三菱UFJ銀行カードローン「マイカードプラス」

掲載日:


三菱UFJ銀行のカードローンの「バンクイック」の方が知名度が高いため、知らない人も多いと思いますが、こちらの「マイカードプラス」というカードローンもバンクイックにはない魅力があります。
まず、三菱UFJ銀行の銀行口座を持っていることが前提となりますが、
三菱UFJ銀行の口座引き落とし残高が足りない時の自動融資の機能。
口座への資金移動を24時間365日行うことができる。
といった三菱UFJ銀行の銀行口座を持っている人にとっては利用後に便利だな〜、、と思う機能が揃っています。
契約時に、本人の確認書類の提出や、収入証明書の提出、在籍確認の為の会社への電話連絡などがない為、下記で解説している条件に該当しない人は、煩わしい書類の用意などがないため申し込みから契約までがとにかく楽です。
ただ、デメリットとしては、融資まで、数週間かかり、限度額が30万円まで、金利は14.6%固定、コンビニのATM手数料毎回かかる、毎月の最低返済額がバンクイックと比べ高いといった劣る部分もある為、以下のマイカードプラスの解説を読んで、どちらが自分に合ったカードローンなのかを検討してください!
ゼニエモンの個人的な感想ですが、利用方法も簡単ですし、三菱UFJ銀行をいろんな支払いの引き落とし口座にしているので、入金忘れなどがあった時の自動融資が便利で重宝しています。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年12.6%〜14.6% 10万円〜100万円 最短即日 不要 対象外 原則なし
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
上限20.0% 満20歳以上65歳未満 アコム 来店、又はインターネットで契約

マイカードプラスのここが魅力!
  • 三菱UFJ銀行のキャッシュカード付帯のサービス
  • 自動融資機能で残高不足でも安心
  • 基本的に、会社への在籍確認はなし
  • 24時間365日インターネットバンキングで融資を受けれる


※三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」についてはこちらです

マイカードプラスは、
三菱UFJ銀行の銀行口座にそのままキャッシング機能を付けるコトが出来るカードローンです。


現状、三菱UFJ銀行カードローンは、2種類あり、
バンクイックと、マイカードプラスとなっており、


どちらも、保証会社はアコムとなっており、審査基準としての変わりはほとんどありませんが、
基本ルールとして、会社への在籍確認の電話が、マイカードプラスがありません。


イメージとして、2種類のうちどちらかを必ず選ぶ必要がありそうに感じますが、
マイカードプラスとバンクイックは、別商品であるため、両方契約することができます。
三菱UFJ銀行系でカードローンのサービスはまとめたいという人はどちらも利用することが出来ます。


以下で、バンクイックとの違いについてを比較しました。


バンクイックとの違い(不便な点)


まず、バンクイックとの違いで不便な面を挙げてみました。
利用さえ始めてしまえばメリットの方が多いのですが、
契約までにバンクイックよりも不便であることが多いのが特徴です。


銀行口座を必ず持っておく必要がある

キャッシュカード付帯サービスなので、当然と言えば当然ではありますが、
現在、三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていないと、申し込みをすることが出来ません。
もし、口座を持っていないけどマイカードプラスを利用したいという人は、
店頭へ一度行き、銀行口座を開設した上でその場で申し込みを同時に行うコトが出来ます。


融資を受けるまでの時間が異なる


明確な違いとして、マイカードプラスは融資までに時間がかかるので、
急いでいる人には、向きません。
目安としては、2週間程度で、審査結果は書面での郵送となるため、審査結果に対してもすぐに結果はわかりません。


また、仮審査に対しても通ったかどうかという事も郵送で審査結果が届かない限り分からないので、急いでいる人は、バンクイックの方を選ぶべきです。


初回契約の限度額は30万円までとなる

初回契約の場合は、限度額が最高で30万円までとなります。
契約後6ヶ月以上経過すれば、増枠での審査を受けることが可能となり、
最高で100万円の融資を受けることが出来ます。


キャラクターデザインのキャッシュカードを持っている人は店頭申し込みが必要となる

三菱UFJ銀行の銀行口座を作るときは、キャッシュカードを選ぶコトが出来ますが、
これでキャラクターのデザインのキャッシュカードを利用するときは、
通常のデザインのカードへ変更する必要があります。
これは、キャッシング機能を付ける上でICカードの構造上、必ず変更しなくてはなりませんので、
インターネットで申し込みして機能を付けてもらうコトができず、店頭でキャッシュカードの切り替えを行わなくてはなりません。


ATM手数料が普通預金同様にかかる

バンクイックは、セブンイレブンを含む、ほとんどのコンビニATMは無料で何度も利用できますが、
マイカードプラスの場合は、手数料が発生します。
融資を受けるのが、ATMを利用して直接現金を融資してもらうことがメインであるという人は向きません。


バンクイックとの違い(便利な点)

自動融資機能がいざという時に便利

マイカードプラスは、自動融資の機能が付いているため
引き落とし残高が足りない場合でも、足りない分は自動的に融資されます。
引き落としに失敗すると、手続きが面倒な事も多いため、いざという時は便利です。



持っている三菱UFJ銀行への融資は瞬間的に出来る

バンクイックの場合で、振込み融資を受ける場合は三菱UFJ銀行の普通預金口座へ振込み依頼をかけても、
銀行の営業時間外の場合は、融資を受けることができません。
つまり、土日祝日はおろか、平日の9:00〜15:00以降は振込が反映しません。
マイカードプラスの場合は、振込み融資の形ではなく、同口座同士の振替とい形での融資となり資金の移動の為
24時間365日融資をインターネットバンキングを利用し受けることが可能です。



口座引き落としによる返済で忘れによる滞納をしにくい

返済に関しては、バンクイックも、口座引き落としにて返済をする事は可能ですが、
引き落としの為の手続きをする必要があります。
マイカードプラスの場合は、手続きをすることなく自動で設定されているため、忘れによる返済の滞納が
残高不足でない限りありません。


審査時に在籍確認がない

審査は、銀行と保証会社であるアコムですが、基本的には、保証会社のアコムがどうしても在籍確認と判断しない限り、
会社への在籍確認の為の電話はありません。
電話での連絡自体は、本人の直接連絡の取れる携帯電話への連絡のみで、他の連絡はありません。
当サイトで実際に調査したところ、連絡があったのは、申し込みを行い、3日後の申込者本人の携帯電話のみで、
他への連絡は一切ありませんでした。


マイカードプラスに向いている人

  • 現在、支払いの引き落とし口座で、三菱UFJ銀行を利用している
  • 融資自体は、2週間以上掛かっても時間的余裕はある
  • 30万円以下の小枠融資希望である
  • 融資を受けるのは基本的にインターネットからがメインである
  • いざという時の為にお金を借りれるようにしておきたい
  • 会社に審査に在籍確認の電話をして欲しくない

マイカードプラスは、契約面で時間と手間は掛かりますが、
契約さえしてしまえば、利用面では、普通預金口座と連携させることで、便利と感じるコトが多いカードローンです。
バンクイックの方が、知名度も高く、融資までも早く人気ではありますが、
三菱UFJ銀行の普通預金口座との連動は、マイカードプラスの方が向いています
バンクイックは、マイカードプラスと別サービスですが、必ずどちらか一方しか利用できないというわけではなく、どちらも契約する事は可能です。
現在、三菱UFJ銀行の銀行口座をメインで使っている人は、自信を持っておすすめする1枚です


※三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」についてはこちらです


ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ