オリックス銀行カードローンの増枠について徹底解説したページの見出し画像

オリックス銀行カードローンの「増枠」についてを徹底考察!

掲載日:
「初回契約時の借入の枠を使いきってしまったが、どうしても追加融資を受けたい」

「もしもの時の備えとして、もっと低金利で大きい借入枠を持っておきたい」


このようなときの選択肢として利用限度額の「増枠」が挙げられます。


ですが、増枠を行うには再度審査を受ける必要があり、誰でも増枠できるわけではありません。


このページではオリックス銀行カードローンを増枠する際の申込方法や申込の条件などを徹底調査しました。


また、増枠の審査に通りやすい人、増枠の申込が向いていない人についても詳しく解説していきます。


増枠の申込を行うメリット・デメリットやリスクについても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

このページは、オリックス銀行カードローンの「増枠」についての情報のみに特化しています。


現在すでに契約がある人に向けた内容となっているので、オリックス銀行カードローンへの新規申込を検討している人は以下ページを参考にして頂けると幸いです。



    増枠申請の条件とそれに伴うリスクを理解しておくこと


    オリックス銀行カードローンの増枠については、公式HPに掲載されている「カードローン取引規定」で以下のように定められています。


    第7条(ご利用限度額)

    3.お客さまは、当社所定の方法によりご利用限度額の変更を申し出ることができます。ただし、ご利用限度額の増額の場合には、当社は、当社および保証会社による所定の審査によりご利用限度額を決定し、ご利用限度額が増額されず、または減額が決定された場合であっても、お客さまはかかる決定内容に異議を述べることはできません。


    引用元:オリックス銀行カードローン「取引規定」


    オリックス銀行カードローンの増枠申請の条件と増枠に伴うリスク


    カードローンの中には、増枠の申込に制限があるものもありますが、オリックス銀行カードローンは増枠の申込制限は設けられていません。


    オリックス銀行カードローンで契約中の人は、いつでも増枠の申請を行うことができます。


    一方で、増枠の際は審査を受ける必要があり、誰でもどんな条件でも増枠が認められるわけではありません。


    審査の結果、増枠は認められず借入限度額は据え置きとなる場合もありますし、カードローンの利用状況によっては減額される可能性もあります。


    これからオリックス銀行カードローンへ増枠の申請を検討している人は、審査の基準についてきちんと理解した上で手続きにすすむようにしましょう。


    審査の基準について:新規契約時よりも審査は厳しめになる?


    審査の基準は、どのカードローンでも明らかにされていないので、一概に審査が甘い・厳しいなど伝えることはできません。


    その一方で、審査の仕組みを知ることで、増枠を認めて貰うために満たしておきたい最低条件を把握することは可能です。


    まず、新規契約時の審査では、以下の情報から総合的に申込者の返済能力を確認し、審査通過の可否・借入限度額が決定されます。


    申込者から伝えられる情報
    • 年収
    • 勤続年数
    • 職業
    • 雇用形態
    • 家族構成
    • 居住形態

    申込時に記載する上記の情報から、申込者の「収入の安定性」が測られます。


    指定信用情報機関からの情報開示

    信用情報の開示は、どのカードローンでも必ず行われます。


    • 今現在のローン契約件数・残債の確認
    • 過去のローンの利用状況(滞納や完済などの情報)
    • 債務整理など金融事故の有無

    これらの情報から、申込者のローンに対する信用力が測られます。



    新規契約時に適用される借入限度額は、基本的にその時の申込者の返済能力に対する最大値となります。


    なので増枠の審査に通過するためには、新規契約時よりも「収入の安定性」「ローンに対する信用力」が向上していると判断される必要があるのです。


    原則として、返済能力に変化がないと増枠の審査には通過できないと考えておきましょう。


    収入の安定性が向上していると判断される項目
    • 新規契約時はアルバイトだったが、会社員となり1年以上が経過している
    • 役職がついて給料が大幅にUPしている
    • 事業が軌道に乗り、利益が増加している

    新規契約時よりも年収が高くなっている場合は、収入の安定性が向上していると判断されます。


    また、特に勤務先や収入に変化がない場合でも、勤続年数が伸びていることも評価が高くなるポイントです。


    具体的な期間が明示されているわけではありませんが、勤務先に変更がない場合は新規契約時から6ヶ月程度、転職している場合は最低でも6ヶ月程度は経過した後に増枠の申込を行うことを推奨します。


    ローンに対する信用力が向上していると判断される項目
    • 新規契約時にあった他社ローンを完済している
    • 毎月遅れることなくきちんと返済をしている
    • 積極的に繰り上げ返済を行っている

    増枠の審査では新規申込時にはなかった、「現在のカードローンの利用状況」も返済能力を測る上で重要な項目となります。


    具体的には、毎月遅れることなく返済していて着実に借金が減っている人は、オリックス銀行にとって「優良なユーザー」と判断され、増額審査通過への期待を高く持てます。


    特に積極的に繰り上げ返済を行っている人は、現在の借り入れに対して返済能力に余裕がある人と判断されやすい傾向にあります。


    例えば、オリックス銀行カードローンで30万円を借入した場合の毎月の最低返済額は7,000円とされているのですが、これに対し毎月10,000円の返済を行っている場合、ローンに対する信用力はより高く評価されます。


    オリックス銀行カードローンの増枠の審査に通過するためには、最低限以下の2点については満たしておく必要があると判断されます。

    • 新規契約時から6ヶ月以上が経過していること
    • ローンの返済を毎月遅れることなくキチンと支払っていること

    反対に返済に遅れがある人や、借入と返済を何度も繰り返して借金が減っていない人は、増枠の審査通過は非常に難しいと言えるでしょう。


    以下に、増枠の審査通過への期待値を高くもてる条件と、反対に審査通過が困難になる条件をまとめたので、自身の現在の利用状況と照らし合わせてみてください。


    増枠の審査通過への期待値を高くもてる人の条件

    • 新規契約時の借入金をすでに完済している
    • 毎月遅れることなく、きちんと返済をしている
    • 積極的に繰り上げ返済を行っている
    • 他社ローンの借入が増えていない
    • 勤続年数が長くなり、年収が増えている

    増枠の審査通過が難しい可能性が高い人の条件

    • 借入と返済を繰り返していて、借金があまり減っていない
    • 毎月の返済に遅れや滞納がある
    • 他社ローンの借入が増えている
    • 転職をしてまだ間もない
    • 退職して、現在無職となっている

    中でも、返済が滞っている人、借金の合計金額が年収の1/3を超えている人、退職して現在無職の人は、増枠が認められないだけでなく、借入限度額が減額されるリスクが非常に高くなっています。


    借入限度額が減枠されて、すでに借入している金額を下回っても一括返済を求められることはありませんが、追加で融資を受けることはできなくなるので注意が必要です。


    また増枠の審査に落ちると、その情報は信用情報機関に登録され、他社ローンの審査を受ける際にマイナス評価を受ける要因になります。


    増枠審査に対して少しでも不安材料がある場合は、ダメ元で申し込むのではなく、自身の信用情報がどのようになっているのか先に確認しておきましょう。


    信用情報開示の方法や開示された情報の見方を以下のページで詳しく解説しているので、こちらを参考にしてみてください。



    増枠申請の前に必ずするべきこと

    引越しや転職などで、電話番号・メールアドレス・住所の変更などがあった場合、事前に登録情報の変更を行っておきましょう。


    これらの情報の変更は、オリックス銀行お客様専用サイト「メンバーズナビ」にログインすることで、簡単に手続きできます。


    また、常に新しい情報に更新しておくことで、増枠申請時の電話口での確認作業を省略できるだけでなく、審査落ちのリスクの軽減にもつながります。


    増枠の申込を行う際に提出が必要となる書類

    オリックス銀行カードローンでは、増枠の申込時は基本的に本人確認書類を提出する必要はありません。


    婚姻や引越しなどにより氏名・住所に変更がある場合にのみ、本人確認書類の再提出が必要になります。


    オリックス銀行カードローンの増枠には収入証明書の提出が必要になる


    また、増枠の際は借入限度額が50万円を超えない場合でも収入証明書が必要になる可能性が高いです。


    新規契約時にすでに収入証明書の提出を行っている人も、増枠審査の際には提出を求められる可能性が高いと考えておきましょう。


    ただし、オリックス銀行カードローンでは給与明細が収入証明書として認められていないので、あらかじめ収入証明書として提出する書類を用意しておくのがおすすめです。


    給与所得者の収入証明書

    • 源泉徴収票
    • 住民税課税決定通知書
    • 住民税課税証明書
    • 納税証明書(その2)

    個人事業者の収入証明書

    • 確定申告書(※)
    • 納税証明書
    • 住民税課税証明書
    • 住民税納税通知書

    (※)税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知が必要となります。


    給与明細が収入証明書として認められていない為、現在の勤務先での勤続年数あるいは営業年数が1年未満の場合はオリックス銀行カードローンでの増枠は難しいと言えます。


    増枠の申込から限度額が増えるまでの流れと日数

    カードローンの利用残高や借入限度額は「メンバーズナビ」から確認できますが、増枠の申請はWEB上で行うことができません。


    オリックス銀行カードローンの増枠の申込は、「カードローンデスク(0120-890-699)」への電話で行うことになります。


    増枠手続きの具体的な流れと審査にかかる時間を、電話で問い合わせてみました。


    オリックス銀行カードローンの「増枠」の申込から限度額再設定までの流れ

    • カードローンデスクへの電話による増枠の申込
    • 必要に応じて指定書類の提出
    • 増枠の審査・在籍確認
    • 電話よる審査結果回答
    • 限度額の再設定・追加での融資実行

    オリックス銀行カードローンの「増枠」の申込から審査回答までにかかる時間


    新規契約時の審査に比べると増枠の審査には時間が長くかかる傾向にあり、通常なら申込から審査回答まで約1週間程度はかかる可能性が高いとのことでした。


    また、オリックス銀行カードローンは土日祝日に審査を行っていないので、週末の申込を行った場合は審査結果の回答までどれだけ早くとも翌週月曜日以降となります。


    なので、オリックス銀行カードローンの増枠は、追加での融資実行までに最低でも1週間以上の余裕がある人のみが検討するべきだとゼニエモンは考えています。


    追加での融資希望額が5万円以下で、とにかく急いでお金を用意したい人には増枠は向いていないので、以下のページを参考に新しいローンを組むのがオススメです。


    このページでは土日・祝日問わず、最短即日での融資も可能なカードローンを特集しており、利用時の注意点についても詳しくまとめています。



    オリックス銀行カードローンの増枠審査には在籍確認が必須


    オリックス銀行カードローンの増枠審査の際の勤務先への在籍確認


    申告された勤務先で申込者が本当に働いているのか確認する在籍確認ですが、ほとんどのカードローンが勤務先に変更がない場合は原則不要となっています。


    ですが、オリックス銀行カードローンは、転職や転勤などが一切ない場合でも在籍確認が必ず行われます。


    本当は転職しているけど審査を有利に進めるために転職を隠しておく、無職になっていることを隠しておくなど、職場に関する隠し事は絶対にできない仕組みです。


    勤務先の変更がある場合は、増枠申込の電話をした際に伝える、あるいは事前に「メンバーズナビ」から変更手続きを行っておくようにしましょう。


    オリックス銀行カードローンで増枠するメリット・デメリットとリスクについて

    借入限度額の増枠は、新規契約時に比べて簡単な手続きで行うことができ、追加での融資を受けたいときにメリットが大きいイメージがあります。


    その一方で、一口に増枠といってもその目的や利用状況は異なるため、増枠によりメリットを得られる人もいれば、増枠がデメリットになる人もいます。


    以下で、オリックス銀行カードローンの増枠で抑えておきたいポイントと、メリットがある人と反対にデメリットがある人を分類しました。


    オリックス銀行カードローン増枠の特徴と抑えておきたいポイント

    増枠の手続きの際に来店や郵送は不要
    本人確認書類の再提出は原則不要
    借入限度額に関わらず、増枠には収入証明書が必要な可能性が高い
    申込から増額まで、1週間程度はみておく必要がある
    転職・転勤の有無に関わらず、増枠の審査にも在籍確認が必須
    増枠の審査通過には、収入の安定性・信用力の向上が必須

    これらの情報を踏まえたうえで、増枠の目的や現在の利用状況からいくつかのパターンに分けて、増枠の向き・不向きを考察していきます。


    オリックス銀行カードローンの増枠でメリットが大きくなる人

    • 借入の枠にまだ余裕がある
    • もしもの時の備えとして、限度額を増枠したい
    • 毎月きちんと返済していて、着実に借金を減らせている
    • 他社ローンの借金が増えていない
    • 今すぐにお金が必要なわけではない

    これら条件を満たす人は、オリックス銀行カードローンの増枠が向いていると言えます。


    オリックス銀行カードローンの増枠は、今すぐに融資を受ける必要がなく、お金にも時間にも余裕がある人のみにオススメです。


    返済に遅れがある、または他社ローンの借金が大幅に増えている場合、増枠の審査に落ちてしまう可能性が高くなるだけでなく、まだ残っている借入枠が減枠されてしまうこともあります。


    増枠の申込は慎重に判断するようにしてください。


    オリックス銀行カードローンへの増枠が向いていない人

    • とにかく急いで追加での融資を受けたい
    • 枠いっぱいまで借入してしている
    • 勤続年数が1年未満である
    • 契約時よりも収入が下がっている
    • 新たに他社ローンとの契約を結んだ
    • オリックス銀行カードローンの返済に遅れたことがある

    これらに該当する場合、オリックス銀行カードローンの増枠は非常に難しいと言えます。


    特に返済の遅延滞納がある人、他社ローンからの借金が増加している人については、新規契約でも増枠でも審査通過の難易度は高い状態です。


    信用情報に問題がない人については、他社カードローンの新規申し込みなら審査通過の可能性がまだあります。


    というのも、基本的にカードローン業者は新規顧客の獲得に注力している傾向にあるからです。


    ただし、他社カードローンへ新規申込をして追加融資を受ける場合、以下の理由から融資希望額は10万円となる可能性が高くなっています。

    • 毎月の返済額が増えて、負担が大きくなる
    • 高額の借入の枠を設けることは難しい

    ゼニエモンとしては、ひとつのカードローンを借入限度額いっぱいまで借金している状態なら、10万円以上の追加融資は受けるべきではないと考えています。


    なので、ここでは追加融資を受ける金額が10万円以下の場合に限り、申込をおすすめできるカードローンを紹介します。


    追加融資には最大180日間の無利息サービスがある「レイクALSA」が最適

    レイクALSAのロゴ画像


    レイクALSA(レイクアルサ)はCMも流しているので、既にご存知の人も多いと思います。


    実はレイクALSAは、昔からある「新生銀行カードローン エル(旧 レイク)」がフルリニューアルされたもの。


    ユーザーの欲しい機能やサービスが余すことなく入っているのが、最大の特徴です。


    ざっと上げるだけで、注目のサービスは以下の通り。


    • 初めて利用する方でWEBから申し込みをすると、60日間無利息(金額制限なし)
    • 初めて利用する方なら、借入金額5万円まで180日間無利息
    • 審査が早く、最短15秒で審査結果が出る!
    • Webでの申込なら、最短60分で融資が可能!
    • モアタイムシステムに対応している銀行宛てなら、曜日に関係なく24時間365日振込融資を受けることが可能!
    • コンビニの提携ATMからカードレスで入出金が出来る!

    初めてカードローンを使う人の中には、え?なにこれ?すごいの?って思っている人もいると思います。


    断言しますが、これはかなりすごい事なんです!


    特に、最大180日無利息のサービスを提供しているのはレイクALSAだけで、全カードローンの中でもこれ以上の期間、無利子・無利息の業者は本当にありません。


    気になる人は、ぜひ以下のお借入れ診断を行ってみてください。



    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15秒※ なし 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0% 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
    ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    残高スライドリボルビング方式
    元利定額リボルビング方式
    ネット上のみで完了

    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。


    一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。


    貸付条件や注意点はコチラ
    (※) ※21時(日曜日は18時)までの契約を行えば当日中に振込みでの融資が可能!
    ※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    ※【無利息期間について】
    ・初めてレイクALASAを利用する方が対象です。 ・60日間無利息はWEB経由で申込された方が対象です。
    ・ご契約額1万〜200万円までの方が対象です。 ・お借入れ額5万円まで180日間無利息、それ以上の方は60日間無利息が適用されます。
    ・30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。 ・初回契約日翌日から無利息適用となります。
    ・無利息期間経過後は通常金利適用。
    ・ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
    【貸付条件】
    ●新生フィナンシャル株式会社●登録番号/関東財務局長(9)01024号
    ●極度額/1万円〜500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%〜18.0%
    ●遅延損害金(年率)20.0%
    ●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
    ●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査
    ●必要書類/運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)


    オリックス銀行カードローンの「増枠」についてのまとめ


    オリックス銀行カードローンの増枠による金利引き下げへの期待値の高さ


    利用限度額 借入年率(年)
    100万円未満コース 12.0%〜17.8%
    100万円コース 6.0%〜14.8%
    150万円コース 6.0%〜14.8%
    200万円コース 5.0%〜12.8%
    300万円コース 5.0%〜12.8%
    400万円コース 4.5%〜8.8%
    500万円コース 4.5%〜8.8%
    600万円コース 3.5%〜5.8%
    700万円コース 3.5%〜5.8%
    800万円コース 1.7%〜4.8%

    ※各コースごとに適用金利が定められていますが、借入限度額は10万円単位での増枠申請が可能とされています。


    カードローンによっては、100万円以下の金利は○%と一律で決まっているものもありますが、オリックス銀行カードローンは12.0%〜17.8%と幅があります。


    このような金利設定の場合は、増枠で借入限度額が100万円を超えない限り金利は引き下げられません。


    また、金利が一律のカードローンでは増枠による金利引き下げはほとんど見込まれませんが、オリックス銀行カードローンは少額の増枠でも金利引き下げが期待できます。


    ただし、オリックス銀行カードローンの増枠は「新規契約よりも早く追加融資が受けられる」「在籍確認がない」「金利が引き下げられる可能性が高い」などのメリットはありません。


    また、審査通過のハードルも高めとなるので、オリックス銀行カードローンを1年以上利用していて、追加での融資を急いでいないという人に限り増枠の申し込みを検討してみることを推奨します。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ