年収より大きい額のおまとめローンについて解説

おまとめローンは年収以上の借金にも対応してもらえる?利用のデメリットや借り換えとの違いについても解説


掲載日:
ローンにはさまざまな種類がありますが、その一つに「おまとめ(借り換え)ローン」というものがあります。
おまとめローンは、数あるローンの中でも総量規制の対象外となっており、年収より多い額を借り入れることが可能です。

住宅ローン・カーローンであれば年収以上の借り入れをするのはよくあることですが、ローンの中では非常に珍しいものになります。

その一方で、おまとめ(借り換え)ローンをカードローンやフリーローンで代用することもあり、年収以上の借り入れをできるのかわからないということがありえるでしょう。※最後にもう一度書き直す

そこで、まずはおまとめ(借り換え)ローンについて把握し、それからおまとめ(借り換え)ローンにて年収以上の借り入れができるのかどうかを解説していきます。

    おまとめ(借り換え)ローンとは

    複数の業者から高金利の借り入れをしているとき、役立つのがおまとめ(借り換え)ローンです。


    一般的に、「おまとめローン」と「借り換えローン」は同じものとして扱われますが、実際には微妙に契約内容などが異なるのでチェックしてみましょう。


    おまとめローンとは?

    複数の業者からローンを借り入れていると、毎月の返済日がばらばらになるケースがあります。


    返済日が異なると、返済を忘れてしまう確率が高く信用情報が傷つくことに加えて、遅延損害金の支払いも必要です。


    それを避けるためにおすすめなのが、複数の借り入れを一つにまとめる「おまとめローン」です。


    おまとめローンは、元々別のところから借り入れしていたお金を、おまとめローンからの借り入れによって返済し、返済先を一本化することができます。


    おまとめローンを利用すれば、返済日の管理から解放されることに加え、金利も低く抑えられる可能性があるので、非常にお得なサービスと言えるでしょう。


    借り換えローンとは?

    借り換えローンとは、高金利なものから低金利なものへシフトすることを指す

    高金利のローンを借り入れしていると、金利によって高額の利息が発生します。


    借り入れ日数が増えるほど金利の支払い額も増えるので、返済が長期になるほど損をする仕組みになっているのです。


    つまり金利の高い業者で借り入れをすると、利息によって返済総額が膨らみ、ほぼ利息分しか返済できない状態に陥る可能性もあるということです。


    そんな高金利の借り入れから、低金利の借り入れにシフトするのを借り換えローンと言います。


    低金利のローンから借り入れして高金利のローンを完済するという仕組みで、借り換えローンを利用すれば利息を大きく抑えられるのが魅力です。

    おまとめ(借り換え)ローンは総量規制の対象なの?

    おまとめ(借り換え)ローンは、銀行・消費者金融のどちらでも提供されているサービスです。


    しかしここで気になるのは、消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンは総量規制の対象になるのか?ということです。


    総量規制とは、貸金業法で定められた決まりで、消費者金融での借り入れ総額は全て含めて年収の3分の1以上になってはいけないというものです。


    銀行は銀行法で動いているため、こちらは総量規制の対象になることはありません。


    それでは、総量規制の対象である消費者金融が提供するおまとめ(借り換え)ローンはどうなるのかと言うと、「総量規制の対象外」になります。


    消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンが、総量規制の対象外である理由

    消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外

    貸金業法が定めた総量規制が、どうして消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンにはかからないのかというと、それはおまとめ(借り換え)ローンは「例外貸付け」になるからです。


    例外貸付けの条件

    • 1.利用者が一方的に有利になる借り換え
    • 2.借り入れ残高を段階的に減少させるのが目的の借り換え
    • 3.利用者や親族が緊急に必要と認められる医療費支払い目的の融資
    • 4.10万円以下、3ヶ月以内の完済などが条件で社会通念上、緊急に必要とされる費用を支払うための融資
    • 5.個人事業主への返済能力を超えない範囲の融資
    • 6.新規の事業を営む個人事業主への返済能力を超えない範囲の融資
    • 7.確実に借り入れ可能だと確認できて1ヶ月以内で完済できるのが条件の、預金取扱金融機関から融資を受けるまでのつなぎ資金に関わる融資
    • 8.配偶者と併せて年収3分の1以下の貸付

    おまとめ(借り換え)ローンは上記の1と2に当てはまることから、総量規制の対象外となります。


    消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンも、年収の3分の1以上の借り入れが可能となっているので安心して利用しましょう。


    消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンの特徴

    消費者金融のおまとめローンは誰でも利用しやすいのが魅力

    消費者金融系のおまとめ(借り換え)ローンは、借り入れ条件が幅広い点が大きなメリットです。


    収入や雇用形態なども限定されていることがほとんどないので、誰でも利用しやすいと言えるでしょう。


    また、消費者金融系はWEBで手続きが完結するところが多く、家族に知られることなく利用できるのも魅力です。


    その一方で、大手消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンのほとんどは、借り換え対象を貸金業に限定している点に注意が必要です。


    つまり、銀行からの借り入れに対するおまとめ・借り換えはできないということです。

    クレジットカードのキャッシングは、貸金業の範囲なので問題ありません。


    ただし、これは貸金業法が定めた総量規制と違い、貸金業法によって決められているわけではありません。


    銀行での借り入れをおまとめできる消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンもありますが、少数であることは注意しておきましょう。


    また、消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンは銀行系と比較して金利が高い傾向にあります。


    そのため、銀行のおまとめ(借り換え)ローンを利用するには審査面が不安だが、複数の返済をどうにか1本にまとめたいという方におすすめと言えるでしょう。


    消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンは、こんな人におすすめ!

    • 現在消費者金融からお金を借りている
    • 銀行のおまとめローンの審査に通る気がしない
    • あまり収入が多くない
    • 金利が高くても借り入れしやすいおまとめローンが良い

    銀行のおまとめ(借り換え)ローンの特徴

    銀行のおまとめローンは低金利だが審査は厳しい

    消費者金融と違い、銀行は総量規制などの決まりもないので、借り入れ希望額に上限というものはありません。


    そして、銀行のおまとめ(借り換え)ローンは消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンと比べると金利が低い傾向にあります。


    しかし、銀行のおまとめ(借り換え)ローンは借り入れ条件が厳しく設定されていて、消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンよりも審査のハードルが高い傾向にあります。


    おまとめ(借り換え)ローンも審査に落ちると信用情報に審査落ちが記録され、短期間内に他へ借り入れ申込をした際の審査に影響を与える可能性があるのを忘れないようにしましょう。


    借り入れ条件をしっかり満たしており、審査の通る自信がある方におすすめです。


    銀行のおまとめ(借り換え)ローンは、こんな人におすすめ!

    • 現在借り入れているローンの金利が高い
    • 信用情報が優れている
    • 収入に自信がある

    おまとめ(借り換え)ローンにも、借り入れ限度額が設定されている

    返済専用のおまとめ(借り換え)ローンを利用しても総量規制の対象になることはありませんが、それとは別におまとめ(借り換え)ローンには借り入れの限度額という上限が設定されています。


    特に、消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンは、借り入れ限度額が最大300万円など上限が低めに設定されていることがあります。


    複数の業者から借り入れをしている場合、おまとめ(借り換え)ローンが設定した借り入れ限度額の上限を越えないか必ずチェックしましょう。


    また、銀行のおまとめ(借り換え)ローンは年収以上の借り入れが必ずできるのかと言うと、そうとも言えません。


    というのも、銀行系のおまとめ(借り換え)ローンは消費者金融系と比較して審査が厳しいからです。


    非常に高額な借り入れにもなるおまとめ(借り換え)ローンは、審査をする上で「この人はきちんと完済してくれる」という信頼を得ることが重要です。


    おまとめ(借り換え)ローンを利用するにしても、収入が低いと判断された方や返済実績があまり良くない方は、審査に落ちやすくなっているので覚えておきましょう。


    おまとめ(借り換え)ローンは、毎月の返済額に注意!

    複数の借り入れを1本化したい場合と、低金利のサービスに借り換えたい場合、どちらのケースでもおまとめ(借り換え)ローンは有効な手段と言えます。

    ここで注意するべきなのが、おまとめ(借り換え)ローンを利用したのに、返済総額が前のローン利用時よりも増してしまうケースです。

    何故、おまとめ(借り換え)ローンがかえって損をする形に働くのかと言うと、おまとめ(借り換え)ローンに移行することで毎月の返済額が減ったことが理由です。

    いくら金利が低くなったと言っても、返済額が少なくなれば返済する期間は延びるので、支払う金利も増えることになります。

    おまとめ(借り換え)ローンの利用で返済額が減った方は、できるだけ以前の返済額と同じか、それ以上の返済額を支払うように意識しましょう。

    おまとめ(借り換え)ローンの審査に落ちないコツ

    審査に自信がない人はコツをしっかりチェックしよう

    おまとめ(借り換え)ローンで年収以上の借り入れ額を利用する場合、審査に落ちないようにするにはどうすべきか解説します。


    信用情報をきれいにしておく

    カードローンやクレジットカードなどの利用・返済履歴は、すべて信用情報に記録されており、審査を受ける際に他社の利用歴も含めた情報が共有されます。


    おまとめ(借り換え)ローンは、これまでの返済がきちんとできているかという点が非常に重要な要素です。

    返済の滞納・遅延をしないように気をつけましょう。

    収入が安定しているか

    おまとめ(借り換え)ローンは返済に特化したローンなので、返済に必須となる収入面の安定性が非常に重要です。


    収入が安定していないと、完済までの継続的な返済ができないと受け取られ、審査に落ちてしまう可能性があります。


    そのため、直近の数か月間に転職や退職で収入が激減してしまった場合、おまとめ(借り換え)ローンに申込をするのは待った方が良いでしょう。


    おまとめ(借り換え)ローンは非常に長期に渡る利用が前提なので、良い印象を与えるよう心がけないといけません。

    おまとめ(借り換え)ローンの申込先で金融事故を起こしたことがないか

    自己破産や長期滞納などの金融事故は、5年から10年で信用情報から記録が消えますが、その金融事故を起こした借り入れ先では自社ブラックとして記録が残っている場合があります。


    もしも自社ブラックとして記録が残っていると、信用情報がきれいでも審査に落ちる可能性が非常に高くなります。


    金融事故を起こしたことのある企業へおまとめ(借り換え)ローンの申込をするのは、できるだけ避けましょう。

    ゼニエモンおすすめのおまとめ(借り換え)ローン

    おまとめ(借り換え)ローンを利用するにしても、どの業者を選ぶかというのは非常に重要です。


    銀行・消費者金融それぞれのおまとめ(借り換え)ローンを以下に紹介するので、参考にしてください。


    企業種類 借入限度額 金利 借入条件
    アイフルのおまとめMAX・かりかえMAX 消費者金融 最大800万円 年3.0%〜17.5% ・20歳以上69歳まで
    ・定期的な収入と返済能力がある
    プロミスのおまとめローン 消費者金融 最大800万円 年3.0%〜17.5% ・年齢20歳以上65歳以下
    ・利用者本人に安定した収入がある
    ・主婦、学生の方でもアルバイトやパートをしていれば借り入れ可能
    アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン 消費者金融 最大800万円 年7.7%〜18.0% ・20歳以上かつアコム基準で安定した収入と返済能力がある方
    新生パーソナルローンのおまとめローン 消費者金融 最大400万円 年10.5%〜18.0% ・20歳から70歳まで
    ・安定した収入のある方
    東京スター銀行のおまとめローン 銀行 最大1,000万円 年12.5% ・20歳以上65歳未満
    ・正社員、契約社員、派遣社員として給与所得がある
    ・年収200万円以上
    ・保証会社である株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスの保証を受けられる
    西日本シティ銀行のNCBおまとめローン 銀行 最大500万円 年4.5%〜15.0% ・20歳以上75歳未満、完済時の年齢が80歳以下
    ・個人事業主の方は税金の滞納と延滞がない方
    ・西日本シティ銀行のローン取り扱い店舗の近くに住んでいるか勤務している方
    ・現住所が西日本シティ銀行の営業エリア内にある
    ・東京都、大阪府にある店舗は利用不可能
    ・九州カード株式会社か九州総合信用株式会社の保証を得られる
    中央リテールのおまとめローン おまとめ専門消費者金融 最大500万円 年10.95%〜13.0% ・5件以上200万円以上の借り入れをしている
    ・東京都渋谷区にある本店に来店可能な地域に住んでいる
    ・20歳以上65歳以下
    ・パート、アルバイト、主婦、個人事業の方でも借り入れ可能

    消費者金融系のおまとめ(借り換え)ローンは、銀行・おまとめ専門業者と比較して借り入れ条件がゆるいのがメリットです。


    一定の収入があり、年齢の条件をクリアしていれば利用できる可能性は高いと言えるでしょう。


    一方で、消費者金融の大手であるアコムのおまとめ専用ローンは借り入れ限度額が最大300万円と低く設定されています。


    プロミスやアイフルのおまとめ(借り換え)ローンは最大800万円まで借り入れできるので、合計300万円以上借り入れている人はこちらを選びましょう。


    また、消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンは金利が年18.0%程度と高く設定されているのがデメリットです。


    借り換え対象も貸金業からの借り入れに限定しているので、銀行ローンのおまとめは不可能という点に注意してください。


    銀行系のおまとめローンは、借り入れ限度額が高く金利は低く設定されていますが、最低年収が決まっているケースもあります。


    年収以外にもいくつか定められている条件をクリアしなければ借り入れできないので、必ず事前に借り入れ条件を満たしているか確認しましょう。


    注目したいのは、消費者金融でありながら金利が年10.95%〜13.0%と低くなっている中央リテールのおまとめローンです。

    中央リテールは消費者金融なのに金利が最大年13%

    非常に珍しいおまとめローン専門の消費者金融である中央リテールは、消費者金融の持つ高金利という欠点がありません。


    借り入れ件数が5件以上で借り入れ総額が200万円以上という条件がある点を考慮しても、中央リテールは非常に有用な消費者金融おまとめ(借り換え)ローンと言えます。


    加えて、中央リテールは他の消費者金融と違い、銀行ローンの借り換え・おまとめにも対応しています。

    おまとめ(借り換え)ローンは、消費者金融でも年収以上の借り入れができる

    おまとめローンは年収以上の借り入れもまとめることができる

    おまとめ(借り換え)ローンは、複数の借り入れを1本化するおまとめローンと、高金利から低金利にシフトする借り換えローンの2つがあります。


    消費者金融のおまとめ(借り換え)ローンは「例外貸付け」なので総量規制の対象外になり、年収の3分の1以上の借り入れが可能です。


    そのため、おまとめ(借り換え)ローンで年収を超える金額を借り入れることはできますが、おまとめ(借り換え)ローンそのものに借り入れ限度額の上限が設定されている点には注意しましょう。


    また、おまとめ(借り換え)ローンの審査は決してハードルが低いわけではありません。

    返済を滞納・遅延したことがあったり、収入が激減したりすると審査に落ちる可能性があります。


    特に、銀行のおまとめ(借り換え)ローンは金利の低さが魅力ですが、利用に様々な条件が設けられていることが多いので借り入れ条件を満たすのが難しくなっています。


    消費者金融系のおまとめ(借り換え)ローンであれば比較的条件面がゆるいので、銀行の審査に通過する自信がない人は消費者金融に申し込むようにしましょう。


    しっかりローンを返済できるよう、自分に合ったおまとめ(借り換え)ローンを選びましょう。


    おまとめ(借り換え)ローンに向いている

    • これまで延滞せず返済を続けている
    • 銀行のローンやクレジットカードの支払いはおまとめする必要が無い
    • きちんと返済できる収入がある

    おまとめ(借り換え)ローンが向いていない

    • 返済を滞納している・延滞したことが何度もある
    • 銀行のローンをまとめたいが、消費者金融しか利用できそうにない
    • 半年以内に収入が激減した

    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ