参考にしてください!

    借入金額 返済回数 月返済額
    10万円 32回 3947円
    15万円 32回 5921円
    20万円 32回 7895円
    30万円 36回 10815円
    50万円 58回 12900円


    プロミスの女性専用のレディースローン



    アコムは、初回契約では、金利が18%となっていて、10万円借入した時に発生するのは月1500円だけです。
    基本的に47回払いで全額返済をするようになっていますが、最悪、返済がきつい時は、利息のみの返済でも大丈夫のようです。
    さらに、金利の引き下げに関しても、契約年数に応じて、個別で対応しますとの前向きな返答をもらえました。
    ゼニエモンもヘビーに利用している業者なのですが、年会費、入会費もかからず、長いお付き合いが出来る業者です!!

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
    遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング方式 ネット上のみで完了




    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ