三菱UFJ銀行カードローン「マイカードプラス」

掲載日:


三菱UFJ銀行のカードローンの「バンクイック」の方が知名度が高いため、知らない人も多いと思いますが、こちらの「マイカードプラス」というカードローンもバンクイックにはない魅力があります。


まず、三菱UFJ銀行の銀行口座を持っていることが前提となりますが、三菱UFJ銀行の口座引き落とし残高が足りない時の自動融資の機能、口座への資金移動を24時間365日行うことができるといった三菱UFJ銀行の銀行口座を持っている人にとっては利用後に便利だな〜、と思う機能が揃っています。


契約時に、本人の確認書類の提出や収入証明書の提出、在籍確認の為の会社への電話連絡などがない為、下記で解説している条件に該当しない人は煩わしい書類の用意などがないため申し込みから契約までがとにかく楽です。


ただ、デメリットとしては融資まで数週間かかり、限度額が30万円まで、金利は14.6%固定、コンビニのATM手数料毎回かかる、毎月の最低返済額がバンクイックと比べ高いといった劣る部分もある為、以下のマイカードプラスの解説を読んで、どちらが自分に合ったカードローンなのかを検討してください!


ゼニエモンの個人的な感想ですが、利用方法も簡単ですし、三菱UFJ銀行をいろんな支払いの引き落とし口座にしているので、入金忘れなどがあった時の自動融資が便利で重宝しています。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年14.6% 30万円 最短即日 不要 対象外 原則なし
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
上限20.0% 満20歳以上65歳未満 アコム 来店、又はインターネットで契約

マイカードプラスのここが魅力!
  • 三菱UFJ銀行のキャッシュカード付帯のサービス
  • 自動融資機能で残高不足でも安心
  • 基本的に、会社への在籍確認はなし
  • 24時間365日インターネットバンキングで融資を受けられる


※三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」についてはこちらです



    三菱UFJ銀行のカードローンについて

    三菱UFJ銀行のカードローンは「マイカードプラス」と「バンクイック」の2種類があります。


    マイカードプラスは、三菱UFJ銀行の銀行口座にそのままキャッシング機能を付けることができるカードローンです。


    どちらも、保証会社はアコムとなっており、審査基準としての変わりはほとんどありませんが、会社への在籍確認の電話がマイカードプラスにはありません。


    イメージとして、2種類のうちどちらかを必ず選ぶ必要がありそうに感じますが、マイカードプラスとバンクイックは別商品であるため、両方契約することができます。


    三菱UFJ銀行でカードローンのサービスをまとめたいという人はどちらも利用することが可能です。


    申込資格

    マイカードプラスの申込資格は以下の通りです。

    • 満20歳以上65歳未満の方
    • ご本人に安定した収入の見込める方
    • 国内に居住する個人の方
    • 保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方

    属性

    マイカードプラスに申込みできる属性について


    アルバイトやパートの方も申し込み可能!

    マイカードプラスは本人に収入のない方は申込することは出来ません。


    そのため、パートやアルバイトをしていて本人に収入がある方は申込が可能です。


    ただし、アルバイトをしていても学生の方は申込は出いませんので注意してください。


    キャッシュカードで借入れできる

    マイカードプラスはキャッシュカードに借入機能を追加して利用するカードローンです。


    新たにローン専用カードを発行する必要もないので、審査に通過できればすぐに利用することができます。


    そのため、三菱UFJ銀行の口座開設が必要になりますが、Webからいつでもどこでも簡単に申し込むことができるので、平日が忙しく銀行の営業時間に間に合わないという方でも申込が可能です。


    すでに三菱UFJ銀行の他カードローンを利用している方は申込できない

    三菱UFJ銀行の他カードローンを利用している方は、マイカードプラスの申し込みをすることはできません。


    ただし、三菱UFJ銀行のバンクイックとカードローン(即日型)との同時利用は可能なので、バンクイックを現在利用している方も併用可能です。


    契約をする際に必要な書類

    マイカードプラスの申込には本人確認書類の提出が必要になります。


    本人確認書類として認められるもの


    マイカードプラスの本人確認書類について


    本人確認として利用できるのは以下の通りです。

    • 運転免許証
    • パスポート
    • 健康保険証

    インターネットで申込した場合、画像データをアップロードすることでWeb上で本人確認書類の提出を完結することができます。


    また、三菱UFJ銀行窓口で申込を行う場合は、本人確認書に加えて返済用として利用する返済用として利用する普通預金口座の印鑑が必要です。


    銀行カードローンを申し込む場合は、本人確認書類に加えて収入証明書の提出を求められる場合がありますが、マイカードプラスは借入限度額が30万円と他カードローンよりも低いため、本人確認書類のみの提出で申込ができます。


    申込から契約までの流れについて

    契約完了までのフロー

    • 申込
    • 本人確認書類等の提出
    • 申込内容確認のための電話連絡
    • 審査
    • 審査結果の連絡
    • 契約完了

    申込

    申込方法は次の2つです。

    • インターネット
    • 三菱UFJ銀行窓口

    インターネットからの申込は、24時間いつでも受け付けています。


    そのため、店舗に足を運ぶ必要もありませんし、銀行の営業時間外でも申込みできるので便利です。


    キャラクターデザインカードをお持ちの方は、インターネットから申込はできませんので窓口で申込をしてください。


    窓口で申込をする場合は、本人確認書類、返済用として利用する普通預金口座の印鑑を忘れずに持参しましょう。


    返済用預金口座で身体認証登録(手のひら静脈承認)をしている方はキャッシュカードを持っていけば簡単に申し込みができます。


    窓口で申し込みをする場合、営業時間は平日9:00〜15:00となりますので注意してください。


    本人確認書類の提出

    マイカードプラスは限度額が30万円と少ないので、収入証明書の提出は必要ありません。


    本人確認書類を用意して提出してください。


    申込内容確認のための電話連絡

    申込が完了すると、申込内容を確認するために三菱UFJ銀行から電話がかかってきます。


    この時、電話がかけられる連絡先は申込書に記入した「日中連絡先」になるので、自身の携帯電話番号や自宅にしておくと職場にも知られることがないので安心です。


    審査

    審査は、三菱UFJ銀行および保証会社のアコム(株)が行います。


    過去に、アコムで返済の延滞や遅延などを繰り返していた方は審査にも影響するので、審査に通過しにくくなります。


    審査結果の連絡

    審査結果は届け出の住所へ郵便で届きますので、約2〜3週間ほど時間がかかってしまします。


    そのため、すぐにでもお金が必要な方は即日融資が受けられる消費者金融のカードローンに申込することをおすすめします。


    以下のページでは、即日融資に対応しているカードローンをランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。



    在籍確認について

    マイカードプラスの在籍確認について


    多くの場合、カードローンの申し込みには申込者本人が申込書に記入された勤務先に本当に在籍しているのかを確認するために、職場への在籍確認の電話連絡が行われます。


    在籍確認の電話連絡で職場にカードローンを利用していることがバレてしまうのではないか...と在籍確認を不安に感じている方が多いです。


    すべてのカードローンで在籍確認が必須であると考える方もいらっしゃいますが、中には職場への在籍確認の電話連絡なしに申込することができるカードローンも存在しています。


    マイカードプラスも職場への在籍確認の電話連絡なしに申込ができる1枚です。


    電話連絡があったとしても、申込後に契約内容確認の電話のみですし、申込書に記入した「日中連絡先」に電話が掛けられるので、在籍確認が不安な人も安心して申込ができます。


    ただし、場合によっては職場や自宅に電話連絡が行われることがありますので注意してください。


    借入方法と利便性について

    借り入れ方法は次の3つです。

    • 自動融資
    • ATM
    • 三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)

    自動融資

    公共料金の支払いやクレジットカードの引き落としの際、口座残高が不足した場合に利用限度額の範囲内で不足している金額を自動的に融資します。


    つまり、口座残高が2万円、引落額が5万円の場合、不足する金額は3万円になるので、マイカードプラスの自動融資機能で3万円が融資され、返済に充てられます。



    マイカードプラスの自動融資について


    もし、口座に振り込むのを忘れてしまった場合でも、自動融資機能があれば返済遅延になることはないので安心です。


    自動融資が行われた時は、Eメールにお知らせとして通知が来るので、いつ融資が行われたのかもしっかり確認することができます。


    ATM

    マイカードプラスは口座残高が不足したときに自動融資が行われる特殊なカードローンですが、通常のカードローンと同様にATMから引き出すことができます。


    マイカードプラスの借り入れ可能ATMについて


    利用できるATMは次の4つです。

    • 三菱UFJ銀行ATM
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM
    • イーネットATM

    操作方法としては、ATMのメイン画面で「マイカード」を選択し、借入れを選んでカード挿入後に画面の指示に従って操作すればお金を引き出すことができます。


    ATMを利用する際は、1日あたりATMの利用限度額が決められていますので注意してください。


    1日あたりATMの利用限度額は「マイカード口座からの借り入れ」と「返済額口座(普通預金)からの引き出し」の合計金額です。初期設定額では50万円とされています。


    ATMの利用限度額の上限に達してしまうと、マイカードプラスの利用限度額の範囲内であっても、マイカード口座から借入れすることができない場合もあります。


    三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)

    三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)では、スマホやPCから簡単に借入れや手続きができる便利なサービスです。


    三菱UFJダイレクトは24時間いつでも利用できるので、急な出費が出た時でもすぐに借入れすることができます。


    三菱UFJダイレクトを利用するには事前に申し込みが必要なので、初回登録を済ませて便利に利用しましょう。


    金利と借入限度額について

    マイカードプラスの金利・借入限度額について


    マイカードプラスの金利は年14.6%、借入限度額は30万円とされています。


    金利は銀行カードローンの平均金利の年14.5%とほとんど同じですが、消費者金融カードローンの平均金利年18%と比べると低金利です。


    限度額は他銀行カードローンや消費者金融カードローンと比較するとはるかに少ない金額ですが、銀行口座引き落としで残高不足を避ける利用目的としては十分な金額になります。


    通常のカードローンとしての使い方ももちろんできますが、限度額が足りないという方はマイカードプラスと併用できるバンクイックであれば限度額は最大500万円ですのでおすすめです。


    返済方法と毎月の最低返済額について

    返済方法は次のとおりです。

    • 返済用口座からの引き落とし
    • ATMや三菱UFJダイレクトから臨時返済

    返済用口座からの引き落とし

    毎月5日に返済用の普通預金口座から自動的に引き落としされるので、振込などの手間はかかりません。


    毎月の最低返済額

    利用残高 返済金額
    1万円未満 前月5日現在の利用残高
    1万円以上30万円以下 1万円

    毎月5日に1万円を上限として、銀行口座から自動的に引き落としされます。


    1万円以下の利用であれば、来月に借入金額全てを返済することになりますが、1万円以上を借入れた場合は毎月の返済額は1万円です。


    ATMや三菱UFJダイレクトから臨時返済

    口座から自動的に引き落とされる約定返済に加えて、いつでもATMや三菱UFJダイレクトから臨時返済ができます。


    利用できるATMは三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMの4つです。


    ATMの利用時間・利用期間によって臨時返済1回あたり最大で220円(税込)の手数料がかかり、手数料はマイカード口座より引き落とされます。


    三菱UFJダイレクトであれば、スマホやPCから臨時返済がいつでもできますし、三菱UFJ銀行宛であれば振込手数料は0円なのでお得です。

    マイカードプラスとバンクイックの違い

    マイカードプラスの不便な点


    まず、バンクイックとの違いで不便な面を挙げてみました。


    利用さえ始めてしまえばメリットの方が多いのですが、契約までにバンクイックよりも不便であることが多いのが特徴です。


    銀行口座を必ず持っておく必要がある

    キャッシュカード付帯サービスなので当然と言えば当然ではありますが、現在三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていないと申し込みをすることが出来ません。


    もし、口座を持っていないけどマイカードプラスを利用したいという人は、店頭へ一度行き、銀行口座を開設した上でその場で申し込みを同時に行うことが出来ます。


    融資を受けるまでの時間が異なる


    明確な違いとして、マイカードプラスは融資までに時間がかかるので、急いでいる人には向きません。


    目安としては2週間程度で、審査結果は書面での郵送となるため、審査結果に対してもすぐに結果はわかりません。


    また、仮審査に対しても通ったかどうかという事も郵送で審査結果が届かない限り分からないので、急いでいる人はバンクイックの方を選ぶべきです。


    初回契約の限度額は30万円までとなる

    以前は、限度額が最高で100万円までの融資を受けることができましたが、現在の限度額は30万円までとなります。


    キャラクターデザインのキャッシュカードを持っている人は店頭申し込みが必要となる

    三菱UFJ銀行の銀行口座を作るときはキャッシュカードを選ぶコトが出来ますが、これでキャラクターのデザインのキャッシュカードを利用するときは、通常のデザインのカードへ変更する必要があります。


    これは、キャッシング機能を付ける上でICカードの構造上、必ず変更しなくてはなりませんのでインターネットで申し込みして機能を付けてもらうことができず、店頭でキャッシュカードの切り替えを行わなくてはなりません。


    ATM手数料が普通預金同様にかかる

    バンクイックは、セブンイレブンを含むほとんどのコンビニATMは無料で何度も利用できますが、マイカードプラスの場合は手数料が発生します。


    融資を受けるのが、ATMを利用して直接現金を融資してもらうことがメインであるという人は向きません。


    マイカードプラスの便利な点


    自動融資機能がいざという時に便利

    マイカードプラスは自動融資の機能が付いているため、引き落とし残高が足りない場合でも足りない分は自動的に融資されます。


    引き落としに失敗すると手続きが面倒な事も多いため、いざという時は便利です。



    持っている三菱UFJ銀行への融資は瞬間的に出来る

    バンクイックの場合で、振込み融資を受ける場合は三菱UFJ銀行の普通預金口座へ振込み依頼をかけても、銀行の営業時間外の場合は融資を受けることができません。


    つまり、土日祝日はおろか、平日の9:00〜15:00以降は振込が反映しません。


    マイカードプラスの場合は、振込み融資の形ではなく同口座同士の振替という形での融資となり、資金移動の為、24時間365日インターネットバンキングを利用して融資を受けることが可能です。



    口座引き落としによる返済で忘れによる滞納をしにくい

    返済に関しては、バンクイックも口座引き落としにて返済をする事は可能ですが、引き落としの為の手続きをする必要があります。


    マイカードプラスの場合は、手続きをすることなく自動で設定されているため、忘れによる返済の滞納が残高不足でない限りありません。


    審査時に在籍確認がない

    審査は銀行と保証会社であるアコムですが、基本的には保証会社のアコムがどうしても在籍確認と判断しない限り、会社への在籍確認の為の電話はありません。


    電話での連絡自体は本人の直接連絡の取れる携帯電話への連絡のみで、他の連絡はありません。


    当サイトで実際に調査したところ、連絡があったのは申し込みを行い3日後の申込者本人の携帯電話のみで、他への連絡は一切ありませんでした。


    マイカードプラスのメリット・デメリット

    メリット

    在籍確認で職場への電話連絡がない
    自動融資機能
    キャッシュカードがそのまま利用できる

    デメリット

    口座開設必須
    融資を受けるまでに時間がかかる
    限度額が低い

    マイカードプラスは、契約面で時間と手間は掛かりますが契約さえしてしまえば、利用面では普通預金口座と連携させることで便利と感じることが多いカードローンです。

    バンクイックの方が知名度も高く、融資までも早く人気ではありますが、三菱UFJ銀行の普通預金口座との連動はマイカードプラスの方が向いています。

    バンクイックはマイカードプラスと別サービスですが、必ずどちらか一方しか利用できないというわけではなく、どちらも契約する事は可能です。

    現在、三菱UFJ銀行の銀行口座をメインで使っている人は、自信を持っておすすめする1枚です。


    ※三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」についてはこちらです


    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ