PayPayの使い方についてまとめました!登録からチャージ方法、注意点などを合わせて解説!

掲載日:

最近街にあふれている決済サービス「〇〇Pay」が多すぎて訳わからなくなっている人にまずおすすめなのが「PayPay」です。
PayPayなら、他社のスマホ決算サービスと比較しても使いやすく、機能も充実しています。
始めてスマホ決算サービスを利用するなら、使いやすく便利なのが一番です。

スマホ決算サービス初心者向けにPayPayについて徹底解説していきます。


    PayPayの概要と支払い方法について


    PayPayはヤフーとソフトバンクが共同で設立させたPayPay株式会社が提供しているスマホ決算サービスです。
    PayPayは無料で使える点や登録も最短1分で済ませられる簡単さも利用者が多い理由の一つでしょう。


    スマホ決済サービス全体に言えることですが、
    支払いの際はレジで「PayPayで払います」と伝えて、
    レジにあるQRコードを読み取る方法、またはスマホに表示したバーコードを店側に読み取って貰う方法の2通りとなり、
    どちらも簡単でスムーズです。


    <QRコードを読み取る支払い方法>

    • 1 お店のレジにあるQRコードを読み取る
    • 2 合計金額入力
    • 3 店員の人が画面を確認して会計完了

    <バーコードをスマホ上に表示させる支払い方法>

    • 1 スマホ上にバーコードを表示させる
    • 2 店員の人がバーコードを読み取る
    • 3 会計完了

    ※このマークのある店で使えます。
    PayPayロゴ


    PayPayが他のスマホ決算サービスよりも優れている点とキャッシュバックについて


    圧倒的にユーザー数、加盟店が多い


    PayPayが他のスマホ決算サービスと異なるところは、圧倒的にユーザー数、加盟店数が多いところです。


    ユーザー数は2019年10月現在1,500万人、加盟店数が150万カ所を超えています。
    コンビニでは「セブンイレブン」・「ローソン」・「ファミリーマート」・「ミニストップ」など、大手コンビニではだいたい使えるので便利です。


    圧倒的にキャンペーンの数が多い

    もう一つは、キャンペーンが頻繁に行われている点で、
    LINEPayやメルPayなどでもポイントを付与したりサービス面に力を入れてはいますが、PayPayほどの頻度、告知度合いではないです。


    「まちかどペイペイ」・「ユニクロのヒートテックを1枚買うともう1枚無料に」・「PayPay1周年記念キャンペーン PayPay感謝デー」・「開店から14時までがおトク!スーパー ライフで10%戻ってくる」・「PayPayミッション」などなど毎月何かしらキャンペーンを行っています。


    ※上記キャンペーンの中には現在行なっていないものもあります。(2019年10月現在)


    キャッシュバック


    Yahoo!ショッピングやヤフオク!などのインターネットショッピングでPayPayを利用した時に限りますが、1.5%のキャッシュバックを利用できます。


    キャッシュバック上限
    • 1回あたり7,500円
    • 月15,000円

    ※キャッシュバック対象となる登録可能のクレジットカードはヤフーカードのみ。


    PayPayの加盟店一覧

    以下にPayPayの加盟店をまとめました。
    いつも行くあのお店が加盟店に入っているかどうかチェックしてみてください。

    <br>
    加盟店一覧を開く
    家電量販店 ヤマダ電機
    ビックカメラ
    パソコン工房
    ソニーストア
    コジマ
    エディオン
    ソフマップ
    ジョーシン
    マツヤデンキ
    100満ボルト
    カメラのキタムラ
    ゲオ
    GOODWILL
    コンビニ セブンイレブン
    ファミリーマート
    ローソン
    100円ローソン
    ナチュラルローソン
    ミニストップ
    セイコーマート
    ポプラ
    薬局 スギ薬局
    セキ薬局
    新生堂
    ウェルシア
    キリン堂
    キムラヤ
    ビックドラッグ
    B&Dドラッグストア
    くすりの福太郎
    ダイコクドラッグ
    サンドラッグ
    ココカラファイン
    ツルハドラッグ
    コジマドラック
    セイムス
    薬王堂
    マツモトキヨシ
    トモズ
    クスリのアオキ
    ハックドラッグ
    スーパー・デパート イトーヨーカドー
    ゆめタウン、ゆめマート、LECT
    OK
    ロピア
    グッデイ
    ダイソー
    ライフ、サミット
    西友、サニー
    東急ストア
    コープさっぽろ
    丸ビル
    東急ハンズ
    東急プラザ銀座
    東急プラザ表参道原宿
    東急プラザ蒲田
    東急プラザ戸塚
    東急プラザ戸塚
    阪急・阪神百貨店
    阪急MENS OSAKA
    天王寺ミオ
    近鉄百貨店
    日本空港ビルディング
    キャナルシティ博多
    飲食店 ジョナサン
    夢庵
    藍屋
    魚屋路
    ガスト
    バーミヤン
    すかいらーく宅配
    ピザーラ
    ファーストキッチン
    フレッシュネスバーガー
    ピザーラ
    上島珈琲店
    サーティワンアイスクリーム
    スシロー
    かっぱ寿司
    ほっかほっか亭
    マイカリー食堂
    フライデーズ
    ナポリの窯
    三代目 鳥メロ
    にくスタ
    濱焼北海道魚萬
    北海道魚萬
    横濱魚萬
    豊後高田どり酒場
    黒田×めでた家
    おいでやホルモン
    白木屋
    笑笑
    千年の宴
    月の宴
    月の花
    はなの舞
    花の舞
    魚鮮水産
    ナポリの窯
    目利きの銀次
    山内農場
    さかなや道場
    濱焼北海道魚萬
    北海道魚萬
    和民
    坐和民
    魚銀
    魚民
    吉野家
    松屋
    松乃家チキン亭
    旅行会社 H.I.S

    現在150万か所以上の場所が、PayPay加盟店となっていて、今後も増えることが予想されます。


    PayPay設定方法


    PayPayを利用するには、まずアプリをダウンロードするところから始め、
    利用の前に個人情報の登録と支払い設定をする必要があります。
    登録の仕方からチェックして行きましょう。


    PayPayの登録方法


    まず、Apple storeかGooglePlayからPayPayのアプリ(無料)をダウンロードします。
    その後アプリを起動するとアカウント登録画面が自動的に表示されます。


    画面上には新規登録の箇所があり電話番号とパスワードを入力できるようになっていて、使っているスマホの電話番号を入力しSMSから受信される4桁の番号を待ち、パスワード入力の箇所に4桁のパスワードを入力すれば登録は完了です。


    また、PayPayはヤフーが作っているサービスでもある為、Yahoo! JAPAN IDでの登録もできます。


    その場合はアプリ起動後、「Yahoo! JAPAN IDで新規登録」をタップしてヤフーにログインしたら、電話番号を入力し通常の新規登録と同じようにSMSで4桁の番号を待ち、パスワードの箇所を入力すれば連携完了です。


    新規登録が終わったら次は支払い設定へと進みます。


    支払い設定の方法は全部で3つあるので、使いやすい支払い設定方法を選んでください。


    PayPay残高にチャージ

    PayPay残高は、PayPayにチャージを行って利用する方法となります。
    チャージの方法は5種類あります。


    • 銀行口座
    • セブン銀行ATM
    • ヤフオク!の売上金
    • ヤフーカード
    • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

    ここでは銀行口座からのチャージと、ヤフーカードを使ったチャージの2つを紹介します。


    銀行口座からチャージする方法

    銀行口座からPayPay残高にチャージを行うには、口座の設定が必要です。


    手順はPayPayのホーム画面から
    「銀行口座登録」

    「チャージ用口座の追加(ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・イオン銀行・りそな銀行のいずれか)」


    で設定できます。
    銀行を選んだ後は銀行ごと登録作業が続きそれぞれ手順が異なりますが、
    事前に自分の「キャッシュカード」・「通帳」・「ワンタイムパスワード(銀行による)」・「暗証番号」は用意し、分かるようにしておくと登録がスムーズです。


    ヤフーカードを使ったチャージ

    PayPayロゴ


    ヤフーカード(年会費無料)でPayPay残高にチャージを行いたい人は、
    ホーム画面から
    「カード追加」

    「ヤフーカードの写真を撮る」

    「写真で読み込み切れなかったセキュリティコードなどのカード情報で必要な部分を入力」

    「追加する」
    で登録が完了します。


    一番の注意点、面倒な点は
    登録できるのがヤフーカードのみという点で、Yahoo!カード以外のクレジットカードではPayPay残高にチャージすることはできません。


    銀行かYahoo!カードをチャージ方法として設定した後にチャージする方法は一緒で
    ホーム画面から
    「チャージ」

    「チャージ方法」

    「チャージ方法選択」

    「金額入力」

    「チャージする」
    の手順でタップ&入力を進めて行くとチャージが完了します。


    また、銀行口座からチャージした額はPayPay残高でもPayPayマネーとなり、ヤフーカードからのチャージ分はPayPayマネーライトとなるので気を付けてください。


    この他にも「ヤフオク!の売り上げ」や「セブン銀行」からPayPay残高へとチャージする方法もありますが、銀行口座とヤフーカードを利用するチャージ方法が一番便利でしょう。


    ※PayPayマネーを利用するには本人確認が銀行口座設定後に必要となりますが、本人確認については後ほど豆知識の項目で確認して行きます。


    Yahoo! マネーの引き継ぎ

    Yahoo! マネーのサービスは2019年9月30日に終了しています。
    Yahoo! マネーとPayPayマネーとの統合に伴い
    今まで使っていたYahoo! マネーの残高は
    PayPayマネーへと引継げるようになっていて、その引継ぎの方法をここでは解説して行きます。


    Yahoo! マネーのPayPayマネーへの引き継ぎのステップ

    ホーム画面から
    「Yahoo! マネー」

    「引継ぐ予定のYahoo! マネーのYahoo! JAPAN IDや登録電話番号の確認」

    「上記の内容に同意してアカウント情報を引継ぐ」→「Yahoo! マネーに登録していた電話番号にSMSで4桁の暗証番号が届く」

    「4桁の暗証番号入力」

    「数分間待つ」で引継ぎ完了です。


    Yahoo! マネーには本人確認なしで使える「Yahoo! マネーライト」と
    本人確認をして使える「Yahoo! マネープラス」があり、
    どちらのYahoo! マネーを利用しているのかによって引き継がれるPayPay残高先に違いがあります。


    Yahoo! マネーライトを利用してた人はYahoo! マネーライトの残高はPayPayマネーライトに引き継がれ、
    Yahoo! マネープラスを使っていた人はPayPayマネーへと引き継がれます。


    また、Yahoo! マネープラスを使いたい!という方は、電話番号によるSMS認証の後に本人確認作業があるので、
    SMS認証は、本人確認では無いので気を付けましょう。


    PayPayマネーとPayPayマネーライトの違い

    PayPay残高にはいくつか種類がありますが「PayPay残高」・「Yahoo! マネー」の項目で出てきている
    「PayPayマネー」・「PayPayマネーライト」で、どちらも部類はPayPay残高となります。


    そして、大きく異なるのは、PayPayマネーは銀行口座にチャージした額を再度戻す出金ができると言うことで、
    PayPayマネーライトではできないという点です。


    ※出金手数料は110円(税込)です。
    PayPayマネーを利用する時は本人確認を行わなくてならないので、必ず行っておくようにしましょう。

    「銀行口座からチャージ」する時も本人確認が必要

    また、銀行口座からPayPay残高にチャージする方法を選んだ場合はチャージしたPayPay残高の部類はPayPayマネーとなるので、銀行口座からのチャージを選んだ時も本人確認が必要です。
    本人確認のステップは、銀行口座を登録してホーム画面から「アカウント」→「アカウント情報」→「本人確認」→「銀行口座の認証で確認する」のステップで本人確認は完了します。
    ただし、万が一銀行口座での確認ができなかった時の本人確認方法は、「アカウント」→「アカウント情報」→「本人確認」までは同じですが、「かんたん確認」→「はじめる」→「スマホで顔写真の撮影」→「まばたきチェック」→「本人確認書類を選択」→「本人確認書類を撮影」→「自分の情報を入力」→「個人利用を選択」で、本人確認完了です。
    PayPayマネーは利用していない人はいない銀行口座からチャージした分がチャージされる場所なので、何かと利用する可能性もあるPayPay残高な為、本人確認は済ませていた方が賢いでしょう。

    クレジットカードの登録(ポイントキャッシュバックの重ね取り)

    最後の支払い設定はクレジットカードを利用した方法です。


    PayPayに登録できるクレジットカードはカード国際ブランドが
    「VISA」・「Mastercard」のクレジットカードです。
    「JCB」のクレジットカードを登録したい場合はヤフーカードのみとなります。


    設定手順はホーム画面から
    「カード追加」

    「クレジットカードの写真を撮る」

    「写真で読み込み切れなかったセキュリティコードなどのカード情報で必要な部分を入力」

    「追加する」
    で登録完了です。


    クレジットカードを設定してPayPayを利用する方法を使えば、ポイントとキャッシュバックを2重取りできます。
    2重取りするには登録するカードをヤフーカードにしないとなりませんが、
    ヤフーカードは100円で1ポイント貯まり、Tポイントの提携店であればカード提示分のポイントも上乗せで貰えるので魅力的でしょう。


    ヤフーカードでなくてもカード会社ごとのポイントシステムに基づき付与されます。
    また、PayPayを通して利用したクレジットカードの金額は、カード会社の方から請求が来ます。


    PayPayについてのまとめ

    新しいサービスにトライするならメリットデメリットも知っておくとよりそのサービスを理解して使うことができるでしょう。
    スマホだけで支払いが完了することや「キャンペーン(ユニクロのヒートテックを1枚買うともう1枚無料になど)」・「加盟店(セブンイレブン・ローソンなど)」の豊富さがメリット面としてあげられます。


    また、PayPayの使い方で押さえておくべきポイントは

    • クレジットカードの支払い設定で登録できる国際ブランドJCBのカードは、ヤフーカードのみ
    • PayPay残高にクレジットカードからチャージするなら、使えるのはヤフーカードのみとなり、PayPayマネーライトとしてチャージされる
    • 支払い設定は全部で「PayPay残高」・「引き継いだYahoo! マネー」・「クレジットカード」の3通り

    ※ Yahoo! マネーのサービスは2019年9月30日に終了していますが、PayPayマネーと統合した為残高を移行できます。


    の3点です。


    PayPayの支払い設定は複雑なので、全てを覚えなくていいので
    「PayPay残高」・「Yahoo! マネー」・「クレジットカード」の中で、自分に合った方法で利用しましょう。


    加盟店も多く実用的なので、始めてのスマホ決算サービスならPayPayが使いやすくてオススメです。


    PayPayは電子マネーの中でもかなり派手にキャンペーンを行うことで注目を浴びていますが、最初の頃に比べると利用できる店舗も増えてきているので、単なる話題性だけではなく利便性という点でも優秀な電子マネーになりつつあります。
    キャンペーンは急に始まることも多いので、今すぐ使う予定がなくても、事前に登録だけ済ましておくのをおすすめします。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ