派遣社員の在籍確認は派遣会社?派遣先?在籍確認について解説します

更新日:

トップ画像


正社員雇用だけが働き方ではなくなった現代では、派遣社員という働き方を選択している方も多くいます。

しかし、派遣社員は正社員に比べて安定性に欠けるというのも事実で、正社員と違って派遣社員は企業の都合で仕事がなくなることもありますし、雇用形態によっては保証がない事も...。

そういった場合、派遣社員の方でも、当面をしのぐためにカードローンを利用するというのがあります。

しかし、カードローンの申込にはほぼ例外なく、審査を受ける上で在籍確認の電話が必要です。

在籍確認の電話というのは職場にかかるものですが、派遣社員の方は在籍確認の電話についてわからないところも多く不安になることもあると思いますので、ゼニエモンが詳しく解説していきます!

    派遣社員はカードローンの借り入れができる?

    カードローンから借り入れをするにも審査を通過する必要があります。


    その際に、審査では申込者がきちんと返済をできるのか、返済を滞納して自己破産や代位返済をしないかをチェックしないといけません。


    そのため、カードローンの審査では経済能力が重視されるので、派遣社員の方は審査に通らないと不安に思う方もいることでしょう。


    しかし、派遣社員でもしっかりと借り入れをすることは可能です。


    アコムやSMBCモビットには借り入れ条件に安定して継続的な収入があることだと明記されています。


    この「安定して継続的な収入」というのは、判断が難しいかもしれませんが、アルバイト・パートでも十分に審査が通り、そのことがはっきり書かれていることもあります。


    そして、アルバイト・パートだけでなく、派遣社員もカードローンの審査も十分に通ります。


    在籍確認の電話について

    カードローンの借り入れ申込をするには、消費者金融・銀行どちらでも審査を受ける必要があります。


    カードローンは申込者にお金の融資をするものですが、貸したお金は回収しないといけません。


    そのため、融資をする側はカードローンに申込をした方が、しっかりと返済できるだけの返済能力と経済能力があるのかをチェックする必要があります。


    その経済能力をチェックする内の1つが、カードローンの在籍確認の電話連絡です。


    カードローンの在籍確認の電話は、申込フォームにて記入した申込者の職業が間違っていないのかをチェックする役割があります。


    そのため、もしもカードローンに記入した職業が間違っていたとなると、虚偽申告として自動で審査に落ちますし、仮に本来の経済能力を超えた借入額になると、返済ができなくなるという問題があります。


    返済ができなくなると、借入額には利息が付き、支払いが滞納することで信用情報に延滞情報が記録されてしまうのです。


    利息がつくと返済総額がどんどん膨らんで、毎月の返済で利息分しか返済できないということになりますし、信用情報にマイナスのことが記録されると、カードローンやクレジットカードの新規申込が難しくなっていきます。


    延滞を繰り返すと、長期延滞として記録されたり、代位弁済で保証会社に代わりに返済額を支払ってもらったり、自己破産をする必要が出てきます。


    それらの記録はブラックリスト扱いされ、5年から10年はカードローンの新規申込と借り入れ、クレジットカードの新規発行と利用ができません。


    そのため、在籍確認の電話で申込者がちゃんと職場に在籍しているのかを確認するのは、カードローン側にとっても申込者側にとっても有効だということです。


    在籍確認の電話をかけるのは誰?

    職場にかかるのが在籍確認の電話ですが、多くの方はSMBCモビットならSMBCモビットがかけて、アイフルならアイフルがかけると考える方が多いです。


    しかし、実際はカードローンの申込にて在籍確認の電話をかけるのはカードローン会社ではなく、保証会社になります。


    カードローンは無担保・無保証人で借り入れできる、借り入れハードルを満たしやすいのが特徴なものですが、カードローン利用者の返済が不可能になった際に代わりに返済をしてくれる存在が必要です。


    その代わりに返済するといういわゆる代位弁済をするのが保証会社になります。


    つまり、カードローンの返済が不可能な場合のカバーをするのが保証会社ですので、借り入れ利用者の経済能力と返済能力という重要なポイントをチェックするのは、保証会社の役割ということです。


    派遣社員の場合、在籍確認の電話はどこにかかる?

    カードローンの審査による在籍確認の電話がどこにかかるのか、とくに派遣社員の方は気になるかと思います。


    まず、カードローンの借り入れ申込では申込フォームにて申込者の職業や職場、そして職場の電話番号を記入します。


    その申込フォームに記入した職場の電話番号が、在籍確認の電話連絡先になります。


    そして、派遣社員の方がカードローンの借り入れ申込にて申込フォームに派遣会社と派遣先のどちらの電話番号を記入するべきかというと、給与明細にどちらの企業や会社が記載されているかによります。


    給与明細に書かれている企業が派遣企業なら派遣企業の電話番号を書き、派遣先の企業なら派遣先の企業の電話番号を記入しましょう。


    また、派遣企業や派遣先の企業の部署がいくつもあるようなら、申込者本人の在籍を把握している部署の電話番号を記入してください。


    もし、申込者本人の在籍を把握していない部署に電話された場合は、在籍を確認できず審査通過はできません。


    そのため、申込フォームに記入する電話番号は、自分を直接的に管理しているような細かい部署の電話番号を記入するように心がけましょう。


    在籍確認の電話連絡先は業者によっても異なる!

    在籍確認の電話連絡先は、給与明細に記載されている派遣先または派遣会社と説明しましたが、カードローン会社によっても電話連絡先は指定されている場所もあります。


    在籍確認の電話連絡先企業一覧

    在籍確認の電話連絡先 カードローン業者
    派遣会社 アコム、プロミス、アイフル
    派遣先 レイクALSA、SMBCモビット

    今まで在籍確認の電話連絡先は派遣会社がほとんどでしたが、現在は派遣会社への在籍確認の電話連絡を指定している業者もあるので、申込時にどちらの電話番号を記入すれば良いのか不安な場合は、一度業者に問い合わせをしてください。


    在籍確認の電話内容とは?

    多くのカードローンで行なわれる在籍確認の電話において、気になるのはどのようなことを話すのかという点です。


    在籍確認の電話は職場にかかってくるものですが、必ずしも本人が出る必要はありませんし、あくまで申込者が申込フォームに記入した情報が正しくて、申込者がちゃんと職場に在籍しているのがわかれば問題ありません。


    在籍確認の電話が職場にかかってくるのはあくまで1回だけです。電話を取るのが総務部でも上司や同僚でも、申込者が在籍しているのがわかれば、後は電話がかかってくることはありません。


    多くの方が恐れるのがカードローンの在籍確認の電話を通して、職場の同僚や上司に借り入れの利用がバレて社会的な信用が大きく下がるということです。


    しかし、在籍確認の電話で、電話担当者が出すのはあくまで担当者の個人名で、カードローンの名前は出しません。


    銀行系のカードローンの場合は詳細を尋ねられた場合に、楽天銀行などの名前を出すことがあるくらいです。


    在籍確認の電話確認がどのように行われるのかを説明する図解


    そのため、在籍確認の電話で周囲にカードローンの利用を知られたくないという方は、簡単な言い訳を用意しておけば問題ないということです。


    言い訳を出すのも、在籍確認の電話についての詳細を聞かれない限りは答える必要はなく、「高橋(電話担当者)から佐藤(申込者)に電話が来ましたよ」「今日の訪問先の人だね。あとで電話を返してみるよ、ありがとう」と進めれば問題なく話が終わります。


    詳細を聞かれた際の言い訳例

    言い訳例A

    総務部「先程、高橋(電話担当者)という方から佐藤(申込者)さんに電話がかかりました。どなたですか?」
    自分「この前医療保険について提案してもらった人だ。何かあったのかな、ありがとう」


    言い訳例B

    同僚「高橋って人から電話があったけど、誰?」
    自分「ああ、昨晩お湯が出なくて大家さんに電話していたから、給湯器のメーカーさんじゃないかな」


    言い訳例C

    上司「高橋という人から電話があったけど、なんの用かわかる?」
    自分「この間、目の前で倒れていたところを介抱した人ですね。うっかり会社の名前を出してしまったので、それだと思います」


    言い訳例D

    総務部「〇〇銀行の高橋さんから電話が来ました。何の要件をうかがってもいいですか?」
    自分「クレジットカード(ゴールドカードなど)を勧められて申込んだんだよね。その内容確認じゃないかな」


    このように、在籍確認の電話に対する言い訳は必要最低限のもので大丈夫なものとなっています。ただし、家族・友人・恋人などの言い訳に使うのは、バレる危険が上昇してしまうので避けるようにしましょう。


    どのタイミングで在籍確認の電話がかかる?

    在籍確認の電話がかかってくるタイミング

    在籍確認の電話がどのタイミングでかかるのかわからないということもあります。


    在籍確認の電話は本人が出る必要がなく、言い訳を考えておけば問題なく終わらせられますが、それでもやはり不安で自分が電話を取りたいという方も多いと思います。


    借り入れまでの大まかな流れ

    • 申込
    • 申込フォームに必要事項を記入
    • 仮審査を受ける
    • 在籍確認の電話が職場にかかる
    • 本審査を受ける
    • 契約手続きを完了させる
    • 借り入れをする

    在籍確認の電話がかかってくるのは、多くのカードローンの場合は仮審査が終わる直前です。


    基本的にカードローンは仮審査でほとんどの審査が終わるようになっています。


    つまり、カードローンの審査で在籍確認の電話がかかってくるのは、審査を通過する可能性が高い時となります。


    在籍確認の電話がかかる時間を指定できる?

    仮審査が終わる頃に在籍確認の電話がかかるものですが、その在籍確認の電話がかかるタイミングを指定したいということもあるでしょう。


    実際に、在籍確認の電話のタイミングについての希望をある程度は参考にしてもらえるというカードローンもあります。


    ただし、銀行系のカードローンについては、在籍確認の電話がかかってくるタイミングの希望を聞いてもらえない可能性が高いというのを覚えておきましょう。


    一方、セブン銀行のように銀行系でも在籍確認の電話の電話がかかってくるタイミングについて対応してくれるところもあります。


    在籍確認の電話についての希望は時間指定以外にもできる?

    在籍確認の電話に関しての希望ですと、電話担当者の性別は多くの場合に通ります。

    在籍確認の電話はカードローンの名前を出さず、電話担当者の名前のみを出すものですが、在籍確認の電話を同性が行う方が不審に思われにくくなります。

    同性の方に在籍確認の電話をしてもらう方が良いという方は、申込が完了した辺りでカードローン側に電話をかけてみましょう。

    なお、在籍確認の電話を後日にスライドし、先に少額でも借り入れをしたいという方もいるでしょう。

    それに関しても、カードローン側に希望すると通る可能性があります。

    在籍確認の電話がないカードローンに注目しよう

    カードローンの利用を避ける理由に在籍確認の電話は多く挙げられます。


    対策を立てれば恐れる必要はありませんが、できれば在籍確認の電話自体をしたくないという方は、在籍確認の電話連絡をなしにできるカードローンを利用しましょう。


    在籍確認の電話を明確にキャンセルできるカードローンは、SMBCモビットのWEB完結申込になります。


    SMBCモビットのWEB完結申込

    消費者金融カードローンのSMBCモビットは金利が年3.0%〜18.0%で、借り入れ限度額が最大800万円となっています。


    消費者金融カードローンなので、金利は高い方だというのは忘れないようにしましょう。


    借り入れ条件は20歳〜69歳が年齢面の条件で、職業面では安定した収入のある方、アルバイト・パート・自営業の方も利用可能となっています。


    このことから、派遣社員の方も職業面で審査に落ちることはまずないとわかります。


    SMBCモビットのWEB完結申込はインターネット完結の申込ができて、ローンカードを発行せずに銀行口座へ振込をしてもらう形で借り入れをするものになっています。


    ローンカードを発行しないことで、カードを家族や友人、恋人などに見られてカードローンの借り入れを知られる危険を無くすことができます。


    本人確認書類の提出は公式アプリにて行い、契約書類などの郵送物がないことから、自宅への郵送物を通して家族にカードローンのことが知られることもありません。


    似たようなWEB完結申込はプロミスのフリーキャッシングも対応していますが、こちらは在籍確認の電話をキャンセルされていないので、気をつけましょう。


    在籍確認の電話をキャンセルできるカードローンは他にもある!

    SMBCモビットのWEB完結申込はカードローンの中でも極めて珍しい、在籍確認の電話がキャンセルできることが公表されているものです。


    しかし、他にも申込をして審査を受けている間に在籍確認の電話のキャンセルを希望すると、受け入れてもらえるものもあります。


    電話での聞き取り調査の結果と、当サイトでの実績から書類提出による在籍確認を認めてもらえるカードローンを表にまとめたので、SMBCモビットのカードローンと比較しましょう。


    在籍確認の電話連絡をなしにできるカードローン一覧

    SMBC
    モビット
    セブン銀行
    カードローン
    レイクALSA 三井住友銀行
    カードローン
    アコム アイフル
    金利 年3.0%〜18.0% 年15.0% 年4.5%〜18.0% 年4.0%〜14.5% 年3.0%〜18.0% 年3.0%〜18.0%
    限度額 800万円 50万円 500万円 800万円 800万円 800万円
    申込条件 ・20歳〜69歳
    ・安定した収入がある
    ・アルバイト、パート、自営業の方も利用可能
    ・国内在住か永住権持ちの外国籍
    ・セブン銀行口座を開設している
    ・20歳以上70歳未満
    ・アコム(株)の保証を受けられる
    ・満20歳〜70歳
    ・国内居住者か永住権を持つ外国籍の人
    ・20歳以上69歳以下
    ・安定した収入がある
    ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
    20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方 ・20歳以上69歳以下
    ・定期的な収入と返済能力を有する

    SMBCモビットのWEB完結申込は在籍確認の電話をキャンセルできる、非常に貴重なカードローンですが、こうして他のカードローンと比較するとどうしても金利の高さが目立ちます。


    そのため、総返済額を少しでも抑えたいという方は、低金利のカードローンに在籍確認の電話連絡をなしにできるように希望しましょう。


    少しでも在籍確認の電話連絡をなしにする確率を上げるには

    カードローンの在籍確認の電話をなしにできるのはSMBCモビットのWEB完結申込ですが、それ以外でも可能なカードローンがあるのは紹介しました。


    しかし、WEB完結申込は在籍確認の電話連絡が無いのが確定していますが、それ以外はあくまで希望しないと通らないという不確実なものです。


    在籍確認の電話が行われるのは、審査がほぼ通った段階です。そのため、少しでも在籍確認の電話をキャンセルしたいという希望を通せるようにするには、審査での評価を高くしてもらえるようにすることが重要です。


    審査で高評価を得るには

    カードローンの借り入れ審査で高評価を得る基準はある程度は決まっています。そのため、それらを抑えて申込をすることで、在籍確認の電話がキャンセルされやすくなります。


    借り入れ希望額を必要最低限

    審査が通過しやすくなるかどうかは、「申込者がきちんと借入額を返済できるかどうか」が重要な要素になります。


    そのため、審査を通過する可能性については借り入れ希望額が少なければ少ないほど上がるようになっています。


    カードローンの借り入れ希望額を申込フォームに記入する際にも、できるだけ必要最低限を希望するようにしましょう。


    また、消費者金融カードローンだと総量規制によって年収の3分の1以上の借入額を希望すると、審査に自動で落ちるようになっています。


    そのため、年収の3分の1から少しでも遠い借り入れ希望額を申請しましょう。


    信用情報を優良にする

    審査において申込者に返済能力があるのかどうかは、これまでの借り入れと返済をしてきたのかというのが重要になります。


    信用情報にはクレジットカードの利用額を支払うことも記録されます。信用情報のデータは他社のものだろうと、審査の際には共有されます。


    そのため、審査を順調に進めるには、カードローンの返済歴やクレジットカードの利用歴を優良にするのが重要となります。


    カードローンやクレジットカードの返済・支払いの遅延や滞納は絶対に避けて、公共料金のカード払いやクレジットカードの家賃払い、携帯電話の利用料金の支払いも忘れずにするようにしましょう。


    本業があって収入が上ならそちらで申込をする

    派遣社員で本業があるという方、特に本業の方が収入は高いという方は、申込フォームに本業の方を記入するのも有効です。


    個人事業主と派遣社員の両方をやっているという場合でも、個人事業主の方の情報を記入して申込をすることが可能です。


    そして、個人事業主なら携帯電話の電話番号よりも固定電話の電話番号の方が評価が高くなり、事務所や営業所の電話番号を記入した方がさらに評価が高くなります。


    派遣社員としての勤続年数を長くする

    カードローンの借り入れ申込にて、審査を通りやすくするには勤続年数が長ければ長いほどプラスに働きます。


    派遣社員というと、派遣先が何度も変わることもよくあるため、勤続年数が短いと考えてしまうかもしれません。


    しかし、派遣社員も派遣会社に登録して、派遣先で働いている期間が長ければ勤続年数としてカウントされます。


    審査にて高い評価を得るには、派遣社員としての勤続年数がしっかりしてから申込をすると良いでしょう。


    派遣社員でも安心してカードローンへの申込をしよう

    無担保・無保証人の方でも借り入れできるカードローンは派遣社員の方でも十分、借り入れをすることが可能です。


    そして、カードローンには在籍確認の電話がありますが、どこに電話がかかるかは申込フォームに記入する職場の電話番号になります。


    どうしても在籍確認の電話を避けたいという方は、社会保険証や組合保険証が発行されていれば派遣社員でも利用できるSMBCモビットのWEB完結申込が有効です。


    他にも審査を受ける段階でカードローン側に電話にて在籍確認の電話のキャンセルを希望すると、対応してもらえるカードローンもあります。


    派遣社員の方でもカードローンの契約はもちろん可能です。

    勤務先への在籍確認の電話では担当者は個人名を名乗るので、カードローンを利用していることがバレてしまう心配もありません。

    ただし、在籍確認の電話で申込者本人が在籍していることを確認できなければ元も子もないので、自分が在籍していることを確認できる連絡先を申込時に記入しましょう。

    なるべく在籍確認時の職場への電話連絡を避けたいという方は、カードローンの中には在籍確認で職場への電話連絡をなしにできる業者もありますので検討してみてください。

    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ