不動産投資ローンでおすすめってあるの?基本的な契約の流れから選び方のコツなどを解説します!

掲載日:

 

     

    年金問題などもあり最近は投資をして老後の資金を事前に蓄えておきたいと考える人が増えているようです。

     

    投資と言われてまず思い浮かぶのが株やFXですが、ここ数年で伸びを見せているのが不動産投資です。

     

    部屋を長期的に貸すいわゆるアパートオーナーという寄りは、民泊などの運営を視野に入れて投資をする方が特に増えています。

     

    ただ、不動産投資を考えていても個人事業主の立場で上手くできるのでしょうか。

     

    普段はあまり不動産に目を止めることもないので、いざ考え見るとマンションなどを購入して利益を得るなど夢物語のようにも見えてしまいます。

     

    そもそも、不動産投資に興味を持つきっかけと言うのは「友人から儲かると聞いた」などで、最初から自分で興味を持って不動産投資について調べている人は少なく、仕組みは一切把握していない人も多いのです。

     

    「なら調べるか!」と自分で本腰を入れて調べようと思い立っても、日々忙しく不動産投資の仕組みを勉強している暇などないでしょう。

     

    そこで、ゼニエモンが不動産投資に興味があるが時間がなく調べられないと言う人の為に、不動産投資について調べました。

     

    不動産投資は法人で行うことが多いですし、個人事業主の立場で上手に利益を得て行くことが可能なのか? 不動産投資をするなら不動産投資ローンも要ですが不動産投資ローン自体が分からないなど疑問点はたくさんあることでしょう。

     

    最初はちんぷんかんぷんな不動産投資ではありますが、やり方さえ知っていればたくさんの利益が得られる夢物語が現実になる投資と言えます。

     

    まずは、不動産投資ローンから順繰りに見て行きましょう。

     

    不動産投資ローンについて

     

    不動産投資ローンとは不動産投資をする為にはマンションやアパートを丸ごと購入する資金が必要ですが、その資金を融資してくれるサービスのことを指します。

     

    イメージは住宅ローンと似ていて、住宅ローンは自分の家への融資となりますが、不動産投資ローンはそれが自分の家ではなく利益を得る為に購入するマンションなどの購入資金として融資を受けるイメージです。

     

    手続きもほとんど不動産投資ローン会社の方が行なってくれる為、自分ですることはほとんど無く、シンプルな流れとなります。

     

    • 重要事項説明書の確認
    • 審査
    • ローン会社との契約(審査通過者)
    • 所有権等を契約者へ移す作業
    • 権利書を受取りオーナーへ

     

    これだけですね。

     

    所有権等を移す作業が終われば権利書は約2週間で届き、ローン会社との契約も会社側の支持に従って進めるだけで所有権を移す作業等も会社側が行ってくれるのです。

     

    契約に関することは重要事項説明書で確認できるようになっていますし、疑問点があれば契約時に質問もできるので、安心して手続きも進められます。

     

    不動産投資ローンと言った名前だけ聞くとそれだけで手続きがおっくうだと言った印象を持つ人もいますが、蓋を開けてみるととても単純な流れなのです。

     

    また、不動産投資ローンには担保も必要ですが、担保は購入する「マンション」・「アパート」となるので心配はいりません。

     

    そして、忘れてはならないのが団信(団体信用生命保険)で、ローンを組むにあたって団信は必ず必要となってくるでしょう。

     

    この団信は、万が一自分に何かあり残債が残っているマンションやアパートの返済ができなくなった場合、代わりに支払ってくれると言う保険で、この団信を利用していないと不動産投資ローンは利用できません。

     

    不動産投資をする予定なら、大まかにでも良いので不動産投資ローンがどのようなものなのか覚えておき、つまずかずにスムーズに契約までことを運べるようにしておくと安心です。

     

    不動産投資ローンを受けられる人とは?

     

    不動産投資ローンの概要が掴めたところで不動産投資は法人で行うことが多いですが、この記事に目を止めたと言うことは不動産投資ローンを利用したいのは個人事業主の人でしょう。

     

    あるいは副業として不動産投資をしたいと考えている人など。

     

    しかし、マンションやアパートの購入資金は一般的なものとは異なるので、法人でないと審査は不利になると考えますよね。

     

    クレジットカードなどの審査などは受けたことはあっても、不動産投資ローンの審査はどのようなものか想像がつきませんし、余計不安に感じることでしょう。

     

    ですが、あることを提示すれば、その不利な部分を無くすことができるのです。

     

    その提示の仕方とは、どれだけ自分に「返済能力」・「担保」「返済実績」があるのかを提示する方法です。

     

    不動産投資ローンの審査ではこの3点が主にチェックされます。

     

    返済実績に限ってはクレジットカードの返済状況などを不動産投資ローン会社側でチェックするしか審査方法がないので日々返済を忘れないことが大切ですが、「返済能力」・「担保」があることを示すなら過去3年分の「預金状況」・「金融資金」・「株式」・「遺産」等が分かる書類を用意し審査時に提示すると審査に通過する確率はとても上がり、法人と同じように見てくれるので審査はスムーズと想定できるでしょう。

     

    法人と違い個人事業主の審査をカバーするには自分がどれだけ信用のおける人間かどうかを自ら提示することが大切で、この部分を怠ってしまうと審査に通過する確率は高いとは言えません。

     

    少しおっくうではありますが個人事業主の人は必ず預金状況などが分かる書類は予め用意しておき、審査に備えてください。

     

    不動産投資ローンの「メリット」・「デメリット」

     

    どんなサービスを利用するにしても、「メリット」・「デメリット」は理解して使っていた方が不満も生まれません。

     

    デメリット面を知らずに不動産投資に手をつけてしまうと誤解からトラブルにも繋がり兼ねないので、しっかりと「メリット」・「デメリット」には目を通しておきましょう。

     

    不動産投資ローンのメリット

     

    不動産投資ローンのメリットは上手く入居者が決まって行けば一度入居すれば年単位でマンションまたはアパートを出て行くことはないので、安定収入が入ってきます。

     

    この他にも定年後には年金の他にも毎月入ってくる収入があるので、年金がダブルで貰える感覚で得できるのです。

     

    また、税金面でも得ができ不動産投資で収入を得ると「固定資産税」・「建物の減価償却費」などが必要経費として差し引かれるので、所得税が安くなる節税の効果があるのもメリットでしょう。

     

    不動産投資ローンのデメリット

     

    デメリット面については、不動産投資は入居者が見つかれば収入は安定しますが、見つからなかった時は収入が減ることを覚悟しておいてください。

     

    むしろ収入が減るどころか借金だけ膨らんでいくリスクもあるので、マイナスになることもありえます。

     

    マンションやアパートは日々新しくなり、入居者はやはり新しい建物を好む為、安易な気持ちで不動産投資に着手すると不動産投資ローンの返済にも困ってしまうことも考えられるので、投資する不動産は慎重に選びましょう。

     

    では、不動産投資ローンについてチェックしたら今度は不動産投資ローンを組んでくれる会社について見て行きます。

     

    調査した中でおすすめの会社は全部で3社ありますので、一つずつ内容を確認して行きましょう。

     

    おすすめの不動産投資ローン

    日本政策金融公庫

    日本政策金利公庫では様々融資を行なっていますが、不動産投資ローンも組むことが可能です。

     

    特長は政府が行なっている金融機関なので絶対的に安心でき金利も低いと言った点で、不動産投資ローンを組もうと考える人のほとんどがまず日本政策金融公庫を検討します。

     

    金利に関しては1%後半からと低い金利となり、この上、日本政策金融公庫は固定金利となるので、見直しが入らず最初に決まった金利のままとなる為、多くなることはないのが魅力的でしょう。

     

    返済年数は79歳までに完済しないとならない決まりがあり、大体10年数〜15年で返済が完了するようにローンを組むようになっているので不動産投資をはじめる時期に気をつけてください。

     

    また、融資額や金利は細かく定まっているので、不動産投資ローンの金利は担保ありの方をホームページ等で良くチェックしておき、融資額も予め把握しておくと、契約内容をより理解しながら手続きを進められます。

     

     

    オリックス銀行不動産投資ローン

    オリックス銀行不動産投資ローン

     

    オリックス銀行不動産投資ローンは日本政策金利金融公庫より金利が高くなり金利は「固定金利期間特約付変動金利型」・「変動金利型」に分かれているので注意してください。

     

    固定金利期間特約付変動金利型には「3年固定特約型年2.3%〜年3.3%」・「5年固定特約型年2.5%〜年3.5%」の種類が、変動金利型「年2.675%〜年3.675%」となっています。

     

    融資額は1,000万円〜2億円で、金利は動くことがあっても、それまで支払っていた1.25倍以上は上がらないと記載してあるので安心でしょう。

     

    オリックスは「保険」・「レンタカー」・「法人金融サービス」など幅広くサービスを展開している大手企業な為、「日本政策金融公庫」・「オリックス不動産投資ローン」と並べて、安心してローンを組める企業とおすすめできます。

     

    また、申込資格は「借入時の年齢が満20歳以上60歳未満で、最終返済時80歳未満の方」と記載されているので、返済完了時の年齢の計算を間違えないようにしましょう。

     

    オリックスの金利は一番低い2.3%でも日本政策金融公庫の1%後半よりは高めですが、たくさんある不動産投資ローン会社の中でも大手企業で金融や保険に関する事業も行なっていて「安心」の太鼓判を押せます。

     

    少し金利が高くてもこの点を考え契約を結ぶ人多い人気もある不動産投資ローン会社です。

     

    契約する不動産投資ローン会社で悩んでいるなら他社を選ぶよりは、政府が行う日本政策金融公庫よりも安心とは言えませんが、一般企業として日本政策金融公庫の安心に負けを取らないオリックス銀行不動産投ローンは魅力的だと思います。

     

     

    SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】

    SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】

     

    SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】の金利は、固定ではなく変動金利となるので固定金利が良い人には向きません。

     

    しかし、SBIエステートファイナンス 不動産投資ローン【LTV50】には魅力がたくさんあり、融資額が降りるまでの期間が「最短3日」とホームページに記載してあるほど、とても早いのです。

     

    融資額は300万円?5億円となり金利は2.4%〜6.5%となっていて、SBIエステートファイナンス 不動産投資ローン【LTV50】は仕事で忙しく契約に時間を取られている暇はないと言った人には最適と言えます。

     

    もちろん、現役は引退して現在仕事はしていないと言った人も日々の生活は何かと時間がないものですし、融資が降りるまでの時間が早いに越したことはありません。

     

    また、申込資格に関しては年齢制限がないのも魅力で、返済は12回〜300回と記載されています。

     

    なぜSBIエステートファイナンス 不動産投資ローン【LTV50】の対応がこんなに良いのか? と言うと、SBIエステートファイナンス 不動産投資ローン【LTV50】は不動産投資ローン専門となっているからで、その分他社のサービスよりも対応が早く良いのでしょう。

     

    SBIエステートファイナンス 不動産投資ローン【LTV50】は、契約までのスピードと年齢制限がないなどの対応の良さで勝負な会社と言えます。

     

     

    で、結局どれを選べばいいの?

    「日本政策金融公庫」・「オリックス銀行不動産投資ローン」・「SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】 」の3社は、どの会社でローンを組んでも質の良いローンを組むことができるでしょう。

     

    しかし、「日本政策金融公庫」に関しては1%後半と金利が安い分人気はありますが、審査が厳しいと言ったデメリットがあります。

     

    審査が厳しい理由は、国の政治を決めるお堅い政府がやっていると言った点もありますが、金利が低い分、政府側としても返済してくれなかった時のリスクを考え、利益が少ないことから未納分を補うことが難しく負担になるからでしょう。

     

    そこで、もし万が一、日本政策金融公庫と契約を結べなかった際、次にトライする価値があるのが契約を結べたと言う声がたくさん上がっている「オリックス銀行不動産投資ローン」・「SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】」です。

     

    検討の仕方にはそれぞれ方法がありますが、ゼニエモン的にはまずは金利が安いところから検討していくのが、金利は返済額とは別の上乗せ分となる為おすすめで、なるべく金利は少なくした方が返済も楽になります。

     

    オリックス銀行不動産投資ローンとSBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】の比較

    「オリックス銀行不動産投資ローン(最低金利2.3%)」・「SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】(最低金利2.4%) 」はどちらも金利にあまり差がありません。

     

    強いて言うなら

     

    歴史が長くノウハウが蓄積されているの重視するならオリックス銀行不動産投資ローン
    スピード重視でフットワーク軽く契約まで進めたいならSBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】

     

    という選び方が良いです。

     

    ですが、「SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】」も対応の良さや不動産投資ローン専門と言ったことから安心できない訳ではなく、不動産投資ローンについての知識が深い会社と言えるので安全性にはもちろん問題はありません。

     

    対応地域にも差があるので注意

    「オリックス銀行不動産投資ローン」・「SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】 」は対応地域が違いますので、選ぶ要素としてはこの対応地域も一つに入れておきましょう。

     

    オリックス銀行不動産投資ローン 首都圏、近畿圏、名古屋市、福岡市
    SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

     

    オリックス銀行不動産投資ローンは比較的地方でも対象エリアとなっていますが、SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】は首都圏が中心となっています。

     

    審査に通るための年収の目安はいくら?

    不動産投資ローンの審査で最低限必要なラインとしては年収400万円です。
    一般的に400万円の年収があれば融資額は4,000万円となり、「500万円(年収)→5,000万円(融資額)」・「800万円(年収)→8,000万円(融資額)」と言われているので、個人事業主の人は審査前に融資額の目安を付けておくのも良いでしょう。

     

    不動産投資を成功させるコツ

    不動産投資ローンにもタイプがあるので契約する際は不動産投資について要点だけでもいいので把握し、自分に合った不動産投資ローンを組めるようにしておくと良い不動産投資を開始できます。

     

    しかし、不動産投資を成功させるには質の良い不動産投資ローン会社を選ぶことも大切ですが、この他にも不動産投資を成功させるコツがあるのです。

     

    そのコツとは何なのか? 詳しく見て行きましょう。

     

    不動産会社を利用する

     

    不動産投資するなら選ぶマンションやアパートは利益を得る為に何よりも重要なのは言うまでもありません。

     

    しかし、自分で調べるには限界がありますし、融資額は数百万円?数千万単位になってくるので返済を考えると失敗はできないでしょう。

     

    自分で物件を探すこともできますが、自ら探すとなると考えることは皆同じで良い物件にはたくさんの人が投資を考えるので、そのマンションやアパートに投資することができない結果に終わってしまうことも多々あり、何も不動産に対する知識がないならどの不動産が良いのかも見極められないものです。

     

    ですが、不動産会社を利用すれば自分で調べない分、比較できる物件の数は限られますが、用意する物件は厳選されている為、質の悪い物件に当たることはありませんし、不動産会社が持っている物件なので他の人も見ていて契約を結べないなどと言ったことにもまずならないでしょう。

     

    不動産会社ならマンションやアパートについては専門な訳なので、今の時代に合わせた物件が並んでいますし、入居者が決まらないリスクも低いと言えます。

     

    さらに、不動産会社を利用すれば、低金利な不動産投資ローン会社の審査にも通過しやすくなるメリットもあるのです。

     

    注意点は不動産投資ローンを組む時と同じで契約内容や確認事項にはしっかりと目を通し、安心できる不動産会社と契約してください。

     

    中には悪徳業者もあるので、確認作業は手が抜けません。

     

    もちろん、悪徳業者でない不動産会社もたくさんある為、口コミを確認し契約内容に変な箇所がなければ契約しましょう。

     

    中には、選んだ物件に対して「その物件は良い物件ですよ! 」と言った後に、実際に部屋を見にいったら違う物件で、「こっちの方が良い」と口八丁手八丁で言いくるめられ契約内容もあまり確認せず契約してしまい「何かあったら向こうが無理矢理進めてきた物件だし選び直せるだろうと」安易に考え、結果的に気に入らず「他の物件が良い」と言ったらできなかったと言うこともあるので、自分を強く持ちしっかりと納得してから契約をするのが良いです。

     

    とは言え、質の良い不動産会社なら大いに利用した方が良く、安心できる不動産を紹介して貰え不動産投資も結果的にうまく行くので、賢い方法で不動産投資デビューしてください。

     

    不動産投資ローンの選び方

     

    質の良い不動産投資ローンを選ぶことは、不動産投資をするにあたって大切なことです。

     

    そして、特に不動産投資ローンを選ぶ時に見なくてはならないと考える点は「低金利」のみと言えます。

     

    もちろん、安全性なども大切なのであまりにも知られていない会社や担当者と話をした時に不信感を覚えた時などには契約しない方が良いと言えますが、ある程度大手なら安全面に関しては問題ないと言えますし融資額にも差はありません。

     

    低金利になればなるほどハードルが高く審査に対する不安もありますが、不動産投資ローン会社を検討するなら低金利のところから並べて行きトライして行った方が良いのです。

     

    たとえ1,000円の差でも返済は続くものなので積み重なると多額となりますし、賢い返済をして行く為には低金利の会社を選び返済額を少なく計算しておきましょう。

     

    見積もった時は「1,000円ぐらい高くても」と考え安易に見ていると、実際支払う時に惜しくなってしまうものなのです。

     

    紹介した不動産投資ローン会社にトライするなら「日本政策金融公庫」→「オリックス銀行不動産投資ローン」→「SBIエステートファイナンス不動産投資ローン【LTV50】」の順でトライして行くのが、低金利順となるのでおすすめと言えます。

     

    個人事業主として不動産投資を成功させるには、安心できる不動産会社と低金利の不動産投資ローン会社を利用するのが一番です。

     

    多くの利益を得たいなら、思い切って不動産投資に挑戦してみましょう。


    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ