結婚式や新婚旅行に利用出来るブライダルローンについてを解説

結婚式や新婚旅行に利用できるブライダルローンについてを解説

掲載日:

結婚式を挙げたいけれどお金がない…という方が便利に利用できるのがブライダルローンです。

ブライダルローンはカードローンやフリーローンと比べて低金利で融資を受けることができるので、結婚式や新婚旅行など結婚資金の目的でローンを考えている場合はブライダルローンの利用をおすすめします。

このページでは、ブライダルローンについてを詳しく説明していきますので参考にしていただけると幸いです。

    ブライダルローンはどの範囲まで利用できる?

    ブライダルローンは結婚式や披露宴の利用でしかローンを組めないというイメージを持っていませんか?

    実はブライダルローンが利用できる範囲は結婚式や披露宴だけではありません。


    ブライダルローンが利用できるもの

    • 結婚式の費用
    • 披露宴の費用
    • 新婚旅行で掛かる費用
    • 結婚指輪や婚約指輪の購入費用
    • 新生活等で掛かる費用

    新婚旅行や結婚指輪、新居の契約金や新生活にかかる費用などにもブライダルローンが利用できます。


    その他に、結婚式は行わなくてもフォトウェディングや、ウエディングドレスのレンタル費用としても利用可能です。


    また、籍は入れているけど式はまだ挙げていないという方で、これから結婚式を挙げる場合にもブライダルローンを利用できるので、結婚した時期は問われません。


    ただし、業者によっては結婚式費用のみに限定されているブライダルローンもあるので、申込をする際はまず資金使途を確認するようにしましょう。


    ブライダルローンの申し込みに必要なものとは?

    ブライダルローンを契約する際に提出する書類は業者によって異なりますが、一般的には以下の書類の提出が必要になります。

    • 本人確認書類
    • 勤続年数を確認できる書類
    • 収入証明書類
    • 資金使途および所要金額を確認できる書類

    本人確認書類について

    本人確認書類について


    本人確認書類として利用できるのは、運転免許証、パスポート、健康保険証などです。


    業者によっては本人確認書類2点の提出が必要になるブライダルローンもありますので確認してください。


    また、本人確認書類に記載されている住所と現在住んでいる住所が異なっている場合は、現在住んでいる住所を確認できる書類の提出が必要になることがあります。


    勤続年数を確認できる書類

    雇用形態や勤続年数を融資条件としているブライダルローンでは、勤続年数を確認できる書類の提出が必要になります。


    勤続年数を確認できる書類としては、健康保険証、勤務先名の記載がある年金定期便、個人事業主の方は開業届や初回確定申告書の写しなどが利用できます。


    収入証明書類

    収入証明書類について


    多くのブライダルローンでは安定した収入があることを申込条件としているので、収入を証明できる書類の提出が必要です。


    収入証明書類として、源泉徴収票、課税証明書、給与明細書、所得証明書、確定申告書などが利用できます。


    資金使途および所要金額を確認できる書類

    ブライダルローンは使用目的が結婚資金のみに限定されるので、条件に合っているのかを判断するために資金の使い道を確認できる書類の提出が必要になります。


    資金使途の書類は、支払先、金額、支払い対象者名、利用目的、作成日が記載されているものを提出してください。


    業者によってはローン申し込み日より3ヵ月以内に作成されたものなど、期限が設定されているものもありますので注意が必要です。


    資金使途の書類が提出できないと、最悪の場合、ブライダルローンの契約はできません。


    ブライダルローンに保証人は必要?

    ブライダルローンという専用商品のローンの場合は、保証会社が保証する契約や本人の直接の契約であるため、基本的に保証人は不要となります。


    ブライダルローンに保証人の必要の有無


    ただし、多額の金額を借入れする場合は連帯保証人を設定する必要があります。


    また、ブライダルローンを組むのは必ずしも結婚する当人でなくても可能です。


    例えば、子供の結婚式費用を親が負担するという場合でも利用することができます。


    ブライダルローンの金利はどれくらい?

    ブライダルローンの金利について


    ブライダルローンは目的に沿ったローンなので比較的低金利で利用することができますが、どれくらい低金利なのか想像がつかないという人も多いです。


    そこで、ブライダルローンはどれくらいの金利で低金利・高金利と言えるのかを紹介していきます。


    ブライダルローンは業者によって金利が異なっており、その中でも固定金利と変動金利が適用されているものがあります。


    ブライダルローンを利息面で比較すると、金利幅がなく、ブライダルローン専用の固定金利を提供しているローン業者がおすすめです。


    ブライダルローンの固定金利は、基本的に年5.0%〜10.0%の間で設定されています。


    そのため金利が年5%以下なら低金利、金利が年10%以上なら高金利と判断してください。


    また、ブライダルローンは融資の金額に比例して低金利になっていく傾向があるので、借入金額が大きいほど低金利になる可能性が高いです。


    その他に金利を下げる方法としては、連帯保証人を付けたり、不動産等の担保を入れたりする方法もあります。


    ブライダルローンの返済プランについて

    金利については、年5%以下なら低金利、金利が年10%以上なら高金利ということは分かりました。


    しかし、実際に融資を受けて見ないと返済総額や支払利息、毎月の返済額がどのくらいになるのか実感がわきにくいので、返済シミュレーションを利用して確認していきましょう。


    次の返済シミュレーションは、金利が年5%、年7%、年10%のブライダルローンで100万円、200万円の融資を受け、5年で完済するプランを条件に作成してみました。


    100万円の融資を受けた際の完済例

    金利 年5% 年7% 年10%
    月々の返済額 1万8,871円 1万9,801円 2万1,247円
    返済総額 113万2,274円 118万8,072円 127万4,823円
    利息の合計金額 13万2,274円 18万8,072円 27万4,823円

    200万円の融資を受けた際の完済例

    金利 年5% 年7% 年10%
    月々の返済額 3万7,742円 3万9,602円 4万2,494円
    返済総額 226万4,548円 237万6,144円 254万9,645円
    利息の合計金額 26万4,548円 37万6,144円 54万9,645円

    返済シミュレーションについて


    ブライダルローンで100万円以上の融資を年5%と年10%で受けた場合、返済総額は14万円以上の差が出てしまいます。


    200万円の融資を受けた場合も、支払利息が増えるので返済総額の差はさらに開いていきます。


    返済期間についての注意点

    結婚は人生の中で大切なイベントですので、結婚式や披露宴、新婚旅行などは2人の幸せのためにも希望通りに行いたいものです。


    ですが、ブライダルローンで多額の融資を受けてまで希望通りの結婚式を行うことはおすすめしません。


    ブライダルローンは結婚資金のための融資ですが、見方を変えれば借金と同じです。


    ブライダルローンは最長10年まで組むことができ、返済期間を延ばすほど毎月の返済額が少なくなるので、生活費に負担をかける心配はありません。


    しかし、結婚式が終わって出産、住宅購入など後々お金が必要になる場面が増えていく中で、いまだに結婚式に利用したブライダルローンの返済をし続けるのは大変です。


    そのため、ブライダルローンの返済期間は長くても5年を目安に組むことをおすすめします。


    結婚というイベントは人生においてとても重要ですが、10年間も縛られる借金をしてまで行うことではありません。


    ブライダルローンを利用するのであれば、結婚式費用を全額借入するよりも、結婚資金の不足分を補って返済金額・返済期間をなるべく短くして利用するようにしましょう。


    おすすめのブライダルローンを紹介

    楽天銀行ブライダルローン

    楽天銀行のブライダルローンのスペック図


    楽天銀行の目的型ブライダルローンは、年7.0%の固定金利ではありますが、担保・保証人なしで利用が可能です。


    融資は2週間〜3週間ほどで受ける事ができますが、事前予約制度という楽天銀行独自のサービスを利用して事前に審査を受けておけば、資金が必要になったときに必要書類を提出するだけですぐに融資を受け取ることができます。


    事前審査が利用できるブライダルローンはなかなかありませんので、便利に利用できるブライダルローン専用商品として人気を集めています。

    実質年率 限度額 審査時間 保証人
    7.0% 10〜300万円 約2週間 無し
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    19.9% 満20歳以上満60歳以下 楽天カード株式会社 不要


    Prechante(プレシャンテ)

    Prechante


    ジャックスのPrechanteは式場提携ローンで、結婚式・披露宴専用で利用できるブライダルローンです。


    Prechanteは国内外合わせて400以上の式場と提携しているので、自身の希望に合った式場を選んでローンを申し込むことができます。


    申込はインターネットだけで簡単にできますし、審査結果も申込から最短即日とスピードに優れています。


    また、Prechanteも事前審査に対応しており、挙式日・披露宴実施日の6ヵ月前から15日前までに申込をすることで、正式申込する際の手続きをスムーズに進めることが可能です。


    金利は返済回数によって異なり、1回払いは年18.0%、3回払いは年9.0%、6〜84回払いは年6.5%となります。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人
    6.5%〜18.0% 10〜500万円 最短4営業日 無し
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    - 満20歳以上 株式会社ジャックス 不要


    オリックス・クレジットのブライダルローン

    オリックス・クレジットのブライダルローン


    オリックス・クレジットのブライダルローンは、結婚式や披露宴に資金に限らず、ハネムーンや結婚指輪の購入など結婚資金であれば幅広く利用できるローンです。


    金利は年6.0%〜10.0%とブライダルローンでは平均的な数字ですが、限度額は最高800万円までと高く設定されています。


    限度額が高いのでまとまったお金が借りやすく、結婚式や披露宴、新婚旅行などを豪華に行いたいという方におすすめです。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人
    6.0%〜10.0% 10〜800万円 約10日間 無し
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    19.9% 満20歳以上満65歳以下 オリックス・クレジット株式会社 不要


    スルガ銀行リクルート支店 結婚式費用立替えプラン

    スルガ銀行リクルート支店 結婚式費用立替えプラン


    スルガ銀行リクルート支店専用の「結婚式費用立て替えプラン」では、金利が年8.8%〜12.8%、限度額は800万円と設定されています。


    これまで紹介してきたブライダルローンと比べて金利は高めですが、3ヵ月間の無利息期間が付帯しているので3ヶ月間は手数料がかかりません。


    前払いの多い結婚式費用を事前に立替払いし、後日にご祝儀やお祝い金で返済することができるので3ヵ月以内に完済してしまえば利息は0円とお得に利用できます。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人
    8.8%〜12.8% 10〜800万円 約1ヵ月 無し
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    19.9% 満20歳以上満65歳以下 ダイレクトワン株式会社 不要


    ブライダルローンの審査に落ちてしまう人の特徴

    信用情報に傷がついている

    クレジットカードやカードローンの返済で延滞・滞納を繰り返していると、信用情報に傷がついてしまいます。


    信用情報はブライダルローンの審査でも確認されるので、延滞・滞納していることがバレてしまい、審査に落ちてしまいます。


    債務整理をした場合、最長10年間はブライダルローンを含め、新たなローンやクレジットカードを契約することはできません。


    信用情報はクレジットカードやローンの申込内容から利用状況などが記載されるので、延滞・滞納を起こさず傷がない状態で保つようにしてください。


    他社からの借り入れが多い

    他社からの借り入れが多い


    複数社から借入している、他社からの借入金額が多いという場合は、審査に通過することは難しいです。


    他社から借入している金額が多いと、ブライダルローンの返済に加えて他社への返済も行うので、業者側からすると貸倒れされるリスクが高いと判断されます。


    また、銀行以外の賃金業者から借入する場合は、総量規制の対象となりますので年収の3分の1以上の借入はできません。


    他社からの借り入れが多いのであれば、まずは借入残高を減らしてからブライダルローンに申し込むようにしましょう。


    安定した収入がない

    ブライダルローンの申し込み資格には「安定継続した収入がある方」と記載されているものが多いです。


    ブラダルローンの審査では申込者本人の返済能力が重要視されるので、お金を貸してもしっかり返済してくれるかを判断するために収入を確認します。


    安定した収入がない場合は、返済能力が低いとみなされブライダルローンの審査に落ちてしまう可能性が高いです。


    また、ブライダルローンの返済は金額が大きく、長期的なものになるので申込者の勤続年数も審査の判断材料となります。


    働き始めたばかりの方、転職した方は勤続年数が短いため、審査では不利になるので注意してください。


    少額融資や早期完済が見込めるならカードローンの利用がおすすめ

    ブライダルローンの代替えにカードローンやキャッシングは利用できるのか


    結婚式でカードローンやキャッシングを利用し、ブライダルローンの代替として充てるのはどうなのか?という質問を以前頂いたことがあります。


    もちろん、カードローンやキャッシングでもブライダルローンの代替として利用することはできますが、おすすめはしません。


    ブライダルローンのメリットは低金利で借り入れができることなので、年18.0%とブライダルローンの金利より高いカードローンやキャッシングを利用すると返済金額は増えてしまいます。


    結婚費用を補うために低金利なブライダルローンがあるのにも関わらず、自由用途で利用できるかわりに高金利なカードローンを利用する必要はありません。


    ただし、結婚式等の祝儀で帰ってくるお金をある程度算出し、つなぎ融資として充てるお金にカードローンを利用するのは結果的に損にならないため、つなぎ融資目的であるなら利用に関してはお得に利用できる可能性があります。


    消費者金融のカードローンであれば無利息期間が付帯しているものがあるので、つなぎ融資を目的に借入をし、無利息期間内に完済してしまえば支払う利息は0円です。


    また、カードローンの審査は早いもので最短15秒、融資速度も最短即日で受けられるので融資を急いでいる方にもおすすめの商品になります。


    アコム


    アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの貸金業者で、テレビのCMで見る機会も多くカードローン商品の中で知名度が最も高いカードローンです。


    当サイトでの「初めて選んだカードローンはどの業者」というところでのアンケート調査で、アコムと答えた人は13%にものぼり、カードローンを初めて利用する方に選ばれる業者となっています。


    アコムは年18.0%の契約となり、契約日から数えて30日間無利息期間となります。


    また、ローンカードとしても利用できるクレジットカード「ACマスターカード」も発行できるので、クレジットカードの新規発行を検討している人にもおすすめの1枚です。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
    遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 成人以上 定率リボルビング方式 ネット上のみで完了



    プロミス

    プロミスのバナー画像


    プロミスは、上限金利が年17.8%となっており、大手消費者金融の中では僅かではありますが確実に低い金利で利用できます。


    契約自体は最短30分ほどで、いつでも融資を受けられる状態にすることが可能です。


    ただし、プロミスは30日間の無利息期間を設けており、初回融資を受けた日からカウントされるため、実際に必要な日に融資を受けることで無利息期間のメリットを最大限に享受することが可能です。


    短期融資を希望する人は、実質低金利で利用できるでしょう。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 18歳〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

    ※無利息期間の利用はメールアドレスの登録とweb明細の登録の必要があります。




    レイクALSA


    レイクALSAは今まで借入額5万円まで180日間無利息、金額制限なしで30日間無金利という無金利プランがありましたが、なんと30日間無金利のプランが60日に延長されました!


    レイクALSA60日無金利期間アピール


    最大でも60日無利息というのはレイクALSAだけで、全カードローンの中でもこれ以上の期間、無利子・無利息という業者はありません。


    この60日無金利を利用する条件としては下記の2点です。

    • 初めてレイクALSAを利用する方
    • WEB申し込みをした方

    利用者にとっては約2ヶ月も元金だけ返済すればいいというのはお得なので、カードローンの利用を考えている人はぜひこの機会にレイクALSAを検討してみてください。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 20歳〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

    ※無利息期間の利用はメールアドレスの登録とweb明細の登録の必要があります。



    ブライダルローンのメリット・デメリット

    ブライダルローンのメリット

    低金利で融資が受けられる

    ブライダルローンは基本的に年5%〜10%の範囲内で設定されていて、自由用途での利用ができるフリーローンやカードローンの金利年18.0%と比べて低金利で利用することができます。


    結婚資金に関するものなら幅広い用途で利用できる

    結婚式や結婚指輪の購入費など結婚資金に関するものであれば、幅広く利用することができます。


    また、婚約してから何年以内という期間制限もないので、後から結婚式を挙げたいとなった場合でもブライダルローンの利用は可能です。


    使用用途が決まっているので借入のし過ぎを防げる

    フリーローンやカードローンは資金使途が決まっておらず、色々なものに利用できてしまうので借入れし過ぎてしまう方が多いです。


    ブライダルローンでは資金使途が結婚費用に限定されているので、借入のし過ぎを防ぐことができます。


    ブライダルローンのデメリット

    提出書類が多い

    カードローンを申し込む場合は、本人確認書類と収入証明書の2点のみを提出すれば契約することができますが、それに加えブライダルローンでは資金使途の証明資料や勤務証明書など提出書類が多いです。


    提出書類が多い分、書類を用意するのにも時間がかかってしまい融資を受けるにも遅くなってしまいます。


    融資までに時間がかかる

    消費者金融や銀行のカードローンと比較すると、ブライダルローンは融資を受けるまでに時間がかかります。


    どの業者も申込から融資まで、2週間〜3週間を目安に見ておく必要があります。


    融資を受けるまでの時間を短くしたいのであれば、事前審査が利用できるブライダルローンやカードローンの利用を検討してみましょう。


    追加融資を受けられない

    カードローンでは限度額の範囲内で何度も借入することができますが、ブライダルローンは一度融資を受けてしまったものに対し、新たに追加で融資を受けることはできません。


    そのため、必要な分は事前にすべての見積もりを取った上で、いくら融資を受ければ全ての費用が事足りるのかということを把握する必要があります。


    また、見積もりを取ってからイレギュラーな資金が発生した場合にも、追加で借入することは非常に難しいです。


    ブライダルローンは提出した見積書を元に算出するため、全見積書の総額以下の融資は受けられますが、全見積書の総額以上の融資は基本的に受けることは厳しくなっています。


    見積書を元にローンの審査を受ける場合は、初めに高い見積書を依頼しておき、後からプランのキャンセル等で見積額を減らしてから提出することでオーバーローンを組む事が可能です。


    ブライダルローンは結婚資金であれば幅広く利用できますし、資金使途が限られているので借入のし過ぎを防ぐことができます。

    何より、ブライダルローンの金利はカードローンに比べて低金利で契約が可能です。

    しかし、ブライダルローンは融資までに時間が借りますし、一度融資を受けてしまうと追加融資は受けられません。

    結婚式の資金が足りない…そんな時はブライダルローンを利用しよう!

    結婚式や披露宴を挙げるお金がない、資金が足りなくて新婚旅行に行けないという場合はブライダルローンを利用しましょう。


    ブライダルローンは、フリーローンやカードローンに比べて低金利で借入することができますし、限度額の範囲内で利用金額を自分で決めることができます。


    また、ブライダルローンは結婚式以外にも結婚指輪の購入や新生活にかかる費用など結婚資金に関するものであれば幅広く利用することが可能です。


    なかには、結婚式や披露宴のみの融資に限定しているブライダルローンもありますので、ブライダルローンを選ぶ際は資金使途をしっかり確認してから申し込みをしてください。


    しかし、ブライダルローンはあくまでも借金なので、返済計画をしっかり立てて、早めに返済するようにしましょう。


    結婚式を挙げるのであれば、できるだけ自己資金で行える範囲で検討し、不足金額を補うのであれば専用のブライダルローンを利用することをおすすめします。


    少額融資を希望する方やご祝儀などで早期返済のめどがついている方は、無利息期間が付帯しているカードローンを利用した方がお得になる場合があるので、カードローンの利用も検討してみてください。


    ブライダルローンは結婚資金であれば結婚指輪や新婚旅行など幅広く利用できますし、何より低金利なので利用しやすいです。

    ただし、申込から融資までは時間がかかりますし、なかには事前申込が必須となっている業者もあるので申込には注意してください。

    結婚式は一生残る思い出にもなりますので、不足資金はブライダルローンを利用して補い、2人の希望に合った結婚式を挙げましょう!

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ