急に増枠、減枠なることも!知っておきたい途上与信について

掲載日:

カードローンを利用していて、突然、枠が増枠されてた!または縮小されていた!というような事を体験されたコトがあるという人も利用者の中にはいるかと思います。これは、業者側が定期的に、審査を行っており、返済状況や、現在の全体のローン残高の確認などの返済能力を調査し、新たに契約を更新しています。

契約中に審査を業者側のタイミングで審査を行なう事を「途上審査」といいます。
このページではそんな途上審査についてを徹底的に解説していきます。


途上与信とは



途上与信というのは、クレジットカードや、カードローンを契約している人で、
現在の契約についてを業者側が現在の契約状況など何らかの更新をする際に、
契約者の信用情報を開示して、更新を行う為の審査を行う事をいいます。


途上与信は、契約している業者側が行うものであり、
こちらに対し、事前連絡などありません。


クレジットカードの枠が突然、30万円から70万円になっていた!という増枠という場合もありますし、逆に、カードローンの限度額が70万円から50万円に下がっていたという場合などもあります


なぜ、このような事があるかというと、
現在の契約の状態から何らかの変化があったのかどうかということを調査をすることで、滞納の恐れがあったり、新たにクレジットカードやカードローン、又はその他のショッピングのローンなどを増やしているのか、審査落ちをしていないのかのチェックなど他社との契約状況の確認を行ったり、利用状況が他社の方がより好条件で利用頻度が高い場合は、金利の引き下げを行ったりといった契約者の利用頻度や、返済能力を事前にチェックし、現時点での業者側がこの契約者との契約条件として最善と判断した調査を行うといったものです。


これによって例えば、借入限度額が縮小となってしまい、不都合な場合は、
その業者に対して、再度、増枠の審査を受けることもできます。



これだけ見ると、なんだか途上与信によって突然借りれなくなったり利用が出来なりそうで、怖いイメージを持つ人もいるかもしれません。


ですが、この途上与信により、よほどの事がない限り著しく損害を被るようなことはなる事はありません。


途上与信によって変更される可能性のある項目


勝手に不利な契約に変更されたりなど、
途上与信により、変更される恐れのある一例を紹介します。

  • クレジットカードの利用可能額の増減
  • キャッシング利用の上限金額の増減
  • ローンの金利の見直し、引き下げ

大半の場合、途上与信により、契約条件が変更になる事の方が珍しく
現状維持となる場合の方が多いです。


この金利の引き下げは、ほとんど聞くことはありません。
当サイトでも2010年に契約したカードローンが、2013年に途上与信によって、
1%金利が下がったデータしかなく、体験者はほぼおりません。


この途上与信により、金利の引き下げはありますが、固定金利での契約の場合は、
勝手に金利を引き上げる事は禁止されているので、途上与信によって金利が下がる事はあっても上がることはありません。


この一例は、特に金融事故を起こしていない人の利用の場合の結果です。
例えば、滞納を繰り返し何度も行っている場合や、
カードローンでも未納で2ヵ月以上経過し、保証会社が代位弁済を行った場合など、
金融事故を起こしてしまっている場合は、


途上与信によって、
限度額が0円となり、返済のみのカードローンとなった
クレジットカードが利用停止された


という、借入限度額に満たない状態でも新たな融資を行えなくなり、
返済のみの利用しかできなくなるといった状態になります。


途上与信されたことは分かるの?

基本的に途上与信などがある場合は、同時に契約更新についてといったメールや、電話等により、
収入証明書の提出のお願いなどといった強制でなく任意で協力を求める為の連絡が来ることがありますが、事前連絡の全くないまま途上与信を行う場合もあります。


事前連絡のある時は、業者毎に設定している契約者の契約の更新時に行うものが大半で、利用者の融資額などを増やして、貸付金の残高を増やす事を目的に、残高を引き上げることに問題がないのかを審査する場合は事前連絡があることはほとんどありません。
増枠後に電話や、メールでの連絡が来ることもありますが、大半は知らず知らずのうちに限度額が上がっていたということに経験のある方もいると思います。


この途上与信ですが、
信用情報を開示してみると行われたのか行われていないのかすぐにわかります。



こちらは、途上与信があった際の、信用情報の表示です。
え?信用情報なにそれ?そんなんできるの?という人は、信用情報の開示方法、読み方を
説明している以下のページを参考にしてください。


信用情報の開示について


このように途上与信は行われています。
これにより、突如、契約状況が変わるというのは、
基本的に、この業者と契約した時の状況と現在が大きく変わっている場合です。


例えば、
住所変更、勤務先の変更、借入残高の上下、新規ショッピングローン契約
などにより、現在、お金を貸す事に対して、信用するに値するのかということのチェックですが、特に注意すべきところとしては、注意するのは、


  • 住所が変わった
  • 勤務先が変わった
  • 大きな滞納をした

といった場合は、細かに業者へ連絡をして、現在の状況の説明と情報更新を行うことで、
突然の利用停止になる事はないため、こういった変更があった際は、各契約業者へ契約状況の更新を行ってもらうようにすることを推奨します。


途上与信というものは、各業者利用者の利益、自社の利益の双方を守るために行なうことで、必ず定期的に行ないますし、業務上行うことが義務付けられています。

なので、通常の利用をしている人にとっては特に気にすることもありませんが、他社で1ヶ月以上の滞納があったり、不正使用により強制解約されて契約に「異動」情報として記載されたりしない限りはこのまま継続するか良い条件になるかどちらかで、マイナスになることは考える必要はありません。

また、途上与信のあった業者と契約時に申告している年収と実際に現在融資を受けている残高や毎月の返済額で総量規制を超えた場合は、融資は停止となり、また毎月の返済額が返済能力を上回っていると判断された場合は契約枠の縮小ではなく、契約枠は継続されますが、業者側の設定でそれ以上の利用が出来なくなるという場合もあるので、

この辺りは普段の利用や、該当すると考えた場合は途上与信のの際に不利な条件にならないように、事前に収入証明書の新しいものの提出などを行ない、こまめに契約内容については更新してもらうようにしましょう。


コメントを投稿する

管理人の承認後コメントが公開されます。

アイコンを選んでください


ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ