3種類の青森銀行フリーローンを紹介!それぞれのローンにはどんな違いがあるか解説!

掲載日:

アイキャッチ

ローンを組む時、自分にぴったりのローンを見つけるのは、なかなか至難のワザです。


自分の用途にぴったりのローンが組めれば、ぜひとも利用したいものです。


「青森銀行フリーローン」であれば、3種類のローンから自分に向いているローン選んで組むことが可能となっています。


「自由プラン」・「目的プラン」・「ゆとり王」に分かれ、どのプランも注目を集めています。


3タイプものローンを用意してくれているローン会社は珍しく、青森銀行フリーローンならではです。


まずは、「青森銀行フリーローン」の魅力がどこにあるのかを見て行き、その後、「自由プラン」・「目的プラン」・「ゆとり王」について細かくチェックして行きましょう。


    青森銀行フリーローンの魅力



    「青森銀行フリーローン」の魅力的な点を挙げるとすれば、まずは、銀行が提供しているローンサービスなので安心できる点です。


    ローン会社はたくさんありますが、より安心できる会社を選びたいものです。


    そういった点で、銀行が運営していることは、とても安心感があります。


    また、WEBで申込みが完結する点も魅力です。


    自由プラン・目的プラン・ゆとり王と、どのプランを選んでも、最初の申し込み手続きはインターネット上から済ませることができます。


    そして、ネット上から申し込んだ情報を元に仮審査を行い、仮審査に通れば窓口へ行き契約といった流れで、手続きに無駄がありません。


    なお、仮審査が通れば、基本的に本審査の心配はいりません。


    さらに、自由プラン・目的プラン・ゆとり王のどれも担保は取りません。

    ※原則、担保・保証人はいりませんが、保証会社の方が要求した場合は必要になります。


    青森銀行フリーローンの申込条件や必要書類

    ここからは、青森フリーローンの申込条件やその他注意事項などにについて、確認していきます。


    青森フリーローンと契約できるのは満20歳以上で、返済が終わる時の年齢が満75歳以下でないとなりません。


    申し込みできる人の属性


    年齢さえ満たしていれば、パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者の人でも、申し込みすることができます。


    また、保証会社の保証が受けられることも、利用条件となっています。


    契約時に必要な書類は、以下の通りです。


    必要な本人確認書類


    必要な収入証明書など


    • 本人確認書類(パスポートや運転免許証など)
    • 青森銀行の普通預金口座の通帳・お届印
      ※口座がない人は契約後に作成
    • 所得証明書類(融資額が50万円超えの人のみ)

    なお、目的プランだけ、何の目的にローンを組むのかが分かるパンフレットや書類が必要です。


    青森銀行フリーローン3種類(自由プラン・目的プラン・ゆとり王)の違い

    青森銀行フリーローンの自由プラン・目的プラン・ゆとり王は、それぞれの方向性で優れているローンプランとなります。


    自由プラン・目的プラン・ゆとり王の個々の内容がどのようになっているのか、細かい点までローンを組む前に調べておきましょう。


    3種類のフリーローンの比較

    自由プラン 目的プラン ゆとり王
    用途 自由
    (事業資金を除く)
    選択できる目的のみ 自由
    (事業資金を除く)
    金利(WEB完結型) 年3.5〜11.5% 年3.5% 年3.5〜13.0%
    金利(来店型) 年6.0〜13.0% 年5.5% 年6.0〜14.5%
    借入限度額 10万円〜1,000万円
    専業主婦の場合は30万円以内
    10万円〜1,000万円 10万円〜500万円
    専業主婦の場合は30万円以内
    所得証明書類 50万円超の借り入れの場合 300万円超の借り入れの場合 50万円超の借り入れの場合
    返済期間 6ヶ月〜10年以内 6ヶ月〜10年以内 6ヶ月〜15年以内
    返済日 希望日 希望日 希望日

    来店型の場合、どのフリーローンも、以下の項目を満たせば、金利を最大2.0%引き下げることができます。

    • 給与振込または年金振込ご指定の方:年1.0%引き下げ
    • 公共料金自動振替(3件以上):年0.5%引き下げ
    • クレジットカード「aomo(アオモ)」ご契約の方:年0.5%引き下げ
    • あおぎんで住宅ローンをご利用の方:年0.5%引き下げ
    • あおぎんでカードローンをご利用の方:年0.5%引き下げ
    • あおぎんで他のローンをご利用の方:年0.5%引き下げ
    • 他社ローンのお借換の方:年0.5%引き下げ
    • 扶養家族となるお子様が2名以上の方:年0.5%引き下げ
    • 地方公共団体等に認定された企業にお勤めの方:年0.5%引き下げ

    ※2021年3月15日現在


    また、返済日が休日の場合、翌営業日となります。


    給料日など、それぞれの状況に応じた日を選択できることは、とても便利です。


    なお、返済の種類は、元利均等分割返済となっています。


    完済し終えるまで返済額が変動することもないので分かりやすく、返済は口座を設定するので自動振替となり、振込む手間がありません。


    自由プラン

    自由プランは、その名の通り、自由な用途に使えるフリーローンです。


    3つのフリーローンの中では、一番オーソドックスであり、上述したもの以外に、大きな特徴はありません。


    どんな人にもおすすめできるフリーローンになっています。


    目的プラン

    目的プランは、何のためにローンを組みたいか決めている人におすすめのプランです。


    家具・家電・リフォーム・教育・介護・医療・趣味・スポーツ・結婚資金など、いろいろな目的に対応しているローンとなっています。


    しかし、事業性資金・個人間売買資金・投機資金・借換・土地購入資金・税金納付・飲食代等生活費には対応していないため、注意が必要です。


    お金の使い道が決まっており、その使い道に対応するプランがある場合は、目的プランを選びましょう。


    また、目的プランの審査はローンの目的を必ず確認するので、先述したように、見積書やパンプレットなどを必ず用意しておいてください。


    ゆとり王

    ゆとり王は、その名の通り、3つあるプランの中でも一番ゆとりをもった返済ができるプランです。


    返済期間がかかったとしても、生活が苦しくならないように返済したい人には最適のプランです。


    自由プラン・目的プランの返済期間は6ヶ月〜10年以内のところ、ゆとり王は6ヶ月〜15年以内となっており、5年も返済期間を長くすることができます。


    一方、上限金利が14.5%と、自由プランの13.0%より1.5%高いです。


    また、限度額も500万円までとなっており、他のプランの1,000万円よりかなり低いです。


    なお、保証会社は、ゆとり王のみジャックスではなく日専連ナックです。


    日専連ナックは、不動産取引や信用保証事業を生業としている株式会社で、クレジットカードの発行なども手掛けており、ジャックスと同じく保証会社として申し分ありません。


    青森銀行フリーローンのローンシミュレーション

    ローンシミュレーションをしておくことは、不満に繋がらないようにするためにもとても大切なことです。


    自由プラン・目的プラン・ゆとり王のローンシミュレーションをして、大体のイメージを掴んでおきましょう。

    自由プランのシミュレーション

    自由プランで100万円融資が通り、返済を10年で済ませた場合のローンシミュレーションです。


    金利は、金利引き下げサービスが適用された場合の最低金利6%と、最高13%でシミュレーションを行います


    自由プランのシミュレーション

    6%(実質年率) 13%(実質年率)
    毎月の返済額 1万1,102円 1万4,931円
    総返済額 133万2,240円 179万1,720円

    自由プランは6%に金利を引き下げ100万円借りたとしても、毎月1万円以上の返済をする必要があります。


    13%の金利のままではプラス約4,000円も支払わなくてはならないので、少し苦しい返済になってしまうでしょう。


    毎月この返済額で10年間支払わなくてはならないため、自由プランを選択する場合は、本当にこのプランで大丈夫なのか、しっかりと考えることをおすすめします。


    しかし、返済額は高くても、自由プランには、ローンの用途が自由というメリットがあります。


    そのため、特殊な用途でローンを組みたい人には自由プランが合っています。


    目的プラン

    次は、目的プランを見ていきましょう。


    下の表は、金利引き下げサービスが適用された金利3.5%と5.5%の場合に、100万円の融資額を10年で返し終えた場合の計算となります。


    目的プランのシミュレーション

    3.5%(実質年率) 5.5%(実質年率)
    毎月の返済額 9,888円 1万170円
    総返済額 118万6,572円 133万2,270円

    目的プランは金利が5.5%と低いため、その分返済額も少ないです。


    借り入れをする目的が決まっているのであれば、目的プランは得でしょう。


    さらに、金利引き下げサービスを利用して3.5%の金利になれば、毎月の返済額は1万円以下に抑えることができます。


    目的プランは金利の安さから、他でローンを組むより得なので、目的があるならば目的プランを選んだ方がいいでしょう。


    ゆとり王

    ゆとり王は返済期間を長くすることができるので、その分毎月の返済額が少なくなります。


    ゆとり王のシミュレーション

    6.0%(実質年率) 14.5%(実質年率)
    毎月の返済額 8,438円 13万655円
    総返済額 151万8,840円 245万7,900円

    表は、100万円のローンを組み、15年間払い続けた場合です。


    自由プラン・目的プランよりも5年間支払い期間が長いため、総返済額は高い傾向にあります。


    しかし、6%に金利を下げることができれば、毎月8,000円ほどの返済でよく、毎月の返済は非常に楽です。


    ローンの返済は、生活が確実に苦にならない額を返済することをおすすめします。


    たとえ、返済期間が短く終わるプランを選んでも、その分毎月の返済額が多いため、生活が苦しくなってしまいます。


    そのため、期間がかかっても、多くない額をコンスタントに返す方がおすすめです。


    一方、金利が最高の14.5%のままだと、毎月の返済額は自由プランとさほど差がなく、ただ総返済額が高いだけになってしまいます。


    そのため、ゆとり王は、金利引き下げサービスを利用してこそ意味があるプランといえます。


    シミュレーションから考えるおすすめのフリーローン



    自由プラン・目的プラン・ゆとり王のローンシミュレーションをしましたが、どこに魅力を感じたかは人それぞれでしょう。


    しかし、ゼニエモンが一番おすすめするのは、目的プランです。


    なぜなら、利用目的が決まっているのであれば、金利も元から安く、一番お得なローンだからです。


    ゆとり王を利用して、支払う期間を長くし、毎月の返済額を少なくするのも悪くはありません。


    しかし、目的プランは、金利がかなり低いため、返済期間が短くても、毎月支払う額が少ないです。


    目的プランの次におすすめしたいのは、ゆとり王で金利を引き下げて、6%になった時のプランです。


    金利を下げられるのであれば、毎月の返済額がとても低いため、とてもお得です。


    しかし、最初から下限の金利で利用できることは、まずありません。


    金利を下げられないのであれば、ゆとり王の上限金利14.5%よりも、自由プランの上限金利13.0%の方が得になるので、自由プランの方が得です。


    結論としては、青森銀行フリーローンを利用したい場合は、利用目的を決めて目的プランを利用することがおすすめです。


    低い利息で、生活が苦しくならずに返済も短く終わる、最良のローンです。


    目的プランだとしてもローン利用は計画的に確実に返済できる額だけ借りよう!



    先述したように、青森フリーローンは、金利が低い目的プランが一番おすすめです。


    どんなにいいプランでも、計画性を持って借り入れを行うことがとても重要です。


    シミュレーションなどをしないで計画性がないプランを立ててしまうと、支払いができなくなる事態に陥ってしまいます。


    支払いができないと、最悪の場合、自己破産になってしまいます。


    自己破産になると、個人信用情報に必ず傷が付きますし、クレジットカードや家や何から何まで取り上げられてしまう可能性があります。


    今はうまく行っていても、今後何があるかわからないのが人生です。


    たとえば、子供が進学するまでにまだ期間があるから、少しなら借り入れをしても大丈夫と安易に考えて、融資を受けたとします。


    しかし、蓋を開けてみたら、子供の進学までに返済が終わらず、結局学費とローンをダブルで支払わなくてはならなくなり、生活が苦しくなることがあります。


    このような事態にならないためにも、ローンの返済計画をしっかりと立てましょう。


    返済計画を立てる際には、曖昧なプランを立てないことが重要です。


    曖昧さは失敗を招きます。


    失敗を回避したいなら、毎月の返済額に無理がないか、仕事は本当に安定しているか、失業したとしても返済できる額か、など事細かに考えておく必要があります。


    本当にこのローンを組んでいいのか、この融資額で無理はないかなど、きちんと最初の時点で見極めてください。


    大切なのは、返済額に余裕を持つことです。


    ローンを組む時は、これくらい大丈夫だろうと安易に決めてしまうのが一番危険です。


    ローンを利用するのであれば、人生設計と同じで、明確なイメージを立てることが重要なのです。


    知人に借りない!

    最後に豆知識として、ゼニエモンからアドバイスです。


    ローンを検討している人の中には、利息が嫌だから知人から資金を借りたいと考える人もいます。


    ローンを組んだことがないと、融資企業から借入れをすること自体に抵抗がある人がいます。


    一見、知人から借り入れを行った方がよく知っているので、安全そうに見えるでしょう。


    しかし、ローンは、銀行がなんらかの形で関わっていることが多く、安全に借入れを行えます。


    銀行が直接やっているローンが良ければ、青森銀行など銀行から借入れできるローンがたくさんあります。


    逆に、知人から資金を調達すると、返せなかった時に訴えられたりするリスクがありますし、資金を援助したこと弱みとして握られ、悪事を働くケースも考えられます。


    自分の知り合いに限ってそんなことはないと考えても、人間どこでどう動くかわかりません。


    良い関係でいるためにも、資金調達はローン会社から行うようにしてください。


    また、知人から借りると周囲に知られ、自分の評価が下がる可能性があるので、その点でも、知人から借りないことをおすすめします。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ