東邦銀行「TOHOスマートネクスト」について徹底調査!あらゆる角度で解説します!

掲載日:

東邦スマートネクストタイトル画像

東邦銀行は福島県に本店を置く地方銀行です。


支店は福島県に多数あるほか山形、宮城、茨城、東京、新潟にも何店舗かあります。


TOHOスマートネクストの申込条件に居住地の指定はないですが、東邦銀行の普通預金口座を持っていない場合、契約の際の来店が必須となります。


そのため、TOHOスマートネクストは支店がある県に住んでいる方、特に福島県居住者におすすめです!


またTOHOスマートネクストは借換として利用することも可能なので、複数ローンのおまとめとして利用したい方にもおすすめです!

実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
年4.8%〜14.6% 30万円〜500万円 最短翌営業日※1 なし 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
- 満20歳以上69歳以下 エム・ユー信用保証(株) 不要※2

※1:混雑時等、数日から1週間かかることもあります。

※2:東邦銀行普通預金口座を持っていない場合は来店が必須となります。




    申込条件


    • 契約時年齢が満20歳以上69歳以下
    • 安定した収入がある方

    以上2点が、TOHOスマートネクストの申込条件です。


    属性

    TOHOスマートネクストの利用が可能な属性一覧


    パートやアルバイトの人でも、安定した収入があれば申込をすることができます。


    ただし年金受給者や専業主婦など自身に収入がない方、学生は申込をすることができないので注意してください。


    東邦銀行は福島県に拠点を置く地方銀行ですが、居住地や勤務先に関する条件はありません。


    また東邦銀行の口座を持っていない方でも申込が可能なため、カードローン申込の対象範囲はかなり広くなっています。


    借換として利用可能


    TOHOスマートネクストは借換として利用できます。


    複数ローンの借換として利用することで、返済日を一本化することができます。


    また、他社の借り入れ状況によっては毎月の負担額、金利を軽減することもできます。


    借換例


    たとえばこの画像のように3社から借入をしていた場合、すべて返済日がバラバラで毎月の返済総額は33,000円です。


    これをTOHOスマートネクストで借換すれば、返済日や返済先を一本化することができます。


    毎月の返済額も33,000円から20,000円に13,000円減らすことができ、金利も低くなります。


    申込から融資実行までの流れ


    東邦銀行に普通預金口座があるかどうかで、契約方法が異なります。


    普通預金口座をもっていれば、webで契約を完結させることができます。


    web契約型 東邦銀行普通預金口座のキャッシュカードがある場合


    • スマホ・PCで申し込み
    • 保証会社より勤務先に在籍確認の連絡
    • 審査結果の連絡・契約手続き
    • 契約内容確認の連絡(東邦銀行より携帯電話か自宅のいずれかに連絡)
    • カード・通知書の郵送
    • 融資実行

    web契約型のメリットは、店頭に行かなくてもカードローンの申し込みから契約まで完結できる点です。


    ただし東邦銀行普通預金口座をもっていなければ、web完結で契約をすることはできません。


    東邦銀行普通預金口座を持っていない方は、後述の店頭契約型で申込をしてください。


    店頭契約型 東邦銀行普通預金口座のキャッシュカードがない場合


    • スマホ・PC・電話で申し込み/店頭申込
    • 保証会社より勤務先に在籍確認の連絡
    • 東邦銀行より審査結果の連絡
    • 店頭で正式申込(最初に店頭で申し込みをした場合は省略)
    • 契約内容確認の連絡(東邦銀行より携帯電話か自宅のいずれかに連絡)
    • カードの郵送
    • 融資実行

    一度店頭に来店する必要があること以外、基本的な流れはweb契約型と変わりません。


    店頭に来店する際、必要な持ち物を忘れないよう気をつけましょう。


    持ち物はこのあとで紹介します。


    申込時に必要なもの


    店頭・web契約型共通と店頭契約型は、必要なものが異なります。


    それぞれの契約パターンに合わせて必要なものを用意しておきましょう。


    店頭・web契約型共通


    本人確認書類

    本人確認書類の例


    これら本人確認書類のうち、いずれか1点の提出が必要になります。


    収入証明書

    収入証明書が必要となるのは、契約金額が50万円を超える場合と、他社からの借入分を合わせて借入総額が100万円を超える場合です。


    利用できる収入証明書は、以下のようなものがあります。


    収入証明書の例


    店頭契約型


    店頭で契約を結ぶ場合のみ、返済用普通預金口座の届出印と通帳が必要です。


    web契約型の場合は必要ありません。


    借入方法


    借入方法はATM・ダイレクトバンキングサービス・店頭・契約と同時の振り込みの4種類があり、場面に合わせて使いやすいものを利用することができます。


    ATM


    提携銀行一覧


    東邦銀行のATMだけでなく、提携銀行ATMでも無料で借入ができます。


    提携銀行の一覧は上記のとおりです。


    また手数料はかかりますが、ゆうちょ銀行やイオン銀行のATM、コンビニATMでも借入をすることができます。


    東邦銀行ATM

    平日だけでなく、土日祝日も8:00~21:00のあいだ手数料が無料です。


    8:00~21:00以外の時間は利用できません。


    提携地方銀行ATM

    提携銀行は全部で14行ありますが、銀行によって手数料が異なります。


    福島銀行・北海道銀行・秋田銀行・群馬銀行・足利銀行・常陽銀行・千葉銀行・武蔵野銀行・きらぼし銀行・横浜銀行・第四北越銀行・八十二銀行


    上記の12行は、平日8:45~18:00のあいだ手数料が無料です。


    平日8:00~8:45と18:00~21:00、土日祝日は110円の手数料がかかります。


    12行ATM手数料


    七十七銀行・山形銀行


    この2行は、平日9:00~21:00のあいだ手数料が無料です。


    平日8:00~9:00と18:00~21:00、土日祝日は110円の手数料がかかります。


    2行ATM手数料


    ゆうちょ銀行・イオン銀行

    この2つの銀行は、どの時間帯でも手数料がかかります。


    平日8:45~18:00のあいだは手数料110円です。


    平日8:00~8:45と18:00~21:00、土日祝日は220円の手数料がかかります。


    ゆうちょ、イオンATM手数料


    コンビニATM

    • セブン銀行
    • ローソンATM
    • イーネット

    コンビニATMは24時間利用できますが、手数料が一律220円かかります。


    ダイレクトバンキングサービス


    ダイレクトバンキングサービスは、インターネットや固定電話で借入・振込・残高照会が依頼できるサービスです。


    手数料無料、24時間いつでも利用可能で、ATMまで行かなくてもスマホや電話だけでお金の借り入れができます。


    店頭契約型で契約をした場合、ダイレクトバンキングサービスの利用には別途申し込みが必要です。


    申込方法は以下の通りです。


    ダイレクトバンキングサービスの申込方法


    必要事項の入力(手元に東邦銀行のキャッシュカードを用意)
    電話で申込意思、内容の確認

    ↑↓一週間程


    契約者カードが郵送
    利用開始

    振込による融資


    希望すれば、契約と同時に指定した返済用口座へ50万円を限度に振込をしてもらえます。


    ただし審査で決定した極度額が50万円以下の場合は、極度額を限度とした振込になります。


    返済用口座は東邦銀行の口座以外でも問題ありません。


    カードが届く前に振込をしてもらえるため、少しでも早くお金が欲しいという方におすすめのサービスです。


    在籍確認について


    在籍確認は、カードローン申し込み者が申告した勤務先が虚偽でないかを確かめるために行われます。


    東邦銀行の場合はカードローンの申し込み後、保証会社から勤務先へ在籍確認のための電話があります。



    在籍確認はこのような流れで行われます。


    在籍確認の電話は金融機関を名乗らず、個人名でかかってきます。


    また「カードローン申込のための在籍確認」などといった用件を告げられることもないので、周囲の人にカードローンの利用がバレることはありません。


    本人が電話に出られなくても、その職場に在籍していることが分かれば問題ありません。



    審査について


    審査では信用情報に問題がないか、返済能力があるかの確認が行われ、融資の可否や融資額が決定します。


    信用情報には、クレジットカードやローンの申込・契約に関する情報や利用・返済状況が記録されています。


    信用情報に返済の延滞や破産などの金融事故情報が記録されていると、審査で不利に働く可能性が高まります。


    返済能力は、勤務先や勤続年数・勤務形態・年収・健康状態・所有資産などから総合的に判断されます。


    他社から融資を受けている人が新たに申込をした場合は、定期的な収入に加え毎月の返済状況や借入金額も判断材料とされます。


    TOHOスマートネクストの審査は、保証会社エム・ユー信用保証株式会社と東邦銀行の両方で行われ、借入極度額も審査で決定します。


    審査の結果は消費者金融なら最短即日、銀行なら翌営業日から1週間ででることが多いです。


    借入極度額と金利


    借入極度額


    借入極度額は最大500万円です。


    銀行と保証会社による審査で借入極度額が決定します。


    審査で決定した借入極度額の範囲内で、30・50・70・100・150・200・250・300・350・400・450・500万円の中から顧客側が自分で借入極度額を選択することができます。


    たとえば、審査で決定した借入極度額が100万円だった場合は、30・50・70・100万円のなかから自分で極度額を選べるのです。


    必要以上に借り入れをしてしまわないか心配な人は、必要最小限の極度額を選択しましょう。


    現在銀行カードローンは過度な借入により苦しむ多重債務者を減らすため自主規制を行っており、年収の1/3以上の貸し付けをしていません。


    そのため借入極度額は最大500万円ですが、年収1500万円以上の人でない限り500万円を借りることは不可能です。


    実際の借入極度額は年収の1/3以下になることを把握しておきましょう。


    金利


    TOHOスマートネクストの金利は借入極度額によって変動します。


    詳しくは下記の表のとおりです。


    借入極度額 金利
    400・500万円 年4.8%
    350・400万円 年7.8%
    250・300万円 年9.8%
    100・150・200万円 年12.8%
    30・50・70万円 年14.6%

    借入極度額が高くなるほど、金利は低くなっています。


    借入極度額が400、500万円のときに適用される金利は年4.8%で、金利だけ聞くととても低く感じます。


    しかし借入極度額が30・50・70万円だった場合、適用される金利は年14.6%と下限金利のおよそ3倍になります。


    銀行系カードローンは上限金利が14%前後であることが多く、TOHOスマートネクストの上限金利年14.6%も平均的で低くはありません。


    借入極度額のところで紹介した通り、現在銀行カードローンは年収1/3以上の貸し付けを行っていません。


    極度額が400万円で年4.8%の適用を受けるには、1200万円以上の収入があることが条件となります。


    年収1000万以上の人は日本の納税者全体の4.6%以下と少なく、1200万円以上の人の割合はさらに少なくなります。


    そのため、金利が年4.8%になる可能性は限りなく低いです。



    また、初めてカードローンを申し込む場合は上限金利、もしくはそれに近い金利が適用されます。


    そのため金利は12〜15%ほどになると考えておくのが妥当です。


    返済方法と毎月の返済額


    返済方法は、毎月自動で引き落とされる約定返済と、余裕があるときに任意で返済をする任意返済の2種類があります。


    約定返済


    毎月10日(休業日の場合は翌営業日)に、指定口座から自動で引き落とされます。


    返済金額は毎月10日時点の借入残高に応じて、下の表のように変動します。


    毎月10日の借入残高 毎月10日の返済残高
    1万円未満 毎月10日時点の借入残高+経過利息
    1万円以上50万円以下 1万円
    50万円超100万円以下 2万円
    100万円超200万円以下 3万円
    200万円以上300万円以下 4万円
    300万円以上400万円以下 5万円
    400万円以上500万円以下 6万円

    このような返済方式は、あらかじめ残高ごとに毎月の返済額が規定されているため、返済計画を立てやすいというメリットがあります。


    一方で借入残高が減少していくにつれ、毎月の返済額が少なくなり返済に時間がかかる点はデメリットです。


    返済の長期化を防ぐため、約定返済だけでなく、これから説明する任意返済もうまく利用していきましょう。


    任意返済


    任意返済とは、約定返済とは別に追加で返済を行うことです。


    任意返済は、カードローン専用口座・ダイレクトバンキングサービス・店頭で行うことが可能です。


    ただし、web契約型でカードローンを契約した場合は店頭での入金ができません。


    web契約型で契約をした方は、カードローン専用口座へ入金したり、ダイレクトバンキングサービスを利用したりしましょう。


    収支に余裕があるときやボーナスが出た時など、約定返済とは別に任意返済を行うことで効率よくお金を返済することができます。


    TOHOスマートネクストを利用するメリット・デメリット


    最後にTOHOスマートネクストを利用するメリット、デメリットを簡単に紹介します。


    メリット


    スマホ・PCで契約が完結する

    東邦銀行普通預金口座のキャッシュカードを持っている場合に限りますが、カードローンの申込から契約までオンラインで完結します。


    借換として利用できる

    複数ローンの借換として利用すると、返済日を一本化することができます。


    また、他社の借り入れ状況によっては、毎月の返済額の負担が軽減される可能性もあります。


    使用用途が自由

    事業資金には使用できませんが、旅行や冠婚葬祭、介護費用など様々な用途に用いることができます。


    東邦銀行ATMが無料で使える

    東邦銀行ATMは、福島県内300箇所以上にあり、8:00~21:00のあいだ平日だけでなく土日祝日も無料で使えます。


    デメリット


    即日融資が受けられない

    審査が終わるのは最短で翌日です。


    混雑時など数日から1週間かかることも多く、今すぐにお金が必要という方にはあまりおすすめできません。


    即日融資を受けたい方はこちらのサイトを見てみてください。



    新規契約の際来店が必須

    申込自体は全国に対応していますが、東邦銀行普通預金口座を持っていないと契約の際来店が必須になってしまいます。


    東邦銀行は、福島県以外に支店があまりありません。


    新規契約をしたい方は、まず近くに支店があるかどうか確認をしましょう。


    まとめ


    TOHOスマートネクストをおすすめできる人は、次の通りです。


    • 福島県居住者
    • 東邦銀行普通預金口座を持っている方

    おすすめできる理由は、手数料無料で利用できる東邦銀行ATMが福島県内に多数あること、web完結でカードローンを利用できることの2つです。


    東邦銀行ATMは福島県内300箇所以上にあり、平日だけでなく土日祝日も8:00〜21:00の間は利用手数料が無料なので、福島県居住者の利便性はかなり高いです。


    上記に当てはまる方で、カードローンの利用を検討中の方はぜひTOHOスマートネクストに申し込んでみてください。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ